徒然草むしり。

徒然草むしり。



毎日更新されると思ったら大間違い。
本当のことが書いてあると思ったらもっと間違い。

get to:       りびけんの国!   パソコン要約筆記虎の穴!   BBS  

6月30日(月末)。
暑い。

何でか意味無く5時に起床して爆チューなど眺めてから、横浜はtach2の講習会へ(早起きしたわりにはちょっと遅刻、しょうもない)。作者遊酔さんの解説を拝聴する。なんでかIPtalkのくりたさんもいらしていて、久し振りにご挨拶をする。え? 3年ぶり? そんなになるかもなあ、ネットではよくお会いしてるのだけれども。帰りは周ちゃんの玉突き衝突事故被害車で送っていただく。人間にちょっと後遺症があるとの由、お大事に。

午後からものすごねむ。ちょっと昼寝してから、明日に備えて床屋さんへ。例によってものすごく短くしてきたのだが、茶髪部分は無くなっちゃうかな? と思っていたらまだ半端に赤い。

だからさあ、俺に投票すんなって言うてんのにぃ言うてんのにぃ。

あ、こんなところで俺の投稿が紹介されてる(どれなんだかはしみつ)。


テレ朝の「不思議ドットテレビ」っていうオカルト番組があんねんけど、なんか人面岩とか例のUFO写真とか、知ってるネタしか出てこないんだよなあ。いやまあ、知ってる俺も俺なんだけれども。

ワールド・パイオニアさん「耳・手話情報源」の無料広告枠のご案内をいただいていたのだが(6月7日付)、今日が締切だったりしたもので、深く考えずに「パソコン要約筆記」で応募してみた。俺なんかが応募してよかったのかなあ、仮に掲載していただいたとして俺のメリットはまずないなあ、でもまあ情報は多いほうがいいような気もするし(←基本)、いちおうお問い合わせにお答えするくらいのことはできるだろうし、まあいいや。

たぶん見出しが「パソコン要約筆記」で、「りびけん事務所、電話これこれ、ファクスこれこれ」といった感じになると思う。


久し振りにちょっとだけプロ野球を眺めているのだが(基本的に俺は「スポーツを観る」ことに興味はない)。
思いついたんだけど、これって投手が投げてから捕球されるまでは「ボールの主観映像」にすると面白くないかなあ。投げるでしょ、そうするとカメラがマウンドからキャッチャーミットまでぐおっと飛んでいって、もし打たれたら、フライならダイヤモンドを俯瞰しながら上がって下がって、ライナーなら野手の位置を眺めながら飛んでいく、ゴロなら1秒おきに人工芝がアップになってごろんごろんと転がっていく。こんなんで判るかな。
球場のマッピングなんてすぐできるし、白球を載せるのも簡単だろうし、審判を省けばフィールドにいるのはせいぜい13人。すぐできるよ、誰かやらねえかなあ。

3日も考え続けているのに、極楽とんぼの加藤じゃないほうのデブの名前が思い出せない(教えんなよ)。どうでもいいけど今月の日記、ファイルでかすぎ。少し減らそう(これでも「その日の終わり」にずいぶん削ってるんだけどな)。
2001年06月30日 22時19分09秒



6月29日(金曜日)。
暑い。

例年の癖で「寝ながら無意識にエアコンのリモコンを操作する」ようになってしまった。数年かけて条件反射が成熟するのを待ってから設定温度を上げたもので、そんなにタルくもならないようにはなったんだが、これでいいのかなあ。


7月1日の「星条旗」のディミニッシュ・モーションが上手く弾けないもんで、試しにオープン・ディミニッシュ・チューンのウクレレを持ってみた。ダメだ、タイミングが入らない。しょうがないから小節頭にCis°、D°、Dis°と入るだね。下降パターンは1-3弦で対応するよろし。

民主党議員アンケート、「小泉支持:50%」そして「靖国参拝容認:40%」。なんだこいつらはいったい、どうすんだよ巨泉(笑)。

あと桝添要一。本人が完全に出馬意向なのはまる判りなのだが、まだ「出る」とは言ってない(7月5日まで態度保留)。TVの収録とかいろいろあんねやろうなあ、ご苦労さん。


エルメス開店(昨日)、地べたに座って1,000人が行列。すげー貧乏くせえ。こんどひやかしてこよっと。

倉木真衣(だっけ)の新盤「Perfect Crime」つまり「完全犯罪」。え? パクリの話? いや失敬。

昨晩のTBS「霊能者アザース」(いいタイトルだ)、ネタがJack the Ripperだった。ちなみに医者説、ちゃんと山高帽に黒マント、でもメスじゃなくて柳刃包丁。
いや、当時のメスってあんなんだったのかな。いまアメリカで流行ってるのは黒曜石を削ったやつだっていうし。

岡山県で新生児14,000人の聴覚検査を実施。将来は厚生省主体で全新生児に実施とか、少し悩む。いや、何を悩んでるのかと言われると困るのだけれども、ちょっと悩む。えーとその。

宇多田ヒカル、ハリウッド映画の劇中歌を熱唱‥‥はいいんだけど、「ラッシュアワー2」? またジャッキー・チェンとクリス・タッカー? そんなもん請けるなよジャッキー、どっか行っちゃえよタッカー。ほんと邪魔。観れば判る、いやほんとに。

昼のテレビに坂本ちゃん(元受験生、今日大文理)が出てて、相変わらず鉢巻きに学ラン。いや、いいんだけど。同じ番組にガッツ石松も出ていて、所謂「ガッツポーズ」の起源は自分である、と主張されていた。いや、いいんだけど。ウルフルズの「ガッツだぜ!」もガッツ石松起源であるそうな。ガッツ星人とかもそうかな。ガッツさん、小さい頃にハブに咬まれたんだそうだが、栃木県にそんなもんおらん。

汗(消臭)関連のCMなんだが、なんで汗をかきそうな人が出て来ないのかなあ、ホンジャマカ石塚とか中島啓江とか荒勢とか。戸田恵子は汗なんかかかんだろうに。

高木ブー先生、ハワイアン・バーを開店。麻布十番かあ、テリトリー外だなあ。

ほんとに忙しいんですけどね、「狂った野獣」(ひどいタイトルだなあ)をもう一回観てしまいました。いや、抗い難い魅力。サルか私は。
気がついたんだけれども、この界隈の人間性の欠如した映画のBGMって、やっぱり太鼓とベースとリズムギターとホーンが主体なのばっかりなんじゃないか、なんて思いました。
つまり、たとえば「ストリングス系のディミニッシュスケールで不気味な感じを出す」とか、あるいは「凝ったオーケストレーションでナニモノかを表現する」なんていう意識は全くなくて、もうアタック系一辺倒。これは即ちリズム音楽ですから、それが私の心の琴線に染みているのであれば非常に納得できるところではあります(そのへんを埋めるための無理矢理なクラリネットではあるやもしれません)。

ウクレレにも通じるところがあるな。


今日の無断リンク、こちら。というかこっちですか。
2001年06月29日 21時04分23秒


6月28日(木曜日)。
暑い。

俺に投票すんなって言ったやんの、トップとっちゃったよどうすんだよ。んー、痛し痒し。

投票といえば、HAL9000を作っちゃうプロジェクト。よう判らんけどさっそく参加。
HAL9000

またしても佐藤錦到来。嬉しい。

AFI(アメリカ映画協会)を覗いたら映画100年記念とやらで「トップ100映画」、「トップ100スリラー」、「トップ100お笑い」とかあるんだが、ヌルいなあ。トップ10映画なんて、
  1. CITIZEN KANE (市民ケーン)
  2. CASABLANCA(カサブランカ)
  3. THE GODFATHER(ゴッドファーザー)
  4. GONE WITH THE WIND(風とともに去りぬ)
  5. LAWRENCE OF ARABIA(アラビアのロレンス)
  6. THE WIZARD OF OZ(オズの魔法使い)
  7. THE GRADUATE(卒業)
  8. ON THE WATERFRONT(渚にて)
  9. SCHINDLER'S LIST(シンドラーのリスト)
  10. SINGIN' IN THE RAIN (雨に唄えば)
つまらん、「大アマゾンの半魚人」も「生ける死屍の夜」も「スミス都へ行く」も入っとらん。

あと「スリラー」のリストを出しておくと、

  1. PSYCHO(サイコ)
  2. JAWS(ジョーズ)
  3. THE EXORCIST(エクソシスト)
  4. NORTH BY NORTHWEST(北北西へ進路をとれ!)
  5. THE SILENCE OF THE LAMBS(羊たちの沈黙)
  6. ALIEN(エイリアン)
  7. THE BIRDS(鳥)
  8. THE FRENCH CONNECTION(フレンチ・コネクション)
  9. ROSEMARY'S BABY(ローズマリーの赤ちゃん)
  10. RAIDERS OF THE LOST ARK (レイダース(1))
はぁ? 「レイダース」だあ?(笑)。「チャイルド・プレイ」も「リンク」も「女優霊」(は無理か)もない。ひょっとしてアメリカン・ジョークか? それともお子さま向け? 

「お笑い」には「卒業」とか「博士の異常な愛情」とか入ってるし、あいつら映画のどこを観てるんだ?

そこ行くと、昨晩やってた「狂った野獣」はよかったなあ。バカなバスジャックがただひたすらバスで走りまくって逃げ回るだけのストレートな映画だった。ああいうのが100本あれば俺には充分なんだけどな。

 

野獣つながりでテレ東「野獣教師」も観る。もうりびちゃん大喜び。

仕事のヒマな傭兵が、悪の校長の支配する高校に潜入するのよ。先ずは代理教員資格を捏造するために教育委員会のコンピュータに侵入して「MITとイエールと東大卒」みたいな経歴をでっち上げるんだけどさ、お前らその技術があるんだったらもっと他にやることあるだろう、みたいな。そんで最終的に悪の校長と深夜の高校で対決するんだけれども、この校長が強い強い。結局のところ善の傭兵部隊が校舎をぶっ壊して死体だらけにして去るんだけど、最後の台詞が「これで学校も平和になるだろう」ってお前さあ。

たいへん気に入りました。明日の深夜にこいつの「2」をやんのね、録画しとこ。


某所で時給鑑定団をちょっと紹介してみたら知り合いがわらわら参入してきやがって、どんどん俺を追い落としていく(笑)。わはははは後でまた闘おう、諸君。

ジャック・レモンさん死去、合掌。
トーベ・ヤンソンさん死去、合掌。

関係ないけど、近所のそこここのコンクリ塀に「Death to Israel」というスプレー落書きが。上高田でそんなもん主張すんなよ、とちょっと思わないこともない。

キリンビールの宣伝に大魔神佐々木が。他の渡米組の人たちはどうしたのかなあ、俺が知らないだけなのかなあ。

共同通信より、「米国への政治亡命を求めている中国人警察医が、中国当局は処刑した死刑囚の遺体から臓器を摘出し、高値で売りさばいていると告発」。生きてる奴の臓器は使ってねえのか? って日本人の俺に言われたら怒るんだろうなあ、中央の皆さんは。でもなあ。

今日の無断リンク:元祖エロ倶楽部さん。
2001年06月29日 01時40分17秒


6月27日(ユン・ピョウ誕生日)。
暑い。

到来物のさくらんぼ(山形・佐藤錦)をいただく。美味しい。

KSD事件で小山孝雄前議員、「利益供与」は否定したけどそれって贈収賄の要件じゃないぞ。わいろ性を認めてカネ貰ったんなら受託収賄罪は成立すると思うんだが。

珍走団の火炎瓶事件、なんか珍走団同士がi-modeサイトで喧嘩して、かたっぽが火炎瓶持って殴り込みに行ったらしい。70年代日活映画(リバイバル)か君たちは。

シャープ兄弟の当日ステージ進行表をエクセルで作ってみる。うーん、日曜に練習したばっかりなのにところどころ忘れてるぞ(本番で僕がブレークを忘れたら笑ってやってください)。あと、なんでか弾けないパートがちょっとだけあるので練習して、と。

NHKの番組予告で、「白村江の戦い」を「ハクソンコウノタタカイ」と発音していた。ちょっと驚いた。あと、 単にフリガナ表記を求めて捜したリンク先での主張にはもっと驚いた。正否は別として、ある意味凄い。

そうすると話題が飛んで、鈴木宗男は「2島先行返還論なんて無い」とするが、もろにソ連の「2島先行返還」を拒否したことこそが始まりだという理解なんだけどな。いや、詳しくはないんだけどな。


日テレ「NNNニュースダッシュ」に今秋からリアルタイム字幕が! 慶賀。

某所「Harmonica player popularity vote.(ハモニカ奏者人気投票)」のリストに洒落で俺の名前が(笑)。光栄なことだがものすごく念のために書いておくと、俺に投票しないように>>しそうなかた(いるのか(爆))。
2001年06月27日 23時15分42秒


6月26日(火曜日、暑い)。
山崎拓、空自誤射事件で「誤砲」と「誤報」を取り違える。まず伝えた奴がバカだな(どうでもいいけど、20mm弾が当たれば死ぬよふつう)。
社民党のTVCF、「護憲」を打ち出す、らしい。それはそれでいいんだけど、村山のときに何してたんだよあんたら。

午後ロー「ロサンゼルス」はつまり昨日に引き続き「Death Wish 2」。前作ラストではシカゴにいたんだけどな、それはそれでいいとして。ポール・カージーさんはすっかり確信犯になってしまわれました。あと、音楽がジミー・ペイジでした。

国連エイズ特別総会で森喜朗が日本政府代表として一般演説。やっちゃったよ。

セブン・イレブン・フェアの懸賞で商品無料引換券が当たった。ありがとうございます。14枚綴りから5枚ほど抜き出して、主食と水などを引き換えにいく。都合1,150円分(レジでは「-1,150円」と打たれていた。なるほど)を引き換えて、もちろんせこーく現金は一文たりとも使わずに帰ってくる。とうぶんこれで食いつないでみるか。

通りがかりの駐車場で「痛い痛い」と言いながら踊っているサラリーマン風のかたがいらした。よく見たら足に犬が噛みついていた。笑いごとではないのだが面白かった。いや失敬。

夜半、唐突にシャープ兄弟打ち合わせ。
2001年06月27日 09時39分26秒


6月25日(月曜日)。
庭でアゲハチョウ目撃。

というわけで、シャープ兄弟告知ページを作りました。

あとこれも書き忘れていたが、Ukulele Crazy Nightのシャープ兄弟のメンバーは、

  • まいたけ(ウクレレ、MC)
  • りびけん(ウクレレ、ハモニカ、うた)
  • 鈴木和雄(フェンダーのエレキベース)
  • 松川敬一(ドラムス)
です。鈴木・松川は吉祥寺のスライ&ロビーと呼ばれた最強コンビで、そういえばむかーしイカ天に出てワイプされたときにもご一緒してたなあ(恥)。なんか無駄に豪華な面子になってしまいました。尚、Have You Ever Seen The Rain?は残念ながら演りません。All of Meは演ります。
松川さんのドラムセットは、段ボール箱でも使おうかとか、エルビン・ジョーンズばりのセットをどっかんと建てて真ん中でスネアだけ安く使おうかとか、まあそんな感じ。いずれPAの具合を観てからですな(ってことは当日決めんのかよ>>じぶん)。

都議選、自民の当選53名、落選2名。追い風を受けてなんか自民党の偉い人が「これで当選できないような人はもうどうやっても当選できないだろう」って、ヒドいことを言うよなあ。「切り捨て思想」の典型であって、確かに「落選した」イコール「無資格者」なのかもしれないけれども、功利的に過ぎるという恥を知らない。まあそういうことを言いそうな人たちではあるのだが。

対蹠的なのが全滅社民党。記者会見すら無しって、ちょっと悲しい(支持してるわけじゃないが)。

それはそれとして、マスコミは投票した人を「有権者」って言うのをやめてくれないかなあ。所謂「有権者」っていうのは成人の基本的人権に伴うもので、たとえば今回はそのうちの半分が意見を表明したにすぎない。やっぱり投票動向を語るに際しては「投票者」くらいの謂が正しいと思うのだけれども、どんなかなあ(俺は棄権を「意志表明」とは認めない。その場合には白票を投ずるために投票所に行くのだ)。


朝のニュースでやってたんだけど、小泉内閣に届くメールって週あたり2万通くらいあるんだけど、これを全部プリントアウトして手作業で仕分けしてるんだと。わはははは、ばーか、何がITか。

なんかの拍子で、ブラック・ダリア(←註:クリックすると怖いよ)っていう名前の草野球チームを発見。いや、いいんだけど。

書き忘れていたが、鳥越俊太郎氏が日本記者クラブ賞受賞のお祝いで「ViaVoice ミレニアム日本語版」を貰ったんだそうな(MAC用)。ご当人、「音声入力ができるようになったら、ほぼ日原稿は大分楽になるかなあと期待してい」るのだそうなので、ちょっと熱心に様子見。実際問題として俺は入力デバイスとしての音声認識には何の期待もしていないのだが、もし文筆をも生業とするかたがそれで原稿を書けるのであれば、ちょっとは見直してみる必要もあるらん。期待半分ってとこかしら。

午後ローは「狼よさらば」(1974)、見様によってはサイコ・サスペンスだったんだな、これ。あと、都合10人ぐらい殺しているので立派な連続殺人犯(4人以上で該当)。もちろんまだまだやる気充分。
そんでこの時点でマンダムの旦那がときどき老眼鏡を用いているのに気づいて、ヒマこいてIMDb見てみたら、DEATH WISHシリーズって1994年の「5」まであんねんな。えーと、第1作「狼よさらば」のときにブロンソン53歳、「5」で73歳の現役アクションスター。ある意味凄い。

そんでこれ、ジェフ・ゴールドブラムのデビュー作であることを発見。ふーん。
BGMのピアノが妙に立ってるなあと思ったら、ハービー・ハンコックだった。ふーん。

2001年06月25日 19時29分24秒


6月24日(日曜日)。
昨日は16時に代々木公園入りして、ひとわたりリハやって「じゃあ軽く呑みに行くか」って時計をみたら19時半だったもんなあ、驚いた。そのあと代々木Hawaiian Dreamにちょっと寄って7月1日Ukulele Crazy Nightのビラを置かせてもらってから西新宿Bluck Sunへ。軽く呑んで帰る心算がなんでかシャープ兄弟演奏会になっちゃって、てきとうなとこで「牛丼でも」っつって帰ろうと思ったら陶芸の橋本誠先生が「呑みに行こう」と仰るのでシャープ兄弟+まことちゃんで中井「けんちゃん」へ。そんでバカ呑みしつつウクレレ弾きまくり、途中から記憶なし。俺ん家に2名様を収容したのだが、朝というか昼過ぎに起きたら既に俺一人。

都議選はなあ。みんな忘れてるとしか思えないんだけど、自民党ってば小泉を総裁にしたくなかったんだぜ。そのあと面子は変わってないんだぜ。なんでここまで伸びるかなあ。
中野区だと、植木さんは前回かなりいいとこで当選しておられたように思うのだが、残念でした。得票順位は俺の予想通りであまり面白くない。関係ないけどいつの日にか、俺の1票で当選を決めてみたいものだ。

それで今日の話。

ちょっとスケジュールがハードなもんでたっぷり寝ようと思っていたら本当にたっぷり寝てしまって、食事をする暇もなく投票に行って、そのまんま芝のオペラ練習へ。なんとなく所番地だけ覚えておいて探しながら行ったら、なんのことはない東京タワーの真正面だった。先に地図とか見とけよ、俺。
21時から高田馬場でシャープ兄弟のリハなので「今日は20時でフェイドアウトします」と指揮者の清水敬一にことわっておいたら、きっかり20時にコーラス練習が女声パートになった。いくらなんでも偶然だとは思うが、敬一だったら「わざと」の可能性も無くはない。

というわけでフェイドアウトして、急いで高田馬場へ向かう途中で、東京タワーをバックに写真を撮ってくれって外国人観光客に頼まれちゃってさ。人物とタワーをうまくおさめるべくアングルに苦労する。

さらに山手線で、隣に座った兄ちゃんがなんでかウクレレのハードケースを抱えておられるので、「周辺からは絶対ツレだと思われてるよな」と思いつつもビラなどお渡しして7月1日の営業などする。なんでも大橋英比個先生のところの生徒さんで、今日は教室のパーティ帰りなのだそうな。「僕らハワイアンやら知りませんからねえ」「そうですねえ」などという会話をする。

というわけで高田馬場アフタービートで2時間ほど4人で合わせる。概ね好調、さすがにオペラを2時間歌ってきただけあって俺も声が出るわ出るわ。当日はここまで出ないだろうなあ。あとものすごく腹が減った。朝からカロリーメイト2本なんだからあたりまえだよな。


23時解散で、すきっ腹をかかえて中井「錦山」へ。地酒で野菜炒め、山かけ、肉豆腐で2,500円で満足して帰宅。

さすがに4時間も歌ってハモニカ吹いてると、腹筋の緊張がとけない。齢なのだろうか。

2001年06月25日 01時51分55秒


6月23日(どようび)。
『クロスファイア』はやっぱり久し振りに評論文を起こしてみようかなあ、せっかくよくできてるのにアカデミー賞とかにもシカトされたようだし(まあ日本アカデミー賞なんてどーでもいいわけだが)。

とりあえず「クロスファイア」本体は1週間レンタルだからまだ余裕があるとして、他に、

  • ゴジラ(初代)
  • ガメラ(復活その1)
  • ガス人間第1号
  • スキャナーズとかデッドゾーンとか(クローネンバーグ)
  • シザーハンズとか(ティム・バートン)
あたりのいじめられっ子映画をいくつか引っ張りだしてみて、最終的に手塚治虫ワールド(報われない異形の者の群れ集い)に引っ張り込めればだいたい成功。あと念のため「ホワイトアウト」というのを観てみて、「炎の少女チャーリー」は関係あるのかなあ。幸いにしてサンプルは中野TSUTAYAにだいたいある。

ちなみに本編、出刃包丁をガムテで右手に巻き付ける奴は出てくるわ、例のバタフライナイフは出てくるわで、とうぶんTV放映不可能。どうでもいいけど今日も包丁関係の事件って多くないか? 城戸先生とは言わないが、せめて山崎留吉‥‥それはそれでまずいな。


たぶん書き忘れてると思うんだけど、さりげなくでたぜんカウンタが1,000突破、ウクレレ天国カウンタが10,000突破。誰が読んでるんだろう ありがとうございます。

国会の、保守ピタル? ふざけんな。そんで扇千景の歩き方が火星ガールと同じ。あ、保守党のTVCFの話ね。あと、保守党のサイトも画像にALTタグがぜんぜんついてない。あっちこっちでここまで徹底されてるとなると、やっぱし俺がなにか誤解してるのか?

全く関係ないが、小沢一郎がやっつけてるのはブラックシルバーじゃないのか。


無責任なことを書くが(え? いつも通り?)、田中外相が鈴木宗男に圧力かけて(と言ってしまおう)国会紛糾。そりゃ言われたほうはたまったもんじゃねえだろうけど、権力中枢で行政だろうが立法だろうが司法だろうがを自由に操っていた田中角栄の側仕えをしていた田中眞紀子が三権分立を理解し尊重するだろうことを期待するほうが間違っちょる、となんとなく思う。違ってたらごめん。
あと「人間には家族と使用人と敵しかいない」とも言ってたよな、眞紀ちゃん。この場合、土肥委員長が使用人で、鈴木宗男は敵、家族はそれでも話の通る素直な人たち、と。どっかの尊師と似た考え方だな、なんてちょっと思っちゃった。違ってたらごめん。

夕刻からシャープ兄弟リハ、代々木公園で楽しく3時間。
2001年06月24日 04時26分07秒


6月22日(休肝日)。
ジョン・リー・フッカー先生死去。合掌。

早朝(って9時だが)から電話。機械音声で「JNNですが、選挙のアンケート」をっていうんでいちおうプッシュボタンで答えておいたけど、機械でやるなよそんなもん、ウソがつけねえじゃねえか。あと、「墓地いかがですか」ってのもあったんだけど、こっちは「ウチは代々散骨ですから」っつってお断りしておいた。あと先物取引、めんどくさくなったので「父は留守です」でおしまい。

ビデオ「クロス・ファイア」を観る。AFTERNOONのKさんとOさんが出演なさって、楽しげに歌っておられる。
話のほうは怪獣映画(「ガメラ」+「スキャナーズ」か「七瀬ふたたび」みたいな)で、あいかわらず金子映画らしく出てくる男どもが全員なんの役にも立たないのがいい。悪の組織は出て来なくてもいいやと思ってたら、なんかセコいのが半端に出てきてたけどまあいいや。あと螢雪二朗、藤谷文子、中山忍(この人はこれでゴジラ、ガメラ、リー・リンチェイ、火吹き怪獣と共演)がなんとなく出てくるのは愛嬌かな。

TVで「コマンドー」をやってる。昔のアリッサ・ミラノは可愛かったなあ、そんだけ。エイス・ワンダーってどうなったんだろう、そういえば。

なんでかビデオ「やっぱり猫が好き殺人事件」をたらたら観る。三谷幸喜がビデオ屋の店番をしていて「みっちゃん」と呼ばれていた。

中野「おーくら家」で中華そば(細麺)。ちょっと俺には油っこいけど文句なし。帰り際、中野駅北口で民主党候補が、南口で自民党候補が「お帰りなさい」の挨拶をなさっていた。

録画しておいたクイーンの後期ライブ(フレディがワイヤレスマイク1本だからたぶんかなり終わり頃)をBGMにお茶などしながらウクレレを弾く。俺はクイーンは「JAZZ」か「自転車」止まりなので、曲が半分くらいしか判らん。
2001年06月23日 01時20分30秒


6月21日(復活)。
めっちゃ早起き、というか午前零時に起きてしまった(笑)。しょうがないから水曜映画でペキンパー「バイオレント・サタデー」を観る。ペキンパーの娘のクリステンさんが出ているのだけれども、どっかで聞いた名前だと思ったらポール・シュレーダー「ハードコアの夜」のジョージ・C・スコットの娘と同じなんだな。偶然‥‥なんだろうが。
映画は‥‥誰も信用できなくてみんなが仲わるくて、わりと好きな世界。さして意味なくカメラたくさん(隠し撮りカメラのアングルがごろごろ変わる)、さして意味なくいつものスローモーション多用(カークラッシュのところは良かったんだけど)。あと人を殺しまくる奥さん、好きです。あと、バート・ランカスター様をひさしぶりにお見かけした。縁起がよい。音楽ラロ・シフリン。めでたい。

入試の採点ミスの話なんだが、「ルールを守ってきちんとやっても報われない」っていうふうに言い換えてみると、とっても今風の話なのね。ほら、千葉すず、非拘束名簿、全難聴。

朝も早よからコンビニへ。インスタントのカルビクッパを買ってきて、賑やかしに卵を割ってみたらこれが2つ卵(黄身が2つのやつね)。うーん、何十年ぶりだろうか。縁起がいいのか悪いのかは知らんが、とりあえず嬉しい。

菅直人、渡米して大橋巨泉に比例区出馬を要請。誰がどこまで本気なんだかなあ。ところで巨泉の所得税ってどの国が徴収してるんだろうか(どうでもいい疑問)。

新宿区を歩いていたら、「いちろう、いちろう、A木一郎です」と連呼しながら選挙カーが通る。やっぱ野球選手と関係あるのかなあ。そのあと、「4日後の投票ではぜひA木一郎に‥‥すみません、3日後でした。3日後の投票では」って、愛嬌があってよろしい。あと候補者で亀井静香が眼鏡をかけた顔の人がいるんだが、あれは有利なんだろうか。


コカコーラパソコン? なんだそりゃこれ

テレ朝「京都迷宮案内」で福本清三さんがヒムセルフ出演! 野際陽子と斬り合い! 斬られて死に演技! あと渡瀬恒彦さんも。中山忍も出てたので大儲け。

昨夜の影響でペキンパー「ワイルドバンチ」を熱心に観る。
どうも世界観が俺と同じっていうか、メキシコってあんなだったの? 映画内識字率2%(文句はない、文字なんか不要だ)、「北国の帝王」の予告編付き、狭い民族問題あり、ウォーレン・オーツがバカ、善人ゼロ、権力側バカ(まあドングリだけど)、現場にいたらたぶんものすごく汗くさい(ボーグナインが後に香水のブランドを出した気持ちがよく判る)。たとえば‥‥
彼氏といちゃいちゃしている女を、いきなり男が撃ち殺す。「なんで撃ち殺したんだっ!」「俺の恋人なんだっ!」「ああそうか、わはははは」、周囲の連中も一緒に「わはははは」。撃ち殺した(元)恋人だけがうちひしがれていたりするのは置き去り。
といった凶悪さだったりする。つまり、喧嘩になりそうだったら銃を抜くか笑うか、どっちか。

やはり完全映画。

それと、今日気づいたこと。

  • 機関車の給水音がBGMとして成立しているところがある。
  • 細かいギャグがけっこうある。
  • 音楽の人はこの後「わらの犬」、「スコルピオ」、「キラー・エリート」(笑)、「アルカトラズからの脱出」。狙ってるというよりは「狙われてる」んだろうなあ。
  • 白人が差別されてる世界、のような気がする。もうアウトロー丸出し。同年くらいの「ゾンビ」とか「2001年」とか「猿の惑星」とかと同じ。
  • どこにでもいるメキシカン・バンド(ちゃんとギタロン入り)はどういう立場なんだ? それ以前に、たまにハモニカがいるのが理解し難い(俺の誤解かなあ)。あと、微妙にヘタなホーンなのだが音色は素晴らしい。レスター・ボウイの流れ、なのかなあ。
  • 俺の音楽的常識から行くと、突撃の場面はドラムシーケンスにバンドを乗せたものだと思う。


譜面書いて寝る。
2001年06月22日 12時13分04秒


6月20日(水曜日)。
賞味期限をたったの2日すぎただけのヨーグルトを食べようかと思って蓋を開けて‥‥きゃあ。

ゆんべ22時とかに寝ちゃったもんで、朝4時起きで仕事‥‥きゃあ。

合格者を間違えて不合格に。ってことは間違って合格しちゃったやつもいるってことだよな、高校入試のときの俺みたいに‥‥きゃあ。

国連エイズ特別総会の日本政府代表に森前首相が‥‥きゃあ。

お友だち発見‥‥きゃーっ!

きゃーシリーズ終わり。朝からテレ埼「同心暁蘭之介」を観る。いいんだよ、5時間も働いたんだからちょっとくらい休憩しても。さて杉様が北町の定廻りなんだが、同心仲間全員(高品格とか)に蛇蝎のごとく嫌われているというのが凄い。正義のアウトロー公務員。右門捕物帖の頃よりはだいぶ丸くなっておられるのだけれどもなあ。

ずいぶん前にモルモット監督ロバート・ロドリゲスの話を書いたと思うが、「エル・マリアッチ」にはその健康で怠け者でスティーブン・キング好きのモルモット仲間が大挙して出演しているんだそうな。いい話だ(ほんとボンクラ映画(笑))。

フレッツISDNが先方の都合で断線。ZOOTさんに電話してみたら「すいません、2時間くらいで復旧します」との由。オペレータさんが「すみません」と仰るので、「そんで5分後に復旧したと思ったら10分後にまた切断、なるほど。

午後ロー「ハウリング」、もちろん熱心に観る。しかし濃ゆいな、ジョン・キャラダイン(おっさん)にディック・ミラー(おっさん)にスリム・ピケンズ(とっちゃん)、フォレスト・アッカーマン(おっさん)にロジャー・コーマン(おっさん)にジョン・セイルズ(おっさん)ときたもんだ(笑)。あ、ロブ・ボッティンとともにリック・ベイカーがいる、知らんかった。デビッド・アレンもいるんだけど、コマ撮りは今日の放映で2秒でした(ちょっとクヤシい、っつーか東京12チャンネルはコマ撮りを好かんのか?)。あと、フランク・キャプラ3世? 誰だそれは。ああ、映画館に行きたい。っつーか、既に観た映画をとっかえひっかえ繰り返し眺めている日常。年老いたか? 俺(単にハリウッドが嫌いになってきただけのことなんだが)。

新宿区の選挙掲示板を熱心に読み込む。11人もいる(しかもちょっとあっち系のかたが混じっているような気がする)、うらやましい。こんなのもあって、全難聴かこいつら。

国会の党首討論だが、フジ(CX)だけ手話通訳が付いてる。偉い。
2001年06月20日 18時07分57秒

6月19日(火曜日)。
オペラ「ヤマトタケル」のシノプシスが送られてくる(じゅんあんさん、ありがとうございます)。1ページ目のてっぺんに「エピローグ」って書いてあってちょっと悩む。

田中外相とアメリカの国務長官と副国務長官の会談で、日本側通訳って1時間で1人っきりだったんだってな。ある意味それって人権問題じゃないのか(あるいは外相って英語ペラペラっていう噂もあるから平気なのかなあ)。

川原先生から速達でハーブ・オータ・ジュニアのUKULELE DREAMが届く。なんで速達かって? 今日が発売日だからなのさっ! TO TAKAAKI MAEDAでALOHA!のサイン入り、ありがとうございました。そんで先生とジュニアのツーショットが同封されていたのだが、場所はどう見ても代々木HAWAIIAN DREAMだよな、これ。

レーベンの浄水器(だと思う)の宣伝の音楽が、ハロウィンのジョン・カーペンターのパクリのような気がする。気のせいかも知れない。あとなんかでミンガスのBOOGIE STOP SHUFFLEをパクってたけど、なんだったっけかな。

サンチャゴで11年間犬に育てられていた少年が保護されたそうな。「通報で出動した警察から逃れようとして、太平洋に飛び込んだところを保護された」というのもあれだけど、「犬から乳をもらい、ごみ箱から拾った残飯を食べて生活していた」ってことは人里近くに11年間いたってことじゃん、どうなってるんだチリってとこは。あと、犬には感謝状を出すべきだと思う。

新聞社と幼稚園に刃物持って乱入。独創性ってものはねえのか(えーと、トラヴィスとか城戸先生みたいな)。

さっき気づいたのだが、俺は北川れい子さんと湯川れい子を混同していた。北川さん、ごめんなさい。あと三谷幸喜さんの奥さんは小林麻美さんだと思っていた。聡美さんに‥‥これは謝らなくてもいいよな、たぶん。あと上原美佐さんという女優さんが3人いるのを知っている。ややこしい。

そういえば選挙広報が投函されていた。なんで俺が新聞とってないのを知ってるんだろう、なんて話は措いといて。

つまらんなあ、定数4に立候補5だよ、中野区。どうすっかなあ、立候補うじゃうじゃの国政選挙なら「当落線上にいる奴でマシなほう」乃至「面白そうな奴(ex. UFO党の森脇十九男氏、理由:お好み焼き屋でUFOの話をしたことがあるから)」に投票するのだけれども。

そんでえーと、公明現、自民現、自民現、共産現、民主新‥‥つまらん、消去法で行くか。

公明現職H氏。
あ、高校の先輩だ。知る限り公明党に悪い人はいないらしいんだが、俺その、政教分離だから、まあその。申し訳ない。
自民現職K氏。
小泉、石原、かすや茂氏の推薦有り、「石原都知事と共に」というのが減点1(やっぱりイケイケには対抗勢力が欲しいところだ)。180cm・87kgで得点1(政治家はやっぱりガタイのいいほうがいいなあ)。いろいろ中野寄りなところはいまいちかなあ(中野寄りなら中野区議でいいじゃん)。
自民現職M氏。
以前に「中野区の末来のために」っていう誤植ポスターを貼りだしていた人だな、大減点(職業柄ちょっと厳しい私)。「小泉と石原を支持」っていうのでちょっと減点。推薦に小泉、石原、神山中野区長は判るが横綱審議会委員とか田端義夫、大月みやこってのは演歌がお好きなのかなあ。
共産現職U氏。
「消費税5%から3%」ってそれ都政じゃないぞ。「削られた福祉の復活を」っていうのは判るっていうか、石原って要するに「強者の論理」なんで下のほうなんか絶対見てないわけだし。
民主新人H氏。
あんまり女性を強調されてもなあ、二元論で行きたいんだったら俺は男性側につくだけのことだ(男女共同参画っていうのは「平等の権利の保障」だよね?)。サイトを見てみたら、オープンミーティングをスマイル中野の3階C会議室でやっておられる。あの部屋だ(笑)。
さて、どうしたもんだろうか。

えひめ丸の引き上げで海自出動、これってガイドライン発動なのかなあ、よく知らない。なんで書いたかっちゅうと、「沈黙の艦隊」の作者の名前が「かいじ」だっていうことに今気づいた俺が間抜けであることにいま気づいたわけですわ(由来については長野に行ったときにやっと気づいたのだが、それはそれで間抜け)。

そういえば書いたことないけど、この日記は自宅仕事の休憩時間と終業後に書いてます。ってことは出張中の日記は短い(あたりまえ)、仕事が暇な日はそこそこ、よく働いた日はそれなりに長い、ということになっておりますです。だからどうした。

これもニュースだが、太陽ニュートリノの質量を計測? ってことはダークマターの質量が判明して、敷衍して宇宙の寿命が判明するってこと? なのかなあ(詳しくない)。詳しくはないが、せいぜい数億年程度の宇宙の将来に思いを馳せることは、自身の死後の社会の将来に思いを馳せることと大して変わらない(スパンが違うだけだ)と思うので、大ニュースとして扱っておく。

昼飯はシマダヤの醤醤麺。卵の黄身とパセリを足して半端に美味い。
晩飯は、塩胡椒した豚ロースを叩いて中華鍋で焼いたところにトマト缶を放り込むという凶悪な代物だが、これも美味い。ソースが余ったのでパスタを放り込んで、晩飯終了。
2001年06月19日 21時45分25秒

6月18日(月曜日)。
内輪話:某ウクレレバンドの掲示板に「ずん」という名前が出ているのだが、やっぱりあの人なんだろうか。ほらあの、「いつもみんなと会うとあたしばっかり呑んでるみたいなのに、アフタヌーンに行くと普通なの」っつって喜んでたあの人。気持ちはよく判る(笑)、なんかハマってるみたいで重畳。

東中野ライフで個装のスリゴマ5gパック集を入手。ほんとは炒りゴマか切りゴマのほうが良かったんだけどな、ねえもんはしょうがねえ。ちゅうか、いちおう野菜というか果実なんだから新鮮なほうが好ましいので個装のパックが欲しかったんだよ(どっかでサッポロ一番塩ラーメンの切りゴマだけを大量に売ってないかなあ)。とまれとうぶん炒めものとラーメンは安泰だな、よしよし。

先週のポカがあったもんで、義務として水戸黄門の劈頭だけ観る。やっぱりヘタクソだよG3K、というかこのトリオ。「あーるいて」のAの母音も揃ってないし、ブレスはたぶん歌手の責任じゃないけどぶつ切りだし、だいたいこの人たちから考えるとキーも低すぎて喉声になってるし。いまDmくらいだけど、Gmあたりでよかったんじゃないのかなあ。

そういえば、お仕事一段落。各方面にご迷惑をおかけしたウン千人分の名簿&データである。一段落ついでにデータをパスワードで保護してみたけど、意味あるのかなあ。

TBSに洞口依子さんが出演なされておられた。某役者の台詞で「あの若さで」って言われていたのがちょっと嬉しい。

裏の「美空ひばり」へ。やっぱり凄い、あの立場のあの歌手が、それでも観客に手拍子を要求するんだぜ。その姿勢こそがものすごく素晴らしい。
2001年06月18日 21時27分20秒

6月17日(日曜日)。
昨晩の日記の色がなんかヘンで書き込み時刻も遅くて記述もしり切れとんぼになっている理由をお話ししよう。

18時からオペラ「ヤマトタケル」の練習で、なんでかやっぱりウクレレをかついで新宿オペラシティへ。大江戸線の西新宿5丁目から徒歩で甲州街道方面に向けて歩いていたら、なんか兄ちゃんに道をきかれた。「甲州街道はこっちですか」そうですよ。「調布は右ですよね」そうですよ、なんだい歩いて行こうってか? 聞いてみたら、ちょっといまカネが無いので歩いて帰るところだという。しょうがないから名刺を渡して500円玉を貸してみた(初台駅はすぐそこだ)。ほんとは良くないんだろうけどなあ、そのうち返してくれると嬉しいなあ。頼むよ、渡嘉敷くん。

というわけで晋友会の練習へ。ものすごく久し振りとて、お歌の練習は腹がへるものだということを忘れていた。ほんとは終わってからなんか喰おうと思っていたのだが、たまらず休憩中にイウチさんのサンドイッチをわけていただいた。いい齢こいてなにやってんだか。練習のほうは、2時間も歌っているうちに声も出てきたのでひとあんしん。譜読みもまあ普通にできたし、勘は戻りつつある。

21時に練習終了、30分歩いて西新宿ブラックサンに届け物がてら行ったら、なんでかM茸さんが現れた。そんでウクレレなど弾きつつ、デュオを披露したりしつつ楽しく呑んで、ついでに中井錦山でもう一杯やってぐでんぐでんで帰宅。玄関先で転んだついでに食器棚をひっくり返した。そのまま日記だけアップロードして寝る。そういえば2時起きだったしなあ、無理もなからん。


昼頃起き出してみたら、なんでか食器棚が元通りになっている。

そのへんで蕎麦などたぐった後に、落合公園でシャープ兄弟のリハーサルを3時間。

2001年06月17日 22時45分53秒
6月16日。
午前2時に起きてしまった(笑)。しょうがないから仕事などしながら、3時40分からテレ東でアニタ・ユンの「金枝玉葉」をなんとなく観る。ずいぶん以前に観て好きだったしそれなりにヒットもしたロマンチック・コメディなのだが、改めて観てみると劈頭いきなり潰されるゴキブリの悲鳴、1分後におっさんのゲロ。香港映画恐るべし。

ビブロ復活! ひょっとしてと思って電源を引っこ抜いて、スイッチを入れてバッテリがすっからかんになるまで待ってから電源再投入! したら動きやんの。とまれひと安心。

坂本龍一がジョビンの家に行ってピアノを弾いてたら、「お手伝いさんたちも洗濯の手を止めて聞き入っ」たのだそうな(スポニチ)。坂本龍一が来てるのにお洗濯をしていたお手伝いさんたち、働き者。偉い。

夕刻からお歌の練習へ。
2001年06月17日 02時51分53秒

6月15日(金曜日)。
ゆんべやっぱしお腹がすいて、近所にパスタなど買いにいったのね。ポポロのやつが明星食品のやつの半額でさあ、けっきょく明星食品のほう(倍額のほう)を買ってきたわけなんだが。
そりゃあ安いにこしたことはないけどさあ、チェルノブイリのときに、日本国内でアメリカ産のパスタとかビスケットとかが矢鱈と安売りされていたのを思い出すと、やはり安い小麦製品は買いたくない(国内でのMTBの流行も、アメリカでの「あれは危険な自転車だ」運動と連動していたことを思い出すおじさんなのだった)。

よく寝た。

筋はどうでもいいけど殺陣の素晴らしい「暴れん坊将軍」を眺めてから、雨のそぼ降るなかを傘もささずに(ロックンローラー傘ささない)新大久保クロサワ楽器まで1時間かけて歩く。7月1日のチケットを手配してくる心算が、担当者不在にて手ぶらでまた1時間かけて歩いて帰ってきた。帰宅してみたらものすごく目が冴えているのだが、あたりまえだよな、2時間ずうっと顔を洗ってたようなもんだもん。
途中で傘が道に落っこっていたのでそのへんの板塀にひっかけてやったら、通りがかりの爺さんに「いい子だね」って言われちった。もうじき40だぞ、おい。


そのへんの病院の寮で「あやめ寮」ってのを発見したんだけど、いいのかなあ。

お昼の「ハミ刑事」、以前にも近所の林芙美子記念館前を「赤羽」だと言い張ってロケしてたんだけど、今日のぶんは実家の裏の路地で撮ってた。スタッフの誰かが中井に住んでんのかなあ。 ちなみに飲み屋のシーンは新宿三丁目の「鼎」で、ドラマに入り込めないこと夥しい。ゲストの石立鉄男がひとり熱い。

映画「みんなの家」の感想で「ジョーズに似てる」って書いたような気がするんだけれども、三谷本を読んでみたら「サメの出ないジョーズ」って書いてあった。ちぇ、当たっちゃった。

今日も今日とて「巨人の星」。飛雄馬の机の上に折口信夫があったのを目撃したんだが、あいつ本なんか読むのか? あと、突如実写で後楽園球場が登場、やっぱり凄ぇ。あとファン代表が木工、溶接工、警備員、現場監督、104のオペレータ、消防士でサラリーマンのサの字もない。

ビブロ(FMV-BIBLO MC2/40)がどうやらお亡くなりになった。メインスイッチを入れるとインジケータにバッテリマークとACマークは出るのだが、CPU稼働のCの字もない。富士通のサポートはとっくに終わってるもんで(というか不具合は必ずそういう時刻に起こる)、親指シフト者のメッカたる青山アクセスに電話。どうしょもねえから持ってこいってさ。いつもすんません、よろしくお願いします。
とうぶんは工夫しないと字幕もMIDIもMP3もできねえ。落ち着いた暮らし。


テレビ埼玉で何度目かの「アビス」。早く行けよ、エド・ハリス、いらいら。あと、深海活動なのにエアロックがないのはなんでだといつも思う。そして、俺はあきらめねえぞっ! あたりまえのことだ。人が人として生きていくためにあたりまえのことだ。
2001年06月15日 20時24分48秒

6月14日(木曜日、じつは15日金曜日だと思ってた(笑))。
とゆーわけで、4時起きでお仕事(笑)。深夜映画の「オーメン4」が終わり際だったのだが、「ローズマリーの赤ちゃん」みたいな話だったのかなあ。よう判らん。

岡山の道徳教科書のハンセン氏病の記述のもとって、「小島の春」だったんだってね。もうせん昌代ちゃんの授業の副読本になってた本だなあ。懐かしいなあ。

小泉内閣メルマガ、登録者70万人。在日韓国人より多いぞ(どういう比較だ>>じぶん)。しまった、こんなにいるんだったら登録するんじゃなかった。
ちなみに70万人に送信するので遅い人に届くのは夕方になるとか。ウチは07:00:03発信のものが届いたのが午前10時前でした。そんで、イザヤ・ベンダサンとか持ち出しちゃダメでしょうなんて思いつつ、まあ本音で書いてるのはいいことだな、なんて思ったりして。

ミュージカル「キャバレー」の宣伝で女口調の映画評論家が「これに感動できない人は人間ではない」ってさ。こういう発言を「差別」と呼ぶ。

ハワイのキャスリンさんからメール。「私はウクレレの業者なのですが、日本のウクレレバンドや演奏者を英語で紹介したサイトをご存じありませんか」との由。知らんわそんなもん。とりあえずコールズさんの掲示板に問合せを乗せてみて、キャスリンには俺とシャープ兄弟だけ紹介しておく。

午後ロー「白と黒のナイフ」、原題は「Jagged Edge」。映画はともかくとして日本題が好き。

全く関係なく、「お金がない!」(りびけんのけんの素)の全話タイトルを見つけたので並べておく。
  1. ブタの貯金箱
  2. 仕事もない!
  3. プライドもない!
  4. 運もない!
  5. 希望もない!
  6. 愛情もない!
  7. 勇気もない!
  8. 血も涙もない!
  9. 義理も人情もない!
  10. 時間もない!
  11. お金がある!
  12. やっぱり、ない!
いい世界だ。

夕刻、いいかげん眠い(4時起きだからな)。ついでに今日は金曜日だと思っていたら木曜日なのね、いいや、仕事終わり。
テレビ埼玉で「巨人の星」、大リーグボール1号が快刀乱麻の大活躍! しかしやっぱりビーンボールなんじゃねえのかとか、バットを緩めればバント成功なんじゃねえのかとか(狙ってるのはバットだからOKなんだそうだが、ものすごく詭弁くさい)、じゃあ一徹にも投げられるんじゃねえのかとか、変化球に対して「球質が軽い」というのは物理的にあり得ないだろうとか、まあ疑念はいろいろ‥‥33年分ね。 ところでこんなの発見。意外とお友だちって多いような。

ところで、たまに<B><STRONG>とを使い分けてみました。影響あるのかなあ。

日テレの20時直前、CMが自民党、共産党、公明党と続いた。ふつーならばいかい隙間つっても同業種は並ばない筈なんだけどな、政党だからな。べつに自民党提供とかのプロパガンダドラマがあってもいいと思うんだけどな(どうせどこも広報で同じようなことをしておるわけだし、問題ない)。半端にリベラルだと却って疲れたりなんかするんだけど、俺だけか。
2001年06月14日 20時01分51秒

6月13日(水曜日)。
朝6時起きでお仕事。あたしゃ寝てないんだよっ(笑)。

ひさしぶりにUkulele Freedom Frontを覗いてみたら、「ウクレレをはじめたきっかけ」の文集にいつのまにか俺の書いたやつが載ってる。さてどれでしょう(5点)。
あとこんなの発見。楽しい。

田中真紀子外相、TVカメラの撤去を要請。佐藤栄作の逆。なるほど。

午後ロー「マローン 黒い標的」を眺めながら仕事仕事。俺とほぼ同年代のシンシア・ギブが漢字らしきものの書かれたパジャマを着ているのだが、ところどころ裏返しなのがかわいい。なんでアメリカ南部の片田舎の姉ちゃんがそんなもん着ているのかは判らん。怒れる若者だったクリフ・ロバートソンも久しぶり。ローレン・ハットンなんか顔も忘れてたわい。あとバート・レイノルズはどの映画に出てても一緒。

同年代で思い出したが、ちょっと前まで「怒れる17才」とか言われてたけど、さいきんは昭和30年代後半生まれくらいのほうがよっぽどヤバいんじゃねえのか。つまり俺とかなわけだが。
俺と同年生まれというと、布袋寅泰、石塚英彦、デミ・ムーア、大川豊、豊川悦司、ドリアン助川、三上博史、筧利夫、畑恵、ジョディ・フォスター、宇梶剛士、池田成志、寺門ジモン、林家こぶ平、上祐史浩。怒り始めると怖そうな奴ばっかしで、どんぐりマナコは俵万智くらいだ。

というわけで眠くなったので今日はおしまい。深夜に起き出してまたお仕事(の心算)。
2001年06月13日 16時42分03秒

6月12日(火曜日)。
実証実験報告:おばあちゃんに無帽でご挨拶するもご機嫌ななめ。

昨晩は宮部みゆき「鳩笛草」「クロスファイア(上下)」の3冊4話を一気に読了。というかどんどん読んでて気づいたら朝8時、あたしゃ寝てないんだよっ!
ちょっと素朴な疑問としてクロスファイアのほうで、
  • 単身赴任中で10日に1回しか帰ってこない筈のおばちゃんの旦那は、なんで毎日家にいるのだ。
  • いつから「炎」以外に「物理的な力」も使えるようになったんだろう。
  • 細かいことだが「側杖」(巻き添えの意)の表記を統一してほしい。
まあスパイがエレベータのなかからケータイかけてる「2000年の恋」よりは‥‥いや、比ぶるまいて。でもさあ、外務省の秘密PWは外注さんのシステム手帳にメモってあるし、テロリストはまめぞうくん使ってるし、スパイ同士が流暢な日本語で会話してるし、爆弾のタイマーは電子音でピッピ言ってるし(いつの話やね)、まあその。こんなもんでもアジア全域で同日放映で各国語字幕 or 吹き替え付き。「トレンディはスケジュールがタイトだから字幕が付けられまへん」っていう民放の言い訳がある意味で嘘だったとも、っていま関係ありませんね、失敬。

昨日の水戸黄門だが、歌っていたのはG3Kであるという仰天事実が(チクリにより)発覚。助さん、格さん、すみませんでした。いやしかしこれは。

7月1日のUkulele Crazy Night in Yokohamaに向けて「雨を見たかい(Have you ever seen the Rain)」を歌いつつ覚えつつしているのだが、どうにも歌詞の意味がよく判らない。
しょうがないから試しにネットで調べ直してみたら、歌っていた歌詞が間違いだらけだったという仰天事実が発覚! っていうかこんなのばっかし。もともとネットで拾ってきたものではあるのだが、一次ソースを素直に信じちゃダメなんてことは自分のサイトを見れば判るでしょ? >>じぶん。
そんでこんな感じ(↓)。
it's been comingit's been calming
it'll rain a sunny dayit'll rain on a sunny day
comin' down sunny day?comin' down on a sunny day
soon is cold and rain is hardsun is cold and rain is hot
through the circle, fast and slowthrough the circle of first and slow
これじゃ判んないわけだわ、そりゃ。というか、判んないからって自分の語学力のせいにしちゃいかんよ(ということもある)というお話なんだろうなあ。とほほほほ。

ところでバンドを組まなければならないわけで、ようやく半月かけてベースのカズさんを発見! 太鼓は松川さんだと最高なんだけれども、つかまるかなあ。久し振りだからなあ。でも、ベストメンバーの予感。ちょっと嬉しい。


区の掲示板で見たのだが、今日の19時から中野ゼロ小ホール(中野区公会堂みたようなもん)で都議選候補者(5人くらい)の公開討論会があった、らしい。なんか手話通訳とOHP要約筆記が付く、との付記があった。ちょっと見に行く暇(ここは「いとま」と読んでくれ)がないのだが、情報保障者としてはちょっとしたプレッシャだよなあ、←いや俺だったらさ。いい結果を出してほしい。
2001年06月12日 21時01分59秒

6月11日(月曜日)。
朝9時半から熱心に仕事仕事仕事。

なんでかおばあちゃん不在、実証実験延期。

テレ朝「ハミ刑事」で元鑑識のスギさんが自室で指紋採取‥‥いや、久しぶりにスプリット・スクリーンなんか見たもんで。別にたいへんなこともないんだろうけど。

水戸黄門、主題歌もかわってたねんね。

一言でいうと、ものすごく下手。
なにより歌い始めからテンポが突っ走っているのがどうしょもない、歌い手さんが素人なんだったら、カラオケにリズムトラックを足してやるなりなんなりやりようはあるだろうに。
あと、助さんと格さんのデュオなんだが、このユニゾンがテンポも音程も長音の切れ目も揃っていないというとんでもない代物。こんなもん、ちょっと指導すればすむ話だし、あるいは今ならデジタルででもなんでも揃えられるだろうに。妙なところで手ェ抜くなよ。
もっとも、アフレコもずいぶんいい加減なように思えるから、音声廻りがいい加減っていうことなんだろうな。

歌詞もかわっていて、「なにもしないで生きるよりは、なにかを目指して生きようよ」みたいな感じ(いいかげんな記憶)になっている。つまりこれは「非情のライセンス」の復活なのは措いといて、べつになんにもしないで生きていても構わないとも思うけれども、以前の「あとから来たのに追い越され、泣くのがいやならさあ歩け」っていうよりはいくぶんマシだな。
べつだん、後からきた奴のほうが足が速いのならば、そこは譲ってやって先に行かせてやって、自分は自分のペースで歩いていけばいいだけの話だ。そんなくだらないとこで無理して頑張って苦労するのって、いかにも高度成長ジャパニーズの結果優先・成果主義の発露みたいでさあ、あんまり合わん。


天気予報が見事的中、夕刻から驟雨。油断してて見事に降り込められた俺が間抜けすぎ。いい季節だ。たくまずして自然休肝日。仕事仕事仕事。
2001年06月12日 00時29分09秒

6月10日(日曜日)。
お仕事ちょっと一段落。その後にまたしても大山が目の前に。なんとかせいや>>じぶん。

近所に、日がな一日ご自宅の前に出ておられるお婆さんがおられて、たまに挨拶というか会釈くらいはする。先さまは日によってにっこり御返礼くださったり、また日によってはシカトされたりするのだが、今日やっと違いが判ったような気がする。俺が帽子をかぶっているときにはにこやかで、かぶっていないときは反応がない、らしい。明日から実証実験に入る。

日経エンタテイメントの「心に残る映画20本」という特集記事を読む。観た映画が1本も入っていなかった。まあそんなもんだ。

オペラ元締から譜面が送られてくる。メールでちょっと問い合わせして頂戴したお返事に、
(問い合わせの件については)今後の「合練」などではっきりすると思われますので、それまでは全部歌えるようにしておいて下さい。(りびさんにはこのようなコメントは必要無いですね。)
ってあのーえーとそのー。譜面を読むについてはそんなに不自由はないんですが、暗譜(暗記ですな)のほうはものすごーく不得手なんですけれどもー。ちょっとプレッシャー。

先日の「附属と付属」について、西の方からご教示が下った。ありがたいことです。だいたい判ったけど、「寄附」という用例だけがよく判らないなあ。もうちょっと読み込むとしよう。

勢いがあったので夜中の「ラブストーリー」の字幕に出る。少し失礼をしたがまあ仕方あるまい。そのあと途中からの「ロング・キス・グッドナイト」を観る。真知子巻きのアメリカ婦人は偉大だ。
2001年06月10日 22時54分59秒

6月9日(土曜日)、忙しい。
すごく。
2001年06月09日 22時50分52秒

6月8日(金曜日)。
「付属」と「附属」の違いが判らない(変換は「ふぞく」と「ぷぞく」で分けているのだが)。

仕事が終わらない。やってもやっても終わらない。

鳥取の知人がシンゾーで入院! ちょっと心配してご本人のサイトを覗いてみたら、もう本人の書き込みがあった(笑)。

なんだかんだで7月12日と13日、オーチャードホールのオペラ「ヤマトタケル」に出演決定。練習してる暇がないなあ、7月1日の準備もあるっちゅうねん。めちゃめちゃ忙しいっちゅうねん。
役? 今回は「本棚に入ってる絵本」です。
まあなんとかしよう、SS席15,000円なのは措くとしても、半端なこともできまいて。

ふと思いついて、「天井にミラーボールのある公民館」のうたを少し書く。

大きなお友だち発見。 TV埼玉で、またデニス・クェイドの「第5惑星」を観る。大傑作。ルー・ゴセットjrが分娩不良で死んじゃうっていうのが、観てない人にはぜったい理解できないあたりなんだろうが。そうそう、怪獣もちゃんとギニョールで、異星の風景はマットペイントでした。嬉しい。あとなんで音楽がモーリス・ジャール? と思っていたら、最後の最後で異星人(ドラックの人たち)のコーラスがあった。やるなあ、おっさん。

勢いで日テレ「卓球温泉」も観る。松坂慶子が素晴らしい、「愛の水中花」の頃は「なにやってんだこのひと」と思ってたんだけれども。久し振りに少し泣いた(齟齬ありすぎだが)。国外映画で泣いたのは「奇蹟」(ジャッキー・チェン)と「スミス都へ行く」くらいだから、国内泣き率は高いな、たぶん。

2001年06月08日 23時15分01秒

6月7日(木曜日)。
というわけで夜半の帰り際、上落合3丁目のけんちゃんの前あたりの通りがかりに男性のものすごい悲鳴が聞こえてきた。「なんとか、かんとか、うわー(ここ悲鳴)」って感じで、しばし佇んで耳をすませていたのだがあとは静まりかえったまま。時計を見たら12時22分だった。



なんでそんな時刻になったかというと、大宮もとい大宮駅近辺のソニックシティになんでか当日券でPUFFYを聴きにいっていたのだ。俺とPUFFYというとちょっとヘンなのだが、なんだかんだ言っても歌は上手いし呼吸もできてるし、なんつっても身の丈に合った実声できちんと歌ってくれる歌手は少ないのだよ昨今。
ツアータイトルが「2001年途中の旅」ということで、ちゃんと「ツァラトストラ」で始まって「美しき青きドナウ」で終わるという構成。バンドは相変わらず俺の言うところの「拡張されたアコースティック」即ち「ギター主体でシーケンサ無し、エフェクタはディストーションとディレイとワウまで」で心地よい。前回の日比谷から比べるとバンドさんが年寄りになっていたような気はする。よく判らん。判らんことは判らんからしかたがないが、相変わらず魂が70年代のまんま遅刻し続けているような人たちで嬉しい。太鼓ワンバス、ギターはテレキャスとギブソンでマーシャル、鍵盤はさすがにシンセだが音がオルガンとピアノとチェレスタ(位置づけとしてWoman from Tokyoみたいだった一曲を除く)、全員がマイク付でコーラス、ハイテクがボコーダーで天井にミラーボール! もう完璧でしょう、これで文句をつける奴は人でなしだ(嘘)。
ユミさんとアミさん(合ってるよな)がそれぞれピアノとギターで楽器ソロ歌唱を披露して、楽器の腕前やテンポはまあ措くとして、歌はやっぱりきちんとしていたなあ、たまにショゲるけど。ピアノはたぶんセンシティブを緩くして弾きやすくしていたのではないか。妙にビブラートのかかったぼよんとした音だった理由は謎。ギターはアーチドトップにfホールの美しい品で、アンプはジャズコかな? お二人とも歌唱の成立する範囲内ぎりぎりできちんと演奏されておられました。
ソニックシティはキャパ2,000くらい? 音は当たり前だがすごく良かったし(左右のギターのカッティングの違いがきちんと判る)、なんでか俺の座った2階席中央のたぶん当日券廻りががらがらだったんだけど、何があったんだろう。そんで、「アジアの純真」のコードを少し間違えて覚えているらしいことが判明、あとで修正せねば。あと「毎日、毎日、僕らは鉄板の」っていう替え歌にしている歌のコードも少し違うが、これはまあいいでしょう。

ちなみに、入場時のカメラチェックでウクレレケースを見せたら係の人に「鳴り物はできれば預からせてください」って丁寧に言われて、ゴテるとこでもないので預けておいた。さすがにカメラやMDなんかと一緒なんだからあんまり粗雑な扱いも無いだろうとは思ったが、ちょっと落ち着かなかったことでしたよ。



ワールドパイオニアさんから封書が届く。10月発行の「耳・手話情報源」への広告出稿の依頼で、「パソコン要約筆記について無料枠をご利用ください」との由。気にかけていただき、ありがたいことです。
そうだなあ、無料枠だと「ジャンル:パソコン要約筆記」、あとは「りびけん事務所、電話とファクス番号」の掲載になっちゃうんだけれども、どう考えればいいのだろう。いや、さいきんは要約筆記者としての活動の主体って「虎の穴。の更新」になっちゃってるもんだからさ(それはそれで問題だろうが)、URLが掲載できないのは痛い。無料なんだから文句はありませんが。いちおう載せていただこうかなあ、申込シメキリは6月30日。



NHKの「バンド天国2001 熱血! オヤジバトル」、ちょっと魅かれる。参加資格が「平均年齢40歳以上のアマチュア」ってのがちょっとアレかな、クリアできるところではあるのだが。あと東京駅でライブができるっちゅうこんなのもあるんだが、仕事が終わらない。って言い訳すんな>>じぶん。



体内年齢調査ってのをやってみる。45歳だった、少しヘコむがまあ楽しければいいさ(引かれ者の小唄)。
午前2時15分頃にNHK教育を観てたら、「アナウンサがいま喋っている内容をワードで表示(ただパソコン画面を映してるだけ)」というのをやっていた。それでいいんだ、できることから始めよう。手放しで称賛する。
2001年06月08日 02時19分03秒

6月6日(すいようび)。
梅雨入り。りびけんは雨に弱い、ロックンローラー傘ささない。

今日は、

おけいこの日
いけばなの日
楽器の日
邦楽の日
飲み水の日
コックさんの日
三角定規の日
かえるの日
兄の日
ヨーヨーの日
補聴器の日
恐怖の日
ほんわかの日
家族だんらんの日
スティーヴ・ヴァイ誕生日
ユングと梶山静六とケネディ大統領の命日
そんで「かえるの日」とか「ほんわかの日」ってのはなんだ? 「恐怖の日」か、そういえば深夜TVでオーメンシリーズをやってるなあ。



小泉首相は党首討論について「40分というのは国民が集中してTVを観るのに適当な時間である」として野党(土井だが)の討論時間延長要請を却下。そうか、TV向けだったのね。



ワラビーとかコアラとかカンガルーとかフクロモモンガとかは、袋から出てきた日が誕生日になるんだそうな。ふうん。タツノオトシゴとかサリナムヒキガエルとかはどうなのかな。
あと、双子ってのは「先に出てきた方が兄」なんだそうな。なんか逆を唱える説を何度か聞いたことがあって、蒙を啓かれた次第。なんか明治時代に決まったらしいんだけどね。



札幌で道立総合体育センター「きたえーる」というのを発見。錆落としの「ガンコサビトレール」と似た響きがあるなあ。あ、「りびけんバッチリキメターズ」も似たようなもんか。



今日は熱心に実業系のネット検索のお仕事。そんでうちISDNフレッツだもんで通信速度が遅いもんで、ためしにIE設定を「画像を表示しない」にしてみた。そしたらさあ、あっちこっちの職能団体だの業界団体だののサイトを当たっているにもかーかーわーらーずー、ALTタグを付けてないところの多いこと、何にも判りゃしない。件の民主党と同じ話で、これでは「画像の見えない人」には何も判らないわけではないか。もうちっとだけ考えろよ、かっこいいサイトを作ってる奴らと、「高齢者や障害者などが安心して暮らせるバリア・フリー社会を実現」って言ってる民主党。あと国際グラフィックデザイン団体協議会のサイトもフォント設定の関係で見づらいのは同じで(テキスト表示のグラフィックのALTが全角空白だよ)、バカなんじゃじゃねえのと思うの。
そんで設定を戻して、遅いインターネット接続でお仕事続行。終われへん。



「きたえーる」だが、「北」+「エール」というのもあるんだろうなあ。ふむふむ。
2001年06月07日 01時21分01秒

6月5日(火曜日、大家さんの紫陽花が萎れてる)。
たぶん気のせいだと思うのだが、NHK-BSの宣伝でやってる「2001年宇宙の旅」のBGMのツァラトストラ(ちょっと先のほう)って、バージョン違わないかなあ。オリジナルはえらく丁寧な演奏だったと思うのだが。

フジ「剣客商売」に徳井優が出てて、藤田まことに「仕事きっちりの又吉」とか呼ばれていた。ちょっと腰が砕けたばい。そんで宇梶剛士アニイまで出てる、なんてこったい。

仕事の合間に掲示板を更新。ついでに過去ログの整理というか保存などしてみる。けっこう掲示板の保存落ち(オフラインに無いだけだが)があったなあ。

意外と時間がかかっちゃったもんで反省して仕事しながら火サスを眺めていたら、老人探偵団が池袋を調査してる。こないだ捜して見つからなかったクロサワ楽器に聞き込みに入ってたよ、また捜してみよっと。

2001年06月05日 23時45分53秒

6月4日(月曜日)。
なんでか昨晩は寝られんで、8時〜12時睡眠。少し眠い。

画面の設定だが、三菱のサポートさんの対応はとっても親切だったのだけれども、画面が2048x1536に固定されていることの理由がどうしても判らない(だいたい、カタログスペックなら1600x1200の筈なのだ)。しょうがないから色レートを下げて、ものすごく広いデスクトップ領域をアプリはフォントサイズを上げて使うことにする。それなりに便利。画面もきれいだからそんなにストレスもないし、とうぶんはこれでいいや。気持ちいろんな処理が遅くなったかなあ、気のせいかなあ。

昼飯は駅前の蕎麦屋さんで薯蕷蕎麦(冷たいの)。鶉の卵が付くのは近所ではここだけだな、それなりに美味しい。帰宅してルーチンワークを片づけながらテレ東「グレート・ボールズ・オブ・ファイヤー」。ジェリー・リーは偉大だ。デニス・クエイドもウィノナ・ライダーもいい。伊藤K一郎が何故出演しているのだろうか、よく判らん。

今日はトレドさんの当選演説が濃ゆかったなあ。溢れるパッション、響く声、張った肌、思わず口説かれてるのかと思いました。とまれ、はっきりと発声できる大統領が選ばれてようございました>>ペルーの皆さま。
ネパールのほうはどうなってるんだろう。最近のニュースっていうとマチャプチャレ解禁くらいだったんだけどな、周辺各国がいろいろ解禁していて「おや? デタントかな」なんて思っていたのだけれども。第一報は「カノジョの家柄を両親に非難された息子がブチ切れ」みたいな(失敬)話になっていたのだけれども、「自動小銃の暴発だ」っていう話もあるし、しかしロボコップでもあるまいに。だいたい、国王ご一家がいる場所にたまたま安全装置のついてない自動小銃つまりマシンガンがあるっていう時点でヘンだと世界中が思う、と思う。真相など知らんが、立憲君主制の主権在民、議会制民主主義の採用とくるとバカな俺には山手線の中心部との違いがよく判らない。まあ皇居にマシンガンを持ち込む奴もそうはおらんのだろうが。

HEY^3がお休みなもんで、TBS「水戸黄門」を眺める。助さんを呼ぶ格さんが「佐々木さん」であるのに驚愕、つまり股旅物からモノノフ物への変更を示している。さらに劈頭1分で由美かおる入浴! でも全編ビデオ(オープニング一部除く)! フィルムで撮ってくれ!(俺の趣味! っていうか、こんなことしてたら美術も照明もダメになるぞ。楠公の墓とか見てみいや)。石屋の弟子その2(細いほう)、声が良すぎ。誰だったんだろう、ちょっと気になる人だ。
え? ドラマそのものを観ておらん? 何ゆうてまんねんあんたはん、芝居の楽しみは役者やおまへんか。知っとる筋から眺めて声かけてなんぼのもんどす。いいのっ。そんなもん楠公の墓を建てようってのに藩も子孫も坊主も出て来ないしそんなもん。



鳥一のレバを入手。ついでに腿も仕入れて酒蒸し。幸せ。

 鶏腿肉の酒蒸し
材料:良い鶏腿肉、ネギ、ショウガ、酒、塩、醤油。
  1. 肉には皮側から切れ目を。
  2. ネギとショウガはザク切り。
  3. 深皿にネギ半分を敷き鶏肉を乗せネギとショウガと塩を振りかけ蒸し器へ。
  4. 酒を振りかけて蓋、好きなだけ(肉厚によるがたぶん15〜30分、容器が小さければ1時間ということも)待つ。
  5. 醤油をふっていただく。
油っ気は汁のほうに行くので、これをあきらめればダイエットにもなるぞ。



なんだかんだでポール・バーホーベン「インビジブル」を観る。批評に堪えざる映画なのだが(論理に弱い、くらいの意味)俺趣味ならOK、あんまり細かいことを言わないように。あと、透明人間に襲われて刃物で刺された場合に、近くにいた人は「刺された! 抜かなくちゃ!」と言って刃物を抜いてはいけません、よけい出血します。正確には、刺さったまんまでサラシを捲いてお医者さんに行きましょう、豆知識でした。

さて、寝よう。やっとディスプレイもなんとかなったし、仕事仕事仕事。

2001年06月04日 22時27分38秒

6月3日(日曜日、いい天気)。
くっそー、ディスプレイの設定がちっとも判らん。

 とりあえず新宿ヨドバシに行って、三菱のRDF171Sというのを買ってきた。17インチのフラットCRTが3万円ならまあいいんじゃないかなあ、どうせ設置場所は押し入れなんだから液晶である必要もないし。

19kgをナメてかかったらあかん、担いで店を出て100mであきらめてタクシーゲット、近所まで送ってもらって大汗かいて家に運び込んで、なんとか設置したんだけれども調整がうまくいかん。まあいちおうお仕事ができる程度にはなったから、あとは明日サポートに電話して教わる、と。

こんなもんで2日も潰してしまった、仕事ぜんぜんはかどらず、困った困った。あと荷役で手首をちょっとやられたもんでウクレレもあんまり弾けない。困った困った。お腹も空いたが食い物もない、困った困った。

2001年06月03日 21時51分30秒

6月2日(土曜日)。
なんかちょっと池袋に行ってローリング・ココナッツなど仕入れて、ついでにサクラヤピーカン(たぶん「PC館」の略)でディスプレイなど眺めてきたのが悪かったんだろうなあ、帰宅してPCのスイッチを入れてみたらいきなりものすごいパチパチ音がして、IBM製のディスプレイがお亡くなりになられた。

しょーがないからそのへんに落ちていた10年前のFMVのディスプレイを繋いでみたら、スタート画面は映るのだがWINDOWS95の画面になると水平同期がおかしくて使い物にならない。けっきょくいろいろやってみて、解像度を落としてみたらなんとか映るようにはなったのだが、画面が狭ーい。とてつもなく狭ーい。こんなんじゃ仕事にならーん。しょーがない、明日はディスプレイでも買ってくるか。

まあ今は液晶全盛だし、17inchくらいの品ならば大した値段でもあるまい‥‥といいなあ。といったようなわけで、今日はもうPCおしまい。仕事もできない。ビデオでも観ようっと。

2001年06月02日 19時59分12秒

6月1日(金曜日、またいらかの練習をサボってしまった)。
お仕事の依頼があって午後から築地大企業へ。なんかいろいろあって、せっかくだから場外でお寿司でもと思っていたのが果たせなかったよ、残念だな。そんなわけで昼飯はどんべい。あとお米ちょっと。昨日間違って買ってきた580円のトマト。おぼろこんぶのお吸い物。なんか貧乏くさいような、半端に豪華なような、よく判らん。



ICQで、どこの国からだか判らん人から「CDのジャケットに貼ってあるステッカーに日本語が書いてあるのだが、読んでくれないか」って頼まれた。JPEGを送ってもらったのだが、よく考えると危なかったかな? なにやら「全不転」と「鏡」という字が書いてあったから、「These must be Chinese, mean 'all no change' and 'mirror'」(よく判んねえけど中国語じゃねえかな、「全不転」と「鏡」だ)みたいないい加減な返事をしておく。なんか篤く御礼を言われたのだがいいのかな、まあそんなもんだ。



暇を見つけて「チャーリーズ・エンジェル」をもう一回観る。何度観てもきっと飽きない。天国のような映画。



深更に公園までウクレレを弾きに行って、ちゃきちゃきやりつつ歌っていたら犬を連れた奥さんに怒られた。というかうるさかったんだろうな、「このへんは住宅も近いし、夜11時を過ぎるとお巡りさんも来ますし」との由、たぶん歌声がやかましすぎることとてわざわざご自宅から出てこられた(ついでに犬も連れてきたのであろうについては、もと犬飼いとしてはよく判る)についても、たいへん申し訳ないことをしました。「もうちょっと向こう(奥)のほうならあっち側にはなんにもないし、そっちでやってくれませんか」との由。繰り返すが、たいへん申し訳ない。いやたぶんウクレレだけなら静かなもんなんだけれども、オペラモードで第九とか歌ってたのがマズかったんだろうなあ(俺のベルカントにはとてつもない音量がある。合唱団内部ででも「音響爆弾」とか言われておる)。すみませんでした、以後気をつけます。



今日買った本、
  • 山本博文「サムライの掟」中公文庫、
  • 平山夢明「呪われた街の怖い話」ハルキ・ホラー文庫、
  • 宮部みゆき「鳩笛草」光文社文庫(クロスファイアのためのサブテキストとして)、
山岸凉子は未だ見つからず。まあしょうがないな。
2001年06月02日 00時43分33秒


get to:    りびけんの国!  パソコン要約筆記虎の穴!  BBS