第9回目(6/26)






エアリアルフィッシュ・・・空気のなかを泳ぐ魚






エアリアルフィッシュ・・・青白く透けて光る・・・






エアリアルフィッシュ・・・なめらかに、涼しげに・・






(いいえ、それは飛んでいるのではありません、泳いでいるのです・・・)












幸子さんは、一年間の無聊を慰めるために、
2匹のエアリアルフィッシュを列車に持ち込みました





1匹では少なすぎ、2匹では多すぎるのですが・・・・















エアリアルフィッシュ・・・死ぬと、空気の中に溶けます(滴が水に溶けるように)






2匹のエアリアルフィッシュ・・・それはキスをします(溶ける前に)






キスをすると、1匹の大きなエアリアルフィッシュになります・・・

大きなエアリアルフィッシュは、4匹の小さなエアリアルフィッシュになります・・・・

















エアリアルフィッシュ・・・空気のなかを泳ぐ魚






エアリアルフィッシュ・・・青白く透けて光る・・・






エアリアルフィッシュ・・・なめらかに、涼しげに・・









1年の列車旅に、1匹では少なすぎ、2匹では多すぎるのです・・・







綿くずと紙くずを食べるエアリアルフイッシュ・・・




















気がつくと、1匹の小さなエアリアルフイッシュが、私の原稿の端っこを齧っていました

「きゃっ!これはダメ!」



「あら、ごめんなさい」
「いえ、ちょっと齧られただけですから」

ほんの少しぎざぎざ縁の、原稿です

「悪いわ。その原稿、買い取らせてもらうわ。」
「いえ、本当に、少ししか齧られていないですから。」
「でも、もう交換には使えないでしょう。引き取らせてもらうわ。」
「そうですか、じゃあ・・・」


「お支払いは、この子でいいかしら・・・」

幸子さんの両手の中に、小さな、きれいな、エアリアルフイッシュ・・・














(1年の列車旅に、1匹では少なすぎ、2匹では多すぎるのです・・・)

























「ほら、綿ほこりを手の平にのせて・・・ほら、食べてるでしょう・・・もう、なついたわ、この子」




私の手の平に、一匹のエアリアルフィッシュ・・・
こそばゆい・・・











何でもいいですから御感想などぜひ!(ここをクリックしてください)
メール宛先:hitomachi@geocities.co.jp


もどります