街人食夜話



第1回目(4/8)





あなた、お腹が空いてません・・・?
ヒト、食べたいと思ったことは、ありませんか?





ないですよね
そうですよね・・・


(四千年の食人の歴史を持つ私・・・恐ろしい、血・・・)







・・・襲ったことはありません
襲って食べたりしたことは、ありません
そんなことしたら、私、警察に捕まってしまいます

(精神刑務所というのは、法の光もとどかぬこの世の地獄だといいます)








(でも喰ったのだろう?)

(でも、お前は喰ろうたのだろう・・?)









確かに、ヒトは街にたくさんいます
一番弱くて、鈍い生き物・・・
(そしてそれは、私も同じなのです・・おまけに私、気も弱いんです・・・)




ほら、あそこで歩いている女の子達
楽しそうに、明るく、笑いさざめいています

・・・当たり前ですね、陽のひかりも眩しい午後なのですから

(あんなにひよわな体、ばねのない足取り、優雅のかけらも無い動き・・・)
(なのに、あなた達は平気で歩いていられるのね)
(私は恐くて恐くて本当は震えているのに・・)










ああ、”夜話”なのに、昼の話から始めてしまいましたね・・








何でもいいですから御感想などぜひ!(ここをクリックしてください)
メール宛先:hitomachi@geocities.co.jp


もどります