■ シルクロード・シリーズ はるかなるシルクロード ■

登場人物は、基本的に名前のある人、それに準ずる人に限っています。

<白泉社花とゆめコミックス版> シルクロード「はるかなるシルクロード」

 「はるかなるシルクロード」
表紙:コートを着た詩織

登場人物:詩織、橘真之(たちばなさねゆき)、(天池の村の)お祖母さま、 真之の父、テングリ兄弟

◇コメント◇
シルクロード・シリーズの記念すべき第1作目。
テングリ兄弟の要である「長」を巡る話。長い時と距離を経て、詩織が、 兄弟達と無事巡り会う過程を描いたもので、全シリーズを理解する上でも、 重要度が高いです。
神坂さんは、この作品を作るにあたって、中国大陸に渡っていた父の話してくれた 「日本軍が一里進むと、彼らは消えてしまう」という「まるで蜃気楼のよう」 な遊牧民に触発された、とコメントしています。
実際、真之が最後に見た、10人で空を飛ぶカットは、シルクロード・シリーズ の他の作品に繋がるものでもあります。


 シルクロード「天翔ける馬」  
表紙(見開き):天馬を駆るテングリ達、天竜(ティエンルン)とムーラン

登場人物:ムーラン、天竜、横山博士、テングリ兄弟

◇コメント◇
テングリが、この地に住む少数民族の、小さな幸せを守っていることを描いた作品。 このスタイルの話は、シリーズ以外にも見られます。
それにしても「ただの漢民族」と言う天竜は何者・・・? この作品以外、登場しませんが、裏工作をいろいろ施したり、 マロムセイと対等同然に口をきくところなど、ただ者ではない感じなんですけど。


 シルクロード「キャラバンの鈴」
表紙(見開き):オリジンと、その金髪を掴み切り落とそうとするカリア

登場人物:カリア、ラジャール、玄宋、ナシュ、サファイル王子、オリジン、 テングリ兄弟

◇コメント◇
シルクロード・シリーズ、初期の傑作!
構成も複雑、人の憎しみの深さとそれを越えて生きる姿が、 これぞ神坂智子と呼ぶに相応しいタッチで綴られています。
この話で仲間から離れた長: オリジンの命数尽きる話が「天のはごろも」。 生まれ変わり、海を越えて戻ってくる話が、「はるかなるシルクロード」です。
紀元前というのと、ギリシアが攻めてくる、という点から、 時代設定は、アケメネス朝ペルシャ末期(BC330滅亡)と思われます。ですけど少女カリアのミイラが、7000年前の遺跡の上にあったのは何故?? テングリ兄弟がそこまで掘って埋めたんでしょうか?

踊り子カリアの描き方が、とにかく素晴らしい。
カリアは、絵とストーリーから判断して、大体15〜16歳くらいかな。 こんなせつない生き方をした、古い時代の少女を思うと、胸がいっぱいになります。 彼女の踊りの歌は、彼女そのものを表現していて、読み手に「はるけき過去」を感じさせます。

今ははるかな物語
ペルシャの娘の恋の唄
いまだ心の通わぬ相手
かわいい娘の片恋遊び
愛しい男(ひと)にどうしたら
あたいの気持ち伝わろう


シルクロード(白泉社版)目次へシルクロード(角川版)目次へ
神坂智子的世界目次へ
forest_season@mail.goo.ne.jp