ちびキング by 海月 【〜Stepen King Book〜】

 

 スティーヴン・キングの魅力あふれるストーリー展開,ついつい引き込まれる文章力,人間味あふれる登場人物。私の読んだスティーヴン・キングの小説を一覧にしてみました。

「”我は手で狙い定めぬ。手で狙い定める者,父親の容貌を忘却せり。
  我は目で狙い定める。
  我は手で撃たぬ。手で撃つ者,父親の容貌を忘却せり。
  我は<気>で撃つ。
  我は我が銃で殺さぬ。銃で殺す者,父親の容貌を忘却せり。
  我は心で殺す”」

                  「ダーク・タワー」より

 

  BOLにて『ライディング・ザ・ブレッド』 が発売されていしたが,先着2000名には限定カバー・デザインとなっていて装丁はこんな感じでした。

 

 

 

 

 

 

  なお,[スタンド」についてくるマウスパッドはこれ。

 

 

 映画と原作の比較は,(←これ)をクリックしてください。


スティーヴン・キングの作品を, 邦題のアイウエオ順 に載せています。

スティーヴン・キングの作品

作 品 名

備  考

いかしたバンドのいる街で

文芸春秋

中・短編集 【ナイトメアズ&ドリームスケープスT】
 「争いが終わったとき」
 「幼子よ,われに来たれ」
 「献示」
 「チャタリー・ティース」
 「ドランのキャデラック」
 「ポプシー」
 「ナイトフライヤー」
 「動く指」
 「丘の上の屋敷」
 「スニーカーズ」
 「いかしたバンドのいる街で」
IT

文春文庫

単行本で4冊にわたる長編。
骸骨乗組員

扶桑社ミステリー

中・短編集 【スケルトンクルー1】
 「握手しない男」
 「ウェディング・ギグ」
 「カインの末裔」
 「死神」
 「ほら,虎がいる」
 「霧」
神々のワード・プロセッサ

扶桑社ミステリー

中・短編集 【スケルトンクルー2】
 「パラノイドの唄」
 「神々のワード・プロセッサ」
 「オットー伯父さんトラック」
 「ジョウント」
 「しなやかな銃弾のバラード」
 「猿とシンバル」  を収録
キャリー

新潮文庫

1974年に刊行されたキングの処女作。
グリーン・マイル

新潮文庫

1ヶ月に1冊のペースで発売された。計6冊。
クリスティーン

新潮文庫

単行本で2冊(上下巻)。
幸運の25セント硬貨 

新潮文庫

単行本で1冊。全7編。
ゴールデンボーイ

新潮文庫

中編集【恐怖の四季 春夏編】
 「刑務所のリタ・ヘイワーズ−春は希望の春」
 「ゴールデンボーイ    −転落の夏」
最後の抵抗

扶桑社ミステリー

単行本で1冊。
ジェラルドのゲーム

文芸春秋

ハードカバーで1冊。
シャイニング

文春文庫

単行本で2冊(上下巻)。
小説作法

アーティストハウス

ハードカバーで1冊。
死のロングウォーク

扶桑社ミステリー

単行本で1冊。
深夜勤務

扶桑社ミステリー

中・短編集 【ナイトシフト1】
 「地下室の悪夢」
 「波が砕ける夜の海辺で」
 「やつらの出入口」
 「人間圧搾機」
 「子取り鬼」
 「灰色のかたまり」
 「戦場」
 「トラック」
 「やつらは時々帰ってくる」
 「呪われた村<ジェルサレムズ・ロット>」
             を収録
スタンド 

文芸文庫

待望の文庫版も発売中。
写真はハードカバーです。
スタンド・バイ・ミー

新潮文庫

中編集【恐怖の四季 秋冬編】
 「スタンド・バイ・ミー」
 「マンハッタンの奇譚クラブ」
第4解剖室 

新潮文庫

単行本で1冊。
ダーク・タワー 暗黒の塔

角川文庫

【THE DARK TOWER】シリーズ
 T「ガンスリンガー」
 U「ザ・スリー」
 V「荒地」
 W「魔導師の虹」
ダーク・ハーフ

文春文庫

単行本で2冊(上下巻)
タリスマン

新潮文庫

ピーター・ストラウブとの共著。2冊
デスペレーション

新潮社

「レギュレイターズ」と対をなす作品。
 スティーヴン・キング名義で出版
デッド・ゾーン

新潮文庫

単行本で2冊(上下巻)
トウモロコシ畑の子供たち

扶桑社ミステリー

中・短編集 【ナイトシフト2】
 「超高層ビルの恐怖」
 「芝刈り機の男」
 「禁煙挫折者救済有限会社」
 「キャンパスの悪夢」
 「バネ足ジャック」
 「トウモロコシ畑の子供たち」
 「死のスワンダイヴ」
 「花を愛した男」
 「<ジェルサレムズ・ロット>の怪」
 「312号室の女」       を収録
図書館警察

文春文庫

中編集 【FOUR PAST MIDNIGHT】
 「図書館警察」
 「サン・ドック」
トミーノッカーズ

文春文庫

単行本で2冊(上下巻)
トム・ゴードンに恋した少女

新潮社

単行本で1冊。
ドラゴンの眼 2冊(上下巻)
ドリーム・キャッチャー

新潮社文庫

4冊
ドロレス・クレイボーン

文春文庫

単行本で1冊
ニードフル・シングス

文春文庫

分厚い単行本で2冊
呪われた町

集英社文庫

単行本で2冊
ハイスクール・パニック

扶桑社ミステリー

単行本で1冊
バトルランナー

サンケイ文庫
(扶桑社ミステリー)

単行本で1冊
不眠症

文芸春秋

2冊(上下巻)
ファイアスターター

新潮社文庫

単行本で2冊
ブラックハウス 

新潮社文庫

ピーター・ストラウブとの共著。2冊
「タリスマン」の続編。
ペット・セマタリー

文春文庫

分厚い単行本で2冊
ヘッド・タウン

文藝春秋

中・短編集 【ナイトメアズ&ドリームスケープスU】
 「自宅出産」
 「雨期きたる」
 「かわいい子馬」
 「電話はどこから……?」
 「十時の人々」
 「クラウチ・エンド」
 「メイプル・ストリートの家」
 「第5の男」
 「ワストン博士の事件」
 「アムニー最後の事件」
 「ヘッド・ダウン」
 「ブルックリンの八月」
 (あとがき)
 「乞食とダイヤモンド」
骨の袋

新潮社

最近発刊されたばかり。 ハードカバー上下巻
マーティ

学研

挿絵入りで1冊。
  (以下 風間賢二により)
  ・ 「マーティ」について
  ・ 人狼について
ミザリー

文春文庫

単行本で1冊
ミルクマン

扶桑社ミステリー

中・短編集 【スケルトンクルー2】
 「ミルクマン 1(早朝配達)」
 「ミルクマン 2(ランドリー・ゲーム)」
 「トッド夫人の近道」
 「浮き台」
 「ノーナ」
 「ピーチワールド」
 「オーエンくんへ」
 「生きのびるやつ」
 「おばあちゃん」
 「入り江」 を収録
痩せゆく男 

文春文庫

単行本で1冊。リチャード・バックマン名義で刊行。
ライディング・ザ・ブレッド 

アーティスト・ハウス

当初インターネットで発売。
 現在,引続き執筆中。 なお,左の装丁は先着2000部の限定オリジナル。
ランゴリアーズ

文春文庫

中編集 【FOUR PAST MIDNIGHT】
 「ランゴリアーズ」
 「秘密の窓,秘密の庭」
レギュレイターズ

文春文庫

「デスペレーション」と対をなす作品。
 リチャード・バックマン名義で出版。
ローズ・マダー

新潮文庫

単行本で2冊(上下巻)。

扶桑社から文庫で出版されている「スケルトン・クルー」などの短編集および「バトル・ランナー」をはじめとするバックマン・ブックスは,同内容のものがサンケイ文庫からも出ています。 どういう経緯なのかは良く分かりませんが,,,。 私の持っている文庫本は,ほとんどが扶桑社なので,今は扶桑社なんでしょうね。


アンソロジー(スティーヴン・キング作品含む)

作 品 名

備  考

死霊たちの宴

創元推理文庫

スキップ&スペクター編
     『BOOK OF THE DEAD』

 「ホーム・デリヴァリー」  (キング著)

ナイト・ソウルズ

新潮文庫

J・N・ウィリアムスン編
     『THE BEST OF MASQUES』

 「ポプシー」  (キング著)

ナイト・フライヤー

新潮文庫

ダグラス・E・ウィンター編

 「ナイト・フライヤー」  (キング著)

魔性の猫

新潮文庫

ダン&アンゾワ編

 「魔性の猫」  (キング著)

レベッカ・ポールソンのお告げ

文春文庫

13の恐怖とエロスの物語

  「レベッカ・ポールソンのお告げ」
    
(キング著)

 

 

スティーヴン・キング解読本

作 品 名

備  考

コンプリート スティーヴン・キング

白夜書房

奥澤成樹・風間賢二 編著
スティーヴン・キング 恐怖の映像

ジャパン・ミックス

アン・ロイド著

 

 

スティーヴン・キング関連

作 品 名

備  考

スピード・クイーンの告白

ソニー・マガジンズ

スチュアート・オナン著
(キングの114の質問に死刑囚監房が答える)

 

 

【スティーヴン・キング】
映画化された作品について
キングの小説           
キングの描く街とは,,,
登場人物について,,,