第2回目(4/15)





(オ腹ガ空イタ・・オ腹ガ空イタ・・)





引越ししたばかりの(いいえ、夜、逃げてきたばかりの)この部屋には

時計の音、車の音、風の音、犬の吠え声・・・かすかに、静寂のなかに・・・





(オ腹ガ空イタ・・オ腹ガ空イタ・・)









もう一週間も、食べていない・・・

(ユビ三本タベテ、其レキリ・・・)
(オ腹ガ空イタ・・オ腹ガ空イタ・・)









早く、見つけなければいけない
食べさせてくれる、ヒトを・・・

誰にも話さない
見返りも求めない

そんなヒトを・・・









私には、特に力も無い
魅力もない
呪いなどしらない
(魂を抜くこともできない)







でも、そういうヒトは、見たら分かるの・・・








今、目の前に、そういうヒトだった、男の子の残像が、立っている・・
(指三本無くした形で・・・)

(とても優しくていい人だったんですけど、機転がきかなくて)
(指三本無くした訳を、周りにうまく説明できなかったのです)











(ユビ三本タベテ、其レキリ・・・)
(オ腹ガ空イタ・・オ腹ガ空イタ・・)









時計の音、車の音、風の音、犬の吠え声・・・

お腹がすくとつい朦朧として、
幻覚などみてしまうものです・・・

(オ腹ガ空イタ・・オ腹ガ空イタ・・)








お腹が空いて、どうにも眠れません
明日から新しい学校なのに・・・
(初日から遅刻なんてしたくありませんよね・・・)










(オ腹ガ空イタ・・オ腹ガ空イタ・・)
(ユビ三本タベテ、其レキリ・・・)









何でもいいですから御感想などぜひ!(ここをクリックしてください)
メール宛先:hitomachi@geocities.co.jp


もどります