tricorollars / fairy daily e.p.

< bookret >

背伸びなんて全然してないよ。等身大の彼女達がここにいる。だからこんなにハート に届くんだ。でなくちゃこんなに素敵な気持ちにはならないよ。友達とするいつもの 楽しいおしゃべりみたいに自然で、聴いているとエネルギーが湧いてくる。ずっと前 から知ってるみたいな安心感もあるのかも。そんな大切な友達と同じ香りがしてる。 人に対していつも笑っていられるってすごく大事な事だけど、それってすごく難しい 事。でもトリコの音楽っていつもクスクス微笑んでるみたい。だから彼女達の音楽は いつでも僕等に元気を与えてくれるし、輝かしてくれる。人をこんなに素敵な気持ち にできるなんて、それこそ素敵だと思うよ。毎日の生活で太陽が僕の方を向いてくれ る瞬間なんてないと思ってた。でもきっと、いつもこっちを向いてるんだ。だから窓 からこぼれる陽射しのあたたかさも、光の色も、風の香りだっていつも僕等の体で感 じてるはず。これってすごく当たり前の事なんだけど、そんな当たり前の事に気付か せてくれるんだから、トリコって。僕等の周りにある素敵な事をどんどん見つけて手 に入れよう! 失敗なんてしないよ。だってそんな小さな事、どうでもいいでしょ?  青い空の上では太陽が僕等を照らしてるし、風は僕等の間をすり抜けて光の色へと 変っていく。あまりにもセカセカとした毎日が、それを気付かせない時もあるけど、確実に僕等の周りにあるんだから。この7"は今を走ってる彼女達のスナップショット 。でもこれはまだ単なるワンショットだって僕は信じてるよ。

   .........シバタカツヤ

< ポストカード >

< ステッカー>


< label >