徒然草むしり。

徒然草むしり。



毎日更新されると思ったら大間違い。
本当のことが書いてあると思ったらもっと間違い。

get to:       りびけんの国!   パソコン要約筆記虎の穴!   BBS  

7月31日(火曜日)。
昨晩夜半にようよう仕事を終えて、さてビールでも呑んで寝ようと思って冷蔵庫を開けたら、パックの生ほやがある。そういえば一昨日に買ったなあと思って賞味期限を見てみたら、「7月30日」とある。だいたい3時間前に切れてるけど、まあ大丈夫だろうと思って喰ったらこれがアタった。

今朝というか昼過ぎに起きてみたらなんか頭は痛いし目の奥は痛いし、身体はダルいし吐き気はするし、ついでに寒けまでする。っかしいなあ、ビール1本で二日酔いかよ、などといろいろ思い出してみたわけですよ。

けっきょく、一日中ごろごろしていた。しょうがないもんなあ。


アフリカの大平原に暮らしている人々はものすごく目がよくて、なんか「水平線の彼方にシマウマがいる」とか言うのでしばらく待っていると本当にシマウマが現れるという。ほんとに見えてるんだろうか、ただ単にしばらく待ってりゃシマウマくらい現れるという話なんではないのか、なんて寝ながらふと考えた。
2001年07月31日 23時27分27秒



7月29日(日曜日)と30日(月曜日)。
ちょっと暑かったかしらん。

29日はまず上高田小学校(だっけ)へ、「ほんとは仕事が忙しいんだけどなあ」などと思いつつ投票に。あまりにも俺らしくない投票行動をとってしまったもので内容は秘密。
全国区の投票箱のところで「候補者の名前が小さすぎて読めねえぞ」って文句たれてるおっさんがいたんだけど、人数多いんだからしょうがないじゃん(当選枠と自由連合の候補の数がおんなじくらいなんだぞ)、家で決めてから来ようよ、そういうのはなどとちょっと思う。

行きがけに、第5中学校の前の区民掲示板に貼りだしてある選挙管理委員会の「えなりかずき」の「選挙に行きましょう」ポスターが破られているのを見かけた。よく見ると破れ方がなんかヘン。近くば寄ってよく見てみたら、A2縦版のポスターの下部中央に火がつけられて、炎がポスターの真ん中を縦方向に突っ切っているわけなのね。ということは(公選法には抵触しないにしても)つまり放火だ。さっそくケータイで110番通報、「放火です」。今日もまた一つ良いことをした。


ウクレレを抱えて、「ほんとは仕事が忙しいんだけどなあ」などと思いつつウクレレ・アフタヌーンの練習へ。ほんとは合唱のほうの練習もあるねんけれども、ウクレレのほうはコード弾きの半ソロみたいなもんがあるので抜けられないのよ。そんでブレークを間違えたり、読めないタブ譜に音名のフリガナを振ったりしつつ、楽しく練習終了。「ほんとは仕事が忙しいんだけどなあ」などと思いつつ、打ち合わせと称して当然のようにビールを呑みに。そのまま轟沈。

あけて月曜日、とっても早起きしてお仕事。

そうかあ、自由連合全滅かあ。全員当選すると日本の政治が変わると思って期待して‥‥すいませんもう言いません。そんで自民圧勝って、まあしょうがないよな、今回についてだけは、筋道の立った投票行動をできた人間がいたとは思えない。だって争点に定義がないんだもん、たとえば「改革」って誰が何をするんだよ、小泉本人だってまだ喧嘩売ってるだけだぞ。

お仕事の合間に、ちょっとだけ昼寝。ごろ寝している隣の続き間は無人の筈なのだが、そこから「パチンパチン」とあからさまに爪を切る音が聞こえてくる。なんだろうかとも思ったのだが、振り返って何かいたらヤだしな。と思っていると、これがいつまでもいつまでも続く。ふと気付いて、声に出して「そんなに爪のある人間はおらん」と言ってみたら、とたんに音が止まった。

というわけで夜半にかけておとなしく仕事をしていたら、突然背後でなにやら爆音がして、何やら硬いものが台所まで飛んでいって何かに当たった気配。え? 何? 台所に行ってみたら‥‥ウクレレのブリッジが落ちている。仕事場のほうを点検してみたら、なんのこたぁない、ALA MOANAのブリッジがなんでか吹っ飛んでいた。なんだろう、やっぱり暑さの影響かなあ。明日にでもボンドで留めてみて、強度が不足するようならさらにネジ留めして解決。

そんななか、ふと思いついてウクレレ・ピクニックの「素人ソロ部門」にエントリー用のCDを送る。ネタが無かったし録音しているヒマも見つからなかったので、とりあえずUCNで録音したバンド版「All of Me」を送っちゃう。どうせアフタヌーンで現場にいるわけだし、出演できればめっけもんみたいな。

もちろんステージでAll of Meをやるとは限らない、いざ始めちゃえば誰にも止められないぞ、「アジアの純真」でも「ゴジラ」でも。


晩御飯はお惣菜屋さんの「鶏肉の酢豚風」(なんだそれ)、ご飯、ゴーヤのサラダ、粉末唐辛子スープ、ものすごく立派なオクラを茹でてマヨネーズ、等々。

明日は、請求書をいくつか書いて、合唱とウクレレの譜読みと「俺だけの譜面」をいくつか書いて、と。

2001年07月31日 02時36分46秒


7月28日(どようび)。
涼しくって幸せ。目覚めても後頭部汗をかいてないんだよ君。

昨晩のブラック・サンの成果ご報告。
  1. 甍演奏会のチケットを2枚、半値で販売。お買い上げありがとうございました。
  2. 店長がギタレレを買い込んでいたので、少しいじらせていただく。なるほど、6弦の上4弦はLow-Gのウクレレそのものなのね。下4弦は4度調弦なので、こちらはいちおうベースとしても使える。ふむ、お家に1本あってもいいなあ。
  3. なんでか人がうじゃうじゃいて、けっこう旧知のかたがたにお会いできた。数年に一度しか現れないお姉ちゃんとか、前に会ったときには身長20cmくらいだった店長長男とか。

TVでマクドの話をやってたんだけど、藤田田の座右の銘「勝てば官軍」。素晴らしい。俺? じゃあ対抗して「待てば海路の日和あり」でどやっ。

TBSで「クロスファイア」をやってる。ビデオ鑑賞時よりウクレレの音量が上がってるような気がする。あと車が火事になったら、ガソリンスタンドに逃げ込んじゃマズいとやはり思う。なお、矢田亜希子の心臓の上に「発火スイッチ」があるという描写を発見。

ところで日本のスナッフビデオ市場ってそんなにでかいの? あと矢田さんの超能力がどんどんエスカレートしていくのもなんかなあ、全体に脚本には納得できない。

映画は放映時間帯も含めて明白に怪獣映画で、金子組の炎上描写がいつもながら素晴らしい。


今日も今日とて甍の練習に行こうとして家を出たところで、黄色いトラックスーツを着た兄ちゃんに声をかけられた。聞けば、西暦2400年あたりのタイムマシンの実験の失敗で21世紀に飛ばされてきちゃった未来人なのだそうで、名を与吉という。なんとかして西暦2400年と連絡をとりたいそうなので、ここに書いておこう。
佐吉さん、西暦2400年にお住まいの佐吉さん、与吉さんは2001年7月28日お昼頃に東京都新宿区の落合公園に飛ばされてきております。なんとか回収してやってくださいまし。
と書いてアップロードする前に、白いトラックスーツを着用した佐吉さんがお迎えに来られた。もう結果オーライだからこの文章はアップロードしなくてもよさそうなものだが、それをやるとタイムパラドックスが生じて「アップロードしなかったこの世界」そのものが消えてしまう危険性があるので、全人類と俺のためにやはりアップしておく。

さて、恒例夏の「甍演奏会」、むくつけき権助百人による暑苦しい男声合唱の夕べです。8月11日の土曜日、初台は東京オペラシティにて18時開演。指揮は関屋晋、清水昭、清水敬一。合唱は早稲田大学高等学院グリークラブ、早稲田大学コール・フリューゲル、いらか会合唱団。演し物は「路標のうた(三善晃)」、「われもこう(新実徳英)」ほか。全席自由で入場券2,000円のところ適宜ものすごくダンピングしますので、ご希望のかたは私までご連絡くださいましのこと。あ、掲示板でも可です。

というわけで、夕刻からその合唱の練習に。今日はグスタフ・ホルストさんの英語の曲を練習したのだが、こいつの英語がさっぱり判らん。えーと、こんな感じ。
O thou who hast fled away to join the ranks of those that lie witin the abode of death.
We call thee back to dwell with us again.
ほんとに英語なんですか?
When the dragon of drought had seized the clouds and rain,
like to kine he gather'd them to his cave.
Who was the hero that heard our pray'rs?
Who was the warrior thunder armed?
ドラゴンとサンダーアームしか判らんぞ、儂ゃ。

21時の練習終了後、さいきん22時くらいまでやってくれてる東中野サミットの食料品売場へ。どうしようかな、豚のクリアシチューでも作るか。あと枝豆と豆腐。

営団東西線駅前のビデオレンタル「R」を覗いてみて、パキっとしたホラーでも観たいなと思って備え付けの日之出出版ビデオカタログを見てみたのだが、監督リストにスティーブ・マイナーが無いよ。しかもファースト・ネーム順だというキャスト/スタッフリストの編集方針が寒すぎて、少し気を悪くした(ビデオRさんの責任ではないのだろうが)。なんにも借りずに帰る。


帰宅後、何度も何度も観た「酔拳2」をフジで途中から。1994年当時「もうアクションスターとしては限界か?」などと言われていた(言った奴ででこい)ジャッキー・チェンが再びアクションで世間の度肝を抜いた畢生の傑作。なんか香港オールスターが協力を申し出たためにアンディ・ラウが端役、ジャッキーさんの両親がティ・ロンとアニタ・ムイっていう目茶苦茶なキャスティングにも納得できる1本(東洋人は若く見えるからね)。

なんかノークレジットでジャッキーさんが監督したっていう話もあるのだけれども、どんなんなんだろうなあ。


月曜午前アップの仕事がまたあって、ということは締切まで36時間。その間に、見積で「1時間」と「4時間」の作業時間があって、他にダブルブッキングの練習でウクレレアフタヌーンと甍の合唱とがある。あと睡眠時間がまあ7時間くらい? タイトだなあ。

計画としては、今から寝る。10時(どうせ夜中に起きちゃうんだよ、根性で二度寝するよ)起床、4時間仕事の前半を終わらせて出先へ。そこを1時間で終わらせて、アフタ練に2時半に現れる。6時アフタ練終了、そのまま合唱へ(合唱の昼間の練習はパス)。21時に練習終了、帰宅して2時間仕事の残りをやっつければ。たぶん。

けっきょく明日は徹夜になりそうな気がする。すごく。

2001年07月28日 23時45分25秒


7月27日(金曜日)。
午前3時起床。すぐ二度寝。わりあいと涼しくてすごしやすし。

寝床にもぐり込んで(というか夏場は布団の上にごろんとするだけなのだが)うだうだしているところに、床下から轟音と悲鳴が響きわたる。バラゴンにしては小さめだし数も多いなあと思いつつ地下室に行ってみたら、メガヌロンが大量発生して地下作業員たちを食い荒らしている。どうしようかなあと思ったけど眠いので寝ることにして、作業員の悲鳴がうるさいので地下シェルタの蓋を閉じた。地底人の補充なんかいくらでも効くから構わないんだけど、次の戦争のときには第2シェルタのほうを使わざるを得まい。ちょっとオーディオがぬるいんだけどしかたがない、我慢我慢。

そういえば民主党のサイトで「テレビ番組の字幕普及促進のための放送法等の一部を改正する法律案」っての発見。なんか難しくてよく判らない(頭わるいんだよ悪かったよ)。

夕方から「甍演奏会」の練習に。終了後に新宿西口ブラック・サンに行って、甍のチケットを無辜の民に売りつける。最終的にまり子さん号で帰宅って、まあいいや。
2001年07月28日 03時10分53秒


7月26日そのに(木曜日、もう寝る)。
夕方のニュースのてっぺんが「今日も暑かった」(知ってるよっ!)とか「ものすごい雷雨」(知ってるってばっ!)とかじゃなくなってて本当に良かった。でもちょっと蒸しましたね、まあ勘弁してあげましょう。

じっさい、今日もお昼は長ズボンで出先仕事だったんで助かりました。神様、さいきんありがとう(無神論者のくせに)。


取引先の建物で先日までエレベータのメンテナンス工事をしていたのだが、今日行ってみたら掲示板にモータの写真が貼ってあって、「交換した古いモーターです。長いあいだご苦労さまでした」ってキャプションがふってあった。長いあいだご苦労さまでした(30年だって)。

マクド上場、額面50円で公募4,300円! がいきなり4,700円! なんか凄いぞ藤田田、ストックオプション持ってんのか柴俊夫! さすがに吉野家の価格を無理3割下げただけのことはある、ような気はする。いやその、俺にとってはマクド百円くらいは妥当な価格なんだが、吉野家ってある意味ごちそうだったりするからさあ(なさけない)。いや正味、学生の頃の「肉食」ってつまり吉野家だったもんな。あとは玉子とジャガイモとモヤシばっかし。

関係ないけどなんか間抜けなのが毎日の記事で、

市場では、「個人の資金が市場に流入するきっかけになる」との期待がある一方、「マック株を買うため、既存銘柄を売る動きが出る」と需給悪化を懸念する指摘もあり、今後の値動きが注目される。
って、なんにも書いてないのと一緒だぞ。

小泉総理、遊説先で「日本ではこじきでも新聞を読んでる」って、過剰反応するのも間抜けだが(強調しておくが間抜けだが)、その「乞食」を増やす政策を取っているのは誰だ(たとえば「郵政民営化」ってのはそういうことだろう、その一点を楯に反対する気もないが)。つまり文字が読めても役に立たねえってことなんじゃないのか。ということはつまり、なんだ、要するに中曾根と一緒やん(似てると思ってたんだ、俺)。

なんか美味そうなのが安かったもんで、なんにも考えずに茄子を買ってきた。料理の仕方なんか判らんので有無を言わせずグリルに放り込んで焼く。なんかペロンペロンに焼けたっぽいところで根性の無い奴が爆発したもんだからそろそろ勘弁してやって、問答無用で皮をむいて、鰹節生姜醤油! こんなもんでも美味いんだから、大したもんだ。

到来物の本格的カクテキがあるのだが、ちょっと俺には辛すぎて食べられない(同梱の本格的キムチは美味しいのだが)。しかたがないからこれはどっかのお持たせにするんだな。しまった、豚とキムチを炒めようと思っていたのに、豚バラを買いそびれた。痛恨。

続いて枝豆。茄子ではあんまりお役にたちませんでしたネット検索だが枝豆では結構ヒットがあって、さいきんは「両端を切り落として塩水に漬けておいて」から塩水で茹でるってのが流行りらしい。せっかくの「天狗印枝豆のおいしい食べ方」(パッケージより)は無視して、ネットのほうでやってみる。これはこれで美味いが、莢に残った塩水が口のなかにしみてくるあの感触があんまりない、ような。まあ痛し痒しだが悪くない。

あと寄せ豆腐に茗荷に、生姜。茗荷を微塵(輪切り方向)にしたのだが、やっぱり千切り(縦方向)のほうが好ましいような。

というわけでライフに買い物がてら出かけたついでに東中野おもしろ広場の前を歩いていたら、絹を裂くような女の悲鳴! ナニゴトかと思って公園の奥の方を覗いてみたら、妙齢の美女が50人ほどの黒づくめのヤクザ者風味に絡まれている。仕方がないので50人の銃や刀で武装したヤクザ者を素手で蹴散らして(正確には20人ほどを蹴散らしたところで残りは逃げていった)、妙齢の美女をご自宅まで送り届けて「御礼に食事でも」とおっしゃるのを固辞しての帰りにまた東中野おもしろ広場の前を通り掛かったら、今度は1,000人ほどの黒づくめのヤクザ者を引き連れた羽織袴姿の老人に声をかけられた。聞けば先程の黒づくめのヤクザ者共の上部組織の大親分で、世界規模のマフィア組織の頭目の跡目を俺に継いでほしいという。殺人と政治と営利誘拐と麻薬売買に関わる心算はないので諄々と諭したら、大親分がとうとう泣きながら前非を悔いて、今後は仏門に入り、世界マフィア組織は解散するという。もらい泣きしている1,000人ほどの黒づくめのヤクザ者共の肩を叩いて励ましたりしているうちにライフの閉店時刻が迫っちゃって豚バラ肉を買いそびれたわけだが、まあ一ついいことをしたから今日のところはよしとしよう。

帰宅して枝豆などを齧っているところに、内閣調査室長からケータイに電話。なんでも大陸のほうでスクラップになっていた筈の労働1号がなんでか誤射されて上高田上空に近づいている、空自の迎撃システムは間に合わない、弾頭の確認はできていないのだが、まさか核は搭載していないとは思うのだが、いずれにしてもこのままでは落合公園が廃墟になってしまう。ついては日本語ワープロ世界一でウクレレ弾きでハモニカ吹きでオペラ歌手のりびさん、なんとかしてくれませんか。「構いませんけど、着弾はいつごろですか?」「8秒後です」。2秒で落合公園中央の丘まで行って、2秒で発射地点と時刻を計算して(西に沈みかけの下弦の月でなければ1秒で済んだのだが、あいにくの曇天で北極星が見えなかった)、1秒で予測弾道を補正してジャンプ! 1秒後に上空2,000フィートでミサイルを視認したのだが、根性のない奴で既に慣性飛行になっちゃってて計算した軌道と合わない。しょうがないからむりやり根性で俺のほうの慣性軌道を修正して体当たりを食らわせたら、もと来た方向に飛んでっちゃったよ。ほんとは抱えて軟着陸してからゆっくり弾頭を分解する心算だったのにな、まあ日本海に沈むだろうからあとは海自の仕事になる。持っていたウクレレのヘッドが体当たりした拍子に少し欠けてしまったが、まあ一ついいことをしたから今日のところはよしとしよう、到来物のキムチのお礼も少しはできたみたいだしな。夜風も心地よいこととて、ついでに公園でウクレレなど少し弾いて歌ってから帰宅。今日も平凡な一日。

よく考えると炭水化物がなかったので(せっかくの茄子に脂溶性のものを入れなかったなあ、なんて考えているうちに忘れた)、また「マ・マー」あたりのパスタに中村屋「スパイシー・チキン」カレーでも。そんなんで寝る。
2001年07月26日 23時19分14秒


7月26日そのいち(木曜日、もう寝る)。
選挙情報サイトバーチャル投票、やっとこさ書き込んだ。なんのこたぁない、書いちゃうけど上田哲と社民党だよ、我ながら信じ難い投票行動ではある。いや、政党主体で消去法にするとこうなっちゃったんだよ、今回はしょうがないな。どうせ参院だし(問題発言)。

テレコン・ワールド(12チャンの通販)、エアロスペース・ベッドとかいうマットレスの宣伝で、商品を50トントラックで踏んづける耐久性テストを実施。絵柄としては楽しいんだけどさあ、ベッドとしての性能と全く関係ないのが笑える(「象が踏んでも壊れない」っていう筆箱のときには、全国のボンクラ小学生(ex. 俺)が筆箱を踏んづけて破壊してたけどな)。あ、もちろん褒めてるんですけど。

なんとなく「新しい歴史教科書」関連でネットサーフィン。ふうん。まあその、あれだな。「教訓」とすべき情報までをも「自虐的」として排斥していけば独善に至る、みたいな。誰のこととは言わないけど。

全難聴が同じことをしているよ、MLの話でも、指導者養成講座の話でも、ボストンお茶会事件でも。齟齬を指摘されれば「そんな事実はない」として検証も分析もなく強弁し、さらに指摘されると逆ギレするおバカな人たちの哀しい集まり


そういえば、
全難聴の会員さんとか阿部紀子とか太田晴康とか小川光彦とか高岡正とか田中邦夫とか松本隆一なんかのバカの元締たちは、「でたぜん」読んでどう思ってるんだろうなあ。なんのアクションも無いということは、事実関係については認めてるのか?(まさか)。
細かいことは措いといて、あからさまに問題点を指摘しているのに反応はせず、でも聴覚障害関係の活動はしてるっていう神経はよく判らない(「活動すんな」って言ってるわけじゃなくて、人格的にヘンだろうと思うよ、そりゃ)。取り敢えず恥を知らないということだけは判るが。

まあ「俺がちっぽけな存在である」ということなのだろうが、他方少なくとも「公な団体が、公になした約束をあからさまにやぶった」くらいのこと(これが入口)は判ると思うんだけどなあ。


為念だが、この記述の根拠はでたぜん掲示板に書いてあるので、こういうのは誹謗中傷とは言わないのだな。

そういえば「虎の穴。閉鎖」ってちょっと書いたら掲示板で少し反応を頂戴したのだけれども、
  • PC要約筆記の将来が無い場合に、情報サイトは必要ない、
  • 無辜の新参者さんを引っ張り込むことをヨシとしない、
  • でたぜんは当然ながら残す、
  • サブメニューみたいな扱いで現ログは残す(一人で作ったわけじゃないからなあ)、
あたりが現状での判断。まるっきり消しちゃうわけじゃないし、誰も困らないし、いいじゃん別に。

そういえばカレーの姉ちゃん、先日のアフタヌーンの練習のときに「実は虫に食われるとアナフィラキシー・ショックで死ぬ」って言ってたけど、そーゆー人がタンクトップとか着て炎天下の代々木公園でウクレレ弾いてていいのか。取り敢えずチアノーゼが出たら噴水に漬けちゃるけどさあ(凶悪)。

小泉総理、プリスリーのファンだった! それはそれで見識なんだけど、X-JAPANとプレスリーをショートカットしてしまうと「それでいいのか(総理として)」、と思わないこともない。だってよ、普通あいだにストーンズとかせめてツェッペリンくらい挟んでいてもよさそうなもんじゃないか、なんて。挟まってる可能性を否定はしないのだが、しかし。
2001年07月26日 07時30分23秒


社会復帰しようよぉ。
なんしらん、午前1時起床。どうすんだよぉぃ。

そんなわけで、なんかフェルナンデスがZO-3タイプのウクレレつまりアンプ内蔵のゲテだな、を出したらしいという噂を聞きつけたのだが、ネットを捜してみたらなんだアコじゃん。って勝手に期待して勝手にコケる私が間違っているだけなので、明日は楽器屋でも覗いてみるとしよう。

例の(なんの)中村屋カレーの有志、西友武蔵新城店(どこだそれ)で無事発見との由。まずは重畳。

明日は昼から出稼ぎだしな、暑そうだしな。到来物のビールなど呑んでまた寝よう。

というわけで二度寝の前に「フライング・ハイ2」をなんとなく眺める。つまらん。キャストだけが無意味に豪華なんだが(ジョン・バーノンやらレイモンド・バーやらを豪華というのならば、だが)、つまらん。あと音楽がエルマー・バーンスタインで半端に豪華。まあいいか。ちなみに原題「AIRPLANE II THE SEQUEL」(「飛行機その二、続きだぜ」)なんだけど、飛行機のヒの字も出てきませんでしたとさ。
2001年07月26日 03時50分53秒


7月25日(水曜日)。
吉野家の牛丼400円が8月1日から280円に値下がりするのだが(西日本は7月26日から)、たとえば7月31日の23時55分に入店して24時5分にお勘定をした場合には、料金はいくらになるのだろう。

ついでだが、「なか卯」も「松屋」も「すき家」も「神戸らんぷ亭」も値下げ。個人的にはこのラインナップで興味があるのは「なか卯」の「親子丼」だけなのだが、これは490円で変動なし。なんだつまらん、どうせ英国産牛肉復調かなんかで牛肉価格が下落してるとかそんな話なんじゃねえの?


久々にはっきりくっきりとしたお湿り。というか雷雨。ぜったいワザとやってるんだよ、お天気の神様か誰かが、シャレで。

じゃあそのヒマそうな神様、お願いですから三ノ輪通り商店街にコンビニを一つ、作ってくださいませ。7-11だなんて贅沢はいいません、サークルKとかココストアとかで充分ですから。お願いします。お願いします。毎日行きますから。

そういえば自由連合のTVCFで徳田虎雄が「生命だけは平等だ」って言ってるんだけれども、他にも平等なものっていろいろあると思うんだけどなあ。べつだんツッコむところでもないのだけど、何が言いたいんだろうか。よう判らん。

さらに全く関係なく、みんなが打破しようとしている「旧体制」の実体ってなんだろう。やっぱり素直に橋本派? 意外と一部では不破さんだったりして(笑)。いや冗談です。冗談ですってば。

でもふと気付くとどうせこれって参院選なんだよな。あんまり気にしなくてもいいかも知れない(暴言)。


昼過ぎにテレ東を点けたら、なんかジャック・レモンとブレンダ・バッカロとジェイムズ・スチュワートが出ている映画。なんだろなと思って暫く眺めていたら、なんだ「エアポート'77」じゃん、もう観ない。そういえば深夜テレ朝で「フライング・ハイ2」があるんだけど(アメリカンジョークは判らんので観ないけど(「エアポート'77」もアメリカンジョークかもしれないんだけど)、今日って「ひこうきの日」とかそんなんなのかしら。

今日の小ネタ:リビング・イン・ケアンズっていう地域ポータルがあるんだけど、愛称が「リビケン」なんだそうな。もう移住しちゃおうかなあ、オーストラリア。亜熱帯っつったって東京より涼しいわけだし、乾いてるぶんだけウクレレもよく鳴ることだろうし。

テレ埼「奥さまは魔女」のあと、新番組「ポビーザぱフォーマー」始まる。なんか有名キャラらしいんだけど、俺としては「CGでやってる『マイク・ザ・ウィザード』って感じでツボ入りました。あれ? マイク・ジトロフってまだ新作撮ってんだ。観たい観たい観たいよー(じたばた)。

ところで、学研「大人の科学」ってのがあんのね。ハマりそうで怖い(ヒマなのか?)。
2001年07月25日 21時03分04秒


7月24日(火曜日、東京で最高気温記録更新ばんざい)。
昨晩はけっきょく3時から公園でウクレレで3曲ほど歌い倒してきた。しょうもな。

あとそーいえばアフタヌーンの掲示板に「中村屋のカレー(レトルト)」の話を書いたら、有志から「うちの近所じゃ売ってないぞ」という問い合わせが来た。掲示板に書けよそんなもん(笑)。コンビニに無い、近所のスーパーに無いとのことだが、まあ中村屋独自ブランドだからインディーズみたいなもんだけど、なんでかサミットと東急とピーコックにはあるねん。次回アフタ練に持参すべいか(奢らねえぞ(うわセコ))。


朝起きて、ちょっとお仕事のメンテをしてから福島さんの告別式へ。い。汗腺フルスロットルというか、既に人間メルトダウンというかダサかったのだが、告別式の途中でとつぜん目の前が真っ黒になって、要するに熱中症とか貧血とかいう奴なのかなあ、驚いた。取り敢えず倒れる前にバックヤードにさりげなく逃げて、式場のかたに白湯(冷水は良くないのだそうな、知らんじゃった)をいただいて、少し休ませていただいてからフェイドアウト。

福島美明さんとご親族、関係者の皆さまにはご無礼申し上げました。すみませんでした。

しかしなあ。この炎天下、ふだんTシャツと短パンとサングラスで歩いてる奴が、いきなり冬場でもそのまんま歩こうっていう黒スーツだもんなあ。ちきしょ。というか、この黒スーツは1989年末に福島さんの会社を辞めた際に、ついでに早大コール・フリューゲルの演奏会に出演(田中遙子先生の譜めくりだけどね)するに当たって新宿三峰で7万円で購入したものであったのをさっき思い出した。いろんな縁があるなあ。というわけで、またとうぶん背広は着ないと思う。


夜になってフジ「救命病棟24時」を眺めながら(女医がエボラ出血熱かなんかに感染したみたいな話にバックドラフトが絡む)、何か忘れているなあと思っていたら、通訳IRCに行きゃあよかったんじゃん、なんか人も足んなかったみたいだし。ちょっとヌカったけどまあいいか。

それと、シャープ兄弟に続く新ウクレレ・ユニットの企画を立案中。これは凄えぞ、コンセプトは「ただ速いだけ」(笑)、みたいな。まあ期待しててくれ給えよ。
2001年07月24日 22時36分08秒


だから夜中に起きるのやめようよ。
TBSの深夜「桂芸能社マジ!」など眺めながら(BGMがバグルス「ラジオスターの悲劇」なので喜んでいるのだな)。

あ、こんな時刻のこんな番組にも自由連合のTVCFが。いや、ざっと眺めてもトクダトラヲを引き立てない候補者がいないのは、ある意味凄い。あ、社民党も。そーいえば選挙戦で言ってることと実際の政策が一致しているのって共産党と社民党くらいだなあ(もっと小規模除く、誰でも思いつくところぜんぶ含む)なんて半寝頭でちょっと思う。じゃあ社民党か上田哲かよ俺の投票行動は。うーん。

いいや、寝よう。

2001年07月24日 02時52分43秒


7月23日(月曜日)。
お仕事はなんとか。午後から福島さんのお通夜に準備からお邪魔して、パシリなどする。ちょっと吉祥寺までのパシリの帰りに総武線が新宿駅で2分ほど停まったんだが、その間に2人のおばさんに路線を尋ねられた。「東中野には停まりますか?」いえ、あっちのホームですよ。「代々木には停まりますか?」次ですよ。なんだろう、まあ供養に‥‥なるのかなあ、悪いことはあるまいとていいや。

お焼香のあと遺影にいらか会合唱団で4曲(「月光とピエロ」より1番と2番、あと「紺碧の空」と「早稲田大学校歌」)ほど歌をお供えする。十年ぶりにお会いするかたがた多数。そういえばいちばん最近お会いしたのは奥さまと妹さんで、その前は生前の福島さんご本人ということになるのだな。


どうでもいいけど暑い。暑いところにもってきて、黒い背広など着て歩いているものだから汗が凄い。自慢じゃないけど背広なんかステージとお葬式と結婚式(と、あと「撮影」ってのが1回あったな)でしか着てないわけで、普段は冬でも比較的薄着だったりする。さらに、たぶん20年ほど以前の真夏に自転車で金精峠を越えて以来、どうやら汗腺の栓も壊れているみたいな感じで、もう体温調節などという緩い目的など忘れ去ったかのような新陳代謝の大暴走で滂沱の汗がひっきりなしに流れ続ける。明日の本葬のあとで背広はクリーニングにだそう。たぶん塩くらい吹くに違いない。

合唱団のみんなでビールでも、って誘われたけどいちおう特殊任務(葬儀とは無関係)もあるので、ライフ経由で帰宅。帰るなり着ているものを全部脱ぎ捨てて汗を吹いて、特殊任務をこなしながら晩飯。

妙正寺川のネズミ死骸大量発生について、実は某治水系機関にお問い合わせをしておいたら、早速にお返事を頂戴して恐縮する。

前略後略で、

思い当たる節としては7月18日(水)夜20時より22時にかけて練馬区、中野区、板橋区にかけて集中豪雨がありました。2時間で113mm(板橋区赤塚)、78mm(練馬区練馬)の雨が観測されています。妙正寺川の御霊橋水位観測所では1時間に2.02mもの急激な水位の上昇がありました。

との由。暫く観察を続けてみようかな、と思ったことでしたよ(水位上昇との関連がなければ他の原因も考えられるわけで)。
2001年07月23日 23時08分36秒


だから5時くらいに起きないと。
政治生命に関わるのだが、汗みずくで1時に起きてしまった。いろいろ考えてまた寝る。枕が湿けっぽい。
2001年07月23日 01時02分45秒


7月22日(日曜日)。
暑くないぞ負けるもんか。

仕事部屋に温度計設置(ハンズで280円)。朝8時から34℃(笑)。
ちょっとでも外出して帰宅すると、着ているものを全部脱ぎ捨てて洗濯したくなりますよね。
着ているものを全部:
  • パンツ。
  • Tシャツ。
  • 短パン。
  • ついでにハンケチ。
だって湿けってるんだもん。

最近のパターンとしては、
  • 夕方から晩飯&ビール。
  • ものすごく早めに(夏休みの小学生より早く)寝る。
  • 深夜に起き出して、涼しいうちに仕事。
  • 朝9時くらいにまた寝る。
  • お昼ごろに起き出してうだうだ。
暑いからしょうがないね。食い物はおかゆ、寄せ豆腐、ゴーヤ、あと辛いもの(ツラいわけではない)。

昨晩は、「キムチと豚バラ炒め」、「寄せ豆腐に烏賊塩辛乗せ」、「枝豆」、「パスタ中村屋カレー乗せ」などでした。


夏ネタでもう一つ行くと、自営業者としては「風呂に入るタイミングがつかめない」というのはある。
朝から始めるとして、朝だと「いまから汗をかくから」ってのがあるでしょ?
じゃあ昼、汗だくだけど「どうせまた汗をかく」わけだし。
夕刻は飯だ仕事だで忙しいわけだし。
じゃあ暗くなってからだと、「どうせまた布団で汗かくわけだし」みたいな。

しょうがないから、ヒマなら頻繁にシャワーを浴びるし、忙しければ「人に会う前」くらいなんだろうか。バブル期に大量発生した「仕事の区切りがつかないので事務所を借りちゃうSOHO」というのの気持ちが少しだけ判る(ような気がする)。


NHK「のど自慢」を眺めていたら、花見なんかでよくご一緒する館村さんがギターを弾いていた。

午後からまた暑くなってきたもんで、取り敢えず明朝締切仕事の残量を見積もる。あと4時間。いま2時半。よーしってんで、代々木公園のアフタヌーンの練習に自転車で出かける。午後の日のあるうちに体力を消耗しておいて、夕方帰ってきて早寝して、早起きして明朝に残り4時間分をやっつけようという計画である。大丈夫か。いや、このクソ暑いなか無理矢理働くよりは能率も仕上がりも良い筈だ。大丈夫か。

というわけで、山手通りを南下、てきとーなところで左折して無事に代々木公園へ。かんかん照り。所要時間約40分、いい運動だわい。そして炎天下で練習を3時間、熱心に単音パートを練習しようと思っていたら、なんでかコードストローク担当になってしまった(その方が好きなような気はするんだけれども)。ってことは8月の25日の当日出演ってことだな。エントリーは‥‥1曲だったらやんなくていいや。あとストローク系ってことは持参ウクレレはLUNAさんで決まり。


というわけで19時帰宅、軽くビール、なんか喰ってとっとと寝る。

早起きしないと政治生命に関わるのですよ。




寝る前にこいつだけ。


「<選挙活動>「文書がダメなら音声で」 ミニ政党がネットでPR(毎日新聞)」って、要するにバリアフリー指向にものすごく逆行しているうえに人権侵害

バリアフリーに逆行のうえに人権侵害:
まず総務省の見解としては、
  1. ウェブサイトでの政策開示は「無際限な印刷物の配布」にあたるからダメ、
  2. だからウェブサイトでの選挙時の情報提供もダメ、

とあるが、

  • 明確な法的根拠がないうえに、
  • 例えば「ウェブサイト上でも音声ならOK」とした今回の行政指導では「インターネットの利用に不具合のある視覚障害者(限定表現ですけど)」や「音声情報の利用できない聴覚障害者」への配慮が欠けているうえに、
  • だいたい「障害者にパソコンは不要」としたのは厚生省ではないか。

つまりネットでの選挙活動に法規定が無いってことは、根拠は総務省選挙課による行政指導ってわけでしょ? なんとかしようよ、全日ろう連とかJDとか社協とか(ごめん、聴障関連以外は列挙パス)。著作権法改正なんかよりはよっぽど敷居は低いぞ。

ことは俺の人生にも関わってくることでもあるのだが(俺の立場からすれば、「聴覚障害者って、あらかたは自助努力を怠る人ばっかりだな」と思ってるからいいんだけど)、

まず報道が「単に選挙時における立候補者のためのツールとして」という視点に終わっていることからも判るが、 とりあえず障害者への対応という観点からの報道がない(いつも無い)、

立法に関わる人からして問題意識がない(あるなら候補者こそが文句つけろよ)、

行政はうんこ(もういいよね)、

司法については、たとえば聴覚障害問題についてならば聴覚障害者が問題提起をしなければ始まらないにも関わらず、当の聴覚障害者にしてからが何が問題なのかすら判っていないわけで(でたぜんへの反応を見れば判る)。


そろそろ「虎の穴。」も閉じるかな。聴覚障害者福祉に関わってきて、いいことは何もなかった。理不尽な非難をされ、人格を否定され、時間を無駄にした上に得るべき現金収入を犠牲にしてきた(「無私で協力してきた」と思っていたのだが、「安くコキ使われていた」)だけのことだ。

そしてそも全難聴のPC要約筆記事業を補佐すべく立ち上げた「虎の穴。」を維持することは、即ち無辜の賛同者や協力者に対する詐欺行為への加担、乃至裏切りに他ならない。

もういいだろう。勘弁してくれ。俺が難聴者に肩入れする必要はカケラも無いのだ。

2001年07月22日 21時55分37秒


7月21日(連休中日? 知らないよそんなこと)。
深夜に起き出して涼しいなかで仕事。そのうち挫折、明け方から秘密任務を少々こなして、暑くなってきたので二度寝。

ひくひょうっ!
暑くなんかないぞぅ!

昼起床、なんとなく日テレ「女探偵・朝岡彩子、依頼された張り込み中に殺人が!」を眺める。なんでかというと、田中美佐子の探偵事務所に元刑事の渋いおっちゃんがいて、こいつが意味無く複音ハーモニカを吹くのだな。しかも選曲が「ラジオ体操の歌」だったりして吹っ飛んでる(私か君は)。ついでにBGMが全編ラグタイムって何考えてんだこの番組は(褒めてます)。脚本は‥‥プロットはそこそこなんだが詰めゆるゆるでちょっと惜しかった感じ。だってそりゃ、探偵さんやお巡りさんより視聴者のほうが頭いいんじゃしょうがないでしょう、それは。

夕刻からお買い物。富士銀行先の遠藤たばこ店の自販機からゴロワーズが消えていた。ちょっと悲しいが、おばちゃん死んじゃって半年も経つもんな、しょうがないな。あと生協前で1年振りくらいで戸田さんの奥さんと出会う。十年くらい前に戸田さん家の庭にネズミが大の字になって死んでいて、それを通りがかりに発見して教えてあげて、ついでに庭の隅に埋めてあげてビールをごちそうになって以来の知り合いなのだが。そんで帰り際、妙正寺川の岸辺と淀でまた溝鼠の死骸を3体ほど見かける。なんだろう、笛吹きでも来たのだろうか。

漬物学者宅に貸し出していた仕事道具を回収に。地ビール少々と韓国産漬物の試供品を少々ゲット。でも冷房が効いていたので早々に退散。

クソ映画雑誌『映画秘宝』届く。ニュース:
  • 大槻ケンヂ「ステイシー」(少女ゾンビホラー)映画化! ほんとか。
  • 釈由美子主演「修羅雪姫」(小池一夫だよぉい)、武術指導ドニー・イェン! 特技監督樋口真嗣!(ガメラ!)。
  • サム・ライミ監督「スパイダーマン」指導! やっぱりブルース・キャンベル出演!
  • DVD新作は「ザ・チャイルド」「続・荒野の用心棒」「ゴーストハンターズ」(誰が観るか)、あとどうでもいいや。
  • ジュラシック・パーク3」出演の恐竜、スピノサウルス、ティラノ、ヴェロキラプトル、プテラノドン。全部白亜紀(笑)!

勢いで夕刻のTBS「ウルトラマンコスモス」も観る。CGあんまり無し、爆発も無し、怪獣も死なない。それはそれでいいや。お、マットペイントのクレジットがあるぞ。

夕刻からビールでも呑んで早寝、明朝までにやっつけたいお仕事と秘密任務少々、涼しくなった夜半に起き出してやるべし。ほんとは甍(合唱)の練習にも行かなきゃならんとですたいばってん、ちょっと忙しかごたるとですよ。来週からなんとか。
2001年07月21日 19時30分11秒


7月20日(李小龍さん命日)。
福島美明さんのお通夜と告別式は、23日(月)18時と24日(火)12時から、信濃町の一行院千日谷会堂にて。僕は駅前とか駐車場とかにいることでしょう。いや、本来ここに書くようなことじゃないんだけど、フレッシュアイとかの検索に載っちゃってるもんだから念のために。

家にあるアイロンの効いたワイシャツの数とか勘定している自分が、ちょっと嫌だ。靴を磨くくらいは礼儀だから構わんと思うのだが。


暑い。昼寝。というか擬態語の正しい意味で「でろれん」とする。いいよ、休日らしいんだから休もう。冷房入れっぱで小さな筋肉痛。ところで海の日って何の日なんだっけ。

夕刻の買い物帰りに妙正寺川を眺めながら歩いていたら、水車橋の下流あたりを尻尾抜きで30cmくらいはありそうなドブネズミの死体が流れていた。ふうんと思って眺めていたら、上流からもう1匹。え? と思っていたら岸辺にもう1匹の死骸。と思っていたらまた1匹流れてきた。上流でなにがあったんだ? 今朝の地震の影響? 

ゆんべは夜中に起き出して(寝つけなかったのね)、借りておいたイーストウッドの「スペースカウボーイ」のビデオを観る。えーと、「宇宙からの帰還」によくできた「アルマゲドン」を足して「妖星ゴラス」の田崎潤で割ったみたいな。判らんな。でもいい映画だと思う。宇宙で音がする? 細けえこと言うなよ、許容範囲ってば。

さっきは「ハードカバー−黒衣の使者−」のセルビデオを何回目だか忘れたが観る。コマ撮りモンスターの担当が「遊星からの物体X」「空の大怪獣Q」「ザ・ゲート(ワンツー)」ランディ・クックで、悪役の怪人マルコム・ブランド役もこいつ。映画としてもいい出来だし、今日はアタリだなあ。しかしなんで古本屋の倉庫にあんなに白紙があるのだ(きっと「物語を消費した」から「白紙になった」のだろうなあ、って深読みのしすぎ)。


参院選の選挙公報が届く(前にも書いたが、俺が新聞を購読していないのをなんで知ってるんだろう選挙管理委員会は。それとも新聞の折り込み以外にも各家庭に届くの?)。
いちおう書いておくと、変形A3くらい(だと思う)に畳まれた広報の表面は比例区で、小泉純一郎の顔写真と自民党のキャッチコピー。そこに地方区の広報が挟まれているので、選管の「新世紀 必ず生きる この一票」というダサいコピーは「広げてから地方区を外して」やっと読めるという次第。これって不公平なんじゃないのか、と思う。

いいけどさ。今さら「政権政党有利」なんて言う気もしないし。

 

投票どうすっかなあ。

うまい譬えを思いつけないので思った通りに書いちゃうとだな。食事中の人はごめんよ。警告はしたもんね。

  • うんこ味のカレーと、
  • カレー味のうんこと、
  • うんこと、
  • カレー
この4つがあって、じゃあカレーを選べば問題ないのだが、比例区では「カレーかせめてうんこ味だけどカレーを選んだ心算がその票がうんこに流れ」てしまうこともあり(あくまでも比喩だが、佐藤道夫(別に好きじゃない)に投じた一票が大橋巨泉(ぜんぜん好きじゃない)に流れちゃうような状況で何をせいっちゅうねん)。
あるいは地方区(っていうの?)にしたって、結局のところは「議員の数」が問題なのだから、カレーを応援したら結局はそのカレーが「うんこケースに一緒に並んでいる」っていうことになるわけで。

消去法でいくと、

  • 政党がうんこ‥‥最初からパス。
  • 比例区で公認政党の公認候補の誰かがうんこ‥‥本人もパス。
  • 地方区候補者で公認政党の比例区公認候補がうんこ‥‥やはり本人もパス(比例区のウンコ候補を後押しすることになるから)。
誰一人残らないわけだよなあ、こりゃ。

議会制民主主義がいつのまにか「数争い」(委員会の質問時間が議席数に左右されるということは、たぶん「少数意見の尊重」とうい理念とは矛盾する)になっちゃってるわけで、そしてどの政党も多かれ少なかれうんこを抱えている以上は支持できず、ということは白票か? それも勿体ないなあ、売れば数万円になるのに。

はあ、ウンコだらけ。

 

そんなこととは全く関係なく、共産党っていいかげん党名を変えちゃえばいいのに(なんか前の選挙の時にも書いたぞ)。だってさ、保守党が革新を語っている昨今だぜ、党の名前なんかどうでもいい。なんとなく敬遠されそうな名前なんか捨てちゃえばいいし、それができれば見直すっていうノンポリも多いと思うのだけれども。

もちろん今回は入れないけどね。一票の影響力を最大限に使おうとする場合には影響力のない政党に入れるよりは白票のほうがマシだと思うし、党内拘束の強さを考えるならば共産党は地方区に打って出るべきではないとさえ思う。あるいは、不利が判っているのに名前さえ変えられない政党には期待できない。

昨今国政に参入しようっていう奴からして信用できない、という意味では共産党の人なんかはまだマシかな、とも思うんだけどね。当選した途端に政党乗り換えて大臣になっちゃうような連中よりは明らかにまだマシなわけだし。


21時から日テレで「ゴジラ(アメリカ版)」。タイトルが「ゴジラ」でなければ面白いんだけどな。「マシュー・ブロデリックは放射能障害を受けたはずだ」とか「いつ受精したんだ」とか「マジソン・スクエア・ガーデンとか地下鉄とかの構築物内にどうやって入ったんだ」とか「軍はなんでこんなでっかいものを見失うのだ」とか「ミサイルより速いゴジラよりなんでイエロー・キャブのほうが速いのだ」とかいう小さな傷を見過ごせば、B級として充分に楽しめる。

繰り返すが、タイトルがゴジラであることだけが許し難い。あとはいい、ふつうのB級だ(たとえば「ターミネーター」)。


明日は仕事。福島さんの葬式に向けていくつか早めにやっつける(供養ではなくて、俺の仕事の都合)。
2001年07月20日 21時26分51秒


7月19日(木曜日)。
日本ビジネスクリエイト社長・福島美明氏、脳出血のため午前2時30分逝去。
2001年07月19日 17時37分51秒


7月18日(水曜日)。
気温はそんなでもなさそうなんだけど蒸すなあと思っていたら、ゆんべ雨が降ったんだってね。知りませんでした。

昨晩の政見放送、録画しとくんだったかなあ。ツッコミどころ満載だったんだけど。でも暑いからいいや。山東昭子が「今の日本は病んでいます」って自民党候補の言うことじゃねえよな、みたいな。くどいようだが字幕も無いし。

あと今朝の政見放送では「国会議員の数が多すぎる、無駄な議員を省いて400人程度に」ってのは正論なんだろうけど、自由連合の奴に言われたくねえよなあ、そりゃ。

さらにくどく言っちゃうけど、手話と字幕と、あと各国語の字幕が出るくらいでやっと普通なんだと思うのね(そしてその先にいろいろあるんもんなんだと思う)。詳しくは余所で。

そんでElection(選挙情報専門サイト)のバーチャル投票に行ってみたんだけど、これどう選んでいいのか判んねえよ、参った参った。っていうか自由連合と大橋巨泉に引っかき回されまくりの俺が間抜けだっていう話なんだな、これは。


Fさんの脳幹、検査の結果では機能しているとの由。よーしいいぞ。今世紀に入っていちばんいいニュース。

さいきん枝豆を食べていない理由が判った。枝豆を喰っているとウクレレが弾けないからなんだな、どうやら。

なんでか朝5時起床。涼しいうちにひと仕事してから昼寝。

昼寝中に見た夢。なんでか早大コール・フリューゲルの定期演奏会に出演していて、これがなんでか女子大の合唱団との合同の混声。衣裳替えで黒タキに着替えるのだが、さっきまであったはずの靴がない。しょうがないので誰かの靴を借りたりして。最終的に靴は奈落の底(舞台の床下のまた下のほう)にありました。

作業中の原稿整理で、「134ページ以降のノンブルを2ページずつ繰り越して欲しい」との連絡を頂戴する。見たら134ページで章が変わるのだが、直前の中扉分のノンブルが端折られていた。こんなもんほとんどクイズなんだけど、俺のほうで気付いても良かったんだよな。ちょっとクヤシい。というか、気付いていればけっこう得意気な気分になれただろうに、惜しいことをした。


テレビ埼玉の雨傘かなんかで「ガメラ対大悪獣ギロン」をやってたんだけども(1969年のガメラ5作目、ガメラってば既に子どものお友だち)、ギロンってよく考えると何の主体性もないリモコン操作され野郎であって、ぜんぜん「大悪獣」なんてもんじゃないんだよな。気の毒に。いや、今日まで気づきませんでしたことよ。

というわけで今日のお仕事は順調に終了(明日がちょっとものすごく大変なんだけれども)。

ウクレレ・エイジさんの日記を眺めていたら、俺の名前が出ていた。あの精緻な技術とバカなパフォーマンスをして「フランク・ザッパ」に譬えてみたら、ザッパにハマっちゃったみたい(笑)。いや、いいことだし、エイジさんにはその価値があると思う。
2001年07月18日 21時24分53秒


7月17日(火曜日)。
あつい。眠くなった子どもの体温じゃねえんだからよう。

お昼から、あまりの暑さに泣きながら落合駅近所の蕎麦屋さんでお仕事の打ち合わせ。美味しい薯蕷蕎麦を奢っていただいた。小さな幸せ。大きなお仕事。暑いなか仕事仕事、それなりに楽しい。

民主党議員秘書の駐車違反身代わり出頭事件のニュース、議員の名前が書かれてないけど 長妻昭と小川敏夫だよなあ、これ。なんで議員本人の名前を出さないんだろう、そっちのほうがよっぽど主犯っぽいと思うのだけれども。

あと聴覚障害者に薬剤師免許交付。ほんとに腹の立つ欠格条項って多いもんな、おめでとうございます。


夕刻ちょっと涼しくなったあたりでお買い物に。東中野ライフ(スーパー)がなんでか店休だったもので、お向かいの東中野サミット(スーパー)へ久しぶりに。以前は明らかに鮮魚でライフに負けていたのが盛り返していて、お肉も輸入牛肉などが増えていて、これならどちらを選んでもいいな、という感じになっていた。国産牛スネ肉478円が賞味期限を明日に控えて「230円引き」という微妙な値引き。牛なんか腐りかけぐらいのほうが美味いんだからさあ、美味しくなって安くなるという楽しい事態。手抜き用カレー野菜セット(おジャガとニンジンとタマネギの皮をむいてたたっ切ってあるやつ)も買い込んで、これにゴーヤも放り込んでスープに仕立てる。そこそこ幸せ。あと安売りの水分(ジュースのパック138円とか)と寄せ豆腐。茗荷がなんでか250円もしたのだが、あきらめて買う。

今年は枝豆を買ってないなあ(代わりに豆腐が増えている)。なんでねやろ。


Fさん関連で、仲間うちでメールが飛び交っている。みんな怒ってる(あたりまえだよ、46歳とかだもん)。どこに持ってけばいいのか判らないのに腹だけ立つ。俺も変わらん、数時間おきに発作的に腹が立つ。ちきしょう。でもお返事は冷静に。合唱団のMLにもちょっと投稿をする。

夜、ふと思い出して通訳IRC「救命病棟」へ。いちおう仕事はできたんで、これも「前」の裡なのかな。
2001年07月17日 22時50分46秒


7月16日(月曜日)。

暑!
暑暑暑暑暑暑暑暑暑暑暑暑暑暑!暑暑暑暑暑暑暑暑暑暑暑暑とても暑暑暑暑暑暑暑暑暑!い暑暑暑暑ここに書いてどうなるものでもないのは判っているけれども暑暑暑暑暑暑暑暑暑暑暑暑やたら暑暑暑暑暑暑暑暑暑暑暑暑暑暑暑!暑暑暑暑暑暑暑暑めっちゃ暑暑暑暑暑暑暑暑暑暑でら暑暑暑暑暑暑暑暑暑暑暑暑暑暑暑暑暑暑暑暑!暑暑暑暑。すいませんちょっと錯乱してます。

でもさあ、35℃とか40℃とか、温泉つかってるわけじゃないんだからさあ。


午後からFさんのお見舞いで梅屋敷駅(どこだ)近くの病院へ、往復で3時間ほどかけてうかがう。けっこうな遠路なので、書店で「薄さ」を基準に村上龍「トパーズ」の文庫を買う。エロ小説だった。正確に言うならハードSM小説だった。そんなものを読みながら、長閑な大江戸線→都営三田線→直通京急で1時間超、カバーくらいかけてもらうんだったかなあ。

Fさんは、えーと。大学の合唱団の先輩(8個上)で、若い頃は女声合唱団合同スキーツアーなんかにもご一緒していた(俺が「スキーをやる」という時点でびっくりなんだが)し、コンクールなんかにも出ていたよなあ。その後、1989年の正月3日だったかに俺が家でごろごろしていたところにFさんから電話。「こんど会社作ったんだけどさ、りびけんって確かワープロやってたよな」ってんで、要するにワープロを買ったはいいけど操作する人間がおらんのでバイトに来なさい、と。「いいですよ、いつから行きましょうか」ってお返事したら、「今からこない?」って(笑)。繰り返すがお正月である。出かけていく方も出かけていく方だが、ちゃんと親指シフトのオアシスを用意している方もしている方だろう(笑)。

その後、半年間のバイト生活を経て創業のドサクサ紛れで俺は正社員に。半年間の正社員生活を経て、ものすごくシゴかれて、でもそれなりに充実もしていたのだが、当のFさんと衝突したのが原因で年末にコキ辞めて(そういえば辞めがてらに時間が空いたもんで年末の男声合唱団コール・フリューゲルの定期演奏会で譜めくりをさせていただいた、俺を「朝からバンカラのりびさん」と呼んでくださっていた超ピアニスト・田中遙子さんも今は亡い)。まあ仕事上の考え方の違いで衝突したんだから、これはしょうがないよなあ。

土曜日の朝、奥さまが気づかれたときにはもう倒れていて、体動はあったがどうにも思うに任せないような感じで。直後に意識混濁が来て、いまは自発呼吸が無い。脳出血だというが、もともと高血圧の気があったのを奥さまも話しておられなかったそうな。発足当時はごくファミリアに雰囲気で5人くらい体制だった会社もさいきんは滅多矢鱈と大きくなっていて、さらに新会社まで立ち上げたりして大変だったらしい。でも早すぎる。しじゅう半ばだぞ。たとえば俺があと8年で何ができる(何かはするのだろうけれども)。

ほとんど特例扱いでICU(集中治療室ね)にマスクだ割烹着だの完全装備で入れていただいて、ぐっすり寝ているように見えるFさんに「いいほうに廻った」近況報告などする。というか「眠っている人に向かって一方的に喋ってきた」だけだが。そのうち同じく合唱団の先輩のOさんも(忙しかろうに)みえて、少しお話などしているうちにまた検査が始まって、1時間ほどで結果を教えてくれるとお医者さんが言う。奥さまは「今度はなんの検査なんでしょうね」と仰るのだが、「電極とヘッドホン」と聞いた段階で俺には聴性脳幹反応検査だということが判ってしまって。それはつまり脳死判定なので、結果が出る前に失礼した(妙な知識なんか無いほうがよかった)。いずれ判定がどうなろうとも、その前にお話ができたのが救いだ(意識不明で自発呼吸がなくても、脳の入力系が生きている可能性はある)。帰りの電車で少しヘコむ。


そんなこんなでお電話するのを忘れていた女声合唱団さんから直電入る。えーと、9月の28日に演奏会を催されるので是非私にステマネをですね。まあヘコんでてもしょうがないし。前へ。

というわけでフジ「できちゃった結婚」、阿部寛が素晴らしい。明らかにルパン3世入ってる。JJサニ千葉も出てる。俺の「前」ってのはそんなもんか? Fさんは俺より3歳若い頃に会社を興したんだぞ。いや、人それぞれ。ちょっと起伏激しいなあ、やはり。

帰宅がてら東中野ライフでいろいろ買って、とりあえず喰う。とりあえず確実に「前」だろう、これは。そんなもんか、俺って。

2001年07月16日 22時02分34秒


一日おいて、7月15日(日曜日)。
ウルトラセブンの「第四惑星の悪夢」、凄かったなあ。大島渚かと思いました。

そんなわけで昨日はねえ、昼間は暑いので寝ていて、夜から西新宿ブラックサンへ涼みに。泥酔帰宅昏倒、しょうもない。


今日は午後から楽しくウクレレ・アフタヌーンの練習へ。楽しいっちゅうか、この暑いなか炎天下で午後2時半から5時過ぎくらいまで数十人でウクレレを弾き倒すって、正気の沙汰じゃねえよな(笑)。

昼過ぎに家を出て、東中野游山楽でお昼ご飯。映画館「BOX東中野」の上階にあるここは夜はインデペンデント呑み屋さんなんだが、ランチでは誠実な和食を提供してくれるので贔屓にしている。今日はおいしい肉じゃが定食(肉じゃが、ご飯、おしんこ、温泉玉子で800円税抜)でした。ご飯は大戸屋よりおいしいと思う(どういう基準だ)。味付けは大戸屋よりは薄めなので俺好み(そういう基準か)。

どうでもいいけど暑いね。そういえば路端で知り合いとばったり出会ったんだが、立ち話などする前に二人して自然に日蔭に移動したもんな。あとかぶっていった正ちゃん帽が汗みずくで塩吹いてやんの(私はかなりの汗っかきです)。
そんでアフタヌーンで新曲の練習、タブ譜は苦手なんだけど(五線譜だったら眺めれば音が判るのだが、タブ譜だと弾いてみないと音が判らん)、まあそこそこ弾けたからいいかな、みたいな。

終了後、和民。ビール。焼酎。ウクレレ弾き倒し。「りびけんうるさい」って言われたけど、その通りなので返す言葉なし。そんでその通りなのでうるさいまま、カマちゃんとブルーズ談義など少しして収穫あり(真摯なプレイヤーとお話しするのは楽しい)。お開き後はShinちゃん車で近所まで送ってもらいました。帰宅してもまだ暑いよ、なんとかしてくれよ。



  • 12年前にコキ辞めた会社の元上司さん、俺と十も変わらんのに脳血栓かなんかで倒れたとの由。仕事絡みの考え方は違ったが、尊敬もしているしある意味で俺の人生を変えた人だ。そんなもんに負けないで欲しい、と真剣に思う。できればお見舞いなどにも伺いたいのだが、どうしたものなのだろうか(経験則として、意識不明の家族の入院時の見舞客対応ってけっこう負担だったりするしなあ)。
  • シャープ兄弟のアイカタがプチ盲腸だか腹膜炎だかで不調! ついでにフラッグシップ・ウクレレのトップに割れ! 踏んだり蹴ったり! 頑張ってね、なんとかね。


ちょっとオペラ絡みで経済活動をサボっていたキライがあるので、明日から熱心に働く(予定)。あれとこれの請求を出して、これとあれをやっつけて、あと新しいアレがあるから結構忙しい。留守中に女声合唱団のかたから留守電が入っていて、これはたぶんステマネ(ステージマネージャ、つまり演奏会の仕切り)の依頼だと思う。久し振りだけど、まあなんとかなるでしょう、明日お電話してみる心算。少し忙しくなる、筈。
2001年07月16日 00時19分04秒


7月の13日の金曜日。

え? キミエさんがこの日記を読んでる? 本日ご本人から告げられてずっこけたのだから間違いないのだが、こいつぁ滅多なことは、どんどん書こう(笑)。いや、キミエさんってそのオペラに出てる晋友会合唱団の女声の偉い人なんですけどね。ものすごく若いころは「コワい人なのかな」とちょっと思っていたこともありますがと正直に言うときますが、歌手がやることやってりゃぜんぜんコワくもないしいい人なのでした。確かカテドラルで松原の定演やったときに花束お贈りしたしな、まあいいや。

というわけで先に書いちゃうけど、やっちゃったよ「ヤマトタケル」。たまにマエストロ・モニタが切れて指揮が見えなくなるってのは昨日書いた通りなのだが、第2楽章の頭でコーラスがロングトーンで入るところは今日もモニタが切られていて。しょうがないから、指揮者が直に見えているらしい合唱団員の入りを聴いてからなんとなく入る。なんだよ確信犯かよ>>モニタの入力をON/OFFしてる奴。バカ。
それはそれで許せないとして、もっとヒドいのが第3幕の入り。劈頭からオケとコーラスが入るんだけれども、ここもモニタが映っていなかった。あのさあ、8分音符のsempre non legatoつまりゴツゴツ歌えっていう指定のところで指揮が見えなくてどうすんだよ。悪いけどそのあと1ページ半ほどやる気を無くしちゃったのだが(演奏なんていずれメンタルなもんなわけだし)、特に反省する気もしない。

つまり音楽についての知識もなく、モニタ操作をする能力も資格もない人間が、この豪華な催しを運営するスタッフのなかに混じっていたってわけだよな。こんなんで高い席だと1万何千円とってるんだぜ、どうしようもねえよ。

はい、文句終わり。いずれ3時間のうちに2分間のことだ、ここで言うても始まらねえっつうか、判らん奴には判らん。


どうでもいいけど暑かったね、東京。

昼過ぎのかんかん照りの道を歩いていて、「俺の視界にいる人間の全員が同じことを考えているのだろうな」なんて考えたりしたことでしたよ。いまみんなの心が一つになった、みたいな。そうかと思うとドトールコーヒーの「店の外のテーブル」で何やら書き物をしている作家風味さんなんかもおられて、まあ人それぞれということでしょうか。

そうそう、渋谷のオペラ会場に向かうべく新宿駅で山手線を待っていたら、入線してきた電車のブラインド・カーテンが全部降りていた。ちょっと驚いたりして、それで目の前に停まった車輛が弱冷房車だったもので心底がっかりする。

そういえばオペラ終了後に衣裳の「黒Tシャツ」が塩を吹いていた。しょうがねえな。あと、ハチ公前交差点で千円札を拾った。これは交番に届けよう。


というわけで渋谷へ。早めに着いて楽器屋チェックを少しして(クロサワに千円台のミニ・スケールウクレレが出ていて面白かった。あとは‥‥渋谷のウクレレ相場は全体に高め、マイクを買うならやっぱりYAMAHAかな、といった感じ)。

引き続き「第2幕終了後に腹が減る」問題を解決すべく、大戸屋へ。直前にきちんとした飯を喰って、2幕後に7-11でカレーパンを買ってくる生活からおさらばしようという企画ではある。そんで「中華奴定食」を頼んだら、大戸屋にしては珍しいことになんでか15分ほど待たされる。お姉ちゃんに催促したらやっと出てきた。なんで? 笊豆腐、南瓜に煮物、おしんこにご飯に味噌汁だぜ? どこに時間がかかったのか全く不明だが、楽屋でネタにしたからまあいいや。やっぱり大戸屋のご飯は美味しい。今日は納豆は頼まず、ゴマ塩利用。


そして楽しくオペラの本番。腹が立つというより「真面目にやれよこの野郎」と思うような局面も無くはないのだが、そこはそれ楽しくやらないと出来も良くないしな。

でも一応書いておくと、

  • 先述したが、指揮が見えねえと歌えねえんだよ。
  • 音声モニタをランダムに入れたり切ったりするのはよしてほしい。
とかね。合唱をバカにしてるんだろうな、スタッフが。あと、今日もスモークがものすごかったのだが、あれは鼻呼吸をしておくと喉への影響が少ないらしきことを学ぶ。なんか油を気化させて撒いているらしいのね。あと2幕最後のE9でアルトのFisをファルセットで手伝ってみたのだが、聴いていた人の話だと却ってソプラノのGisが薄かったみたいな話で。いやそこまでは。ちょっとその。え? ルートのE? いいの、今日のベースは土管がごろごろしてるんだから。

これも聴いてた人の話なんだが、途中で合唱が「帰れ馬鹿野郎」みたいな感じで怒鳴りつけるところがあるのだが、俺の声しか聴こえなかったとの噂(笑)。そりゃまあ言い馴れてるかも知らんが、そんなもん知らん。

とかいいつつ、取ってつけたようにしか見えないだろうけれども、全体としては歌っていて楽しかったことも事実なので機嫌はいいんだけどさ。晋友会への参加はほぼ十年ぶりくらいなんだけれども、機会があったらまた出さしてください、よろしくお願いします(誰に言ってるんだ)。

あと、今日は2幕後の休憩の間食は回避しました(3幕終わったら腹減ってたけど)。


終了後、トラとお客の女の子2人を連れて、アサヒ系のビアホールへちょっと。久し振りの外ビールだったけど美味しかった。そんでビデオ屋さん経由で帰宅、「ウルトラセブン(オリジナル11巻)」など観て寝るのことよ。

おや? ポケットにあるこの千円札は何だ。

2001年07月14日 01時58分29秒


おまけ。
腹筋が痛い。やっぱ齢かなあ。
2001年07月13日 02時42分51秒


7月12日(木曜日)。

Zu Heiss.

ドイツ語で言ってどうなるもんでもないんですけどね。でも東京で39℃とか言ってるわけでしょう? そんで百葉箱なんていずれ涼しいとこに置いてあるわけなんだから、体感としては40℃なんか軽く突破してるよなあ。これはやはり人の暮らせる環境ではないと思うぞ。


今日は昼飯に見放されていた。まず近所のラーメン屋へ。臨時休業。50メートル隣のラーメン屋。定休日。中井駅前の焼肉屋。なんでかお休み。その隣の蕎麦屋。定休日。小滝橋の手前のうどん屋。消滅。やっとこさ落合駅東口のラーメン「じゅんちゃん」へ。ここは以前に週刊朝日の「魂のラーメン」に載ったりしちゃったんで暫く行ってなかったんだが、悪くない(俺はここのシナチクが好き)。
勢いで東中野ライフでお買い物。簡単サラダパック、ゴーヤ、寄せ豆腐、ミョウガ。どうせ晩飯の買い物なんかできないだろうから、こんな感じでしょう。
さらにビデオRをちょっと覗く。あ、DVDが入ってる、関係ないけど。クレヨンしんちゃんの「嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」はまだ出てないのね。ウルトラセブンの11巻がちょっと豪華なんで、後刻検討しよ。

自由連合の公認候補リストなど眺めて感心する。10日の野坂昭如とドクター中松を公認、なるほど。ふきだまり? 失礼なことを言ってはいけませんぜ旦那旦那、皆さんそれなりの歴史を終わらせようとなさっておられる立派な方々です。よそも巨泉とかだしな、もうどうでもいいや。

とも言ってらんないんだけれどもなあ。「改革」ってのはとりあえず措いといて(誰も言葉の意味なんか本気で考えてない)、いずれ「将棋の駒」を選ぶわけなんだから政党主体で行くのだけれども、自民の大半は反コイズミみたいだからパス(親コイズミでもパスなんだけどさ)。民主は巨泉でパス。保守は名前でパス。自由連合はとにかくパス。あそこは政教分離でパス。なんだよ、あれこれくらいしか残ってねえじゃねえか、どないしょう。


今日もイチャモン:「類人猿」っていうのもお猿さんに失礼なような気がしないでもない。


というわけで、今日は楽しくオペラ「ヤマトタケル」の本番。

18時集合のところを熱心に16時半に会場入りして、東急本店地下で買ったパンなど食してから、持参の「素麺の箱」を貼り付けて「マイ雪州台」の高さを少し稼ぐ。名付けて「マイ雪州台パワード」であるっ! そんなとこで気合い入れてどうすんの。あとちょっとイシバシ楽器まで散歩したり、泥縄で譜読みしたりしながら本番を待つ。

合唱団はセットの窓から顔を出して歌うわけなんだが、合唱団員の数より窓の数のほうが多いもんで、トラ(エキストラですね)を少し入れることに。要するに「譜面を持って立っている」係なんだが、職場が近かろうもんで浦島かえる(本名)に声をかけてみて快諾を得る。つまりド素人の浦島くんの共演歴に「錦織健」の名前が書き加えられたわけだな。ちょっとうらやましいかも。

その錦織健だが、試しに家で真似してアリアを(ウクレレつけて)歌ってみたりもしたのだが、やっぱり俺より上手いなあ。え? いや、比較するのは自由じゃん。

楽屋でみんなで発声練習などしていたら、マエストロ・現田さんが現れてちょっと注意事項などを。そのうち作曲者・三枝成彰氏が現れて、「(本作の成否は)合唱にかかってますから」と一言いいおいて去る。なんだよ、釘さしただけかい(笑)。

そのうち開演。だいたいなんとかする(一応プロですよってに)。
リハ(ーサル)と変わっていたのが、まずスモークの量。ものすごい勢いで煙が吹き出してきて、ちょっと咳き込んじゃったよ俺。言っといてくれればなんとかするんだけどなあ、まあしょうがないかなあ。
それと、俺の目前にある「マエストロ・モニター」つまり指揮者を映しているテレビがあるのだが、演出の都合だかなんだか知らないがときどき画像が切れて、目の前が真っ黒になる。もちろん歌い出しで映してさえくれればいいのだけれども、最初のほうで合唱パートに入っても画像が戻って来ないところが1か所あってちょっと腹を立てた。馬鹿野郎、小アンサンブルで室内楽やってんじゃねえんだぞ、オケが遠くて合唱団も無闇と広がっている以上、あてになるのは指揮棒だけじゃねえか。真面目にやれ真面目に。まあ俺さまのパートは白玉だったので大過なかったんだけれども、それ以降はモニタが切られるたんびにスリルとサスペンス、妙なところで気を遣ってしまったことでした。明日はちゃんとしてね、頼むから。

月曜火曜のリハでは第2幕(全3幕のうち)が終わったところで腹が減って7-11に走ったりした反省から事前にパンとか喰ってたんだけれども、それでもやっぱり2幕が終わったところで腹が減った。パブロフの犬かい。それともアルトのFisを手伝ってるからか(下からミシミファ#シのEでF#をお手伝い、両隣がEなのでコンジョがいるのだが)。そんでカレーパンとチーズパン(不思議な味だった)を飲み込んで第3幕。そして終了。状況がよく判っていないのだけれども(なにしろステージ奥にいたもんですから)、全体として楽しい現場がきちんと出来していたと思うんだけどなあ。鑑賞されたかたはいらっしゃいませんでしょうか、宜しければ感想などお伝えくださいまし。

帰りがけに合唱団の若い連中(俺なんかもう中堅だもんな)と少し話をする。なんか「ものすごく疲れてる奴」とか「プレッシャで胃を壊した奴」とかいてさあ。「個展」のときの自分を棚に上げるとするならば、質を落とさない範囲で手は抜くべきなんだよな、こういうハードな展開のときは。というか、一生懸命であれば許される、みたいな考え方で結果的に墓穴を掘るっていうのは要約筆記でも合唱でも仕事でもよく見られる事象であるわけで、いいんだよ結果さえ出れば。それを裏打ちするのが経験ってものであって、経験を積むためには現場での周辺状況をよく見ておく必要がある、とか今は関係ありませんねすみません。


サントリー「モルツスーパープレミアム」(ビールです)というのを買って飲んでみる。なんかドイツで飲むドイツビールみたいな味だな。良くも悪くも「どっしり」していて、香りにも味にも微妙な癖があるけど嫌いじゃない。合わせるとすると、冷や奴や枝豆というよりはサイコロステーキかタタミイワシ、みたいな。
2001年07月13日 00時56分57秒


7月11日(えーと)。
今日のお昼はまた素麺、晩は冷や奴と冷やトマトとかそんな感じで暑くて叶わないことです。半ズボンも起動、玄関扉と裏口を開け放して風の流通を図る季節とはなって参りましたが皆さんいかがお過ごしのことでしょうか。

なんか画像がNNだといろいろなんですが、気にしないでください。大したことは書いてありません、想像力を逞しく(↓)。IEの人はもっと気にしないように。

自民党小泉キャラのシシロー。なめとんのか。
なめとんのか。



さいきん「あつさくん」に対して「勘弁してやる」とか書いてるけど、天気情報とか見てると気温はそんなに変わってないじゃん。つまり「俺は既に夏バテを克服した」という話なんじゃねえのか、冷静に判断するならば。

ちなみに夏バテ危険度チェックは「やや高め」でした。あとついでに今日の無断リンク、これ

そんで俺の「夏バテ」の症状というのは要するに「食欲不振」なわけで、とりあえず「食の太い人」について俺は一目置いてるし、また「さいきん飯が喰えてる俺」をも好ましいとは考えている。健康的な栄養摂取(不健康なほうは酒だな)は好ましいし、別段に体重が増えているわけでもないのだし、だったら現状維持を目指す。とっとと寒くなれ>>気温(と思ったらやっと梅雨明けらしい)。

どうでもいいけど暑いぞこの野郎!

誰に言ってるんでしょうか、私は。そんなわけで今日は朝から手内職、昼間は不貞腐れて寝てました。ちょっと涼しくなってきた夕刻からまた手内職。

昨晩のTV「救命病棟24時」はどんなだったのかな。どりどりは。ぶしゅぶしゅは。なんか忙しくて字幕の予定が立たない。

これ書いたっけ、オペラ「ヤマトタケル」がどんな話なんだか。

要するに、「上司の無理難題をなんとかこなしていた打たれ強い男が、つい妾の家に大事な商売道具を置き忘れてきて大失敗する」んだよ。

いいの、鶴屋南北もマクベスも、話はくだらないでしょ? それを大仰に大仰に大仰に持っていってステージにしちゃうのが楽しいんだよ。はっきり言ってこんなに豪華なステージって無いと思う。カーテンコールのリハーサルでは錦織健がコマネチやってたしな(タケシのあれね)。みんな楽しんでるし、手応えもあるし、こういう現場(たとえば合唱団員がマイ雪州台を作っていくような)に参加していることこそが楽しい。

というわけで、昨日ちょっと「ひらがなが読めなかった」部分の予習などする(義務教育受けてきたのか>>じぶん)。本番は明日(と明後日)、たぶん楽しめる。


フジ「笑っていいとも!」にたこ焼き早食いチャンピオン登場、実演! なんか「このたこ焼き不味い」とか言って全く喰わず! たぶん偉い。

今日の創作料理:ところてんにうまいこと黒ゴマを混ぜて、商品名「蛙の卵」ってどうだろう。涼しげだと思うんだけどなあ。

今日のいちゃもん:「霊長類」って、失礼な言葉だと思う。

ヒマこいてKDDIの案内メールに返信をば。

ご案内ありがとうございました。
以下、くだらない話ですみません。

>>さて、6月1日よりインターネット接続、各種
>>設定の際にご利用いただいております「ログイ
>>ンID」、「ログインパスワード」の変更手続
>>きが開始しております。

この「変更手続き開始しております」なのですが、「開始する」は能動詞なの で、目的語たる「変更手続き」に続く場合には「変更手続き開始しております」 乃至「変更手続き開始されております」とされた方が宜しいかと思います。

ほんとに余計な話ですみません、今後ともよしなに。
もとよりお返事など不要です。

前田高秋
reviken@mm.neweb.ne.jp

ヒマなのか? そりゃあヒマなんだろう、忙しいんだけど。

自民党のTVCFとか小泉TV出演とかで、小泉が「自分に協力してくれる自民党」を強調している。誰が信用するか、そんなもん。わざわざCF撮りなおしたりしてご苦労なこった。

大リーグのオールスターをちょっと観る。イチローさんに打たれたランディ・ジョンソンさんは「空の大怪獣Q」に顔がものすごく似ている。あとベンチの選手が試合をデジタルビデオで撮影していたのだが、そんなもん生眼で見たほうがいいに決まってるのに(撮影係くらい雇えるだろうがよ)。個人的には運動会でも発表会でも、個人持ちのビデオ撮影は禁止すべしぐらいにさいきんは思っていたりもする。そんなんより一緒に遊ぼうよ、みたいな感じ。

いい加減よく働いたのでもう手内職は放り出して、引き続きTVなど眺める。上高地音楽祭(テレビ埼玉)にデュークエイセスが出ている。マイク4本にエレピ1本で、ただのワイドオープンな山台ステージにモニタというチープな仕様だが、現場で聴いてたら安いなりに楽しいんだろうなあ。ポテンシャルもとい地力はある人たちなのにプロデュースがデタラメなので苦労している典型、のような私見はあって、たとえばセカンドテナーの人はサックスも吹くんだが、持ち替えのついでにマイクスタンドの高さも調整するって、なんだよそれプロのステージかよ、マイク2つ用意しときゃいいだけのことじゃん(以前に観たTV番組での話)。音楽家が音楽のことだけ考えられるようにして、ついでに売る方法まで考えてこそのプロデューサのお仕事だと思うわけよ。もう時効だろうから言っちゃうけど、中本マリさんのマネージャなんかも、誰にとってもヒドい人だったと今でも思っている(めんどくさいので詳述はしないので信用しないように)。だからさいきん見かけないんじゃないのか。

ちゃんと歌えて世に出られた宇多田ヒカル(表記あってるかな)あたり、けっこう同じようなレベルで埋もれてる人がたくさんいるような気もしてならない。いや、宇多田ヒカルさんにケチをつけるわけじゃなくて、「運」というより「機会」が問題なんだろうな、くらいの話で。


TV埼玉「俺たちの旅」を観る。「ワカメ合格勘違い」の巻で、これって俺、ウン十年前にリアルタイムで観てたぞ(当時中学生)。高校まで確認に行ったシーンを覚えてる俺を自画自賛というか、真剣に観てたんだなあ。じゃなくて、20年を経て誰か一人だけでも覚えている、その現場にいた人たちがうらやましい。

だから音楽やってるんだけどね。こっちのほうが確率はいいし。


スパ喰って寝る。

2001年07月11日 20時46分10秒


7月10日(火曜日)。

やっぱりちょっと暑いような気もするが、この程度なら勘弁してやる。食欲もそこそこ好調にて宜しい。少しうろうろするだけで汗みずくになるのは困りものだが、しょうがないな。夏だもんな。

昨晩は2時就寝の今朝8時起床、ちょっと足りないような。そんで朝から生協にお買い物に行って、生卵と牛乳と茗荷と生姜と麺つゆを買ってきた。朝食は蓋に「99年7月購入」と書いてある素麺。

引き続き、オペラの譜読みとメンテナンス。ステージのブラックライトで蛍光ペンがよく光ることが判明したので、真面目に塗ってみる。あと出番じゃないところを折り畳んで、照明の落ちちゃうところを読み込んで、と。それから、足元がちょっと低いので、高さを稼ぐための「マイ雪州台」をさっきの素麺の化粧箱など利用して熱心に作ってみる。まあこんなもんでしょう。

そして仕事。


昼飯は調子こいて弁当屋の鰻丼なんか喰ってみたら、胃もたれしてやんの(笑)。

そんでまたちょっと仕事して、ウクレレと素麺の箱を抱えて早めに渋谷にと思ったら早すぎたもんで、ウクレレ喫茶「バッキー」へ。コーラなど飲みつつ涼みつつ「僕のマーチン」など弾きつつ、そのへんに座っておられた学生さん風味のかたが「ウクレレに触ったことがない」とおっしゃるので、店長とグルになってスリーコード教え込みまくり。まあいつも通り。

そんなことで1時間ほど遊んでから、オーチャードホールのリハーサルへ。コーラスの「動き」はあらかた無くなって、ほぼ歌に専念できる。1か所だけ「背表紙の穴」から手を出して振り回すシーンがあるのだが、眺めているとムーミンの「ニョロニョロ」にそっくりで笑える。なんでか素麺の箱が大好評で、女声のほうから見学者まで来る始末。今日も帰宅は22時過ぎで不健康なことこのうえなし。


今日の主張:水のないところで水着写真を撮るのはおかしい。

今日の疑問:ダイ・ハードとかエイリアン2とか観てて思うのだが、排気ダクトのなかってあんなに明るいもんなの?

今日のびっくり:「参院選の候補者のなかから自分の考えに近い人を表示してくれるサイト」というのを試してみたら、俺の考えにいちばん近いのは上田哲だった。でも俺はきっと入れないと思う、いろいろあんのよ。頑張ってください>>上田さん。

そんなこととは関係なく、小泉グッズの売り上げが1億3千万円とか。小泉バッジとか小泉ケータイストラップとか、使うのかよみんな。お土産か? 貰っても困ると思うんだが。きっと俺の知らない世界があるんだろうなあ。

2001年07月10日 23時43分13秒


7月9日(月曜日)。
これくらいの気温なら勘弁してやる。よろしよろし。

中野で光化学スモッグ注意報。え? どうしろって? えーと、つまり「顔を洗って部屋で寝てろ」ってことだな。

朝から旧知のナカムラさんのお仕事を少々。確かもう10年ほどのお付き合いになるワープロのほうのお客さんで、でも今回も2年ぶりとかだったなあ。ついにパソコンを購入しようとしているとのことで相談もされて、「富士通とかIBMとかのソフトてんこ盛りのデスクトップ」あたりをお薦めしておく。買いに行くならお付き合いする旨もお伝えする。自分のもんじゃなくても、パソコンショップでいろいろ考えてパソコンを買うのは楽しい。

今日はオペラのステリハ(ステージ・リハーサル)。件の暗譜問題はかなり整理されてきて(単に私の理解が進んだだけ、という説も)、要するに「覚える必要のあるところは覚えよう」という話になりつつある。でもなあ、やっぱり説明してくれる演出の人にも音楽の知識が欲しい。熱意は判るのだが、単に音符を喰っているだけなのに「速くなるところ」とか言われても儂ら判らんのですよ、それは。いやもちろん全員がいいものを作ろうとしているという前提のもとで、効率的にやろうよ、という話なんだが。

というわけで今日も立ち仕事3時間、けっこう辛い。しかも21時終了予定を30分ほど押しやがったもんで、22時の東中野サミット閉店に間に合わないではないか、晩飯どーすんだよ。なんて思っていたら20時過ぎの休憩であまりに腹が減ったもんで、セブンイレブンでカレーパンとマヨコーンパンを飲み込んで晩飯に。あ、つまり食欲健在で良かったことですよ。

ところで、オケの6本いらっしゃるダブルベースのうち3本が5弦(たぶんLow-Hを足している)なのだが、役割分担とかあるのかなあ。あと、トランペットが全員ピストンなんだが、ロータリーバルブって流行らないのかなあ(使い分けてたりして)。


今日の諺:「蛙の子は孵る」
教訓:無し。
意図:蛙の子は「卵」乃至「オタマジャクシ」なので。

お財布になんか古そうな五円玉があるなあと思ったら、昭和24年の発行だった。ということは、現在流通している国内最古の貨幣であるっ! なんとなく飾っとこ。

明日もステリハ。開始前に飯喰っとこっと。
2001年07月09日 23時33分36秒


7月8日(復活近し)。
さして暑くもなし、いい陽気だ。これくらいだったら勘弁してやるぜ>>気温。判ってんな?

そのせいかあらぬか早起きして、朝食も少々たりとはいえ摂り、お昼はほんとうに久し振りにきちんとした食事をした。えーと、豆腐と油揚の味噌汁、鱸の味噌漬に大根おろし、ご飯に納豆、あとトマト。昨日まで食欲が全くなくてほぼ1日1食、活動のためのカロリーは主としてアルコールから摂取していたのだから、復活祭くらい催してもいいくらいだ。この調子が維持できるといいなあ。あ、晩飯の吉野家牛丼並卵もちゃんと喰ったぞ(後述)。

午後から両国で某オペラのオケ合わせ(オーケストラと一緒に練習)。ほんとは大江戸線でウチから1本なんだけど、どっちかというと地下より地上のほうが好きという理由で総武線でのんびりと行く。なんか案内図には「両国駅西口を出て」とあるのだが、KFCホールって要するに第一ホテルでしょ? 無視して東口を出て、そのへんに1軒しかない「25階建て」を目指す。

そろそろ歌うについて不安も不満もないのだが、なんと合唱にも動きの演出が付いて、ついては暗譜! という衝撃の事態が出来! そんなもん本番4日前に言われたってそんなあなた。だいたい手を振り回しながら歌うってだけだってそんなあなた。そんなことができるくらいなら日曜日の昼間からこんなところにねえあなた。まあ俺としてはできることを全部やるだけのことだが。

夕刻の食事休憩で、もちろん吉野家へ。8月1日から(東日本)400円の並が280円になるからな、いまのうちに400円を喰っておいて、280円との差異を分析したいという意向はある。単に喰いたくなったという理由もあるが。吉野家さんも一時期は潰れたり、また取り放題の紅生姜をなんでかパックにしたりと迷走を続けてきた観も無きにしも非ずだが、カレーくさかったりちょっとのあったりする松屋より好きだったりすんのよ。昼飯をどっさり喰ったにも関わらず、並卵(玉付きのときはつゆだくにはしない、調子が良さそうだったので軽くもしない)を全部食べた。この時期としては画期的なことだ。

食後に時間が空いたので、近所の横綱町公園(だっけ。空襲の資料館のあるとこ)のベンチで30分ほどウクレレを弾く。いや、昨日UCNの録音を聞いてみてちょっといろいろ調整したいところがあったもんで、まあしょうことありませんな。Crazy Gでアタックをとって(個人的用語)、イパネマでプレーンなストロークを心がけて、みたいな感じでやってて、取り敢えず通りがかりの子どもを踊らせることに成功(なにしとんねん)、子どもの連れのお婆さんにお礼を言われた(なにしとんねん)。あと目の前をオペラご出演のバス大王・戸山俊樹さんがお通りになられたが、まさか公園でウクレレを弾いてる奴がコーラスメンバーだとは思われなかっただろうな、えへへ。


そーいえば昨日のM茸・マッチョi会合でゲットしたUCNの録音だが、聴いてて面白いとは思うのだが、マッチョiやミキサさんの努力の成果とてウクレレもきちんと録れているのだが、演奏としても特段の瑕疵はないものと思うのだが、思ったより歌が上手くないなあ。いや、面白いことは面白いのだが、なんかなあ。どこを改善していいのかよう判らんのだが不満はあるのだがどうすればいいのだか。あと、俺のバッキングのウクレレはもうちょっと出てってもいいな、次回試してみよう。

どうでもいいけど、さすがに6時間の立ち仕事(って練習)ってキツいわ。もう寝る。
2001年07月08日 23時14分25秒


7/7
暑い。要するに夏バテで食欲まったく無し、中華料理屋でせっかく注文した冷し中華を半分残す。こんなことじゃいかん、なんとかせねば。

なんか目茶苦茶な時刻に起床して仕事して、なんとか一段落、納品。

夕刻からUCNの録音を入手すべくM茸さん&マッチョi氏と待ち合わせ、とりあえず牛舌平次へ。MDの合法ダビングを済ませて、東新宿東西通路で暫しウクレレなど弾いて、西新宿ブラックサンへ。

泥酔帰宅昏倒。なにやってんだか。
2001年07月08日 07時24分37秒


7月6日(金曜日)。
昨日よりいくぶんマシだが、やっぱり暑い。ほぼ一日じゅうボロTにトランクスで過ごす。こんなことじゃいかんのだが。

なんでかTVで大リーグ中継をやってるもんで、仕事のBGVにする。適度に興味がないのでちょうど宜しい。お、イチローがサードゴロだ。あ、レンジャース14対マリナーズ1だ。あ、イチローはとっととベンチ。なんにも面白くない試合で、仕事がはかどるったらありゃしない。

田中眞紀子、沖縄米兵強姦事件で「だいたい、その女性も何で夜中の2時に飲み屋にいたの。しかも酔っていたというじゃない。幼い女の子が襲われたのならわかるけど、今回のケースは違うんじゃないの!」夕刊フジさんより)。木村太郎はまだ机上と現実がごっちゃになってる頭でっかちのバカなだけだが、政治判断だかなんだかで人を貶めることを恬として恥じないっていうのは。いや、本音でこう思ってるかも知れないっていうのがもっとどうしようもないわけではあるのだが。

ちょっと家から出られない事情があって、昼飯は家にあるものをアレンジ。サッポロ一番塩ラーメンに苦瓜のスライスを少々、賞味期限ぎりぎりの卵を溶き入れて、缶詰の剥きアサリを放り込んで、白ゴマ少々。そこそこ喰える。贅沢なんだか貧乏なんだか判らない。

18時くらいにどえらく眠くなって、就寝。午前1時起床。早寝早起きが健康にいいって言った奴、一歩前に出なさい。
2001年07月07日 01時47分58秒


7月5日(木曜日)。
暑い。ちょっとお昼の買い物に出ただけで融けそうになって、昼飯を前向き(中村屋のカレー)にしようか後ろ向き(流水麺の冷し中華)にしようか悩んで、念のため前向きにしておく。週刊文春も買う。ビッグコミック・オリジナルは明日に廻す(読んでる時間がそんなにないのだな)。

どーでもいいけど夜は寝らんねえし、昼間は眠いし、俺ってほんとに育ちがいいよなあ。あー、夏場だけシュバルツバルトあたりにいたい。


午後ロー「続・激突! カージャック」。今日は観なかったけどいい映画ではあるんだけど、どこでもなんにも激突しないのがちょっと不満だったりしないこともない。

なんか小林桂樹の再放送ドラマを眺めていたら、神戸に向かう新幹線車中で津島恵子が「(久しぶりだけど)神戸港も三宮の町もそのままなんでしょう?」って、調べてみたら1991年作品だった(俺の中では20世紀後半は1995年の震災と地下鉄サリンで一区切りということになっている)。ついでの教会での結婚式のシーンがあるのだが、結婚行進曲のテーマがオルガンで、でもベースがエレキだった(エレクトーンとかじゃなくて、エレクトリック・ベースギター)。妙な録音もあるもんだ。

昼寝はしないで、17時からバスに乗って東京オペラシティへ。ボトル水をガブ呑みしつつオペラのオケ合わせ(指揮者さんとソリストさんとオーケストラさんと合唱団が一緒に練習)というかコーラス通し。オペラシティの大ホールを使うんだから贅沢な話ではある。
2階の客席に合唱団がずらりと並んで歌うのだが、前向きの筈のカレーが早くも切れやがったもんでちょっとふらふらする。真下を見るとオケの木琴があって、落ちると痛そう。その隣のティンパニの上に落ちたら「ぼよよん」って感じで助かるかなあ、などとくだらないことを考えながら歌う。隣で歌ってた人が声はいいのだけれども指揮を見ない&入りがいい加減で歌いづらい(piu mossoくらい見ろよ)、いや言いますまい。個人技で言うならば、あと2、3箇所押さえればだいたいOKだと思う。あと体力を少し。

とろとろとバスで帰宅、速攻で10時就寝というかばったり倒れてそれっきり。午前3時頃起床してまた仕事。
2001年07月06日 03時47分30秒


7月4日(水曜日、梅雨行方不明)。
暑い。なんでか朝6時起きで仕事。眠い。都合よく16時くらいからあまりの暑さに泣きそうになって、21時まで昼寝。ごそごそ起き出してまた仕事。

今日のお言葉:「覚えてないものは学習のしようがない」 by ハリスン。

昨日朝に観た「暴れん坊将軍」、ゲストが小沢和義の女たらし、そして福ちゃんに台詞。
あと今朝の「暁蘭之介」、いきなり杉良が陰腹、生首、出産、島田正吾。なんか贅沢な。

昨晩の通訳IRC「救命病棟24時」血はドバドバ出るわドッカンドッカン爆発するわ電動ドリルで頭蓋骨どりどりだわでたいへん満足した。来週も出よう。
そういえばと思って自分の医学用辞書ファイルから使えそうな単語をピックアップしようと思ったら、これがなんでか4,000行もありやがる。とりあえず1,000行ほど処理して今日は仕事仕事仕事。

これも昨晩だが、TVKで懐かしやハワード・ジョーンズのクリップを流していた。新作らしいのだが、明るい作風が変わっていなかったのが嬉しい(表層的な明るさってわけじゃなくて、こいつに深刻なものを作らせた1990年代が間違っていたっていう話ね)。
ついでだが、CX「ウソコイ」のBGMに「ボレロ」のインチキが混じっていたと思うのだが、俺の作ったインチキのほうが面白いんだけどなあ、複雑すぎて音源化できない。なさけない。

参院選、エラいことになってきたなあ。もう競馬馬とかブラピとかが立候補しても驚かねえぞ、誰も。試しにどっかで10億円くらい(安いかなあ)積んでキムタクと紀香でも出してみろってんだ。

今日の無駄話:専門誌「プチナース」は、看護学生の間で「プッチ」と呼ばれているらしい。いい話だと思う。

木村太郎のバカ、沖縄の米兵強姦事件で「これからの(日米)交渉に、日本側にとっては幸いになる事件かもしれない」。慮溝橋なみの発想だよな、当たり屋の考え、焼け太りの期待、被害者の人格の無視。即ち品性下劣。身勝手な男。

レンタルCD屋さんでCCRのベスト盤の歌詞を立ち読みしたのだが、Have You Ever Seen The Rain?の歌詞がまたちょっと違う。いったい何を信じたらよいのだろう(まあ、昔の英語の歌詞カードってけっこういーかげんだったりしたもんなあ、ネットのほうが信用できるかも)。

なんか先日は三軒茶屋の飲み屋でオータサンがウクレレ弾いてたらしい。近所の店のトイレにはジェイク・シマブクロがいたっちゅうし、三軒茶屋おそるべし。

亜希良が1日のUCNの写真を送ってくれたので、サイトにちょっとたす。どうもありがとう。
2001年07月04日 21時47分05秒


7月3日(火曜日)。
昨晩は突貫でUkulele Crazy Nightのレポートを書いてみました。いろいろ書き足すこともあるもんで、まあ取り敢えず。

ついに極楽とんぼの加藤じゃないほうのデブの名前を思い出した(敢えて書かないけど(なんで))。なんのことはない、普段なんでか敬称付きで呼んでたんだな、不思議だなあ。

ちょっと早起きして仕事してたんだけれども、あまりの暑さに音を上げて昼寝。いや、ご寝所にだけ冷房があるのだよ、しょうがあるまい。

食欲が全くない(ここ数日間、ほとんどまともなものを喰ってない)ので、このままでは死んでしまうと思って焼肉屋さんへ。結構喰えるもんだなあと思いつつ21時前に帰宅、そのまま通訳IRCに乱入(よい子はマネしないように)。まあ初回だし人手も足りなかったというか誰が何やら判らんような状態で背景音を担当、まあいいでしょう。
2001年07月03日 22時31分08秒


7月1-2日(ライブで疲れた+自然休日)。
1日はなんでか朝6時起床で、しょうがないからちょっとウクレレの練習など。ディミニッシュのポジション(4343とか)で単に平行移動するっていうのが、なんでかうまくできない。とりあえず気合いを入れればなんとかなるので、本番ではなんとかなるだろう。いいや。



幸いにして時間がとれたので、11時から晋友会のオペラの練習へ。ほんとはパスしようと思ってたんだけどな、オヤジ(関屋晋先生のこと)の練習だからな、行ける限りは行くもんだ。

屋外は、めちゃめちゃ暑い。初台駅上のオペラシティへ、中野駅から渋谷行きのバスを利用。

ほんとは15時までの練習なので、先にオヤジに「所用で13時くらいにフェイドアウトします、すいません」って言っといたら、「じゃあ寿司屋さん(俺のことらしい)が帰るっつってるから」つうて12時半までに1回通してくださった。ウクレレを抱えて極めて軽薄に「じゃ、お疲れさまでした」とか言うて横浜へ。



東横線の特急(駅員さんに「特急料金は要るんですか?」とか聞いてしまった。いらないんだってさ)利用で、横浜駅近くのThumbs Upに14時到着、既にアイカタ・まいたけが来ている。うすぼんやりとしているうちに15時からリハ開始。太鼓松川さんは本番間際の到着になるので、そのへんにいらしたかたにお店のスネアを叩いていただいて音合わせ。うーん、やっぱりウクレレの生音をマイクで拾うのには無理があるなあ、ベースの音量を下げて、バッキングのウクレレはマイクから離して、まいたけソロを立てるという方針。そんなに広い会場でもないので(3,000人のホールで生歌やったこともあるもんね、俺)、俺のボーカルもマイクから離れて、そのぶんデカい声を出すことにする。そんなこんなで10分ほどでリハ終了。

またうすぼんやりとしているうちに、3時間経過。
客席に知った顔がちらほら。出演者にも知った顔がちらほら。



18時の定刻からステージ開始、パイナップルを持ってるのを見たことがないパイナップルボーイズが可愛い。カマちゃん相変わらず安定した上手さで、アンコールで「星条旗よ永遠なれ」を。しまった、かぶっちゃった。

そのうち松川さん到着、PAの様子などを少しお話しする。

出番30分ほど前から準備開始。ハモニカを2本出して、アロハに着替えて、グラサンかけて、トイレで発声練習などをば。トイレから出てきたら、誰かが「どこかで悲鳴が聴こえたのだが」と心配しておられた。へへ。
少し緊張しているらしい自分に気づいたので、念のため「座り」で演奏することにする。なに、座ってると落ち着くんだよ、俺。

休憩時間中にステージをうろうろして準備完了。
クスタァ・キョロさんの呼び出しで演奏開始。
先ずは「12番街のラグ」、劈頭がまいたけテーマのフィーチャーなんだが、ちゃんと聴こえているようなので安心する。あとてきとうにハモニカソロを吹いて、と。
続いて、「ラストダンスは私と」を俺の歌とハモニカでのんびりと演ろうとしたら、イントロのまいたけがアメチュー(1音高いアメリカン・チューニング)のままで弾き始めちゃってさ。カズさんがいきなり譜面を覗き込んでいるので「なんでかな」と思ってたんだけど、ちょっと歌ったところで自分のウクレレを弾いてみて気がついたのが遅すぎ、俺。いったん止めて、「では3曲目を」と言ってこんどはきちんと始める。しょうがないな(笑)。ハモニカはおとなしくテーマを演る心算だったので、歌のほうはデフォルメしまくり。ベースがいるからできることであって、これでウクレレだけだとどう聞こえたんだろうか、なんて思わないこともない。
次、カマちゃんと力一杯かぶっちゃった「星条旗よ永遠なれ」は「較べてみましょうねー」みたいな凶悪なMCで演奏開始。まいたけソロ・フューチャーなので、まあ「合わせる」感じで、例のディミニッシュ・モーションは偶然うまくいったので安心。
またしても歌とハモニカ入りで「All of Me」を。ハモニカソロは1コーラス予定のところ、興が乗ったので1コーラス追加。「ウクレレベニー」のドラムソロで砂漠に行っちゃったんだけど、カズさんがうまく調整してくれたので大事には至らず、よかったよかった。



けっこうウケて、出番終了。即座にビールなど頼んで(出演者はキャッシュ・オン・デリバリー)酔っぱらいモードにシフトする。っていうか、他の出演者の皆さんが出番前からビールなど呑んでおられたのがよく判らんなあ、ステージ前に酒を飲んで良くなることなど一つもないのだ(ボーカリストの「直前ビール」とキース先生を除く)。にこにこしながら皆さんの演奏など聴いていたら(よく考えるとこの時点で2時間ほど呑んでるたんだけどな)、最後の最後になんでかブルーズ・セッションが始まって、そのうち呼び出されたのでハモニカ・ソロをひとくさり。なんでか「ステージにいろ」って言われたもんで、そのへんのマイクを占拠してひとしきり楽しく遊んで、そのうち終了。



当然のようにみんなで近所で呑んでるうちに終電が無くなったので、そのへんにいた亜希良に中野まで送っていただいた。というか、「送ってちょう」と言いつつ人さまの車に上がり込んで、途端に爆睡して到着までウンともスンとも言わないという凶悪な仕様。お世話になりました、いつもすんませんね(そんだけかいっ)。

明けて月曜日、いちにちじゅう寝ていた。
2001年07月02日 20時08分40秒



get to:       りびけんの国!   パソコン要約筆記虎の穴!  BBS