項  目

[診断まで] [手術へむけて] [手術後]

[がまんの3ヶ月  (続き)] [自己回復トレーニング(続き)]

本文中【青い文字】を押すと 感想、メッセージが出てきます。
(...ガンと向き合うピアニストより)

ガンと向き合うピアニスト!


11月21日の退院の時には、病院内で行われているという

12月24日のクリスマスコンサートのお手伝いを頼まれ、

20分ピアノを弾くことを引き受けていた。

今までケガをしても、病気をしても、熱を出しても、

とにかくピアノ前に座れば弾ける

当然まだ胸も手も引きつれ、息苦しく最悪の気分。

でも、「ピアノに向かえば、痛みなんか関係なくなる」という、

今までの経験から、何の気もなく気軽に引き受けた。

が、しかし・・・・・

【家へ戻り直面したこと】
集中力の欠如 痛みから来るものか、体力の低下かわからないが
腕が下がっているだけでも苦痛

(肩、鎖骨の下の痛み。腋の硬直感。息苦しさ)

痛みとは関係なく指は動く。

が、ピアノを弾くということはそういうことでは無い。

集中力の欠如 肩、腕、脇、胸の痛み
 

 

 

前の頁へ⇒ 戻る
心と体へ⇒ 戻る
ホームへ⇒ 戻る

 

  『ガンと向き合うピアニスト』30秒後自動的に続きます。

...................ガンと向き合うピアニストより