徒然草むしり(2003年8月)。

徒然草むしり。

毎日更新されると思ったら大間違い。
本当のことが書いてあると思ったらもっと間違い。

since from Jul.16,2002.
get to:       りびけんの国!   虎の穴!   BBS  

2003年8月31日(日曜日、夏休みも終わり)。

午前9時起床。

『笑っていいとも!』に小松政夫が出るというので、余りビデオをセットして録画待機、「製材所」とか「UFOを目撃した台湾人」とかのネタの保存に成功。ほんとは「有名人を切る」も演ってほしかったんだけどな、まあいいや。


不良。11月28日は飯田橋のトッパンホールでの、女声合唱団サファイアさんのステージ・マネージャを拝命する。うーん、ベリーショートのキンパツがそんなもんやっていいのかなんていう疑念はとっとと捨ててだな、ほいほい引き受けるわけよ。

日記で調べてみたら(つけとくもんだな)、前回はどうやら2001年の9月28日でしたな。トッパンホールってスタッフが職人さんだもんだから(褒めてるんですが)、ステマネと雖もステージ設営に参加しないといけないもんだからちょっとヤなんだけどな、まあいいや。

なんかフリューゲル(母校の現役合唱団)も乗るらしいので、それなりに楽しみではある。詳細? 知らないけどさきの話だからまあいいや。


お向かいの落合公園では「平和盆踊り」開催さる。やってることは盆踊りなのだがテーマは「反核」だったりして、原爆写真展が併催されていたりもするんだな。

昼間ちょっと覗いてみてアトミック・ソルジャーの写真を眺めてみたりはしたのだが、盆踊り自体に政治性を持ち込まれるのも小さく業腹だもので、夜の部はパス。


Suica定期券使用実績(目指せ9月1日までに5,040円):
累計で4,280円。たぶん500円くらい負けて終わる勝負なのだろうなあ。ちぇっ。
2003年09月01日 03時17分40秒


2003年8月29日と30日(金曜日と土曜日、グレる)。

29日の金曜日は、午前2時起床。もう滅茶苦茶やね(笑)。

午前3時からしみじみと風呂桶を洗う。えーと、3か月ぶりくらい? ずうっとほっといたからなあ、「こすらなくてもOK」というフレコミの洗剤でごしごし。ごしごし。妖怪あずきあらい。誰も知らないか。ごしごし。


通信専用機と化している旧PCのほうだが、どうやらIEが悪さしているみたいでですね、ひさしぶりにNCを立ち上げてリンク関係をメンテして、けっこう好調。とうぶんこれで行ける、かしら。って早く新型買えよ俺。

風呂上がりにビール。


グレた。午前5時、出し忘れていた荷物を発送すべくサンクスへ。家で封緘ができなかったもんで、レジのお兄さんに「ガムテープかなにかありませんか?」って聞いてみたら、レジのほうにはそういうものは無いのだそうで、まあどうせ必要になるわけだから布ガムを1本購入。

ついでに某所留守宅を覗いてみて、ポストにたまりきっていた郵便物と新聞を整理しておく。
暖房便座がつけっぱなしになっていて、「低温火傷しそうなくらいに高温だな」などと思って、日本語の難しさに思いを馳せる。


帰り際、またサンクスでお買い物、バターがなかったものでとろけるチーズ、あと食パン。
帰宅して、タマゴ4つとハム3枚で目玉焼き(ターンオーバー)を作って、トーストは2枚焼いて、あと野菜ジュースで朝食。起床時刻がまともだったら健康的なんだけどな、まあ食欲があるのはいいことだ。

今日のセンセー!:生徒14号さん3回目。

譜面通りならたいがいなんでも弾けるのだけれども、そこ止まりなのでもがいている向上心あふれる生徒さんである。前回は「親指の位置」に致命的な欠陥がありそうな気がしたものだからそこの矯正を指導して、今回はそのおさらいだな。

親指の位置はちゃんと直してきてくれた。ただ、とにかく左手が硬いものだから、単音でバンプを弾くという課題も出しておいた。まだ硬いのだけれども、まあ指は動くようにはなってきたかな。これは「もっとレガートで弾きたい」というのと、「左側の指は残したほうがラク」といったあたりか。あと、撥弦は右親指なのだが、親指爪左側の肉で弾いているものだから音色が硬いもので、腹の肉で弾くように指導。

ストロークのほうはもともと器用なのだが、どうやらコードチェンジの際に「直前のコードを端折っている」ことが判明。たとえば『Crazy G』だったら、
「ちゃんちゃんちゃんちゃんちゃんちゃきーん」であるべきところが、
「ちゃんちゃぺちゃんちゃぺちゃんちゃぺ-無音-」になっているわけね。
本人に自覚がないというもので、『Crazy G』のバンプ4小節を「1弦と3弦だけのピッキング」で弾いてもらって、開放弦の音を消してみて納得していただく。けっきょく、ウクレレの弦というのはスライドさせて弾くものなんだろうな。いちいち押さえなおす必要もないし、その効果もないわけだし。


今日は見学の奥さまもみえていて、厳しい指導(笑)であったにも関わらず入門申込をいただいた。なんかグループレッスンでハワイアンのウクレレもやっていて、「僕はハワイアンはやりませんけど」と言ってみたら「そっちはお腹いっぱいだから大丈夫です」との由、ラッキー。ついでに小柳さん以外に誰も知らなかった『ブンガワン・ソロ』のタブ譜が無駄にならなくて良かったなあ(新生徒奥さまの「娘時分のころの曲」との由)。

終了後、バッキー。



グレたんだってば。30日の土曜日、適当に起床してヒマ。いいのかこんなことで。

小人が閑居していても不善を為すもので、じゃあってんで懸案の「ブリヂストン美術館」でも覗いてみるかってんで、東中野から東京駅八重洲口に向かってみる。
駅地下の食堂街で「なにか喰わなきゃなあ、でも食欲ないなあ」と思いながら歩いていたら、中華の「鳳鳴春」というお店から異様に美味そうな気配が漂ってきていて、牛肉ラーメンなど食べてみたら美味かった。ラッキー。

ブリヂストン美術館でのお目当ては「怖い 恐い こわい」という特設展示だったのだが、特段に「怖い」こともなかったなあ。気に入ったのは(タイトルとか作者とかまったく覚えてませんけど)「これから磔刑に処されるキリストがあっちから連行されている脇で、まさに磔刑に処されようという兄ちゃんの手足に釘が打たれていく」という絵と、あとキチガイが書いたとしか思えない宴会風景の油絵でした。
アール・ブリュットにもういっかいくらい行ってみたくなったのが収穫、かな。入場料金ぶんのものはみせていただいたとは思うのだが、ピカソだったらピカソだらけじゃないと意味がないし、俺にルノワールとか見せても文化の無駄遣いだとほんとうに思うし。

あと、『麗子微笑』の麗子ちゃんのピンバッジはちょっと欲しかったと思いました。


たらたらと移動して、てきとうに銀座。銀座線で渋谷。

グレた。伸びた髪がいきなり鬱陶しくなってきて、道玄坂のヤマハを出たところにいまどき「ねじりん棒」を出している床屋さんを発見。それだけだったら散髪くらいは我慢するのだけれども、どうやら玄関先にゴッホが飾ってある。床屋だぞ、おい。面白そうなので入ってみて、「染めてみますか?」ってんで染めちゃったりなんかして。

散髪はだいたい半年ぶりでした。

聞いてみたら、ゴッホは「わざとやってる冗談」なのだそうで、あんまり気づいて貰えないのが残念らしい。「そろそろ替えようかと思っています」とのことなので、いっそ「ゴッホの自画像(なるべく晩年)」か、優勝記念で「トラ」というのを推薦しておきました。


というわけでまたバッキー(しょうがない人生だな)。

ウクレレに触ったことがないという奥さまとお嬢さまがいらしたもので、ちょっと極秘裏に実験台になっていただいて、初心者対応の手首の位置とか指導方法とかをいろいろ試してみる。まあ損はなかったものと思うので堪忍していただきたい。どうせここ読んでないし。


バッキー後に大島ラーメン。

あと帰宅して、NHKでフラダンス関連の番組などやっていたものでつい観てしまう。1年前だったら記憶にも留まらずに流していたプログラムではあるわけで、関係性って大事なんだなあ、なんてちょっと思うわけだ。


Suica定期券使用実績(目指せ9月1日までに5,040円):
累計で4,280円。明日じゅうに800円かよ、まずムリだな。
2003年08月31日 02時10分15秒


2003年8月28日(木曜日、復活)。

午前7時起床、昨晩もけっこう喰ったな。

それでビデオ『バイオハザード』を観たのだけれども、ポール・アンダーセン監督ってほんとにカットつなぎとかヘタクソだな。「観てる奴が想像力で補ってやらないと判らない」というのはハリウッドでは通用しているわけ? まあそういことなんだろうな。補ってやった結果としては「まあまあのゾンビ映画」なんだけど、新味はないな。まあいいんだけど(ゾンビ映画が好きだから)。

朝食は野菜ジュースと、アツアゲとホウレンソウとシイタケとウコンの煮物(鶏ガラベースに醤油とコーレーグース、微量の塩胡椒)など熱心に作る。朝食感まったく無し。


カウンタ‥‥じゃないな。カウンタの残骸。なんかこの日記のカウンタのコードを更新しろっていう表示がでているのだけれども、どうやるんだろう。めんどうくさいからほっとこうと思う。

今や完全に通信端末と化している旧PCなのだが、もう調子の悪いこと夥しい。20分も使うとHDDが果ててだな、リスタートするのに10分ほどかかる。しょうがないからふだんは新PCのほうのダイヤルアップを使って(ISDN接続がまだできてない!)、1日1回くらい旧PCでメールの整理をするというこのていたらく。ふう。

爪切った。

事前。両手とも白いところはぜんぶカットする仕様で、これでもバトキンができるから不思議だ。ほんとは伸ばしておいてウクレレの音を検証してみたいのだが、ピアノも弾くから切らざるを得ない(鍵と鍵の間に爪が入っちゃって痛いのよ)。

事後。みんなはどうなんだろうな、オータサンは親指の爪が長くて、てっちゃんは半端に伸ばして(本人談)、トイズ界隈に長い人が多くて、といった感じか。情報量が少なすぎるなあ、そのうち調べてみようと思う。


左足の親指(おまけ)。昨日の日記に「Hallo Goodbye」と書いてあるのを発見。そりゃHelloだろうに、情けないことだ(まあ「ハロー」くらいなら間違っていても先方が想像力で補ってくれるからいいや)。

英語つながりで、なんかのアメリカ映画を原語で眺めていたら、拳銃を突きつけた奴がどうやら「(うしろに)下がれ」と言っている、らしい(自慢じゃないけど聞き取りには自信がない)。1回目は「back off!」だったのだが、2回目は「fuck off!」だった。勉強になるなあ。

ボーン・シットの綴りはどういうふうなんだろう。後半は判るのだけれど。「骨」か「生まれ」だと思うんだけどな、こういうのを辞書をひかずに考えるのは楽しい。
どっかに「アメリカ人に拳銃を突きつけられた場合の会話集」ってないかな。知っておく必要があると思うのだけれども、参考書がないみたいな。ほら、先様も必死だから滑舌とかよくないだろうし、「プリャヘンゾノヤヘッ」とか言われても判らないし(put your hands on your head!って言ってる心算)、「フリーズ」くらいが判らなくて死ぬのもちょっと嫌だし。


TBSの謎のドラマ『愛するために愛されたい』なんだが、自分が東南アジアでいちど死んだらしきことを知った黒木瞳が「じゃあ私は‥‥ゴースト?」って言ってたんだけどさあ、いったん死んでいたとしても実体を伴って世間で活躍しているのだから、そういうのはゾンビって言わないかなあ。

夜、豚ロースを焼いて、あと野菜ジュースとか。

Suica定期券使用実績(目指せ9月1日までに5,040円):
累計で3,470円。
2003年08月29日 02時31分58秒


2003年8月27日(水曜日、ふらふら)。

午前5時起床。まああれだけ寝りゃあ早起きもしようってもんだ。

ただなあ、尾籠な話で恐縮だが、起きるなりものすごい水下痢でさあ。というか、急ぎトイレに行かんとならんもんで起き出したというのが正解なんだな。というわけで午前中はトイレと寝床を往復しながら水分摂取に努めたりなんかしていて、なんもできず。水だのジュースだのポカリスウェットだのを飲みつつ梨など齧りつつ征露丸など処方しつつごろごろとする。正味しょうもない。

9時くらいにふらふらしながら煙草を買いにでて、ついでにお豆腐屋さんでアツアゲを1枚、100円自販機でポカリスウェットも補充。雨上がりとて湿気はあるけど、暑くもないのでまだラクかな。


今日のニュース:
テレビ朝日「21世紀新人シナリオ大賞」というのがあって、今年の大賞受賞者は清水昭さんとおっしゃるのだそうな、おめでとうございます。一昨日は隣で呑んでたんだけどな、いつの間に(笑)。

嬉しくないほうでは、teacupの掲示板に出会い系のスパム書き込みが殺到していてうざったいったらありゃしない。

久米宏が『ニュース・ステーション』を辞めるについて、朝のCX某キャスターが「ライバル出現」と言っていたのがリアルだったような。


日曜日の演奏会でご迷惑をかけた方面にご挨拶メールを書く。深夜の電話では「連絡のミスで」とか言ってたのだけれども、あとから検証してみたら明らかに俺のポカだったんだよなぁ、いかんいかん。

リンクご挨拶を頂戴した『貴教バカ一代』さんにはお返事しておく。

関係ないけど、合唱団関連で郵政公社物件を送ってくださった某大物合唱団OBの付箋が、祇園の料亭のメモ用紙だった。さすがだなあ。

ダウナーな日とて、なんか懸賞でも当てるかと思って論文系とか音楽系とかを探してみたのだけれども、ろくなもんがねえな(←こんなの募集しないでプロに頼めよ、みたいな(自分の狙いも判ってないわけだけど(←ナニサマだきさん)))。詞にアテる作曲募集とかないかな、自信あるんだけどな。
ほら、深作欣二『Message from Space』の邦題募集懸賞のアタリが『宇宙からのメッセージ』だったやん。そういうくだらないものにアタマ使いたくないし、だからっつって得意分野も見つからないし、ずうっと下痢だし、くだらない話で申し訳ないし。
そういえばキワヤのコンテストはどうなったかな。予選落ちかな。まあいいや。

某からThe Beatles『Hallo Goodbye』のコード取りを頼まれてお手軽にやってみて、2拍の小節があることを発見。いやまあ、サイモン&ガーファンクルあたりとかを捜せばざらざら出てくるのだろうけれど。

テレ東午後ローはケビン・コナー監督になる『豪華客船ゴライアス号の奇跡』が今日明日で前後編。怪獣映画で有名な監督の「微妙SF」ということで以前から観たかったんだけどTVMとてビデオスルーもなくて、でもなんかお腹は痛いし「余りビデオ」もないし、某所に頼んでハイテク録画してもらうことにする。

ついでに書いておくと、例のビデオの正式タイトルは『原子怪獣現る』です。僕の表記も混乱していて申し訳ない。

ヒマついでに、手許に15枚ある500円玉のうち、新500円玉が13枚、旧500円玉が2枚。「旧」混入率7.5%でした。


土曜日の落ち穂拾い:
バッキー遠足でお隣の席にいらした奥さまになんとなくウクレレなど教えていてだな。「ウクレレ教室みたいなのもあるんですよね?」と仰るもので「独学で充分ですよ」とか言っていたのだが、なんと「さっきの会合で貰った」ということでHawaiian Dreamのウクレレ教室のビラをお持ちだった。「僕はそこで教えてますけどね」なんてひらたく言ってはおいたのだけれども、ちょっとびっくり。どういう会合だったのだろうか。

22時過ぎくらいにヤケクソでお買い物は東中野ライフ。
  • この時刻とて半額になっていたカツオ刺身、
  • 豚ロース、
  • ポークンビーンズ缶、
  • 小さなコーン缶(ホール)、
  • 売れ残りのパン(いろいろあって300円)、
  • 野菜ジュース、
  • ホウレンソウ、
  • タラモサラダ、
といった感じ。食欲もないのだが、最低限「タラモサラダ」と「カツオ」は今日じゅうに消費しなければならないという「縛り」を自身に課すことにはなるから、まあいいことなんじゃないかな。売れ残りブレッズも明朝には喰わなきゃならないわけだし、自身に強制しないとたぶんなんにも喰わないし。

ついでに、ビデオRさんで『バイオハザード』(ミラ・ジョボビッチ)も借りてくるただの夏休みというか療養中いや単に衰弱した人。かつて飼い犬が死んだときには気分直しで(文句のある奴ぁ一歩前にでろ)『悪魔のいけにえ』とか借りてきちゃったしな、まだ健全。
無駄なトレイラーを眺めていて気づいたのだが、『サイン』で×××が××に弱いというのも『トリフィド』からの引用なのかなあ。まあ海水じゃないわけだし、そんなに深くも考えてないと思うのだけれども。
『オースティン・パワーズ・デラックス』の「世界おバカ化計画」は、『R』の「まぬけ時空発生装置」なんだろうな。
『ピンポン』で羽根が生えてるのは『Dead or Arive 3』なのかな。
あんまり考えててもしょうがないな、とりあえず「タラモサラダ」などいただく。

あとてきとうに食べて、と。

Suica定期券使用実績(目指せ9月1日までに5,040円):
累計で3,470円、そんなもん増えるわけもなく。
2003年08月28日 01時42分59秒


2003年8月26日(火曜日、電池切れ)。

洗濯物(部屋干し)。午前6時起床、今日も睡眠4時間くらいって、それでいいの? ただの高齢化? なんだかなあ。

コーヒー2杯ほどをいただいて、洗濯機を2回転。


一昨日の演奏会のバックヤードでタイムテーブルを眺めながら「“ピアノ:ヘタ”ってあんまりだよなあ」と呟いてみたら、真面目な学生さんに「それは“シモテ”と読むんです」って突っ込まれた。そんなこっちゃ大成しないぞ、せめてノリツッコミくらいやってみろってんだ(←理不尽)。

ちょっとお仕事などもして‥‥お昼くらいから俄に体力が減衰していって、しょうがないから寝床でごろりとしてみたらそのまま睡眠7時間。ときたま起きてお電話の相手などする、みたいな。しょうがねえな。

こいつぁてっきり俺さまももう長いことはないなと考えてだな、保険会社に電話して、75歳過ぎは保障しないプランへの変更を申し入れる。どうせあと20年もすれば死んでるし、俺。


19時くらいから起き出して、『ゴジラvs. メガギラス』、『ウォーターボーイズ』と眺めながら栄養摂取。
  • なんかてきとうにサラダ、
  • アツアゲとシイタケの煮物、
  • 刺身こんにゃく、
  • 豚ロースのポークンビーンズ&コーン焼き、
  • ついでにレトルトのシチュー、
とまあこれだけ喰えればとりあえず大丈夫かな。

食後、疑似科学本の整理をする心算がついつい寝床で読んでしまう。

Suica定期券使用実績(目指せ9月1日までに5,040円):
累計で3,470円、増えてるわけがない。
2003年08月27日 09時04分37秒


2003年8月24日と25日(日曜日と月曜日、受付とセンセー!など)。

24日の午前6時、きわめて元気に起床した遠足体質。

煙草を買いにでたついでに、コカ・コーラなど。


15分ほどで受付マニュアルを突貫で書いて、ひょっとしてオペラシティにキンコーズでもあったら使えるかもと思ってUSBストレージにフライヤーその他の実用物件も突っ込んで、と。まあだいたい準備完了。

お風呂に入って、ちょいと早めだが9時前に家を出る。
本当は大江戸線の西新宿五丁目駅あたりでおりればラクなのだが、Suica使用実績があがっていなくて口惜しいので総武線で新宿駅に出て20分歩こうかと‥‥外に出てみたら暑いので、あっさり大江戸線経由京王新線で初台へ。

初台はオペラシティで開催される男声合唱『甍』演奏会の受付主任ということで、服装はジーパンにポロにサングラスといった半端にパンキーな感じ。いろんな人に「その格好で受付かい」とも言われたが、昨年はネクタイしていったらいろんなお客さんにスタッフと間違われて(スタッフなのだが)トイレの場所を聞かれたり招待席の場所を訊ねられたり「あの、先生はいまどちらに」とか質問されたりでウザかったもんで。
意外とこれは正解で、今年は誰にもなんにもぜんぜん相手にされずに業務に専念できたのでした。誰かからのワタリをつけるにしても、「受付界隈にいるサングラスの兄ちゃん」って言えば紛れもないしな、今後もこれで行こ(笑)。
  • お手伝いさん(受付スタッフね)の数が前々日まで不明だったり、
  • レセプション会場の場所が14階なのか16階なのか18階なのか32階なのか判らなかったり(本当に各説が跋扈していた)、
  • パンフに挟み込む約束のフライヤーが昼過ぎまで届かなかったり(これは僕のミスなのだが)、
  • お婆さんが「佐賀から孫を観にきたのですがチケットを忘れて」と泣かんばかりに言うもので内緒で融通してあげたり、
いろいろあって楽しかったな。まあスタッフも松原混声合唱団のベテラン組だったり早稲田大学コール・フリューゲルの精鋭組(だからステージに乗ってない、わけじゃねえだろうな)だったりするので、おおまかな指示だけ出してあとは任せる私が出泉出版刊『部下を信じるマネジメント』の著者であることを知るひとは少ない(偽名で出してるし)。単にいいかげんなだけだが。

演奏そのものは聴けなかったのだが、感想を伺った範囲内では「声がよかった」とか「演出がよかった」とか「楽しめました」とかいろいろで、少なくとも音圧に関してだけは世界中のどこに出しても恥ずかしくない合唱団でもあり、いい演奏会だったんじゃねえかな。だいたい「佐竹優子さんが譜めくり」というだけでも、無駄に豪華なことは判る。


というわけで楽しくウチアゲ。佐竹先生には「譜めくりは僕のほうが上手いんだから。田中瑤子先生の譜めくりも何度かしました」ってクギを刺しておきました(笑)。10年ぶりとか15年ぶりとかに会う知り合いも多くてな、まあ来てみるもんだ。それで新宿三丁目に流れて、てきとうなところで西武線の終電で帰宅、ばたんきう。

25日は午前7時に起床。おかしいなあ、寝たのが午前3時くらいだし、昨日も4時間くらいしか寝ていないのにも関わらず、だ。やっぱり齢なのだろうか。不眠症って「早起きする」ものなの? なんか違うと思う。

とりあえずサンクスまで行って、インスタントカップのビーフンで『坦々麺』というのを買ってくる。え? ビーフンって麺なの? よく判らないし中国産だし。でもあんまり食欲もないし、辛いものなら食べられるかな、といった感じ。あと伊藤園の野菜ジュースなど。


今日のメール:
スパムは措いといて、
  • 甍に招待してみたら来てくれたパツンパツンからメール。ほとんど正反対みたいなT.M.Revolutionと甍できちんと聞けるんだからたいしたもんだ、ありがとうございます。
  • T.M.Revolution関連で、「西川バカ一代」というサイトの主催者さんからメール。なんかリンクしてくれたらしい。
  • 生徒6号さんからメールで、遠足の感想文が届く。けっこう面白がってくれたみたいで、学級崩壊しなくてよかった。
お返事は、まあ後日だな。微妙に忙しいので申し訳ないのだけれども、急ぐ話題でもないし。

あとは、今日締切(先週末締切との依頼だったのだが、忙しかったもんで今日まで延ばしてもらったのよ)のテープ起こしが50分。まあ大過なく終了して納品。

今日のセンセー!:生徒3号さん3回目、生徒16号さん1回目。

18時からセンセーのところ、余裕こいて17時に仕事を終わらせてですね、まあいいや。
1. 生徒3号さん3回目。
インターバルがふた月あるぞ(笑)。ということは2か月間にぜんぶ忘れているか、2か月にわたる修行で上達しているかどっちかだなと思っていたら、後者でしたぱちぱちぱち。
とにかくイチから始めて3回目のレッスンで『Crazy G』がすらすら弾けるんだから大したものだし、つい言ってみた「ストロークはとにかくアップダウンで」というのもできていたし(けっこう難しいぞ、たぶん)。これはテンポが少し甘いのは措いといて、細かいところで豆知識を詰め込んでおしまい。
それで『3時間で弾けるウクレレ』とかいう教則本を持ってきていたもので、ちょっと見せてもらって勉強する(爆)。ふうん。自慢じゃないけど真面目に教則本とか読んだことないからなあ、なるほどなあ。僕の教えていることとずいぶん違うなあ。
あとはストローク特集で、親指から人指し指から4本指からインチキまで、ついでに音量調整とかビブラートとかいろいろやってみる。カッティングというとちょっと違うのかな、ミュートに興味をお持ちのようだったのでこれも2種類ほど。覚えもいいし、けっこう楽しい。
ミュートついでなので、ハイコードの練習も兼ねて『笑点』などお渡ししておく。次回はそうだな、なにか速めの曲でも用意していろいろ突っ込んでみようかな。

2. 生徒16号さん1回目。
「なんで僕の資料を持っているんだろう」と思ったら、先日の生徒15号さんのときに見学にみえていたかたなのだな。
ウクレレはぜんぜん初めてで、自機も無し。音大を出ておられて、声楽とバイオリン(ということはピアノも)はやったのだが、コードチェンジ関係は苦手、との由。ウクレレはまあ「弾けるようになりたい」とのことだが、素養はあるのだからひと通りの演奏ができるようにすればいいよな、たぶん。
じゃあ基本的なコードの押さえ方をやって、ストロークをやって、タブ譜の読み方をやって、といった感じかなと思ったら、いきなり0102のFで3弦に人指し指が触れちゃってうまく鳴らない。そうか、バイオリンってコードは弾かないもんな、なんてヘンな納得のしかたをしながらいろいろいじってみたけど、妙に力も入っているし、いろいろいじってみたけどここはペンディングだなあ。
というわけでストロークはパスして、バンプに移行してタブ譜の読み方と単音の弾き方を軽くやって、これは「どっちが1弦」なのかがまだよく判らないみたいで。まあおいおい、だな。
クラシカル出身のかたなので「“属七”とか言ったほうがいいですか?」って聞いてみたら、どうやら「セブンス」でもいいらしい。よかった、「嬰ロ音」とか言ってたら疲れてしょうがないよ(笑)。
あとは、近日中にウクレレを購入予定とのことなので、選び方の話など少しする。いちばん近くのお店が「池袋のクロサワ」とのことなのだが、僕がなんか韓国製のノンブランドを買ったお店かなあ。
それでタクヤさんに「りびセンセー引率のハワイツアー」の企画書を書けって言われてるんだけどさあ、なんだそれというか似合わないというか(笑)。まあなにかでっちあげておこうかな。

終了後は例によってバッキー。例によって忠さんと松さんとあの人とこの人と。
松さんと「ハワイアンで余る2拍の重要性」について話していたら、忠さんが「たしかIf We hold on Togetherに同じパートがあった筈だ」と言うもので、なんでバッキーでこの曲を弾いてるんだろう僕はと思いながら検証して、なるほどサビで2拍余っていることを発見して全員すっきり。
あと、フリのお客さんがみえて古い歌謡曲を達者に弾かれるものだから、みんなで面白がってぽろぽろ合わせて遊ぶ。

Suica定期券使用実績(目指せ9月1日までに5,040円):
累計で3,470円。あと正味1週間、ぴーんち。
2003年08月26日 07時58分51秒


2003年8月23日(土曜日、遠足)。

午前6時起床。

さてテープ起こしのネタでも作るかと思ったら、内緒だが届いていたビデオの2本目が行方不明で大慌てして、せっかく出した燃えないゴミを回収してきたりして探してみたが見つからない。半ば廃業を覚悟したところで、ひょんなところからでてきましたとさ。それでもプロかっ! 一喝しておく>>俺。


朝、梨とフルーツヨーグルトとコーヒー。

テープ起こしはちょいとやってみて、まあ順調に処理できそうなことを確認して、と。

今日のセンセー!:生徒13号さん3回目と、生徒6号さん6回目。

1. 生徒13号さん3回目。
とりあえず単音とハイコードの併せ技で「バンプ」をみてみる。なんか単音の右手が「隣の弦」を弾いちゃうのは、やっぱり馴れていないのもあるのだろうけれども、音符とか出音じゃなくて「弦とフレットの数字」で考えているところもあるのだろうなあ。まだまだ硬いがそのうちなんとか、でも音がデカいのはやっぱり取り柄だからそこは崩さないように、と。
ハイコードはなんとか安定してきたような。あとは難しい『TSUNAMI』とごく簡単な『いとしのエリー』のストロークを僕のメロディでやって、次回はメロディ譜を用意していくことにする。
煙草休憩後の雑談で、実は『Crazy G』をけっこう達者に弾くことを発見。ついでにG(2320)を中指-小指-薬指で弾いている(人指し指が空いている!)という仰天事実を発見、でも音は出てるし面白いからまあいいや(笑)。あーびっくりした。
そういえば見学さんが2名ほどいらしていて照れていたが、人前で演ってなんぼなので知らんぷり。「ぜんぜん弾けない」とも仰っていたが、こんなもんレッスン3回目で|Fm B7|EbCm|Dm-5G7|C|とかやらせている教室のほうが特殊なんだということは説明しておいた。

2. 生徒6号さん6回目。
6号さんは「次はこれやりましょう」つうて先生の意向に関係なく勝手に進めてくれるので、非常にラクだ(ぉぃぉぃ)。
バンプは‥‥このあと『Crazy G』で『TSUNAMI』で『いとしのエリー』なんだよな。さいきん似たようなことばっかりやってるような気がしてきた。それでバンプは、ハイコードがうまく入らないのと、音が切れないのをなんとかする。あと息抜きで『まんが日本昔ばなし』など演って、それから『Crazy G』だな。これもハイコードで音をたたっ切るように指導して、ついでにサビに|Db7 D7|D#7 D7|とかのオルタネイトを突っ込んだりして遊ぶ。
ほんとは18時で定刻終了なのだが、前回は30分遅刻のぶんレッスンが短かったのと、19時あたりからバッキー遠足を予定していたので少しだけだらだらと延長して、例の譜面で『12番街のラグ』を僕が練習する。なるほど、だいたい判った。
次回までに6号さんは『Crazy G』を修得してくるので、僕は『12番街のラグ』をなんとかして『TSUNAMI』と『いとしのエリー』の単音譜を書いてくること。以上全部生徒さんの仕切り。
前回の千葉土産のキャラメルを店長がぜんぶ食べちゃったもんだから6号さんが怒って学級崩壊寸前って千葉の某に言っといたら、千葉県早起き買い出し隊から「学級崩壊救援物資」としてキャラメルが「箱」で届いていました。ありがとうございます。ちゃんと「禁店長」って書いてあったな。

今日の遠足:
その生徒6号さんが「行ってみたい」と言っていたもんだから、引率して渋谷バッキーへ。今日はスラッキー・ギター(だいたいオープンGで弾くハワイアンのんびりギター、って合ってるかな)の松本ノボルさん単独公演である。まあ公演ったって、「マスター、8月の23日にちょっと演らせて」というお気軽な交渉風景も眺めていたものだから気楽なもんだが。

あいかわらずスラッキーは「だいたい全部おんなじ」に聴こえるわけだが、どうやら「6主体」と「7主体」があるのかな、くらいが判ってきたのが今日の収穫。スラッキーのお友だちも2名様ほどいらしたのだが、テンション入りまくりの松本さんの演奏(というより、「どうでもいいや、だいたいで」と考えているとしか思えない)がやっぱり面白いかな。

生徒6号さんデビュー風景。 ゲストタイムもいろいろあって、なんでか生徒6号さんも(僕が背中を押したわけだが)『Crazy G』でステージデビューを果たす破目に。センセーはベースでバックアップ、と。平和だ。

僕は『浜辺の歌』でハーモニカソロをひとくさり。けっこううまくいったんじゃないかな、スラッキーの知り合いのお兄さんに「見直しました」って言われたのですが、なんだと思われていたのだろうか(笑)。高橋重人くんが来ていたものだから、生徒6号さん用に『12番街のラグ』の模範演奏もお願いして、けっこう実り多き遠足だったと思う。


東中野から帰宅がてら、吉野家で並に生卵。

Suica定期券使用実績(目指せ9月1日までに5,040円):
累計で3,080円。

明日はお昼からオペラシティで甍演奏会、あとそのまんま沈没でしょうな。
2003年08月24日 07時22分13秒


2003年8月22日(金曜日、なんか夏っぽい)。

午前2時起床、野菜ジュースなど。あと、涼しいうちにお仕事など。

しっかり。合唱団関係のメールがぽこぽこ来ていて、女の子6人+1+男子学生6名くらいは揃いそうなので、日曜日の受付はどうやら大丈夫だな。あんまり心配していなかったけどひと安心。

それでまあ近代化というか、だいたいメールで済んじゃうあたりがよく考えるとすごいことなのかも、とちょっと思う。21世紀に入ったあたりで誰かと「マジでテレビ電話を持ち歩くようになるとは思わなかったよなあ」みたいな話もしていたのだけれども、合唱団界隈でもタイムテーブルあたりはもとより、いやさ譜面や音源であっても「顔突き合わせずに」やりとりすることが既に可能なわけだし。慌てて補足しておくと、うちの合唱団は権利関係を尊重しているのでコピーとかしてませんけどね。これが10年前なら、いや5年前でも「とりあえず会って話す」という作業が必要だったわけで、らくちんといえばらくちん。

某OBは「なんでもかんでもメールでやりやがって、ぜんぜん情報が入ってこない」と仰っていて、まあデジタルデバイドについて思いを馳せないわけでもないのだが、とりあえず便利だからなあ。ラクなほうに流れちまって申し訳ありません、今後なるべく配慮するようにします、って福祉関係者のイイワケみたいだなあ。いかんいかん。


今日の小さな悩み:
びんびんマヨネーズ。 マヨネーズって、ビンビンにしとくのとへたれにしとくのとどっちがいいんですかね。

ビンビンのほうが扱いはラクなんだけど、へたれにしとかないと酸化しちゃうような気がしないでもないし。でもどっちみち酢だからなあ、ビンビンにしといてとりあえずいいか。


へたれマヨネーズ。 夜中にCM抜きでやってた立派な『デモリション・マン』(表記は「デモリッション・マン」だったかなあ)なんだが、
  • ウェズに2階から銃撃されたソンドロ・ブロックが「伏せて!」と叫ぶのだが、天井から撃たれてるのに伏せちゃいかんだろう、それは。
  • ジェフリー・ダーマーが冷凍されてるわきゃないと思うのですが、どうなんでしょう。
  • それにしてもウェズ、ほんとに『メジャーリーグ』の盗塁王と同一人物なのか?
とまあ平和な午前4時。

そういえば昨日の『笑っていいとも』で、ゴリ以下の若い面々は「三助」が判らないし『ラバウル小唄』も知らなかった。俺とあんまり齢もかわらんだろうに、なんてこったい。

そういえば『原子怪獣現る』を眺めていて気づいたのだが、カナダの船長と電話で話す主人公がまずは英語で「トム・ネズビットです」って言うのだけれども、相手は英語が判らないのでフランス語に切り替えて「トム・ネスピです」って言いなおすんだよね。へえ、相手の言語に合わせて名前の発音まで変えるんだ、知りませんでした。

そういえばマイルス・デイビスのフランス録音版で司会者がハービー・ハンコックを「ピアノはエルビ・ヤンコ」って紹介するのだが、あれは正しかったんだな。じゃあ「競輪」がドイツに紹介されたときに「カイリン」になっていたのも正しいのか? そうかなあ。「Reviken」はいまんとこどこへ行っても「りびけん」って呼んでもらえるんだけどね。

そういえばその『原子怪獣現る』のジャケ解説には「原子怪獣となったティラノザウルス」とあるのだが、四足歩行しているあんなもんはどっからどう見たってティラノソウルじゃねえよ、リドサウルスってんだと思ったら字幕では「レドサウルス」になっていましたが、まあどうでもいいや。ゴジラだってティラノ由来なんだろうが、某左側若い女子並みに腕は太い。

そういえば、そのリドちゃんが灯台を襲うのはブラッドベリと関係あるのだろうか。えーと、『霧笛』だっけ? さらに関係ないとは思うのだけれども、ひょっとしてガメラとも関係あるのだろうか。「灯台を襲う」といえば『トリフィド』だが、関係あるのだろうか。

というわけで眺めているうちに気がついたのだが、教授ってばパイプくわえて潜水鐘に乗り込んでいたぞ。酸素加圧している潜水艇にそんなもん持ち込んじゃいけませんよ、科学者のくせに(笑)。

あと、パースの計算はしてくれませんか。お願いしますよ>>ハリーハウゼンさん(この頃の映画はみんなそうだが)。


どんどん行くと、リドサウルスへの攻撃は、
  1. ピストル(お巡りさんが殉職)、
  2. ライフル(5丁)、
  3. 迫撃砲(たぶん6インチ)、
  4. バズーカ砲、
とエスカレートしていくわけなんだけど、最初に水爆攻撃を受けてぴんぴんしてる奴にこんなもんが通用すると考えるほうがおかしいと思う。ついでだけど、残留物質で放射能障害が出ているのに無電がふつうに使えているのもおかしいような気もするのだが、どうなのだろう。

そんなわけでどうしても『フェイズIV』とか『レプティリカス』とか『マタンゴ』とか観たくなるよな。どないしょ。


山形の祖父がさいきんネットを始めたらしくて、「きさんネットで恥さらしな日記など書きおって」みたいなメールを頂戴する。知らんわい(笑)、カネにあかせてjijii.netってふざけんな。

夜、バッキーでおじさん大会(笑)。

Suica定期券使用実績(目指せ9月1日までに5,040円):
累計で2,760円、けっこう厳しいぞ。

明日は16時からセンセー2コマ、そのあとバッキーでハモニカ吹いてだな、明後日は早起きなのでとっとと帰る、と。
2003年08月23日 10時29分21秒


2003年8月21日(木曜日、経済活動どこいったぁ)。

午前6時起床、合唱団関連のメールをいくつか書く。うーむ、どうにも受付の人数が足らんぞ。

とりあえずレセプションの案内など書いてみた。
本日は私たちの演奏会にお運びいただき、まことにありがとうございます。
終演後にささやかながら宴席をご用意させていただきましたので、ご多用中とは存じますがご臨席をたまわれば幸甚でございます。
ホール正面のエスカレータにていったん2階におりていただき、高層エレベータにて18階「イーストキャラバン」までおいでくださいませ。
一同、心よりお待ち申し上げております。
トシいくつなんだ、儂。

午後になってやっとこさ学生さんから連絡が入って、どうやら女の子(「喜び組」とか称していたぞ、しょうむない)が6人くらい手配できたらしい。まだ足りないけどひと安心だな。

貼り紙の類(「花束受付」とか「当日券」とかそんなん)をひと通り作ったところで別の学生さんからメールで、「一昨年のが手許にあります」ってそれは先に言え先に(笑)。まあたいした手間じゃないからいいや。


今日は生協でお買い物:
  • ブロッコリ
  • ホウレンソウ
  • アツアゲ
健康的。

買い物途中の道ペタで、小学生くらいの兄弟が小さな子猫に哺乳瓶でミルクをやっていた。あの子ら、ウンコのさせ方ってちゃんと知ってるのかな。教えてあげたほうがよかったかな。失敗したなあ。

午後、テープ起こし用のビデオテープが届く。これはwavファイルに加工して、と。納期は月曜までだけど、できれば明日じゅうにやっつけたいものだ。

テレ東午後ローはジョン・リスゴーで『完全犯罪』、ここまで頭の悪いどんでん返しもあるまいという噴飯の代物、だから観ないでお仕事。っていうか、こんなもんいつ観たんだ俺。

きっとメッチェン・アミックがいかにも心根の悪そうな顔だちなのに魅かれたのだろうな(アメリカの人気女優って、納得いかない顔つきの人がけっこう多い。キルステン・ダンストとかファムケ・ヤンセンとかかな。本人読んでねえよな。好きなの? リー・トンプソンとドリュー・バリモアだよ、文句あっか)。それでいま調べてみたら、メッチェンの綴りってもろ「メードヒェン」なのね、すごい名前だ(日本語にするとだな、「藤本娘」といった感じか)。


あ、飯食うの忘れた。

とりあえず、なんで買ったのか判らないホワイトアスパラの缶詰があったもんで、網で焼く。さいきんなんでも網で焼いているみたいだが、じっさいその通りなのだからしょうがない。胡椒とマヨネーズでいただいてみたら、わりと美味しい。


ツケが溜まっていて足を向けて寝られない本屋さんから、『映画秘宝』誌届く。
細かい話を始めるとものすごく長くなるのでかいつまんで。
  • 『スーパーカミング』(1995、邦画)がDVDで出るんですねえ。初公開のときに、吉祥寺の映画館でオープニング・アクトを3回ほど演りましたな。僕は「りびけんバッチリキメターズ」でふつうにハモニカ・カルテット(「シャープ兄弟」のM茸をギターの山下栄治さんに置き換えたバンド)で出ましたが、前の日はストリップで次の日はSMショーでした。
  • 「超怖い映画」という特集があるのだが、『女優霊』も『チャイルド・プレイ』も入っていないという半端な出来。『死霊のはらわた』とか『フェイズIV』とか『フライトナイト』とか、怖くねえだろによ。でもまあキング関連が入っていないのは見識だし、『センチネル』と『修羅の極道 蛇の道』は良識なんだろうな、きっと。個人的には、小学生の頃にテレビで観た『ゴジラ』が怖くて、座布団の影に隠れていたのだが座布団を透視してゴジラが見えていて泣きそうでした。
  • ついでにDVDは、所ジョージのゾンビ物で『バタリアン』が出るのかあ。面白かったもんな。『M☆A☆S☆H』もちょっと観たいところではあるが、きっとどっちも買わない。さいきん映画なんぞ観ているヒマがなくて。
ふう、テレビくらい観たいもんだ。

晩はあとブロッコリを茹でて、それと到来物の饂飩をカレー味で仕立てる。薬味は菠薐草と分葱って、お腹いっぱいだからまあいいでしょう。

Suica定期券使用実績(目指せ9月1日までに5,040円):
累計で2,600円、ぜんぜん増えてない。
2003年08月21日 20時57分10秒


2003年8月20日(水曜日)。

あいかわらずぜんぜん夏らしくないなあ、元気も出ません(暑けりゃ元気かというとそんなこともないのだが)。
と思っていたら、玄関先で8,000円拾いました。にこ。

義理のある某所ネットアンケートに答えようとしたのだけれども、
あなたは以下のアルコール飲料を、どれくらいの頻度でお飲みになっていますか?
という設問があって、選択肢は「1. ビール・発泡酒」、「2. チューハイ・サワー」、「3. ウイスキー」。ぜんぜん飲んでないよ、こんなんでいいのか。

甍の受付のほうは、なんか員数が足りないような気がするなあ。2,000人規模のホールで用意されてるのが5人じゃ話にならない。話にならないけど、まあ始まっちゃえば終わらなかった演奏会もないから楽観はしているのだが。

オペラシティ側でモギリと当日売りはやってくれるらしいのだが、

  • 受付3か所4列でパンフ渡し含めて先方+5、
  • 花束受付で2、
  • 物販で2、
  • パシリで1、
として既に10人ということは5人足りない。俺は員数外(受付責任者が受付業務なんかやってられっかい)だものだから、さあどうすっかな。

T.M.RevolutionのオフィシャルファンサイトのBBSから僕のところにリンクが貼られているらしいので無断引用。
OTAKONのHPの貴教についての紹介を翻訳されてる方がいらして。是非皆さんも覗いてみては・・・ライブについてのレポートなど私たちとは違った視点でのコメントが面白いかも?西川貴教の小部屋で検索されてもOK! アドレスは
なんか面白いことって書いてたかなあ。肝心の本編が、パスワード紛失で読まれへんのよ、まあいいか。

今日のメール:
  • その甍演奏会関連をいくつか。
  • ペンシルベニアのキャシー婦長にジャパンのペンパル紹介を頼まれていたのをほったらかしておいたのだが、某界隈の少し先に看護婦さんがいらっしゃることが判明したのでメールしてみました。タイトルに「看護婦さん!」と書いてみてから、修正しました。
  • スズキのクロマチックを買ったという初心者のかたから悩み相談があったもので、「そんなもんです」ってお返事しておきました。そんなもんいきなりうまくいったらセンセーいらない。
  • 甍にお誘いしておいたパツンパツンからメールで、文京区ではなくて新宿区にお住まいなのだそうな。
うーむ、NPP街道まっしぐら。

今日の営業電話:
電「こちら、アルファネットと申しますが、いまご結婚相手のご紹介のキャンペーンを」
り「間に合ってます」

別段ぜんぜん間に合っちゃいねえけどな、用事があれば手前で捜すわい、そんなもん。

先般は某婦女子とお話ししていて、「出会い系って、やっぱりいろんな人と出会えるんですかね」とおっしゃるものだから、「いろんな興味を持って出会い系に参加する人には出会えるんでしょうけどね」とは言っておいた。クサす心算もないのだけれども、ほっときゃ現状維持ですむ対人関係に面倒を持ち込もうという魂胆がよく判らないし、あるいはそれを面倒と思わない程度に薄い関係を望んでいる乃至その程度の認識しかない、のであればますます関係ないなあ、俺は。

残念なことだ。


今日のイチャモン:
ロッテのガムの宣伝で、「銀座あたりで自動車運転中の男が居眠りをして夢を見て、ガムを噛んで目覚める」というのがあるのだが。あまり好かないナントカ団体あたりが問題にするかと思ったら意外と無神経(というか意味が判らなかったのかな)だもんでセコく追及しておく。

そんな状態でクルマ運転してんじゃねえよ、阿呆。副流煙で即死した奴ぁいねえけど、交通事故なら年間12,000人がとこずつ死んでんだぞ。少なくともCFを作った奴が居眠り運転を軽く考えているということだけは判るし、スポンサーがその価値観に同調していることにも疑いはない。とんでもねえな。


今日の晩飯:
夜、とりあえず生餃子を中華鍋で焼く(日ハム製品でした)。けっこう美味しい。
少し寝てから、ブロッコリを007に想いを馳せながら茹でて、マヨネーズでいただく。
なんかここんとこ炭水化物が不足しているような。

Suica定期券使用実績(目指せ9月1日までに5,040円):
累計で2,600円、今日も増えてない。お盆の時期を計算しなかったのが間違いかなあ。
えーと、
・Hawaiian Dream往復:260円、
・Hawaiian Dream+バッキーセット:420円、
平均340円とすると、12日間で7出動かあ、ちょっちキツいなあ。ふだん中野に出るのには東西線を使っているのだが(天気が良けりゃ歩き)、そのためだけに東中野まで歩いて総武線に乗るというのも間抜けだし。

明日はあの仕事やっつけて、と。
2003年08月20日 23時40分09秒


2003年8月18日と19日(月曜日と火曜日、センセーなど)。

18日の月曜日は、19時からセンセーで生徒11号さん3回目。自分の限界を設定しない前向きな生徒さんなので、教えていて楽しい。バンプとコード譜をひとしきりやって、どうもハイコードの音がうまくでていないと思ったら、やっぱりストロークに弱点があることを発見してこれもひとしきりやってみる。右手の形そのものが狭いんだな、アップストロークが鳴らないうえに、右手がどんどん右方向に逃げていく。ふむ、いろいろあるなあ。

そのへんが生徒さんの宿題で、僕のほうは『TSUNAMI』と『いとしのエリー』の単音ソロ譜を書いておく、と。


終了後のバッキーはなにやら若手が集まって‥‥と後からきたお客さんに言われたのだが、平均年齢はやはり30代半ばくらいだったんじゃないか。いや、小柳さんを含めての数値ではあるが。僕はまたなんか女の子を口説いていたりしたらしいのだが、そのあとハチ公脇で若い兄ちゃんたちとフォーク・ジャンボリーをやったりしていたのでまあその。途中で電車がなくなっちゃったもので、ものすごく苦労して帰宅してバタンキュウ。

19日の火曜日、昼間はだらだらして、夕刻から東中野ライフにお買い物にいくついでにブックオフに寄ってみたら、なんと中古ビデオ『原子怪獣現わる』が950円ぽっちで売られていたので速攻ゲット。いやあ、ものの価値の判らない古本屋さんって本当に好き。

お買い物は、

  • ミニクロワッサン、
  • 豆乳、
  • マカロニタマゴサラダ、
  • 餃子、
  • カリフラワー、
  • 長芋、
  • 梨1個(幸水)、
  • キリンアルカリイオンの水、
と微妙に僕らしくない。

帰宅して、にこにこしながらハリーハウゼンの怪獣を眺める。1953年の怪獣映画で、南極で凍っていた恐竜が水爆実験の影響で目覚めて、放射能をばらまきながらニューヨークを襲うというどこかで聞いたような話でだな、非常に楽しい。ちなみに我等が『ゴジラ』は1954年製作ですが、後にちゃんと『キングコング対ゴジラ』とか『キングコングの逆襲』も作ってますから、パクリというわけじゃありませんなこりゃ。

「放射能をばらまき」っていう表記は正しいのかな。「放射性物質を‥‥」というのも曲がないしなあ。


Suica定期券使用実績(目指せ9月1日までに5,040円):
累計で2,600円。

今週はあとは、
土曜日、
16時からセンセー2コマ、そのあと生徒を引率してバッキーで松本ノボルさんのイベントにハモニカを吹きに行って、
日曜日、
朝から夏の甍演奏会で受付担当。
準備はいろいろあるけど、まあのんびりということかな。
2003年08月20日 13時05分20秒


2003年8月17日(日曜日、自然夏休み)。

てきとうに起床。朝食代わりのコカ・コーラの缶詰を買いに公園まで出たら、そのへんで烏と蝉が闘っていた。けっこう互角に喧嘩してましたよ、たいしたもんだ蝉。

今日のニュース:
シュワルツェネッガーの選挙応援で、ロブ・ロウが共和党陣営に参加。冗談だろ?(爆笑)。
そういえばオーストリア出身の人って、アメリカ大統領になれたんだっけ?(なに、法律なんかないような国だから問題もあるまいが)。

今日の失せ物:
あれ? お正月に成田空港で拾った$90が僕のものになっている筈なのに、引換券が見つからない。誰か国外に出る知り合いに委任状ごと引き取りをお願いしようと思っていたのに、だいじにしまいすぎてどこ行ったか判らない私が間抜けだ。

今日のお買い物:
ふつうにトヨクニで、豚ロース2枚、ポークンビーンズの缶詰、豆乳、といったところ。

今日の『地獄の黙示録』:
前提の1として、ひょっとするとこれまでに観ていちばん面白かった映画って、「観る前のスターウォーズ」だったのかな、なんて思わないこともないのよ。公開当時、雑誌『CQハムラジオ』で「スターワーズっていう映画(笑)がアメリカで大人気」というのを読んでから、公開までの1年間はSF小僧は頭ぱんぱんに予備知識を仕込んで、それで実物を観てみたらけっこうしょぼかった、というトラウマはある。

2として、映画にしてもライブにしても、けっきょく舞台裏を類推しながら眺めている自分というのがいる。そりゃさあ、鑑賞するよりは出演したりウラカタをやっていたりというほうがたぶん多いもんな、それはしょうがない。昨日のライブ鑑賞だって、ワイヤレスの調子とかばっかり気にしていたわけだし。

3として、僕は『千と千尋(だっけ?)』も『タイタニック』も観たいとは思わないが(俺が観なくても大丈夫な映画は、そっとしておく)、それは「食わず嫌い」というものなのではないのか? と思わないこともない。

4って、番号つける必要もありませんでしたね。ここ半年くらいにわたってコッポラの『地獄の黙示録』についてのテキストはけっこう読む機会があって、でも本編は観たことがなくて。町山さんだの立花さんだのの記述も読んでるし、闇のなんとかもたしか読んだことがあった筈だ。

ここまでを敷衍して、「舞台裏を知悉した映画を観てみたら、ひょっとしたら僕にとっては面白いのではないか?」という仮説が出てきた。それで昨晩はビデオRに行ってみたら、『ハート・オブ・ダークネス』という「『地獄の黙示録』のメイキング・ドキュメンタリー」が置いてあって、さっそく借りてきて観てみました。

明日あたり、いよいよ未見の本編たる『地獄の黙示録』を観てみることになるのだろう。とても楽しみにしています。


暇つぶしで『サンタリア−魔界怨霊−』を眺めていたら、こっちも主演がマーチン・シーンだったりなんかして。

晩御飯は、茎わかめ、焼きトマト、豚ロース2枚のポーク&ビーンズの缶詰蒸しといった感じ。さいきん穀物を食べていないもので玉蜀黍も焼こうかと思ったのだけれども、よく考えるといま豆缶喰ったところだし。うーん、日本人としては「肉の隣にある豆」はシリアルとしては成立しない、のかなあ。

Suica定期券使用実績(目指せ9月1日までに5,040円):
累計で2,340円、今日は増えてません。

明日は、19時から生徒11号さん3回目。
2003年08月17日 23時16分57秒




2003年8月16日(土曜日、松浦亜弥を尊敬する)。

今日のセンセー!:ダブルヘッダー。

目覚めれば13時というか、やっぱり疲れていたり湿気に弱かったりするのだろうなあ。ひょっとしてIP電話なりをものすごく活用すれば、オーストリアかドイツあたりに移住しても似たような環境でお仕事ができるのではないのだろうか。ドイツでもウクレレを売ってないこともないみたいだし、教室の需要もあるんじゃないか。日本語もブームみたいだし、なんて現実逃避したことを考えながら顔を洗ってお風呂に入って髭をあたって、コンビニでウィダーインゼリーみたいなもんを買いながらHawaiian Dreamに到着、14時からセンセーって素早いね俺も。

それで生徒さんに千葉土産のキャラメルを配ろうと思っていたのに、タクヤさんがぜんぶ食べちゃってました。しょうがねえな店長(笑)。あれって都内で仕入れられるものなのでしょうか、あるいは千葉県民で「千葉限定ピーナッツキャラメル」を入手できるかた、ご連絡いただけますまいか。

1. 生徒14号さん2回目。
もともとソロ譜を覚えて演奏するについてはほぼ問題のない生徒さんである。いかんせんあまり楽しそうにならないのは「詰め将棋を棋譜通りに並べていく」ような雰囲気の演奏のせい、なんだろうなあ。このへんをほぐしていくのが僕の役割なんだろうなあとは合点している。

宿題にしておいた『バンプ in C』も『Crazy G』もひととおりできていて、努力のあとがうかがえて嬉しい。ひとわたり聴かせていただいてから、ところどころ豆知識を交えつつ、ハイコードでの音の切り方だとかテンション使い方などを加えつつブラッシュアップしていくくらいか。ただ、真面目な性格が決してプラス方向だけには作用しないのがこの業界でもあり(不真面目な性格がプラス方向に働いた結果が俺だ、とも言えるのだろうか。よう判らんが)、まずやはり雰囲気が硬い。あと、左手(指板を押さえるほう)に滅多矢鱈と力が入っていて、掌も指板からものすごく遠い。なぜだろう。

ふと見ると、左手親指が1弦(A)のすぐ隣で突っ張っているのね。これは初めて見た奏法だし、これじゃ弾き辛いのもあたりまえだ。なんで前回気づかなかったかな、いかんいかん。それでまあ、新しい弾き方を覚えたからといって今まで弾けていたものが弾けなくなることもあるまいこととて、「親指はネックの裏の真ん中」乃至「人指し指が押さえているところの裏」という方針でしばらくストロークとか単音とかいろいろやってみた。14号さんとしては「かつて2年間の奏法が根底から覆される」感じでたいへんなのだそうだが、そんなもんイチから始めたと思えばすぐだと思ってにっこりしているセンセーなのでした。いいのかそれで。

ストロークの最中に、ついでにと思ってハイコードまみれの『笑点(Ab)』をやっている最中に、タクヤさんが座布団を持ってやってきた(笑)。ナイス。

今日は見学のお姉さんも見えていて、続く生徒6号さんが遅刻しているのをいいことにだな、僕のウクレレをお渡しして、生徒14号さんにスリーコードとストロークなどを指導してみていただく。僕は煙草休憩ってヒドいセンセーもあったもんだが、
・人に教えると上手くなる、

・有料の生徒さんの前で見学さんにあまり本格的に教えちゃうのもうまくない、
ということでOKでしょう、たぶん。

2. 生徒6号さん5回目。
30分ほども遅刻していらしたもので(雨の影響なんだろうなあ)、ふだんだったら延長してだらだらやるのだが、あいにく今日のセンセーは17時から重要な待ち合わせが横浜であるのだ。うーん、まあ次回なんとか埋め合わせだな(親切なセンセーでしょ?)。

「ものすごい発見をしました」というのでウクレレを見せてもらったら、Worth Stringのいちばん太い弦が2コースに張られていた。おいおい、ブリッジが吹っ飛びゃせんかとも思ったが、考えてみりゃアメチューと大してかわらない筈だよな。弾いてみたらそれなりに硬くていい感じだし、まあいいんじゃないかな、珍しいことはいいことです。機序としては、単に1-4弦の順番を間違えて張っちゃったということなのだろうけれども。

それで前回だったか、本人がリクエストした『I've Just Seen a Face』のコード譜と歌詞を用意していったら「なんですかこれ?」と言われていたのだが(おいこら)、なんかジャズバンドの演奏を聴いたら再び気に入ったようで、そのCDをお店でかけてみたらin Gだったもので、前にin Cで書いたものをちょいと書き直して、と。これはどうするかな、テンション入れまくりのコード譜でも準備することにしようか。

宿題の『バンプ』と『Crazy G』は、今日はこればっかりやっているのは気のせいかなあと思いながら聴かせてもらって、ハイコードも入るようになっているし、よっぽど準備しているのだなと思ってこれも嬉しい(あれ? さっきも似たようなことを書いたような)。豆知識も入れて軽く指導といったところか。あとデジタルのメトロノームも持ち込んで『Crazy G』を弾いて、途中から走っているので注意してみたら「途中からは自分の世界で」ってメトロノームを使う意味が判らないのだが、今日はそんなことは言わない(ハイコードの鳴りもチェックしようかと思ったのだが、これも今日のところは「勢いのほうが大事」ということで見送り。両方とも次回にやったりやらなかったり)。

というわけでだいたい終了。次回は最終回(6回目)ということになるのだが、今回の『Crazy G』でなんか新しい世界が見えてきたという感じのようで、継続の意志はあるようで、これもセンセーとしては嬉しいわけで。でもネタが続くかどうかは不安がなくもないなあ。

「このお店に行きたいんです」っていうので見てみたら、僕が載ってるRolling Coconuts誌のバッキーの宣伝でした。じゃあってんで次回は23日の土曜日にして、終了後にバッキーのマツモトさんのイベントに遠足がてらということに決定。そういえばタクヤさんも誘ってみようかしら。

さて、横浜だ。サトミちゃん(店員さん)に「あやや楽しんできてください」とか言われながら店を出る。まだ雨。

今日の『こんなのアリ〜な!?』:
よく知らないのだがニッポン放送のオールナイトニッポンのイベントで、チケットを見るとガクトとか松浦亜弥とかラグフェアとか‥‥ラグフェアさんというのは存じあげない。はなわというのは佐賀の人だよな。そんな感じでまあ元締の付き合いというか、T.M.Revolution西川貴教が「出るかもしれない」というだけでファンの人たちが集まっちゃったりするらしい。まあ、どうでもいいや。

17時に新横浜駅界隈で開演のところ、16時過ぎに代々木を出てだな。渋谷に着いたら東横線があっという間に発車して、菊名に着いたら遅れた横浜線が目の前に入線して、17時前には新横浜に到着。会場に入るべく扉を開けてみたら、13,000人もいるちゅうにいきなり元締に発見される。どういう方法を使ったのかと思ったら、「たまたまそこにいた」のだそうな、不思議な運のある人だなと思う。

あとは「楽しんで帰りました」と書けばいいだけのことなのだが、レポートを書くと元締がサカテをくれるということだもので。あ、好き勝手書いてますけど責任はとります、突っ込みがあればよろしく。


てっぺんがGacktさんで、ここのドラムスの人がタイトですごくよかったと思う。あとでパツンパツン(後述)に聞いた話では「手数が多すぎてよく判らない」とのことだったのだけれど、今日は会場の音響も考慮して少なめに叩いていたのかなあ。Gacktさんはぜんぜん知らない(知らないけどなんか感じたから「さん」とかついているのかな、俺)のだが、ボーカルはなに言ってるのか判らない(こんな会場で歌詞が聞こえたら不思議なのだから問題ない)けど耳あたりはいいし、ギターもけっこう上手い人なのかな、と思って安心して聴けました。

あとCharcoal Filterさんというバンド? と小久保淳平さん、かな。抜けがあっても勘弁してね。
Charcoal Filterさんは、ボーカルの声質がまず気に入らないというのはひとつあって。喉声を無理やり出している感じがしたんですね。お客さんのほうもちょい冷めている感じで、だったら選曲も「みんな知ってる」ほうから始めないといかんとは思う(バンドが2曲目の曲紹介で「これはみんな知ってるんじゃないか」って言っていたのだから、失敗した確信犯だよな)。
小久保さんのほうは、1曲目が70年代サイケみたいなわけわかんない(そういうものなのだからこっちも確信犯)サウンドで、あれもライブハウスあたり向けなんじゃないかなあ。バラッドは面白かったと思うのだけれども、大会場の不特定多数向けではないと思いました。好きかと言われると困るのだけれども、決して嫌いな感じじゃないんだけどな。

RAG FAIRさんというのは初めて聴いた(名前も知らんかったよ)のだけれども、いいノリで感心しました。3曲目はさすがにシーケンサ入ってないスか? すくなくともイントロくらいには。もとよりゴスペル系から派生してはいるのだろうけれども、演ってることは要するにブラスロック(ブラスがいなくてもブラスロック)で、アレンジャーもたぶん凄腕なのだろうし楽しめました。
そうだな、警視庁音楽隊ってばどんなにリズミックで楽しい曲でも真面目な顔してピクともせずに演奏するでしょ? 上手な合唱団が上手に演奏しても出せないノリを出していたゴスペラーズとかもあるなか、さらに先を行くボビー・マクファーリンを集団芸にしてくれてスイングとしてはスカパラに近いような感じ、でしょうか。これは嬉しかった。

誰か忘れていないかなと危惧しつつ、森山直太朗さんより子さん(「。」がつく? 知らないよ)。
森山さんは、半年くらい前にNHK『ポップジャム』で歌って観客投票で80点も貰いやがったのに腹を立てていたのだが、今日聴いてみたらファルセットもちゃんと歌えるようになっていたし、実声で歌えるところも意識的にファルセットで歌っていたりもして、ずいぶん成長したもんだなあと僣越ながら(僕はファルセットは歌えないんだな)思いました。これなら文句はありません。
より子という人と森山さんは「言葉を大事にする」ということを標榜するレーベルの人なのだそうで、ピアノの弾き語りは達者なもんだったけどさあ、歌詞(聞こえた)とメロディとにぜんぜん相関がないじゃん。なんかレーベル創立の意志を根底から覆しているような気はしたのだけれども。

女子高校生デュオは、ハモりが甘いとは思う。まあどうでもいいや。てっぺんの歌詞も間違えてたけどな、まあどうでもいいや。

いいかげんタイミングとしてはトリのはなわさん(ベース漫談)については、サイドギターに大物がいたこととて各地でお話があることだろうし、概ねは省く。
僕として書くべきことというと、劈頭の福山さんのギターの音が出ていなかった。ハモニカも聴こえなかったんだけどな、なにか事故でもあったのか、僕が聴き損ねただけなのだろうか。はなわさんのワイヤレスもスタッフの人が頻繁に調整にきていたし、ちょっと「シャドーバンド疑惑」がないこともない。いや、はなわさんのベースが上手いことは知っているので、小さなことです(事故があったらフォローするわいな、この規模のイベントなら)。でもウソ書いてたらごめんなさい。
はなわさんの発声もものすごく喉声なのだが、こっちはいかにもロックしていてCharcoal Filterさんとはかなり違うし、なにより歌詞が聞き取れる(それを「あたりまえ」と言ってはいけない、歌手だって本来はそうあるべきなんだ)。福山さんの歌詞も聞き取れるしね、「音づくりもいろいろ」ってのもあるのだろうが、たいしたもんだと思う。


松浦亜弥さんには感服した。M茸やてっちゃんやシゲトや俺がいかに修練し滝に打たれ手刀で岩を割ろうとも、あの15歳女子には決してかなわないことを痛感した。いや若さに敗けたとかピチピチに敗けたとかじゃなくて、あの「ひとりチアリーダーズ状態」だったら首相公選制になったら当選するよそんなもん、努力と才能と根性プラスすることのチャンスもつかんだということなんだと思うし、本当に尊敬する。
そのへんをシャレた人が紅茶の宣伝を仕組んだんでしょ? あれも好きだし、いきなりブルーズも歌えるというあたりもすごいし。

伏線もいろいろあったみたいだけど省いて、最後に出てきましたよT.M.Revolution西川貴教。詳しいことは関連サイトでどうぞ(笑)。

パツンパツンは、なんか文京区あたりにお住まいの主婦のかたで、以前のT.M.Revolution公演に行ったらとなりで踊っていたかたである。そのあと元締が東京公演あたりで再会して(「あら、あなたはあのときの!」みたいな感じで世間が狭い)、メルトモやってたりしてな、知らんわい。その際に元締が「パツンパツンのTシャツ」と命名したわけね。

本日の公演にもお仲間が仰山おいでのこととて、終了後に待ち合わせて記念写真なんか撮ったりなんかして(もちろん僕も写っている)、あとビールなんか飲んで帰りました。家に着いたら午前1時過ぎでした。元気だな、みんな。


Suica定期券使用実績(目指せ9月1日までに5,040円):
累計で2,340円。巨人の優勝よりは見込みがあるな。

明日は、あれとこれのお仕事と、あとお掃除。また雨らしいから外出する気もないしな。
2003年08月17日 04時18分21秒


2003年8月14日と15日(木曜日と金曜日、海へ)。

いま14日の午前4時過ぎ。そりゃまあ、公園のベンチで6時間も熟睡したら寝られんわなあ、しょうむな。

しょうがないので『メジャーリーグ』など眺める。ウェズリー・スナイプスがかっこいいなあ。
あとナッチの字幕で、「クルマを盗んだのさ」という台詞を「聞いてどうする?」って訳してあるのを発見。なに考えてんだ戸田奈津子。


今日のひつまぶし:
ホールトーン・スケールの出てくる曲は。
  • デューク・エリントン『Take the A Train』の3〜4小節目、
  • スティービー・ワンダー『You are the Sunshine of My Life』のイントロ、
  • 富田勲『鉄腕アトムのテーマ』のイントロ、
ダメだ、あとなんにも思いつかない。ないわきゃないんだけどなあ。

今日のイチャモン:
ウェブサイトを眺めていてたまに出てくる「アプレットは開始しました」というのはなんだ。
主語はPCだかブラウザだということになろうから、「アプレットは開始されました」か「アプレットを開始しました」ということなんじゃないのか。いや、なにか誤解していたらごめんなさい。

今日の面白かったニュース:
シンガポールでドミノ倒しの個人記録に挑戦しているお姉さんが、ゴキブリにドミノを倒されて難渋しているというニュースがあって。
>>(お姉さんは)食事の時間もそこそこに、気晴らしのバトミントンに興じる以外、ドミノを並べるのに全力を挙げている。
バドミントン(「バトミントン」って誤植かなあ)してる暇はあるんかい(笑)。いえ、文句はありません。

今日の面白くないニュース:
西部警察2003は製作中止? 怪我人さんの部屋にいきなり渡哲也が現れて土下座したというのも凄いが、不謹慎なことを言えば「人死にが出てもアカデミー賞」みたいな映画ってけっこうあるぜ(『マッドマックス』除く)。事故の原因を‥‥。「えっけつ」の漢字が判らないと思ってネット検索してみたんだけど判らない。「えってき」? 違う。ああ、「てっけつ」か。俺もいい加減だなあ。その「剔抉」して再発防止に努めれば、べつだん製作中止まですることはないと思うのだけれども。いや、過去の事例がどうこう言うより、渡さんの善意を疑うものではないのだけれども。煮え切らないな、俺も。
もとより渡哲也さんは記者会見でそのへんの話もしたのだろうと思うのだけれども、そんなのはニュースには乗らないのでした。


今日の海:

太平洋。とうてい夏とは思えない寒い日で、でも午後になってふと海が見たくなったりして。鎌倉のほうにはけっこう行ったことあるしな、じゃあ千葉のほうかなあ。インターネットで千葉県の地図をみてみたら、千葉市のちょい先に「大網」という駅があって、そのすぐ先に海水浴場の旗マークが立っているのでそこに決定(この時点で地図の縮尺を考えていないことに注意)。

総武線から適当に乗り継いで、錦糸町あたりから快速で千葉を通り越して大網駅に着いてみたら、そこから海岸まで10kmくらいあることを発見。え? 新宿から吉祥寺くらいの距離なんじゃねえの? この時点で17時前くらいで、駅前からバスでまっすぐ海岸に向かうこと30分、バス料金が500円。

それでまあ、雨の降るなか曇天の下の太平洋を眺めることしばし。オンシーズンもいいところなのに人っ子ひとりいないのも好ましいし、オンシーズンもいいところなのに軒並み店を閉めている海の家もいい味を出していて‥‥すまねえ。波も風もしぶきもハードに美しくてそれなりに満足。ぜったい犬の散歩の似合わなかろう漁師のおじさんと立ち話などして、さて帰るかと思ってバス停に戻ったら、帰りのバスがねえよ(笑)。なんか真っ暗になっちゃったし、新宿から吉祥寺までタクシーで帰るというのも間抜けなような気もするし、そのへんに民宿もいっぱいあるみたいだし。

太平洋。というわけで数軒ほど廻ってみて、お宿が決まったのが19時くらいか。時間も遅かったのに海産物てんこもりの晩御飯を頂戴してから、近所のファミリーマートまで出て焼酎と茎わかめなど買ってきて、TBSのドラマなど眺めながらのんびりして、寝る。
しかし、よく泊めてくれたよな。レーヨンのアロハシャツのうえに「夜中にサングラス」で、オレンジ色のウクレレケースを小脇に抱えた以外は手ぶらで夜中に現れた不審な男。しかも宿帳もなんも書いてないし、それで代金は翌朝の後払いだし、都市部でなくても並の観光地でもありえないのではないかと思われるくらいの人のよさ。もちろん文句はございませんが、ちなみにこれで俺が不慮の事故(散歩中に波にさらわれたりとか)で死んじゃったりしたら身元もなんにも判らんぞ。


15日も雨のなか、午前5時半起床という典型的な遠足体質。

太平洋と私。またなんとなく海を見にいったりして、やはり散歩中らしい女の子に写真−中略−帰ってきてからの朝御飯はサバの塩焼がメインで美味しゅうございました。雨は激しさを増していて、そんななかをバス停まで歩いて−中略−ラメルを購入して、千葉まででて昼飯を食べたり、千葉中央公園あたりで「たしか昨年はここでシャープ兄弟を演ったなあ」などと思ったり、ぐしょぬれになっているスニーカーと靴下を無印良品で買い替えたり(スニーカーが1,500円、靴下が200円でした)、その濡れ靴と濡れ靴下を「なまもの」扱いで自宅に宅急便で送ったりして、今日のセンセーは17時からのところを15時過ぎに新宿に到着。風雨の影響で電車が遅れていたもので早めに到着してみたらまだちょっと時間の余裕があるもんだから、ヨドバシカメラに寄ってみたら、なんでか−中略−ってからHawaiian Dreamへ。

−中略−たらたまたま元締がそこにいて、なにやら新しい映像ギヤを購入するのだの新しい通信ギヤを購入するのだのにちょっとだけ付き合う。平たく言うと、いい加減な意見を述べつつ、そのへんにいる店員さんをデカい声で呼ばわるという役目だったりなんかして。ご褒美というかなんちゅうか、そのへんの8万円のデッキのところまで店員さんを呼んできて「これちょうだい」って言わせてもらいました。気分はいい。

今日のセンセー!:生徒15号さん2回目。

ウクレレを弾く人なら判りやすいのだろうか、「ストロークは、サウンドホールの真上で思いっきり指を深く入れてバインバインと弾く」という生徒15号さんではある。とうぜん音量はものすごくデカくて重い。左手のローコードは問題なさそうなので、ストロークも単音もバインバインなのをどうにかして、あとはハイコードだな、といった方針で臨む。

    というわけでHawaiian Dreamのバックヤードで指導方針など立てていたら、フロアのほうで生徒15号さんとタクヤさんが会話しているのが聞こえるわけよ。「ウクレレのシャープ兄弟ってご存じありません?」「え? ああ、知ってますけど」、みたいな。なにやら「お友だち」に「聞いておいてくれ」と頼まれていたようなのだが、どんな噂が流れているのだろう。僕も聞かれたけど「そんなのは知りません」と言っておきました。
    というわけでタブ譜読みは『まんが日本昔ばなし』はだいたい弾けるからOK(というか、もともとタブ譜を読むためにやってるもんなんだから完成度はあまり関係ない)、『バンプ』のほうは、やはりどうにも勢いがいいというのがまずひとつと、やはりストロークがサウンドホールのほうに行ってしまうものだから、ぜんぜん粋な感じがでない。でも音はデカい。長所を殺してもなあ、と思って「こういう弾き方もありますよ」くらいの感じで誤魔化しておく。

    宿題にしておいた『TSUNAMI』なんかは、生徒15号さんはどうせコードブックなりを参照すれば弾けるわけなのでハーブ・オータJr.のCDに合わせてちょっと弾いてみてお終い。


    けっきょくのところ「弱点はハイコード」ということで『笑点』を持ち出してみました。ぜんぶハイコードで左手のミュートがぜんぶに入るという凶悪な仕様のコードストロークで、でも原調(Ab)だから毎週日曜日の17時半から練習できるというすぐれもの。
あと、千葉県土産の「ピーナッツキャラメル」が生徒さんにもスタッフさんにも大好評でした。

東中野ライフでお買い物:
  • イカ2杯(半額)、
  • 米国産サーロインステーキ(半額)と牛脂(無料)、
  • 京唐辛子(半額)、
  • タラモサラダ、
とソリッドな編成。べつに半額を狙ったわけじゃなくて、僕の行く先々で店員さんが半額シールを貼っておられるという天国のような状況でした。

今日の晩飯:
まずはタラモサラダと唐辛子、はいいとして。イカはさすがに半額とて、もうひとつだったかなあ(ワタがぐずぐずでさ、ちょっとがっかり)、調理法の問題なのかもしれないけど、けっこう気を遣って焼いたのだけれどもなあ。牛は腐りかけくらいが美味しいわけで、楽しくいただきました。でも付け合わせの野菜が無いのは、まあしょうがねえか。

Suica定期券使用実績(目指せ9月1日までに5,040円):
累計で1,920円。ヤバい。

明日は14時からセンセーが2コマ、そのあと横浜でイベント見物。午前中はお仕事。
2003年08月15日 23時30分29秒


2003年8月13日(水曜日、ほんとにいま夏なの?)。

午前3時半起床、野菜ジュースなど。

熱心にWeb作成のお仕事など。なんか仕上がりがダサいなあ、人のとこだと確信が持てない(自分のとこなら「そこそこ」で済ませているのだけれども)。

お昼、到来物の素麺にミョウガ。汁が少し濃ゆいものだから、生卵と日本酒でちょいと薄める。あとお仕事。


少し昼寝して、目覚めたらデコ脂がいい感じで出ていたものだから、お風呂。ずうっとお昼寝していたら、あるいは体脂肪率もけっこう下がるのではないか、などとバカなことを考える。

そういえばNIFTY-Serveのパスワードを(5年くらい使っていないもので)思い出せなかったのだが、お昼寝の夢に出てきました。試してみたら正解でした、便利なもんです。


夕刻から飯田橋まで集金に行って、駅前で蕎麦などたぐって、ふと眠くなったものでそのへんの公園のベンチで缶コーヒーなど飲んで。そのまま眠ってしまったようで、ふと目覚めると午前1時の、荷物のごく少ないホームレス状態。よい子の皆さんはマネしてはいけませんよ。そりゃまあ起床時刻がとんでもないからなあ、しょうもあるまい。

電車も無いし、睡眠たっぷりで妙に元気だし、歩いて帰宅することにして、神楽坂を上ったり下りたりするのがめんどくさいもので新目白通りまで出て、ただ歩く。小雨が降っているが、僕はロケンロールの神様に守られているので濡れたりしない。あなた、小雨にしょぼ濡れているキース・リチャーズが想像つきますか?

向こうから、「ハッピー! ハッピー!」と喚きながら歩いてくるおっさんがいました。立ち止まってやりすごしたら、数メートル通りすぎたところでばたりと倒れて起き上がらない。手は出さずに数分ほど眺めていたらぴくぴくと動き始めて、「はっぴぃ」とつぶやきながら立ち上がってじっとして、しばらくしたらまた「ハッピー! ハッピー!」と叫びながら向こうへ歩いていきましたとさ。大事なくてよかった。

路地から「片足のない人」がひょいと飛び出てきてぶつかりそうになって、「あ、ごめんなさい」、「こちらこそ」とか挨拶して。その人、路地の脇に立てかけてあった松葉杖をひょいと手にとって、通りを歩いて行かれました。うむ、シチュエーションがよく判らない。

たまに米の飯でも食うかと思って、明治通りの先のデニーズにものすごく久しぶりに寄ってみる。つい牛ヒレステーキなんぞ頼んでしまって、生ビールとコーヒーで2,500円ほど。身分不相応な贅沢をしてしまった。昔は入口が西側だったのが東側になっていたので店員さんに聞いてみたら、数年前に改築したのだそうな。そういえば2階にバーミヤンがあったのがなくなっていると思ったら、山手線の脇のジョナサンの2階に移転していた。

途中から野良犬がついてきたもので、コンビニで「甘栗むいちゃいました」を買って、1つを手ずからやって、1つをぽーんと放り投げたらそっちのほうに走って行った。残りは私がいただきました。


帰宅したら午前3時過ぎ。途中休憩を省くと1時間少々で着いたのかな? まあいい運動だったということで。

Suica定期券使用実績(目指せ9月1日までに5,040円):
累計で1,530円。ぜんぜん増えてない、お盆の時期を交えたのは失敗だったか。

明日は、またとくになし。
2003年08月14日 03時48分57秒


2003年8月12日(火曜日、夏休み)。

午前3時起床、麦茶と豆乳で水分補給と蛋白質補給。

午前4時くらいに、いまはぜんたい朝なのだろうかやっぱり昨晩なのだろうかなどと思いつつ、委細構わず生ゴミを出しに行く。なに、目が覚めちゃったのだから朝なんだろうし。ゴミ捨て場の真ん前にトラックが停まっていて邪魔なことこのうえないのだが、いろいろ工夫してゴミは出した。運転手さんが目を覚ましてしまったが、知ったこっちゃねえや。

あとコカコーラ、250ml。なんかまだ夕べの余波でお腹いっぱい。


今日のダウト:
映画『サイン』で、××に備えて家じゅうの窓や扉に板を打ちつけるのだが、外開きのドアに内側から板を打っても意味がないと思う。あと、アメリカ人の家なのに銃がない(←偏見)。なにより「サイン」の目的が判らないのだけど、プレデターみたいな人たちなのかな。いずれにしても突っ込みどころ満載だったなあ、終わってみれば。

書き忘れていると思うのだが、昨晩の「豚ロースを焼いて、ポークビーンズ缶とアロエ缶をぶっかけて蒸す」というプリミチブな料理は、アロエ(汁気は捨てる)が「酢豚に混じっているパイナップル」みたいな感じでした。そういうのが好きな人にはお薦めできると思うし、あっという間にできるし。

豚ロースにはほかに「スイートコーン・クリーム」とか「イタリアントマト缶」とかをぶっかけて蒸してもけっこういけると思うのでした。


大分合同新聞社のサイトで紹介されていた迷い犬。今日もサル:
MN128-V21(ふるっ)のファームウェアを書き換えちゃったのがマズかったらしくて、着信があるとファクスと電話が同時に鳴って、しかもファクスが勝つ(笑)。

116番に問い合わせたら113番に廻されて、113番から廻されたMN128のサービスセンタというのが現存するのに驚きつつ、自分がなにをしているのかまったく判らないままに、携帯電話にかけなおされてきたNTTのお姉さんの指示のままに50回ほど電話機のいろんなボタンを押していたら、なんか治ったみたい。NTTのお姉さん、ありがとうございました。

ほんとは新PCにMN128が繋がらないという不具合もあるのだけれども、こっちはいずれ設定の問題なんだからもうちょっと自分で頑張ってみようと思う。


今日は某若手女性ウクレレデュオの公開練習とやらが中野であるらしいのだが、16時にうっかりビールを飲んじゃったもんだから、ちょっとパスしとこうかな。ウチアゲでもあったら出かけてもいいのだが。

大江戸打ち水大作戦。今日のニュース:
8月25日の正午に都内100万人がいっせいに打ち水をすると、東京の気温が2℃下がる! 名付けて「大江戸打ち水大作戦」ってほんとかよ(笑)。いちおう登録はしておきました(440人目)。

あ、雨天中止だそうです。なんか毛沢東の「雀駆除作戦」を思い出さないこともないけど、そこまでの影響もあるまいし。ほんとに涼しくなったら楽しいんだけどな。


今日の、いいかげんやんなっちゃった掲示板の話題:

でもネタを見つけちゃったからな。

以下は、NIFTY-Serveの放送作家・脚本家フォーラム(FTVW)の「字幕RT問題臨時会議室」での、BB発言からの引用である。

>>今度は先日のように、私が、事実誤認部分の指摘を行った電話の時のように出た瞬間にいきなり切らないで欲しいですね。
ときは1998年10月28日の22時51分、当時の11番会議室で発言番号は371番、発言者は「JBE02346」で記名は「BB」とある。タイトルは「RE:Re*2:事実誤認」。ログは残っている筈なので、NIFTYのIDをお持ちのかたなら確認できる筈だと思う。

まず亜希良の謂とはぜんぜん違うのは措いといて、滅茶苦茶だろう?

仮にBBから僕に電話がかかってきたとして、僕が「出た瞬間にいきなり切」った電話で、どうやってBBは「事実誤認部分の指摘を行」えたというの?

この時点で既に「ただの妄想」か「ウソ」じゃん、さらにこのスレッドの前後でBBが滅茶苦茶を言い募ることものすごいのだが、そのへんは各自確認していただいて、と。このへんで話題になっていた「聴覚障害者をつんぼ桟敷においたやり方」いうのも体験してほしい(ほんとにヒドかったとは僕も思う)。

事実関係としては、僕が掲示板の『03/08/07 14:51:26』に書いたことのほうが正確みたいですね。事実関係として、さきのBBのデタラメと併せると、やはり僕は「かかってきた電話をたたっ切ったりはしていない」と思う。なんの根拠もないし、証言はデタラメばかりだし、そんなことをする筈もないし、だいたい「あった」と主張している奴の発言にまったく信用がおけない(言いたいだけ言っておいて、立場がマズくなったら逃げ去ったとしか思えないし)。

以後の選択肢としては、

  1. BBがウソついて誤魔化してる、
  2. BBが記憶を混同させたうえに、反省もなく言い張っている、
  3. たたっきったのは僕ではなかった、
というあたりなのだろうけれども、「1」と「3」はありえないだろうとは個人的には思う。でもこういういい加減な物言いで滅茶苦茶言われたうえに批判されて、挙げ句にまったく関係ない知人まで巻き込まれたんじゃたまんないよねえ、そりゃ。
それでBB本人も出てこない、と。信用ならざる人物が関西の情報保障界でデカい面してることがよく判りますな。

あとはいいや、ほっとく。本人も逃げちゃったみたいだし(どうせまた俺のせいで「嫁の調子が悪い」とか言い訳するのだろうが、嫁の調子を悪くしてる原因を作っているのはあんただよ)、もういいよ。

ほんと情報保障関係者ってロクデナシばかりだよな。それでこういうバカどもに蹂躙されている聴覚障害者の存在が予想されるからこそ、俺にしたって迷惑なのにいちおう「でたぜん。」やってるわけですよ。誰かもうちょっとやさしくしてくれないかなあ(弱気)。


今日の晩飯:
なんとかいうデカい唐辛子を焼いて、カツブシとニョクナムでいただいてみる。おいしいけど、カツブシはこないだ買ったばかりのような気がするのに在庫が底をついた。しょうがない、コンビニにでも行ってくるか。

ごめんなさい、7月29日が消費期限のシラスボシを廃棄。いかんいかん。

あとはコンビニでカツブシ買ってきたもんで、ゴーヤでサラダを作って、あとは冷凍庫に中華チルドがあるからあのへんかな。あと冷麦とかそんなん、薬味はいっくらでもあるぞ。


Suica定期券使用実績(目指せ9月1日までに5,040円):
累計で1,530円(増えてない(泣))。

明日は、朝から集金行脚、と(どういう商売なんだ>>俺)。
2003年08月12日 21時14分22秒


2003年8月11日(月曜日、パソコンはよう判らじ)。

先週の土曜日のタワゴト:
いや、日記ファイルを入れたストレージをHawaiian Dreamに忘れてきちまったものだから。さっき回収してきました。
    午前2時起床。東京12チャンネルで『ミシシッピー・バーニング』を流しているのを眺めようかと思っていたら、テレ朝『朝まで音つるべ』で佐野史郎と坂崎幸之助がフォーク大会をやっていたのがものすごく面白くて、つい午前5時まで観てしまう。

    今日の課題:書籍「セメント・フォーク」は入手する。フォークルの『戦争は知らない』は覚える。


    あと思いついたので書いておくと、「らんたん」のジャムセッションでもフォービートを演りたいなあ。場がファンク系だものだから、却ってやかましい感じの『Move』とか『Confermation』とか演ったら楽しそうな気がする(ツーファイブ系を持ち出すあたりが僕も良心的だな)。というわけで次回は譜面持参ってことか。

    某人と話していて、「君の日記のギャグは判りづらい」と言われました。え? 世界で3人くらいしか笑えないネタがごろごろしてますから、そういうもんだと思ってください。「小さな竹の箸」なんて、ものすごく判りやすい部類ですよ。

    久しぶりにトゥーツのビデオなど観る。ドラムスのアダム・ナッシュボーという人とは初対面なんじゃないのかな、という気がすごくした。ジャズはいいよな、どこに行って誰とでもすぐできる。

    サンクスでお買い物、チーズ胡桃パンと、おいなりさん。

    なんとなく『ポンキッキーズ』を観る。楽しい。ながそーねぎせーじはそのうち作る。

    いま気づいたのだが、『ザ・グリード』(シュトロハイムではない)でファントゥーチが最後に現れるのは『ジョーズ』のパクりだったのね。やられました。ついでに裏山はアレだな、たぶん。

    『踊る大捜査線』の再放送のてっぺんだけ観る。すげえ長廻しだったんですね、びっくりした。


11日の月曜日、午前9時起床、いいお天気だものでお蒲団を干して、シーツも洗った。明日から雨だっていうし、最後のチャンスだったかもしれない、セーフ。

今日のサル:
漬物学者夫人のところに光ファイバーが来たというので、PCの設定に行く。桃とトーストなど齧りながらいろいろとして、さてできあがりと思ったらインターネットに繋がらない。おっとっと、アクセスプロバイダの設定変更を忘れていました。でもADSLの設定を壊してしまっていたものだから、とっとと帰宅して自宅PCからプロバイダにアクセスして設定変更して、漬物学者夫人に電話してリモートコントロールして接続成功。どうも間抜けでいけませんな、きっと暑さのせいだ。

ついでに自宅の旧マシンに繋がっているISDNを新マシンに移動しようとしていろいろしてみたのだけれども、どうやらTAの設定が間違っているらしくて繋がらない。繋がらない以前に、最高速度が33.6kってどういうことよ。えいめんどうくさい、こっちも光にぶっ繋げてやるぞい、あとで。


暑いといえば、明日から秋雨前線がやってきて、涼しくなっちゃうみたいですね。え? 昨日くらいにやっと「夏だなあ」と思い始めたところなのに、もう今日で夏は終わりですか? なんか去年も今年も、なんにも夏らしいことをしていないような気がする。来年はがんばります。

ファクス兼プリンタ君が「そろそろトナーがありませぇん」などと甘えたことをぬかすものだから、西新宿の某カメラ店まで仕入れに出かける。

特価。 別件で連絡をとった元締が「ついでにE-70というDVD-R/VIDEOデッキの値段を見てきてくれ」というもので、売場まで行って値段を見てみたら、値札のうえにメモ用紙が貼ってあって「8月17日まで特価76,000円」とある。ふうん、いくらが値下がりして76,000円なんだろう、と思ってメモ用紙をめくってみた。
めくると‥‥。え? 値段変わってないじゃん。いい加減な報告もできないので、店員さんを呼んで調べてもらう。しばらく待たされたあとで、「すみません、84,800円になります」って、あんたそれ「なります」じゃなくて「いまなりました」ってことじゃないんかい、関西人だったら暴れてるぞ(偏見)。まあ自分で購入するわけでもないもので(デジタル化の先行きがこれだけ見えないようになっているんだから、これからTV関連の買い物をするならPCに乗っけていくしかないでしょう)、暴れもせずに御礼を言って、還元ポイントと併せて元締にメールで報告する。

2階の消耗品売場で、ファクス兼プリンタのトナーも無事発見、5,000円もするぜ。見た目はだいたい5センチ角×30センチの直方体で、レジに持っていったら店員さんが細長い手提げ袋に突っ込もうとするので「あの、最近のトナーって縦にして持ち歩いても平気なんですか?」と、本当に疑問に思ったもので聞いてみたら「あ、ダメですね」と言って大きな手提げ袋を出してきた。
俺がたまたま豆知識を知っていたからいいようなものの、 ヨドバシカメラってなんかタガが緩んでないか?


Hawaiian Dreamまで足を伸ばして、到来物の饂飩などを回収して、先日にちゃんとしたハードケースを購入していった生徒さんのお土産の「段ボールのハードケース」に詰めて持ち帰る。なんかお盆はヒマらしくて、タクヤさんが「みんな休みだと思ってるんだろうなあ」と言っていた。あの、Hawaiian Dreamってお盆休みするような殊勝なお店じゃありませんよぅ>>誰か。そういえばセンセーも開店休業だな、今週は。

東中野ライフでお買い物。豆乳、タラモサラダ、長唐辛子、といったところ。あと近所の八百屋さんでゴーヤとミョウガ。さて、なにを作りましょう。


今日の小太り:
Hawaiian Dreamの事務所には体脂肪計が置いてあって、従業員の健康管理に怠りない。

僕も計測してもらった(頼んだわけじゃないんだが)ら、体脂肪率22.9%で脂肪そのものの重さが13kgの「軽肥満」でした。え? ウソ。


帰宅してお蒲団とシーツをとりこんで、台所で手を洗おうと思ったら、なにやらすえたような匂いというか、クサヤの干物が腐ったような臭気がする。あれ? とくに怪しげな物件もないし、さてはシンクのあっちがわの10センチ幅くらいの谷間でネズミでも死んでるんじゃないか。懐中電灯を持っておそるおそる覗いてみたら、無くしたと思っていたキッチンバサミが落っこちているくらいでなにごともなく。

けっきょく、昨晩サンマを食べたお皿をざっと流して置いておいたら、残っていた油分が昼間の暑さでものすごく酸化した、ということらしい。洗ったら匂わなくなりました。ふむ、油断も隙もないなあ。


Bucks county, PA.ビデオRで『サイン』というのを借りてきて、ほら、メル・ギブソンの玉蜀黍畑にいまどきミステリー・サークルが出現するという矢追純一作品。眺めていたら、舞台がペンシルバニア州バックス郡というところだったもんで、正月に行ったバークス郡のもじりかと思って調べてみたら、お隣でした。地図の真ん中が映画の舞台で、そのすぐ西がBerks郡。たしかにだだっ広いところではあった。

映画のほうは、さいきん稀に見る「女っ気のない映画だな」ということで気に入りました。学生やってたころに新宿ローヤルで3本立てを観ていたら、最初っから最後まで野郎ばっかりでてきて(念のために書いておくけど、毎週アーネスト・ボーグナインとリー・マービンとバート・ランカスターばっかりがかかっているような映画館でした)、あの頃の映画は良かったよなあ。いや、『サイン』がそういう意味でいいというわけではないのだけれども。 途中でTBSのミステリー劇場に浮気しようかと思ったのだけど、だって脚本が橋本以蔵だし‥‥脚本家、誰かの名前と混ざってましたな、ちょいと観たらぬるいもんで、銀子さんが犯人追究を決意したあたりでリタイアしました、失敬。とっとと『サイン』に戻る私でした。

最初のほうで学者が「80年代のイタズラとは(いまのミステリー・サークルは)違う」と断言するのは、たとえば『ブローン・アウェイ』で爆弾魔がかつてアイルランドで活躍していたというのを「IRAか?」、「違う」という一言で片づけたのと同工異曲だよな。そのへんで後頭部に「? ? ?」印はついたとして、まあいいんじゃないですか? ×××を×××っすあたりはスカっとするし、押さえたBGMも好ましい(まともに曲らしきものが聴こえるところがほとんどないわけだし)。
カットのつなぎが滅茶苦茶なのもまあいいでしょう。たぶん上映時間が長くなりすぎたもんだから切ってるのだろうし。

しまった、東京12チャンネルの『誘拐』を観ればよかったんだ。あれ傑作だし。で途中から観る。渡徹也が茶色の××を××しているのも××警察との違いを出すためだったのだろうし(じっさい新鮮だったと思います)、×××が××しているのも面白いと思う。惜しむらくは説明ドラマになっちゃった90分目くらいからかなあ、そのへんでリタイア。まあしょうがないよなあ、どこかの落語家が思いっきりネタバラししていたし、前にいっかい観ているし。いや、初見のかたにはお薦めするが。

ほんとは『サイン』についても某女優がネタばらしした(腹たった)のは、これは忘れたふりをしているのでした私は。


今日の晩飯:
焼酎舐めてたらたいしたもんは作れないな。

とりあえずタラモサラダ。

あと、豚ロースの両面に塩コショウして叩いて叩いて、焼けたあたりでアロエの缶詰(なんでそんなもんがあるねん(笑))とポークビーンズの缶詰を放り込んで、5分ほど蒸す。それなりに満足。

あと、牛しま腸を焼く。ものすごい煙であるのは措いといて、豚ロースといい牛の腸といい、私はダイエットをする気がないんでしょうか。ないんでしょうね。

到来物の冷麦はどうしようかと思ったんだけどな、さっと茹でてミョウガでいただく。けっきょくお腹いっぱい。


今日のしまった!:
生徒7号さん用に書いて使い回している『TSUNAMI』 in Cなんだが、サビ前を、
|Fm Bb|Eb Cm|Dm G7|C C△|
と書いていたのだが、3小節目のアタマはDmじゃなくてDm-5であるような気がものすごくしてきた。いちいち訂正に廻ろうと思う(まだ誰も弾けてないからまあいい、か。本当にそうですか? いやまあその)。あるいはまだFmにしておいたほうがよかったなあ、失敗したなあ。

ついでに、『まんが日本昔ばなし』のテーマ in F も「らそらー、らそふぁふぁ」と書いていたのだけれど、どうやら「らそらー、そそふぁふぁ」の間違いですな。これは生徒さんに指摘されました。いやぁ、恥の上塗り。

もういっちょ。『パイナップル・プリンセス』という曲を、てっきりNHK『ぷりんぷりん物語』のテーマ曲だと思い込んでいました。たぶん違うんじゃないかな、「プリン」しか合ってないし。しょうがねえな、センセー(笑)。

まあ、俺の人生なんて悉く失敗だらけだからな、今さらなんにも気にならない。次からうまくやるさ(巨人だって、いまから全部勝てば優勝なんでしょ? たしか先週計算したらそれくらいだったような)。


Suica定期券使用実績(目指せ9月1日までに5,040円):
累計で1,530円。お盆休みで外出がない(なにも僕が「人が休んでいるときに休む」必要はないわけで、みんなが働いている平日に遊びに行けば済む話なのだ。ここ何年もそんな感じ)。

明日は、とりあえずまだ書いていない土曜日の通信簿をつけて、あとはウェブのほうの仕事を本格的にGO! だな。
晩御飯は、生イカを仕入れてご飯を炊いて、ワタでご飯といったあたりを久しぶりに。

2003年08月12日 03時20分18秒


2003年8月10日(日曜日、のんびり)。
適当に起床、お洗濯など。ほんとはシーツとか洗いたかったんだけどな、明日にしよ。

ブラックサンの氏家さんから10時すぎに電話があって、今日のジャム・セッションは「人が少ないから中止」との由。

そんなもん当日の朝に言われてもさあ、こっちだってネットで宣伝していたりもするわけで、困るんだよ。とりあえず来ちゃいそうなパットさんと浦島かえる君に電話してみたら「聞いてない」っつうし、もういい、そんな内輪の宴会なんだったら相手しない、人さまを誘うだけ俺が恥かくだけだよ、そんなもん。ついでにネットで案内なんか出してるとお店も恥かくだけだよ(というより、そういう身内感覚が抜けない限り、イベントを主催する資格がブラックサンにはないよ)、言っとくけど。個人の都合ばっかり言っていてバラバラになっていく通訳IRCとかと一緒だな、せんないことだ。

というわけでブラックサンのウェブサイトに行ってみたら、案の定なんの案内もなくてだな。BBSには中止の旨を案内しておいて、俺のサイトにも連絡は出しておいた。中止を知らずについ来ちゃった人がいても俺のせいじゃないけど、立場上いちおうお詫びはしておく。ごめんなさい。


いい天気だったので定期券で新宿まで出て、ちょいと楽器屋さんめぐり。イシバシにチャップマン・スティックの在庫があるらしいことを知ったのだが、買うわけもないので見るだけ見て、中古で2万円だったKOA MELEというウクレレはお買い得だと思ったけど買えないし。KEYはバーゲン中だったのだがビンテージ・ギターに興味のあるわけもなく。シマクラでメトロノームを買おうかと思ったのだけれどもベルの音が気に入らなかったもので先送りにして、でもちょっと弾いてみたPRAMBERGERのピアノというのがものすごく良かったので、うーん、80万円(ならものすごく安いと思うけど)、と。カタログとフリーペーパーだけ持って帰宅。

ヒマなんだから映画とか観てもよかったんだけどね(『チャーリーズ・エンジェルF』とか『ハルク』とか『マトリックスR』とかいろいろあるわけだし)、日曜日の新宿だとお客さんがやかましくて(ほんとに上映中にケータイのメールチェックとかしてる奴らばっかし)、あんまり好かん。僕は平日に来られるのだから、それでいいや。


まあ片手にウクレレを持って花園神社を通りかかったら、露店のおっちゃんに熱心にマンドリンを薦められました(笑)。弾かせてもらったらちゃんとした楽器だし、15,000円なら買い物なんじゃないかなあ。予算の都合がつかなくてすいませんでした>>おっちゃん。

O-CAPの親分のほうは、言いたいことを言い放題言っておいて、こっちが反論したら(都合が悪くなったから、などとは思いたくもないが)言い返さないことそろそろ1週間。本人が「明確な事実」と言ってるんだから、こちらの述べた事実関係に誤りがあるのならば指摘してくれればいいだけの話だ。

どのみち、情報保障に関わる人間どもが「人さまのゴシップ」で喜んでいたという話であろうことは間違いなかろうし(間違ってたらごめんよ)、話の経緯と併せて考えるとO-CAP関連の人間なんて全員が下司だ、あるいは要約筆記関連の人間と聴覚障害者全員が下司だ、ということでいいのだろうけれども(違ったらごめんよ。でも君たちって仲いいんでしょ?)。そのへんから比べれば、俺なんかヒンは無いけど上等なもんだと思うよ、ほんとに。


晩御飯は「すずや」の豚カツ茶漬けで、あと帰宅してサンマの灰干し2連発。

Suica使用実績は、1,270円。
2003年08月11日 00時24分35秒


2003年8月9日(土曜日、仮)。
日記ファイルの入ってるストレージをHawaiian Dreamに置き忘れてきたもんで、ネタがない。しょうがねえな、俺。

生徒15号さん、かな? の1回目は、それなりに弾ける人なので、ストロークとタブ譜の読み方くらい。ネタは、バンプと昔ばなしといったところ。

生徒12号さんと13号さんのペアは、12号さんがセーハができない。13号さんはなんでも弾けそうなので、12号さんを単音担当で、13号さんをコード担当で育ててみたら面白いかなあ。とりあえず『カイマナヒラ』あたりのコードとメロディを書いていこうかな。

歌舞伎町のビヤガーデンでのライブは、風雨の影響で中止、なんだつまらん。

夜はバッキーでハワイアンのお勉強などして、『ブンガワン・ソロ』を僕と小柳さんしか知らないことを発見。

東中野ライフでお買い物して帰宅。

  • 灰干サンマ、
  • 豚ロース、
  • ミョウガ、
  • 牛しま腸、
といった感じ。

Suica使用実績は、1,140円。
2003年08月10日 11時28分13秒


2003年8月8日(金曜日、地味に暑い)。

なんとなく起床。昨晩届いたEメールが59通、うちスパム56通、「最初は“C”」が3通(笑)。

スパムの大半が英文だもんで、たまに読まなきゃいけないお友だちからのメールなんかも混じっているものだから、タイトルだけはチェックしなきゃいけないんだよなあ、めんどくさい。動作の軽いnPOPさんのほうに振り分け機能とか付けてくれるとだな、ラクだけど動作が重くなっちゃうに違いない。結論としては「PCを買い替えて、メールアドレスをなんとかしろ」ということになるんだよな。ノンバジェットでの対策はそろそろ限界、ということなんだろうな。


メーリングリスト「最初はC」のオフが10月13日にあるというので、参加表明をしておく。たまたま僕の29歳のお誕生日でもあり、おめでたいことだ。

ネタとしては、

  • 再現ドラマ『ウクレレ教室最初の1コマ−コードとストローク篇−』
  • 再現ドラマ『ウクレレ教室最初の1コマ−センセーのネタ披露篇−』
  • テレビ番組(CM含む)に合わせて弾くウクレレ講座
  • ウクレレばっかりのロケンロールかジャズバンド(有志による)
  • ふつうに弾き語り(予選が通ったとして、キワヤコンテストのリハーサル)
といったあたりを出しておきました。

ほんとはこれもセンセーの遠足扱いにしたいなあ。僕のウクレレしか聴いたことのない生徒さんには、いい刺激になると思うの。


今日の告知:
例年開催している男声合唱『夏の甍』演奏会は、今年は第42回。僕は出演はしませんが、受付主任をやっているもんで僕に頼めば無料で素通りですよ(笑)。興味のあるかたは僕までお便りください。

とき 2003年8月24日(日曜日)
14時開場、14時30分開演
ところ 東京オペラシティ・コンサートホール タケミツメモリアル
(京王新線初台駅下車)
出演 指揮:大谷研二
ピアノ:岩本晃子
ソプラノ:居森優子
トーク・ゲスト:新実徳英
いらか会合唱団
早稲田大学男声合唱団コール・フリューゲル
早稲田大学高等学院グリークラブ
演目 1. ヴェリヨ・トルミス『神よ、われらを戦より護りたまえ』『子供の日の記憶』
2. 西村朗『輪廻』
3. 新実徳英『日本が見えない』
4. 新実徳英『やさしい魚』

あれ? 入場料っていくらなんだろう(って、ここを読んでいるあなたは知る必要はありませんね)。まあなんとなく気安げにお問い合わせください。タケミツメモリアルを見てみたいとか涼みたいとか、そんなんでもOKスよ。


ついでにその甍の案内メールをあっちとこっちに送っておく。聴きにきちゃえば面白いとは思うのだけれどもなあ。

ファクス兼プリンタのBJ-4800Jが「そろそろトナーが無いよ」って言っている。ふう、電話代も支払わなきゃなんないし、生きていくってなんて面倒くさいんだ。

基本的には脳だけ生きてりゃいいわけだし、そのために必要なのは糖分だけじゃん。フィジカルな部分は誰かに任せておきたいような気もするんですよ。


今日のダウト:
  • ビデオRで借りてきた『ラビッド』の底面に、「デビッド」と書いたシールが貼ってあった。
  • サンクスでカンロ(株)の茎わかめを買ってきたのだが、片っぽが90円で片っぽが100円だった。品はぜんぜん同じで、レシートでは両方とも90円。
その『ラビッド』だが、この時期までの映画ってやっぱり面白いというか、これを作ってる脇で『スターウォーズ』が作られていたんだなあなどと思うと、そのへんでダメになったハリウッドにも感慨深いものがある。もっとたくさん学芸会みたいな映画をどんどん作っていればよかったのにな。ついでにロメロの『マーティン』が観たくなったりもする私でした。
どうでもいいけど、『SHIVERS』といい『RABID』といい、見方によってはエロ映画だし、そこからスタートしてうまいことやったよな、クロちゃん(日本で言うと金子修介とか、かなあ)。

サンクスの茎わかめはなんで2つ買ったかというと、棚からとったやつが90円表示で、その拍子に落っこちたやつの責任をとったらそっちの表示が100円だったんだな。まあドジも踏んでみるものです。

帰り際に近所の奥さんと出くわして、「モンスーン気候がダメなんですよ、僕」、「みんなそうですよ」、とかいったあたりからモンゴリアンの分布の話になる。具体的には本州先住民が沖縄やら北海道やらに押しやられて、いま住んでいるのは要するに「移民」なのだから本州の気候には合うはずがない、先祖が失敗すると子孫は不幸だ、といったようなことで。
結論としては「人類発祥の地たるアフリカ系がいちばん強い」とか「ハワイに行きたい」とか「やっぱり中部ヨーロッパですかね」とか、現実逃避ごっこは楽しい。


今日の晩飯:
腸焼き中。
  • 牛の腸をものすごい煙のなかで焼いたもの。
  • 焼いたトマト。
  • 茎わかめ。
あと到来物の烏賊が一杯(1単位である)余っているのを発見したもので、とりあえずゲソなど焼きながらワタをソースに仕立てていただく。この時期の烏賊はおいしい。ほんとはワタをご飯用に加工してもよかったんだけど、この時期に飯を炊くと暑いしなあ。

Suica定期券使用実績(目指せ9月1日までに5,040円):
累計で700円で増えてない。明日は千円を超える予定なのだが、リトルピーンチッ。

明日の17時からのセンセー2コマは、
生徒7号さん3回目、
基本的にバレーとハイコードの特訓、
生徒12号さん2回目と生徒13号さん1回目のペア、
チューニングのチェックと、バンプかなにかで片っぽは単音、片っぽはコードで育ててみるってのはどう?(笑)
そのあと19時すぎから歌舞伎町のビヤガーデンAURAというところで30分ほど演奏、ビールなどひっかけてからバッキーかな。
2003年08月08日 21時30分19秒


2003年8月7日(木曜日はとても短かったことでした)。

なんでしょうね。というわけで納品はした、と。僕は典型的な遠足体質だもので、終わったとなると現金なものでこんどはぜんぜん眠くないので、『笑っていいとも』など眺めながらのんびりとお昼ご飯はサンクスの鰻丼など。

のんびりしていてもしょうがないので、手遅れだがテープ起こしの聞き直しを4倍速くらいでする。いや、致命的なところがあった場合には対応しようという心算なんだな。ふつうの作業者さんは聞き直すものらしいのだが、僕の場合は聞き直すだけ無駄なケースばかりなので(よほど音が悪いとかじゃなきゃな)、珍しいことだ。

とりあえずチェックして、まあ納品したまんまで構うまいという結論に達したのでオッケー、きちんと仕事はしました。


トランプ。道ぺたにトランプが3枚ほど落ちていた。セットが使えないじゃん、というか蝋燭切りでもやってたのかなあ。

大阪のバカ元締が6年間にわたって根拠なく僕をオトシメテいたというについて、やっとこさだいたい解決したつもりだったのだが、がっかりさせてくれるよなあ。そこまで下司だとは思いませんでした。

俺についてはべつにいいんだけどさ、近在の女子を巻き込んでイワレナイことを喧伝するのはやめてほしいんだよなあ、ということをずうっと言っているのにもかかわらずバカは聞く耳を持たないのでした。夫婦揃っていつもあそこはそうだ。

もういいや、どうでも。


Suica定期券使用実績(目指せ9月1日までに5,040円):
累計で700円(増えてない)。
2003年08月08日 03時02分28秒


2003年8月5日と6日(火曜日と水曜日、元気に遊んで仕事して)。

5日の雨がすごかったなあ。

朝起きたら15時でした。しょうがねえな、俺。

メールが百余通ほども届いていて、スパムじゃないのが3通くらいでしたな。ここんとこ毎朝そんな感じ。メールアドレス変えちゃおうかなあ。それでウェブサイトのほうに表示したメールアドレスはあらかた削除して、mailtoタグはロボット拒否のページに置いて、といったくらいか。暇になったら考えよう。

さて、とりあえず某女声合唱団の名簿のコピーを取ろうと思って、高田馬場CHIKUHO商会まで行く破目かなと思ったら、中井駅前旧富士銀行並びの文正堂さんにカラー用紙があって、手差しの両面コピーもとれることを発見、助かった。料金も「紙持ち込み」という扱いで1枚10円にしてもらったしな。

でも雲行きはものすごく怪しくて、なにしろこの俺が傘を持って出かけたくらいだからな。でもまあ納品までは降られもせず、無事。


さてテープ起こしのテープが届いているのだが、ディクテーション・マシンが見つからないぞ。なんであんなにデカいものが見つからないのだろうとも思いつつ、以前に使っていた初号機を探したけれどもこれも見つからないなあ。困ったなあ、3時間半くらいを明日じゅうに仕上げる約束なのだが。

今日のジャム・セッション:
ウクレレ中。よく見ると裸足。 まあ無いものはしょうがないので、いつの間にか土砂降りになったなか、荷物をまとめて神泉らんたんのジャムセッションに出かける。傘もさしたよ。

それなりに気をつかって履いて出たアディダスのゴツい靴には防水性がまったくないことが判明して、哀しい気分で東中野まで歩いて、途中でバッキーにひっかかって無駄話などして、忠さんになんでかベルギー産のビールをご馳走になって、雨もやんだもので徒歩で神泉駅前まで。うーん、先月は酔っぱらって途中でフェイドアウトしちゃったのを店長さん以下全員が覚えておられましたよ。でもまあとくにご迷惑なこともなかったらしくてひと安心。って心配してたのか、貴様。

歌中。 靴を脱いで、靴下も脱いで、感電の心配などしながら電化ウクレレのZOOMをミキサーに突っ込んで、跣足でジャム・セッション。今日はワンコードのジャンプ系が中心で、たまに『CHICKEN』や『New York State of Mind』が入るくらいでらくちんな感じ。途中で中学生ドラムスを迎えたブルーズで『あっこちゃん』を歌って、あとはウクレレ弾いたりハモニカ吹いたり。でも『CHICKEN』でウクレレのジャカソロってどうなのよ(というか「演らない」って言ってるのに無理やり演らせるんだもんなあ(笑))。
ピアノ中。なんでかピアニストが里村さんしかいなかったもんで、しょうがないから中盤で交代してずうっとピアノを弾いていたら、なんでか里村さんに腕前を褒められたというか「譜面もないのによくそんなにいろいろ弾けるね」って言われて、「弾けるなら弾けるって言ってくれれば、僕はビール飲んでるのに」とのお小言をだな(笑)。まあいいや。しかし次回からまたウクレレを弾く割合が減るんだろうなあ。

ハモニカ中。 前回はプレイヤーはとってもお安く飲めるバーボン(なにを飲んでも1杯300円)をバカ飲みして失敗したので、今日はてっぺんでビール1杯、あとは焼酎「いいちこ」のストレートで安寧に演奏終了したのが4時間後の午前零時くらい? 無事に終電で帰宅して沈没。

帰りの電車のなかでは、映画『ロッキー』とシリトー『長距離走者の孤独』との共通点について考えていました。


というわけで6日の水曜日、朝目覚めたら13時でした。

とっとと顔を洗って、中野の元締のところまで仕事用の機材を借り出しに行く。ちぇ、Suicaが使えねえでやんの。
それでとっとと帰宅して、テープ起こしをやっと開始したのが16時だよお立ち会い。まあ内容は判る話だし、音質もいいし、特にストレスなく作業は進む。たぶん200分だとして400分くらいあれば処理できるのではないか。運がよければ日付の変わったくらいに終了できるのではないか。

予定通り、ほぼ1時間分を2時間ほどで処理して、時間を節約しようと思ってものすごく久しぶりに外食と洒落こんだところが、家を出てから山手通りから東中野ギンザ通りと心の琴線に触れる食い物屋さんがなくて、けっきょく東中野駅前の新楽園までとぼとぼと歩いていって坦々麺などいただく。美味しいからまあいいや。食後に新聞など読みつつ一服して、壁に中華人民共和国国家の譜面があったもので一通り譜読みして、と。忙しいのに。

東中野ライフの本屋さんにAERA発行のムック『アメリカ映画が判る本』(だっけ?)とかいうのがあったので立ち読みして見たのだが、ロジャー・コーマン映画のスチル写真の引用が間違いだらけだったもので、読む価値もなかろうということでパス。だいたい、『X線の目を持つ男』と『デス・レース2000年』なんて間違えるかふつー。ついでに『百万の眼を持つ刺客』も『百万眼を持つ刺客』の誤りだし、常識だろそんなの。映画を好きでもなんでもない連中が作っているとしか思えない。いやまあ、朝日新聞のエンタテイメント系の記事が出鱈目だらけなのは昔からだがな。
地下食料品売場でトマトでも、と思ったのだが心の琴線に触れる赤い赤いトマトがなかったもので、こちらもパス。

道ペタに仰向けになって昼寝している蝉(うっかり蹴っ飛ばすとぶーたれながら飛んでいくのだから、昼寝なんだろうなあ)をたくさん見かけた。毎年こうだっけ? よく覚えていない。

テープ起こしが終了したら自分を慰めてやろうと思って‥‥誤解すんなよ。レクリエーション用になにかと思ってビデオRを覗いたら、期間限定でクローネンバーグの『ラビッド』があったもので借りてくる。ウサギの映画かあ、楽しそうだなあ。クローネンバーグは若いころに大好きでよく観たもんだが、こいつだけ未見。さいきんは難しくなっちゃったので観ていないのだが、たまに映画館にでも行こうか。いや、ビデオで観てもさっぱり筋も犯人も判らんとですよ儂。

それで三ノ輪通り商店会の八百屋さんで赤いトマトを買って帰宅、今日のお買い物はこれだけ。


夜の部はそんなに捗らないけど、まあ机の前でじっと我慢していれば自動書記で終わるようなものだと覚悟して、粛々と進める。

22時から30分間はワンナイを眺めながらコーヒーなど淹れて休憩、おやつで7月29日が賞味期限の酸っぱいヨーグルト。あとはまた粛々とお仕事。


いま午前零時で、まだまだぜんぜん終わらない(半分来てない)。まあ落ち着いてコーヒーなど飲む。

いま午前1時、たぶん4割ほど終了。目の前が殺風景なので、NHK総合を音声を消して映しておく。先が思いやられるがお腹も空いてきたものだからサンクスまで行って、カップヌードルのシーフードとなぜか赤飯握りと、エルビーの減肥茶を買ってきてちょっと休憩。でも赤飯握りで人心地ついちゃったもんだから、シーフードヌードルはちょいとお預け。とある事情でいま我が家は酒余りなのだが、もちろんお預け。当然でしょう、俺。ビールくらいなら‥‥いや、いかん。

午前2時、1本目裏面のカウンタが123。片面で1,230くらいでカウンタは加速していくのだから、残りの1割は終わったとみていいのだろうなあ。ちょっと眠くないこともないが、まだ保つだろう。コーヒーもう1杯。どうでもいいけど夕方からずうっとヘッドホンしてるんですけど、耳は大丈夫かなあ。ウォークマン難聴とかディスコ難聴っていうのがあったよなあ(古いなあ)。

午前3時、290くらい。WordのフォントをMSゴシックからHG丸ゴシックM-PROに替えたらなんか入力がしやすくなったような気がする(表示を変えただけなのに)のに気がついたあたりで小休憩。テレビ各局は試験電波の発射中ということで、「エッフェル塔」か「花を持ったお姉ちゃん」か「なんか片づいていない部屋」の静止画像を交互に流している。同じ画なのに各局微妙に色合いが違うんですね、知りませんでした。あと放送大学だけなんでか「ヨットハーバー」。自分の日記を検索してみたら、徹夜仕事はどうやら2001年の8月以来のようです。ふうん、意外と計画性があるんですね、僕ってば。

午前4時、387でB面終了、拍子抜け。A面の最初のほうの登場人物名が落ちているので、ちょいと聞き直して入れてみて、コーヒーお代わり。テープ2本目はカウンタで1,100くらいまで。こりゃ夜が明けるな(笑)。計算するとだいたい朝9時くらいになる予定。待てよ、だったら午前中納品なんだから90分くらい寝ても構わない筈だ。

と思ったけど、4時40分まで20分間ぐったりしてから復帰。コーヒーお代わりして仕事仕事。試験電波は終わったらしくて、ニュースのオープンキャプションをちらちらと眺めながら続きをこなしていく。

6時ですよ。カウンタは313。でも半分近くはきてるんじゃないかな。ここでシーフードヌードルを注入。ふと思いついて、椅子の背もたれの螺子を締めなおしたらちょっとは姿勢が楽だな。あとエコノミークラス・シンドロームの予防のためにちょっと体操など。

7時。カウンタは500。腹はできているが、顔がちょっと脂っこい(やだね)のでごしごし洗って、と。目もしばしばするが、あとちょっとだ。

7時半、カウンタは625(ほら、やっぱり関数目盛りで速くなってる)で、やっぱり90分くらい寝ても平気なような気がするのでちょいとお蒲団方面へ。

9時、予定通り起床して、そのままデスクに直行して続き。昨日が休肝日だったからな、元気なもんだ。
と思ったらやっぱりダメだな、昼に間に合えばいいのだから、あと1時間くらい寝よう。

いかん、11時だ。カウンタ682。

11時半で839。30分間で150カウント。あと30分なら終わるんじゃないかな。

11時40分で921、10分間で80カウント。ふむ。

12時、終了。カウンタはテープが伸びたらしくて1,106でした。


納品もした。寝酒飲んで寝る、と。お昼なのに。

Suica定期券使用実績(目指せ9月1日までに5,040円):
累計で700円。

明日は、漬物学者宅に光ファイバーが入りやがったというもので、工事の後処理とセッティングなどしに行く予定。でも午前中は寝てるな、きっと。
2003年08月07日 12時23分38秒


2003年8月4日(月曜日、いつも道の途中)。

椅子。なんでか午前3時くらいからいろいろ。健康を考えた規則正しい暴飲暴食の、そのまた延長系だな、まあいいや。

適当に寝て起きて、起きたというか電力会社の集金さんに起こされました。朝、コーヒーとバナナチップ。

なんかPCの調子が悪いのは性能が型破りだからだと思っていたら、なんのこたぁねえ、klezさんが常駐しておられましたとさ。とっとと駆除する。


テレ東午後ローは今週は金曜日までロッキー大会。

今日は第1作の『ロッキー』で、ああ、この階段を上ったなあ、とかロッキーのランニングってコンバースのハイカット履いてるのね、とかタリア・シャイアって凄いなあ、とかこれ撮ってる最中は誰もヒットするなんて思ってなかったんだろうなあ、とかラストシーンはエイドリアーンから撮り始めて最初のジャブで撮了だったんだよな、とかいろいろ思う。これでスターになっちゃったスタローンは、この後はタリア・シャイアをシャロン・ストーンに置き換えたような映画ばっかり撮るようになってしまいましたとさ。
まあカネ目当てにマリオ・カサールなんかと組んじゃったあたりが失敗で、太田の口車に乗った高岡って感じなんでしょうね。少なくとも『ロッキー』を観る限りは「情熱を静謐で表現できる映画作家」だったと思うのだけれども(あの成功がアビルドセンのおかげではないのは明白でしょう)。うまくすりゃ「脚本の書けるイーストウッド」になれたのにさ。

それでラストシーンのあたりでは饂飩を茹でていたのだけれども、やっぱりテレビの前に戻ってきて判定シーンまできちんと観てしまう。ちょっと泣いた。


というわけで遅いお昼は饂飩とツルムラサキ、薬味はミョウガ、おろしウコン、生卵の黄身。それから、賞味期限が7月29日で切れている酸っぱいヨーグルト。

今日のハワイアン:

姫箸。戸隠で買ってきた竹製の姫箸というのを食洗器にかけて洗う。21.5cmの可愛いのが10膳で400円くらいだったかなあ。

さて、戸隠というと蕎麦とか竹細工や藤細工なんかが有名という印象があって、自然公園の近所の土産物屋さんで購入したこの箸もとうぜん土地のものなのだろうと思ったら、なんてこったい鹿児島で作ってましたよ。なんかダマされたような気もするけど、まあいいや。

え? だから小さな竹の箸ですってば。


某女声合唱団の名簿をイチから作らねばと思っていたら、ふと見ると既にファイルがある。あれ? なんだこれ。作成が5月1日? というわけで自分の日記のバックナンバーを見てみたら、元締の指導で既に作ってあったのですね。ぜんぜん覚えておりませんでした。よし、ラクができる。

今日のセンセー!:生徒11号さん2回目。

けろ。ナイスミドルというか、いい感じに「崩れ」の入ったチェーンネックの似合う男性である。でもたぶんサラリーマン。初日にスリーコードはだいたいOKでストロークも入っていたし、ハイコードのD7→B7なんかも弾いていたもので期待は大きい。

    先ずは、前回演ってみたハワイアン・バンプのリズムをすっかり忘れきったとのことなので、しつこく100回くらい演ってみる。要するにノリのものだから、あまり演奏については考えずにリズムのほうを大事にするように指導。つまり「楽器を弾いて音を出す」というのは現象であって、その前に「この音が出したい」という精神のほうが重要なわけですよ。ってまさかウクレレ教室でデカルトを持ち出す破目になるとは思わなかった(笑)。まあこれはそのうちなんとかなる。
    というわけで、リクエストのあった『TSUNAMI』をin Cで。最初はラクなのよ、
    |C G7|Am C|F G7|Em Am|
    |F G7|C Am|Dm|G7|
    って感じか。それがブリッジのところで、
    |Fm Bb|Eb Cm|Fm Bb|C G|
    といったところかな? たぶんウクレレ教室2回目で教えるようなことではまったくないのだろうけれども、知ったことかそんなもん。生徒を信頼して、できるところはどんどん進めていくに如くはない。
    でもふと気づいて、「コード進行と歌詞の位置関係は判ります?」って聞いてみたら判ってなかったもので、ネットから歌詞を違法ダウンロードしてきて、譜面と歌詞に練習番号(AとBとCってなもんだ)を振ってみる。どうも迂闊でいけませんな、センセーも。

    センセー「これが『いとしのエリー』とかだったらすごくラクなんですけどね」
    生徒「じゃあ『いとしのエリー』にしましょうよ」
    セ「いや、こっちが弾ければたいがいの曲が弾けるようになりますから、やりましょうよ」
    生「そうですかあ?」
    セ「ふつう、2回目でこんなこと教えませんけどね。うっかりすると1年経ってもスリーコードばっかりだったりしますけど」
    生「無謀ですね(にやり)」
    セ「無謀です(にやり)」


    このへんでセンセーは煙草休憩に行って、休憩中にさらさらと『いとしのエリー』のコード譜をin Cで書く。
    |C|Cmaj|C7|F F F Fmaj|
    |Dm G7|C Cmaj C6 C/G|F F#dim G G7|C C#dim|
    といったふうで、いましがたまで『TSUNAMI』を演っていたものだからこっちはすぐに弾ける。それみろ。
    ちなみに「FmajとAmの押さえ方が同じですね」という鋭い質問が出たものだから、押さえるポジションのほうが出したいコードよりも数少ないことは指摘しておいた(全開放はCでありAm7でありFmaj add9でもある、といったようなことと、たとえばCコードでも3000、3345、7879、10-12-12-12、15-12-12-12、ほかにもいろいろあること、といったところ)。

    さすがに初出のDmやEmあたりはひっかかるものでこれも宿題として、でも「5555のDm7」や「7777のEm7」も使えますよ、どっちも覚えておくといろいろ使い回しも効きますよ、といったお話はしておく。


    といったところで本日はおしまい。次回は今回のおさらいと、今日はできなかったストロークを少しやろうと思う。いちおう予習用に「ストロークの方法」というペーパーはお渡ししておいた。


    生徒11号さんはあと4回だから、
    • in Cの簡単な曲ならコード譜を見ながらさらさら弾ける、
    • ハイコードも一通りの押さえ方はやっておく、
    • ストロークはアップダウンで同じ音が出せて、アップからでもダウンからでも入れるようにする、
    あたりを目標にしておけばいいのかな。余裕があったらリズムパターンをいくつか仕込んで、曲の雰囲気に合わせて使い分けられるようにして。そこまでやれば、あとはコードブックなんかを眺めながらどんな曲でも弾けるようになる筈だから、まずは料金ぶんは教えたと言えるんじゃないかな。

Suica定期券で順調に東中野駅を出て、ライフでお買い物をしようと思ったらなんでか元締とばったり。それでまあ暑いしビールでもということで、近所の有名韓国料理店でナムルと豚足と生ビールなど。けっきょくずうっと西川話を聞かされて、あと掲示板絡みで「もともと少ない友だちがどんどん減るよ」などと意見される。まあ意見してくれるのはありがたいのだけれども、もともと友だちなんかおらんし、そのリレーションの維持のために言いたいこと乃至言うべきことを遠慮するのであればそれはやっぱり友だちなんかじゃない。それともなにかい、身の回りの全員に対してニュートラルでいてはいかんのか? 信用ならない、あてにできないについてはいちいち指摘しているし、先方から指摘されたについてはいちいち考えもし反応もしている心算でもあり、それ以上のことはできないよ、俺には。
だいたいさあ、連中の今までの行動パターンからして、今回もどうせ逃げ出して終わりだろうしさ(と思ったら! ←午前3時追記)。ハズしてたらごめんよ(ハズしてなかった←午前3時追記)、と慌ててエクスキューズはしておくが、でもそうじゃなかった事例がないわけだし、特段に俺が無礼だとも思わんさ。

どうでもいいけど、トンソク喰えよ元締。なんか見た目がヤなのだそうだが、だったら注文する時点で言ったほうがいいぞ、とか言うわけよ俺も。「だったらセンマイにしたほうが良かったかな」って言ったら、「センマイって何?」と質問されたものだから、牛の胃袋の表面にいぼいぼがたくさんあって、だいたいベルクロテープか派手な鳥肌みたいなものの刺身で美味しいって教えてあげました。たぶんセンマイが出てきても喰わなかったに違いない。

二郎さんが生きていたら、トンソクの骨も持ち帰ったんだけどな。


駅前のApple Mart(マイナーなんだろうな、コンビニだけど)を覗いてみたら、マルコメよりぜったい美味いのになぜか中野区ではなかなかみつからないハナマルキのインスタント味噌汁が売られていたので、速攻ゲット。あと東中野ライフでお買い物。
  • 鷹の爪(笑)、
  • 牛の腸の塩漬(焼肉用(笑))、
  • 鰈(半額)、
  • 寄せ豆腐、
  • 油揚、
  • ワケギ(ほんとはアサツキが欲しかったのだが、まあいいや)、
  • ミョウガ、
  • オクラ(態々「国内産」とレシートに書いてある)。
でもまあ、そんなにお腹もすいていないこととて、適当に喰って寝る、と。

東京12チャンネルのニュースで見たのだが、ペダルを踏むと譜面をめくってくれる「自動譜めくり機」というのができたらしい。フォルマ・ベーネ社の、名付けて「フメクール」。まあ命名についてはノーコメントにしてあげましょう。

ニュースのコメントでは「楽器を演奏する人なら誰でも経験するあの面倒から解放」みたいなことを言っていたのだけれども、たとえば俺の場合なら、

  • たいがいペラ1枚の譜面で適当に演奏しているので譜めくりは関係ない、
  • 仮に「めくる譜面」を使うとしても、シワシワのボロボロであることが多いのでたぶん役に立つまい、
  • クラシカルの「譜めくり」ならばけっこう実績がある(田中遙子先生にご指名いただいたことがあるぞ(自慢))ので、商売敵ということにもなるなあ、
といったわけで関係ないのでした。あと、ダル・セーニョで2ページ戻るとかコーダで3ページ進むとかいう機能はあるのかなあ。あったら楽しいなあ。

今日の甍演奏会受付プラン:
え? 譜面も売るの? 人数足りねえじゃねえかよ、しょうがないから来た奴(後輩とか)をつかまえて手伝わせる、と。みんな気をつけろよ、油断してると拉致られるぞ(笑)。

今日のビデオ鑑賞:
ビデオRの100円コーナーで『コラテラル・ダメージ』を借りてくる。

そりゃコケるよな、シュワルツェネッガーも共和党員のくせしてよくこんなのに出たもんだ、偉い。だってよ、ベトナムの話を現代ふうにコロンビアに置き換えて、
アメリカ人「俺の妻と息子を殺しやがって」
コロンビアン・マフィア「アメリカがさきに殺しやがったんだろうに」
って、解決策なんかひとつも提示されないままに(もちろん提示なんかできないんだけどさ、誰にも)話が進んで、しまいにゃ平和裡にコカインを生産していたゲリラの村がソンミになってましたとさ。だけど経済封鎖なんかするからヤクでも売らなきゃしょうがねえじゃん、どうせ買ってるのはアメリカ人なわけだし。

個人的には、コケるべくしてコケたかもしれないけど、評価できる映画だと思う。昨晩眺めていた『ザ・グリード』でとっとと殺された奴が悪役代表だったのはまあ映画のせいじゃないし、だいたいさいきん「正義の質」が揺らいでしまうアメリカ映画なんて観たことありますか、ねえあなた。って『パールハーバー』で喜んでる日本人に言っても無駄かな。

と考えてくると、タイトルもけっこうイミシン(←死語)だったりするんだなあ。

関係ないけど、カメラのピンがときどき甘いのはわざとなのでしょうか。その意味が判らなかったのですけれども。
あと、前半だけで『ランボー/怒りの脱出』が成立しているあたりが、昼間にロッキーを眺めていただけに笑えた、かも。


晩飯は、とりあえず「豆乳入り寄せ豆腐」というのを買ってきたもので、先日の「湯葉入り寄せ豆腐」と似たようなものかとおもったら、コンセプトがまったく違った。

早く言うと「豆乳に寄せ豆腐が漬かっている」というもので、つまり豆腐本体から水分が抜け出ていく心配がまったく無いのだな。ふだんの寄せ豆腐だと笊に盛ってからお碗に乗せたりしているのだが、こいつはお碗にいきなり放り込んでおいてぜんぜん平気。味もなかなかのもので、コンセプトともども気に入りました。


Suica定期券使用実績(目指せ9月1日までに5,040円):
累計で540円。

明日はテープ起こしのテープが午前中に届く予定なので、その処理を熱心にやって、と。てっきり「7日間でやっつける」ものだと思っていたら「7日まで」が正解だったのでした。微妙に間抜けだな、僕。

夜は神泉「らんたん」のジャムセッションに行ったり行かなかったり(たぶん行くんじゃないかな)。成田山とかは来るかな。

2003年08月05日 03時39分47秒


2003年8月3日(日曜日、字幕引退1周年)。

午前10時くらいに秘密ミッションの電話があって起床。というか、昨日のんびりしちまったものだからてっきり今日は月曜日だと思い込んでいて、電気の集金があって17時からセンセーで、などと計画を立てつつ顔を洗って、仕事場のテレビをつけたら『いいとも』の増刊号が放映されていたもので間違いに気づく日曜日の朝ってどうなんだよそれ。

朝、コーヒーと、サンクスの甘い甘いプリンと、野菜ジュース。


今日の予定:
なし。

昨晩のバッキーでの自己紹介:
>>ウクレレのセンセーをしていて、基本とハッタリを教えています。
いいのかそんなことで(マツモトさんには「高度なハッタリ」と言ってもらったけどね(笑))。
ついでにキワヤ商会に提出した『コーヒー・ルンバ』を再演してみせて、これもけっこうウケたからヨシとしましょう。

昨晩のお買い物:
東中野ライフで11:46という時刻のレシートが出てきました。酔っぱらってたからよく覚えてねえぞ。
  • ゴボウサラダ、
  • レトルトカレー(100円)、
  • 鰈。
カレイの煮つけで一杯という感じだったのだろうなあ。

今日のキー:
なんでも鑑定団(鑑定中):Em

明日は70歳(推定)の女性(確定)の見学さんがセンセーを見にいらっしゃるという話だもので、ためしに『ブンガワン・ソロ』の簡単なやつを書いてみる。

まあin Cで、単音でときどきコードを混ぜて、サビ後にGaugが入ったりするのはご愛嬌だな。見学さんは生徒さんじゃないわけだからカタくいえば「サービス残業」とか「商売ものに手をツケて」とかいう話にもなるのかもしれないが(というか有料の生徒さんに申し訳ないという考え方もあるのだが、)いずれ使えるんだから構うまいて。
あるいは、人さまの書いた譜面(M茸さんとかコバちゃんとかの)も流用させていただいていることとて、自分の書いた譜面についても「個人使用についてはパブリック・ドメイン」ということにすべきなのだろうとも思う。

そういえばその明日なんだが、19時から生徒7号さん2回目はあるとして、20時からの生徒6号さんが延期になってしまっている。ということは、20時から見学さんを生徒さんとしてお迎えすることも可能なのだなあ。まあその場の雰囲気で、ということで。


今日のメールなど:
70歳つながりというわけでもないのだが、狛江の伯母からメールが来て「so-netの光ファイバーの接続が完了しましたよ」との自慢。あれって100Mbpsくらい? 甥っ子は0.064Mbpsだっちゅうによ、こりゃ参りました(笑)。そういえば実家の母の端末もADSL24メガかなんかだったりする。どうするよ、甥っ子。

漬物学者から電話で、お正月に依頼したファイルをモデファイしたいということで「メールで送ってくれ(!)」との由。ふうん、進化したものだ。と思ったら、その前に元締から送られてきていた西川関連のURLを開こうとしていたPCが1時間を経ても考え中(タスクマネージャのインジケータが緑色のまんま(笑))。催促を受けて再起動するPC業者の俺って、どうなんだよそれ。
漬物学者のほうには、2時間後くらいに当該物件を送付できた。やっぱり環境を見直すべきなんだろうが、面倒くさいしなあ。

やっぱりパソコン買わないとな、そのうち。あと、なんでか午後からインターネットの常時接続が繋がらない。なんでだろう、まあちかぢか光にしちゃうつもりだからどうでもいいや。


国内最大のウクレレ関連メーリングリスト「最初はC」のオフライン・ミーティングが、10月13日に開催されるらしい。僕の29歳の誕生日だなあ、せっかくだからお誕生日オフにしていただこうかしら。

今日のおつまみ:
1. ゴボウサラダ。
昨晩に東中野ライフで買ってきたそのまんま。

2. 鰈の煮付け。
カレイを酒蒸しにしようと思ったらバターがなくて(どういう作り方やねん)、洗った子持ちカレイを拭いた昆布のうえに乗せて、ショウガとミョウガを刻んで乗せてから醤油と日本酒で蒸す。これが意外と美味いので呆れたね、子持ちだったのだがそのへんの飲み屋さんの煮付けより美味かったかもしれない。

3. 椎茸を焼く。
遠赤外線というか、中華鍋に乗せた網で切った椎茸を焼いて、塩でいただく。けっこう今日は好調かも。

4. キャベツを刻む。
栃木県宇都宮市の無農薬栽培農家で採れたキャベツが送られてきたもので、これも到来物のなんとかいう茶色っぽいお塩でいただく。

5. 冷や奴。
東中野ギンザ通りのわりと好きなお豆腐屋さんの寄せ豆腐に、おろしウコンとダシ汁などかけて。

6. カレー。
レトルトカレーを、ツルムラサキといっしょに茹でたパスタにぶっかけて、あと生卵でいただく。

7. あとのんびりと。
バナナチップなど。

7. そろそろ限界かなと思って。
ついでに、ずいぶん前に買っておいたトマトを焼く。
けっこう喰ったかな。

ビデオ『ザ・グリード』(怪獣映画のほう、原題は『DEEP RISING』)を再見。ボートが客船に衝突して爆発炎上するシーンに、最後にファントゥーチが乗ってくるサーフボードがちゃんと映っていることを発見。楽しい映画だと思う。

ふと思い出して、夏の「甍」演奏会(男声合唱である)の受付対応を考えてみる。
え? 一般モギリと招待受付とOB受付と花束受付とCD販売で10名? そんなに人数が揃うかなあ。まあなんとかなるべい。
2003年08月04日 03時11分49秒


2003年8月2日(土曜日、秩父は遠い)。

その土曜日の日記を日曜日の朝に書いてるって、どうよ。
そういえば金曜日の日記も土曜日の深夜に書いてアップしたのであったが、夏休みの宿題じゃないんだからさぁ。

気を取り直して記憶を辿って、と。

朝は7時くらいにきわめて爽やかに起床。ウクレレケースに時計と譜面とウクレレを詰め込んで出立。

さっさっと池袋まで出て、デニーズで野菜スープとチーズトーストのモーニング、コーヒー。暑いもんだからビールが飲みたい‥‥そんなわけにもいかんか。


9時20分くらいに西武池袋線の特急の所定の席に行ってみたら、三月会の面々が既にいらしてだな。10人くらい? 足して700歳くらい? お茶など飲みつつ、指揮者の岡山さんの隣に座って演奏曲目の指導など受ける。ふむ。あ、ここ切れるんですか。こっちはルバート、と。shepherdはシェパードでいいんですね? 下のDは、えーと。今日はOKですね、任せといてください。ふむ、なんとかなりそう。
あとは車内を探検して、1両目の洋式トイレが車椅子対応になっているのだな、などと発見しつつのんびりする。

秩父駅で焼きおにぎりを買って、ジェットコースターみたいなバスに揺られること20分、『秩父お父さんコーラス大会(ちちちちおちちさんコーラス大会)会場に到着。リハーサルをちょっとやって、あとはのんびりして。いろんな合唱団が出てくるわけなのだけれども、宇都宮男声合唱団というところの指揮者が栃木県民オペラのときにお世話になった鈴木先生だったりして、知った顔も何人か歌っていたものでご挨拶したり、ふと声をかけてくれたのが大学の合唱団の3年先輩で20年ぶりにお会いするササキさんだったり、まあいろいろ来てみるものだなあ、とも思う。

演奏そのものは5分で終了。できは良かったとは思うのだが、往復5時間かけて演奏5分間ってどうなのよ、それ。

サッポロビールが協賛していて終了後にはビアパーティがあるというので楽しみにしていたのだが、僕らの出番が14時で、演奏会そのものの終了が16時、宴会は16時半からって、東京に戻るころには夜になっちゃうぞ。というわけでとっとと退散することにして、永田君とバス停で日焼けしながらウクレレなど弾きながら待つこと45分(笑)、狭山の駅でビールを飲むこと30分、特急に乗り込んで眠り込むこと70分。


秩父で買ってきた焼酎を担いで、渋谷バッキーに向かう。ほんとは大宮の盆踊りに知り合いが出演している(櫓のうえでウクレレを弾いているらしい)ほうに廻っても良かったんだけどね。

そうそう、珍しく「計算」ということをして、Suica定期券というのを買ってみました。5,000円で中野から渋谷までためしに1か月。30日で割ると1日あたり170円ということになるから、損はしない予定なのだが。そういえば購入時に機械の奴に氏名と年齢を聞かれたもので、正直に氏名はりびけん、年齢は28歳と答えておいたらそのとおりにカードに記載されている。

あとは‥‥まあいいや。ハワイアンのお勉強などして、持参の100円目覚まし時計を益子焼の展示の脇にさりげなく置いて、本日終了。

2003年08月03日 12時35分30秒


2003年8月1日(金曜日、通信環境復活)。

午前6時起床、コーヒー。そんで生ゴミを提出した。妙に元気なのは昨晩の生ウコンのせい? 人体ってそんなに単純なの? いや文句はないのだが。

朝食はオムレツ、刻みキャベツ、刻みトマト、コーヒー、牛乳。


今日もURLいじりのお仕事。なんかセンスないなあ、やっぱりアウトソーシングするか。

  • 某業界団体のホームページづくりで、
  • いちおう「ほぼ固まったサイト構成」は作ってあって、
  • 内容もテキストはだいたいあって、不備のあるところは俺が作るし、
  • あとは要するにレイアウト作成がほとんど、
  • ついでに.htaccessが利用できる独自ドメインが用意できると嬉しいのでその選定、
  • 初期メンテも手伝ってもらうかもしれないけど、動いちゃえばあとは僕がなんとかします、
といった感じなのだが。誰か手伝ってくれる人っていないかなあ(←けっこうマジで書いてますけど)。

なに、どこかからソースをパクってくればいいだけの話なのだが、そんなこともしたくないし。


午前中にちょっと休憩のつもりで30分ほど横になる。ごろりと横になったとたんに口をついて出た台詞が『ああ、怠けたい』だよ、この体勢からこれ以上どう怠けようというのだこのゴクツブシめが(笑)。

今日のセンセー!:生徒7号さん3回目。

自由になりたい生徒さんである。さてどうしようかな、といろいろ悩むわけだ。なにしろウクレレの技術では教えることがなんにもない。というか、タブ譜を眺めながら弾いたらセンセーより上手いかも知れないわけだし、困ったセンセーだなあ(さすがに「困った生徒だなあ」とも書けないし)。

前回前々回はコンディションのよいtangiを持参されていたが、今日は「昔ハワイで買ってきたkelli」をお持ちでした。なんかあの斜に入った木目が気に入らないとのことだが、僕はゴルゴ13みたいでかっこいいと思うんだけどなあ。鳴りは充分で、フレットもちゃんとしている、良かったころのkelliでした(さいきんは製品毎のバラツキが大きいからね)。 というわけで今日は、「コード進行のパターンをいろいろと弾いていくことによってコード感を醸成していけば、アドリブソロなどもとりやすくなるのではないか」という仮説に基づいて、簡単な進行の曲をいろいろといじってみることにした。
たとえば、『ラストダンスは私と』の劈頭5小節(in C)の進行は、

|C|C|C|G7|G7|
といった形で構わないわけだが、ここにC→B→A→C→Bという音列を乗せてやると、
|C|Cmaj7|C6|Dm7|G7|
という進行が作れる。
あるいはC→C#→D→E→Fという音列を乗せてやれば、
|C|C#dim|Dm|Em|F|
といった進行も考えられる。最後のFをGsus4にしてやるとB→Cという音列も乗せられるなあ。
ちなみに、次の5小節の始まりは、最初の例ならG7、2つ目の例ならDm、3つ目の例ならG7ということになるのだろうなあ、といった具合にコード進行なんてある程度は自在に変更してしまって構わないわけなのね。

あるいは『花−すべての人の心に花を−』や『涙そうそう』で外連たっぷりにわざとらしくsus4を入れまくるとか、そういった芸(「芸」なんかい、そりゃ)をひとわたり演ってみて、けっこう自由にいろいろできるということを納得していただく。
そりゃまあクラシカルのほうでは禁止事項とかもあるけど、ラベルもベートーベンもけっこう無視してたりもするわけだし、なにやったって別に怪我するわけでもないんだからいいじゃん、といった感じ。ヒドいセンセーもあったものだ。

でもさあ、最初に音楽理論から入ったギター小僧なんていないわけだし、まずは実践ですよ、実践。歌本買ってきて、知ってる曲を片っ端から弾いてみてください、てなもんだ。

このへんで定刻になったのだが、後もつっかえてないこととて30分ほど雑談などする。学生時代のバイトの話とか、同級生がどうしたとか、『ブルース・ブラザーズ2000』は評判は悪いけどけっこうおもしろいとかいうウクレレとまったく関係ない話がいろいろあって、結果的に生徒7号さんはWorth Stringをワンセットお買い上げのうえでお帰りになったのでした。


今日のセンセーその後:
ウクレレ教室の様子を見に来たお客さんが、立て続けに2名いらっしゃいました。

1. 70歳くらい?の奥さま。
早稲田にお住まいで、インターネットでHawaiian Dreamを捜し当てて探検にみえた、のだそうです。IT化はまず年配層から普及していくのではないか、なんてむかし考えてたことがあったんだけどな(外出せずにいろんなことができて、文字や音声の大きさも自由にできるし、年寄りはカネ持ってるし)、ところどころ当たったかな。

それで、

いちおう弾けるんですけど指遣いとかが無茶苦茶なので、習ってみようかと。
あのぉ、センセーもけっこう無茶苦茶なんですけど。っていうか、音さえ出ればなんでもOKなんですけど。
古い歌のメロディを弾いて、合間にコードストロークが挟めれば最高なんですけど。
OK、まっかせっなさーい。なにがいいですか? 『東京ラプソディ』、『高原列車は行く』、『夜来香』、『北支那の絶唱』、いろいろありますから何か考えておきますよ。などといいながら『東京ラプソディ』のメロディを軽く弾いて見せたら、「なにもんだこいつ」という感じでしたな。今日はカンボジア製の紺色のTシャツにサングラスでチンピラ風味のセンセーでした。

奥さまは月曜日の19時からの2コマを見学にいらっしゃる。しばらくいろいろ弾いてみて、すぐできそうなあたりというと『ブンガワン・ソロ』くらいでどうかなあ。なんか準備しておこうと思う。

2. 50歳くらい?のおじさん。
7月28日の日刊ゲンダイ紙にHawaiian Dreamの紹介記事が掲載されていたらしくて、その記事を片手にいらっしゃった。というか、ウクレレを持ってにっこり微笑むナイスミドル・タクヤ店長の写真まで掲載されているのに、タクヤさんが知らないってどういうこと?

ウン十年前のハワイアンブームのころ(たぶん俺の生まれる前だな)にウクレレを購入して弾いてはいるのだが、ちょっと習ってみようかな、といったことらしい。たぶんウクレレ歴は僕の10倍強にはなるのだろうなあ、どうしましょう。

それ以前に、日刊ゲンダイを読んでいるという時点で俺の人生との接点は無いな。まあいいや、やることは音楽なんだからなんとかなるでしょう。こちらはどうやら入門決定のようで、でも日程は未定。

どうでもいいけど、タクヤさんがいちいち僕のことを「こう見えても、ウクレレは上手いですよ」というのがちょっとひっかからないこともない(笑)。
見た目は街のあんちゃんですけどね。
うぅ、言い返せない(笑)。

おカネを支払っていないもので受信専用になっていたJ-PHONEをほったらかしておいたらいいかげん怒られたもので、西新宿のJ-PHONEショップでしぶしぶなんぼか支払って(だって受信専用で困らないんだもの)、ヨドバシカメラを見学して、東中野ライフでお買い物して、ビデオRで『ブルース・ブラザース2000』を借りて帰宅。まあ教材だし。

今日のお買い物は、

  • タラモサラダ、
  • 辛い鳥スープ予定セット(鶏肉、マッシュルーム、ベビーコーン、ベビーアスパラ、タマネギ)、
  • バナナチップ、
  • エシャレット、
  • ギンザ通りの豆腐屋さんの寄せ豆腐、
といった感じ。明日はものすごく久しぶりに合唱団なので体力つけとかにゃのお。

明日は9時半池袋集合で、秩父お父さんコーラス大会。早起きせにゃあ。
2003年08月03日 00時34分13秒



get to:       りびけんの国!   虎の穴!  BBS