訪れた方の残していった言葉です。読んで、みますか?

Murayama - 98/12/29 04:53:26

コメント:
いっらっしゃいませ、そりまちさん、れーずんさん、K−Uさん、へべれけブルースさん(最近、ネットにアクセスできなくてレスが遅れました)。クリスマス編に、早速の感想、どうもありがとうございます。猫子さんの貰ったぬいぐるみは、抱いて眠るためのものですからやっぱりネズミのかもしれません。文音のみた夢は・・・いずれ、彼女の物語として語られるかも、しれません。きれいで・・・だから少し悲しい話です。ではみなさん、良いお年を(その前に、残り少ない今年もどうかよろしく)、

へべれけブルース - 98/12/28 00:12:50
電子メールアドレス:bills@cc22.ne.jp

コメント:
列車モノガタリのクリスマスなエピソード、楽しく読ませてもらいました。走り続ける列車に乗っているいろんな人にもプレゼント♪サンタさんも大変なんですねぇ。 個人的には猫子さんのぬいぐるみはやっぱりネコだったのかどうか、なんとなく気になります。 さて、文音チャンの下車駅が次の駅ではないといいなぁ。 もっと列車のモノガタリがみたいものです。 それでは、良いお年と良い初夢を〜♪

K−U - 98/12/26 23:18:32

コメント:
列車物語クリスマス編拝見させて頂きました。それぞれが迎える聖夜の姿とそれぞれに相応しいプレゼント、(大人、子供関係なしという所も良かったです。)特に「夢」のプレゼントはアイデアとしても面白く、そして別のストーリーへと続くようなそんな期待感に溢れており、非常に楽しく読ませて頂きました。これからも続きを期待します。

れーずん - 98/12/26 07:07:12
電子メールアドレス:rznkaki@mars.interq.or.jp

コメント:
列車物語クリスマス編読みました。 なんて、なんて、素敵な話なんでしょう。(^_^) 文音ちゃんの見た夢の話が聞きたいぞぉ。 「なにやら事件か?」と思わせておいて実はハッピーな 話になるっていうのは良いですねえ。 良かった・・・・。(^_^)

反町 - 98/12/23 00:25:15
ホームページアドレス:http://www.linkclub.or.jp/~sori/Eva.html
電子メールアドレス:sori@air.linkclub.or.jp

コメント:
Murayamaさん、こんばんは。六分儀ケイのイラスト、ありがとうございました。あまりの可愛さに心臓が停止しそうです(^^)。早速掲載させて頂きました。みなさんも是非見にいらしてください。

Murayama - 98/12/22 03:08:19

コメント:
いらっしゃいませ、れ−ずんさん。列車は駅に近づいていますが、物語はまだそれから続くかもしれませんよ。だって、まだその先にも駅はあるわけですから。 mashさんへ。最終部、楽しみにしてます、頑張ってください。

れーずん - 98/12/22 02:16:10
ホームページアドレス:http://www.interq.or.jp/mars/rznkaki/
電子メールアドレス:rznkaki@mars.interq.or.jp

コメント:
メールでもおくらさせて頂きましたがこちらにも書きます。 列車物語全て読みました。最後の話が近い様でなんかちょっと残念です。 もう少し続いてほしいですねえ。 文音ちゃんの物語はどんな結末を迎えるのでしょうか? 楽しみです。がんばってください。

mash - 98/12/20 22:29:30
ホームページアドレス:http://www.m-net.ne.jp/~mash/
電子メールアドレス:mash@m-net.ne.jp

コメント:
Murayamaさん、リンク確認しました、ありがとうござい ました。あの長い小説読んで頂いたようで恐縮です。最 終部も今書いている最中です。ペース遅いけど揚がりま したらまた読んで下さい。m(_ _)m 街人食夜話読み終 わりました。水生ちゃんお腹すかせて可哀想(;_;)ぼく のお肉だったら食べてもいーよ。でも、不味いから要ら ないって言われそう(^^;

Murayama - 98/12/20 06:32:49

コメント:
mashさん、いらっしゃいませ。リンク、ありがとうございます。こちらからもリンクさせて頂きましたので、コメントなどご確認ください。では、これからも文音ちゃんともどもよろしくお願いします。

mash(藤下真潮) - 98/12/20 02:06:29
ホームページアドレス:http://www.m-net.ne.jp/~mash/
電子メールアドレス:mash@m-net.ne.jp

コメント:
ども、列車物語読み終わりました。 ぼくも文音ちゃんに記憶書いて欲しいです(^^;;; もうすぐ次の駅のようですね、楽しみです。 ところでリンク張り完了しました。ご確認の程m(_ _)m

Murayama - 98/12/17 05:39:08

コメント:
いらっしゃいませ、こんばんわ、へべれけブルースさん。旅は長いですが、もうあと2ヶ月で1年が過ぎようとしています。つまり、列車が駅に着くのです。そしてどうなるかは・・・これからのお楽しみです。

へべれけブルース - 98/12/15 01:42:08
電子メールアドレス:bills@cc22.ne.jp

コメント:
はじめまして。 列車モノガタリを読みました。旅はながいようですね。 彼女の友人あんなにたくさんできたのですね。 猫子さんは名前がストレートでとても好きです。 これからもながいながい彼女のモノガタリを見せて下さい。 それではおやすみなさい。 良き夢を〜♪

Murayama - 98/11/29 07:09:44

コメント:
vtionsさん、いらっしゃいませ。「生きたい」と私達が思うこと、それは、人が「生きる」ことを目的とした自律機械だからかもしれませんし、あるいは生存に、言うまでもなく思うまでもない小さな心地よさがあるからかもしれませんね(或いは、それを明日に常に希望しているのかもしれません。)

vtinos - 98/11/27 03:31:49
ホームページアドレス:http://ceres.dti.ne.jp/~mani/
電子メールアドレス:mani@ceres.dti.ne.jp

コメント:
街食人夜話17話の感想なのですが(私はどうも感想というものが書けないようなので、思ったことなのですが)、生きたいというのはどういうことなのでしょう、というのは本当にたまに感じますよね。 あれやこれやの考えや思いがあるのに、それでも(決して流されるままというのでもなく)生きてしまうのはなんなのだろうか、と。決して前向きというわけでもないのに、それでも生きたいと思ってしまうのはどうしてなんだろうか、と。誰かの墓を守っているわけでもないのに、どうしてなんだろうか、と。

Murayama - 98/11/26 06:57:39

コメント:
K-U-さんへ。レスをお返ししたあとで書き込むのなんですが、ゆっくり、書ける暇が十分にあるときにでいいですよ。そりまちさんへ。もうすぐ、描けると思います(今、下絵が出来ています)から、お楽しみに!

K−U - 98/11/22 02:07:49

コメント:
Murayamaさん。当方の諸事情により先日のレスが遅れてます。必ず返したいのでもう少々お待ち下されば幸いです。

そりまち - 98/11/14 02:34:28
ホームページアドレス:http://www.linkclub.or.jp/~sori/Eva.html
電子メールアドレス:sori@air.linkclub.or.jp

コメント:
Murayamaさん、ありがとうございます(^O^)物凄く嬉しいです!!楽しみにお待ちしております。それではっ!(^^)

Murayama - 98/11/13 06:48:23

コメント:
K-Uさん、そりまちさん、いらっしゃいませ!KーUさんおめでとうございます(もしろん、何が?っていわれると困ります)。そりまちさんへ。私の絵でよければ、描きますよ。ちょっと待っててくださいね。

K−U - 98/11/12 02:59:42

コメント:
こんばんは、Murayamaさん。先程何故か5678hitを踏んでしまいました。(笑)だからどうしたと言うものですが、折角ですから書かせて貰いました。後、実は私もMurayamaさんの「六分儀ケイ」ちゃんが見てみたいということをお伝えしておきます。(笑)

そりまち - 98/11/11 23:32:02
ホームページアドレス:http://www.linkclub.or.jp/~sori/Eva.html
電子メールアドレス:sori@air.linkclub.or.jp

コメント:
こんばんは、Murayamaさん。あの・・・5555HIT踏みリクエスト、図々しくお願いしちゃって良いでしょうか?。うちの「神話大全」の六分儀ケイを描いていただけますか?「エヴァ・セクスアリス」のシンジの左目を緑色、右目を灰色の猫のような瞳孔、髪の毛を金色にした感じの女の子です。お暇なときにでも描いていただけると嬉しいです。

Murayama - 98/11/10 05:55:18

コメント:
いらっしゃいませ、そりまちさん。5555hit踏まれたのですね。最近、自分で踏むパターンが多かったので、他の人に踏んでもらえてよかったです。折角だから、何か出しましょうか(といって、何が出せるでしょうか・・・??)。 「半人間創造記」は、博士の造った半人間たちが毎回一人づつ登場して、哲学的だったり、幻想的だったり、ほのぼのだったり、えっちぃだったりするお話をするというものです。これからも観てくださいね。

そりまち - 98/11/08 06:34:53
ホームページアドレス:http://www.linkclub.or.jp/~sori/Eva.html
電子メールアドレス:sori@air.linkclub.or.jp

コメント:
こんばんは、村山さん。5555HIT踏みました(^^)。半人間創造記読ませて頂きました。ちょっぴり狂気を孕んだ、そして昔懐かしい怪奇映画の雰囲気を持った作品ですね。(狂人と強靭こういう言葉遊び好きです)23の言葉を綴る造られた少女と気違い博士の物語、これからも楽しみにさせて頂きます。

Murayama - 98/10/24 07:10:23

コメント:
こんばんわ、篠猫さん。そんなに恐かったですか?これからは、もっと恐い展開になるかもしれませんよ〜。でも、これからもよろしくお願いしますね。

鈴猫 - 98/10/24 00:00:19

コメント:
ひゃ〜〜^^;いきなり(でもないけど^^;) コワイ展開になってます〜〜あんな特技(?)が 彼女にあったんですねーー;
なんか顔をかくしていながら、指のあいだから見るようなドキドキ気分です^^;怖いけど楽しみにしてます
あ、リンクありがとうございました。コメントまでつけていただいて恐縮です。
ではでは、またこわがりにきます〜

Muaryama - 98/10/22 07:16:05

コメント:
いらっしゃいませ、鈴猫さん、はじめまして! 「街人食夜話」16回目は近日公開予定なので、Upの際は是非いらしてください(「列車物語」16回目はちょっと長めなので、もうちょっと後になります)。リンクも、大歓迎です。こちらからもリンクしますね。

鈴猫@あだち - 98/10/22 03:17:54
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Technopolis/2996/index.html
電子メールアドレス:izumi@best.com

コメント:
こんにちは、時々寄らせていただいております。 かきこむのは初めてです^-^/ そういえば、列車も街食人も次は15回なんですね〜♪ 更新楽しみにお待ちしております。 先日うちのほうのリンク集からこちらをつなげさせていただきました。事後承諾になってしまいましてすいません。 ではでは

Murayama - 98/10/17 05:49:20

コメント:
hidさんへ、いらっしゃいませ。そう、もう5000ヒットなんですがどうしましょう・・・?(3000ヒット記念も4000ヒット記念も、まだ出来ていないんですよね)。実は最近、更新鈍りがちだったのですが(そうはみ終えなかったですか?良かった良かった)、これからはもっといいペースでUPしていきたいですね。なんだか新連載も始めたいし(軽くて、楽しいのを)。これからも、よろしくお願いします。

hid - 98/10/15 17:28:06
電子メールアドレス:KGH00454@nifty.ne.jp

コメント:
いつも楽しませて頂いています。 生の夢に近い部分がとても気になる作品がいっぱいありますね。 形式に縛られていない詩のようで、いいですね。 最近は、新作の登場間隔が短いですね。

Murayama - 98/10/15 05:52:10

コメント:
くわさんへ。お久しぶりです!最近更新が遅れがちな「列車物語」ですが、気長に見守ってやってくださいね。それにしても、もう5000ヒット・・・今度こそ、なにか記念物を描きたいですね・・・(うーん)

くわ - 98/10/15 03:14:15
電子メールアドレス:t-kuwaha@nds.co.jp

コメント:
おひさしぶりです。また"ふらり"とよらせていただきました。 もうすぐ5000HITですね。おめでとうございます。 日溜まりですか・・・・・いいですね。 私も昔はベランダでよく昼寝をしてました。 お日様に包れているみたいで幸せになれますよね。 列車物語のこれからを期待しつつ 今日はこの辺で・・・・・・・・では

Murayama - 98/10/10 05:11:35

コメント:
やはり、私の文章(というより、書き方)は初めて見ると違和感あるのでしょうか・・・。vtinosさんへ。改行は出来ないようです。タグなど使えなくなって、HP管理者もゲストブックに対して削除以外の編集が出来なくなっています(不当な操作や掲示板荒らしをふせぐためなのでしょうか・・・)。でも、確かにこれでは使いにくいので、本当にどこかから掲示板を借りてきましょう。

vtinos - 98/10/09 22:37:16

コメント:
ゲストブックですが、改行がいれられると、少し嬉しいかもしれません。私は立体的なものの見方ができないので、感想を文章にできないから。ぶつ切りの言葉で、イメージをそのまま書けると、楽なので。

緒恵あお - 98/10/09 06:44:46

コメント:
最初戸惑っていた()だけど、なんだか慣れてきました^^;

Murayama - 98/10/06 00:06:49

コメント:
()は、あってもなくてもいいというものでは、ないんです。但し書きというわけでも ありませんし。そうですね、私のなかでは、唱歌(あるいは語り)のなかで、声の違う パート、より低く後ろから響くような声なのです。そういう使いかたをすることで、 文字だけの世界が、もっと…音楽的にならないかと思ってする試みなんです。

緒恵あお - 98/10/04 07:39:11

コメント:
そうですねぇ。()が多いのが作風の一つって感じになってますからね。()を使う意味が違うのかな.. でも、()を外してもちゃんと文章が成り立ってて魅力的な雰囲気の残る箇所はたくさんあると思いますよ。

北原 樹恒 - 98/10/04 00:17:05
ホームページアドレス:http://plaza4.mbn.or.jp/~kamuychep/chiron/
電子メールアドレス:kitsune@mb.infoweb.ne.jp

コメント:
但し書き…( )で囲んだ部分のことを言っているのでしょう、多分。 普通の小説とかならともかく、『列車』や『街人』の場合は、作品の 雰囲気を創りだす上で不可欠だと思っていますが。

Murayama - 98/10/03 07:35:44

コメント:
vtinosさんへ。「但し書き」ではなくて、「但し、書きは」ではないでしょうか?ふと思ったんですけど・・・(緒恵さん、どうですか?)

vtinos - 98/09/30 22:24:41

コメント:
但し書き、って括弧で囲んだ部分なんでしょうか。 私はだいぶん気に入って読んでいますが。

Murayama - 98/09/30 06:20:46

コメント:
・・・考え込んでしまいますね・・・

緒恵あお - 98/09/27 06:12:46

コメント:
「疎ましい」って書きにくかったのではっきり書かなかったのだけど、書いちゃいました;_;怒らないでね。無駄というのは作風ですよ、作風。誰にでもフィットする作風とかありますよね^^;

Murayama - 98/09/26 08:01:28

コメント:
緒恵さん、はじめまして、いらっしゃいませ!あの、ところで、但し書きというのは・・・??(その後ろの言葉も、どうも文字化けしているようですし)

緒恵あお - 98/09/25 06:11:24
ホームページアドレス:http://www.netlaputa.ne.jp/~oeao/

コメント:
 はじめまして、Maryさんづたいに来ました。 ベタが多めのイラストが魅力的ですね。 一年列車とかの発想も面白いです。^^ 但し書きはちょっと諄..いえ、無い方が 読み易いかも(あっ、いきなりナマ言っ ちゃってすみません^^;)  またきますぅ^^;

Murayama - 98/09/22 05:37:34

コメント:
アテンション・プリーズ、皆様にお知らせです。前に、ここのゲストブックHTMLが有効だと書きましたが、ジオシティー」の改正に伴いHTMLは無効(タグに挟まれた部分は消えてしまいます)になってます。また、こちら(HP管理者)からの編集も、削除以外無効になっています。お気を付けて、お使いください・・・(それとも別に、掲示板借りましょうか?私としては、絵も入れられるようなのが楽しくていいなと思うのですが。)

Murayama - 98/09/22 05:24:47

コメント:
この書き込みはゲストブックのテストです。

Murayama - 98/09/16 07:35:27

コメント:
vtionsさんへ すごく・・・詩的な感想ですね。 http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Kouen/5473/forguest.gifに、そのイメージを絵にしたものを置いていますから、よろしければ観てください。 十分に世界を写しきれたものではないのですが・・・

vtinos - 98/09/10 23:21:28
ホームページアドレス:http://antenna.infocity.co.jp/
電子メールアドレス:mani@dti.ne.jp

コメント:
少し前からいろいろ読んでいます。とてもいいですね。 わたしもMurayamaさんの「黒」に心惹かれました。 空のない世界、閉じた遺伝子プール。  ...「誰かがわたしの衣にさわった」  閉ざした窓の隙間から  差し込む一筋の光に触れてみても、  太陽はそんなことに気づいてくれません。  だから少女はずっと陽の光を避けているのです。 という感じ。うまく書けませんが。実際には生態系は太陽の光と夜空への放射による開放系で、遺伝子は光と闇の両方によって高野豆腐の様に生成されるわけですが。  太陽は好きじゃない  青い髪の少女は思いました  「みんなを生かし続けようとするから」  月は嫌い  赤い髪の少女は思います  「死んで埋められている様な気がするから」 夜書くとこれだ...

Murayama - 98/09/10 07:18:07

コメント:
追加:

ここのゲストブックは、HTML有効です。
読みやすくなるとおもいますので、是非タグ を打って下さい。
(ただし、あんまり変なのは使わないでくださいね。BR、PREなどだけお使い下さい。)
ただ、テキストでの直打ちHTML以外は、動作を保証できないようです。
(砂丘の狐さんのメッセージが時々化けるのは、ブラウザが書き込みを自動的にコンバートしたためではないですか?)


Murayama - 98/09/10 07:10:24

コメント:
西村さんへ、はじめまして、いらっしゃいませ。

> リンクさせていただきます

はい、こちらからもリンクさせて頂きます。
これからもよろしくおねがいします。


西村 隆 - 98/09/09 22:27:14
ホームページアドレス:http://member.nifty.ne.jp/ayaco/
電子メールアドレス:BYC07352@nifty.ne.jp

コメント:
Murayamaさん、はじめまして、毎回ひとのめを楽しみにしています 最近まともにWebページを持ちましたので、リンクさせていただきますm(__)m

Murayama - 98/09/09 00:31:34

コメント:
こんばんわ、反町さん、北原さん、いらっしゃいませ

・反町さんへ
9/6前後に、私の使っているiinetのメールサーバーにトラブル があったようで、
その間のメールが失われています。よろしければ、再送して頂けま すか?

・北原さんへ
そんなことがないよう、頑張ります!

北原 樹恒 - 98/09/08 23:56:44
ホームページアドレス:http://plaza4.mbn.or.jp/~kamuychep/chiron/
電子メールアドレス:kitsune@mb.infoweb.ne.jp

コメント:
ふと気付いたのですが、3000アクセス記念小説、正式公開前に4000アクセス行きそうですね?(^^;)

反町浩一 - 98/09/08 02:32:10
ホームページアドレス:http://www.linkclub.or.jp/~sori/Eva.html
電子メールアドレス:sori@air.linkclub.or.jp

コメント:
こんばんは、反町です。ここでははじめまして、ですね。 私も「lain」にはまってます。やはり最初の方は全然見ていないので LDが出たら買おうと思ってます。 lainの原画を描いているABさんのページです http://www.st.rim.or.jp/~ab_/index.html >Murayamaさん 『エヴァ・セクスアリス 第8節』の感想、届いてますでしょうか? もし、届いていないようでしたら送り直します。

Murayama - 98/09/02 16:31:43

コメント:
こんにちわ、砂丘の狐さん、北原さん。書き込みありがとうございます! TO 砂丘の狐さんへ。そういえば「lain」って東京テレビでしたね。となると、ビデオ 化を待つしかないですね(私も見逃した回があるので、ビデオ化待ってます)。 To 北原さんへ。「ひとのめ」、画像もあって、話も90あるのでDLするのは 大変でしょう。私はネット上でそのまま読む方なのですが…(だから、1話は短い 方が好きなんです)。それで、「ひとのめ」はいろいろなものの影響を受けていたり します(大体、その直前にみたものの)。

北原 樹恒 - 98/08/31 23:42:33
ホームページアドレス:http://plaza4.mbn.or.jp/~kamuychep/chiron/
電子メールアドレス:kitsune@mb.infoweb.ne.jp

コメント:
>最近書き込みがなくて寂しいので、 う〜ん、ときどき見に来てはいたのですが…。 最近、週末になると「ひとのめ」のダウンロードしてます。 アクセス時間を気にせずゆっくり見れるように。 そればっかりにかかりっきりにもなれないので、 週末毎に10話くらいずつ。先週末で50話まで。 「ひとのめ」はいくぶんシェル・シルヴァスタインの 影響を受けているようにも感じられるのですが、 私の気のせいでしょうか?

砂丘の狐 - 98/08/31 01:06:44
電子メールアドレス:YUkio.Hirata@ma4.seikyou.ne.jp

コメント:
 どうも、砂丘の狐です。実は、つい数分前に書き込ん だのですが、設定がおかしかったらしく、またまた変に なっちゃったので、設定を変更して、改めて書き込ませ てもらいました。  いや〜、書き込みも久しぶりですねえ。( ほんとは ついさっきかいたばかりなのに・・・T-T)  murayamaさんへ、ぼくも「lain」の原画、メチャク チャ気に入ってます。誰が書いてるとかはよく知らない んですが、いいですよね。でも、こっちじゃ放映してな いんですよね・・・T-T)(さっきから泣いてばっかし)  これからもちょくちょく書き込もうと思いますのでよ ろしく!(っていまさら、ってかんじです

Murayama - 98/08/30 05:48:44

コメント:
最近書き込みがなくて寂しいので、私の日記を少し。今日の夜明けは、セピア色でした(初めての、夜明けの色です)。そんな景色の中を、夜からの雨が降り続いていました。私の部屋は、山奥ではありませんが田舎めいたところにあって、だから窓から見える現在の風景が妙にノスタルジックでした(「郷愁的」という訳語はいかがでしょう?)

Murayama(管理者です) - 98/08/08 06:23:29

コメント:
砂丘の狐さんへ。どうもありがとうございます。暑さにはよく負けていますが、それでもまだまだ書いていきたいと思ってますので、これからもよろしくお願いします。3000ヒットも、今度こそ、UPします。お楽しみに。

砂丘の狐 - 98/08/07 00:26:18
電子メールアドレス:Yukio.Hirata@ma4.seikyou.ne.jp

コメント:
3000HITおめでとうございます!砂丘の狐です。いや〜 月日がたつのは早いもので、もうここまできちゃいまし たね。毎回毎回、まだかまだかと、murayanaさんの都合 も考えずに、楽しみに待ってます。これからも、暑さに 負けず、たくさん書いてください!楽しみに待ってま

TWO−BIT - 98/08/04 11:04:09
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Playtown-Denei/4533/
電子メールアドレス:two-bit@geocities.co.jp

コメント:
リンクですか。良いですね。早速張らせていただきました。

Murayama(管理人です) - 98/08/02 07:19:54

コメント:
TWO−BITさんへ。はじめまして。貴方もネットで小説書いていらっしゃるんですね。ここと相互リンクして頂けませんか?

TWO−BIT - 98/08/02 04:36:20
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Playtown-Denei/4533/
電子メールアドレス:two-bit@geocities.co.jp

コメント:
初めまして、こんにちは。オンラインノベルを読み回っているTWO−BITと言う者です。
作品読みました。不思議な雰囲気で惹かれます。続き、楽しみにしています。頑張って下さい。


Murayama(管理者) - 98/07/26 07:12:04

コメント:
北原さんへ、はじめまして。書き込み&感想ありがとうございます。リンクは大歓迎なので、是非リンクしてやってくださいませ。こちらからも貴HPにリンクさせて頂きます。では, また、これからもよろしくお願いします。

北原樹恒 - 98/07/26 00:50:07
ホームページアドレス:http://plaza4.mbn.or.jp/~kamuychep/chiron/
電子メールアドレス:kitsune@mb.infoweb.ne.jp

コメント:
はじめまして。 数日前にどこからか迷い込んできたのですが、いきなり『列車物語』でとりこになってしまいました。 モノクロの絵が話の雰囲気とマッチしていてとてもすてきです。 『ひとのめ』の方は話数が多いので毎日少しずつ見ています。 ところで、私のページからリンクを張らせてもらってもよろしいでしょうか?

sanpo - 98/07/20 16:02:22
ホームページアドレス:http://home4.highway.ne.jp/sanpo/
電子メールアドレス:sanpo@highway.or.jp

コメント:
私も自分の鍬を扱える腕を欲しながら生きている一人です。周りに弁当売りのお兄さん達しかいないのが辛いところです。こんにちはMurayamaさん。リンクの変更有り難うございました。掲示板にまでお顔を見せていただいてとても嬉しいです。あの掲示板は簡単に使えますよ一度試してみては。p.s.もし縁があったら初期のモノをどうぞLongLongWayHomeあたりをお薦めします(^^;なかなか売ってないけど)

Murayama - 98/07/16 06:42:08

コメント:
こんにちわ、くわさん。本当にそんな話があるんですね〜。現実は私の想像力をいつもどこかで超えています。でも、有り得ると思えないけど本当にある話を、何も見聞きせずに創れた自分をちょっと褒めたいような気も、します(本当に、自画自賛ですね。でも、ひょっとしたらユングのいうような人類全体の共有意識なんかがあったりするのかも)。では、次は列車物語の10話です、これからもよろしくお願いしますね。

くわ - 98/07/15 11:35:57
電子メールアドレス:t-kuwaha@nds.co.jp

コメント:
こんにちは、”くわ”です。2332踏んできました。 街人食夜話第9話の次郎丸君の話ですが、私の友人にも似たような話があります。 そこの家は、長男に始まりを連想させる名前が禁忌とされていました。 何でも”一”の付いた名前の御先祖がことごとく非業の死を遂げているんだそうです。 私にその話をしてくれたのは長男の”誠二”君でした。その時背中が少し寒くなりました。 今回の第9話はそんな事を思い出してしまいました。 これからもちょくちょく顔を出しますのでよろしくお願いします。 これからも素敵な作品が読めることを期待しつつ、それでは・・・・・・・。

Murayama - 98/07/11 05:49:06

コメント:
こんばんわ、sanpoさん。時折、日記とか掲示板とか覗かせてもらってますよ(^^ 強制執行の話はすごかったです、本当に警察あんな事するんですね)。2222ヒットを踏まれたということですが・・・うーん、差し上げるものがなにもない(;;)

sanpo - 98/07/09 23:57:22
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Broadway/1008/
電子メールアドレス:sanpo@highway.or.jp

コメント:
こんばんは。2222HIT踏んじゃいました(^^)毎回楽しみにしてます、更新も順調のようですね。街人食夜話の今後の展開が気になってきました。列車物語が列車なら、街人食夜話は船を連想します(どちらも「揺れ」を感じるんです)私の処にも寄ってください。もうすぐ新曲も発売されるし(^^)

Murayama(管理者) - 98/06/29 05:09:22

コメント:
砂漠の狐さんへ。久々の書き込みありがとうございます。ただ、頂いたメールを返送すると、宛先不明で戻ってきてしまうのですが・・・。 くわさんへ。どうもはじめまして。これからもよろしくお願いします。お仕事の息抜きでもなれば幸いです。(あ、それから2000Hit記念企画は近日公開予定です。)

くわ - 98/06/27 19:11:59
電子メールアドレス:t-kuwaha@nds.co.jp

コメント:
はじめまして。”くわ”と申します。 仕事の休憩時間に偶然足を踏み入れてみました。 列車物語の雰囲気がゆったりとしたリズムで とても気に入りました。 続きを楽しみにしつつ、それでは。

砂丘の狐 - 98/06/27 02:08:49
電子メールアドレス:Yukio.Hirata@ma4.seikyou.ne.jp

コメント:
今回、私こと、砂丘の狐が、栄えある2000人目の来訪者になりました!  murayamaさん、2000HITおめでとうございます! ホンとだったら、二日前には達成されていたのでは?  毎回、murayamaさんの、なんとも不思議で幻想的なお話に、日々の喧騒で疲れた心が癒される様な気がします これからも、どんどん作品を発表してください。応援してます!  P.S. ところで2000HIT記念は・・・? ^^;)

Murayama(ここの管理者です) - 98/06/09 06:49:11

コメント:
おひさしぶりです、K-Uさん(久しぶりの書き込みで嬉しいです)。同人誌はまた夏にも売る予定ですので(告知は近々このHPでします)是非、いらしてください。

K−U - 98/06/06 23:27:20

コメント:
本日こちらに久しぶりに立ち寄りました。カラー絵を拝見したのは初めてですが、まるで幼いときに見た何かを彷彿とさせるような鮮烈なモノを感じました。(個人誌を入手する機会に恵まれなかったのが残念です。)これからも感覚の赴くままに書き続けて下さい。

Murayama - 98/05/25 05:50:00

コメント:
toruさん、砂丘の狐さんへ。「Three・・・」はまだしばらく(総てが)お休みです。でも、そのうち気が向いて突然UPするかもしれません・・・自分でも分からないです(お話自体はあるんですけどね)

砂丘の狐 - 98/05/20 00:15:26
電子メールアドレス:Yukio.Hiorata@ma4.seikyou.ne.jp

コメント:
toruさんへ  僕も・・・(これ以上書くと何だか寄ってたってせかしてるようで・・・)

toru - 98/05/18 00:17:45

コメント:
1111番目を踏みました. いや,だからどうだって訳じゃないんですがね. 何となく. 1000Hit 記念の希望作品はThree chidren .... (;-P).

Murayama - 98/05/15 05:15:45

コメント:
あおとさん、砂丘の狐さん、どうもありがとうございます。これからも、ひたすらに書き続けたいとおもいますので、 どうぞよろしくお願いします。DEADENDさん、頑張ってください。私も、もっと、適切で響き良い言葉で心象をスケッチできるように、頑張るつもりですから。

あおと - 98/05/14 17:09:52

コメント:
読んでいて、心の底がざわざわしました。 次回作、楽しみに待ってます。

砂丘の狐 - 98/05/13 23:36:42
電子メールアドレス:Yukio.Hirata@ma4.seikyou.ne.jp

コメント:
1000HIT おめでとうございます!  昨日伺ったときは、985番目だったので、今日、達成されるだろうと思ってきて見たら、1003番目!あと少し早かったら・・・(残念)  この調子で2000、3000、とますますこのHPが発展されることをお祈りしています。  改めて,Congraturation on 1000HIT!

DEADEND - 98/05/09 23:37:32
ホームページアドレス:http://ww1.odn.ne.jp/~caa50830/LRS/top.htm
電子メールアドレス:ys@pop06.odn.ne.jp

コメント:
ちょい遅い発言で申し訳ないですが・・・ murayamaさんの4/25のカキコ、すごい同感です。 私はうまく文に出来ないのがくやしいですけどね・・・・・。 あの感覚をいつかSSにしてみたい。

Murayama(管理者です) - 98/05/09 05:52:09

コメント:
砂丘の狐さんへ。700ヒットも800も、つい自分で踏んでしまったので、900ヒットを読者の方に踏んでもらえて・・・嬉しいです。1000ヒット記念は考えていませんでしたが、折角ですから何かしましょうか?

砂丘の狐 - 98/05/08 00:35:08
電子メールアドレス:Yukio.Hirata@ma4.seikyou.ne.jp

コメント:
どうも、お久しぶりです。 今日きてみたら、なんと、ちょうど900番目だったので、一言かかせていただきました。1000HITまであと少し。何か、記念の作品かなにかはつくられないのですか?楽しみです。次に来たとき、ちょうど1000番目でありますように。真っ先にお祝いのメールがおくれるのだから。  それでは、また。

Murayama(管理者です) - 98/04/30 03:12:21

コメント:
Shuさんへ。木原敏江「夢の碑」は読んだ事無いです。「やおい」は苦手なんです・・・(でも、読んでみようと思います)

Shu - 98/04/25 18:09:08
ホームページアドレス:http://www.u-aizu.ac.jp/~m5011208
電子メールアドレス:m5011208@u-aizu.ac.jp

コメント:
今日、ちょっと ふっと見てたら、 思わず 感動して泣きそうになりました。 個人的に 絵にこれだけ 飲まれたのは、 木原敏江 の「夢の碑」(やおいマンガ) 以来です。 というわけで、頑張って下さい。

Murayama(管理者です) - 98/04/25 04:45:20

コメント:
To砂丘の狐さんへ。ずっと、家にも学校にも戻らず旅したいと思ったことはありませんか?お腹が空いたのにお金も無くてひもじかったようなことは、ないですか?そんなところから、物語は生まれてくるのだと、そう思います。

砂丘の狐 - 98/04/23 02:10:18
電子メールアドレス:Yukio.Hirata@seikyou.ne.jp

コメント:
どうもお久しぶりです!(いやマジで) 「列車物語 第五話」、「街人食夜話」読ませて頂きました。どうやったら、あんな物語を思いつくのだろうかと、ただ驚くばかりです。次回作が待ち遠しい!

Murayama(管理者) - 98/04/22 03:36:51

コメント:
toruさんへ。その話のことでしたら、聞いたことあります。ずっと読みたいと思ってたのですが、ご縁がなくて・・・概要だけ聞くと、面白そうなんですけどね。

Toru - 98/04/20 12:33:11

コメント:
『マルコ・ポーロの』も付けるべきだったかな. マルコ・ポーロがフビライ汗に向かって色々な街の話をする,という設定の話です. 原作者はイタロ・カルヴィーノというイタリア人です. 表現(といっても読んだのは訳本だから誰が悪いんだか分かりませんが)も内容ももう一つ鋭さがあればなあ,といったのが最初の読後感でした. (因に読んだのは結構前でした) 何故思い出したかは相変わらず不明(^^;).

Murayama(管理者) - 98/04/20 03:55:06

コメント:
まず、おくやま君へ。頑張っておくれ。就職・卒研の方も。 せつこさんへ。 ここの黒は、私達の世界における”色彩”と”輝き”も含んだ、そんな黒なのです。 Toruさんへ。「見えない都市」って、どんな本ですか?

Toru - 98/04/19 22:05:15

コメント:
『列車物語』, 読んでたら 『見えない都市』 を思い出した. 何故だろう.

せつこ - 98/04/16 09:31:32
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Playtown/3926
電子メールアドレス:komahi3@suma.kobe-wu.ac.jp

コメント:
 なんだか、黒が目に残ります。闇を表す色は黒ですが、ここの絵の黒は、私が夜に見る黒ではなく、どこか別の国、別の世界の黒のように思います(別世界の話なのだから、当然だろう、と思われるかもしれませんが)。
 この黒は、いったいどこからきたものなのでしょうか?


おくやま - 98/04/08 04:18:49
ホームページアドレス:http://www.fr.a.u-tokyo.ac.jp/~syakai/
電子メールアドレス:okuyama@fr.a.u-tokyo.ac.jp

コメント:
ぬぬぬ、、、やるな、、、 こちらのページはもう停滞もいいところで。 そのうちなんとかなるさ、と思いつつ

Murayama - 98/04/05 01:09:27

コメント:
書き込んでくれた方へ、訪れてくれた方へ・・・ありがとう (なんだか、直接個人的に知る者もおりますが) これからも、どうぞよろしくお願いします。 またここのゲストブックも感想をはじめ、ふと思い付いた言葉、 良き言葉など、書きたくなったとき自由にお書き込みください。

かき - 98/04/04 02:48:31
ホームページアドレス:http://www.first.tsukuba.ac.jp/~s950325
電子メールアドレス:s950325@first.tsukuba.ac.jp

コメント:
電子版の方が早くスタートしたのに、ひとのめのページとはもう4000件以上アクセスに差がついてしまいました。やはり村山さんの創作意欲がこの差を生んでいるのだと思います。新サーバーgeocitiesでも一層の活躍を期待します。

砂丘の狐 - 98/04/04 02:16:11
電子メールアドレス:Yukio.Hirata@ma4.seikyou.ne.jp

コメント:
  初めまして(と思う)! murayamaさんのお話、挿絵、毎回楽しく見させてもらってマス。ていうか、魅せられてマス。ボクは好きだな、こういうの。短い話の中に、なんともいえない、すごく心に残るものを感じる、って言うんですかネ。ボクには文才が無いんで、うまく言えないけど・・・。  次回作、期待してマス。それでは、また書き込ませてもらいたいと思いマス。

K−U - 98/03/30 00:13:15

コメント:
今日、初めてこちらに参り、読ませていただきました。 寓話というか、詩的というか・・・まるで薄紙一枚分だけの奇妙で、そして心地よい浮遊感に囚われるような作品ですね。 私は凄く気に入りました。そしてこの先がとても楽しみに思います。 これからも頑張って下さい。

神山信大:DEADEND - 98/03/29 16:44:50
電子メールアドレス:ys@pop06.odn.ne.jp

コメント:
このお話・・すきです。(というよりはMurayamaさんのお話全部好きなんですけどね) 一年先にしか駅に到着しない列車・・・・・  これからこの列車の中で彼女がどんな事に会っていくのか (そして、どんな話を書いて行くのか)が楽しみです。 最近はあまり巡回する暇もないのですが、余裕のある時には寄らせていただきます (3話の学生達・・・・・現実の今の子たちとさほど変わらないかもしれませんね。)

池亀光洋 - 98/03/28 05:09:41

コメント:
紙の上で見る印象と違ってますね。 なんか…こっちの方が素敵です。 拡大されたひとこまひとこまをじっくりと眺める。ドットが荒くなった描線がやわらかな叙情を醸し出す。紅茶をいれて、あとはBGMのチョイスさえまちがえなければ、かんぺき。 かぎは、読み手の時間の流れにあります。

神谷 和宏 - 98/03/27 23:58:30
電子メールアドレス:kkamiya@webtv.ne.jp

コメント:
感動しました。新しい天才童話作家の誕生は間近でしょう。

K.Murayama - 98/03/26 02:54:48
電子メールアドレス:hitonome@iinet.or.jp

コメント:
代償というのは、プロバイダ料でしょうかそれとも時間?・・・などと、少し考えてしまいました(更新、しばらく滞ってましたから)。 それでもなお作品を追ってくださるのは、とても嬉しいことです。

ニキ - 98/03/23 23:47:01
電子メールアドレス:lennon@seagreen.ocn.ne.jp

コメント:
人間の表現欲というのはやはり抑え難いものなのでしょう。 一人の表現者が多くの方法で多くの作品を通して 他人に何かを伝えようとしていて、 そしてもしも自分がその作品に、あるいは作者に とても魅かれていることが確かであるのなら・・・ 追い続けるしかないですね。 たとえ多少の代償を伴うとしても。 (すいません。言葉の切れ端で良いということなので・・・)

私のホームページへ | Hollywood-Kouenのページへ | メイン | 今すぐ登録