徒然草むしり。

徒然草むしり。



毎日更新されると思ったら大間違い。
本当のことが書いてあると思ったらもっと間違い。

get to:       りびけんの国!   パソコン要約筆記虎の穴!   BBS  

2002年1月31日(木曜日、寒い)。
昨晩は川崎のほうの某社新年会になんでか混じって、お鍋などいただいてきました。持参の焼酎もまあまあ好評でよかったんじゃないかな、なんで僕が参加していたのかが未だに判らないのだけれども。
-----
今朝は7時起床、朝食を食べ損ねつつお仕事。
昼、中村屋のレトルトカレーに生卵を放り込んで白米、野菜ジュース。
夜、レトルトのビーフシチューに生卵を放り込んで白米、しらす干し。

要するに忙しかったわけですね。
-----
午後、ちょっと頼まれものの銀行振込があって第一勧銀に行ったら、ATMの振込先指定にUFJ銀行が入ってない。えー? そんなもんもうリスト更新しちゃったから三和だか東海だか判んないよぅ。しょうがないから勘で「東海」の口座を指定してみたらまぐれ当たりしたからいいようなものの。

係の人に聞いてみたら、「まだUFJからデータが来てなくて、プログラムが間に合ってない」のだそうな。まあどっかで泣きながら仕事しているプログラマとか、銀行の偉いさんに理不尽を言われているSEとかがいっぱいいるんだろうからあんまりいじめないけどさ、早めになんとかしようよ。
-----
28日にちょっと書いた無断(かな?)リンクされ先のかたから丁寧なご挨拶メールを頂戴する(ありがとうございました)。深更にお礼状など出しておく。
-----
小泉内閣支持率急落、当然でしょう。あんなもんで審議が正常化するだろうなんて、本気で考えてたのかなあ。まあどうせまた与野党間でよく判んない政治決着になるんだろうけれども。

自民党内はどうなってるのかなあ、鈴木を守ってやった小泉が橋本派に貸しを作ったことになるのか、支持率を下げた小泉の決断を橋本派が敢えて攻撃材料とできるのか。個々の利益を考えれば鈴木は無傷(所詮党内での地位だ)だし野上はあいかわらず高級官僚なわけだし、田中の一人負けってことに変わりはないのだけれども、そんなんでみんな納得しておるのか。

緒方さんも災難だよなあ、それなりに理詰めの国際外交をやってた人間が、NGO排除の責任追及さえ「言った、言わない」に収斂させちゃういーかげんな日本政界で働きたい筈もないのだろうし。
たとえばあなた、ババだと知ってて引き受けますか? 労多くして報われない仕事だって判りきってるのに。
-----
薦めてくれる人があって、寺内タケシ「熊ん蜂の飛行」を聴く。いや、あいかわらずベンチャーズ入ってるしAmだし、大爆笑。いや、素晴らしい。
-----
なんかヤスダさん(誰)から「ウクレレフリーの会で講師をやってくれ」って頼まれちゃって、引き受けちゃったんだけど、なにしようかしらん。題して「りびけんの出前一丁ウクレレ天国」ってさあ、どないしょ。

まあとりあえず「ラストダンスは私と」あたりをテーマ曲にして、4とか6とかadd flated 9thあたりのオカズの入れ方でもやってみようかな、みたいな。
-----
関係ないけどどなたか、20年前に「小林克也とナンバーワン・バンド」が演ってた『My Peggy Sue on my Mind』の歌詞をこっそり教えてくださりはすまいか。宴会で歌いたいのだが、どこを捜してもいっちょもあらへん。
-----
明日もお仕事。あ、朝は生ゴミを出さねば。ついでにお掃除も。

2002年01月31日 23時52分02秒



2002年1月30日(水曜日、とにかく仕事仕事)。
なんでか午前3時起床、二度寝前にニュースなど観る。

え? 真紀子ちゃん更迭? 野上も? 宗男ちゃんも辞任? そりゃまあうやむやにするんだったらそれしかないんだろうけどさあ、そりゃねえだろう。少なくとも真紀子更迭のタイミングだったら他にもっといくらでもあった筈だし、このタイミングでこの理由で実施されるのならまったく納得できない。って言うか、無茶苦茶だよこんなの。

ますます全難聴みたいになってきた。ルールって存在しないんだね、この国には。

------
眠れないので、朝っぱらからセーターの洗濯。そういえばユニクロより無印良品のほうが縫製がいいような気がする、ってもう書いたかしら。
------
二度寝できず、しょうがないから6時からパソコンを使わないお仕事。

政局に腹を立てたので、今日はもう日記なんか書かない。

2002年01月30日 07時02分23秒


2002年1月29日(火曜日、仕事仕事)。
朝8時起床、ものすごい寝汗。だいじょうぶか、俺。エスカップなど飲んで仕事仕事。
------
えひめ丸と「ごっつんこ」してくれたアメリカ海軍戦艦「グリーンビル」、こんどはアメリカ海軍輸送艦と衝突。このヘタクソ。っていうか、こいつにとって海は狭すぎる。
------
キャラミル研究所でやってみた性格診断の結果はこちら。
------
お昼、教わり料理「白菜と豚のやわらか煮」、ご飯、豆サラダ。
いちおう教わり料理についてはレシピを掲載しておきましょう。
材料:豚、白菜たくさん、ニンニク
  1. 白菜は太いところは短冊、柔らかいところはてきとうに切る。
  2. 豚(バラとか)とニンニクをいためる。塩たっぷり。
  3. 白菜の太いところを加える。
  4. しんなりしたら酒、中華スープの元、白菜の柔らかいところを加える。
  5. アルコールがとんだら水を加えてふたをして煮る。
  6. 仕上げにゴマ油。
------
外務省と宗男ちゃんのウソツキ騒動、ここまで「でたぜん。」にそっくりな構図だと笑っちゃうよな。

デタラメな運営、無能で無責任な執行部、民間への圧力と排除、そして立場がまずくなったらウソついて糊塗、親玉はボケたこと言ってる(理事長とか首相とか。「涙は女の最大の武器」とかね)。動機? 民間の作業者を自分たちの下部組織かなんかだと誤解したことに端を発するわけで、ほらぜんぶ同じ。

巨泉? その後に全難聴を見限った無辜の人たち、かしらん。あんなバカな騒ぎをみたら、やる気なくしても当たり前だよ。

------
旅行会社のMLに入っててさあ、今日は「冬を感じさせないリゾート地」のリストが掲載されていて、第7位「残波岬」って、君たちそれで観光気分にひたれるのか? いや、行く人を非難もしないし文句もないのだけれども、ちょっとひっかかるところはやはり、ないでもない。
------
夜、まず開発料理「蛤の簡単酒蒸し」、レシピは以下。
材料:蛤、酒
  1. 蛤は塩水に浸けて砂抜きしておく。
  2. 蛤をこすり洗いして、深皿にごそっと並べる。
  3. 塩をふる。
  4. 酒をかける。
  5. ラップはかけずにレンジに放り込んで、すべての蛤の蓋が開くまでじっと眺める。
  6. 蓋が開いたらできあがり。スープも美味しい。
あと鰻ボーン、煮凝り。
------
さて、まいたけ新年会のネタを取り敢えず決定。
 ラストダンスを私と(C)
注目の(笑)「クロマチックハモニカ in the ハモニカホルダ」ネタで、歌付き。
 Fly Me to the Moon(C)
同編成のインスト。同じ曲をテッツさんとかしげと君とかが演るらしいので敢えて参戦。
 ブルーズ(C)
これは浜松で買ってきたアイリッシュ・ホイッスルをくわえてなんとかしようという企画。短いよ。
 上を向いて歩こう(C)
同編成にて、有名曲のブルーズバージョン。というか、たぶん歌っているうちに俺は泣く。
時間の関係もあるもんやから、ほかに予定していた「TOKIO」(ジュリー)、「アジアの純真」(PUFFY)あたりはお蔵だなあ、残念至極。
------
Subject:「勝手にしやがれ」っていうメールが来てさ、「あれ? 俺ってばなんかしたかな?」と思って開いてみたら、以前某所で俺の歌っていたジュリーの「勝手にしやがれ」の歌詞が違っていたらしくて、親切な人が歌詞を送ってくださったのでしたちゃんちゃん。ありがとうございました。
------
CX「御家人斬九郎」を観る。今回は大傑作でした。

キャストも凄いぜ、渡辺謙、若村麻由美、岸田今日子はとうぜんとして、萩原流行、高橋長英ってどうゆうこと? やっぱり役者を減らしてコストダウンした後期「鬼平犯科帳」の反省があるんだろうなあ(おまさが出なかったりしてたもの)。

それにしても、NHK「怪人二十面相」の小林少年(高橋長英)が筆頭家老かよ。参ったなぁ。

------
塚原こうじ、斡旋収賄で逮捕? 自民の都議でぶいぶいいわせてたんだけどね、イメージはクリーンだったのだけれども、そりゃ新人がクリーンでないわけがない。立候補の時点でちょっと期待していたもので、驚いた。
------
締めで湯豆腐。
2002年01月29日 21時23分45秒


2002年1月28日(月曜日、いつまで産卵後の鮭なんだ)。
なんか元気ないなあ、よくないなあ。

食欲もない。やる気もない。しかたがないので「ひとりハモニカ+ウクレレ」(某バンドのパクリ)の練習など。

------
いちおうお仕事で中野に行って、帰りに駅前で2000GTを見かけて驚いた、ハコスカだよハコスカ。いま昭和77年だから、30年くらいも突っ走っていることになる。
------
今日の無断(かな?)リンクされ:こちら。どなたかしらん。
------
さてシャープ兄弟で招聘されている2日の結婚式なのだけれども、フライヤーを見てみたら、
>>気軽で楽しいハワイアンパーティ
ってあるんだけどさあ。いいのか儂らで(知らん(笑))。
------
せっかくだから、浜松で行った楽器博物館の話。

テナー・トロンボーンの画像。字幕のお昼休みに覗いてみたんだけど、ホールから近いかと思ったら徒歩10分くらいあって、けっきょく2フロアあったところを15分くらいで駆け抜けるという急ぎばたらき(笑)、入場料400円でした。

詳しいことはサイトで観ていただくことにして、個人的なトピックスだけいくつか。

  1. ヨーロッパ展示のほうでは、やたらと共鳴弦の付いたバイオリンもどき(失敬)がたくさん並んでいて、あれウクレレでできないかなあ、なんて思いました。ハナムラ楽器さんあたりに発注してみようかしらん。
  2. あと「弾ける楽器コーナー」というのがあって、ウクレレもありました。フェイマスでした(浜松なのに(笑))。
  3. チェレスタも弾き倒してきたんだけど、あれで「ゴジラ」とか「ミスティ」とか「水戸黄門」とか弾いたのは俺が最初で最後なのだろうかしらん。
  4. テナー・トロンボーン(画像)の吹き方がいっちょも判らん。
  5. ショートネックの4弦バンジョーみたいなので「バンジョリン」というのがあって。ぜひまいたけに見せたかったんだけどね。
  6. 売店で、アイリッシュ・ホイッスルを衝動買い。英独伊仏西日語の説明書付き、オープンCのフルクローズがDっていうヘンな仕様なんだけど、吹いてるととりあえず楽しい。
  7. 笛のおまけで「ユーフォニウム型キーホルダー」も頂戴する。嬉しい。
  8. 当日中は再入場可能なもので、出がけに受付のお姉さんに「また来てくださいね」って言ってもらったのだけれども果たせず、残念。

また行こうっと。
------
鹿児島の漂着クジラ、13頭のクジラのうち12頭を海洋投棄(埋めて骨格標本に、って話も)、1頭だけ埋葬。喰っちゃえばよかったんだ。

小学校で鶏を飼育して、締めてバラして調理する実習が前日に中止。残酷って? ふだんそういうことをやってないから、平気で余所の国にミサイルをぶっ放すような子どもが育つんだよ。いいから殺して喰っちゃえっつーの。

重信房子の娘さんが小学校で授業、パレスチナが抗議。気持ちは判るが、ほっといたれやそんなもん。

------
テレビ埼玉の「巨人の星」が浜松出張中に終わっちゃってて、「あしたのジョー2」になってた(ぷんぷん)。今日は落ちぶれたウルフ金串が出てきていて、懐かしかったなあ。

ちなみにジョーは相変わらずトレンチコートにハンチングで、ちんぴらがそんな格好をしていた時代だったよなあ、あの頃は。

------
なんとなく早めに晩飯、フェイドアウト。
2002年01月29日 09時12分20秒


2002年1月27日(日曜日、陸にあがった鯨)。
まだだめ。

朝9時起床、NET「題名のない音楽会」など眺めつつ(来週は「ピアノのトリオ」だ、見逃すな!)、瘧が来そうに疲れている自分に気づく。参ったな、仕事もあんねんけどな、まあしょうがない。

取り敢えずコーンフレークスなど食べて、お茶を淹れて、と。

------
だいたいさあ、昨日は早稲田で「なにか軽い読み物でも」と思って本屋さんに入ったのに、ついうっかり講談社ブルーバックス「不確定性原理」とか買っちゃってさあ、いやまあ面白いことは面白いのだけれども。たしか中学生くらいのときに読んで、もういっかい読みたいなあと思って捜していたのが、なんでこういうときに発見されるのよ、みたいな。
------
そんでまあ調子は良くないのだけれども、とりあえず動かないとどうしょもないので、なんとなく新大久保の楽器屋さんへ見学に。たるいのでウクレレも持っていないので落ち着かない。

あとなんとなく下北沢の大戸屋さんで「いわとろ丼」など食べて、うろうろして。近所の飲み屋のお姉さんとぶち当たったので年頭のご挨拶などしたら「まだボトルが残ってますよ」って言われたので同伴出勤で呑みに行ったりして。
さてふと思い出して、というか思い出さなかったらたいへんなことになっていたのだけれども、中野へ仕事のお届けもの。ついでにまた大戸屋さんで「カツ煮定食」とサラダなど食べて、と。

------
いちおう調子は戻りつつあるかなあ。

そうそう、2月2日の某所結婚式にシャープ兄弟の出演要請! もちろん行きます。

2002年01月27日 22時27分57秒


2002年1月26日(土曜日、産卵後の鮭)。


だめ。

ほんとうに、熱心に字幕をやる場合には、字幕叩きには健康被害があるんだってば。

その認識がないから依頼者は気軽だし、入力に対して熱意がない入力者はそれこそどれだけ長時間叩いても平気なんだし(だから、そういう入力者の実施する字幕の質は低いし)。

俺は昨日までの情報保障で「産卵後の鮭」になっている(手づかみにしてくれ、今なら可能だ)。

というわけでかない堂さんでマッサージしていただいて(この先生は名医だと思う。僕は医者運はいい)、仕事は知り合いに丸投げさせていただいて(チェックくらいはして品質には責任を持つ)、あとだらだらとのんべんだらりんとしていた一日。

つまり稼ぎのない日が発生して、ドーピングしてマッサージに行ってなんとか復調して、なんてことをやってる場合には、ちょっとくらいギャラが出たって(たとえば時給5千円くらいもらったって)、経済的にはぜんぜんあわないんだよな、要約筆記ボラってさ。

原因は、アイカタの無能と周辺の無理解にある。ひとり順子だけが頑張ってくれているのが救いだ。

2002年01月27日 01時27分39秒


2002年1月25日(Body and Soul)。
邦題は「身も心も」、ボロボロになったっていうくだらない駄洒落ではある。あ、くだらなくない駄洒落もないものか、ってますますくだらない。そのくらいダメになっているわけで。
------
浜松はとーにかくキツかったような。いやあ、僕の担当入力ぶんはどうってこともなかったんだけど、チームワークはとにかくがたがた、表示はなんだかぜんぜん上手くいかないうえに、元締が最初から最後まで壊れていたわけで。指示はいいかげんだし仕切りはデタラメだしさあ。まあいいんだけど、とりあえずユニバーサルデザインをテーマにした会合で字幕表示が客席から読めないというのは大問題だろうと思うんだな。

そしてお昼まで浜松、吶喊で東京まで戻ってきて大手町でまたヘビーなお仕事で、帰宅時には瘧が来るくらいに倒れかけていて、とうぜん今は酒を呑んでいるわけなんだが。

------
そんなことで、今日はこのままバタンキュー(死語)。
えーと、「講演真っ最中にプロジェクタをむりやり取っ替えた話」とか「講演真っ最中に表示用パソコンをむりやり取っ替えた話」とかはまたこんど。

そういえば今朝は5時起きだったわけだしな、倒れもするわなそりゃ。

2002年01月25日 19時45分59秒


二十四日かな?
昨日仕事ぎりぎり新幹線16号車弁当ウクレレ車掌さん豪華ホテル焼酎へべれけ打ち合わせ夜寒い。今日朝バイキング字幕表示暗いプロジェクタ暗い実施中交換疲れた字幕そのものはまだらくちん楽器博物館も。鰻酒ホテルまだ飲んでる加湿器かりた明日帰る前に大手町でもうひと仕事夜はたぶん死んでる。
2002年01月25日 19時00分05秒


2002年1月23日(水曜日、今日は午後までの日記)。
なんで「午後まで」かっていうと、夕刻から浜松に行ってしまうからなのだな。さて次はいつ更新できることやら(別に困らないのだけれども)。
------
6時半起床、とりあえずコーヒーとコーンフレークス。
昼、お弁当屋さんで「豚ロースとカキフライ弁当」、お茶。
おやつにアイスクリーム、あとずっとお仕事。
------
さて出張の荷造りなど。

字幕セット
  • ノートパソコン
  • ノートパソコンの電源
  • LANカードの尻尾
  • LANケーブル
  • 名刺
  • 資料微量
明後日の仕事セット
承前PCセットに追加して、
  • MDデッキ
  • MD媒体
  • ガンマイク
  • テーブルタップ(小さい2口くらいで十分)
生活用品
  • ウクレレとハードケース(ハモニカとハモニカホルダは諦める)
  • 携帯電話充電器
  • それなりにちゃんとした格好
  • 下着セット2泊分
  • ひげそりセット
  • 煙草(5つ)
こんなもんかなあ。荷物は、
  1. 大手町用、
  2. 出張用、
  3. ウクレレのハードケース、
の3つに分かれるという大仰な仕様で、1.は持ち歩き、2.は現地から宅急便で帰宅、3.は元締にお持たせ、といった感じ。めんど。

そんで夕刻に家を出て、新幹線の端っこ車輛のデッキでウクレレ弾くこと2時間、てな感じかしらん。

ちなみに「それなりにちゃんとした格好」については、革パンツにとっくりセーター(替えも1着)に背広でいいや、みたいな(とっくりセーターを正装界に浸透させたのは小澤征爾だ、っていう伝説は本当なのだろうか)。間違えて運動靴を履いていかなきゃ、俺ならまあこんなもんでしょう。

------
PUFFYの新曲(っちゅうかシャネルズの「ハリケーン」)、プロモビデオは正面から突風! 旦那の影響に違いない(笑)。
------
雪印食品、豪州産牛肉を国産肉の箱に詰め替えて、国に売りつける。って詐欺やん。

その逆をやって国民に国産牛を食わせる奴はいるだろうな、くらいには考えていたのだけれども、こいつぁ1本取られましたのこと。そっから考えればまだマシという認識なので茶化しているのだけれども。

でもまあ個人的には、雪印への不買運動措置は決定。だって死にたくないもん。

そして雪印乳業と雪印食品の株価急落(前日比2割減)だって。それで、告発した社長さんがいちばん偉いんだな、今回は。

------
うう、そろそろ出らんといかんのに仕事が終わらん。
2002年01月23日 16時05分56秒


2002年1月22日(火曜日、結果的に能率悪くお仕事三昧)。
10時くらいにたらたらと起床、とりあえずタンポポコーヒー。
口直しに
キリマンジャロ(笑)、明太子のおにぎりと「チーズとハムのクロワッサン」。取り合わせの妙、じゃなくて取り合わせが妙。そしてお仕事。

昨晩どうやら酔っぱらってお風呂の水を抜いていたらしいので、休憩時間にお風呂掃除など。亀の子束子できゅっきゅとな。

------
午前中、住設部品のリストなどを作る。まあ「座ってると終わる」ようなものだが意識的に真面目そうな顔つきで処理。13時、昼食(そのへんのコーンフレークスなど齧る)を挟みつつ平和裡に終了。
------
午後は真面目なお仕事とて(午前中が不真面目目というわけではないが、まあ難度の差ですな)、斎戒沐浴を兼ねて(うそ)昼風呂。ついリンスなどしてしまう、オヤジのくせに。でも育毛シャンプーを使うのはまだプライドが許さない、難儀オヤジ。

入浴中に無粋にも電話が鳴る。でもまあさいきん好調なお仕事かもしれないので、頑張って出る。

おばはん「あの、ペケペケ社ですが、奥さまお願いします」
「逃げられました」
おばはん「‥‥」

知らんわい。

------
政府主催らしいナントカ会議のテレビ宣伝に、木元教子さんが出ておられる。元気だよなあ、郵政大臣時代の田中角栄にインタビューしてた人が現役でやってるんだから。僕? 小学生くらいのときに木元さんのCQハムラジオの連載を読んでました。
------
関係ないけど、パソコン要約筆記指導者養成講座って、相変わらず情報が入ってこないなあ。

情報流通が停滞しているのはいつものことだが、あるいはそろそろあきらめたのかな? そのほうがいいとは思うんだけどね。

------
ずいぶん前から食器洗い乾燥機の台が行方不明になっていたのだが(3段の棚で、むかしは一番下の段に二郎さんが住んでいた)、ふと見たらファクスとプリンタを乗せている台がそれだった。落ち葉は森に隠せ。
------
昨晩の「いも神」はいかにも「いっもーっ」って感じでなかなか良かった。半分呑んでから「玉露」に行ってみたら、こっちのほうがちょいとキツ目だが悪くない。とまれ小西酒店さんが信頼できることは判ったので、今夜の「氣」(黒糖)が楽しみだなあ。
------
ちょっと必要があって名古屋のカメラ屋さんのサイトを廻っていたら、あるお店の店長さんの顔写真に見覚えが。えーと。あ、大学の合唱団の後輩のコバヤシ君ではないか、出世したものだ。なんか懐かしかったのでついメールしてみたりなんかして。

その写真? たいした顔じゃないから(笑、失敬)掲載はしない。

------
さて、1時間ぶんの録音をwav.にするので、機械作業が1時間。というわけで、その隙に東中野ライフまでお買い物に。

2階の「生活コーナー」で浄水器を眺めてみたら、なんか蛇口に取り付けるタイプのものが300円〜1,000円くらいでなんぼかある。それで単にフィルタのついてるだけの品(シャワーのレバーがついてるものもあったが、なんの役に立つのだろう)から最高級品を選んで購入、550円。ゴミを除去して、塩素を除去して、カルシウムイオンで水を美味しくしてくれるのだそうです。帰宅後装着してみたけど、けっこう良さそう。あと「常に浄水」というのが潔くていい。えーと、ボンスターの「水三昧」で、約3か月の使い切りタイプ。4月にまたなにか考えねば。

ほかに、常備品としてグリーンジャイアントの冷凍温野菜と鶏肉コマ、晩飯の食材はまたしても湯豆腐(ムキになってるとしか思えない)と、鶏の心臓(ハツですな)をゴマ油炒めにする予定。

それで帰宅してみたら、1時間のうち35秒間しか録音できてませんでしたとさ。ふむ。

------
おやつで、丹頂の舞本舗の「中村屋」っていうカップラーメン。そこそこ美味しかったかなあ。
------
忙しいなか夜食中に熱心に観た「巨人の星」。でさあ、星ってば左腕の屈筋と伸筋がプチっと逝っちゃって左手の指が動かなくなって引退した筈なんだけど、それにしては「新・巨人の星」で復活したとき(右投げ投手になっていた)にはちゃんと左手で捕球していたよなあ。どないなっとんねん。

あと、3号はやはり「決め球」に使うべきだったと思うんだけどなあ、不知火のチェンジアップ「ハエどまり」みたいに。

------
三洋電機製話速調節機能付骨伝導電話機「聞こえちゃう」。これもサーフィン中に見つけた、三洋電機の「話速調節機能付骨伝導電話機」ってのが出てるね。商品名「聞こえちゃう」っていうのがまあその、いいや。
------
お仕事のほうは限界を感じて、20時くらいに店仕舞い。明日は朝6時起床で仕上げを予定。いやマジでお尻ファイアTURBO!

とは言いつつもハモニカアタッチメント+ウクレレでまいたけ新年会に向けて「Fly Me to the Moon」などちょいと練習、まだまだ満足の行く演奏にはほど遠いが、いい感触はあるなあ。

あと、「御家人斬九郎」などちょいと観る。若村麻由美がいいのはいつも通りだが、悪役の旗本が三浦洋一そっくりで驚いた(導入部も怪談風だったしなあ)。いや、馴れたらけっこう迫力のある人で面白かったのだけれども。

------
その明日23日(水曜日)は日昼お仕事、夕刻に新横浜で野暮用を済ませてから浜松へ。
明後日24日から明々後日25日午前中まで、現地で字幕のお座敷。
そんで25日の午後から大手町でお仕事って、それって可能なのか? それ以前に明朝ちゃんと起きられるのか?

なんてことはあとで考えることにして、とりあえずハツと湯豆腐だな。元気がいちばん。

2002年01月22日 20時53分52秒


2002年1月21日(月曜日、雷雨(え?))。
9時くらいに起床、どうもあまり調子が宜しくないと思ったら、雨だ。なんか妙な夢でも見たらしくて汗はかいてるし、顔は浮腫んでるし、ほんと湿気に弱いったらありゃしない。
とりあえずお茶。
------
アフガン支援NGOの関係者が朝日新聞の取材で「お上はあんまり信用しない」って言っちゃったら、鈴木宗男が怒って外務省に圧力をかけやがって、関連NGOの2団体が政府主催の支援団体会議への出席を拒否されちゃいました。

きわめて官僚的。っていうか全難聴か全要研みたい(笑)。
ピースボート等の出した声明を引用させていただく。

「政府主導でNGOを選別し、異なる考えを排除するのは民主主義の根幹にかかわるゆゆしき事態」
主語述語を変更するとそのままあっちにも使えるぞ。
------
昼、ご飯に大根の味噌汁、永谷園の麻婆春雨、サラダ。健康的。

食事ついでに眺めていた「いいとも!」の風水コーナーで、「寝床は北枕が宜しい」って言ってたんだけどな、なんだろう。
頭寒足熱っていう意見もあったみたいだが、きっと嘘だ。

食後、寒かったので昼風呂。無意味にトリートメントなどしてみて、さらに髪の毛がサラサラに。でもいいかげん襟足など切りたいような気もしてきたんだけど、どうしましょう。

------
午後から野暮用で、そぼ降る雨のなかを中野へ。

野暮用を済ませて、ついでにユニクロでとっくりセーターなど買ってみて(週半ばにちょっと真面目なお座敷があるのだが、ネクタイも締めたくないし。背広の下にとっくりならまあ許されるらん、といった次第)、さて中野駅から味ノマチダヤさん経由で徒歩帰宅しようとしたところで、いきなり雨が雷雨に(え?)。傘も吹っ飛ばされそうになって、しょうがないから(失敬)小西酒店さんで「お薦め」という芋焼酎2本と黒糖焼酎1本を仕入れて帰宅。

いも神(芋)
限定販売、鹿児島県出水郡・神酒造株式会社。
玉露(芋)
手作り本甕仕込、契約栽培芋使用。鹿児島県国分市・有限会社中村酒造場。
氣(黒糖)
鹿児島県名瀬市・株式会社西平本家。これは釣り書きをちょっと写しておきましょうか。
中国では古来、宇宙の万物は「氣」によって成り立っていると伝えられています。「氣」が濃密で、その動きの活発なところが、すなわち「生命」なのです。
気功や漢方など東洋の伝統的医療が、世界で注目されていますが、それらの根元にはこの「氣」の理論があります。
黒糖焼酎「氣」は、ミネラル分を多く含む、アルカリ性の黒糖とお米を原料とした自然派指向のお酒です。
心身の健康保持にお役立てください。
前段と後段がみごとにくっついてないのが楽しいなあ。ライターさんとちょっとお話ししてみたいような。
どうでもいいけど雷のほう。
まだ1月だぜ、ちょっと時期早尚じゃありゃしませんか?>>雷神さま。ああ、晩御飯の買い物をどうしませうどうしませう。
------
そういえばインチキ合皮の1,900円の革パンツ、雨には強いなあ。帰宅して、タオルで表面を拭ったらだいたいOK。本革だったらこんな陽気には履いていけないもんなあ、僕的にはわりと正解だったのかも。安売りしている間にもう1本くらい仕入れておこうかしらん。
------
さて、湿気に弱い私としては、今日はあんまり頭を使うお仕事は後回しにして、どちらかというと反射神経頼みみたいなお仕事に走る。ふう。

それでもどうにも能率が上がらないので、早仕舞いして酒に走る。いや、気分屋さんとしては「能率の悪いときに頑張るよりも、明日の活力を養う」べしという考え方なんですよ。サボっているわけではないんです、能率至上主義なんです。

------
ネットで「絵本『ぼくがおっぱいをきらいなわけ』テーマソング楽曲大募集!!」というのを見つけて、ちょっと書いてみようかな、なんて思っているのだけれども。
歌詞になあ、
だけど…ルルルル
っていう部分があって、もう儂らの世代は「明日のジョー」の寺山修司(正確にはこの部分の作詩は尾藤イサオ)を思い出すしかないではないか。

ご承知のとおりメロディなんかはいっくらでも出てくるんだけどなあ、意外なところに落とし穴があったってわけさ(笑)。

------
ポルトガルからメール。
あなたの企業の宣伝に最適なIT手法は?
ウェブサイト? 囲い込みにはいいけど、ビジタが必要ですぜ。
バナー? 高いし効果も判らないし。
E-Zine?(MLみたいなもん?)たしかに凄いが、会員は数千人だよ。
サーチエンジン? 簡単だけど、余所と紛れちゃうぜ。

電子メールでのマーケティングが最適ですよっ!

ったくよー。いまどきちゃんとした企業がスパムなんぞ出すもんかい。ポルトガルとかアメリカってのは田舎なのかなあ。
--------------------
そういえば、「!広告!」っていうのがタイトルについた奴がさっそく来たよ。
なぜ、迷惑メールってあるんでしょうか?

楽しいから、みんなが参加するんです。
出会いがあるから、話題になるんです。
一度ためしてみませんか?

「秘密告白倶楽部」
http://www.kokuhaku.to/

こいつもなー。っとに経産省のザル法めが(スパムを送ってくる奴に自分のメールアドレスを教えてどーするのだ。横流し市場が発生するだけだろうがよ、阿呆)。
------
今日の『巨人の星』、大リーグボール3号にまつわる星の左腕の秘密を知ってしまった花形が、試合をほっぽりだしたうえに土下座してまで星に野球界からの引退を迫る(あのプライドの塊のような花形が!)。

さらに花形は野球生命を賭してまで星を守ろうとするわけで(受けて立つ星も星だよな)、たしか小学校2年生くらいでこのシーンを観ていて泣いてたな、俺。いや侠気には弱いのよ儂、意外と涙もろいし。

------
というわけで、とりあえず「いも神」で晩飯。

カシューナッツのから炒り。
もやしの胡麻脂炒め。
そんでキャベツにベーコン巻いた奴ってえーとその。

2002年01月21日 21時43分48秒


2002年1月20日(日曜日、カネがない(笑))。
お昼くらいにだらだらと起床、テレ東「なんでも鑑定団」で4本のなかから本物のストラディバリを選ぶという利き耳テストをやってみる。本物は1億円で、僕の選んだやつは30万円。つまり楽器の値段など僕にとってはどうでもいいことなのだな。うん。

朝ちゅうのか、昨晩の残りの湯豆腐とご飯、生アミ、紅茶。

------
急ぎのお仕事、いちおう完了。先方からいただいたエクセルのファイルに文字を放り込んでいくだけなんだけど、なんかセルに妙な設定がいろいろあるのはどうしたものなのかしらん。まあ明朝きいてみよう。

あと日曜日だというのに、なんでか急ぎのベタ入力のお仕事が(ちなみに僕とこのベタは1.5円/文字なのでマニアックなお仕事しかこない)。ありがたいことです(でもキャパ以上にスケジュール目一杯だなあ)。

------
昼ちゅうのか、お弁当屋さんで「マグロステーキ弁当」。ちょっと塩気がきつかったかなあ、まあ若い人向けのもんだからしょうがないか。
------
それはそれとして、10年間にわたって騙し騙し使いつづけてきた水道浄水器(SONY WATERMASTER)がついに壊れた。壊れたというか、本体下部が決壊して水がだだ漏れだもんで、これはもう騙しようもないなあ。

俺はヘビースモーカーのくせに味にはうるさいので(少なくとも周辺を見回した限り、「喫煙者には味が判らない」というのは俗信にすぎない。じぶんが何を食べているのかすら判らない無神経な非喫煙者のいかに多いことか)、いちおう生活必需品なんだよなあ。

次を買おうか、それとも月千円のダスキンあたりのレンタルにしたものか。でもまあ東急ハンズあたりで捜したほうがいいんだろうなあ(「定期的にメンテナンスの人がくる」というのが、ちょっと僕には似つかわしくないように思う)。

とうめん、ご飯だけは安めのペットボトルを買ってきて、あとは湯冷ましで凌ぐ、と。
あとこのへんで情報だけは仕込んでみる、と。浄水効果なんかはスペックじゃ判んないから、とりあえずランニングコストとサイズを基準にするのかなあ(だからカートリッジの実売価格と交換時期が判らないと決定できないのね)。

------
通りがかりに「FUKUTSU」と大書したバンを見かけました。腹でも痛いのかと思ったら、福山通運さんのクルマだったんですね。いや文句はありません。

あ、「不屈」か?

------
妙正寺川の新杢橋を渡っているところで、新宿区側から牛の大群が、中野区側から豚の大群が突進してきて挟まれちゃって。しょうがないから欄干を飛び越えて川に飛び込んだらそこには鴨の大群が。ずぶ濡れで見上げれば橋梁の裏側には蝙蝠の大群が剣呑な目つきでこちらを眺めている。

大正橋あたりの梯子からようよう上がってきたんだけどね、なんだったんでしょうか。

------
というわけで帰宅して入浴後、いっちゃん(誰?)がたいへん観たがっておられた「Six String Samurai」(Stringはなぜか単数)を、幸いテレビ埼玉でエアチェックできたので、録画確認がてら熱心に観る。いやあ、バカでええわ、やっぱし。

中身はねえ、「バディ・ホリーのコスプレをしたロック野郎が近未来のアメリカの荒野でラスベガスのロック王を目指すチャンバラ映画」(書いてて恥ずかしい)で、IMDbでジャンルを見てみると、

  • チャンバラ映画
  • ロック映画
  • インディーズ映画
  • マーシャルアーツ映画
  • ギャグ映画
  • 核戦争後の世界映画
  • ラスベガス映画
  • 水爆戦争映画
  • 死に神映画
  • ギター映画
  • 音楽による決闘映画
  • 少年映画
  • 砂漠映画
っておい。あ、人がどかどか死ぬのでPG13指定も受けてます。

ジェフリー・ファルコン主演・製作・脚本・衣裳デザインによるとってもいい映画なので、みんな頑張って観てみよう。
どうでもいいけどこの人、80年代から香港のアクション映画で活躍してたんだよね。ちょっと詳しいことが知ってみたいような(きっとアメリカの俺みたいなボンクラ君に違いない)。

------
なんか英国からメールが。
SUB: UKULELE
Greetings from England.
Thank you for web site
Mike
うーん、淡白っちゅうかなんちゅうか。いちおう御礼のメールも出しておいたけどさ。
ところで何でUKってUNITED QUEENDOMじゃないんだろう(くだらない疑問)。
------
夜、鱈だけ買ってきて昨晩の湯豆腐に追加。

そういえば、湯豆腐の鱈って、鍋に入れる前にいっかい湯通しするじゃないですか。
あれがめんどくさかったもので、昨晩は実験的に「切り身を皿に乗せて電子レンジで2分」というのをやってみたら、これですっきり灰汁がとれました。こいつぁらくちんでいいや。

------
テレ朝の007「ゴールデン・アイ」をなんとなく観る。とりあえずプロデューサのアルバート・ブロッコリ(なんかブロッコリーの生産で富を成したイタリアの一族の末裔だったような)さんが健在なのにちょっと驚いたりなんかして。

そういえば、青雲の志を抱いて東京に出てきて、最初に劇場で観たのがバーバラ・バックの「私を愛したスパイ」だったなあ、なんてちょっと懐かしい。いやあ、史上最大のバカ映画シリーズって、いいなあ。

関係ないけど、ファムケ・ヤンセンの役名が「オナトップ」って、なんとかならんか。いや、なんとかしなくてもいいけどさ(双璧をなすのが「ロボコップ」のときのナンシー・アレンの「アン・ルイス」かな)。

------
今日も熱心に、ハモニカホルダに放り込んだYAMAHAの2段クロマチックを吹きながらウクレレの練習。上段を頻用すると難しいのだけれども、「ラストダンスを私と」くらいならまあなんとか、かなあ。ときどき「STRAIGHT NO CHASER」あたりを演奏してみたりなんかして。

とりあえず舞茸新年会に向けては、いつもネタと歌謡ネタをいくつか仕込んでおく心算。

------
さて、中野サミットでお買い物をして出てきたところで、所持金が380円でした。さらにキオスクで250円のビッグコミック・オリジナルを買ってしまいました。うーん、カネがねえ(笑)。
2002年01月20日 23時36分13秒


2002年1月19日(土曜日、寒い)。
11時起床、もやしでお味噌汁をつくって、ご飯2膳と生アミ、紅茶。
------
午後は粛々と頭のよさそうなお仕事を、頭のよさそうな顔つきだけしてやっつける。

土曜日だというのに、昼から急ぎのエクセルのお仕事もちょうだいしちゃって、でもありがたいことだから熱心にのんびりと片づける。久々に「土建用辞書」なんか立ち上げたりして、それなりに楽しいかも。

------
ちょいとヒマネタを集めてみたりなんかして。

那覇の成人式では、泡盛の一斗樽を空けちゃった子どもらが大騒ぎ。
千葉県印西市草深(笑)では成人式帰りの19歳が居酒屋で大暴れ。
兵庫では酔っぱらった新成人がパトカー蹴っ飛ばして逮捕。

つまり「まず酒の飲み方を教えろ」という話なんだと思うんだけどな。

それはそれとして、長野の高遠町では10歳のお子さんたちが「2分の1成人式」、鹿児島市でも「半成人式」。これは楽しそうかも。
京都では「第37回京都心身障害者成人式」ってのが。なんか気にならないでもないなあ。

------
夜は湯豆腐。「湯豆腐」といいながら甘塩の鱈など入っているところが奥ゆかしい(「のり弁」と同じ思想)。今日は実験的に鰹出汁をとって、目立った具としてはキクラゲを足してみたらけっこう美味しかった。あと牡蠣も放り込んでみたのだけれども、これは味が立ちすぎてもう一つだったかも。

買い物に行った大江戸線東中野駅の掲示板に「Rマニアの宿輪です」っていう大量の書き込みがあってさ。「電話ください」っていってケータイの番号も書いてあったんだけれども、そう仰られましても。

2002年01月20日 12時30分56秒


2002年1月18日(金曜日、字幕みたいなお仕事)。
てれんこと朝9時起床、コーヒー。
妙に食欲がなくて、朝から弁当屋さんで大きめおにぎりを二つ買ってきたのだけれども、焼きタラコをなんとか食べて、醤油いくらのほうは半分残してしまった。いかん。

あと粛々とお仕事というか。元締のキャパの都合などを自分に都合よく鑑みて、締切を明日午後2時に設定、これなら間に合うなあ(こら)。

------
それで今日も今日とて大手町に(3日連続やん)ヒアリングに。

今日のせんせいはよく喋るおかたでな、録音しながらメモがわりにいつもPCでエディタを叩いているのだが、あまりの話速に要約が追いつかず、ついつい全量を叩いてしまった。
50分間で8,000文字だよお立ち会い。
あとはこのログにインデックスを付けていけばお仕事終了なんだからまあいいんだけどさ。

そしてお腹をすかせて帰宅、なにか食べようと思ったら、夕べ酔っぱらった勢いで「家じゅうのものを喰い尽くした」らしくてなんにもない。
あると思ってた炊飯器のご飯がない。
あると思ってた野菜スープの残りがない。
あると思ってた蜆のお味噌汁がない。
あると思ってた冷凍庫のピッツァがない。
ひとりさみしく中村屋のインドカリー(レトルト)のみがあるけど、これだけあってもなあ。
しょうがないので、コンビニで日清(またかい)の冷凍焼きそば(200円)を買ってきて齧る。もちろんこんなもんじゃぜんぜん足りないのだけれども、とりあえず人間らしい心を取り戻すことが肝要。

------
ひさしぶりに総務省「みんなのウェブ」「りびけんの国。」「虎の穴。」のウェブ・アクセシビリティをチェックしてみたんだけど、いやあぜんぜんダメでした。反省。

以前にやったときにはもうちょっと成績よかったような気がするんだけどなあ、どっか余所だったのかしらん、それともフレーム化する前だったのかも。こんど手の空いたときになんとかします。

------
忙しいなかやっぱりそれでも観る『巨人の星』、今日は戦時に散った若き巨人軍選手の話だった。
2002年01月19日 02時12分55秒


2002年1月17日(木曜日、2002年初字幕)。
遠足でもないのに朝6時起床、もうどうでもいい。

朝、ご飯と生卵に生アミ、蜆の御御御御付けで女将さんが風邪ひいちゃった民宿の朝食風味。
味噌汁の出汁(ほんとは蜆だからとらなくてもいいんだけど)にシマヤの「だしてんねん」という天然出汁を使ってみたのだが、間抜けなネーミングとあいまって気に入りました。今夜は鯛のアラでも煮てみようかしらん。

あと朝風呂、紅茶。

------
ちょいとお仕事をやっつけてから、しみじみとピーコートのボタン付け。

このコート、25年前に鷺宮の古着屋さん(たしか「アメリカ屋」とかいった)で5,000円で購入したもので、その直後にピーコートの大流行があってがっかりしたのを覚えている。
17年くらいまえに芦田(誰?)に貸してやったらきっちりボタンを無くしやがって、先日たまたま東急ハンズで「ピーコートのボタン」を発見して買ってきたのだった。お裁縫道具? 知り合いにお借りしました。

ほんとは渋谷の街で見かけた女の子がピーコートに付けてた「裏足(たぶん分銅足)のメタルボタン」もかっこいいなと思ってはいたのだけれども、いちおう海軍の制服なんだし(ちゃんとケバのない本格メルトンだったりするのよ、これが)さすがに金属を付けたら間違いだろうと思って断念したりはしているのだな。

------
というわけでそのピーコートに革パンツ(1,900円)を装用して、今年の初字幕で大手町へ。ちょっと暑かったかも。

お座敷はちょいと大きめのシンポジウムみたようなもので、4時間の長丁場で字幕叩きが5人。とうぜん2人2チーム+俺ピン(1人寂しく叩く)の3チーム体制で臨む(僕は協調性がないから)。
字幕そのものは、僕は絶好調だったし、「割と新人」のMちゃんが好調だったこともあり(そのぶん相方の字幕元締が絶不調だったことを割り引いても)、けっこう良い出来だったんじゃないかな。書いちゃってかまわないと思うけどウェブ・アクセシビリティがテーマで、内容も充実して面白かったし、僕も勉強になったし。

開始直前になってから字幕元締のマシンと主催者提供表示用マシンがLANからいなくなっちゃったりしていろいろたいへん*だったりもしたのだが、まあ結果オーライだからええでしょう。

    *いろいろたいへん。
    入力用と表示用のマシン都合6台をLAN接続したのだが、元締マシンと表示マシンが他の入力者のLAN接続にいない。この時点で開始10分前。
    ケーブルの刺し直しなどの安直な手段では解決が図れず、とりあえず僕マシンを表示用にして(表示設定用dpiファイルは用意してある)、僕と元締は入力から外れて復旧を図ることにした。
    表示用マシンはなにやら「LANカードの尻尾」の接続部位あたりが不安定なのが原因らしいので、本体にLANケーブルを固定して再起動。元締マシンは予備のLANカードを刺してみたら動いたので、話の切れ目でVGAを繋ぎかえてだいたいオッケー、この間が30分ほど。
    まあ、いろんなことがあります。

------
その続きであんまり関係ない話になるけど、今日の字幕依頼窓口たるSさんとロビーで話していて(僕は「話を聞いているかぎりは休憩できない」のでよくロビーとか喫煙所とかのそのへんにいる。そうでないと保たない)、「前田さん(僕ね)ってやっぱりヒッパリダコなんですか?」って聞かれちゃって。

なんかSさんの招聘する字幕に、Sさんは僕を名指しで呼んでくれているにも関わらず僕が行っていないのを気にされているらしい。
でもさ、まさか「全難聴が僕を嫌っているから、元締が気を遣って僕を呼ばないんですよ」とも言えないしさ(Sさん関連だと、今日のようなイベント字幕を除けば全難聴界隈が多い筈だ。はっきり言うと高岡理事長の情報保障が、さ)。

これは書くべきだと思うから書いておくけどさ、

  1. 全難聴(と全要研)は、PC要約筆記者を増やしていない。むしろ全難聴(と全要研)はPC要約筆記者を積極的に減らしている。
  2. その行動には微塵の論理性もない(あるなら「でたぜん。」に反論しなさいよ、こちとら聞く耳はあるんだから)。
  3. そして、もともと少ない入力者を当事者団体が増やさずむしろ減らしているという現状が、数少ないPC要約筆記入力者の負担増を招いている。
  4. 理不尽な「入力者の選り好み」によって、数少ない入力者(彼らの考える「奴隷」ですね)にさらに余計な迷惑を及ぼしているという自覚も、全難聴(と全要研)には無い(あったらやってないよそんなこと)。
あんたら当事者団体でしょうが。それが福祉になにひとつ資していないというのがどうしようもない。「でたぜん。」はワールドワイドに公開中なのだけれども、それに対して全難聴(と全要研)のやってることは裏に廻っての「陰口」と「陰湿な嫌がらせ」だけでさ、反論のひとつも聞かせていただいたことがないよ。。
↑根拠? 書くと可哀相だから書かないだけで、いつでも論証できるんですけど、どうしましょう。高岡さん、どうしましょう。太田さん、どうしましょう。あなたがたが卑怯未練な手口を遣うものだから(つまり知り合いに金銭的な不利を招くようなマネを平気でするから)公表を控えているネタが5つくらいはあるんですけどね、どうしましょう。

つまり、この国の聴覚障害者は不幸だ。誰とは言わないけれども、人間のクズが福祉を(部分的に)担っている。国家における人権教育の不在がいま問われていたりするわけで。

さらについでに、「聞く耳がある」っていうのは慣用句だからね。ヘンなところで突っ込まないように>>TとかOとかの自分の発言に無責任な人たち。いいね。

------
くどいようだが繰り返す。

  1. 全難聴は、約束を破った。
  2. 僕は、約束を破ったら信頼を得られないことを指摘した。
  3. 全難聴は、話し合いの場から僕を排除した。
これが「でたぜん。」における主張の全てだ。
その後、全難聴は「蔭で僕の悪口を言い(密室MLでの話題が表MLに出てきたについては「でたぜん。」で論証した)」、僕の字幕登板については排除し(高岡は「りびは全国大会の場にいる資格がない」と言ったらしいが、聴覚障害者の社会参加を考える場合に「福祉関連のイベントに参加する資格がない」のは明らかに高岡と太田だろう)(アメリカの)、「でたぜん。」についてなにひとつ。繰り返すがなにひとつ。反論ができていないんだよ。バカやって意地でつっぱってるだけのバカって言われてなんか言い返せるのか。いや、やってみてほしいんだけど(正面から対峙しますよ、僕は)。

−−−
ついでだから公開質問しておくか、全難聴の高岡理事長に。

全難聴の理事長たる高岡さん、PC要約筆記者には、自身の個人情報を管理する権利がありますか?

やっぱり太田さんに相談して墓穴を掘りますか?

答えてみろ、恥知らず>>高岡。

全要研のTさんも「でたぜん。の掲示板をコピーして配って」、俺に対するプロパガンダに走ったみたいだし(バカ)。人権意識なんて、聴覚障害者関連には無いんだよ、けっきょく。

とっとと潰れればいいんだ、両方とも。

------
ピラルクー(古代魚)の写真。帰りがけにちょっと寄った富士銀行大手町支店に、なんでかピラルクーの剥製が飾ってありました。いや楽しいんだけどさ(NTTにもいろいろ飾ってあるしぃ)、根拠がよく判らなかったりなんかして。
------
さらに帰りの東西線でめっけた「ほふり」って、正気かよ。

要するに「財団法人証券保管振替機構」の「保管振替(かんふりかえ)」を略して「ほふり」らしいんだけれどもさ、「屠り」って意味を知ってんのかきさま財団法人証券保管振替機構

ついでなんだけど、「北習志野(「キタナラシノ」だぜあんた)」ってのもあんまりだよなあ。「習志野北」でいいじゃん、日本人は日本語に鈍感すぎると思う。

------
6回目の震災忌。「忌」でいいのかなあ。1995年に芦屋を訪うた際に記録はここ(リンク)に。
地震はありーの、地下鉄サリンはありーの、たいへんな年だったなあ。
------
明日も早起きしてお仕事。うー。
2002年01月17日 21時49分18秒


2002年1月16日(水曜日、今日もあったか)。
意味なく午前5時起床、なにごと?

朝は紅茶、日清(またかい)「シリアルリッチ」、グリコ「毎日果実」、ケロッグ「コーンフロスティ」など乾きものでてきとうに。これをして健康的とも言いたくないのだが、まあいいや。

あと久しぶりのお出かけ営業を控えて朝風呂。

------
くだらないのだが日韓合作(だよね)映画「ソウル」の綴りってどんなんかなと思ってサイトを見にいったら、「SEOUL」って書いてあった。ふうん。
ちなみに、テロリストから「日本の外相を誘拐した」っていうメッセージが届くわけなんだが、「それ、ほっとけ」って思った人は挙手を。

そういえば「ソウル・ミュージック大全集」っていうCDを買ったら民俗音楽だったっていうひとつ話があったなあ。

------
産経新聞、夕刊を廃止。えーと、夕刊フジを購読しろってことかな。
冗談は措いといて、もう10年も前から一部で「夕刊なんかいらない」運動があったのは知ってるんだけどね(京王デパートのお客様誌とか)、意外と時間がかかりましたね。

そんなこととはまったく関係なく、朝日新聞の夕刊の4コマ漫画って、読んでてたまに殺意を抱くことがありませんか? 僕だけ?

------
その朝日新聞の投書欄に、先日の「聴覚障害者向け警報装置を」っていう投書へのお返事が掲載されていた。なんか東京都も気にしてはいるらしいな、みたいな感じでしたかな。
------
沖縄の成人式が荒れたとかいう報道があったんだけど、もしやと思って調べてみたら(ヒマなのか?)、式場前で鏡開きをして一気飲みしていた一斗樽って泡盛だったのね。はたちやそこらでそんなもん一気飲みしたら、そりゃ暴れる奴もいるわな。

ちなみに「鏡開き」と「鏡割り」って、同じ言葉だったのね(「開き」は「割り」の忌み詞らしい)。酒樽が「開き」でお餅が「割り」だと思ってました。ふうん。

------
丸の内の40階建てのビルでヤング・エグゼクチブのかたが経済観測を語るのをお伺いして、お話をまとめてレポートするという似合わないお仕事で、それなりに小ぎれいな格好(当社比)をしていそいそと伺う。

それで40年前のSF映画にでてくる宇宙船のコクピットみたいなオフィスで切れ者のヤンエグさんのお話をうかがうわけなんだけれども、話は確かに明晰だし面白いんだけど、このヤンエグさんのお顔が(食べられないほうの)まいたけさんそっくりなんだよなあ。
どんなに的確なお話をうかがっても、「でも話してるのはまいたけなんだよな」という思いが拭いきれなかった。うーん。

------
お昼は、その丸の内の定食屋さんで「とろ豚と麦とろご飯」、要するに牛タン麦とろの牛タンが豚にリプレースされたもの。でも個人的には薄切りロースに薄ぅく塩味をつけたのって好きなんだよね、牛タンでなくてもべつに構いませんのでした。
------
メールのドメインにKDDIのDIONを使っているのだが、今朝からなんでか不通になっちゃっていて。さては料金でも支払い損ねているのかなと思って問い合わせてみたのだけれども、なんか技術担当と料金担当の間をたらい回しで電話5本くらいかけさせられてさ、しかも担当者ごとに言うことがいちいち違って要領を得ない。けっきょく午後になって復旧したんだけどさ、こんなことでは使い物にならんぞ、そこのIT企業>>KDDI。
------
午後からテレ朝で、土曜ワイド劇場「私兵刑事 トリカブト殺人の謎 脅迫者の声は女?男?」の再放送をば。

1993年放映とちょいと旧いが、いやこれが傑作だったりなんかして。でもちょっと観てる余裕がない。

------
どんなに忙しくても観るテレビ埼玉『巨人の星』、そろそろ佳境の伴対星の大リーグボール3号対決であるっ! 今日は一徹が伴に攻略法を教えてるんだけど、
  • なんか投手はオーバースローが正統派でアンダースローやサイドスローは「変則」と決めつけられていたり、
  • なんかアッパースイングがふつうでレベルスイングやダウンスイングは邪道みたいな扱いにされていたり、
  • あまつさえ大根切りは「へっぽこ打者特有」とまで言われていたりして、
時代の流れが感じられてけっこう楽しい(そういえば大打者田淵がアッパーだったかな)。そういえばうさぎ飛び特訓とかしてたもんな、この当時。

あとまったく関係なく、中日球場の宣伝看板が「山田ペイント」、「山田牛乳」って感じでけっこういい加減なのにやっと気づいたりなんかして。

------
ノルウェーの財務大臣(52歳男性)、地元企業人(50歳男性)と結婚。
とりあえず俺にはメリットの発生しない制度なんだが(きっちりヘテロですから)、そういう自由のある国ってちょっと羨ましいような気はする。

しかしどこの報道を眺めても「晩婚」って書いてないのが腑に落ちない。

------
晩は、
  • 冷凍温野菜と鶏モモ肉のポトフ、
  • 椎茸の塩焼き豪華ステーキ皿載せ、
  • ひたし豆、
  • 空炒りカシューナッツ、
  • 鯛の頭の酒蒸し、
  • シシトウ焼き、
  • 焼き茄子、
  • 蜆の味噌汁、
  • ご飯にアミ(小魚の佃煮)、
といった感じで材料費がかかってないわりに微妙に豪華なような。
------
明日は久しぶりに字幕のお座敷。あ、初荷だ。
2002年01月17日 07時18分58秒


2002年1月15日(火曜日、ぬくぬく)。
さてなんで日記どころじゃないかというと、昨日お仕事をほっぽりだして遊び呆けていたからなんですね。

というわけで朝6時起床、有無をいわせずコーヒーも飲まず紅茶は淹れて仕事仕事仕事仕事仕事仕事っ! お、久し振りだなあこのフレーズ。

------
わりと一日許容量限界をちょっと超えてる2時間のテープ起こしのうち1時間を、しかし順調に午前中に済ませて、昼は日清(またかい)の冷凍醤油ラーメンに冷凍葱、冷凍コーン、冷凍菠薐草と生卵と胡麻で。
薬罐に沸かしたお湯は丼&冷凍スープの温め用。鍋に定量(400cc)の水を張って、冷凍菠薐草と冷凍コーンを入れて火にかけて、湧いたところで麺と胡麻を放り込んで定時(2分30秒)厳守で茹でて、茹で上がり間際に胡麻と冷凍葱を放り込んで、と。丼には冷凍スープのパックを放り込んでから薬罐の湯を入れておいて、こちらはラーメンの出来上がり間際にお湯を捨てて生卵とバターなどを入れておく。あとは鍋にスープを溶かして丼に放り込んで出来上がり。こんなものでもけっこう美味いし腹にもたまるし、まあいいでしょう。
------
と「いいとも」観ながら昼休憩の後、そのうちテープ起こし終了。きれいに2時間分を6時間であげたんだから、まあいいとしましょう。そんで文字数を勘定してみたら6万字ありましたよ、こりゃびっくり。
------
納品がてら中野へ寄った帰りに、明日の真面目なお仕事用にとっくりセーターでも買おうかと思って丸井と丸井の間のジーンズ屋さん(スーパーカジュアルGO)に寄ってみたら、鬼のような価格で冬物を安売りしていた。そんで黒のフェイクレザーのズボン(パンツってか? 知らん)が1,900円だったもんでついうっかり衝動買い。だってあったかそうなんだもの。
いま履いてみているんですが、スリムを着用するのが久し振りだもんで膝の動きにちょっと違和感がありますな。こんどズボン下も買ってこよう(せっかくレザーなのにな、台無しだな)。

ちなみに、「とっくりセーターはどこでしょう」って若い店員さんに聞いてみたら、言葉が通じませんでしたとさ。あとステンカラーのコートで気に入ったのがあったんだけど、さすがに自重しよう。カネはない。とにかく。

------
帰り際の路上で、自転車で大コケする大の大人を久し振りに見た。怪我はなかったみたいなのでまあ良哉。
------
NHKのニュースで「障害乗り越え成人式参加」っていうテロップが。
まだそんな認識かい>>NHK。

えーと、いつまで経っても上手く言えないのだけれども。
とりあえず、「障害を乗り越えたから偉い」っつーことは、「乗り越えてない場合は偉くない」ということに繋がるわけで、そうか? たとえば俺が性格破綻と経済力の無さと言語の壁を乗り越えてエリザベス・シューさんと結婚したとして、それを「障害を乗り越えて」って誰か言うか? うーん、譬えが違い過ぎる。
あるいは、聴覚障害をもつかた同士のご夫婦が、生まれてくる娘さんに「聴覚障害あれよかし」と願っているという話を聞いたことがある。親子で同じ文化を共有したいという動機なのだそうだが、この場合の「障害」は乗り越えるべきものなのか?

たとえばアメリカでは(この言い方は積極的に嫌いなのだが、明らかに先進国なのだからしかたがない)かつての「ビハインド」や「ハンデ」が「チャレンジド」(「チャレンジ」の過去分詞の形容詞化だと思うんだけど)を経て「ディスアビリティ」となって久しい。ような気がする。
つまり、アビリティがディスなんだったら、出来ないことがあるならば、そこの差を埋めていくのが社会全体の役割であって(もちろん当事者も「社会」に含まれる)、その活動全体を指す言葉が「バリアフリー」なわけであって。

言っちゃえば「段差をなくしましょう」、「電光掲示を増やしましょう」なんていうのは対象を限定した瑣末なバリアフリーなんでさ、真に求められるべきは「誰でも何処でも何時でも何でも」という平等さの保障なんだと思う。

さて、さきの「障害を乗り越えて成人式参加」というニュースについて(既に報道された新成人さんとは全くなんの関係もなく)、それがニュースになっちゃうことの意味、そしてこのテロップの意味については説明できたような気がするのだけれども、どうなんだろう。

------
同じニュースで、寺澤ひろみさん(23歳、博義さんの娘さん)という新進ハーモニカ奏者のかたが紹介されていた。
驚いたことに(僕は驚いたんだが)、和式奏法で、調の違う複音ハモニカを数本持って(演奏中に持ち替えもある)吹いておられる。といってもクロマチック・スタイルで吹き分けているわけではなくて、たぶんベース(和式特有の「ザッザッ」ってやつ)のキーの問題なんだと思うんだけれども、よう判らない。

えーと、見た感じはローランド・カークみたいっていうと通じるだろうか。あるいはダブルリードのレバー式クロマチック(そんなものはないのだが)に変調レバー(これもさいきんは見ない)を付けたみたいな感じで。どこかでライブでもやってくださらないものだろうか、ぜひ生演奏で聴かせていただきたい(NHKのニュースではところどころ同録ができていなかった。猛省を促す)。

僕のほうはというと、相変わらずホルダに放り込んだクロマチックがうまく吹けない。

NHKの受信料は、祖父がNHKのアナウンサだった(島浦精二というとご存知のかたもいらっしゃるだろうか)もので昨年末にちょっと支払っているから、僕にはNHKに意見する権利がある。

------
米軍、空爆を中止してビンちゃんの捜索に注力。
もう吹っ飛ばしちゃってたりなんかして(笑)、状況としては「振り上げた拳の落としどころのないジャイアン」と同じ。冗談ごとじゃなくて、ちょっとでもテロ支援の雰囲気さえあれば攻撃するってラムズフェルドかなんかが「国名を挙げて」言ってたしな。

誰がテロリストなんだ、ほんとに。

------
そういえばブッシュ、クッキーを喉に詰まらせて呼吸停止、全米震撼。

いいんだけどさあ、1992年には先代のブッシュ大統領(当時)が宮沢総理大臣(当時)にゲロかけてるし*、1994年のナポリサミットでは村山首相(当時)がオリーブ油にアタって下痢してリタイアしてるし。こんな虚弱な連中に率いられていて大丈夫なのか、この世界は。

*ゲロ
食事中のかたには申し訳なかったんですが、今日は昼食にラーメンを食べながら景山民夫『年そば』を読んでいたらこれが「ラーメンの混じったゲロ」の話でした。まあ痛み分けということで(なにが)。
------
お口直しに、焼き芋屋さんの屋台がパーシー・スレッジの「WHAN A MAN LOVES A WOMAN」を大音響で流しているのも見ました。これは楽しい。
------
そういえば渋谷は道玄坂のYAMAHAを出たところで、中学生くらいかなあ、お嬢さんの二人連れに「スペイン坂にはどう行けば」って聞かれちゃって。場所は判るのだけれどもまさか「黒人のビラ配りがいる角を」とも教えられないし、とりあえず東急本店前までの道を教えて「そこでまた聞いてください」としておいた。あとで考えりゃ、どうせ東急ハンズにも用事があったんだからついでに引率すりゃあよかったんだ、失敗失敗。まあとっちゃんとしてはテレもあるしね、しょうがないか。

そんで、20年前に買ったピーコートのボタンを雪の日に芦田(誰?)がなくしたのを、東急ハンズで1個100円で補充して、あとは縫い付けるだけ。

------
夜、冷凍しておいた鯛の頭の酒蒸し、おとついの沖レスのお土産で豆腐ようと海ぶどう。あとレンジで作るピラフはご愛嬌ってことで。
------
明日は早起きしてお風呂に入って、10時くらいから真面目というかシリアスな人たちをお相手に会議のお仕事。「こしらえ」を考えなきゃいけないんだけどね、いちばん新しい「革パン」じゃあマズいんだろうしなあ。

よし判った、チノの寝押ししながら寝る。

2002年01月15日 20時47分13秒


2002年1月14日(月曜日)。
昨晩は沖レスでゴーヤチャンプルとラフテー、豆腐ようと海くらげ、久米仙。
そんで帰宅途上に買い込んだ「カキフライと豚生姜焼き弁当」、太りゃせんか。
------
そして朝9時起床、日記どころじゃない。
2002年01月15日 07時55分22秒


2002年1月13日(日曜日、いちにちじゅうお仕事)。
7時起床、コーヒー飲んだところでなんか頭が痛くなってきたので二度寝。
なんだろう、また原因不明の宿酔かぁ?

9時再び起床。タネちゃんが「寝る前にコーヒーを飲むと、2時間くらい経ったところでカフェインが効いてきて目が覚める」って言ってたんだけど、ほんとなのかな。『増刊号』観ながらコーンフレークス、朝風呂。

風呂に入って頭を洗うわな。シャンプーを鬼のような勢いで流すわけだ、養毛系のサイトにそう書いてあったから。
なんか頭髪がにわかに薄くなってきたような気がしてだな。というか量は変わらないのだが細くなってきたような気がしてだな。

気にしていないわけではないのだが、人に「だいたい冬毛なのに薄くなるのはおかしい」って言ったら、「だから夏になるともっと薄くなるんだよ」って言われちゃって。

あとずっとお仕事。

------
こーれーぐーす画像。昼、日清の冷凍きつねうどん(お揚げととろろ昆布付き)に今日が賞味期限の生卵を放り込んで。七味じゃなくてなんでか「こーれーぐーす」(沖縄産のとんがらし泡盛漬)を使ったら風呂上がりなのに大汗をかいてしまって、それはそれでそれなりに楽しい。
なんか昼食の日清化が進行しているような気配があるのだが、まあいいや。
------
こないだ朝の下りの総武線に乗ったら、例の「座席の収納できる車輛」が座席を収納されたがために過疎化していて(そりゃ両隣の「座れる車輛」に乗るだろう、ふつう)、乗客が僕だけだった。
面白いので用もないのにケータイかけたりウクレレ弾いたりしているうちに、乗り過ごしてしまった。
------
都立高校の校長先生、修学旅行の引率中にビールを呑んだカドで処分。いいじゃねえかビールくらい、大目に見たりゃあの。
------
なんかTOTOが風呂場のリフォームのモデルを作りたいっていう営業電話をかけてきたのだが、「借家なんですが」って言ってみたら案の定そこでお終い。

うーん、風呂場を床暖房と房乾燥機能付にして大容量の全自動ジェットバスとか付けてくれないかなあ、大家さんに内緒で。あと曇らない鏡と(それは自分で買えってば)。

------
てんくにくん。人を介して、知り合いのお子さん(というかお子さん本人も知り合いだが)にてんくにくん(パイナポーウクレレ)を進呈した。
ちょっとスプルース単板のトップを不幸な事故で割っちゃったものだからあんまり弾いてはいなかったのだが、それなりに鳴るし、12フレットのズレもないし、まあちゃんとした楽器だ。

なんか喜んでいただけたそうで、善哉。

------
今日もテープをまったく介在させないテープ起こし。話はたいへんに楽しいし面白いのだが、クリティカルなタームがツーメニイでよく判らないところもソーメニイ。ネットと首っ引きでまあなんとか。
------
今日も妙正寺川に鴨さんの行列が泳いでおられる。なにやら様子のかわったかたが混じってるなあと思ったら、列の中ほどに鳩さんが1羽。
------
お仕事しながら洗濯。

安売りの黄色いトレーナを洗ったら、一緒に洗ったものすべてが黄色くなってしまった。サイケでいいや(笑)。

------
ニューヨークのデルさん(誰?)からメール。
こんち。 いまおたくのサイトのウクレレの音を聴いたんだけどさあ、どうやって録音してネットに上げたのか教えてくれないかな。
アダム・デル
付記してあったURLを覗いてみたら、NYのレコーディング会社の人なんだな(笑)。じゃあ方法が判らんわけじゃなくて僕がどうやったのか知りたいのだろうなと勝手に判断して、「ソニーのマイクとMDで録って、富士通のパソコンとローランドのソフトでエンコードしてるんだよ」ってお返事しておきました。

とまれ、ニューヨークの経済も順調に動いているらしいこととて、良哉。

------
夕刻。

そろそろ指も動かなくなってきたこととてリタイア、酒に走る。

2002年01月13日 16時54分55秒


2002年1月12日(土曜日、とくになにもなく)。
昨晩はつい早めに「ふらんす亭」で「レモンステーキとカレーライスのセット」なんか食べちゃったものだから、お酒を呑みそびれてしまいました。期せずして休肝日(笑)。

でも今日のお昼も「つな八」の「天麩羅定食」だったりしたものだから、これだけ脂っこいとあんまり休肝日の意味も無いかもしれません、ままならぬものです。

晩は湯葉とか茄子とかそんなのにしようと思っています。

------
加藤紘一、贈収賄疑惑について「自身の利益供与」を否定。
贈収賄の構成要件を知らんとみえる。それでも政治家か?(もちろん、収賄疑惑を持たれた側の利益供与の有無に関わらず、「それを期待しての贈収賄行為」さえあれば罪体は成立する)。

あのね、どういう経緯で貰っていたかこそが問題で、紘ちゃんのその後の態度は問題の外なの。そこを主張して信用を回復しようとしても無駄なの。判る?

------
ついでだが、NHKのニュースで「医療事故が相次ぐなか」って言ってたけど、医療事故が相次いでいるわけではなくて、これまでバレてなかっただけだと思うぞ。ほかにどういう考え方があるのだ。
------
2月17日、ブッシュ・アメリカ大統領来日。
ちょっと呼んでくれれば日本の政治家の誰でもが行くのにさ、わざわざ来てくださらなくてもいいですよ、ブッちゃん。
せっかくの日曜日なのに出歩きにくくなるしさ、公安は「アラブ人だけ戒厳令」とか出しそうな気配だしさ(政府としてアフガン(であれどこであれに対する)空爆を支持しているということはそういうことじゃんの)、反動がここを先途とまた既成事実を作って権限強化に走るだろうことも予想されるわけだし。
来なくていいですよ、お忙しいだろうし>>ブッちゃん。
------
カシアス・クレイ、ハリウッドの殿堂入り。

殿堂の碑はふつう舗道に埋め込まれるのだが、報道(いま観たのはTBS)では「自分の名前を踏まれたくないから」、モハメド・アリの名前だけは「劇場の壁に」埋め込まれるそうな。

ちゃうねん、モスレムの洗礼名はそれだけ神聖なものだっていうところを押さえるべきニュースだったとは思うのだが。
殿堂入りそのものについては、どのへんがハリウッドと関係するのかがよく判らないのだけれども(主演映画はあるけどね)、イチローを顕彰しようとした日本とか地元とかと同じなのかなあ。もとより文句はないのだけれども。

------
拾った孫ネタだけど面白かったので掲載しておきます。

岐阜は垂井警察署のサイトの重大ニュースで「熊の出没」ってのがあって。
なんか町内にクマが現れたという報があってあたりが騒然となったそうなんだけど、

>>シカやイノシシの出現には慣れている署員も、野生のクマとなると話は別
っていうのがかなり笑えたもので。笑っちゃ悪いかも知れないんだけれども、住むにはいいところなんじゃないかなあ。
------
というわけで眠っていたら、白い顔をした巫女さんが群れて寄ってきて。
2002年01月12日 20時52分39秒


2002年1月11日(金曜日、断ガスというか停ガスというか)。
朝5時半起き、単なる年寄りかも。
朝、冷凍酢豚と味噌汁、ご飯に梅干と健康的。

昼、週刊朝日で褒めていた日清カップ麺「すみれ」。事程左様に大衆はマスメディアの情報操作に弱いって俺だけなんだろうけれどもね。

笑っちゃうことにちょっと昼からガスが止まってるもので(料金払えよ)、落ち着いてキャンプ用のコンロでお湯を沸かして、と。貧乏そうな雰囲気がなかなかよし。
それで食べてみたところが、どっぷりこってりスープのくせについ飲み干しそうになるくらいに(膵臓の健康を考えて我慢)美味いんだな、また。ちょっとびっくり。

------
気分も新たに、新年一発目のテープ起こし。

というか、MDで貰った音声をWAVファイルに変換したものをCD-ROMに焼いてもらってきてPCで聴いて文字起こしをするって、どこにテープの介在する余地があるのだろうか、なんてことは措いといて仕事仕事。

------
空き時間にちょっと東中野までガス代を支払いに行って、資源回収のボックスが空いていたので焼酎の空き瓶も30本ほど提出する。でもまだなんかいっぱいあるなあ、焼酎の空き瓶(どんだけ呑んだんだ)。

とかなんとか言いつつ、ピーロート・ジャパンが「アンケートハガキに答えてくれたらワイン1本あげる」っつーので、熱心に書き込んで50円切手を貼って投函。ネットでも同じようなことをやってるんだけどねー、こっちは必ず貰えるってものでもないようだし、まあしょうがないな。

2002年01月11日 17時29分25秒


2002年1月10日(木曜日、一攫千金)。
6時半起床、朝からサッポロ一番名店シリーズカップ「青葉」。たいしたことないな、中野青葉も。

いろいろ佳境、午後から丁寧に言うと「ケツに火」

------
毎日新聞の見出し、
<アフガン>米空中給油機が墜落 パキスタン西部で着陸前
あたりまえだろう(もちろん「見出し」だから問題にしているのだ)。
------
マイケル・ジャクソン、米ミュージック・アワードでは生演奏せず。踊ってたら鼻がもげて客席に飛んでったっていう噂は本当なのかなあ(まさかね)。
------
韓国での慰安婦基金、受給拒まれて頓挫寸前。
だってよ、やってる政治家が「謝罪してさしあげたい」とか言ってたもんな、誰が貰うかそんなもん。
------
さて、お仕事ほっぽらかしてビッグコミックスピリッツのミレニアム大賞(原作で可、大賞賞金1,000万円)の原稿をようよう脱稿。金鉱探しと銀行強盗の出てくるいい話で、400字詰め50枚を半日で上げたんだからまあまあの成績でしょう(でもアイディアはストックからだから大したことないかも)。

1,000万円‥‥家賃100年分くらい? とりあえずエアコンと瞬間湯沸器が欲しいかしらん。あとステルス(ウクレレ)とFLUKE(ウクレレ)と、PC。オーナーで贅沢なライブを演って、あと借金返済

------
というわけで、すっかり油断して「クレヨンしんちゃん/嵐を呼ぶモーレツ! オトナ帝国の逆襲」(映画版)をレンタルしてきた。え? 俺は「だらくやストア物語」から読んでるんだからいいんですよ、それで。

劈頭20分ほど観てみたら、いきなり舞台が1970年大阪万博。当時行ったよ、小学生の俺が自分で計画たてて、3日間かけて会場内をうろうろして、いちばん覚えてるのがガス・パビリオンだったりなんかして(もちろんソ連館、アメリカ館なんかは当時からシカト)。

------
あ、先行者の好きな人、こっちも観てね。
------
というわけで疲れたので寝る。
2002年01月10日 21時05分33秒


2002年1月9日(水曜日、微妙な忙しさ)。
意味なく6時起床、とりあえずコーヒー。

TVK「まんが世界むかしばなし」を眺めていたら、猫の逃走シーンのBGMがHOLD ON I'M COMINGだった。ちょっとびっくり。
朝食はコーンフレークスと、昨晩の残りの牛スープ。
昼、日清の冷凍ラーメン(醤油)に冷凍菠薐草、冷凍手抜き葱、冷凍コーン。ついでにベーコンも炒めたのに、乗せるのを忘れました。どうしましょう。

------
アクセス数の推移(なんで折れ線グラフじゃないんだろう)。ここんとこショボく30view/日くらいだった(いやそんなもんでしょう)この日記のアクセス数が、昨日いきなり80くらいになっていて。
え? みんな会社で読んでるの? 仕事ヒマなの?
------
万屋さんでナイロンテグス10号(50メートル)を購入。もちろんウクレレに張るのだ。
------
することがないのに(ないので)無理矢理お仕事。というか予定表真っ白(本年中で字幕3件、音楽鑑賞2件、忘年会1件、あとタイフェス)。どうやって生きていこうか考え中。
------
秋田県警、仕事納めの勤務中に署内で麻雀大会、21人処分。
  1. 人数が合わない(4の倍数になっていない)。2抜けか?
  2. 賭けてたのは今度は図書券じゃなくてビール券。現金でいいじゃん、そんなの。
------
トラボラ捜索、終了。最初っからいなかったりなんかしたりして。
------
ところで、上高田までB-FLETS(光ファイバー)がやってきた! さっさと行くぜ10MBPS、待ってろよ。
------
午前6時20分、京葉線が故障で停止。
午前8時10分、京葉線が急病人で停止。
午前9時15分、中央線が事故で停止。
午後1時10分、総武線が故障で停止。
なんか故障のカルマが千葉から西へ向かっているような気がしないでもない。
------
ハワイの読めない名前のかたから(っていうか、どこからどこまでが名前なのだ)、りびテツのCDのご注文を頂戴する。うわあ、いいかげん焼かないとなあ。
------
夕刻、通りがかりの子どもが明らかにリレーのバトンらしきものを放り投げて「あーした天気になーれー」と言っていたが、バトンを投げてなにが判るというのだろう。
------
味ノマチダヤで『山ねこ』3本ゲット。
------
米司法省、不法滞在民31万人のうちアラブ系6,000人を国外退去処分へ。なんでアラブ系からかというと「テロ行為に関与する可能性が高いから」なんだそうで。あのー、それって明白な人種差別なんですけど。
------
晩飯、昨晩の仙台牛より高価な比内鶏とカット野菜でスープ。あとひたし豆、べったら漬、刺身湯葉と品数だけは豪華。もう喰えない。
2002年01月09日 22時15分10秒


2002年1月8日(火曜日、牛を買う)。
就寝1時だったのに午前6時起床、今年最初の生ゴミを無事に提出。ふう。あと燃えないゴミもすでに飽和状態だもので、土曜日も頑張らねば。ふう。

朝から元気にご飯、納豆、渡り蟹と白菜の味噌汁、ベー玉。
あ゛、もう米がない。トイレの電球も切れた。眠い。

------
知り合いの勤め人の会社は昨日が仕事始めで、社内放送で社長の年頭があったんだそうな。

それで「米での同時多発テロの影響、また国内では狂牛病などの諸問題が山積しておりますが、我が社は確固たるビジョンを据えて全社一丸となって、みたいな話だったんだろ?」って聞いてみたら、「うん、確かそんな話」ってさ。やっぱり真面目に聞いちゃいないらしいな、俺の知り合いだし。

------
特攻少年の顔写真ゲット、なるほど。もちろん掲載なんかしないが。眠い。
------
スーザン・ジョージさん(若いころ)。午後ロー『小さな目撃者』、懐かしいなあ。でもちょっと観てる時間がない、残念。スーザン・ジョージさまのご尊顔だけ拝して終了ってとこか。眠い。
------
今日の無断リンク:燕市で靴の鍍金などを手がけておられる高秋化学さん。いい名前です。
------
今日の無断(だと思うけど忘れてるだけかも)リンクされ:こちら。点字研究ページの点字関連リンク集のなかに「虎の穴。」がぼそっと入ってます(なんでねやろ、点字は一字たりとも判らんのだが)。

もっと判らんのが「Music / Information, Revue」。日本の音楽家を紹介しているらしき英語のページなんだが、こんなとこから「虎の穴。」にリンクしてどーするのよ。

------
味ノマチダヤさんまで行ってみたら、定休日でした。
しょうがないから東中野サミットまで行って、カット野菜だの安売和牛だの米だののを仕入れる。あと鮒富佃煮さんでアミと烏賊塩辛。
------
野良牛、現る。たしか年末にも埼玉で発生してたよな。そういえば漬物学者がカンボジアで野良象を見かけたと言っていたのだが、ちょっと楽しすぎるだろう、それは。

ちなみに東中野サミットで購入した古川の黒毛和牛つまりこてこての仙台牛が100グラム150円とかでしたよ、生産者は泣くに泣けまいて。

俺としては国産牛に絶滅してもらっても困るのでさいきんはときどき牛も食べているのだけれども。冗談ごとではなく、さきの大戦後に名古屋人は名古屋コーチンを絶滅させかけた。あと、消費税課税当初には俺は「1円玉の囲い込み」なんかしてたりして、そういう豆行動を俺はよくとる(選挙には取り敢えず行く、みたいな)。

たとえば河豚を喰って死ぬ人が年間3人くらいずつもいるわけだし、狂牛病ならようするにクロイツフェルト・ヤコブ病なんだから死ぬときはそこそこラクなんだろうし(不謹慎? まず農水相に言ってね、それは)、まあいいでしょう。

------
今日のナマキズ:買い物の出掛けに「あれ? 左薬指に切り傷が」とは思っていたのだけれども、サミットへ到着してポケットから手を出したらこれが血まみれで、ぽたぽたと滴り落ちる血液を目撃したそのへんの子どもが火のついたように泣き出した(笑)。
※人の痛みの判るいい子になるぞ。
着ていたアビレックスのパーカのポケットの中も血まみれで、あーびっくりした。

今日のナマキズ2:顎を掻いていたら、出血(なんだそれ)。カミソリ負けでもあったらしいんですけどね、しょうがねえな(子どもかい)。

------
渋谷のタワーレコードのレシートを眺めていて、面白い記述を発見した。
>>12月.1月ノキュウカンビハゴザイマセン.
ああそうですか、はいはい。ご同様でございます。
------
ところで、台所の瞬間給湯器が入居以来壊れっぱなしなもので、さいきんはお風呂場の給湯器でお米を研いでいるのだが、これでいいのかなあ。買ってきた米櫃も、入浴ついでに風呂場で洗って乾かそうという魂胆なのだけれども、これでいいのかなあ。なんつっても風呂場だし。
------
柏ロックインさんに、先日購入したハモニカホルダを5本ほど注文してみる。とりあえず手ぶらでクロマチックを吹く方策はこれしかないわけだし、この680円が壊れたら(ジョイントがハトメだったりしてけっこう怪しい)困るわけだし、安いし。

練習のほうはまあ順調というか。とりあえずハモニカの伎倆を上げるべく、ホルダを装着して仕事しながら手ぶらでいろんな曲を吹いているという間抜けな図が見られるわけで、これはこれで面白いかも。記念写真とか撮っとくと後で笑えるのかなあ。

さらにウクレレを構えてみると、ただの安いフォーク野郎。ということはステージでの初手はナガブチかユズかジョン・デンバーだな(もちろんそのあとぶち壊しにするわけで)。

あと、なんでかそこにあるバイオリンとフルートの練習もせねばならないのに仕事がぜんぜん終わらない(よくよくチェックしたら「消印有効」のお仕事だったものでひと安心ではあるのだが)。いいのかこんなことで。

------
というわけで晩飯は牛スープ:
仙台牛を軽く炒めて、鳥ガラスープ(化学調味料無添加、そうでないとてきめんに酔っぱらう)で茹でて、アクを取ってからカット野菜(シチュー志向でジャガとニンジンとタマネギなもので昨日とは違う)を放り込んで、ジャガイモに箸が通ったらあと塩胡椒、お終い。
2002年01月08日 20時59分18秒


2002年1月7日(月曜日、いちおう仕事始め)。
まったくやる気なく、11時起床。仕事始めなのに。

朝ご飯、味噌汁の具に芽キャベツを使ってみたけど大失敗(笑)。
午後、中井鳥一で鶏肉を購入。グリーンジャイアントの冷凍野菜と合わせてポトフを予定。

------
アメリカの子ども、ビルに特攻っていうか事故なのかなあ、全米震撼。

冗談ごとではないのだが、妙な人にヘンなヒントを与えないといいなあ。
あと、子どもの人種や信教についての報道がいっさい無いみたい(アメリカのYAHOO!も覗いてみたんだけど)なのは、やっぱり箝口令でも敷かれてるのかなあ(筑紫がニュースで「白人の少年」って言ってはいたけどな)。

不審な東洋人、江ノ島に上陸。全日震撼、でもけっきょくトチ狂ったオヤジの口から出まかせ。

ふつうの個人の思いつきだけで、世界がどんどん壊れていく。

------
静岡のタウンミーティング写真(右端に字幕)。
タウンミーティングの写真のURLが変わっていたので、しつこくコピー。過去の日記修正? 気が向いたらね。
------
昔の字幕現場写真。
ついでに検索してみて、こんなのも発見。1999年11月の画像だが、この字幕を叩いているなかに俺もいた筈。たしか西新宿で、そのへんのレストランで洋食を食べたらあんまり美味しくなかったような記憶がある。
------
東西線落合駅で、券売機の前でフリーズしているお婆さんがいらしたので、再起動してあげることにした。
俺「どちらまでですか?」
お婆さん「あ、浅草までなんですけど」
俺「浅草ですか。230円、日本橋で銀座線に乗り換えですね」
婆「あの、雷門のある‥‥」
俺「ええ、雷門の隣に出ますから。浅草寺は初詣ですか?」
余計なことを聞いて世間話をしているうちに電車が行っちゃったよ、いいんだけど。
------
あと道ぺたで座り込んでフリーズしているらしきお婆さんも発見、声をかけてみたら「ただの休憩中」なのだそうで、失礼申し上げました。大正2年生まれの90歳との由、お元気で。
------
あと昨日の落ち穂拾い。
  • 柏天然プラチナ温泉は楽しい。あんまり長湯する質でもないのだが、1時間くらいいろんなお風呂に入っていてもぜんぜん飽きない(ほんとはもっといたかったくらいだ)。
    あと、大したことのなさそうな食堂(失敬)の生ビールがやたらと美味しい。
  • ついでだが、食堂でビールを呑んでいるところで、湯船のほうから「係の人」を呼ぶ声がする。聞いていたら、なんか「カミソリの刃を湯船に落としちゃって、見つからない」のだそうで。そりゃまあジャグジーとか多いから見つからないのかもしれないのだけれども、それは係員を呼ぶ前にそのへんのお客さんに告知せねばさあ。
    あとから上がってきた連れに聞いてみたら、「え? なに?」って感じだったわけだし。そのあと「踵に食い込むカミソリ」とか「赤い泡」とかいった話題で盛り上がった僕たちも不謹慎極まりないのだが、まあ結果的にけが人もなかったようだし、いいや。
  • 柏駅前でゲリラ演奏も演ったのだけれども、あれはものすごく寒い。モモシキにジジシャツにセーターにマフラーに毛糸の帽子まで被って行ったけれどもまだ寒い。どうすればいいのだろう、これは来年の課題。
  • 柏の新星堂楽器店で、長いハモニカの挟めるハモニカホルダーを発見、即購入。いやあ、22穴クロマチックのYAMAHA SS-220が挟めるんですよ、これで一人でウクレレの吹き語りができます。嬉しいなあ。
    あと、ウクレレ売場には高級機しかありませんでした。ひょっとして柏には「通」が多いのかしらん。
  • T'sさん半分くんを見かけました。宴会でじっくり見せていただこうと思ったらご本人がさきに帰ってしまわれたので果たせず、ちょっと残念。またの機会に期待。
  • ホワイト餃子店の座敷には秘密裡に芋焼酎を持ち込んで、焼酎組だけでこっそり呑む。だって、「ビール」と「日本酒」と「サワー」しかねえんだもの、しょうがありませんわよねえ。
このへん、なにやら思い出したらまた書きます。
------
せっかく正月の締めとして、浅草橋ピッツェリア「ぼのぼの」へ。

帰りの東西線で、どっかの娘さんが車輛またぎの連結器を通るところで扉を閉めなかったのだな。いかにも酔っぱらったおっさんが「閉めてけよっ!」と怒鳴ったまではまあいい(まあいい)のだけれども、僕の隣でそれを見ていた3人連れのリーマン風味のいちばん若いのがぼそっと「おっさん」と呟いたのを、おっさんは聞き逃さなかった。

さて怒ったおっさんが「貴様いま何て言ったっ!」って寄ってきて、若リーマンの同僚と上司らしい2人がおっさんを止めて、でも若リーマンはやる気満々で却っておっさんに詰め寄っていく始末で、こんどは上リーマンがそれを止めて、みたいな騒ぎ。

僕としては取り敢えず持っていた楽器を騒ぎの反対側に寄せて、エロメガネを外して仕舞って(巻き込まれてまた割ったらたまんないし)、でもまあおっさんもなんとか納得して下車して行って、でも高田馬場では駅員さんがたくさん乗り込んできて。そのときのアナウンスが「車内点検のため」だったのには笑ったが。

俺がリーマン組だったら、揉める前にどっかの駅でとっとと駆け降りて走って逃げちゃうけどな。怖いわけじゃない、相手を置き去りにしてやるのだ(極めて平和なうえに、ぜったい負けない)。

------
エロメガネの螺子を締め直そうと思ったのだけれども、眼鏡を外すと螺子が見えねえ。いや齢はとりたくないものだ。
2002年01月07日 23時33分29秒


2002年1月6日(日曜日、ウクレレホワイト餃子)。
なんでか5時半起床(遠足の朝の子ども)。

朝からご飯、昨晩の鶏鍋の残りに白菜を足して味噌汁に仕立てて、納豆とシラス干し。豪華絢爛。

------
テレ朝『ガオレンジャー』と『仮面ライダーアギト』を観て、することもないので(まさか風呂にも入れないし)とっとと柏ホワイト餃子へゴー。
------
10時半くらいに柏駅前に到着、ウクレレなど弾いているところに三々五々とウクレレ弾きが集まってきて、温泉へゴー。バブっている温泉につかったりサウナで500グラム減らしたりすること1時間、あがった後の生ビールが美味しい。

不味いと評判のラーメン屋さん(ジモティー談)で美味しいラーメンをいただいてから、15時くらいに柏駅前へ。20人ほどでウクレレを弾くこと3時間、あまりの寒さに泣きながら18時くらいにホワイト餃子へ。持参の焼酎をこっそり呑みながら餃子ばかり食べて、毛穴から餃子を沁み出させながら20時くらいにブラックサンの忘年会へ。持参の焼酎を呑んだりしつつ国際情勢について語りつつ(悪酔いするぞ)酔っぱらって帰宅、沈没。

2002年01月07日 12時53分40秒


2002年1月5日(土曜日)。
6時半起床。

朝、到来物でWatawala Plantationsのセイロン茶。
朝風呂(寒かったから)の後、白米、なめこの味噌汁、ベー玉。
そのあと洗濯。昨日もなにやら洗ったんだけどなあ、なんでかこの頃は量が多い。

------
昨日はさ、道を歩いていたら、そのへんにいた猫がつと立ち上がって僕について歩いてくる。僕の歩く速さに合わせて歩いて、僕が立ち止まると猫も止まる。早稲田通りから中井駅まで500メートルほどの距離だったのだが、郵便局の手前くらいまでついてきた。

さして困ることもないのだがなんとなく踏みそうだしな。
犬のいる家の角でちょっと立ち止まって待っていたら、お誂えの親子連れさまが向こうから歩いておじゃる。目の前を親子連れさまが通り過ぎようというときについと歩いて、その前を横切ってみたら、あんのじょう猫も釣られて歩きはじめて、目の前にいる親子連れのほうについていった。よし、離脱成功。

------
さてこれも昨日の新年会、テーブルのうえにみんなしてPCを広げて情報保障などしながら楽しく宴会(どうでもいいけど、PCのセッティングの前に乾杯しようよ)。

そのうちジョン万次郎自慢のエレクトーン演奏が始まるわけなんだが、合わせてウクレレを弾いていた俺とか合わせてオカリナを吹いていた鳥取県民には問題はあったかなかったかは措いといて、補聴器使用者あたりで「あのエレクトーンって(高音部が、なんだろうな)うるさくない?」「うん、うるさいよ」といった会話があって、これが店員さんに聞こえたらしくて、エレクトーン奏者に「エレクトーンがうるさいそうです」みたいな伝言が行っちゃったみたいで。

演奏終了後にエレクトーン奏者さんのところにフォローしに行ったら、こんどは「りびさんがエレクトーン弾きのお姉さんを口説いていた」みたいな話になっているらしいが、それはそれでまあいいや。

酒のほうは、鳥取人と2人で「いいちこ」のボトルを2本。5年前なら2人で倍は行けたのだが。

------
今日の無断リンク:中央日報犬肉食を正しく伝えようと主張。
個人的には、欧米の頑固頭なんかほっとけと思うのだが。そも人さまの食生活に口を挟むことこそが下品極まりないわけで、相手にする必要なんかないよ。
------
買っておいた『U.M.A.』を観る。原題が『LAKE PLACID』なんだが、そりゃあそんな題名で公開したら日本人は全員「あ、五輪の映画だ」とか思っちゃうんだろうなあ。でもUnidentified Moving Animalsといいつつ、あっという間に正体判明(笑)というのも問題あると思うぞ。

さらにまったく関係なく、いま気づいたけど、スティーブ・マイナーって沼が好きなんだな。

------
味ノマチダヤさんにリュックを背負って行って(懐かしや、大阪の身障国体の備品だ)、芋焼酎「尾鈴山ねこ」を詰められるだけ買ってきた(つっても4本だけどね)。正月粗品でなにやら美味しそうな納豆も頂戴する。善哉。
------
晩飯は、中井駅前「鳥一」で季節限定「雑煮用」のお肉(たぶん胸肉のコマ)と「鶏スープ(冷凍)」を買ってきて、白菜とかまいたけ(煮ても焼いても喰えるほう)とかと炊き合わせて。つまり鍋か。
------
明日は9時発で「柏ウクレレホワイト餃子」
2002年01月06日 08時05分11秒


2002年1月4日(金曜日)。
えーと。鳥取から人が来たので出迎えて宴会、みたいな。

道を歩いていたら猫がついてきて、といった話はまたあとで。

2002年01月05日 00時37分44秒


2002年1月3日(木曜日、今日も短いぜ!)。
特に書くこともないなあ。

てきとうに昼飯などいただいてから、寒いのでモモシキを履いて新宿まで散歩、人の波に呑まれてなんにもしないで帰宅。

------
昨年正月はあれだけTVに出まくっていた東京コミックショー(巳年だったから)を、今年はまったく見かけないなあ。代わりに午年とて円楽ばかりが(嘘)。
------
3度目になるだろうか、金子修介『クロスファイア』をビデオで鑑賞(4日深夜にTV放映もあるんだけどね、そんなもんTVなんかで観たくないし)。

先づは小さいTVがモノラルであるうえに箱鳴り(プラスチックの胴体が音声に共鳴してノイズが入る)するもので、しょうがないからビデオの音声出力をむりやりパソコンに繋げて鳴らすようにした。即ち、パソコンがフリーズするとテレビも観られないわけでって、ビデオキャプチャでTV鑑賞している場合の「悪いとこ取り」をしているわけですね。まあいいや。

映画そのものは、怪獣映画として大好きなんだけどねー(金子組というか樋口組の特撮(と炎)も素晴らしいし)。批判はいろいろ聞くのだけれども、これだけ的外れな悪口を言われている映画を他に知らない。

------
そんで適当に呑んで沈没。きわめて正月的で好ましいかぎり。
2002年01月04日 04時25分48秒


2002年1月2日(水曜日)。
なんも書くことねえぞ。

朝起きて、なんか食べて(正月感まったくなく)、春日部の知人宅まで2時間かけて行ってお屠蘇などごちそうになる。そんで2時間かけて帰宅、終了。

2002年01月02日 22時53分59秒


2002年1月1日(火曜日)。
6時起床。
------
朝は茄子の味噌汁にご飯(さいきんよく炊くようになった)、なめたけ。てっきり日常。
------
首相権限の強化や非常事態における私権制限の原則をうたった「安全保障基本法」(仮称)
正月早々これかい。泥縄? 右傾化?
------
居間の白黒テレビ(21インチ)と寝床のカラーテレビ(14インチ)を入れ替えました。やっぱり正月番組は紅白(色、ね)が見えませんとね。
------
なんとなく新井薬師で初詣、漬物学者宅にお年始。21時に酔っぱらって就寝、翌2日午前1時起床。
朝御飯用にコンビニで卵など買ってくる。てっきり日常。
------
帰りがけ、とあるマンションの前にかなり立派な葉牡丹の植栽があるのだが、小さな立て看板があって「ハボタンオヌカナイデ」とある。抜くなよ、そんなもん、頼む。
2002年01月02日 02時27分31秒



get to:       りびけんの国!   パソコン要約筆記虎の穴!  BBS