徒然草むしり。

徒然草むしり。



毎日更新されると思ったら大間違い。
本当のことが書いてあると思ったらもっと間違い。

get to:       りびけんの国!   パソコン要約筆記虎の穴!   BBS  

2002年6月30日(日曜日、休肝日3日目)。
昨晩眠れずに観たゴジラ(本家)より。
>>臨時ニュースを申し上げます。仝。ただいま、港区、品川区、大田区民に対し、完全退避命令が発令されました。繰り返します。仝。なお、ラジオのスイッチを切らずに、そのままお待ちください。
あのさあ、「ラジオを切らずに」、「そのままお待ち」してたら退避できねえじゃんの。1954年にポータブルラジオがあったんなら別だが(トランジスタラジオの発売は1955年だったように思う)。

そもみんな、ゴジラの解釈を間違ってると思うんだな。

どだいあれは、無理矢理呑まされて酒臭い息を吐きながらお門違いの怒りによって呪詛を吐きつつ周辺のすべてをぶち壊しにしつつ闊歩している、理性を失ってなおかつ腕力のある酔っぱらいのオヤジなのだ。つまり俺だな。そこを見誤ったもので、アメリカ版は失敗したのだ。
-----
明けて午前7時起床。って3時間しか寝てないじゃん、テレ朝『ハリケンジャー』だけ観てから二度寝。
しかしこいつら、いつもいつも一人を相手に五人で戦っていて、バックアップしてくれる組織もあって、都合が悪くなると巨大化して、なんとなくひきょーなような。 正義だからいいのかな。アメリカみたいだな。

あ、「兵法」を「ヘイホウ」と発音していたが、それでいいのかな。
-----
てきとうに起床。

テレビを点けたら、『ジキル博士はミス・ハイド』をやっていた。どうせ女装系コメディだろうと思って未見だったのだが、本格サイコ・サスペンスでやんの。いや失礼しました。
-----
今日気づいたこと:カモノハシって、ヘソがないんだろうなあ。
-----
19時のNHKニュースで「30日間の闘い幕が降りるわけです」と言っていた。「闘い幕が降りる」のではないのか、なんて思ったのだけれども。よーく考えるとNHKのほうが正しいな、失礼した。
-----
東中野ライフに買い物に。なんと蜆が売られていないので、とっとと出て、なんでか吉野家によったあとに東中野サミットでお買い物。カット野菜があったので、今夜はシチューにする。

お米も買ってきた。無洗米のコシヒカリなのだが、よく見るとPライスってタダシの会社じゃんの。信用ならんな、今後気をつけねば。
-----
だいたい判った『東京ラプソディ』

1番。
銀座のティールームでデートしていたのは、どっかのお嬢さん。
2番。
神田で夢見ていたのは、たぶん片思いのお嬢さん。
3番。
浅草のダンスホールでは踊り子さんと遊ぶ。
4番。
新宿駅で見かけた女の子は、こないだの浅草の踊り子さんかなあ。あの指輪って俺のやったやつだったっけか。えーい、顔が思い出せねえぜ。
ちなみに、たぶん1番のお嬢さんと所帯を持ったらしき「5番」も存在します。
-----
おい東京都立MXTV、隅田川観光案内のBGMに「美しき青きドナウ」を使うのは、非常によろしい。笑えた(画像が吾妻橋にウンコビルだぜよ)。
-----
夜、鶏肉シチューなど。
明日は告別式。
2002年06月30日 22時49分12秒



2002年6月29日(土曜日)。
昨晩の話なのだが、なにやら脇腹に違和感があって眠られない。なにやらったって肝臓なのだろうけれども、なんだろうか。ようよう眠れるかな、と思った次の瞬間に、引き戻されるように目が覚める。きっとまだ死にたくないんだろうなあ、しょうがないなあ。

肝臓先生とか読んだからだろうか。関係ないよ。

2時半、深夜診療もしている中野共立病院さんに恐縮しながら電話して状況をお話しして、看護婦さんから「すぐに死ぬことはないから、しばらく様子を見てください」との由。しかたがないので暫く映画など眺める。またゴジラ(1985)。

3時、ゴジラ観てても生産性がないので、というか、その、つまらん。ので、散歩がてらちょっとコンビニまで行ってビタミンCの錠剤と茎わかめ、紙パックの麦茶を購入。
帰宅して、開発丼肝臓スペシャル(ご飯に納豆、蜆の佃煮、生卵を放り込んで混ぜた凶悪な丼ご飯)を作って、よく噛んで食べる。
どうでもいいけど、納豆の辛子パックを見るたびに『低レベルハイデザイン研究所』を思い出してしまう、なんとかならんか。

ゴジラで思い出したんだけど、ウチになんかのときに貰った怪獣型のネジ回しがあってさ、ロゴにNEZIRAって書いてあんねんよ。これはやっぱりNEDZILLAでないといかんのではないか。
あとどうでもいいけど、ゴジラに遭遇した新幹線は停止なんかしないで、とっとと全速力で眼前を走り去ったほうがいいと思う。あんな動作のとろくさい奴につかまるわけがないのだ。

午前5時、なんとなく調子もよくなってきたので(燃えないゴミを出してから)寝てみる。この続きが掲載されれば、死ななかったってわけさ。

しかし、何回となくおんなじようなことをしているような気がするなあ。
-----
11時起床。
-----
中野の中古ビデオ屋さんで、『ロボットモンスター3D』を見つけた。3,000円、欲しいよ欲しいよ欲しいよう。あと、『サンダ対ガイラ』も発見、1,800円。欲しいよ欲しいよ欲しいよう。でも我慢。偉いね、いい子だね。
-----
昼、中井駅前「尾張屋太吉」にて肉南蛮蕎麦。
-----
午後から所用にて渋谷をうろうろして、下北沢へ移動。下北沢のお好み焼き屋さんでお好み焼きを食べてから、狛江で老人会慰問バンドの練習。

とき:
7月6日(土)14時〜
ところ:
狛江市役所中庭
演し物:
バンド演奏その他、バンドに混じってりびけんがなんでかいる。
昭和歌謡などちょと歌う。

参加資格:
入場無料、出入り自由、らしい。
雨天でもよっぽどのことがなければ決行。

お好み焼き食べたばっかりだっちゅうに、2時間もするとお腹空くね、やっぱり。
-----
練習中にお電話をいただいて、かつて創業に立ち会った日本ビジネスクリエイト社の市井先生(社長かな? 会長かな?)の死を報らされる。亡くなるような齢でもないし、とんでもないことだ。僕にとってのヒーローであっただけに尚更。もちろん、いま請けている仕事を放り出して駆けつけるようなことはしないのだが、もちろん判っていただけるわけで。練習は続けた。
-----
帰宅してなんか喰って寝る。
2002年06月30日 02時29分43秒


2002年6月28日(金曜日、イシャはどこだ)。
1985年版『ゴジラ』を観る。なのじゃよ博士曰く、
>>非核3原則がわが国のエゴイズムだと言わるのなら、それは認めざるを得ません。しかし、核を使いたがるのも、アメリカとソ連のエゴイズムではないでしょうか。
これは千両だと思う。
-----
薦めてくれる人がいて、椎名林檎『木綿のハンカチーフ』を聴く。能天気な男(ぜったい一昨日まで青いシャツ着てたよ)、暗い性格でネガティブなことしか言わない女(でもこいつも青シャツ者だろう)が見事に演じ分けられていてだな。こんなアベック、とっとと終わったほうがええわいと思ったことでした。たいしたものだ。

ジャニス・ジョプリン、大好きなんだなあ。椎名林檎っていい人なんだと思う(ちと正直すぎるような気もするが)。
-----
訂正:「つだむせんげん」ではなくて「つだむせんげん」ですね。間違えました、ごめんなさい。ちょっと呑んでたしな(いつもだろーに)。

あと「鳥ビュート版」ってなによ>>じぶん。
-----
耳鼻科へ。副鼻腔炎を通り越して蓄膿症だって言われちゃった。こりゃいかん(用語法はよく判らないのだが)。
頭部のレントゲンを撮る専用の台があって、頭の置き方を案内したパネルが貼ってある。モデルのお姉ちゃんがなんでか服を着ていない(肩から上だけだが)。看護婦さんに「なんで?」ってきいてみたけど笑われただけ。
個室のベッドに仰向けに寝かされて点鼻薬を打たれて、カーテンを閉められてしばらく放置される。することがないのでポケットの文庫本を取り出して読み始めたのだが、「ここでカーテンが開くとかなり間抜けだなあ」と思ってやっぱりやめる。隣の診察室ではハヤト君(推定年齢5歳)が泣きわめいている。静かにしなさい、子どもじゃないんだから。
先生が鼻の奥に長い綿棒のようなものを突っ込んでお掃除をしてくれる。鼻って奥が深いんだなあ、なんて思いながら間抜けな顔つきで我慢する。

診療後、1階のスーパーマーケットを久しぶりに(上落合時代にはよく来ていたのだ)見学。ああ、滅茶安のオーストラリア産ステーキ肉がまだある。腐りそうなやつは200円引きだったりするので、よく200円でステーキを食べたもんだなあ。おむかいのビデオ屋さんも見学して帰宅。
-----
越路吹雪『ろくでなし』の歌詞を捜しているのだけれども、3番はこんなんでいいの?

>>コーヒーがわいたら かげ口をきかれて
>>それでもこの街が いちばんきれいだわ
確かに歌本なんかでもこうなってるんだけどさ、意味がよく判らない。
-----
ジョン・エントウィッスル、逝去。合掌。
-----
今日のニュース:ウルトラマンコスモス、冤罪? おいおい、今回の損害額って億単位なはずなんだけど、円谷プロが倒産でもしたらどないすんねん。
-----
昨日の古畑任三郎はコントだった。今日は珍しく強行犯のうえに終わってないぞ。

って、古畑さんは捜査一課だから強行犯(と爆破犯)が専門の筈なんだが。
-----
NHKニュースの中継でアナウンサーが、

>>ここからは横浜スタジアムがゼンボウできます。
って言っていた。たぶん「一望できます」の間違いなのだと思うのだけれども。「ゼンボウ」はなんだろう、「全望」っていう言葉があるのかなあ、それとも「全貌」ってサ行変格活用できるようになったのだろうか。
-----
昼、野暮用で漬物学者宅に赴き、素麺。
-----
せっかくお鼻が健康になりそうなので、午後からついでに内科にも行ってみる。いや、昨年春に肝肥大がちょっとあって、お医者さんに「3か月したらまた来なさい」と言われていたのだ。うわははは、15か月も経ってしまった。

というわけで中野の共立病院へ。問診をちょっとして、血を少し抜かれて今日はおしまい。血圧は130/80だから問題なし。って、そりゃあないだろうさ。来週は検査結果を聞きにいく予定。
-----
18時半からウクレレの練習会で西新宿へ。晩御飯は「三国一」のほうとう。
このまま寝てしまえば、休肝日が完成する(ひさしぶりだなあと思って日記を見たら、14か月ぶりなの? まさか)。

2002年06月28日 23時47分20秒


2002年6月27日(木曜日、もうどうでもいい)。
なんかここんとこの日記のタイトルを眺めていると、ソーウツ病か私は、って感じ。
-----
雨だよ。夏至って過ぎたんじゃないのか。なんで「げし」なんて読むのだ(いいがかり)。
-----
朝、めちゃくちゃ濃い紅茶にミルク(なんで紅茶のときは「牛乳」って言わないんだろう、私)。
-----
昼、抜き。テプコさんの襲撃を受けて、有り金をふんだくられる。うぬれみずほ銀行!(いいがかりですすみません)。
-----
テレ東午後ロー『ザ・デプス』、当時どれが本物だったか判らない深海映画のひとつで、ショーン・S・カニンガムなのにつまらない、っていうかお前は13金だけ撮ってあとはスティーブ・マイナーに任せとけ。

ちなみに、出番が少なくてあまり暴れられないかわいそうな怪獣は鉢植えから出てきた『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』の植物。
-----
午後、お弁当屋さんの「チキンカツ梅ソース弁当」。カツ、サラダ、ご飯、梅干、お新香というシンプルな取り合わせが好もしい。あと「出るわ出るわ」というお茶、なにが出るのかは不明。
-----
田中康夫知事の「脱ダム宣言」のイントネーション(「抑揚」って言うと通じないよなあ)が、「ポツダム宣言」と同じだった(「ダ」が低い。字義通りなら「つだむせんげん」が正しいような気はする)。
-----
なんかで観たのだが、ちんちんはズボンの左側に配置するのが正統らしい(正体不明の「正統」が作っている場合。英国由来らしい)。余計なお世話だと思う。だからっつって「右にちんちんを」って英国屋に注文することもなさそうだし、いいや。

フレッド・アステアは「新品のスーツを買うと、壁に何度も叩きつけて新品感を消した」のだそうだが、その伝統は世良公則に引き継がれたのだな。こっちはまだ判る。
-----
落合第五小学校の前で、またカタツムリを踏みそうになって慌てて避けた(小学生が拍手してくれた)。またナメクジに怒られるとこだったよ。
-----
例の「昭和歌謡」のDB作りで、ソースを求めに中井TSUTAYAへ。演歌のごくいちぶ以外は、1980年以降のものしかないことを確認して終わり(借りたのは美空ひばりとかそんなんで、あんまり資料価値もなくて)。越路吹雪すら鳥ビュート版でしか存在しないというのは問題ではないのか(でもTSUTAYAだからしょうがないか。クサすつもりはない)。明日は図書館を覗いてみようと思うの)。
-----
週刊文春7月4日号掲載の『新聞不信』より。

(ロシアの新聞の反日報道に触れてから、)
>>不法に奪った領土を、五十年たっても島ひとつ返さず、試合に負ければ暴れて日本レストランの窓を割る。
そういう自己の野蛮を棚に上げて日本を蔑視するから、日本海海戦でコテンパンに負けたのだ。
いやあ、言論の自由っていいなあ。子どもの喧嘩みてえだ。
※ちなみに、「分割返還」はムネオの持論ってことになってなかったっけ。

-----
夜、作・湯山きょう子の大久保企画プロデュース公演、爆笑コメディーミュージカル(←原文ママ)『高島屋の怪人』を観にいく(池袋芸劇小ホール)。

楽しかった。終わり際にうすら涙が出た(私は意外と涙もろいが、『スミス都へ行く』と『奇蹟』(ジャッキー・チェン)以外で泣くのは珍しいことだ)。

少しバグ出しというか、をしておくと、

  • 社長がエレベーターガールに会うのは「拝謁」ではなく「謁見」だと思う。芝居で誤植みつけてどーする。
あとは細かい。
  • 九官鳥の名前のスタンダードは「キューちゃん」ではなくて「オタケサン」だと思う。キューちゃんはキューリかオバケでしょう。
  • 拗ねた人が床をヒトサシユビですりすりするなら、直線ではなくて「の」の字を描かなくてはならないと思う。
  • 最初のほうの曲(Stop in the Name of Loveとか)のテンポが遅すぎて(ドンカマのノリにも起因するのだろうが)、ノリきれていないダンサーさんがいた。今の若い人には、あのテンポは無理だと思うのだが、ちょっと速くできないのかなあ。そのほうがいいと個人的には思う。
  • ハトヤのカツオが逃げようとしていないのはおかしい(と思う)。あれはイキがいいから意味があるのだ。
  • けっきょく社長と小百合さんがおいしいところをぜんぶ持っていったのだが、社長の歌のときに怪人が口パクをしていない箇所があったように思う。なにか聞き逃したのかもしれないのだが、ちょっと疑念が残った点は否めない。
あとはどうでもいい。
  • お芝居のお客さんを「デパートのお客さん」という設定にして、「何をお求めでいらっしゃいますか?」という質問をして、役者さんがそれにゼスチャーで答えるというパートがあって。4つくらい隣の席のお客さんが『墓石』って言って、役者さんが見事に表現してみせた。あれ、俺のところに廻ってきたらどうしようかと思って必死で考えてたんだけど、なんにも浮かばなかった。まだまだだな、俺。
  • バカ息子というキャラクターが出てくるのだが、そのバカ息子が前説をしていて、ほんとにバカみたいで「前説からこんなんで大丈夫か?」なんて心配していた。まさかその時点で芝居が始まったいたとは思わなかったしな、やられました。そのバカ息子はカーテンコールまでずうっとバカをやっていたのだけれども、ひょっとしてあの人、ほんとにバカなの? ものすごく疑問(レジュメには「予測のつかないキャラクター」という褒めてるんだかなんだか判らない記述がある。そのあとに「努力家」とも(←これ、努力に結果が伴わない場合に使う褒め言葉だよねえ)。

    2つボタンのスーツの前ボタンを2つともとめてたしな。ふんむ、ぬう。
  • 森田歩という女優さんは、かなぞーに似ている。
  • 怪人の髪形にはバリカンは不要だと思う(僕は持っていてもいいのかもしれないが)。
  • 日本橋高島屋の許可は取ったのだろうか(「高島屋5階のエステ、だっせー」という台詞が最大級の音量で語られるのだ)。
  • 耳掛け式のマイクはどこで売ってるんだろう。俺ちょっと副鼻腔炎(所謂蓄膿ですね)のケがあるもんで、あれはちょっと欲しいの。
  • さんざ笑かしといて終盤で重くするっていうのは第三舞台から始まった手法のような気もするのだけれども(詳しくはないので間違ってるかも)、あれって流行ってるのかなあ(文句はなくて、単なる疑問)。
  • たぶん全曲が洋楽由来だと思うのだが、半分くらいの元ネタが判らなかったのが悔しい。よしやあの大ヒット曲群にオリジナルが混じっていてしかも遜色なく聴こえたのであれば作曲家は天才たらんという推論に因るのだが、どうなのかな。どうでもいいけど、小百合さんがキング・クリムゾン(『エピタフ』だったっけ? 『宮殿』に入ってるやつ)で踊ったときにはびっくりしたり驚いたり、凄かった。
  • シゲルちゃんが、ポートレイトの時期からずいぶん太っているように思う。野沢さんのコメントで「稽古場は毎日穏やかさが増しています」というのもあるので、楽しい現場だったんだろうな(もちろん文句なんかない。時代は王より長嶋なんだ)。つまり出演者のレベルが高かったという話か(それにしては到底ペイできないような入場料ではあったのだが)(それにしては四季出身とかナタリー・コールの舞台に立ってましたとかウエストエンドでぶいぶいいわせてましたという人がざらざら出演しているのだが、どうなっているのだ)。
  • モニタースピーカーはあんなもんが4つで足りるのかなあ。
  • なんだかんだ言っても、嶋田州見というキャラクターが実は必須だったのではないか、と2時間くらい経ってから思う今日子の頃。

-----
さいきんどうも口臭が強いなあと思っていたら(カノジョに嫌われている)、どうやら副鼻腔炎が治っていなかったところに「アルガード鼻すっきり洗浄液」を使ったら悪化したらしいんだな。

慌てて言っておくけど、アルガードさんに罪はありません。「鼻の炎症のひどい時は使用を避けてください」という注意書きを僕が見落としたわけです。

明日から小滝橋の耳鼻科さんに通院だな。

2002年06月28日 01時19分31秒


2002年6月26日(水曜日、私は湿気に弱い)。
朝てきとうに起床、オレンジジュースなど。
-----
日テレ、俺になんの断りもなく『太陽にほえろ!』の再放送をときどき取り止め。つまらん。
-----
お子ちゃまから問い合わせ(笑)。
>>「戦いの火蓋は、切って落とされた」の火蓋て何?
>>切って落ちるものなの??
お返事してみました。合ってるかなあ。
>>火縄銃(火縄というのは導火線ですね)の火薬を入れる部分を「火皿」と言って、その火皿を覆う「火蓋」という安全装置があります。
この火蓋を外して点火する、つまり弾丸を発射することを「火蓋を切る」と言います。つまり撃っちゃうわけだから、銃撃戦を始めることを「火蓋を切る」と言うわけです。

切って「落」とされるほうはよく判んないけど、そう言ったほうがなんとなくかっこいいからではないのでしょうか。
-----
昨日の続きで、僕が世界で一番すきな脚本家であらせられるラリー・コーエンさんなんだけど、刑事コロンボでいちばん好きなエピソードだった『別れのワイン』も書いておられたことが判明! なんてこったい、小学校5年生から好きだったんだな、俺。
-----
CX『笑っていいとも!』のコーナー「美男子ミュージアム」をタモリも田中も「びだんし」と発音しているようなのだが、「びなんし」じゃないのかなあ。いいんだけど、いちど「美男美女」と書いたフリップを読ませてみたい。

同じくCXのワールドカップ報道、「大舞台」を「おおぶたい」と言っていたけど、「だいぶたい」なんじゃないのかなあ。調べる気もしない。

そういえば「見上げたもんだよ、屋根屋のふんどし」は判るんだけど、どうして「大したもん」が「蛙のションベン」なのだろうか。
-----
今日の無断リンク:リビさん僕は心から信じてました!!
-----
三越テレショップ、

およそ7匹ぶんのズワイガニを‥‥。
単位はそれでいいの? その後、午後ローは『アトランチスの謎』。ネモ艦長が昨日に引き続き若山弦蔵、ちゃんと役立たずのロボットなんかも出ていて基本的なつまらなさ。もちろん観ない。
-----
昼、ニチレイの冷凍「タイ風カレー」。油断して食べてるとめちゃめちゃ辛いけど悪くない。
なんでレンジの真ん中に置いちゃいけないんだろうか。あと麦茶とか。
-----
しかし、報道にトルシエのトの字もないね。たしか国民栄誉賞とか言ってなかったか?
-----
カナダはバンクーバーの養豚場で7遺体を発見、50人連続殺人犯ついに逮捕か? やっぱりピクトン兄弟の犯行だったのか? なんで俺はそんなことに詳しいんだ?

答え:養豚場オーナーが「ピッグでトンでピクトン」って覚えやすかったから。
-----
夜、ゴーヤ・チャンプルー、締めた鯛、蜆の味噌汁、ひじき、切り干し大根、ヒマワリの種、鰻の骨、とうふよう、納豆、茹で卵、ウインナーソーセージ。

2002年06月26日 17時31分52秒


2002年6月25日(火曜日(2)、人生すべて気合)。
今日のどうでもいいけど:
この姐ちゃんのヌード写真がここ10日くらい毎日届くんだけど、誰? 迷惑なんだけどなー。
-----
FIFA(サッカー)、審判はインチキ宣言、チケットのトラブルは業者のせい宣言。

管理責任っていう概念がないんだな。
-----
山本直純さん関連の記述を観ていると、むしろ「作曲家」としての評価が高かったらしいことに気づく。「一年生になったーら」とか「寅さん」とかそんなん。どうなんだろうな、あのダイナミックな姿勢(←日本語にできなかった)から考えれば、作曲のみを取り上げるのも間違いなような気もするのだけれども(ものすごく間違ってるかもしれないけど)。
-----
千代田区、歩きタバコ禁止条例を採択。反対はしないが、さきに「歩きタバコの正しい方法」を啓蒙するほうがいいんじゃないかなあ。携帯灰皿は携帯しろ、火口は自分に向けろ、人込みで喫むな、くらいの常識が守られていないから弾圧されちゃうんだよ。俺たち喫煙者が山林も国鉄も守ってきたってのによ、感謝の気持ちがない千代田区という話にもなる。

そんで千代田区よう、タバコの自販機は撤去するんだろうな。いくらなんでも。
-----
原節子『東京物語』、7月6日に生放送。いやそんなに期待してないし観もしないのだろうけれども、ドラマの生放送っていうのがちょっと事件かな、なんて。
-----
TSUTAYA中井店にて。

  • トラボルタ主演『バトルフィールド・アース』のジャケットに、「祝・ゴールデンラズベリー賞7部門受賞(作品賞・監督賞・主演男優賞その他)」っていうステッカーが貼ってあった。ぜったい確信犯だな。
  • 西部劇のところに『エル・トポ」が置いてあったのもそう。ウソはついてない。
  • ホラーのスティーブン・キングの棚からは『キャリー』と『クリスティーン』と『シャイニング』が監督別の棚によけられていた。これはつまり「つまらないものはまとめておきました」ということだな。親切。

-----
近所の魚屋さんで毛蟹1杯450円! くそう、蟹なんか食べていたら仕事ができないので諦めた。
-----
TVK『NYPDブルー』を眺めていたら、脚本がラリー・コーエンだった。こりゃ凄い。

ついでに『バークにまかせろ!』も観る。楽しい。どうでもいいけど、ジーン・バリーの設定って35歳だよなあ。俺よりよっぽど風格があるのが気に食わない。
うわ、「あきめくら」って言った! 問題視はしないが、MXTVっていうのが笑える。
-----
7月28日、クラブチッタ川崎のジャズ・イベントにクレイジー・ケン・バンドが出るとか出ないとか。

【ONE-NIGHT SWING】
SUMMER JAZZ FESTIVAL 2002 @ CITTA'
CLUB CITTA'にてJAZZ イベント開催!
出演:ラベィ・スミス&レッド・ホット・スキレット・リッカーズ/モンティ・アレキサンダー/他
7/28(日) open 17:00 start 18:00 前)\7,000- 6/16 チケット発売
-----
山崎規夫先生。夜半、山崎規夫師父からお電話を頂戴する。10月13日のイベント、「付き合ってやってもえーぞ」との由、ラッキー。どんどん目茶苦茶な曲を書いてどんどこ送っちゃろ(笑)。

乞ご期待、凄いことになるぞ。
-----
くだらないからリンクしないけど、「外来語乱用に歯止め、文科省が「言い換え集」作成へ」ってさ。バカバカしい。
-----
深更、どうせサッカーのせいで空いてるだろうと思って中井川っぷち「錦山」へ。空いてた。
あとコンビニでパスタなど。

2002年06月26日 01時33分43秒


2002年6月25日(火曜日、ガッツだぜ石松!)。
えーい、から元気も元気! 行くぜ。
-----
昨晩の豚汁は中華鍋で作ってみたのだが(中華鍋に水と味噌という段階で、感じとしてはすこしヘンなのだが)、まあ成功だったんじゃないかな。ダシ? もちろん豚。味噌? 赤っぽいやつ。

先日緊急にコンビニで購入した「出汁入り味噌」、捨てるのもなんだしなあ。どうしようかなあ。
-----
COBAさんに指摘していただいたのだけれども、ウクレレ天国(新)の掲示板リンクが壊れてたみたいなの。そりゃあhttp://sound.jp/の内部でgeobook.htmlを指定しても、そりゃあなんにもないわな(まぬけ)。

数年ぶりにメタタグを書いてみたんだけど、これがieなら動作するんだけどncだとセルフリロードするだけだったりなんかして(オペラだとどうなんだろう)、やっぱりどこか間違えているらしい。しょうむな。
-----
ちょうだいしたgooの携帯ストラップなのだが、ちからいっぱい「www.goo.ne.jp」って書いてあって(ラストのスラッシュも入れたほうがいいようにも思うのだが)、「なんでケータイにいちばん近いところに在るものなのに、ケータイ向けアドレスを書かないんだろう」と思ったのだけれども、そーゆーアドレスは存在しない! らしいんだな。ふうん。
-----
しっかし、ビデオ『ホーク−B計畫−』は凄かったなあ、劇場で観たかった(行けよ)。俺も鬼畜生のような奴しか出てこない物語をウン百と眺めてはきたけれども、ここまで文字通り「人の命を虫けらのように」扱っている映画もないだろう。いや、たとえばゴキブリにアースを吹き掛けるときでさえ人は「ごめんね」と思ったりもすることがあるのだろうが、今回はそんな気持ちのかけらもない。もう『SCORE』以下の外道の世界。
音楽は全編通して「アクションっぽくない」レクイエム調なのだが、そりゃあこんなもんに景気のいいのを乗せたらギャグにもならない。そのくらい凄い。というわけで敵も味方もヒロインも、数百人が壊れた時計のように死んでいった。

でもオウム真理教の人たちってこんな気分だったのかもなあ。

パクリはねえ、

  • ダイ・ハード、
  • シンドラーのリスト、
  • フェイス・オフ、
  • ブロブ、
  • お相撲(悪漢が警官に張手をかます。初めて見た)、
たぶんほかにもいろいろ。選択も引用も趣味がいいから気にならない。というか気持ちいい。
-----
今日の無断リンク:まっとう。
-----
山崎規夫先生。バイオリンの山崎規夫師父から、数年ぶりにメールを頂戴する。ジャムのお誘い、嬉しいけど日程が。
なんかバイオリンの「ダダリオの弦」を捜していて、「ウクレレ天国」にひっかかったらしい。サイトも持つもんですな。

そういえば規夫先生で俺のオリジナルってできないかな。正しい使い方が難しい人ではあるのだけれども、チャレンジする意義は大きい。そういう演奏者なわけよ、この人は。
-----
今日のヒマネタ:
6月6日:補聴器の日。なんで?

3月3日:桃の節句、耳の日(これは判る)、
4月4日:オカマの日(マジでトランスジェンダーの日だったりする)、
5月5日:端午の節句、こどもの日、
6月6日:オーメンの誕生日くらいしか思いつかん。

ふうん、4月4日も6月6日も「ヨーヨーの日」なんだ。
そういえば糸井重里が、補聴器の新名称として「親聞器(しんぶんき)」というのを提唱しているらしい。

ほんとにヒマネタだなあ。
-----
週刊朝日では、ナンシー関の『小耳にはさもう』のベスト10連載を始めた。今回は1993年10月からの再録なのだが、ナンシー関本人はそんなこと望んでないと思う。俺の勘違いなのかもしれないのだけれども、縷々消費されるものを評論しているのだから、評論自体も消費され続けることをこそ望んでいたのではないのか。常に「今」のことしか語っていなかったことこそがその証左だと思うのだけれども、どうかなあ。

あと、追悼文で文体真似るのヤメて>>三文ライター諸君(そんなことしてるから三文なんだよ)。頼むから。俺、謝ってもいいから。人をバカにするのもたいがいにせい。
-----
草剛、韓国でCDデビュー。いい話だと思う。
-----
なんかさいきん「よんどころない」っていう言葉って使われてないんだってね。いや文句はないんだけど、さいきんよく「やんごとなき事情により」っていう誤用を見かけるような気がしたもんだから。ぜんたい君は公家か。
-----

Y

松本零二、アニメ『キャプテン・ハーロック』の破壊兵器のデザインが六芒線形だったことに抗議して放映中止を要請。むしろスカパーは救われたのではないのかな。
-----
ウルトラマンは、

  • コスモスは主演男優不在の総集編をちょっとやって(スゴかったらしい)、
  • 今後の土曜日の放送は「ネオス」におなおりして、
  • 映画は主演を交替させて撮りなおして、
  • でも「起訴は不当」という意見も各地で出ていたりして、
たいへんらしい。

1960年代ジャズが麻薬まみれでも評価されていること(マイルスもパーカーも)、仮釈放中のジェイムズ・ブラウン御大がカップヌードルのCFに堂々出演していたこと、ビートルズ上がりやストーンズが芸術家として認められていること、そも芸術は「表現」であって、表現者の存在自体は関係ないこと(「トマソン」がそれを証明している)、諸々鑑みれば主演俳優が犯罪者だろうがなんだろうが構わないと思うのだけれども。
-----
とか暇つぶしてたら朝になった。さて仕事しよ。

2002年06月25日 07時38分18秒


2002年6月24日(月曜日、ごろりとな)。
朝、牛乳とかお茶とか水とか。
昼、弁当屋さんで鰻重。
ライフでキンピラゴボウと豚汁の材料など買い込んで、醤油を買ったところでオケラ。ソリッドな生活。
そういえば「赤貧」の上位形で「赤外貧」というのを思いついたのだけれども、これで合ってるのだろうか。
-----
gooの携帯ストラップを頂戴する(懸賞で当てた人から)。
-----
やっとこさビデオ「ホーク−B計畫−」を観る。いや、忙しいし体調わりーし。

  • 英語と広東語と日本語が飛び交っていて、なんとなく判りやすい。
  • 字幕では「毒ガス」って書いてあるけど、台詞はっきり「サリン」って言ってるぞ(日本語では「サリン」は出てこない)。
  • 香港警察の偉い人がどうやらイギリス人らしくて、1997年以降の官の組織改変について無知だったことを思い知る。いやあ、英国人がリストラされて香港人ばかりになってるのかと思っていましたが、ちゃんと考えりゃそんなわけないよね。いかんいかん(英国公務員として出向? あるいは帰化して中国人として働いてる? それとも英国に対しての業務委託? あるいは特例法? よく判んないけどどこで調べりゃええねん)。

-----
夜、豚汁。
2002年06月25日 02時56分12秒


2002年6月23日(日曜日(2)、すこし回復。以下は時系列ばらばら)。
取り敢えず、ボランティアバンドさんに欠席のお詫びメールを書く。まあ構成は入っているから、なんとかなると思うんだけどな。申し訳ないことでした。
-----
新宿駅の階段で、むやみとでかいスーツケースを抱えて難儀している女子大生風味を発見。階段の下からてっぺんまで運んであげたのだけれども、めちゃくちゃ重かった。なにが入っていたのか想像したくない。
-----
昨晩のウクレレ初心者のっぽ君は、スリーコード+αくらいは完璧になって帰って行った。いいことだと思う。

うたほんくんを紹介してやった悪鬼羅のほうは、

>>右手の親指が、擦りむけて水ぶくれが破裂して皮が剥けて痛い…♪
だいじょぶかなあ。まあいいか。

ウクレレ+ピアノのしげと君は、だいぶ森さんが入ってきた。今後が楽しみではある。
-----
岡本太郎美術館のゴジラ展に行きたい。
-----
ドイツでは、ユーロ転換に伴う便乗値上げ(「伴う便乗」って日本語がヘンだな、俺)に対する抗議行動として、「7月1日は国民を挙げてお買い物をしない」という動きがある(「行動として動きがある」って日本語がヘンだな、俺)のだそうな。俺も付き合うか。
-----
あ、先行者だ。
-----
今日の無断リンク:東京アメッシュ。15年もまえにこんなシステムができあがっていたのか! ちょっと驚いた。
-----
トマト4つ食べた。おいしい。

あとトマピーを2つ。
-----
今日の読書:阿刀田高『小説家の休日』(集英社文庫)。

どうでもいいけど、文庫本600円っておたかいなあ、なんて思うのは俺が間違っているのだろうけれども(20年前の300円くらいが基準になっているらしい)。高校のときに旅行先でツルゲーネフの「初恋」を、180円という値段だけで買ったのを思い出したりするわけなんだが、まあしかたないか。でも単行本の値段ってそんなに変わってないような気もするのだけれども。

あ、そうだ。欧米みたいにザラ紙で雑に作ったペーパーバックって出してくれないのかなあ。ラッパー(コート紙で作った表紙)とかいらないしさ。読めりゃいいんだよ、読めりゃ。
-----
西武新宿駅ビルPEPEは「メガネのミヤモト」さんを訪うて、破損したエロメガネ3号にエロメガネ2号の弦を移植してもらう。

店員さん「あ、どうも(昨年の事件で既に顔なじみなのだな(恥))」
俺「どうも。またやってしまいましたぁ!(と言いつつ破損メガネを出す)」
店「あれまあ」
俺「ところがですね(と言いながらエロメガネ2号を出す)、こっちの弦は生きてるんですよ、はっはっは」
勝ち誇ってどーする。

なんか一昨日くらいに新型パソコンを購入されたばかりとのことで、使い方などを偉そうに少しだけ指導する。弦の調整くらいだとおカネをとってくれないもので、少しは恩返しができたかなあ。また近所に行ったら寄ってみよう(隣が楽器屋さんだし)。
-----
粗熱をとるために、15分間にかけて蒸した玉蜀黍を冷凍庫に入れてみた(10分)。猫舌の人が急いでいる場合にはいいデータなのかもしれない。
-----
また読売新聞の勧誘が来た(実績で週1回、人替わり)。たぶん4人目くらいだと思うのだけれども、連中はぜったいに「扉を開ける前には名乗らない」。合法な山賊だよ、こんなの。
-----
明日も忙し。

2002年06月24日 16時16分19秒


2002年6月22日と23日(週末)。
午前7時半起床、燃えないゴミdone。朝、パインジュースなど。
-----
午後、漬物学者宅にステレオの使い方指導に。ラーメンをごちそうになる。
-----
暇こいてフーリガンの語源を調べているのだが、さっぱり判らん。
  1. ロンドンに実在したHooley's Gang(ヤクザのフーリー組ってとこ?)を警察がhooliganと呼んでいた、あるいは新聞記事でhooliganと誤植された、
  2. アイルランドからロンドンに出てきて暴れていたHoulihan一家の名前から(これで「フーリガン」と読むという説、「フーリンハン一家」という説も)、
  3. インドの山賊の名前から(え?)、
  4. ロシア語の「ウラガン」(嵐)から、
  5. クラレンス・ロックの悪漢小説の主人公、パトリック・フーリガン君の名前に因んで(この人物が実在したとする記述もある)、
  6. 1824年のお芝居『More Blunders than One』に登場する酔っぱらいのラリー・フーリガン君の名前に因んで、
  7. アイルランド語で「らんちきパーティ」を意味する「hooley」から、
  8. 19世紀末のロンドンの喜劇に登場したアイルランド人のフーリガン君の名前から、
これは判らんな。
-----
夕刻から、ノッポ君がウクレレを習いたいというのでバッキーへ。深更帰宅、へろへろ。
-----
朝になったら熱が出ていて、喉が腫れていて声が出ない。申し訳ないが狛江の練習はパス。

嗚呼、失われし日曜日。

2002年06月23日 17時20分50秒


2002年6月21日(金曜日、down in the hole)。
午前1時起床、文句あんのか(あ、ごめん)。お腹が空いていたので、コンビニまで行って「焼きそば&お好み焼き」。太る。ぜったいに太る。

ついでに週刊文春も買った。サッカーだらけで読むとこなし。

帰宅してTVを点けてみたら、なんか洋画をやっていて、主人公らしきオヤジの歌がやたらと上手かった。飲み屋でちょっと歌うと周辺の酔っぱらいが唱和してくれるのがうらやましい。でも観ない。

※『ワンス・ウォリアーズ』、1994年ニュージーランド。

-----
トイレの窓(改善前)。

湾曲していたので、改善加工しました(びみょー)。

トイレの窓(改善後)。
-----
東宝『大怪獣バラン』を観る。「大怪獣」をいちいち「おお」変換「かいじゅう」変換んってするのめんどいな。まあしょうがないか。

大問題なのは主演男優(ヒーローである)がガレッジセールのゴリと同じ顔であることだよなあ(彼の責任ではまったくないのだが、緊張感を欠くこと夥しい)。
-----
サスペンス再放送『牟田刑事官』を観る。なんてことのない運転手役で田中進が出ていて、「こいつが犯人に決まってんじゃん」と思っていたらその通りだった。つまらん見方をしているな、俺も。もっと素直になれ。
-----
今日の無断リンク:スター・ウォーズ実写版。
-----
ちょっとアレルギー体質のある知人(なんか「刺した虫によってはアナフィラキシー・ショックで死ぬ」のだそうだ)が虫に刺されて、腫れてきたのでお医者さんに行きました。「薬なんか塗ったらひどくなる」ってお医者さんに言ったら、「ひどくなったらまた来てください」って言われたのだそうな、ひどい医者だな。あ、540円もとられたって。

昔、コピージャストのマスターが首にポリープを作って、医者に行って診せたら「うちでは扱えない病気です」って言われて、別のお医者さんを紹介してくれるでもなく初診料はとられたのだそうな。うっかり医者にも行けない。

僕は医者運はいいほうだと思うのだけれども、30年前に宇都宮でかかった歯医者さんは目茶苦茶痛かった。あれはやっぱりジョージ川口ではなかったのか、と今でも疑っている(歯科医免許を持っているという噂はほんとうなのだろうか。いや、長峰さん情報なのだけれども)。

あとは、

  • 歯医者の「火曜日のローレンス・オリビエ先生」も、
  • 鍼灸医の「よだれの先生」も、
  • 上落合の「肝臓先生」も、
  • 中野の揉み療治の先生も、
当たりだらけ。
-----
今日の無断リンク:鵬電機株式会社さん。いや、うちのものすごく近所なもので。そうか、配電盤屋さんだったのね(ずうっと、謎の科学工場だと思ってました)。
-----
テレビ埼玉『スタートレック・ボイジャー』を眺める。スタトレ隊員の胸のバッジが、科特隊のマークとRKOのマークを併せたものであるらしきことに気づいた。だからどうした。

話のほうは異文化交流(ってのか、未知との遭遇第3段階)の話で、でら傑作でした。

この名古屋弁の「でら」という形容詞は、「deluxe」と関係あるのだろうか。うむ。

そういえば劇中全員が「シュミレーション」と発音していた。どういう翻訳家さんが訳してたんだろうかしらん。
-----
以前に書いた「為替相場に影響されるバーボンI.W.HARPERの価格」だが、粘っていた酒屋が2,800円になってしまった(おばちゃんが「ごめんねえ」と言っていた」にも関わらず、大規模小売店舗では未だに2,000円を微妙に切っている。

そのへんの魚屋さんの刺身よりスーパー(ライフとかな)の刺身のほうがよっぽど美味い事例が多いことと併せると、こりゃあ流通もエラいことになっとるわけね。
-----
イスファハン(イランだったと思う)から絵ハガキが届く。

切手に「1,000Ris」とあるのだが、えーと‥‥千レアルって40円くらい? あのへんの通貨は変動が大きすぎてさっぱり判らん。
-----
CX『音の犯罪捜査官響奈津子5』眺める。バスジャック(←正確には「バスのハイジャック」と言うべきなんだろうなあ)の被害者に、徳井優が混じっている。こんなもん、こいつがキーマンに決まってんじゃんの。

だからそういう貧しい鑑賞法は改めろってば>>じぶん。用意してもらった愉しみは享受せんとな、それは。怒るのは騙されてからでいい。

先日の「つばめグリル事件」で腹を立てたのは、
  1. 入店待ちのときに、名簿を持った姐ちゃんにちゃんと名前を申告した、
  2. 申告したからには呼ばれるのだろうから、列を離れてディスプレイを眺めてメニューを検討していた、
  3. ついては「列を離れたからキャンセルとした」と言われて呼ばれなかった、
という機序があったからだ(文句を言ったら姐ちゃんがぜんぜん反省した様子もなくて、あとから店長が謝罪しに席までやってきたというのがさらに間抜けだが措く)。

つまり、つばめグリルというのは「客はなんにも告げずに予約をキャンセルするものだ」として扱っているわけで、つまり客をバカにしているのだ、つばめグリルは。それなりの格式を保つためには顧客との信頼関係が必要であるらん、という前提をつばめグリルは踏みにじった。

こういうのを三流レストランと言う>>つばめグリル。
俺は一流だと思っていたつばめグリルに騙されたので(信頼を裏切られたので)、怒った。このくらいは我慢しないとね(笑)。

措いといて、と。

というわけでCXを暫く眺める。
ゴリさん(竜雷太)が元刑事役で出てくる(『ケイゾク』とキャラクターが同じで、わざと扇子も持っている)。きっと犯人の仲間だ。

2時間ドラマの1時間かかって、やっと俺には真相が判った。あとの1時間はその確認作業ということになる。もっとも、なんで「ひとり死んでた」ことに気づかないかなあ、みんな(つうか作り手)。

くだらなかったなあ。「ということは“オリエント急行”か」なんて思っていたら、その通りだった。キャメラ素晴らしいのに。
-----
夜、湯葉に酢醤油。刺身蒟蒻に酢味噌。栄養失調で死んでしまう日も近くあるらん、でもそれでいい。いいんだ、俺なんかどうなっても。

2002年06月21日 22時49分39秒


2002年6月20日(木曜日、やけくそ)。
おちつけ>>じぶん。
-----
昨日の誤変換:
>>置換されたほうが
「痴漢」だよ>>じぶん。
-----
今日も楽しく「歌詞カード」作成。なんだよ、与謝野鉄幹作詞『人を恋うる歌』(妻をめとらば才たけて〜)の、ぜんぶ歌うと16番までってのは。誰が歌うんだ、そもそも。
-----
今日の豆知識:森本レオの名前の綴りって、「LEO」だったんですね。知りませんでした。
-----
ふと観たMTVでアメリカ黒人らしきお姐ちゃんがバリバリのブラック・ソウルを歌っていた。声質もいいけど、ダルなリズムに恬淡と乗っているあたりがたいへん好ましい。

ALISIA KEYSという人らしい。たまにCDでも買うかな。
-----
けっきょく朝からなんにも食べていない。

午後、漬物学者宅へ赴きPC指導など軽く。報奨というわけでもないのだろうが、サクランボとネギと日本酒と鯛の頭を頂戴する。なんだこの組み合わせ(笑)。
-----
今日の小さな小さなケツの穴:
あんまり詳しくないので間違ってたら教えてちょうだい。

イタリアのサッカー会社に勤めている韓国人選手がワールドカップの韓国代表チームで戦って、イタリア相手に勝ち点を決めました。いっしょうけんめいやりました。イタリアのサッカー会社の社長は怒って、この韓国人選手の馘首を声明しました。韓国人選手は「大人げないことだ」と言っています。
怒るくらいなら最初から出すな。イタリアも堕ちたものだ。
-----
今日の噂:恐喝容疑で主人公が逮捕されて打ち切りになったウルトラマンコスモスなんだが、現場スタッフの間ではこの主人公君のことを悪く言うものがいないのだそうな。人徳ってやつ? そりゃまあコソドロをしばき倒してカネを取り返したら逮捕されました、っていう話のようにも思えるし。

某局関係者から伝聞情報として入ってきた噂話でした。
-----
今日の無断リンク:なんか「りび」という名前の猫を飼っている人がいるらしい。
-----
今日の小さな小さなケツの穴(2):
なんかバカな政治家が語ったサッカー選手(文責私):

なんであんなに金髪とか赤毛とかに染めるんだよ。どっちが日本だか判らんではないか。日本人なら黒髪だろうに。
こんな感じで、紙媒体の新聞で読んだのだけれども、まだ検索にはひっかかってこないのでいーかげん。

とりあえずこの政治家くんの思想としては、

  • ハゲと白髪は日本人ではない(ふつうにそのへんにいるだろうによ)、
  • 白子(色素欠乏)や赤毛は日本人ではない(ふつうにそのへんにいるだろうによ)、
  • 髪の毛を染めてはいけない(憲法で保障された表現の自由の侵害)、
  • モンゴリアン以外は日本人ではない(「帰化」という制度をなんだと思ってるんだ?)、
といったようなことで、綜合すると「人権感覚のない政治家」ということになるのかなあ。日本人ってのは「日本国籍を持つ人」のことなんだよっ!(在日の朝鮮半島由来の人の話とかはまた剔抉して話されるべきことだろうと思うので、措く)。
こんな奴が偉そうにしているから、領事館に駆け込んできた人間の素性すら確かめずに放り出しちゃうんだよ(帰化したひとだったらどう言い訳したんだ?)。

じっさい、韓国育ちで日本語は話せないけど日本国籍を持っている人がイタリア旅行中にパスポートを無くして、イタリアの日本大使館に駆け込んだけど相手にして貰えなかったっていう話もある。どうしようもないね。
そういえば、帰化したドレッドヘアだけど黒髪の元ガイジン選手っていなかったっけ?
-----
電車のなかで宝島社新書『選択・定年田舎暮らし』を読んでいる女子大生風味を見かけたのだが、目的が判らなかった。というかミスマッチ無限大、みたいな。いや文句はないけど。

そういえばものすごく久しぶりに(車中暇つぶし用に)扶桑社『SPA!』を買った。350円もした。読むところがなかった。失敗した。
-----
東中野ライフで、特売だったものでつい半月皿を2枚ほど買う。いやあ、いろいろあって5年ほどかけて5客もあった俎皿をぜんぶ割っちゃったもんで、欲しかったんだよねー。1枚百円ならまあお買い得かなあ、なんて(陶器は見た目がだいたい全てだから、気に入ればそれでいい)。
-----
さて知人向けに「鯛の頭の酒蒸し」のレシピを送ったもので、再録しておく。

鯛の頭ね。
  1. 切り身はいちいち洗っておく。
  2. ネギとショウガをザクに切っておく。
  3. 平皿乃至丼に、ネギ→鯛→ショウガの順で重ねていく。
    鯛には塩をすること。初心者は薄味にして、あとで醤油を足すこと。
  4. 酒を足して、蒸す。
  5. 20分超くらいかな? 個人的にポイントとしては「頬肉が軟らかくなっていること」あるいは「鱗が浮いていること」あたりなのだけれども。
美味しいと思うんだけどな。
いまつくって喰ってる。今回は「蒸し器から順繰りに出してきて、丼にとって食べる」という新機軸なのだけれども、それなりに美味しい。
-----
東京12チャンネルの21時映画は『イレイザー』。家族でツッコミながら観るにはいい映画なんだろうな(シュワルツェネガの映画はいつもそうだ)。

ジェームズ・カーンが出ている。嬉しい。
ジェイムズ・コバーンも出ている。嬉しい。
-----
明日こそ社会復帰。助けてくれ(誰に言ってるんでしょうって、そこのあなたにですよ)。

2002年06月21日 00時32分01秒


2002年6月19日(水曜日, Nothing to lose)。
いいんだ、俺なんかどうなっても。
-----
最近の読書:
山本弘『こんなにヘンだぞ!「空想科学読本」』、
呉智英『ロゴスの名はロゴス』、
坂口安吾『肝臓先生』(角川文庫)、
あといろいろ。
-----
午前4時起床、わざわざサンクスまで行ってレンジ用「お好み焼きと焼きそば」など食す。太りそうだな。
-----
寝ておきて、食欲なし。
-----
カノジョが勤務先の社長に俺の話をしたら、「そんな男とは別れなさい」と言われたのだそうな。グウの音もでない。
-----
山本直純さん、逝去。いい指揮者なのにバカみたいなことばっかしやってて(←褒めてます。エンディングで飛び上がるクラシカルの指揮者というのもおるまい)、大好きだったのにな。
室田日出男さんも逝去。面白いオヤジといい顔したオヤジがいなくなった(いい顔なんだよ、アーネスト・ボーグナインが香水ブランド出しても誰も文句も言わないわけなんだし)。
-----
ボランティアバンドのほうに「テンポが揃わないからカウントを増やしましょう」って提案したら、「イントロをいまから書き直すわけにもいかない」というお返事を頂戴する(笑)。「カウント」ってご存知ないのかなあ、まあ練習できちんと言えば済む話ではあるのだが。

スズキイチロウさんと30分間なら、打ち合わせ5分で終わりなんだけどな。さいきん「入念な準備」が多いなあ(いいことなんだろうけれども)。
-----
喰った:
夕刻、パック入りの「湯葉入り笊豆腐」という謎の食品の水切りをしていて、シンクに落としてしまった(ぺちゃっとな)。バラバラになったのを水洗いして皿に盛って食べたが、かなり悲惨な心持ちになってしまった。

ほら、

  • カップ焼きそばのお湯を切っていてぶちまけちゃったときとか、
  • 洋式トイレの中蓋を閉じ忘れて座っちゃって便座に転落したときとか、
もう死にたいような気持ちになるでしょう? あんな感じ。
-----
東宝ビデオ『キングコングの逆襲』の続きを観る。白人看護婦の声を山東昭子がアテているのだが、この人ってブロンドが好きなのかな?(ex. 鬼警部アイアンサイド)。あと、朝鮮半島の従軍慰安婦強制連行の後始末で「慰安婦の皆さんに謝罪してさしあげたい」と言い放ったのはこの人だったか、山口淑子だったか。ぜんぜん違う人なのにごっちゃにしていて、不勉強で申し訳ない。
-----
喰った:
サンクス『青の洞窟ボロネーゼ』をレンジで温(ぬく)めて。ボロネーゼってなに? ミートソースとどう違うの? それなりに満足はしたけど。
-----
ちょっと必要があって、高校の同期の運送屋さんに見積もりを頼んでみた。
>>言い値でいいよ。
シゲキは自分が地雷を踏んだことに気づいていない(笑)by 赤外貧。
-----
破損エロメガネ。 実は昨晩、トイレに立ったときにちょっと転んで、顔面を壁面に強かにぶつけた。ついてはエロメガネ3号の左の弦にヒビが入ってしまった。さあどうしましょう。

皆さん覚えておいでだろうか、昨年11月界隈に私が同型のメガネを2本ダメにしたことを。
そのダメにした2本のうちの、「右の弦を折ってしまった」エロメガネ2号が未だ手許にあるのだな。ならば生き残った左の弦をエロメガネ3号に移植すればいいだけの話ではないか。

ちょっと色合いはヘンだが、なに構うものか。両側のメガネの弦を同時に見る人はいない。
-----
知人から電話。伊藤俊人さんの遺作が東京12チャンネルで放映中なのだそうで、ちょっと見る。村上弘明が電車のなかで痴漢の冤罪をかけられていた。置換されたほうが贔屓の洞口依子さんで、これは見ていられないよ、俺は。とっとと逃げ出してキングコングのまた続きを観る。

ほんとは一気に観ないと映画の面白さなんて判らないんだけどな。まあ10回くらい観てるから勘弁してよ。

11回目の感想としては、この映画がラウレンティス版に軽薄に踏襲されていること、それとメカニコングを出さなければ「ゴジラ」と同じ話になってしまっただろうこと(南洋の怪物が何やらを追い求めて極東(←わざと言ってる)までやってくる話)、あるいはメカニコングを出すことで「文明対原始」という構図を際立たせたのかもしれないということ、くらいか。

この界隈で好きなのは『ゴジラ』、『サンダ対ガイラ』、『キングコングの逆襲』(本作)くらいかなあ。金子版を観ていないのが惜しまれる(なにが)。

別の話で、1962年の『キングコング対ゴジラ』を僕は1970年代半ばの小学生時代に「東宝まんがまつり」で観ている。つまり当時は旧作を観る、イコールTV再放映か劇場公開だったわけで、そんな状態が1980年くらいまで、つまりビデオの普及まで続いたんじゃないかなあ。

僕がビデオデッキを買ったのは、『アリス・クーパー』のライブビデオが出たのが契機でした。けっこう後。ああ、DVDのハードが欲しい。
-----
あと豆とか食べて就寝。

2002年06月20日 04時10分09秒


2002年6月18日(火曜日、MONDO CANE)。
よし、これなら見えるだろう。

<utamei>Happy Birthday #2</utamei>

<C>Happy <C position="2003">birth<C>day to <G7>you
<G7>Happy <G7 position="0210">birth<G7>day to <C>you
<C>Happy birthday dear <F position="2012">Revi<F>ken (fermata con passionato)
<F>Happy <C>birthday <G7>to <C>you
これ持って「うたほんくん」へgo!
-----
狛江のボランティアバンド(僕はゲストなので参加費免除、ということらしいんだな)では、黒タキに蝶ネクタイみたいなことを言われていて‥‥アロハじゃダメかなあ、こんどご相談させていただこう。

あとマイクスタンドは持参で(持ちマイクで歌ったことがないのよ)、ウクレレ持ったりハモニカ持ったりといった感じか。一昨日の練習では発声練習の必要性を痛感したのことですよ、今夜から夜中に公園だな。あと歌メロチェックで、近所の婆さんにでも聴いてもらおう(迷惑な)。

遠藤タバコのおばちゃんが生きてたら、恰好の練習相手だったんだけどなあ。
-----
今日の無駄ネタ:映画『マニアック・コップ3』にツッコミ。

>>植物状態である筈の女性警官の身体がピクピクしているのはおかしい。
>>ロバート・ダビがタバコの煙を鼻から出す(ダサいと思う)。
>>祈祷している神父の描いている図形が五芒線形なのがヘン(六芒線形でないとおかしい)。
>>心停止時に使う電気ショック機で焼き殺される人がいるのだが、そんなに出力があるわけがない(「瞬時」だから「ショック」なわけなんであって)。
>>レントゲン撮影の連写で殺される奴がいるのだが(しかも顔面が焼け爛れていた)、ハードに無制限(乃至長時間)連写オプションがあるわきゃない。
>>なんで「お巡りさんの亡霊」が匕首を使ってるんだ(そりゃ44マグナムとかでしょう)。
>>せっかくジョン・ハートが出ているのに悲惨な死を遂げない‥‥と思ったらよく似ている違う人でした、ごめんなさい。
>>点滴が抜けたのに、点滴袋のほうから点滴薬がダダ漏れするのはおかしい。
>>運転手が飛び下りた救急車が走り続けるのはおかしい(誰がアクセル踏んどるねん)。
もちろん「コーデルが不死身なのはおかしい」なんてことは言わない。ただ、フィクションであるならばウソはひとつで充分だとも思うわけであって。これを「ギャグにしかならない」と言った時点で、それを言った映画評論家は全員失格だな(「楽しめなければ心が病んでいる」と言い放ったおすぎが筆頭)。

たぶん、ラリー・コーエンの緻密な脚本には演出がついていけなかった、ということなんでしょうな(医療系については俺のほうがラリーより詳しいような気もするのだけれどもさ、それはまた別のお話)。
-----
映画つながりで、そういえばTSUTAYAのパンフを読んでいたら、

『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』を境に亡くなったフランク・オズ
という文章があってだな(たしかに重病説はあったが、じゃあスター・ウォーズ新作の資料を確認しなかったのか君は)。ほんとチンピラライター系の雑誌ってどうしようもねえな。ほんとに、行ってもいない温泉地のガイド(観てもいない映画のガイド、使っていない健康器具のガイド)を三文雑誌に書き散らして喰ってる奴らばっかしなわけだし。
-----
昨深夜、落合浄水場公園前のラーメン屋さんに3年ぶりに行く。
-----
朝、てきとうに起床。今日はなにも食べない。
-----
ちょっと昼寝。夢を見た。
なぜか『笑点』のレギュラーに抜擢された俺。

とりあえず本番前に顔見せの宴会があって、末席で土下座して、楽太郎の口上のあと、お誕生日席の円楽はじめ皆さまに「よろしくお願いします」とご挨拶をする。料理は鰻のひつまぶしに、ビール。

待てよ、俺が入ったということは‥‥見回すとどうやら小遊三がいない。え? 小遊三がいなくて楽太郎の口上ということは、俺って三遊亭門下なの? 三遊亭円丈著『ご乱心』を読んでいる俺が円楽門下に入るわけがないじゃないか。林家じゃ芸風に合わないし、じゃあ古今亭あたりか。ところで小遊三はどうしたのだ。死んだのか?

ビールを飲んでいてふと気づくと、宴席に誰もいない。時計をみると、5時30分。やばい、本番じゃないか。慌てて部屋を出て階下へ。俺を見つけたスタッフ風味が、「りびさん、こっちこっち」と手招きするので行ってみたら、もう大喜利が始まりそうになっていて、円楽以下が笑いながら「ああ、間に合いやんの」と言ってくれる。なんだい、シャレかい。確かに俺には「お付き」がいないからな、恰好の玩具ではあったらん。

というわけでそろそろ始まりそうなのだが、ネタ帖もらってないぞ。どうすんだ。

山田隆夫が座布団を敷いて「こちらです」と言ってくれたところで、目が覚めた。


へんな汗かいてた。
-----
サッカー、負けたみたいね。じつは俺の考えた最悪のシナリオって、決勝戦が日本×韓国になって、韓国が勝って暴動が起こるってやつだったんだけど、それは回避された。いやマジで心配してたの。

あとはみんな韓国を応援するんじゃないかな。それはいいことだと思う。
どっかの高校の卒業式で、日本人の女の子が「可愛いから」という理由でチマチョゴリを着ていたそうな。いい話だと思う。

日テレのニュースは道頓堀からの中継で、

川に飛び込んでいる人たちは、本当のサッカーファンではありません。こいつらは違う。
って、えっらっそーに言ってたけどよ、マッチポンプのマッチは貴様らじゃないのか。報道は常に傍観者なのかい、阿呆らしい。
-----
中井TSUTAYAでビデオを借りる。
とりあえず『ホーク-B計畫-』、なんか日本の地下鉄にサリンを撒こうとしている新興宗教団体の教祖と、香港のお巡りさんがクンフーで激突する! みたいな話を聞いていて、だな。そりゃあ日本公開は無理だろう。
借りてみたらサービス期間中で1本1週間199円だというので、2本で1本分のお値段のキッズコーナーで『キングコングの逆襲』と『大怪獣バラン』を借りてみる。

とりあえず『キングコングの逆襲』、劈頭テロップで「本作品に登場する「キングコング」はR.K.O.ゼネラル株式会社の承諾により使用したものであります」と、正統な続編であることを高らかに宣言する(因みに『キングコング対ゴジラ』は無かったことになっているのね)。これ、『ミッドウェイ』のスタッフやディズニーの連中に見せてやりたい(つっても、アメリカ版『ゴジラ』は正統を謳いつつあんなもんだったけどな)(と思ったけど、技術のアーサー・ランキンってディズニーの奴だったっけ? よく覚えてない)。
-----
そういえば「虎の穴。」にリンクしていただいていたサイト運営者の皆さんにお報せを出していないのだが(実は書いて出したのだが、なんかエラーで戻ってきちゃった)、まあいいか。
-----
アメリカからメール。

10日間で10歳若く見えるようになりますぜ旦那旦那。
ふだんから12歳も若く詐称している人間になに言うとんねん、アメリカ人。
-----
CX『盤嶽の一生』を観る。素晴らしい(音楽の谷川賢作さんにはちょっとネガティブなバイアスが(←字幕ネタなので態とカタカナ)、文句なし)。

というか、『鬼平』の末期がキャストにバジェットとられるのを嫌ってショボかったっていう話なのかも知れないのだが。俺が気にすることでもあるまい。

話のほうは「骨折したら桃井かおりが骨折用の御札を持ってきて売りつける巫女に盤嶽が怒る」というものなのだが、別に御札でもいいじゃん、効くと思えば鰯の頭も信心からだ。プラシーボ効果を無視する近年の医学界にも通ずる話ではあるらん。


-----
明日は朝からお仕事。

2002年06月19日 06時42分18秒


2002年6月16日と17日(日曜日と月曜日、練習など)。
午前5時起床、教育テレビで三枝が『ゴルフ夜明け前』を演っていたので熱心に観る。日曜日らしくてよろしい。あとプーアル茶。
-----
なんか「閉鎖の挨拶」に、@diaryからだと行けないみたいなんだよな(なぜでしょう)。URLこちら(↓)、コピペしてみてくんなまし。

http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Kouen/9958/close.html
-----
火曜日の誤変換:

コップに7分目くらいの水を組んで、
こりゃ「汲んで」だろ>>じぶん。
-----
今日の無断リンク:ドボルザーク。なめとんかい(笑)、いいなあ。
-----
今日の無断リンク:こちら。ウクレレ持っててビートルズ知ってる人は覗いてみよう。
-----
昼、尾張屋太吉で太吉そば(野菜天かけそばのようなもの)。
午後から池袋に行って、映画でも観ようかと思ったら時刻が合わなかったもので、久しぶりにサンシャインの水族館へ行って2時間ほどのんびりする(アシカのショーとか観ながら、マンボウを眺めながら(僕はマンボウとカバをうすらぼんやりと眺めているのが大好きなんだな)。
-----
夕刻から狛江へ出て、ボランティアバンド「ともしび」の練習。昭和歌謡をなんぼか歌うわけだが(7月6日の本番で11曲演奏中、なんでか俺の持ち分が5曲もある)、既存譜面のキーは合わねえの、歌は難しいのとまあその、まあいきなり藤山一郎になれるというほうが無理があるわけだが。

何曲かのキーは下げてもらうことにして、構成はだいたい確認して、今日はこんなもんだな。

メンバーは中学生のキーボードとか、やたらと上手いベースの兄ちゃんとか、歌のおばあちゃんとか、まあいろいろ。そんななかで歌っているのはそれなりに楽しい。
-----
そのあと久々の狛江とて、ジモティの知り合いたちとスナック「面会」にてバカ騒ぎ。いろいろあって帰ってきたらもう翌日の夕方って、なにしとんねん儂。

2002年06月17日 23時07分56秒


2002年6月15日(土曜日、ずんどこ)。
ひょっとして、サッカーって日本が負けたほうがよかったんちゃうのんか。
>>なんしらん、飛び込まなあかんような気になって。
道頓堀に飛び込んだ900人のバカのなかから、姐ちゃんの談話である。典型的なマス・ヒステリア。

あるいは「節度ある応援を」(運営側)って、ただのマッチポンプやんけ。
テロ後のアメリカみたいというか、北朝鮮みたいっていうか、戦時中の日本みたいというか。

あ、戦時中なんだ、いま(たかがサッカーなのによ)。むしろ、かわいそうなのは本当のサッカーファンなんだろうなあ。クリタさん、お元気ですか?(元気に決まっとる)。
-----
今日のヒマネタ:『喝采』

私に届いた手紙、黒いふちどりがありました。
この「は」が昔から気に入らなくてなあ。個人的には、
手紙には、黒いふちどりがありました。
が好きなのだけれども、これだとメロディに入りきらない。そうだなあ、
手紙、黒いふちどりがありました。
ならまだマシかな。自分で歌うときには、
手紙にゃ、黒いふちどりがありました。
としているのでした。

あと、

動き始めた汽車に、ひとり飛び乗った。
若い人なんかだと、いまどきよっぽどのことでもないと手動ドアの客車なんか知らないんじゃないかなあ。リバイバルで聴いてアクションシーン(動き始めた汽車に飛び乗って、よじ登って、屋根に張り付いて、とか)を想像してる子もいるのかな、なんて考えるのは楽しい。
-----
お務め帰りは手ぶらでどうぞ。 日本語つながりというわけではないのだけれども、ムショ帰り様を歓迎しているお風呂屋さんの看板。
-----
あんまり意味ないけど、「パソコン要約筆記虎の穴。」の閉鎖のご挨拶を書いてみる。まあこんなもんでしょ。
-----
そんなものを書きつつ長閑な土曜日の午後、TBS『弁護士朝吹里矢子』をなんとなく観る。おんなじ人を十朱幸代、財前直見ときて今度は南果歩主演。

まあ十朱さんの一人勝ちではあるのだろうけれども、あいからわず話はどうでもいい(命懸けで証言してくれる婆さんがとつぜん主役になっちまって、しかも法廷シーンがないもので話が終わってない)。
-----
そのあとCX『古畑任三郎』を眺めていたら、いきなり伊藤俊人さんがでてきて、一挙に現実に引き戻される。ナンシー関さんもお亡くなりになったし、俺もそろそろなのか。

20年くらいまえに「1960年代生まれの人の寿命は40歳」という話題があってけっこう評判になっていたのだが、本当だったのだろうか。俺もそろそろなのか。まあそろそろいいんだけどさ、俺は(余ったぶんの寿命は誰かにわけたげるからさ)。
-----
今日のお食事:
エシャレット(自作酢味噌)、
ぶっかけご飯(無洗米コシヒカリ、味噌汁はアサリ)、
など。
-----
アメリカからDM。

携帯電話の電磁波が癌(脳腫瘍)を引き起こすことが判明しました。我々はそれを防止する技術を開発いたしましたので、我々のウェブサイトをご覧ください。
ふうん、ご親切なこった。ところで、
easy to install,
とあるのだが、なにをどこにインストールするのだろう。ソフトを脳にか? 興味のあるかたはこちらをご覧ください(紹介してどーする)。
-----
アメリカからDM(2)。
いもねえちゃん。 アメリカのいっちゃん。 ハワイからまたpoi(なんとかイモ)のDMが来る。
このセンス、わりと好き。
-----
ネタ帖に『いちご白書をもう一度』、『明日があるさ』を追加。後者は、あんだけ流行っちゃった以上はもう宴会用だなあ。
-----
今日のヒマネタ(2):
いささか旧聞なのだが、『おさかな天国』の歌詞に「シメサバ」が出てくるのが気に入らない。「刺身、干物、佃煮、シメサバ」ならまだ納得が行くのだが、魚の名前に混ぜるのは反則だろう(グレイゾーンに「スルメ」がいるのだけれども)。
-----
散歩していて、「刈り込んでいないプードル」を見た。要するに白いカーリーだかソバージュでもこもこしているのだが、「むくいぬ」という言葉がものすごく当てはまったのには驚いた。

写真撮っとくんだったかな。

ここんとこ涼しいもので、犬の散歩はよく見かける。あと増えたのはカラス。
-----
明日は早よから襲撃。いろいろたいへん。

2002年06月15日 20時23分52秒


2002年6月14日(金曜日、根性)。
一次リーグじゃなくて予選リーグ? あ、そうですかすみません。

僕も若いころはサッカーの選手だったこともあるんですけどね、負けて帰国した選手に水をかけるような国のサッカーは悪いけれどもそんなに好きにはなれません(TVニュースでやってたけど、フランス人はフランスチームを笑顔で迎えてたぞ。日本人としてはちょっと羞ずかしい)。
-----
そういえば昨日の元締との会話で、

  • サッカーは釜本かペレ、
  • スキーは笠谷、
  • マラソンはアベベ、
  • ボクシングはカシアス・クレイ、
みたいな話が出てたな。ごほごほ。
-----
朝、牛乳。
-----
今日の無断リンク:
ものすごくソリッドなウクレレ。 うわ、欲しい(笑)。
えーと、
  • 99ユーロ=12,000円くらい?
  • 榛(ハンノキ)削り出し、
  • 電池のいらないピエゾピックアップ付き、
  • 0フレ除いて14フレット、
  • ブリッジはアルミ、
  • 重量365g(ケータイなら5つ、スキヤキ肉なら2人前)、
  • サイズはソプラノのヘッドを外したくらいでしょうかしら、
  • ドイツだけどアメチュー。

-----
おとついのニュース:
聴覚障害者の詐欺グループが聴覚障害者から2,000万円とか騙し取る。

以前から「××(←ここに障害名が入る)であっても、みんな素晴らしい人たちです」みたいなモノイイには疑問があってさ、そんなもん所謂健常者と同じ割合でヤな奴はいるに決まってんじゃん、なんて思ってはいた。当然でしょ?

なんて話は措いといて、ひょっとして「聴覚障害者同士ならなにやっても構わない」という考え方もあるのかなあ。全難聴も似たようなことをしているし、そこに小判鮫しておいしいとこを持っていこうとしている全要研という構図もあるのだろうし。そりゃあ全要研は難聴者が存在しなければ存続できないし、難聴者の利便を図るのは当然なのだけれども、無原則にその存在を肥大化してミスリードまでするようになっちゃ世も末だよな。その末が今だ。

あ、難聴者が騙され易いっていう話なの? 知る現状とも記事とも符合しちゃうのだけれども。
-----
今日も熱心にお掃除。才能まったく無し、誰かアルバイトにこない? 力仕事は俺がやるからさ、指導してください(笑)。

昼、プーアル茶。プーアル茶の製法って、中国の国家機密なんだってね。
-----
午後、中井駅前の尾張屋太吉でとろろ蕎麦、山葵大盛りで満腹。

どうでもいいけど、ここにもテレビが設えてあって、サッカーをやっていた。蕎麦屋でサッカー? 似合わねえなあ(俺は星一徹じゃないんだ)。
-----
今日のどうでもいい知識:ジェットビートルの「ビートル」って、VTOLのことだったのね。
-----
今後2週間のTV映画放映予定(関東):

  • 16日昼:地獄の女スーパーコップ(トレーシー・ローズ主演)、
  • 16日夜:セブン(既知外が丁寧に人殺しを)、
  • 17日昼:D&D(リー・リンチェイ主演)、
  • 20日昼:暴走ハイウェイ(ジャック・ショルダー監督)、
  • 22日昼:七福星(説明不要)、
  • 23日夜:レッズ(評判よくないけど俺は好きなんだ)、
  • 24日昼:ドクター・モローの島(今回はラストまで放映してくれよ)、
  • 25日昼:アトランティス−7つの海底都市(大好き)、
  • 26日昼:アトランチスの謎(こっちは、まあまあかな)、
  • 27日昼:ザ・デプス(人がどこどこ死ぬ)、
  • 27日夜:必殺処刑コップ(人がどこどこ死ぬ)、

-----
夕刻からゴーヤー王国さんで調べたゴーヤー料理。
-----
くしゃみが出ました。
>>へっくしょい、ちきしょーめ。
日本人に生まれたしあわせ。
-----
夜、元締のお土産(PC貸出の対価として要求したわけではない)で、
  • 海ぶどう、
  • 豆腐よう、
  • らふてー、
あとなんでかニジマス。
2002年06月15日 06時00分03秒


2002年6月13日(木曜日、すごくダメ)。
昨晩は書いちゃって構わないと思うけど、ウクレレ知人+ハーブ・オータ・ジュニアの宴会でした。自己紹介代わりに「1人1芸」というのを宴席でひとまわりしたわけなんだけれども、そこでなんで、しかもジュニア先生のお隣で「はじめてのチュウ」を、しかも三線入りで演るかね、俺。いや、いい度胸だと思う。

あと、相席されたかたのウクレレが気に入って廻しながら弾いていたのだけれども、そういえばプライス50万円とか仰っていたなあ。落としでもしたらどないする心算やったねん>>じぶん。
-----
朝6時起床、ダメはダメなりにやる気を見せているらしい。朝、お茶、気合い入れて作って失敗した味噌汁(あさり缶詰と冷凍菠薐草)、ご飯、ゴマ塩で質素に。
-----
一昨日だったかに中野区内在住のかたから「安いレンタルビデオ屋を知りませんか?」というメールを頂戴してだな、なんで俺に聞くんだぁ! なんて言わずにてきとうにお答えしておいたのだけれども、このメールに添付されていた(ちなみにhtmlメールでした).vcfというファイルを開いてみたら、このかたの本名から住所から電話番号からまる判り。たぶんアウトルックかなんかのデフォルト設定なんだと思うんだけど、ええのんかな。

いちおうご本人にはご注進しておいた。しかし、お誕生日が今日って‥‥なんだそりゃ。
-----
イラン帰りの漬物学者ご一行様の手土産で(なんで戦時下に中東に行くのよ)、イランの民俗音楽らしきCDを頂戴する。なんかシタールとかサントゥーラとからしいんだけど、ジャケットはイラン語(だと思う)が右から左に横書きで(だと思う)書いてあって、なにがなにやらさっぱり判らん。聴いた感じは‥‥眠くなるタイプ。小編成。だいたいモード。ときどき変拍子。たまにデタラメ。
-----
昼、中村屋のレトルトカレーにラッキョウ、生卵、牛乳(牛乳は飲んだの)。
-----
午後ローはエロ・サスペンス『ボディランゲージ』。観ないけどさ、トム・ベレンジャーが1995年の映画なのに、エリート弁護士役なのに、タバコの煙をどんどこ吐き出すのが気持ちよかった。あと、ストリッパーの亭主役で髭面のロバート・パトリックが出ていたのだが、ぜんぜんT-1000! に見えなかった。いや、文句はない。
-----
夕刻から、割れたトイレの扉のガラスを買うために新宿東急ハンズへ。ついでに元締と待ち合わせて(パソコンを貸し出したのだ)、高島屋のつばめグリル(俺は心が広いので先月26日の事件は忘れてやる)で、ベーコン巻きハンバーグ。

元締が「明日は大阪だ」というので「また字幕ですか」と言うたら、「いまならサッカーに決まってるでしょう、あたしゃ字幕だけど」と言われた。

>>だいたい明日、大阪でなにがあるか知らないでしょう。
さて、なにかありましたっけ。
>>サッカーの一次リーグの試合があるのよ。ここでナントカで勝つと決勝トーナメントに進めるわけ。
だいたい、一次リーグと決勝トーナメントがあるのって知ってる?
知りませんよ。

レクチャーされた話を綜合すると、サッカー大会には地区予選(どういう地区なんだか知らないが)と一次リーグと決勝トーナメントがあって、いまやってるのは一次リーグ。ここに日本とロシアとどこかとチュニジアが出ていて‥‥じゃあ一次リーグは4チームの総当たりで、決勝トーナメントは2チームで決勝戦だけ‥‥違うのよ。一次リーグは4チーム×8ブロックに分かれていて、8チームだかが決勝トーナメントを戦うわけ。ふうん。

>>それで日本はこのあいだまで弱っちかったのが、明日の結果次第では決勝トーナメントに行けそうなのよ。
なるほどね(合ってるのかなあ)。まあ、選手はみんなサッカーが好きで一所懸命やってるんだろうから、どこが勝とうと構わない。

マスコミとファンは煩すぎて、日本中が暴徒の群れ(俺は例の青いユニフォームを着ている民間人をたいてい信用しない)。運営陣(FIFAですか?)はなんかいろいろ間抜けだと思う。いちおう税金使ってやってるんでしょ? こんなんでいいのか。
-----
そのあと、いつもお世話になっているHawaiian Dreamさんさんまで足を伸ばして、家で死蔵していた(そもそもなんであるのかわからない)、

  • メルトダウンゴジラ、
  • ポインター(ウルトラ警備隊)、
  • ジェット・ビートル(科学特捜隊)、
のフィギュアを置いてくる。いや、同好の士がいるのよ。
-----
代々木から大江戸線での帰り際、週刊文春を買う。
サッカーの記事だらけで読むところなし、ナンシー関の遺稿なのかな? サッカー観がほぼ俺と同じなのを発見、あと先ちゃんの記事を読んで、それくらいでおしまい。
-----
TV埼玉で、AVEX所属らしきDREAMという女の子たちが歌っていた。生ピアノの姐ちゃんが付け爪をしたまま弾いていたのだけれども、あり得ねえだろうそんなこと(ちょっと爪が伸びているだけでも、鍵の間にはさまって痛いものだ)。
-----
修復したトイレの窓写真。というわけで、トイレの窓を修復。ちょっと湾曲しているあたりが可愛いと思う。

写真は、ケータイのカメラで撮影しました。31万画素ってネットにはちょうどいいような感じだし、俺としては重要なのは資料性だけなんだからこんなもんでいいんじゃないかなあ。

要するに昨年9月1日の事件で割れたガラスをアクリル板で埋めようという企画で、東急ハンズでダイヤ柄のアクリル板を買ってきて、てきとうにカットして押し込んだわけだな(9か月間にわたって「バンダナを貼っ」てよしとしてきた態度こそが問われよう(笑))。そしたらサイズちょっと間違えた、と。

まあいいでしょう、実用上問題はないし、通気性があるのもいいことだろう(強弁)。
-----
テレ東「木曜ロードショー」は『デモリションマン』。9日のロシア戦にぶつけたテレ朝『十戒』とはそもの志から違って、裏の蹴球と堂々と勝負しようという気概が感じられて好ましい。

いい台詞もあった。

いや、バジェットはどってことないけど、全編矢鱈目っ鱈と闘いまくりで、スタローンの闘いっぷりを「同じユニフォームを着たその他大勢が必死こいて見守っている」ことも同じ。

流し観で申し訳ないのだけれども(ビデオで3回くらい観てるからいいか)、ウェズの格闘アクションは「決め」だけのショットが多いことが判った。訓練して『BLADE』シリーズに至ったということなんだろうな、いい話だ。
-----
あとトマピーの千切りに明治屋の岩塩スパイスなどかけていただいて、とっとと寝る。

2002年06月14日 09時34分53秒


2002年6月12日(水曜日、まだダメ)。
昨日は「やる気しねえ」とかいいながら、けっこう働いてたんじゃん、と日記を眺めて思う私はほんとうにダメなのだろうか。

まあいいや。
-----
夜半にちょっと起きて、なんとなく借りていた『ジュラシックパーク2』(正式タイトルは違うが、まあいいでしょう)を眺める。

なにこれ、ニックとかいうやつが恐竜を放しちゃったから事件になっただけじゃん、バカみたいな映画。グリーンピースが結果的に鯨の大量死を招いているみたいなもんだな。
-----
どっか海外からチャイルド・ポルノのサイトのDMが来る。いやさいきん英米語のDMは多いんだけどさ、これはあんまりだろう。とりあえず警察庁に転送しておいた(たしか改正児童保護法かなんかで、海外の児童虐待もある程度は取り締まれるようになっていた筈だ)。

ちなみにDM本文には「これはスパムではない、君が訪れたエロサイトから辿ったのだ」と書いてあった。行ってねえよ、阿呆。ありゃ観るもんじゃない、やるもんだ(ってCP相手になに言ってんだ儂)。
-----
こんかい「パソコン要約筆記虎の穴。」閉鎖について某所ML(って俺主宰じゃん)で「飽きたから」って説明したら、

>>「飽きた」でちゃんと消すなんて責任感がお強いですね。
私なら飽きたら放置だ(笑)
というコメントを頂戴した。しまった、そういえばそうじゃんの。
-----
関連して、今日の無断リンク返し:
こちら。そんなたいしたことじゃねえよ、ひとり減っただけのことだ。

>>でも・・・哀しいニュースがあったんだった。
大尊敬している、パソコン要約筆記の大先輩・りびけんさんの超有名サイト『パソコン要約筆記虎の穴』が、なんと閉鎖されてしまっていた。
まず「尊敬している」段階で間違いだな(笑)。

繰り返すが(たしか言ったと思うが)、抗議の意志表明とかそういう動機はいっさい無い、飽きただけのことだ。俺個人が飽きたから俺個人のサイトを閉じた、それだけのこと。残念に思ってくれる人がいるのは嬉しくもあるのだが、あんまり深読みして欲しくもないんだよな。すまんごめん俺が悪かった。

再開はしない。携帯電話版は、容量が足りなくなり次第消す(消すの忘れてただけ)。MLは、どうせ静かなので続ける、っていう感じ? メンテに手間がかかるようになったらこっちも消す。

無理矢理言うと、ケータイ版のほうが現場では役に立ちそうだからまあいいや。
-----
今日のまた言われた:

某:なに考えてんすか。
儂:なんにも。
-----
昼、冷凍チャーハンをレンジで暖めて、あと牛乳、コーヒー、謎茶。
-----
夕刻からお掃除。ぜんぜん片づかない、というか才能がないらしい。困ったな。

仕方がないのでTBS『ケイゾク』の再放送を観る。主要キャストをこれだけどんどこどんどこ殺して、よく続編だの映画だの作れたよなあ、不思議だ。

あ、身体を貫通したはずの弾着が光ってる(笑)。
-----
夕刻からお誘いをいただいてウクレレ宴会(某大物登場)に、昼間勧誘なのでウクレレを持っていない勤め人のぶんも合わせてウクレレ3本を背嚢に詰め込んで出動。いやあ、楽しかった。

個人的演し物は「はじめてのチュウ」、Key in Cでいつも通り「じいっとしていて、とちゅうでやたらデカい声を出してびっくらかすバージョン」。だんだん練れてきた。

2002年06月13日 00時50分47秒


2002年6月11日(火曜日、ぜんぜんダメ)。
今日のクイズ:
不可能を可能にした洗剤ってなーんだ? 
(回答は今日の末尾に)。
-----
geocitiesに移したウクレレ天国なのだけれども、やっぱり容量が足りないものでいろいろ探して、sound.jpというところに移植作業、20mbくらいで無料。
-----
やる気しねえ。朝9時起床、10日ぶりに生ゴミを提出。
五の坂下サンクスにお買い物に行ってみたのだが、週刊朝日がない、日清冷凍うどんがない、べつに買わないけどハーパーもない、とないない尽くしの大歓迎。缶コーヒー1本買って飲んで帰宅。
-----
朝10時、東京都水道局から『水道フレッシュ診断』のおじさんがいらした(たまたま起きててよかった)。コップに7分目くらいの水を組んで、透明度調査と残留塩素調査。透明度(電気伝導率)が1.99μs/cm、残留塩素は0.8mg/l。意味は判らないけどなんか大丈夫らしい。
-----
昼から女性合唱団「コールとちの葉」の名簿60部の両面コピーをとりに、わざわざ高田馬場のchikuhoへ。紙が500円、コピーが20円/枚×60枚×両面=2,400円の筈が、なんでか2,380円でカウンタが止まった。どっかで2枚送りでもしたのかな、などとも思うが看過して、「当たりが1枚あります」とウソ800ついて納品。

昼、ひやむぎに茄子、椎茸。茗荷が無かった。
-----
しかし暑いね。6月でこんなんだったら、ほんとに夏になったらどうなっちゃうんだろう。
-----
今日のバカメール:
アメリカの阿呆からメール、

>>Subject: Osama Bin laden IS FOUND

Well Maybe that bustard wasn't fount yet!
But, what you just found is an amazing way of supporting the UNITED STATES OF AMERICA!!!
My name is Debbie and I am a proud American babe, My fulltime job is to play with myself on my webcamera! : )
If you can cum to visit my website, a full-version software is given away. Which can connect to my webcam.

True patriots... Enter HERE!!!

>>題名:オサマ・ビン・ラディン発見さる!
クソヤロどもはまだ気づいてねえぜ!
でもよう、アーメーリーカーを応援するにはいいチャンスだよ!
あたしゃデビーっつって、誇り高いアメリカ人としてウェブカメラの前で演技するのがお仕事なのよ。
あたしのサイトに来てくれれば、閲覧用のソフトをあげるからよろしくね。
愛国者なら‥‥来なきゃ!

誰が行くかいばかもの、サッカーよりタチ悪ぃぜ。
-----
あと適当に、サラダ、ひややっこ、その他。
-----
今日のクイズの答え:アリエール。いやごめん。
2002年06月12日 00時32分37秒


2002年6月10日(月曜日、ありとあらゆるダメ)。
移植した「ウクレレ天国」はまだ細かいファイル(画像とか)が移しきれていないのだが、まあおいおいやろう(おいおい)。急ぐ必要もあるまいて。

夜半に「でたぜん。」に行ってみたら「forbidden」って言われてアクセスできなかったんだけど、まあ無料サイトだからしょうがないかと思って、でも暫く待ってアクセスしてみたらまだあった。なんだったんだろうか(きっと世界のどこかにあるコンピュータの都合なんだろうな)。

さて、あっちこっちからのリンクも直さんと(のんびし)。

あと、なんかリクエストがあったもんで手許の「虎の穴。」ログから日記と掲示板ログを外して圧縮してみる。なんだ、279kbくらいで収まったぞ、3年かけて写真1枚分(笑)。

どうでもいいけど、「ウクレレ天国」の容量ってgeocitiesじゃ入りきらないような気がしてきた。どっか探そうかな、場所。
-----
うちにあるこのパソコンがあまりに不調で数時間おきにハングするもんで(メモリが足りないとか言いやがる)、ついにノートン先生で根本的な解決を図った。というか、MS-IMEの辞書ファイルとかをどかどか削除しただけなんだけどね。なんか好調、みたいな。めでたし。
-----
中野区長選は、けっきょく僅差で「鳩山と菅と小沢」が推していて俺が却下した52歳の大学院生さんが当選。次点が共産党の人で、若いのは得票10分の1くらいだったかな。

新区長は「趣味 ジョギング」ということで谷川俊太郎の「ジョギングのうた」の主人公がバカだった(「俺は常套句を愛する」とか言ってたような)のを思い出さないこともないのだが、言いがかりだよなそんなもん。
-----
夜、沈没。

2002年06月11日 02時09分07秒


2002年6月9日(日曜日、ブラス!)。
午前5時半起床、午前7時就寝、午前11時起床。区長選挙は‥‥いいや。
-----
中野東急の中華料理屋でお粥などいただいて(ほんとはそじ坊で蕎麦でもたぐりたかったんだけど、黙って座って10分間放置されていたもので立腹して出てきた)から、中野ZERO大ホールで「ARTHUR Symphonic Winds TOKYO」のライブ。ライブって言わないか、演奏会鑑賞に、ズタボロの格好で赴く。

ほんとうは中野区報を持参すれば無料なのを知っていたのだけれども、タダっていうのも悪い気がして、ネット予約800円也(当日券は千円)を支払う。
だいたい、なんでブラバンの演奏会って無料とか500円とか千円とかが多いのかなあ。いや、明らかに装備が少なくて安上がりである筈の合唱の演奏会と比較しているのだが。徒手空拳の合唱団の演奏会で無料っていうのはそうはない(と思う)し、だったら30万円とか100万円とかの楽器を用意して、練習場だって広いところと椅子が必要な筈のブラバンのほうが料金が高くて当然とも思うのだけれども。どんなかな。

それで800円は支払ったのだけれども、これで800円なら安いね。最初のほうの曲の劈頭でパーカスが「どん」と言ったら、後ろのほうで赤ん坊が怯えたらしくて「えーん」と泣く。また「どん」、また「えーん」でこれがコール&レスポンスになっていて楽しかった。あと最後のほうでTimothy Mahrというひとの『The Soaring Hawk』というのう演って、これが僕好みの大現代音楽&掟破りで気に入りました。そのあとのリードの『オセロ』は‥‥すいません、演奏は良かったのだろうけれども曲がいまひとつアタリマエなような気がしちゃって。えーと、「気に入るにはまだ若い」といった感じでしたか。

小学生のころから知ってる氏家みっちゃんがぐうぜんホルンにいて、小学生のころからあんまりかわらない顔つきのまま「パート代表1名」のソロを吹いていた。大きくなったなあ。
あと、トロンボーン吹きのカワトさんもいらしていた。帰り際にご挨拶しようと思ったら、ステージによじ登ってとっとと楽屋のほうに行っちゃったもんで(もちろんみっちゃんに挨拶しに行ったのだろう)、そのまま帰宅。まだ選挙には間に合うけど‥‥いいや。

いや楽屋に行っても良かったし、中野ZEROなら合唱団で何度も使っているから内部構造にも詳しいのだけれども、演奏者としても楽器の片づけだの掃除だのウチアゲだのもあろうこととて、いちおう遠慮しておいた。花束のひとつも持っていくところなのかもしれないのだけれども、あれもけっこう荷物になっちゃうしなあ、とか言い訳つけてパス。
-----
核実験やっちゃったアメリカ、北朝鮮に食糧援助を決定して、条件として「配給監視」の受け入れを要求。ついでに核査察とかするつもりなのかなあ。

インドとパキスタンは‥‥国際会議にすら日をズラして来日するくらい仲悪いんだから(いつだったかのヒロシマ)なあ。なにがあってもそんなに驚かない。
-----
テレ朝日曜ロードショーは『十戒』、1956年の映画(それなりに面白いけど)を堂々の3時間半放映! 要するに裏のサッカーに捨て試合を挑んだというわけなのだろうな。

どうでもいいけど、なんだこのサッカーのバカ騒ぎ。
-----
夕刻から、『パソコン要約筆記虎の穴。』の削除作業を開始、とりあえず『ウクレレ天国』にリプレースすべくいろいろファイルいじり。もともとgeocitiesさんのhollywood-kouenという、どちらかというとエンタテイメント関連の場所を借りていたのだから、音楽関係に移行するのが正統ともいえるわけだしな。

あんなのが理事長になってるようじゃ、要するに日本の要約筆記の将来はない。障害者福祉の将来もない。自助努力も自浄能力もがかけらもないし、聴障者の権利保証も反古にされたようなものなわけだし、これ以上は付き合う謂れもないわけね。いままでありがとう>>ここ1年間、なんにもしなかった関係者の皆さん。

べつだん抗議の意志ということではなく、「あきらめた」ということでですね、これを以て俺は抜けた。
あとは残務整理として、リンクしてくださっていた皆さん(相互・承諾・無断に関わりなく)へのご挨拶、メーリングリストの閉鎖乃至挨拶(ほっといてもいいのかなあ)、あと忘れちゃいけないくりたさんには丁重に、みたいな感じか。

ことし、「アジア太平洋障害者の10年」が奇しくも終わる。俺が関わってきたパソコン要約筆記の歴史(というか経緯)とほぼ重なるあたりが笑えるよなあ。
-----
あ、「でたぜん」は残します。おあいにくさま。あとi-modeのほうも取り敢えずほっとくかな。
あとは‥‥既存の『ウクレレ天国』のほうはしばらくほっといて、と。いちいちいじるのもめんどくさいし。尊師ライクになんか根回ししておこうかな、くらい。きっとラクだ。
-----
というわけで「虎の穴」は削除、「ウクレレ天国」にリプレースがだいたい完了(バグ出しは未)。

そんなもんだろう。

2002年06月09日 21時55分56秒


2002年6月8日(土曜日、おそうじ)。
ゲイの連続殺人鬼が出てきて『モーホー犯』というのを思いついちゃったんだけど、あまりにもくだらないので日記には書けない。映画? 『クルージング』をそのまま流しておけば宜しい。
-----
あの人は「会長」じゃなくて「理事長」になったのだそうな、ご教示ありがとうございました>>パパ。

ところで、ということは法人になったのかな?
-----
それはそれとして、理事長選出投票についての某さんの感想である。以下。

>>今回の全要研は「全要研会員と全難聴会員限定300人まで」でなんだろうって思ってたら選挙だったと。黄色いカードをあげてもらって、「過半数あがりましたね、では当選とします」みたいな話で。(また間違ってたらどうしようっ)思わず笑っちゃったんだけどね。イエローカードが過半数っ。でもね、絶対笑い事じゃないよね。こんなインチキな投票で決定するなんて私は悲しいよ。
インチキかどうかは別として、この件に関するマス報道がいっさいない(少なくともネット上では)あたりで、あの団体の閉鎖性は判るってことかな。

  • 対立候補がいなかった(根回ししたわけね)、
  • 挙手制(こう言っておく)を代表者が視認することによる投票だった、
  • 選挙民を限定した、
あたりで、いつもの尊師だよな。

そも指名投票ではなかった(対立候補がいなかった)のも、あの人がいつもの手法として事前にあっちこっちに根回しをして話をまとめておいたということなのだし、そも「ではその話は直メールで」というのはあの人がまだあちこちのメーリングリストに参加していた時期によく使っていた手法だ。あるいは全難聴メーリングリストの立ち上げ時に「いろいろなメーリングリストとの橋渡しを」と言っていながら、じっさいには(某所MLで立場がマズくなったからなんだろうと邪推しているのだけれども)全難聴ML立ち上げと前後して各地MLから脱退しまくったのもあの人である。要するに、全難聴MLに機能を集約しておいて、気に入らない奴はそこから排除すれば自身の発言権が強まるっていうわけさ(だから僕は排除された)。
そもそもオープンでやろうなんていう考え方はない人なんだし、そういう人が理事長の椅子(は無いんだろうけど)に座っている団体がオープンな運営をできる筈もない。

オープンでなきゃいけないのかって? あたりまえじゃん、福祉事業は公共性を内包しているのだから、決定事項はもとより、そこにいたる論議の経緯が公表されていることこそが要諦となる。細川内閣が消費税を福祉目的税として制定しようとして失敗したあたりが参考になるかな。

そしてあの人は、各地のMLを抜けまくった後に、じぶんの主宰でメーリングリストを立ち上げている。要するにイエスマンで近辺を固めたいということなのだろう、それがなにより証拠には、民間に参加を呼びかけたケースは知る限りでは、無い(「とことん」とかに入っている人は恥じたほうがいいと思うよ、個人的には)。

福祉ってのは社会的な活動なわけでしょう? 社会性のない(ex. MLでの情報共有を私信に持ち込んで否定する、言ってることに常識がない、ある事実について会う人ごとに言うことが違う、イエスマンだけを囲い込む、閉鎖的な場で効率的に社会的地位を作る)人に、福祉関連の活動ができるわけがないのだ。付き合ってる人たちもバカだよな。

僕が難聴者だったらよかったのかな、少なくともこの10年くらいの情報保障の歴史はもっとまともなものになっていたんじゃないかと思うし、あんな奴が跋扈することは少なくともなかった。
-----
と、言いたいこと書いてますけどね。

たとえば、なんで「でたぜん。」に反論がないの?
なんでメールアドレスも掲示板も作ってあるのに、意見を言えないの? 乃至言わないの?
そんな態度をとりながら、なんで僕の参加しているPC要約筆記チームを潰すの?(松本は俺の能力を認めていた筈なんだけどな、けっきょくイエスマンだったわけだね)。
なんで「でたぜん。」から抜粋したハードコピーを会員間でファクス閲覧するの? (これはよく判らない、自分たちが「バカ」だと公言しているわけなんだし)。
なんで全難聴幹部が僕の知り合いに「あのHPで高岡理事長が困っているのだが」なんて相談するの?

かりに「でたぜん。」について、全難聴なり全要研として意見があるのならば、よろしい。掲示板も設置してあるし、公にしたくない意見があるのであれば私信のアドレスも記載してある。社会的な責任を負っているという自負があるのならば、そういうのを使いましょうよ、少なくとも僕がそういうのを悪用したという事例はないのだから。頂戴した意見はすべて公正に扱っていて、公表するにあたっても正当な手続きを踏んでいる(つもりな)のだから。

要するに判断力が無いんだよ、関係者にも受益者にも(たとえばウェブサイトのコピーをファクスで回覧している段階で、「おかしい」と思うのがふつうだろうが。全要研会員にはそういう認識がかけらもない。とうぜん、情報保障についても守秘義務の意識がある筈がない)。

今回についてもいろいろ書いてはいるのだけれども、総て論証できる話なわけで(あっちこっちに迷惑かかりそうだしめんどくさいからまだやってない)、ここにツッコムわけにもいかないのが全難聴/全要研ってわけさ。

あなた不幸だよ>>そこの聴障者&情報保障関係者&納税者。

あと、全難聴の高岡正には同情を禁じ得ないのだが、これは自業自得。松本とかもな、聴覚障害者福祉を真剣にやってないから足元すくわれるんだよ、バカめが。
-----
昼、日清シーフードヌードル。
-----
生協で洗たく槽クリーナー(300円)を買ってきて、洗濯機に放り込んでみる。きれいになるといいなあ。でも結果が怖くてまだ覗いてない。
-----
けっきょくauftaktさんは渋谷の植え込みのなかから発見されたようで、

>>気がついたら渋谷の植え込みで気を失ってました
との由。「気がついたら気を失って」いたという時点でもうダメだな(笑)。その話を悪鬼羅にしてみたら、「植え込みにもたれかかって倒れている人間はチェックしたが、植え込みの中にまで倒れている人間がいるとは思わんから盲点でノーチェックだった」のだそうな。やはりあらゆる可能性をチェックすることの必要性を痛感させる事例ではあるらん。

っていうか、そのまえに見捨てて帰れよ。
-----
知人のとっちゃんがこんど入院なさるについては、これこれの曲の歌詞カードを揃えてくれ、という不思議な依頼を請ける。個人使用だから構うまいとおもってネットでたらたらと揃えてはいるのだけれども、『一高寮歌』(「嗚呼玉杯に〜」)とか『木遣りくずし』(「格子づくりに〜」)とか、カルチャーとジェネレーションのギャップがハイパーにランドスライドであることだなあ。
-----
その悪鬼羅がウクレレを買ったもんで『ハッピーバースデイ』を歌いたいというので、「うたほんくん」用のファイルを作る。

これ(↑、ちょっと隠れてます)をコピーして「うたほんくん」の窓に貼り付けてうたほんくんすればOKなわけね。いいツールです。

※preタグがうまく働かないみたいなんだけど、興味のある人はソースからコピーしていってください。すいません、よろしく。
-----
夜、『ジュラパ2』(頭つかいたくないので借りてきたが、くだらない)(くだらないけど楽しめる)を眺めながら酒を呑んでいて、飯を喰っていないことに気づいたのね。取り敢えず茹で卵など。半熟でマヨネーズ、成功。

あと、CX『ボルケーノ』など眺める。頭つかいたくないので観てみたが、くだらない(くだらないけど面白い)。
-----
沖縄出張中の某にお土産リクエスト。安めなところで、とうふよう、うみぶどう、ラフテー(レトルト)、余裕と冷却剤があれば島豆腐。
-----
明日は「ARTHUR Symphonic Winds TOKYO 」の演奏会が2時から中野で。楽しみ。

2002年06月08日 22時21分15秒


2002年6月7日(金曜日、おしまい)。
朝、納品がてら神楽坂へ。なんか毎日行ってるような気がしてきた。
そんで社長とビッグボーイに行って、食欲がないもんで生ビール2杯とポタージュスープ3杯、みたいな。帰宅して昼寝。
-----
ちょっと寝たところで鳥取のauftaktさんから電話、なんか新宿にいるのだそうで、てきとうに待ち合わせて「かに道楽」へ。悪鬼羅にメールしたりしつつ、蟹などいただきつつ、焼酎を飲む。

腹ができたところで、渋谷バッキーへ。そのうち悪鬼羅もくる。

そんで新宿ブラック・サンへ行こうということになって、でも渋谷でauftaktさんが行方不明になっちゃったんだけど放置して新宿へ。以降流れ解散、みたいな。

2002年06月08日 05時17分10秒


2002年6月6日(木曜日、テープ起こし)。
それはそうとして、尊師が会長になったんだそうな、おめでとうございます。

世も末だな。いちおう「でたぜん。」にはお祝いをあげておいた。
-----
昨日の日記から。

>>なんか開会式で西川貴教が国家を歌うらしいのだが、
これは「国歌」だろが>>じぶん。ふう。あと日付けも「水曜日と木曜日」とか書いてあるけど、「火曜日と水曜日」の間違いである。しょうむな。
-----
昨晩も錦山まで晩飯を食いに行ったのだが、お客さんが僕だけだった。みんな家でサッカーを観ているらしい。なにがおもしろいんだろうか。

とりあえず有事法制の議論を国会でこっそりやってるから、そっちのほうに注目すべきだと思う、なんて言わないけどさ。でもちょっとくらい観察しようよ。
-----
そんで錦山なんか行ってたもんで、忙しいのにものすごく寝坊してしまった。いかん。とりあえずお茶。

えーと、6時間くらい働くつもりだったのだから、午前中に3時間サボったぶんは『太陽にほえろ!』と『伝説の教師』と『ケイゾク』をあきらめれば埋め合わせがつくな。オッケー。
-----
昨日は『スターゲイト』の背景を「マットペイント」と書いたのだが、よく考えると角度によって動いていたみたいなんだから「3DCG」のほうが正解だな。もう不可能がないことと、映像媒体が「事実」としては信用ならないことが判る。
-----
ここんとこテープ起こしが続いているのだが、日本語で「経営者」と発音するときにたいがいのインテリさんが「ケーシャ」と言ってるらしきことに気がついた。あるいはケにアクセントを置いた「ケシャ」か、このいずれか。

俺? ちゃんと3音節にしているつもりではあるのだが。
-----
近所の自販機でコーヒーとエネルゲンを500円玉で買ったら、帝国ホテルのお釣りみたいなピカピカの10円玉がたくさん出てきた。持って帰るのが面倒くさくなったもんで、ぜんぶ使って蕎麦茶も買う。
-----
夕刻、加ト吉の冷凍さぬきうどんに冷凍菠薐草、冷凍刻み葱、コーレーグース、生卵など落として。半端に豪華。
-----
今日のニュースみたいな:マラドーナ、麻薬所持歴を理由に日本に入国を拒否された、らしい。いやいいんだけど、マッカートニーもストーンズもJBも来てるのにな。基準がよく判んないな。

サッカーつながりで、エクアドルは国会が会期に合わせて休暇に。いい話だ。
試合に合わせて閣議を深夜にずらしたのってイタリアだったっけ?
-----
週末に区長選があるのだが、誰に入れればいいんだ? なんしらん全員無所属だし、

  1. 鳩山と菅と小沢一郎と中村敦夫に応援されてる支持層のよく判らない51歳の大学院生、
  2. 25歳で字があまり上手くない人、
  3. 61歳で小泉純一郎とかの推薦を受けているモロに自民党の元区議、
  4. 65歳で共産党と社民党と新社会党に推されている元区議、
  5. 61歳でただの主婦と現区長に応援されたりしている前助役、
のゴタク。

小沢一郎に推されている1番は野村沙知代の例があるので却下。
モロ自民党の3番も現状では却下。
元助役は官僚あがりということで、タイミング的に却下。
うーん、共にあんまり当選しそうもない25歳と共産党の一騎討ちだなあ、俺のなかでは。
-----
柏のイベントの打ち合わせ、ファクスとメールで進行中。
なんか黒タキ着てウクレレ抱えて歌うことになりそうなんだが、DmollだとEmollだのEsだのの用語が飛び交っていて、しまった! クラシカルの皆さんだ! まあなんとかすべえ。
-----
OAKの辞書では「未払い」という単語が「ミハライ」という読みであることを発見。ここ50年間ほど「ミバライ」と言い続けてきたのだけれどもな、とっとと単語登録(普通名詞)。
-----
というわけでTVをなんとなく点けながらテープ起こし(器用なもんだ)。

某ニュースで女子刑務所の内部を中継していた。つい熱心に観てしまう。
某ニュースでは歩きタバコに怒っていた。俺もあれは嫌いだけどあんまり威張れない。まあせめて人込みでは吸わない、火は自分のほうに向けて持つ、灰皿は携帯する、くらいのことは。いやまあその。
-----
某大学のふぞく病院の表記が「付属」なのか「附属」なのかをネットで調べに行ったら、学内でも意見が真っ二つ(笑)。うーん、病を得ても入院したくない、かも。
-----
夜、ママーのレンジであっためる冷凍ペペロンチーノで貧しく、わざとらしくプラスチックのフォークとおさじを使う。あと昼間の残りのそば茶など。それにしても仕事が終わんねえ。
-----
っかしいなあ、23時にもなったのにまだ終わんない。たぶんテレ東木ロー『ボイスレター』がめちゃくちゃ面白かったせいだな。俄にパトリック・スエイジ(「スウェイジ」と表記するのが一般的だが、意味が判らん)のファンになってたりなんかして。

話は『恐怖のメロディ』と『T2』と『ショーシャンクの空に』と、あとなんかを混ぜた感じなんだけど、面白いから許す。

そういえばフランク・ダラボンの映画が公開されるみたいで、みんな『ショーシャンク』を引用するんだけれども、まず『ブロブ−宇宙からの不明物体−』のほうが重要だろう? 世の中まちがっとる。
-----
そういえば、フレッシュアイにリンクされてるらしい。
-----
23時半、なんとかおわった。

2002年06月07日 12時56分00秒


2002年6月4日(続き)と5日(水曜日と木曜日)。
(4日の続き)そんで暇こいて『マニアックコップ3』をもう一回眺めていたら、オープニングキャストにジャッキー・アール・ヘイリーの名が! 小学生の俺が惚れてたテイタム・オニールと『がんばれ! ベアーズ』でいちゃこいて、『地球が燃えつきる日』では軍隊に石なげてたジャッキーじゃん! でも調べてみるほどのこともないなあ、お元気そうでなにより。
-----
公園の滑り台。寝て起床。

テープ起こしのオファーが入ったもので、テープを受け取りに神楽坂へ。お気に入りの公園を通り抜けて、そのへんで蕎麦などたぐって、と。

小学生くらいの女の子が、ケータイで話しながら自転車で通りすぎていった。ふうん。
-----
なんか開会式で西川貴教が国家を歌うらしいのだが、みんな「斉唱」って言ってるんだよな。どう考えたって独唱だろ? なんか水道橋あたりだったらしいけど、青い服を着た選手がたくさんいたらしい。
-----
夕刻、気分直し(なんの)にQBハウス(千円で10分の散髪)に行く。
2週間ほど前にためしに行ってみて腕前がまともだったので、贔屓にしてみることにした。なに、ふつうの店なら散髪して顔剃りして洗髪して1時間弱のところを散髪だけで10分(僕は6ミリのバリカン入れなので15分くらいかかる)なのだから、値段も時間も妥当といえば妥当。余所の千円床屋ではヒドい目に遭ったことがあって警戒していたのだが、ちゃんと毛先に櫛鋏まで入れてくれるんだから大したもんだ。
-----
今日の私の逆鱗を踏まれ:
ミニコミ『ローリング・ココナッツ』誌の豆知識欄で、「ウッドフリクション・ペグを使っているような人は演奏しようと思ってはいないでしょうから」みたいな記事があって立腹する(腹が立って破り捨てたもので、原本が手許にない。とうぜん文責儂)。

ウッドフリクションの楽器を好きで弾き倒している、俺のような演奏者もいるのだ。明らかに音色もバランスも違うものを時代後れだからといって排除する、なにさまのつもりなんだロリココ! 今後はローリング・ココナッツ誌はいっさい信用しない(初心者相手の返答であるという点が凶悪すぎるし、人さまの好き好きを否定する点ではこれはもうファッショだ)。あと相談に返答してた奴もどうしようもねえな。
-----
夜までお仕事して、錦山まで晩飯をいただきに。肉豆腐、魚、豚キムチで焼酎を少々。いつの間にかカラーテレビが設えてあって、お客さんはみんなサッカーを観ていた。隣のお客さんに「日本戦はどうなりました?」って聞かれたんだけど、知らん。
-----
いろいろあって、ちょっと寝て、(このへんから5日)無理起きしたりして、午前中に無事にミッション終了、納品で神楽坂まで行って、社長と蕎麦などたぐる。

帰りは早大通りを抜けて早稲田まで歩く。野田屋酒店のおばちゃんは元気かなあ、とか、ドラード早稲田のコピージャスト跡地になんか会社が入ってるとか、その隣のアメコミグッズ屋が潰れてるなあとか、定食屋の美味いところは生き残っていて、マズいとこと高いとこがどこどこ潰れてるなあとか、なんか若いもんがいっぱいいるなあとか、いろいろ思い出しながらのんびりと。

地下鉄で落合まで戻って、ライフでゴーヤチャンプルーの材料など買って帰宅。
-----
今日の緊急事態:
帰宅途上の焼肉屋の窓に「クソたれ」と書いてあってだな。10分ほど考えてやっと判った、「タンたれ」だ。
-----
今日の発見:近所のビデオ屋2軒(「R」と「TSUTAYA」)から『クイック・アンド・デッド』と『マニアックコップ』が消えている。『スパイダーマン』のサム・ライミが噛んでるのになあ。

あとは、『少林サッカー』が大ヒットして馳星周の過去作品がどしどしビデオ化されるくらいが頼みの綱、かなあ。新作もロクなもんがねえし。
-----
今日のニュース:ガラパゴス沖のタンカー事故で原油が流出、ウミイグアナが大量死! たいへんだ、アメリカ版ゴジラなんかどーでもいいけど、ブースカが死んでしまう!
-----
弾き語りのレパートリーに『はじめてのチュウ』(from『キテレツ大百科』)を追加。
-----
夕刻、吉野家で並卵。後ろのほうで「並盛りのつゆだくに生卵」という汁気だらけのものを注文しているとっつぁんがいたのだが、それは既に飲み物なんじゃないのか? いやまあ、止めはしないが(大量の紅生姜を放り込んだら、宿酔に効くかも)。
-----
なんか『愛難聴にいぢめられた』というかたからメールを頂戴する。なんの力にもなれないけれどもね、なんとかなるといいね(特に「なんとかする」気もない)。
-----
テレビ埼玉『原子力潜水艦シービュー号』を眺めていたら、怪獣が出てきた(雪男みたようなもんだが)。嬉しい。

そのあとTVKで『スターゲイト』を眺める。マットペイントが物凄いことになっている。
ところで、アメリカの子どもは乳歯が抜けると「枕の下」に仕舞っておくらしい。俺みたいに寝相の悪いガキだったら夜中にちょっと痛いことに‥‥ならないか、子どもだもんね。
-----
e-bayで、オールコアのテナーウクレレキットが1万円、安ぅ。

ところで、BOOKMATCHEDってなあに?
-----
今日の無断リンク:重度脳性麻痺の人のサイトを紹介した読売新聞の記事オンライン。
-----
今日の無断リンク2:こういうのもちょっとやってみたい。
-----
20時過ぎからものすごい雷。って、これって夕立やんけ! 梅雨吹っ飛ばしていきなり夏、蚊取り線香を焚く。
-----
俄然眠くなってきたので、そろそろお休みなさい(『ごくせん』観るまでは我慢するけど)。
明日もテープ起こし、洗い物をする暇もない。

2002年06月05日 22時50分31秒


2002年6月4日(火曜日、めっちゃ早起きしたので朝の部)。
夜半というか白状すると前日23時半くらいに起床して、喉が乾いていたもので、近所の(ちょっと離れた)大塚製薬の自動販売機へ。ここ10日ほど売れ切れが続いていたエネルゲンも入荷していて(俺の好む飲料は売れないらしい。ex. チビ力水、とんがらC、ジョージアクリスタルブラック)、あとポカリスエットも買う。

買ってるうしろをフランス人風味のおっさんが通りすぎて、明らかに用事のなさそうな路地に入って、出てきた。いちおう声をかけてみる。

Do you need some help?
No, thank you.
見るからに困っていそうだったんだけどな、こっちもランニングに短パンとかで怪しげだったしな。大丈夫かな。いちおう続けて、
Why tourist like you are sneaking around here?
くらいは言ってみたのだけれども。どう見ても百人町界隈にご案内すべきキャラだったのだが、無事かなあ。
-----
寝そびれちゃったもので、『はじめてのチュウ』など譜面からとって弾き語ってみる。意外と俺向きかも(笑)。
-----
どうにも喉が乾くもので、コンビニまで麦茶を買いに。糖尿か? 落合公園で若いもん10人ほどがサッカーをやっている午前2時、元気があってたいへんに宜しい。文句? いつも俺が歌っているあたりだもんな、とんでもない話だ。
-----
コーデル役のオヤジ、素顔でも特殊メイクっぽい。夜半、眠れないもんで瀧音さんの置き土産のバドワイザーを飲みながら、昨日に古道具屋さんにて500円で購入したビデオ『マニアックコップ3−復讐の炎』をなんとなく観る。脚本がラリー・コーエン(アメリカの大森寿美男か福本伸行あたりか)ってのが買いだったのだが、まあ脚本が良くても演出がトロいとこんなもんかな(バジェットは関係なし)。主演はダイ・ハードのときにヘリコで突進してすぐ死んだFBIのロバート・ダビ。
-----
今夜のイチャモン:
高速道路のETCって、「イーテック」って読ませたいらしいんだな。ふうん。ぜったい「エトセトラ」だと思ってたんだけどさ。

どうでもいいけど、3万円もするような車載機買わせてよう。アメリカじゃあんなもんロハだぞ。
-----
日テレの月曜映画が『クルージング』だったんだけど、なんか劇中の「ホモセクシャル」とか「ゲイ」とか「バイセクシャル」が字幕ではぜんぶ「ホモ」に統一されていたような気がするんだな。いいのか。

たしか大学くらいのときに飯田橋ギンレイでビレッジピープルの映画(『Can't Stop the Music』だっけ?)と併映だったような気がする。とんでもない話だ。出てくる連中が全員ナチかフレディ・マーキュリーみたいだったし。

名画座つながりで、なんかの映画雑誌で「むかし名画座で『タクシー・ドライバー』を観ました。銃撃戦の場面が真っ暗なだけで凄い演出だと思いましたが、ランプが切れてただけでした」って、そのときその場所に俺も居たよ! 1979年冬の池袋文芸座で、俺は上映終了後に池袋から家まで歩いて帰る途中で豚カツ定食を食べたんだ。翌日はタカオの家で麻雀してたな。
-----
梅雨はどこに行った? このまんま夏? 日本の農作物はどうなる。
-----
さらに眠れぬ午前4時、「おやまラスタ・パスタ」練習の際の置き土産とて瀧音さんが置いて行ったビールなど呑みながら、その瀧音さん作成の「うたほん君」を使ってみる。素晴らしい。とりあえず『はじめてのチュウ』など作ってみたのだけれども。

あと、宮内庁御用達「まるなか」のさつまあげが到来物であったもんで、いただく。めったやたらと美味しい。
-----
これも今日のニュース:
防衛庁、情報公開請求者の個人情報をリスト化。

かわいいもんなんじゃないの? 全難聴/全要研なんか、メーリングリストに参加しただけで(秘匿すると約束していたにも関わらず)個人情報をリスト化して、ついでに公開しちゃうんだよ? 個々人の住所とか障害の有無とかまで併記してるんだよ? 

どっちのほうがより問題なのか、考えなくても判るよな。さらに言うなら、外部に公開した全難聴/全要研のほうがタチが悪いし、しかも全難聴/全要研は俺をいじめている(自衛隊のほうは謝罪したぜ、よっぽど素直だ)。

世の中、馬鹿野郎ばかり。
-----
楽しい話題ってないかなあ、潤いのない日記で申し訳ない。
頼みは瀧音さんとラリー・コーエンばかりってことか。

2002年06月04日 04時56分42秒


2002年6月3日(月曜日、たいへん)。
昨晩はMXTV『アウター・リミッツ』の『空白の過去』を眺めていたら、監督のクレジットがルー・ダイヤモンド・フィリップスだった。さいきん見ないと思っていたら、演出のほうに行っていたのだろうかしらん、好きな役者さんなのでいいことだと思う(ちゅうかインデアン系とて、ブラットパックとはいえ役者としての仕事も少なからん)。
-----
朝、なんかまだやる気がないちゅうかバイオリズムが3並びでどん底、みたいな。
そんなことも言ってらんないのでお仕事、久しぶりにOASYS 500GXをいじる。プリンタの調子が最悪で(あたりまえだ、半年も放り出してあるんだから)、たいしたことはしていないのにも関わらずえらく苦労したりなんかして。

お茶した後に、暑いなかを短パンにTシャツにサングラスかけて、野方のお客さま宅まで自転車でお届けに。
-----
浪速の知人夫妻のとこの新生児の写真が出回ってきた。顔の造作はいい感じで夫婦ミックスになっていて、生え際の後退しているあたりが旦那似かな? とりあえず可愛い。
-----
今朝の『太陽にほえろ!』、桃井かおりが新宿でフラワーチルドレンをしていた。まだそんなに眠そうではなかったように思えたのだが、気のせいだな。

どうでもいいけど中野区内に住んでると(都庁電波障害保障があるもんで)朝9時くらいから、

太陽に吠えろ!
影の軍団
こちら第三社会部
古畑任三郎
伝説の教師
ケイゾク
原子力潜水艦シービュー号
スターゲイト
ぞろっと並んでたりなんかして、ドラマジャンキーは死ぬしかない、みたいな感じ。なんとか立て直さないとなあ。
-----
今日のニュース:
南アフリカ発の詐欺事件、国内でも被害が!
>>コンゴ内戦のあおりで、巨額の武器購入費が宙に浮き、保管に困っています。あなたの口座に金を預けさせてもらえれば、2〜3割ほどの謝礼をさしあげます。
俺んとこにも何度かきたメールなんだけどさぁ、こんなんで1億円も騙し取られた日本人がいるってほうがびっくりだよな。
-----
今日のニュース:
札幌の蹴球場内の売店に貼ってあったという看板の文字。
>>We can hardly speak English.
つまり、
>>英語判んねえよ。
国際大会の主催国のライセンス済みの売店だぞ、恥を知れふざけんな阿呆。

だからよ、売店英語なんか金額と「How many?」で済むだろ? 国際イベント主催国として最低限の努力すらしようとしていない、こういうのを国辱と言う。
デパガの「手話勉強中です(^^)」ってのを見倣えよ、ちったぁよ。

浅草行ってみろよ、屋台の兄ちゃんが数字とイラストで一所懸命「値段」と「品物」を説明してるよ。
巣鴨行ってみよろ、掃除のおばちゃんが外人の浴衣の帯を直してやってるよ。
そのへんの焼鳥屋さんだって、チェーンのくせに「アメリカ人連れてくからよ」って言っておいたらメニューに英語を書き足しておいてくれたよ。
出来る/出来ないじゃない、とっとと「でも、やるんだよ!」っていう姿勢が微塵もねえよな、FIFAにさ。
-----
続き。

いずれ『社会的な責任を負っている』という自負がないのが、FIFAと全難聴と全要研の3者に共通する欠点だよな。適切な批判に対して(保身としてしか対処できないので)、つまり責任者としての自覚がないので「俺のせいじゃねえよ」として、例えば僕を“攻撃する者”としてしかとらえられない。

世も末だよ、バカめが。
-----
ねる。

2002年06月03日 21時20分24秒



get to:       りびけんの国!   パソコン要約筆記虎の穴!  BBS