第34回目(10/7)





人を喰う鬼が舞っております…


ゆるゆると身を翻しながら舞っております…


(笛と太鼓のゆるやな古い拍子に合わせて…)





人を喰う鬼は、舞いながら子供を追いかけます…

半ば巫山戯ながら逃げる年嵩の子の声と、
心の底から脅えて逃げるがんぜない幼児の泣き声が、
寒村の夜にこだまします…





「お前をとって喰ってしまうぞ…!」





その申し出があまりに甘美な事のように思えたので、
私は目の前の鬼に思わず自らの手を差しのべました






鬼が私を捕まえ、手の包丁を振り上げて…







































そこで私は目覚めました

最近、私はよく微睡むのです



(消化器官が余り丈夫でないのに、質の悪い食事をとり続けているせいかもしれません)















もどります