■ シルクロード・シリーズ〜巻き毛のカムシン ■

登場人物は、基本的に名前のある人、それに準ずる人に限っています。

<白泉社花とゆめコミックス版>シルクロード「巻き毛のカムシン」

 シルクロード「巻き毛のカムシン」
表紙:カムシン

登場人物:クルセ、ユーリカ、ハンザ、カムシン、テングリ兄弟

◇コメント◇
テングリ兄弟で唯一人間の娘と恋愛したカムシンの物語。
この恋が実るために支払われた代償は、 かなり大きかった……(というと、ミもフタもないですが)


 シルクロード「緑の王宮−カシュガル−」
表紙(見開き):金の髪の合間で、タンバリンを手に踊る香妃(こうき)

登場人物:香妃、セリム、乾隆帝、明妃、皇太后、詩織、アッシュ

◇コメント
この香妃なのかどうか定かじゃありませんが、乾隆帝に嫁いで寵愛を受けた西方の姫君 っていうのは実際いたような気がします。なんでしたっけ??(こんなのばっかし)

「西域の娘の強いこと…。それにおまえを美しいとわたしは思いますよ」
誰よりもすべてを見通している皇太后が、冷静に判断を下すあたり、 上に立つ者の風格を最も備えている点がまたせつないです。 砂なつめをセリムを恋しがりながらの、香妃の孤独な自害のくだりには、思わず合掌。
カシュガルにある香妃廟には、ぜひ一度訪れたいものです。


 シルクロード「白い神々(テングリ)の伝説」
表紙:マロムセイ

登場人物:ミーファ、翠羽(すいう)、栄達、ルゥク(テイサJr)、ムーサ、マロムセイ、テイサ

◇コメント◇
いわゆる、武帝の天馬狩りをモチーフにした作品。
この作品も、巨大な国家・権力に対する 作者の根本的な不信感と虚無感が出ています。


 シルクロード「波斯(ペルシャ)の井戸<カレーズ>」
表紙(見開き):ジェナーと芥子の花、エミーラ

登場人物:エミーラ、ペルセポリスの司祭、ジェナー、テングリ兄弟

◇コメント◇
アケメネス朝ペルシャ末期(アレクサンダー大王時代)のペルセポリスが舞台。 いなくなった長オリジンを探す話。「キャラバンの鈴」 の直後にあった出来事です。
拝火教が登場するのってこの作品だけだと思います。

↑…なーんて間違ったこと書いてしまいました。ごめんなさい!
カレーズシリーズの「カレーズ−星の井戸−」に 拝火教は出てきます。

 神坂智子のシルクロード紀行その3
84年エジプト・シナイ・イスラエル、85年春アメリカ、85年夏トルコ各旅行記。


シルクロード(白泉社版)目次へシルクロード(角川版)目次へ
神坂智子的世界目次へ

forest_season@mail.goo.ne.jp