第7回目(6/9)






緯度が低くなり、また季節が夏に近づいて暑くなってきた、このごろ
窓を開けると入ってくる風が涼しくて気持ちよい、このごろ・・・





なのに、急に寒く冷え込んできました
それは、これから列車がある地方を通過するからです









カタンカタン、カタンカタン、カタンカタン・・・・






どうしてここらだけが寒くなるのか

それはどうしてかといいますと、住民がジョークが好きなのです
スピーチの最後なんかは必ずジョークでしめなければならないほどです
(どこかの国にそっくりですね)








なのに・・・




体質のせいか遺伝のせいかそれとも環境のせいか
その人達、完全に欠けているのです
本当に、絶望的に持っていないんです、ジョークのセンスを!





センスの欠如にもかかわらず無理矢理繰り出されるジョーク・・・





(もう、お分かりですね)



決定的に寒いのです!!
夏でも寒気を感じるほどにです!








だから、もう初夏なのに
こうして厚手の布なんかを被らなければならないのです・・・!











あ、息が白い・・・・






(でも、ここでは冬になっても凍えるほど寒くはなりません)
(だって、いくら寒くても、ジョークは人を楽しませようとしていうものですから)
(どこか温かいものがそこに流れているのです)
(それに、あまりに寒すぎるのも逆に笑えるものですし、ね)








カタンカタン、カタンカタン、カタンカタン・・・・









追記:この日、心暖まる話が4篇も売れました












何でもいいですから御感想などぜひ!(ここをクリックしてください)
メール宛先:hitomachi@geocities.co.jp


もどります