徒然草むしり(2004年4月)。

徒然草むしり。

毎日更新されると思ったら大間違い。
本当のことが書いてあると思ったらもっと間違い。

since from Jul.16,2002.
get to:       りびけんの国!   ウクレレ天国!   でたぜん!   BBS   納戸   西川  

2004年4月30日(金曜日、うすら眠い)。

朝5時起床。二度寝(ぉぃ)しようとして、失敗。

近所の自販機にコーラを買いに出たところで、お掃除していた顔見知りのおばちゃんと朝の挨拶。「早いね」とか言われてですね、コーラを買って帰るときに「ありがとうございました」って言われました。へえ、あの自販機っておばちゃんが経営していたんだ。知りませんでした。


夕べ寝ていて気づいたのだが。
『My Peggy Sue』(in G)を弾いていて、3小節目が「F#m」であることに
F#Φ(F#m7-5)でしたな。いかんいかん。

今日の思いついたことは全部書く:

ウクレレで『Take the 'A' Train』を弾いて、Uke Ellington。くだらない。

アジャスタブル・ポップアップ・トースター。 今日の買い物:

というわけで、従姉妹の結婚祝いを探して伊勢丹へ。

父に相談してみたら「傘なんかどうだ」って言うのだけれども、僕は所有物としての傘にあんまり価値を認めていないんだな(あんなものはパブリック・ドメインにしちまえばいいのだ)。よく無くすし(笑)、却下。

到来物の伊勢丹の商品券を握りしめて、どうせ到来物だからってんで「分とく山」でお昼御飯など。
nike vapor trainer さて、チタンの中華鍋なんかどうかなと思って探してみたんだけど、無いねえ。やはり伊勢丹に合羽橋を期待しても無理があったか。それで、ふと見かけた「コンピュータ制御のトースター」というのが面白かったし、値段も手頃だったのでそれに決定。とりあえずいろいろ工夫があって楽しいし、とりあえず「インパクトがあって家に居座るもの」というコンセプトにも合っているし、よかったんじゃないか。

ついでに、安売りの運動靴も買ってみて、と。


朝にもシャワーは使っていたのだが、ひとまわりしてみたらまた垢っぽくなっていたもので帰宅してお風呂。まあこれからセンセーだしな。

それで張り切って家を出てサイゼリアあたり(ドリンクバーが250円なんだな)で譜面を書いていて、隣席の幼児にちょっかいを出していたら水をかけられた。いいんだけど、ズボンずぶ濡れだもんで、新宿南口のGAPでGパンを買う(経済的にはちょっと痛い)。

あとそのへんでラーメンなど。


今日のセンセー!:僕の年齢を疑っている生徒18号さん17回目。

そろそろシメに入る。いや、ヤキ入れるわけじゃなくてクロージングのことですよ(マジで誤解されそうだからな、このセンセ)。
チューニング。
音叉を出してきて、4弦を合わせて、と。それから各弦の関係を調整していく方法をちょいと指導。なんか忘れてるしぃ(笑)、まあ最初に教えたのは8か月前だから、しょうがないか。ついでにチューナの使い方もちょっとやって、これは宿題だなあ。
シメなのだから、演奏以前にチューニングは独力でできないとマズいわけなので、という次第。

『Close to You』
ウクレレ端午の節句。

5月5日の『端午の節句』の演し物ですね。
いい感じで仕上がっているところに、僕の伴奏をちょっと反則気味で入れてみて戸惑わせて遊ぶ、ような感じ(おもしろいセンセーだと思うんだけどな)。ステージに向けて「立って歌う演奏」と「暗譜」も演ってみました。

『Over the Rainbow』
ここんとこあんまりネタをお渡ししていなかったもので。これは弾き方をひと通り教えて、後刻歌詞をメールすることにして、と(帰宅次第に実行。たまに仕事早いぞ俺)。

『涙そうそう』(in Fのソロ譜)
んー、音がぷちぷち切れるのをなんとかして、指遣いをところどころ、あと全体の構成で「ここ盛り上げて、ここで落として」、みたいな感じ。
たぶん小指使いまくりだからなのだろうが「親指の腱がつる」感じでチカラ入りまくりなのは、まあ「馴れ」なんだろうなあ。
あと、
  • 「韻」の話(頭韻と脚韻、韻文と散文、オールド・アメリカンやマザーグースにおける実例、など)とか、
  • コードネームの話とか、
  • 難読漢字の話とか、
  • 日本の歴史の話とか(将軍家の発祥とか朝廷の歴史とかそんなん)、
まあいろいろ。雑談やんけ、それ。

とっとと帰宅して祝杯。

明日は、
薬王院に牡丹を見に行くとか、そんな感じ。ヒマなの?

2004年05月01日 00時24分00秒


2004年4月29日(木曜日、びんぼー)。

ANSの西川シール。ウクレレのケースに貼ってみました。 ザ・ナンバーワン・バンドの『もも』を手に入れたので、とても嬉しい。『My Peggy Sue』はここ数年の「歌いたい歌ナンバーワン」だったしな。

朝、てきとうに起床。どうでもいいや。

とりあえずコーヒーとバナナチップで本日のスタートでーす。


昨日の西川の落ち穂拾い:

  • 終了後には壊れた元締と宇田川町の「戸炉や」で軽く飲んだのだが、俺ってば焼酎8杯に生ビールくらい飲んでるんだな。軽いのか、これ。あとポケットから「お持たせ」のエイヒレが出てきた。炙って晩酌でもしましょうかね(ちなみに、やっぱりボトル入れたほうが安かったと思うぞ)。

  • その戸炉やさんで、さきにお帰りになる隣席のお客さんから「これどうぞ」ってんで「千円割引券」を頂戴しました。「これ、千円で買わなくていいスか?」みたいな感じで呑気な渋谷である。でも女連れでもないとそうそう行かない店ではあるのだが(さいきんバッキーばっかりだし)、とまれありがとうございました。

  • とかいう話は措いといて、やはり昨日の終了後に、当日券売場の前に茣蓙敷いて「明日の当日券」待ちで並んでいる若い人たちがいらした。ちょっとNHKの当日券事情など教えてあげて(内部にいたことがあるので、ちょっとだけ詳しい)、自販機とコンビニの場所くらいは教えてあげて、と。ゆんべ寒かったみたいだけど、みんな生きてるかなあ。

  • 昨日のお席はオーケストラピットの「上」だったんだけど、お客さんが飛んだり跳ねたりすると「床板」が揺れるんだよな。板子一枚下は5メートルなんですけど、なんて思ってちょっとだけ怖かったかも。たしか岩城宏之だかが落ちてケガしたことがあるよね(チャプリンもそうだったっけか。思い出せない)。

  • ライブではツインリードもチョッパーも誰も聴いちゃいないんだよな、もったいないオバケが出るぞ(笑)。というわけでときどき「やまだー」とかいう掛け声をかけていたら元締が「山田はいいから」と言うもので「だって山田がいちばん働いてるんだからさ」と言い返したら、隣の席の姉ちゃんにウケてましたな。

  • その山田さんのベースだが、記憶をいろいろたぐると、どうやら「ATELIER Z」(あとりえじー)だな。山田さんだけワイヤード仕様だったんだが(他のギターはワイヤレスです)、ステージをあっちこっちするときに柴崎さんがそのシールドを踏む踏む。見ていてはらはらしましたよ。

  • 柴崎さん(よし、名前覚えたぞ。苗字しか判らんが)の脇に「スタンド付きのギター」が立っていてですね。「スタンリー・ジョーダンでも演るのかな(これ、誰にも判らんな(笑))と思っていたら、フラメンコっぽい生ギを弾いていましたね。実はアコースティック・シミュレータあたりで構わないと思うのだけれども、真面目な人だなあと思ったことでした。

  • ときどき、西川の歌に小さくハモりが被るのだが(あっ! これが「chorus」のフェーダーだ! たぶん)、たぶんSupershifter系のディレイかなんかを使っているんだろうなあ(武道館公演でのエルトン・ジョンがマッキントのアプリを使っていたと記憶する)。でも「キー指定」とかいうレベルだと浅倉さんの曲にはぜんぜんついていけない予定なので、いろいろ難しいことをしているんだろうなあ(松武秀樹さんみたいな人がいるのだろうか)。
    さいきんの機材のことはよく判らないのだが、大したもんだとは思う。
  • 判る人にしか判らない「野郎チェック」の話なんだが、
    西川「野郎いるかあっ!」
    俺「いるぞぉ!」
    (一拍おいて)他大勢「おーっ!」
    ってな感じでタイミング俺だけズレまくり。どーでもいーんだけど。
  • 関係者に告ぐ。よしよしされていたのは俺だ。
    ふふん(鼻で笑う)。
  • リニューアルされたドラムスの人(ごめん、名前判らん)は、オカズの入り方も特殊だし、かなり気に入りました。たまにずうっとタンバリン踏んでたりするしな、好きなタイプです。
    そういえばシェーカーの「裏」が入っていなかったような気もするのだが、まあいいや。あれは「中身の砂の気持ちになって振る」ことが基本なのだそうだが、という話を元締にしてみたら、やっぱり理解してもらえませんでした。

  • 女子短大生のトモミちゃん(18歳)は、シアワセな大学生活でなんか太り気味なのだそうな。アイカタのケイちゃんは就職して(パテシエ志望だそうです)やつれていて、コンビとしての重量は変わらないのだそうです。どうでもいいなあ、この話題。
    あ、そうだ。同居しているおばあちゃんが「西川さん」という名前を覚えていて、「今日は西川さんだったのかい?」みたいに話すものでT.M.Revolutionが「単なる知り合い」みたいな感じで家庭内で流通しているのだそうな。いい話だ。
    それで、おばあちゃんがT.M.Revolutionグッズのバスタオルを愛用していて、湯治とかに持っていっているらしい。俺は応援するぜ>>婆ちゃん。
ひしひしと予感がするのだが、まず間違いなく元締から「なに書いてるんだか判んない」っていうクレームが入るな。知らんよ。

今日の警察沙汰:

一昨日の晩だったかに酔っぱらって拾った鍵束を届けに、中井の交番へ。あれ? 人がいない。備え付けの内線で連絡してみたら、「いま人を向かわせますから」ってことで、しばらく待つ。どんな顔して待ってりゃいいんだろう。近所のTSUTAYA前の自販機でお茶など買ってきて、しょうがないから交番の椅子にふんぞりかえって待つことしばし。

パトカーが来ちゃったよ、まいったねしかし。


今日のお買い物:

また東中野ライフで野菜を物色しているサングラスのあんちゃん。
そのあんちゃんに「これは紫蘇の葉ですか?」と尋ねるリタイアふうのじいちゃん。「大葉」は正確には「青紫蘇」なんだけど、まあ構うまい、「そうですよ」とお伝えして。手にしているメモを点検してあげたかったんだけど、なにごとも勉強だしな。
  • ツナミ菜、
  • ポテトサラダ、
  • 鶏肉(コマ)、
  • 寄せ豆腐、
  • エシャレット、
  • 豆乳、
といったところ。あと商店街のおいしい豆腐屋さんでアツアゲ。
レジで、
お姉ちゃん「2,002円のお預かりです。(カチャカチャ)あ、間違えちゃった」
俺「黙ってりゃ判んないのに」
無駄にウケてしまった。

今日の「ウクレレ端午の節句」:

ウクレレ端午の節句。

ふと気がつくとあと1週間ないねんな。どーしましょ(いーかげんな(笑))。
とりあえず手順だけ出しておこうかな。
  • 基本コードのタブ(8種類くらい)はコピーしておく。
  • 『世界にひとつだけの花』のコード譜は作っておく(デカいの)。
  • 同「歌詞」も違法コピーしておく。
  • 同「リフ」のタブも作っておく(そのへんにいる人に弾かせる用)。
  • A3くらいで「コード譜の素」も作っておく。
  • ベースの山田くんに連絡しておく。

  • 山崎規夫には連絡はしないが、当日引っ張り込むこと。
  • Hawaiian Dreamにウクレレとシンセを持ち込んでおくこと。
準備は、1時間もあればできるな。たぶんなんか忘れてるけど、まあなんとかなるでしょ。

今日のイチャモン:

週刊文春を読んでいたら、猪瀬直樹の連載にあった「判官贔屓」という語に「はんがんびいき」とご丁寧にルビが振ってあった。それってば九郎判官ねっか、猪瀬直樹も、どってことないな(って編集がやったんだろうけどさ、責任者は筆者なわけだし)。
ニュースで読んだのだけれども、アインシュタインの晩年のカノジョ(故人)の日記が出版されるらしい。
他人の日記を勝手に読むのはよくないと思います(公開している場合を除く。あたりまえか)。
ライフのレシートに、購入した記憶のない「メンタイサラダ」の記述があったもので、問い合わせてみる。
ふむ、「大根と水菜のサラダ」の誤記らしいんですな。まあ文句つけるほどのことでもないけど。

夜半に『My Peggy Sue』(in G)を弾いていて、3小節目が「F#m」であることに、20年目にして気づきました(ずうっとAmで弾いてました。まあ小学生のやることだから)。
  • なにしてんの儂、
  • こういうのが楽しい、
というのの両方だな。

明日は、
昼から従姉妹の結婚祝いのお買い物。なんでか家族総出に付き合わされて、どうやら俺の目利きに期待されているようなのだが、なにか誤解があるような気がする。
そういえば中野郵便局で不在郵便物も回収して、と。

19時からセンセー前に沐浴すること。なんで? 神聖な教室だから(ほんとかよ)。ほんとだよ、センセーの日はモモシキだって禁止なんだからさ(これはほんと)。生徒18号さん17回目は、『Close to You』のリハーサルと、『涙そうそう』のソロのおさらい、あとチューニングの復習ってところかしらん。卒業間近で気合いも入ろうってもんだ。

長期計画を書いておくと、ゴールデンウィーク含めて当面の予定、ほぼ無し。手帳まっさら。


あれ? 明日の動線が判らん。とりあえず手帳にパスポートを挟んで、と(なんでなわけさ)。

2004年04月29日 20時07分29秒


2004年4月28日(水曜日、T.M.Revolution)。

好きなボーカリストって少なくて、とりあえずボブ・マーレイとミック・ジャガーは部屋を暗くして聴くと凄いと思う。ビリー・ホリデイとジャニス・ジョプリンとは別格としてだな。

昨晩は予習で西川を聴いていて、「ああ、この人は一所懸命歌っているんだな」というのに気づいて元締にそう言ったら「あたりまえじゃないの」って一蹴されたのだが。俺も歌手だから一生懸命歌ってはいるんだけどね、まあその。つまり「気合い」か。


今日の西川:

書かないと怒られる。

というわけで、いつの間にかNHKホール前にいるわけだな。


元締とトモミちゃん(女子短大生)がいて、トモミちゃんのお母さんが渋谷駅からこっちに向かう、予定なのだそうな。お母さんはハチ公を目当てにして渋谷に出てきて、以前にもNHKホールにはきたことがあるので大丈夫だろうとのこと。
前に来たのは、松山千春だそうです。
おーい、それって1980年ねっか。ハチ公の位置も1989年に西に動いてるぞー。大丈夫かー。

というわけでトモミちゃんとお母さんとの電話連絡をハタで聞いてたら、 0

  1. なんかハチ公前でタクシーを拾うとか(逆方向やないけ)、
  2. タクシーが拾えなかったから丸井のほうに行けとか(それ指示になってない)、
  3. なんでか電力館の前を歩いているとか(行き過ぎやんけ)、
スリル満点。

けっきょくグッズ目当ての元締がホールに駆け込むのを片目にしながら、お母さんが到着するまでトモミちゃんとホール前で張り番(笑)。いやあ、一時はどうなることかと思いました。


今日のお席は、ステージ前の2列目。平たく言うとオーケストラ・ピットを潰した上、だな。近っ。

とりあえず席にウクレレを置いて、最後列まで戻って、警備の人に思いっきり睨まれながらもミキサー卓を見学させていただく。
ふむ、64チャンネルくらいあるうちの20チャン近くがドラムスになっていて、どうやら部品ごとにフェーダーがあるみたいな感じ。それにしてはギターは各1チャン、ベースが2チャンだったかなあ。たぶんそのへんは手許いじりということなのでしょうか。あと「Chorus」という付箋の貼ってある用途不明のフェーダーがあったんだけど、なんだったんだべ。
隣にやはり幅をとったブースがあったのだが、あれは照明用なんだろうな。


席でうすぼんやりとしているうちに、5分押しくらいで開始。面白かったよ。

そんなんでまとめてどうする。


というわけで、まずは楽器の話。
  • 新人のギターの人は、あれはスティーブ・ルカサー・モデルなんじゃないかなあ。トレモロ・アームが付いていたけど、使っていなかったような気がする。

  • ドラムスはパールのツーバスで、まあ部品が多いこと多いこと。シェイカーからタンバリンまでありましたからね、それでけっこうトリッキーなオカズを入れてきてくれるもので気持ちいい。
    カーテンコールで、イヤホンを外してましたな。あれがティックだったんだろうなあ。

  • スナオさんはストラトっぽいギターで、ワウとボリュームのペダルは使っていたと思うの。

  • 西川さんのギターは、なんか薄いアコと厚いアコがあって。

演奏のほうは、ギターさんが増えたぶんだけシーケンサが減るかと思ったらそんなこともそんなにはなく、
でも、
  • ツインリードのハモりが増えていたりはした。誰も聴いちゃいねえ(たぶん俺だけ)。
  • ツインリードのバックのコードを西川が一人で支えていたりもするのだが、誰も聴いちゃいねえ。
  • ドラムスと山田さんの4barsで山田さんがチョッパーをカマシっ放しだったりするんだけど、誰も聴いちゃいねえ。
まあ、そんなもんだ。
なんせ前から2列目だもんだから、西川に近いこと夥しい。西川としてはなんとなく隣の元締に目配せしつつ、だな。いや、私は目撃しました。

ラストあたりで山田さんがひょいとピックを客席に放って、目の前の席のお姉さんが拾っていました。見せてもらったら、ふつうに「フェンダー」って書いてあったなあ。山田さんがピックを使ったのは1曲目とアンコールの2曲だけだから(なんで使ったんだろう)、「もういらない」ということなのだろうが、ちょっと欲しかったかも。


壊れた元締とちょいと飲んで、帰宅。

明日は、
なんもなし。
2004年04月29日 03時34分31秒


2004年4月27日(火曜日、振り上げたコブシ)。

昨日はF#mΦと書いたのだが、F#Φの間違いですね。単純誤記ゆえご容赦願いたい。弾いてりゃ間違う筈もないしな、どうでもいいことだ。開き直るな。

てきとうに起床、コーヒーとバナナチップ。

『笑っていいとも』を眺めていたら堺雅人が出てきて、ずうっと「木瓜(ボケ)」の話をしているのかと思ったら「苔(コケ)」の話でした。どうもテレビと噛み合わないと思ったわい。高いところから言うな。


なんとなくTVを点けていたら、テレ東の『スーパーマン』の次が午後ロー『ファイアートラップ』だった。主演は両方ともディーン・ケインで、まさか日本のお昼を3時間も席巻しようとは本人も思っておらなんだろうなあ。知り合いみたいに言うな。

所用で池袋に行ったのだが、実はどこに行けば判らないことが判ってすごすご帰宅。なにしてんだ俺。

帰りがけのTSUTAYAで『SCORE』(邦版のほう)のビデオを300円でゲット。嬉しい。
ついでに鳥一でレバーを買って帰って、皿に載せて切って食う。けっこう幸せ。スプラッタだが。

明日は、
西川。前から2列目。
2004年04月27日 21時24分22秒


2004年4月26日(月曜日、なんかダメ)。

ところで、「オンナの趣味が悪い」のと「オンナを見る目がない」のとの間に、どんな違いがあるのだろうか、という問題にさっき気がついた。そも俺に惚れる時点でカノジョの「趣味が悪い」か「見る目がない」ことは判っているわけでさ、あーもうどうでもいいや。なるようになるよ。

いや、現状でそういう話があるわけではなくて、だな。なにイイワケしてんの俺。


朝、てきとうに起床、コーヒーとそのへんにあったパンとか。
なぜ僕は毎朝お洗濯をしているのだろうか。

昨日の落ち穂拾い:

昨晩のThumbs Upでは、Hai'ine→Medipacks→飛び入り松本ノボル→タマシロときたわけだが、
  1. Medipacksの熊は「Hai'ineに喰われた」と言っていて(異種格闘技なんだから勝ちも負けもないと思うのだが)、
  2. タマシロマーケットは「Medipacksに喰われそうだ」と言って緩衝材に松本ノボル師匠を挟んだ、
ということは結果的にHai'ineの圧勝ということなのか? いやまあ勝負は勝ち負けではないのだが。
そういえばタマシロのかたが僕の名前をご存知だったのだが、あれ? なんでやろ。どこかで接点があったかしらん、ちょっと記憶にないのだけれども。
まるみさんも来ていたらしいのだが、さっきまで気づいていませんでした。あれがそうだったのか。
マチコちゃんも来ていたような気がするのだが、それにしては静かだったなあ。

どうでもいいけど、梃子の原理を考えないマイクセッティングが多いものだから、演奏中にマイクがどんどん落ちていくのはちょっと気になるなあ。ちょいとバラストを噛ませば済む話(あるいは力学的なことをちょっと考えれば済む話)なのでちょっと残念かも。


昨日の怪我自慢:

ああ見えても熊はいい奴だ。信じられないだろうが、俺も正直者だしな。
もう治ったけどね。 熊「右手見せてみろ」
俺「はいよ」
熊「うわ」
アジロン「どうしたんスか?」
俺「石段から転落して右手潰しましてね」
熊「医者は」
俺「行かねえよ、マキロン1発ありゃなんでも治る」
ア「楽器は弾けるんですか?」
俺「いやあ、スタジオ入って調子こいてピアノ弾いてたら手ぇ腫れてやんの(笑)」
熊「医者行けよ」
俺「左肘のほうが治ってないみたいでな、コキコキ言うのよ」
熊「医者行けっ!」
俺「やだ。注射きらい」
いかにもバンドらしい会話で好ましい。

今日の午後ロー:

テレ東午後ローは『ブロブ』。ブロブさん(でっかいスライム)が大暴れする話で、大好きな映画。

脚本がフランク・ダラボンでな、この怪獣映画とか、あとはクローネンバーグとスティーブン・キングの専属脚本家みたいだった奴(『フライ2』、『ナイトシフト』、あと『エルム街3』とか)が『ショーシャンクの空に』を撮ったときには快哉をあげたものだが、ここんとこの仕事が『華氏451度』と『M:I-3』と『インディ3』と『コロテラル』って、なんか退化していませんか?

ついでにクレジットを眺めていたら、「ブロブの飼育係」とか「ブロブの人形係」とかいう人がたくさんいるのね。映画って面白いなあ。


今日のヒマネタ:

藤田田氏、死去。「ハンバーガーで日本人を金髪にする」っていう宣言をなんでか実現させてしまった偉人だ(さいきん俺まで染まっている)。合掌。

僕の家の近所はけっこう猫のおおいところなのだが、さいきん猫さんたちの目つきがよくない。見た感じだと「眉間に皺」というか三白眼というか、愛嬌というものが感じられない。なにか猫界にあったのだろうかしら。

東急ハンズにちょっと寄って、仕事場の社長椅子修繕用のネジを物色する。


今日のセンセー!:生徒34号さん8回目。

19時からの生徒さんはちょっと遅刻なさって、待っている間にお客さんと店長と、カスタム・オーダーの話などする。うひゃ、注文入っちゃったよ、テナーのカーリーコアのカッタウェイのイコライザ内蔵の自社ロゴインレイ入りのフェンダー・タイプ・ヘッド! 1年待ち! 楽しみだなあ、僕のじゃないけど。
といったところで生徒さんが到着したもので、初対面のお客さんにいきなり頼んで、ちょっと演奏などしていただく。
センセー「こちらは始めて3か月くらいで、ほぼ僕の演奏しか聴いたことがないもので」
お客さん「いいですよ」
セ「じゃあ、僕はタバコを喫ってきます」
お客さん「なんですか、そりゃ」
凄い教室もあったものだが、5本の指がそれぞれ独立して動く右手と達者な左手で、僕とはぜんっぜん違うものを弾いていただきました。よし、ありがとうございました。
お稽古のほうは、まずは『Over the Rainbow』(in C)のコードストロークで、けっこう宅練してきてくれたみたいで、ところどころひっかかるくらいかな。Dm(0122 or 3122)→DΦ(3121)、F#mΦ(0202)→B7-9(3232)のあたりは小指を入れる押さえ方を指導して、あとはもうちょっと馴れること、かな。センセはメロディを入れて合わせてみて、たぶん次回くらいにはこれはお終い。

『涙そうそう』(in Fのソロ)は「ややこしい」とか言いながら指遣いはできていて、でも音の出があまり芳しくないのは、「中指の腹が隣の弦に触れてしまう」のと「1フレットの押弦位置がもうひとつ」なのが原因なので、そのへんだけ指導。これで全部の音がきちんと鳴るようになれば、当初の問題はほぼ解決することになる。

あと『Crazy G』で、やはり中指の腹をちょいといじって、と。


次回のお稽古の予約なのだが、
34「5月の14日は」
セ「仏滅ですね」
34「じゃ、やめときます」
へえ(笑)。いろいろあって、「先勝」でカタがつきました。

東中野ライフでちょっとお買い物。お勘定が2,001円でした。なんとなく嬉しいような。何故でしょう。

今日のイチャモン:

『キーボード・マガジン』誌の特集が「Queen」なんだが、俺ってばどっちかというとジャケットに「No Synth」って誇らしげに書いてあった初期のQueenが好きなんだけどね(だから「The Game」でお終い。ボコーダー? 目溢ししてあげようよ)。まあいいんだけど。

今日の新しい知人:

ロックつながりというわけではないのだが、岡山のウクレレ弾きのかたから、「ウクレレの先生がロックバンドをやっていて、こんど東京でライブをやるんですが」というメールを頂戴する。残念ながら当日は授業があるので行けないのだが、イアン・ギランでイングベイ・マルムスティーンでウクレレって、それ俺じゃん(笑)。

ちっきしょう、行きたかったな。4月30日(金曜日)、目黒のLive Stationにて『SOLDIERS OF FORTUNE』公演、お楽しみに。


今日の社長椅子:

たしか3年くらい前にも「仕事中にいきなり椅子がバラバラに崩壊して僕がひっくり返る」という事件があったのだが、騙し騙し使っているんだな。今回は肘掛けのネジが折れやがって、なんかぶらんぶらんしたまま半年くらい放っておいたのだが、そろそろね。

当該ネジを1本抜いて、東急ハンズの5階でいろいろ物色。原作はトラスタッピングみたいなもんなんだが(なんで木材に使うのよ)、既に穴はあいているのだから長と径が似ていればなんでもいい。
けっきょく「径が微妙に太め」なトラス小ネジを購入したのだが、ひょっとして蝶ボルトのほうがよかったのかなあ。まあ帰宅して締めてみたら締まったから、これでいいでしょう。

ほんとは座面も張り替えなきゃならんのだがなあ。なに、ウレタンと布とステープル(配線用のやつで構わんだろう)があればすぐできるのだが、我慢してできないこともない程度にヤレちゃっているもので、微妙だなあ。


今日の晩飯:

鮎(半額でした)を塩焼きにして、ししとうの塩焼きを添えて、あとはポテトサラダと寄せ豆腐。
これって晩飯か? 完全に「ツマミ」なんですけど、いいのかそんなことで。

明日は、
オハナの練習に行ったり行かなかったり。
ウルトラQは録画すること。
あ、あれのご請求書を出さねば、いかんいかん。
2004年04月27日 00時02分48秒


2004年4月25日(日曜日、「できる」にも「できない」にも理由はない)。

ハモニカ 朝8時起床、快調。

昨日発送したハーモニカなのだが、よく考えると4本で10万円くらいすんねんな、ふつうに買えば。
修理代金っておいくらくらいになるのかしら。スライドレバーはプレートとの距離調整くらいだし、リードはCX12だから替えやすい筈だし、そんなにはしないと、いいなあ。


朝、まずポカリスウェット。

それからサンクスでコーヒー牛乳(元雪印)とサンドイッチと、なんか栄養ゼリー。
それでお洗濯しながらコーヒーも淹れて、と。


今日の横浜:

ちょっとパシフィコの知り合いの仕事場に顔を出そうと思って、早めに横浜へ。なんせアイカタがまさぜんだもので、ものすごくいーかげんな格好で。仕事絡みだから珍しく素通しメガネ(サングラスではない、というほどのことです)。東中野駅へ向かう途中で実家の父に電話して路線をきいてみる(ヘタな検索より確実なんだな)。

パシフィコの仕事場は年中無休ではあるのだが、いつ行っても面子が変わっていない。ちょっと怖くなったもので、挨拶だけして早々に退散。

あとはメシだな。横浜はほんとうに食うところがない(とまさぜんも言っていた)。希望としてはたとえば1,200円くらいの蕎麦を閑散とした蕎麦屋さんで喰いたい、くらいの話なのだが、どこに行っても人がごっちゃりいてですね。高島屋と三越(だったかな)を廻って、ついでにシェラトンもダメで、シェラトンの入口の回転ドアの停止表示が表裏逆になっている(「停止中ですので左へお廻りください」って言うから左に行くと壁にぶつかるんだな)のをベルさんに教えてあげて(なにしとんねん)、と。

それでも頑張るとなんとかなるもので、ちょっと町外れのほうで「さんたて」という阪神の投手陣が泣いて喜びそうな名前の蕎麦屋さんを発見。つけとろのせいろが1,300円で、かなり美味しい。当然のように山葵お代わり、つゆ追加、お茶お代わり、お水もちょうだいって感じで居座って、そうこうするうちに時間だな、そろそろ。

近所の楽器屋さんをいちおう廻って、メタルのピックを買いました。


今日のパヒヌイ:

パヒヌイ。 16時くらいにまさぜんと待ち合わせて、Thums Upに乗り込んで居座る。さきに結果を書いておくと、ビール2パイント、ワインのボトル2本、ウイスキーだのバーボンだのが数杯で勘定が各々5,000円くらいってとこか。ちょっと飲み過ぎ(フィジカルな話ではなく)。

そんでバンドたくさん。

旧知のHai'ineは、なんかちょっと安定してきちゃったような気もしないでもないが、それはそれで楽しい。赤いほうのベースラインになにか工夫があったような気もしたのだが、気のせいなのかもしれない。どうでもいいけど、本番前にクマケツつかまえて「ずっと指さして笑っていてやる」とか言わないように>>俺。ごめん。

熊。 熊のメディパックスは、まあ反則でしたな。お姉ちゃんが出てきた時点で、財布の中を改めちゃったもん。追加料金いくらでしょう、ってなもんだ(笑)。このお姉ちゃんの歌が凄かった、ビリー・ホリデイがミニのチャイナドレスで腰振りながらマリリン・モンロー歌うんだぜ、反則だろうそれは。なんかの折りには紹介してくれって熊に頼んじゃったよ俺。

そういえばお茶ukeのマチルダとじゅん吉が来ていたのだが、俺に気づかない。「サングラスじゃないから気づきませんでした」って、そりゃあねえだろう。次回からサングラスだけ出向させましょうか?

終了後の宴会にちょっとだけ混じって、久し振りに熊とセッションなど。『地球防衛軍のテーマ』、『赤色エレジー』、『Crazy Little Thing Called Love』、『ゴジラ』、『Smoke on the Water』、『鬼太郎』とまあその。熊に「なんで弾けるんだよ」って言われたのだが、弾けるものはしょうがありませんね。どだい、「弾ける」のにも「弾けない」のにも理由なんかあるもんか。

僻地に住んでいる熊に付き合って、早めに離脱。案の定中目黒あたりの連絡がなくて、E電でてきとうなところで解散、僕は帰宅して沈没、と。


明日は、
19時からセンセーで生徒34号さん8回目は、前回お渡しした『涙そうそう』と『Over the Rainbow』を診て、その具合でまた考えるだね。
2004年04月26日 01時48分31秒


2004年4月24日(土曜日、「こんな筈じゃなかった」‥‥どんな筈だったんだよ)。

朝8時起床。なんか瘧がくるような具合の悪さになにかと思ったら、お腹が空いていたんですね。家を這って出て近所の自販機で「プリンの缶詰」というのを飲んで、さらに這ったままサンクスまで行って菓子パンとお茶など購入、なんとか人心地。

ちなみに、「君はオンナの趣味がよくないよ」ではなくて、「君はオンナを見る目がないよ」なのだそうです。

いちだんらく。 おかしいな、昨日お洗濯したばっかりだっつうに、なんでこんなに洗濯物がたまっているのだろうか。いやまあ、洗うけどさ。

どうでもいいけど、生協の鶏肉はライフより1段(鳥一からだと雪崩的に)落ちるなあ。煮物の「アツアゲとハッパ」だけ喰っているような次第。ダシも出ないし、困ったなあ。


今日のウクレレ:

うーん、なんかまた奏法が変わってきて、親指のアルアイレが増えてきた(つまり2-4弦のアポヤンドが減ってきた)のはある意味でいいことなんだろうけれども、滅多矢鱈と凶悪なストロークも開発してしまって、ボディ割れそうですよ、どうしましょう。

具体的には、フォアダウン→サムダウン→サムアップの3連ストロークに3-5指のダウンが加わって、アップのときに5本指がボディを叩いていくという。まだ開発途上なんですけど、そんなことしてどうすんのよ、俺(笑)。しかも「音」としてはウルサイだけ(爆)。


ここんとこの課題:

  • midiやってない(ぉぃぉぃ)。
  • 最後の「CX12」がお釈迦になりました。いよいよ10holesさんにメンテを出さないとどないもこないも。
  • CDデッキをクリーニングしないとなんにも聴けない。
  • ティッシュペーパーも買わないと。
  • トラヴィスとっつぁんの振込もあるなあ。あと酒屋の手配。 りびちゃん。
  • そういえばいいかげん冬物(セーターとか、今年は巻かなかったマフラーとか)も洗わないとなあ。
生きて行く私。
今日のニュース:

このバカ犬、「りび」って言うらしい。

昼、代々木駅前の「大戸屋」で親子丼。親子丼のくせに胸肉を使っていたのがちょっと残念、やはり親子丼といえばモモ肉でしょう。
修理伝票付きハーモニカ。 早めにHawaiian Dreamに着いて、ちょうど到着しているウクレレをくるんでいたエアキャップ(って言っても判ってくれない人が多いのだが、「病院の待合のひまつぶし」のことです)を貰って、持参の「壊れたクロマチック・ハーモニカ」を4本ほど梱包して名古屋の10holesさんに宅配便で送る。

症状は、

  • リードがそこここで折れている、
  • スライドレバーの調子がヘンで息もれする、
  • 珍しく半音くらい上がっちゃってるリードが1本、
といった感じ。Eがちょっと折れてるのは、昨年正月にフィラデルフィアでやっちゃったやつだな。

今日のセンセー!:17時から、生徒23号さん18回目。

3クール目終了なのだが、また更新なさるのだそうで。おーい、ネタないぞー。冗談はさておき。

ネタ帳を眺めながら、『小さな竹の橋』、『Lovely Hula Hands』、『Pearly Shells』といった感じで、今日はコードストロークってことだな。センセは適当にメロディを弾きながら、主として左手の運指を指導。

  • Dm→Dφ(3121)とかF(3102)→Fm(3101)あたりの「ちょっとややこしい」ところでどうにも力んでしまう。
  • 同箇所で手首がうまく廻らない。
  • D7(3222)のセーハがどうしても人差し指になってしまう(この場合は中指のほうがいろいろ便利だと思う)。
といった感じかなあ。23号さんの学生時代のハワイアン・ブームの話などもうかがいつつ、のんびりと。
今日の延長戦:

18時からの生徒さんがいきなりキャンセルになってしまったのだが、18時から見学さんが予定されているんだよな。生徒さんがいないとセンセーはただのウクレレ弾きなので、23号さんにお願いしてちょっと居残っていただいて、と。

というわけで『涙そうそう』(in Fのソロ)、『FFT』の追っかけ、といった感じで。あとは23号さんが見学さんといろいろ話しているうちに入門決定! って2週連続で23号さんの見学さんが入門してこれで生徒38号さん誕生! そんなことでいいのか。


こんとん館に行く心算だったのだが。

KAWAIHAEのチケットを買いにきたお姉さん(知らない人)が「アルタまで行きたいのだが道が判らない」とおっしゃるもので、まあついでだから高島屋脇を抜けて、キルトの話などしながらご案内する。

ついでにアルタまで来ちゃったものだから、裏のクロサワ楽器さんに寄って、店長に先日のMANAペグのお礼など申し述べて、と。

そうするとつい流れで西武線に乗っちゃって、中井まで帰ってきちゃったりして。

それで小腹が空いたものだから、つい。気がつくと「さらせん」でブルースを弾いている私なのでした。なにしてんの。


明日は、
パヒヌイ。 あーあ、せっかく横浜まで出るのにアイカタがまさぜんかよ。がっかり。いや、俺から「正直」を抜いたらなにも残らないからなあ、悪ぃな>>まの字。

近場の女生徒さんでも誘おうと思っていたんだけどなあ。意気阻喪。

って関係者に言ったら「そんなんだったら来なくていいよ」って言われたんだけど、だから問題なのはアイカタなのであって、ステージそのものは楽しみなんだってばさ。とか書いているとこんどはまさぜんが「じゃあ行かない」とか言い出すと泥沼で面白いぞ(笑)。


2004年04月25日 10時09分26秒


2004年4月23日(金曜日、君はオンナの趣味がよくないよ‥‥あたし以外)。

いちだんらく。 朝8時起床、コーヒーとヨーグルトと豆乳。なにかが偏っている。

体調は充分。体脂肪率も昨日は21%を切ったしな、『大アマゾンの半魚人』も『少林サッカー』もビデオが手許にある。よし、Life goes on.
どうでもいいけど、『少林サッカー』観てのべつボロ泣きしてるのって世界中で俺だけなんだろうなあ(笑)。しかもよく観るとオチつけてるのは太極拳だし。

あとは気合い入れてあれやってこれやって、と。


今日の暇つぶし:

トラヴィスおじさん。
トラヴィスとっつぁん歓迎会の演し物を考えてみる。
アメリカ人の知っている日本のものというと、『スキヤキ』かあ。これはブルーズバージョンでびっくらかし、と。
それから『ラストダンスは私と』はいくらなんでも知ってるだろう(Ben E.Kingだよなあ)から演ってみて、インチキビブラートを「ジャパニーズ・スタイル」とか言い張って、あとは本場にぶつけるブルーズで『君にあえてよかった』を演って、余裕があれば『コーヒー・ルンバ』ってとこかしらん。でも『花』とか『島唄』も演りたいような、ってどうして沖縄に飛ぶのだ私は。

『端午の節句』の演し物を考えてみる。 ウクレレ端午の節句。
子ども相手ということは考えないで、でもまあ「初心者相手」(あっ! 初心者って言ったっ)ということでだな、ものごっつややこしいことしたろうかしらん(笑)。

そのまえに講座ネタを考えなきゃいかんのか。とりあえずスリーコードあたりを教えておいて、曲はどっさり出すような感じでどうかしらん。


今日のセンセー!:

こないだは『Close to You』で「こことここが韻を踏んでますね」って言ったら「韻ってなんですか?」って聞かれたもので、なんか解説できないかな、なんて思って苦吟しているのだが。
『Close to You』なら、
Why do birds suddenly appear
Every time you are near?
とか、
Why do stars fall down from the sky
Everytime you walk by?
とかの太字部分だよな。あるいは『Sentimental Journey』(でもなんでもいいのだが)あたりは脚韻のカタマリみたいなものだし、なんならビートルズでもクイーンでも引っ張りだしてくればいいのだが。
どうにもうまく説明できないんだよな。
きんさい、きんさい、ハワイへきんさい、
儂らはみんなヒロシマじゃけん
inside, outside, seaside, hillside,
we are all hula hula chicken!
なんていうのが判りやすいのだが。

夕刻、生協で鶏肉と厚揚げを買ってきて煮物に仕立てる。あとてきとう。

明日は、
センセーのダブルで、そういえば顔写真が欲しいところだなあ。
17時からの生徒23号さん18回目! は、『FFT』のテンポを入れるのでセンセーがおっかけて、『Over the Rainbow』はセンセがメロディで仕上げ、あとはin Fの『涙そうそう』といったところか。時間が余ったら『イパネマの娘』でも演りましょうか。
18時からの生徒35号さん5回目は、『Crazy G』が始まったところで、あとは適当なものでストローク。中指の腹問題があるものだから、『涙そうそう』でも演ります?

終了後はちょうどいいから原宿に熊見物にでも行くか(ブルーグラス好きの23号さんも誘ってみること)。『端午の節句』にも引っ張りこみたいところでもあり。


2004年04月23日 20時10分42秒


2004年4月22日(木曜日、ぐったり)。

いちだんらく。 朝8時起床、コーヒー。なんか忙しい。

右手はようよう動くようになってきたかなあ、いーかげんmidiやらないと。そろそろ弾ける予定(え? 弾けなかったんですか? そうなんですよ、教室でもウクレレ弾いてないし。どうやって教えていたんでしょう)。


今日のセンセー!(1):
いや、今日は教えたわけじゃないんだけれども。

生徒会に、「遠足のご案内」など発送する。メールの届いていない生徒さんと、「あたしゃ道場とは関係ないけど遠足情報は欲しいぞ」という民間人のかた、気楽にご連絡くださいまし。

ネタは、

■5月5日(祝):『ウクレレ端午の節句』 at Hawaiian Dream
トラヴィス・ハレルソンとっつぁん来日!
●5月23日(日):トラヴィス・ハレルソン氏のストラム・ワークショップ
●5月22日(土):トラヴィスとっつぁん歓迎会
■6月6日(日):メーリングリスト「最初は'C'」オフラインミーティング
■7月4日(日):東北ウクレレサミット
■8月8日(日):男声合唱「甍」演奏会 at 東京文化会館大ホール
といった感じで盛り沢山。

トラヴィスおじさん。 今日の営業電話:

屋根材屋さんから電話で、松下電工の屋根に葺きかえないか、ってさ。
いやあ、うちってば借家で、隣が大家さんで、大家さんが大工さんで、この家も大家さんが趣味で建てているものですから、関係ありませんね。いや、却ってすいませんでした。

今日のウェスタン:

仕事のBGVはテレ東午後ロー『チャトズ・ランド』。インディアンが白人を殺したぜって聞いた保安官がいきなり南軍の制服を着て意気揚々ってあたり、判りやすくていい。この頃からアメリカって変わってないよな。
ちなみにインディアンがチャールズ・ブロンソン、南軍保安官が懐かしやジャック・パランス、1972年のマイケル・ウィナー作品。

BGMがなんかヘンだなと思ったら、アナログシンセのオシレータを直接いじっている気配があるなあ。21世紀じゃ再現不可能な技術ではあるなあ、たいしたもんだ(単にフィルムがヨレてるのかもしれないのだが)。と思ったら、列車と太鼓をシンクロさせた『ワイルド・バンチ』の音楽の人(ジェリー・フィールディングさん)だった。気になるわけだわ。


今日の趣味人:

半魚人さん。ほんとはジュリー・アダムスさんとシンクロで泳いでいる画がよかったんだけどさ。 夕方、ちょっと気合いでも入れるかと思ってビデオを借りてきました。ユニバーサルの『大アマゾンの半魚人』(1954、(笑))。しょうがねえなあ、俺。あと『少林サッカー』の中古が安売りされていたもんで、これも買わなきゃしょうがないよなあ。

いや、『大アマゾンの半魚人』はマジで爆発的に面白いのよ。カラーもシネスコもCGも実は不要だということがよく判るわけで、あとは『キングコング』とか『スミス都へ行く』とか『ゾンビ』とかだな(少しくだって『悪魔のはわらた』とか。だんだんヨレてきたぞ(笑))。そも50年前のモノクロ映画が今でもレンタルにあるという時点でなにかヘンだと思わないとさ。


今日のセンセー!((2)ながいながいセンセーの話):
いや、今日は教えたわけじゃないんだけれども。

そうさのう、フェイドアウトというか「いつの間にか顔を見なくなった」生徒さん数名については俺が反省するとしてもさ、

  • 「しばらくお休みします」という生徒さんが3名ほど(「よほどのことがなければ戻って来なくて構わんだろう」、とセンセーとしては考えています。たぶんメールでフォローするとかで済むわい)、
  • 修行の旅に出られる生徒さんが2名ほど(楽しみに待っています)、
  • 毎週いらっしゃるものでセンセがネタ詰まり(楽しいんだけどさ)の生徒さんが2名ほど、
といった感じで「そこそこ教えたぜ」という生徒さんも出現してきて、よく言えば教室としても成熟してきたとも言えるのではないか。わるく言うと‥‥言わないんだけどね(「パターン化」とか「マンネリ」とか、だな)。
  • ゲストプレイヤも王者、白いもの、区職員、イメハ、足立区と充実してきたし、
  • 遠足もなんとなく5回くらいを数えているし、
  • 最近は校長先生も指導に駆り出しているし、
  • 書いた譜面の枚数はとっくに100を超えた。
そろそろ潮時かなあ。

もうルーチンだよ。

だってよう、左手が押さえられて右手のストロークができれば、あとはもう教えることないもん。

  • 劈頭はコードワークだ。リクエストはとるけど、まあいずれin Cのスリーコードなんだから曲目は関係ない。
  • それから『Crazy G』とか『カイマナヒラ』とかで指の角度を診て、
  • さらに『カイマナヒラ』を流用してストロークや単音を入れてみたりして。
  • それが済んだら『FFT』でハイコードのややこしいことをしてみたり、
  • あるいは『涙そうそう』をin Fのソロで小指を入れたり。
もとより個別対応はあってそれはそれで面白いんだけど、基本的にはやることは判ってるんだよ、もう。
いま対応できていないのは生徒20号さんの左手の入射角か生徒30号さんの左手2-3指の第1関節くらいのもので、あとは「どうすればいいか」は判っているんだよな。じゃあマニュアル化しちゃえば、なにも俺が教えなくてもいい話ではないか。

そろそろ潮時かなあ。


というようなわけで、「クロマチック・ハモニカ教室」にしちゃおうかなんていう話が自分のなかでは出ていたりなんかもして(無茶な)。
ほんとはピアノ教室でもエレクトーン教室でも構わない(このセンセは楽器を選びません。なにを演奏しても出てくる音はおんなじ)んだけど、インフラがなあ。

センセとしてはやる気はあるんだけどね。どうせまたすぐふくろこうじ、だな。


いまBGVで東京12チャンネル『エイリアン3』を眺めているのだけれども、観れば観るほど『エイリアン2』が観たくなる、のと同じような現象なんでしょうね、きっと。


晩、また厚揚げとアシタバと鶏肉の煮物、とか。

明日は、
大宮かと思ったら、いつの間にかキャンセルされていました。いきなりヒマだ(やるこた沢山あるからええねんけれども)。
2004年04月22日 22時31分29秒


2004年4月21日(水曜日、every single days trend off)。

通りがかりの中華食堂で冷し中華ソバを注文してみたら、けっこう美味しかったんだけど‥‥1,700円も取られました。場所? 新宿高島屋のてっぺんの天厨菜館。

今日のセンセー!:トリプル。

1. 生徒36号さん1回目。
堂々の初対面である。コードはそこそこ弾けているしストロークも軽い。あれ、なに教えましょう。
リクエストは「サザン」とのことなので(多いね、人気だね)、『TSUNAMI』のコード、『いとしのエリー』のコード、あとは定番ということで『カイマナヒラ』と『Crazy G』と、ついでに『涙そうそう』をお渡しして、弾き方を軽く解説したところで本日終了。いかんな、センセーなんかうすぼんやりとしていたような。

2. 生徒30号さん12回目。
36号さんのあとが1時間空くもので、「早めにきたら長めに教えますよ」ってメールしておいたら、20分ほど早くいらっしゃいましたな。本日で2クールが終了で、しばらく修行の旅に出るそうなので、今日はざっと「まとめ」ということかな。

というわけで『Lovely Hula Hands』、『FFT』、『Over the Rainbow』、『TSUNAMI』とざっと演って、締めで『Pearly Shells』を演って生徒37号さんに聴いていただく。

そうさのう、長いお休みの宿題は、左手3指4指の第1関節、あとは3連ストロークってとこか。また会う日までお元気で。

3. 生徒37号さん1回目。
先週に34号さんの授業を見学して、なぜか入門されたのだったな。ウクレレはふつうに弾けているし、なにを教えましょうかしら。
と思う隙もなく、sakuraという人のCDがでてきて、『イルカナヒトミ』という曲のコードをとる。ふむ、これくらいならすぐ弾けるでしょう。ほかにも2、3曲ほどコードをとって、と。
次回は、37号さんのお友だちのオリジナルの伴奏ストロークをですね、ちょっと面白くしたいのだそうです。ふむ。
うーん、なんか焦点の定まらない授業をしてしまったような。まあたまにはいいか(よくねってば)。

終了後、和民でなんでか宴会、帰宅してばたんきう。

明日は、
どうなるんでしょうね。
2004年04月22日 10時23分26秒


2004年4月20日(火曜日、バカをやるのは楽しい)。


昨晩の西川:

バカをやるのは楽しいのだが、ある意味ちょっとたいへんだったりもする。苦労が絶えない。
ぐーすか眠っていた午前2時、枕元のケータイが鳴る。眠りながら出てみたら元締からで、なんか言ってるけど相手にせずに(というか眠っているのだから相手ができませんでした、失敬)電話を切って、それから目覚めてかけなおしてみる。

なんでも、西川貴教のオールナイトニッポンの街頭ロケが中野サンロードの入口あたりであって、ネタが「貧乏自慢」なので君も来い、って午前2時に呼び出す元締も元締だが、行く俺も俺だ。


貧乏なのになぜかタクシーを飛ばして、20分ほどで中野に到着、構成作家さん(なのかな?)に取材されて、見事に10人ほどのオーディエンスのなかから「貧乏2番」に選ばれる。

俺のネタは、

  • 今月の収入が18,000円、
  • 家賃は85,000円で3か月滞納、
  • ウクレレのセンセーの時給は1,500円、
  • ここ半年ほど外食経験なし、
といった作り物でですね、まあ構わんでしょう(ところどころ本当なのが正直者の正直者たる所以だ)。

ちなみに「貧乏1番」のお姉さんは、「自宅で栽培しているネギ」を持参なさっておられました。てっぺんを切り取って食用に供した痕跡がありました。さすが本物は違う。


けっきょく僕たちの話が放送に乗ることはなかったのだが(漫才の『カンニング』の怒りっぽいほうの兄ちゃんがきて、全部かっさらって行きました。文句はない)、微妙に美味しいクロワッサンも頂戴したし、西川ステッカーも全員5枚ずつ頂戴し(て、僕は元締に4枚持っていかれ)たし、それなりに楽しい人生なんじゃないかな。

待ち時間に、とうぜん持参しているウクレレで『Twinkle Million Rendezvous』とか『Burnin' Xmas』とかをインストのソロで弾いてみたら、これが弾ける(『TMR』はうまくやれば商品化できるのではないか)。脇で女の子が歌ってくれたり、向こうのほうで「ああ、ウクレレでも弾けるんだ」なんて言っている人がいたり、ウクレレ啓蒙普及活動としてもよかったのではないか。

というわけで雨の上がった午前3時、貧乏くさくクロワッサンなど齧りながらこんどは歩いて帰宅、とっとと就寝。


午前10時起床、コーヒー。

なんか齧ってから、センセーもあることだし、ついでに漬物学者夫人に頼まれた『第九』の譜面を探すべく新宿へ。
ひょっとしてシマムラとかクロサワとかイシバシとかに行ったほうがよかったのかなあ、
紀伊國屋書店、なし。
高島屋の向こうの紀伊國屋書店、なし。
どういうことだ。

しょうがないのでとりあえずHawaiian Dreamに寄ってウクレレを置いて、お腹も空いたのでサトミちゃんに「ランチのお薦めってある?」って聞いてみたら代々木駅前「プロント」のパスタを薦められたのだが、ちょっとキャラクターと合わないでしょう、それは。

けっきょく、すこしうろうろしてから駅前「大戸屋」下の「銀座木挽町カレー」で、赤と白のスモールが650円也。味はそこそこなんだけど、盛りつけがぞんざいで「飛び散ったご飯」に「どうみてもぶっかけなカレー」なのが残念だなあ。接客も最低というか、カウンターに座ったら「端のほうにお願いできますか」ってのは判る。判るが、その「端」の席にはまだ前のお客さんの食器が置いてあるのだ。客商売として有り得ねえだろう、そんなのは。

そういえば、食後に持参の雑誌の続きを読んでいたら、他に客なんかおらんのにもかかわらず「早く帰れ」って言われたって知人もいたぞ。二度と行かねえ、カレーそのものはまともなだけに、残念だが。


今日のセンセー!:生徒19号さん6回目。

プロ指向の19号さんは、前回は昨年12月2日というのんびりした二十歳そこそこのお嬢さんである。インターバルが長いもんだからてっきり念願の「ハワイ移住」を果たしちゃったんだろうなあと思っていたら、長いお休みの間に美容師の国家試験に合格していたのだそうです、おめでとうございますぱちぱちぱち。
今回で初クール終了ということで、いちおう今回で終わっても構わないように指導していく。

とりあえずですね、本人は「あんまり弾いてないんですけど」と言いつつですね、『Crazy G』、『カイマナヒラ』と弾いてもらったらけっこう上達しているじゃありませんか、21歳畏るべし。いいなあ、若いって。

それでもまあセンセーらしく、

  1. 左手中指の腹が隣の弦に当たりやすいこと、
  2. おそらく指の入射角に問題があるので注意すること、
  3. したがって指先は縦方向から入れるように注意すること、
  4. ときどき全弦をゆっくり弾いてみて、「音の出」を確認すること、
といったあたりはまず注意して、ついでに運指のトリヴィアを少し入れてみて、と。

天気もいいので、ちょっと店の外に出て、センセはタバコなどくゆらしながら「第一関節を曲げる話」などしてみる。いい教室だと思う。

『More than Wards』と『Five Foot Two, Eyes of Blue』はよく判らなかったそうです。まあ自習やね。


さてと、出しておいた課題があらかたクリアされちまっているし、どうすっかな。
とりあえず3連ストロークを演ってみて、どうせすぐできるのだろうから、基礎だけ教えておく。

それで、

  • 『Over the Rainbow』(in Cのコードワーク)、
  • 『涙そうそう』(in Fのソロ譜)、
  • 『ゲゲゲの鬼太郎』(笑)、
とお渡しして、とりあえず『Over the Rainbow』のややこしいところを説明していくわけだが、Dφ(3121)とかB-9(3232)あたりがひょいひょい入るのだから、これは凄いことだ。いいなあ、若いって。

あとは『涙そうそう』で「なるべくコードフォームを残していく」あたりを解説して、本日終了。
次クールも来てくれるそうなので、あと6回で教えることがなくなるくらいに教え込む心算。ひっじょーに楽しい(財津一郎ふう)。


今日の『歓喜の歌』:

渋谷まで出て、道玄坂YAMAHAさんで『第九』の合唱譜探しの続き。

さすがにうじゃうじゃあるのだが。
たぶんスタンダードであろうカワイを探したら、いちばん安い500円くらいのがなくて、「フリガナ付き」だけがある。そんなもんいらん。他にも「日本語詞付き」、「英語詞付き」、「単に日本語版」とあってだな、俺が欲しいのは「ふつうのドイツ語版」なんだよっ。

けっきょく「ビニ本」のほうの輸入版をあたって、こっちはこっちで「100版くらい重ねてるんじゃねえかくらいに活版の欠けている版」とか「滅多矢鱈と文字の小さい版」とかをかきわけつつ、1996年版の「いちばん読みやすくて合唱パートのまとめが付いている版」を選択。ドイツで刷っていて、1,500円くらいでした。俺としては1ダースくらいのなかからいちばんいい選択をした心算なんだけどな。


東中野ライフでちょっとお買い物。

野菜を物色していたら、3歳くらいなのかなあ、ヨーダくらいの大きさの女の子にジージャンの裾をつかまれる。もちろん無視してブロッコリを籠に入れて、タマゴの棚に移ろうとしたら女の子が裾をつかんだままついてくるもので、邪魔くさいから言ってみる。

離せコラ。
離さない。しかもなんか笑顔で上目遣い。俺に惚れると怪我するぜ。バカ言ってないで、と。
あのー、お兄さんってば黒づくめのサングラスで人さらい風味なんですけど。ちょっとアヤシイくらいの自覚はあるんですけど。できれば解放していただけるとありがたいんですけど。見回してもそれらしいお母さんもいないし。じゃあまあいいや、買い物続行。好きにすればいいさ。
そのあといろいろあって、 レジ前あたりで無事離脱。保護者がおばあさんでよかった(子どもとおばちゃんには人気があるんだよ、俺)。

漬物学者宅に譜面現物を届けて、お持たせの「筍御飯」をタッパーに詰めていただいて帰宅。平和だ。


今日の初心者(ふざけんな):

昨日の記述(↓)に関して、謝罪を頂戴する。

某所ウクレレ宴会では、「自分はあれやってこれやっていて忙しいからウクレレが上達しないんだ」って言ってる人がいて、「じゃあ“上手な人はヒマだ”って言いたいんだなてめーはよ」と思ってかなり腹を立てた。単にあんたにやる気がないだけじゃん(もちろんそんなことはその場では口にしない)。
こちらこそ偉そうで伝法で、申し訳ありませんでした。
ぶっちゃけ、俺がイラついているというのもあったんですよ(さらにごめんなさい)。
ウクレレでもいっそ音楽でも要約筆記でも料理でも、って俺なりに専門分野を並べてるんですけど、
  • 「初心者ですから」って言っててめえで勝手に壁(限界)を作っているやつ、
  • 「判りません」と言いながらもともと判る気のないやつ(「判らない」と思ったらそこ止まり)、
  • 「できません」と言いながら試しにやってみようともしないやつ、
顔を見たくありません(あなたのことではありませんよ)。
大規模な例を挙げておきましょうか。

以前に経営コンサルティングの会社にいたときに、某社の目標管理キャンペーンを見て呆れました。
社員各々に、次期の目標を掲げさせるんですよ。
それで、その目標が達成できなかった場合には、ペナルティがあるんですよ。

自分で自分の限界を設定させてどうすんのよ。
「ここまでならなんとかなるだろう」っていうセンを設定させてどうすんのよ。

「ここまででいい」、「これしかできない」と思ったら、そこで終わりでしょう、そりゃさ。


今日もセンセーがあって、21歳(そろそろ22歳かな?)の女生徒さんは、「私はプロになれるでしょうか?」ってお稽古3時間目に聴いてきました。その意気やよし、これでしょう、やっぱし。センセがセンセだもので無茶な課題をどかどか出していますが、それなりに消化して来てくれています。

そういう人(生徒さんに限らない)と遊んでいる時間を、そういうわけじゃない人と付き合っている時間に喰われるのも無駄だな、と思っている昨今なのでした。


右手はようやく動くようになってきました。ご心配かけてすみませんでした(というか、ありがとうございました)。

明日は、
17時からセンセーのトリプル。
生徒36号さん1回目は、白紙。
1時間空いて(というか27号さんがキャンセルになったんだが、ここ読んでたらメールくださーい)、
生徒30号さん12回目は、今回のクール終了でしばらくお休み(引越のため)だもので、『Lovely Hula Hands』と『FFT』と、あと宿題どっさりということかしらん。
生徒37号さん1回目は、白紙。
2004年04月20日 22時17分10秒


2004年4月19日(月曜日、センセーだけ)。

午前6時半起床、なんか元気。

朝、サンクスの塩焼きそばと紅茶花伝。


あいかわらずなんとなく忙しい。

ちゃんと計画を立てればどうってことないんだけどな、それは判ってるんだけどな、なんとなく流れ作業みたいな。束縛されたくないんだろうな。ほんとはきちんと効率化すればより自由になれるんだけどな。それは判ってるんだけどな。よくないな。


ここんとこの落ち穂拾い:

  • 某女生徒さんに「降灰で色黒になっちゃって」って言ってみたら、あんたはもともと黒いと言われました。「色白っていうのはあたしみたいなのを言うんです」って、はいはい。
    密輸商をやっていた頃にハワイに行ったり来たりしていたときの俺がいかに黒かったか、見せたかったなあ。
  • CDラジカセのCDプレイヤーが針飛び(なんていうの?)する。どうやら降灰の影響らしい。クリーニングしないとなんにもできません(というか、それで治ればいいのだが)。
  • 某所ウクレレ宴会では、「自分はあれやってこれやっていて忙しいからウクレレが上達しないんだ」って言ってる人がいて、「じゃあ“上手な人はヒマだ”って言いたいんだなてめーはよ」と思ってかなり腹を立てた。単にあんたにやる気がないだけじゃん(もちろんそんなことはその場では口にしない)。
  • 代々木公園で寄ってきたおじさんに「さくら」をリクエストされて、弾いてみたら弾けた。ふうん。
  • 大騒ぎのNUA二次会に途中から混じって飲んでいたら、ときどき「あれ? りびさんいつ来たの?」という声がかかる。とうぜん「朝からいたじゃありませんか」って言い張る。たまに信じる人がいるから面白い。

    女の子と歩いていたら(色っぽい話ではまったくない、残念ながら)、散歩中の犬が寄ってきて女の子の足のニオイを嗅いでいった。
    あきらかに喰いたそうでしたね。
    齧られたらどうしようかと思いました。
    犬じゃしょうがないけど、いま悪者三人組に取り囲まれたら家まで走って逃げてくださいね。
    りびさんどうするんですか?
    僕が悪者三人組をくい止めますから。
    だいじょうぶですか?
    なに、100メートルも走ったところで僕が後ろから追い越して逃げていきますから。
    だめじゃん。

通りがかりの青原寺駐在所で、小学生の女の子が「落ち葉」を届け出ているのを目撃。なんだったんだべい、明日にでもお巡りさんに聞いてみようか(暇人)。
今日は代々木まで出て、駅前の「富士そば」でとろろ蕎麦などたぐってからHawaiian Dreamへ。

今日のセンセー!:生徒33号さん10回目。

ちょいと早めに着いて、『鈴懸の径』のmidiをネットで探して、突貫でコード譜を作成するいーかげんなセンセー。とりあえずin Emで、やっぱり9とかdimとか放り込んじゃうのがサガなんだろうなあ。
さいきんはフロアに丸い籐のテーブルセットが置いてあるもので、籐椅子に座ってまったく教室感なくお稽古するのが流行っているんだな、俺のなかで。今日はその籐テーブルでサトミちゃんがちくちくとキルトを縫っていたもので、そのまんま縫っていてもらう。うん、33号さんはなんか構えちゃうところがあるもので、なるべく緊張感が醸成されないほうがいい。と思う。たぶん。いーかげんなセンセー。

それでお稽古に入ってからキーを決めようと思っていたのだけれども、このコード譜がまず弾けないものでそっちの指導に突入してしまういーかげんなセンセー。隣でサトミちゃんがキルトをちくちくやっているなか、運指など指導すること40分。遅めのタバコ休憩のあとは『カイマナヒラ』で、エンディングのリズムをちょいといじって、次回に卒業検定(笑)だな。

リクエストは、大橋節夫『赤いレイ』はぜんぜん知らないからこんどバッキーで聞いてみよう(誰かが知ってるに決まっとるわい)。いーかげんなセンセー。ビギン『島人の心』は、なんか松山千春が入ってるような気がするんだけど、どっかで借りて聴いてみよう。そんなに苦労はしないと思う。

サトミちゃんはまだちくちく。


今日の東中野ライフでお買い物:

ホウレンソウかモロヘイヤを買おうと思ったら両方とも品切れで、見たらアシタバの解説に「効能:不老長寿」とあったもんで、そりゃすげぇと思って購入。どうせ麺類に放り込むんだけどね。
あと、
  • ヤクルトもどき、
  • 紀文の豆乳、
  • 発泡水、
  • 投げ売りのパン、
  • 豆腐、
  • 刺身蒟蒻(レシートには「オオトロサシミ」とあるぞ(笑))、
  • ポテトサラダ、
といった感じ。

夜、なんか齧って速攻で寝る心算。手足がぽかぽかしているのですよ。

明日は、
生徒19号さん6回目は、なか5か月の登板(笑)。
たしか『Crazy G』と3連ストロークを仕込んで『カイマナヒラ』をお渡ししてあった筈だが、上手になってるか、そのまんまか、妙な癖がついちゃっているかのどれかだな。

というか、しばらく顔を見ないもので「とっくにハワイに移住しちゃったんだろうなあ」と思っていたのだが。19号さんは「プロ指向」なので、ぴしぴし行きます。


2004年04月19日 22時08分45秒


2004年4月18日(日曜日、なんだかなあ)。

午前8時起床、早起きシリーズ続行中。コーヒーとバナナチップ。

よーく見ると、昨日の中華鍋大噴火の粉塵は2階にも微妙に降り積もっていることが判る。なんでかというと、顔を洗ったらタオルが黒くなったんだな。つまり、枕にも粉塵が降り積もっているわけなのだよ。今後は「色黒」で通そうと思います。

なんだよ、30畳ぜんぶ立体的に大掃除かよ(広っ)、まあいい機会なのかもしれないが。


今日の『Close to You』:

演れば演るほどよくできてるなあ。やっぱり『ABBA』と『Carpenters』は別格ってことかなあ。
  • まず4行が昼間(鳥)、続く4行が夜(星)だってことにやっと気づきました。
  • 某重鎮は「townとaroundは韻なのかなあ」って訝しんでおられましたが、さて真相やいかに。
  • テンポキープが難しい、というか俺がヘタクソ。Cakewalkで計測したら90/mくらいなのだが、しまいにゃ120/mくらいまで行くぞ儂ゃ(ダメじゃん)。
  • こないだ生徒さんにお話ししたのだが、オリジナルの演奏もワンコーラス演ったら、あとは転調してラッパが入ってくるところから後は不要なのではないか、なんてちょっと思う。ものすげえ短いけど、それだけでも楽曲として完結しているとも思うのだな。
  • サビの話は「いばら姫」なのかなあ、やっぱり。
いろいろ楽しい。

昼、サンデリックフーズの冷凍カレーうどんに、モロヘイヤ、刻みウコン、生卵、バター。あとコーヒー。

風呂は入らないとしょうがないなあ。


今日の人助け(笑):

さあてそろそろNUAにでも行くかと思った午後、知人から電話。なにかWordで紀要のようなものの版下を作っていて今日が締切なのだが、あっちこっちから来たファイルを一つにまとめる際にセクション区切りがよう判らんようになって、とりあえず今はパニックしておる。なんとかしたいのだが、今からそっち(俺の事務所である)に行ってもいいだろうか。なんで俺に聞くかなあとも思ったのだが、日曜日の午後からほいほい動けるワープロ業者というのもそうはおらんのだろうなあ。

来るのは構わんのだが、いまちょっと家の中が降灰で桜島状態(桜島界隈って、洗濯物乾燥機が日本一売れてるんだってね)だもので。いまどこよ。会社? じゃあ俺が行くよ、場所どこ。早稲田の理工学部の脇? 顔が真っ黒だものだからとっとと風呂を使って、早稲田通りでタクシーを拾って、小一時間で到着。運転手さんと、山手線の内側はずいぶん変わったけれど、諏訪通り界隈はぜんっぜん変わりませんねえ、なんてのんびりと話しつつ。山手通りから明治通りまでで980円って、昼間のタクシーは安いなあ。


それで?
目的:
数十ページほどの冊子を作成する。
作業:
各支所から原稿ファイルがメールで届いているので、それを1ファイルにまとめて出力したい。
前提:
締切は本日。印刷所さんは24時まで待つと言ってくれている。
問題点:
ファイルを結合した際に書式をメンテするのだが、どうもうまくいかない。

よし、だいたい判った(角川金田一の加藤武風)。

なぜ1ファイルにする必要があるの?

え?
ファイル名の頭に数字を入れていって順番に並べて、ノンブル(ページ番号)と目次は印刷屋さんに任せちまえ。それで書式の問題は解決。
あ。
なにがなんでも1ファイルに、という思い込みがあったらしくて、目から鱗、だったそうな(笑)、まあなにごとも勉強。あとは作業工程の話を少しして、お茶菓子をご馳走になって、とりあえず必要なファイルだけを作業用フォルダに移していくのを指導しばらく眺めて、と。どうやら目途が立ったあたりでNUAに向かう。
東大島までどうやって行きましょうかね。ここからだったらバスで新宿三丁目まで出るのが早そうだけど、それも曲がないなあ。では理工学部向かいから東へ向かって、久し振りに戸山公園を抜けて早稲田駅に行きましょう。いい天気だ。
途中の歩道のツツジの植え込みの前で写真を撮っている家族連れがいたもので、フレームに入らないように車道を大回りをしたら、小学生らしき娘さんに思いっきりお礼を言われました。やはり子どもとおばさんには人気のあるらしき人さらい風味のサングラス無職風ウクレレ付き。
戸山公園の入口で中学生らしきMTBの一団が階段を塞いでいたもので「ちょっとよろしいですか」などと言いながら通してもらう。「あ、すみませんでした」って口々に言うもので「いや失敬」などと挨拶しながら通り抜けさせていただく。若い者が礼儀を知らないという風説はやはり嘘だと思う。
花はツツジとヤマブキ、それとこの春初めて藤棚の咲いているのを発見。

18時くらいからNUA(日本ウクレレ協会)例会の二次会に参加して、ウクレレ談義などしながらちょっと飲んで、と。そのあと千歳烏山の三次会にもちょっと付き合って、ハワイアンなど弾いて、と。帰宅してばたんきう。

NUA女子部によると、僕はサングラスを外すと可愛いのだそうです(嘘つけっ)。


明日は、
19時から生徒33号さん10回目で、リクエストが『島人の宝』と『鈴懸の径』って、どうしましょう。
2004年04月19日 07時22分07秒


2004年4月17日(土曜日、小惨事)。

午前4時起床、ぜんぜん寝たりないんですけどぉ(きっと俺は「今日は遠足だ」と思っているのに違いない)。

朝、チキンラーメンにモロヘイヤと生卵とおろし生ウコン。健康的なんだかなんだか判らん。
とりあえずお洗濯など。あといろいろする。


昨日の落ち穂拾い:

  • 重鎮に、9月の4日と18日の国分寺『クラスタ』スーパーライブに出演要請される。なんでも「ピアノ弾き放題」とのことなのだが、なにを演らせるお心算なのだろうか(笑)。っていうか、ウクレレ弾かせてよぅ。

  • 同じく重鎮が元加賀ホールの据えつけピアノに目をつけて、「また“12番廻し”でも演りましょう」って言い出しておられる。ふうん。俺がピアノも演るとするのであれば、「テーマ→誰かソロ→ハモニカ」に持っていかないといつまで経ってもピアノが弾けないことが昨年の「東北ウクレレサミット」で判明しているので、現場で申告すること>>俺。

  • トラヴィスおじさん。 これも同じく重鎮に、5月22日トラヴィスさん歓迎会への生徒さん出演を要請される。『Close to You』をネタに「ああやってこうやって」みたいな話をしていたら、「面白そうだから出てね」って、勝手に請けちゃったけどあと知らね(生徒さんにはあとで怒られました)。

  • ガイジンさんに聞かれて「東京都現代美術館」の場所を教えてあげたのが16時過ぎなのだが、たしか入館時間が16時半締切で観覧が17時までだったのではないか。そこまで教えておくのだったか(手遅れ)。

  • 深川で見た改装工事業者の看板、
    「変えるなら 女房よりも 壁の色」。
    深川というのは凄いところだ。

  • 神保町ではウチアゲの下見を兼ねて「白木屋」に入って、事情聴取などしてみる。武道館で大きな公演があると満席になっちゃうそうで、モー娘とか氣志團の日は超満員で凄かったのだそうな。当日の武道館の予定を調べておかないとな、日教組の大会とかにぶちあたったら目も当てられない。

  • ちなみにその「白木屋」の突き出しが「アサリの佃煮の煮物」だったのだが、我々が深川から帰ってきたことをなぜ知っているのだ(笑)。

お昼、サンクスで好物の二色弁当(鶏そぼろと炒り卵)を買ってきたら「美味しくなった」と書いてあって、食べてみたらですね。そぼろが少しやわらかくなった感じはいいのですが、炒り卵のカツオダシがちょっと濃すぎて僕の好みに合いませんでした。しょうがないので半分ほどいただいて、あとは昨晩の残りの高野豆腐など食べて、あとコーヒー。
今日の代々木公園:

昼過ぎから知人と待ち合わせて、ちょいとウクレレのアンサンブルの打ち合わせ。

14時の待ち合わせのところ、早めに13時半くらいに到着して、いつもの噴水脇のベンチでインストを弾き倒すこと30分くらいでアイカタ到着。ふむ、30分間弾き続けるだけのネタがあることが判ったぞ(商品化できるかどうかは別として、ではあるが)。


それで舗装路の日向のベンチはやはりあまりに暑いということで、裏の森のほうに移動して、やはり日向だが下が土だものでそんなには暑くないベンチで、曲をまとめていく。
  1. エンディングを決める。
  2. エンディングに合わせて、イントロが決まる。
  3. 歌の構成を決める。
  4. 間奏の位置とサイズを決める。
  5. 必要に応じてトリッキーな箇所をところどころ放り込む。
  6. 数回合わせてみる。
  7. 問題点と解決策を相談する。
たまに休憩と雑談で、2時間ほどだが有意義だったのではないか。
終了後、まるでHai'ineのようにとっとと解散(別にHai'ineのように不仲なわけではない)。
噴水脇で弾いていた30分の間に、子どもが寄ってきたり、知らないおっさんが声をかけてきたり、「棒を持ったキチガイ」がそのへんの物を叩きながら歩いていたり、まあいろいろあるなあ。ジャンベさんたちが土曜日にも出ていることも知りました。

今日のセンセー!:生徒23号さん17回目。

とりあえず新宿西口に出てみたのだが(そういえば、原宿駅通路で順子とばったり)、3時間ほど暇だよ、どうしましょう。

とりあえず小腹が空きました。というわけで通りがかりのベトナム料理屋さんで「牛とセロリのフォー」などいただく。香草が別添えになっている仕様なのをどんどこ放り込んで、魚醤も放り込んで、けっこう美味しい。あとベトナムゴーヤ茶という謎の物件もいただいて、と。


それで適当な時刻にHawaiian Dreamに着いたら、申し送り事項で、来週水曜日からの生徒さんがおひとり、増えていました。えーと、生徒36号さん誕生ってことだな、ふむ。
それと今日は見学さんもいらっしゃいました。それで丸テーブルの僕の対面に23号さん、脇に見学さんが共に籐椅子に座るという「お稽古」というよりは「お茶会」みたいな仕様なのだが、まあいいでしょう。
今日はネタがない。

『Over the Rainbow』のコードソロには大サービスでハーモニカのメロディを載せてみて、コード移動をいくつか指導しておしまい。
『涙そうそう』はよく考えるとまだ指導したことがなくて、タブ譜はよく読んできてくれているもので、「なるべくコードフォームを残すようにして単音を弾く」というのを指導実演して、これは宿題。
『FFT』は部品は揃っていて「繋ぎ」の問題だけなもので、僕がストロークなりベースパターン(ウクレレのHigh-Gだけど)なりを弾いて後ろから追い立てる仕様でインテンポの演奏を促す(見様によってはいじめだなあ(笑))。これも宿題、と。


さて、することがない。ここに救世主のような顔をして野暮用のあったHai'ineの白い物が出現、「なんか演って」って頼んだらなんか演ってくれました。これが無料なんだから、ある意味ヒドい教室であるとも言える。生徒さんとしては、運がよければシゲトとかてっちゃんとか白い物とかまっつんとかふくちゃんとかの演奏が無料で聴けるのだから、いい教室であるという話に持っていくことも可能なのだがそういうことはしない。

じゃあ『Adios Ke Aloha』でも歌おうかという話になって、「in Fだよね?」って白が言うのだが、こちとらの譜面はin Cなんだな。いちおうハワイアンのCDからコードを起こしておいたのだが、演ってもらったらけっこう進行が違う。どうも失礼しました、こんどHai'ineの録音物件からコピーしておきます(そういう問題ではないのだが)。


あとは見学さんのリクエストを取ってみたのだけれども、ごめんなさい、ハワイアンにも平成ポップスにも疎い私なのでした。しょうがないから(と思った見学さんが)ビートルズなどリクエストされるもので速攻で譜面を書いて演ってみたけど、まあボロボロでしたな。馴れないことはするもんじゃない(笑)。
というわけで本日終了、「次回までにハワイアンのリクエストを出します」という23号さんの言葉に怯えつつ(笑)。今日は腑抜けた授業ですみませんでした。

にーもかっかっわーらずーっ、見学さんも入門して行かれたのでした。なぜこの授業を見て習おうとするのかがさっぱり判らないのだが、そういうわけで生徒37号さん誕生! なんだかなあ。


そういえば某生徒さんが、「生徒番号は欠番した場合に繰り上がるんですか?」って言っていたけど。これは個体識別番号であってですね、50号さんが辞めた場合に51号さんが50号さんに繰り上がるとなるとものすごく混乱するじゃぁあーりませんか(「君は50号を襲名したのだから、『FFT』が弾ける筈だっ!とかそんなん)。たとえば行方不明になった生徒さんは永久欠番になりますので、安心してください。

今日のバッキー:

終了後、バッキーで軽く。「私はまだまだですから」という奥さまがいらしたもので偉そうに説教して、譜面に「タブ判子」を押しちゃうことの害悪についても説明して、「私はまだまだですから」と言うについては(内心はともかくとしてにこにこしながら)「自分に限界を設けちゃいけません」とか偉そうにですね。

だいたいさあ、「コードポジションが覚えられないから」つうて譜面にタブ判子ついちゃうもんだから、 「D7→Eb7→E7→F7→F#7」が、
「3222→4333→2021→0102→1213」みたいになっちゃうんだ。

言っちゃえば「向上心がない」という話でもあるとは思うのだけれども、そこまでは言わない。僕の生徒さんじゃないし。でも幾葉かの譜面は棄てたほうがいい、とは助言させていただきました。


今日のウクレレ弾き:

渋谷駅のホームで、Low-Gのウクレレで(人に聴かせるでもなく)プラクティスなさっておられる偉人がおられた。フィンガー・ピッキングでしたな。車中では、たまたま見えてしまったのだが、「二十世紀名句手帖」を読んでおられた。

どういう出自のかたなのか、とても気になる。


今日の大惨事:

特殊な料理をしていて、
つい他の作業に夢中になっちゃって、
料理風情なんだからせいぜい焦げればいいものを、
爆発した炭化物が1階じゅうに飛び散らかりました。

掃除しないと住めません。


明日は、
いろいろ。 NUAの二次会から、という話もありつつ、よう判らん。
2004年04月18日 00時42分52秒


2004年4月16日(金曜日、大冒険II)。

午前5時起床、って睡眠4時間やんけ。昨晩のアレがコレで妙に元気が出たんだな、たぶん(遠足体質みたいなものです)。
というわけで張り切って活動開始。

ドデカミン。 朝、ベロンチョのタマゴサンドとポテトサラダサンドとコーヒーと、ファイトバクハツ飲料「ドデカミン」(笑)の500ccペット。

このドデカミン、新発売を待っていたんだけどね、俺は。中身は「薄めたオロナミンC」って感じの健康系飲料で、俺としては「力水」みたいでたいへん気に入ったのだけれども、市場では長続き‥‥しなさそうな気がするなあ。俺に見込まれた清涼飲料はたいがいそうなのよ、ごめん。

謝ってどうする。


今日の財宝:

たぶん10年くらい前の旧い財布が出てきて、中身は香港ドル(英国占領下)で18ドル10セントって、300円くらい? どうしましょう。

今日の牡丹:

野暮用で漬物学者宅に寄るのに、ふと思いついて遠回りして、一の坂途中の青柳医院の庭に牡丹を見に行く。今日は奥さまが庭におられて、今年の牡丹はどうやら小粒であること、そういえば清澄庭園の牡丹も小振りだったこと、獅子吼教会の庭の牡丹が減っているらしいこと、などお話する。なんか会話の中身が婦人会みたいだったぞ>>俺。
ウクレレを持っていたもので、
今日はお遊びですか?
いえ、最近はウクレレのセンセーをしておりまして。
みたいな話になる。それで「いいですねえ、ハワイアンは」みたいなことを言われて、ただにこにこしている私。
中井東公園で、ひさしぶりに見かける自閉症のフルちゃんが、たしかずいぶん前に長野の実家に帰った筈のお母さんとベンチで話していた。邪魔しちゃ悪いので声はかけませんでした。それで獅子吼教会の庭の牡丹も眺めて、と。

今日のムンテラ:

親戚がこんど膀胱癌の手術をするというので、今日はなんでか東京女子医大までムンテラ(説明会ですな)に付き合う。女子医大は、久し振りに行ってみたらなんか建物もシステムもリニューアルされていて、なんか『外科医ギャノン』みたいになってました。

それで早めに着いて、膀胱癌の話などしながら昼飯を喰って(いやだなあ)、13時半予約のところ、13時から待つこと2時間(笑)。待合席前のディスプレイに現在の診療状況が表示されるのだが、まだ11時予約の人を診てるんだな、たのむよN先生。たまにタバコを喫いに外にでてみたり、その度にメールチェックをしたりしながら、15時過ぎに時間切れで撤退する私。


今日のトラヴィス:

トラヴィスおじさん。 日本ウクレレ協会の重鎮と‥‥いいや書いちゃえ、MATTさんと待ち合わせて元加賀ホールに行く予定で、今日は若松河田町から大江戸線で清澄白河まで、のんびり20分。

ちょっと早めに到着したもので、以前に知人に聞いていた「美味い蕎麦屋」というのを探してしばらくうろうろしてみる。蕎麦屋さんは見つからなかったのだけれども、「途中で2度すれちがったガイジン」さんに現代美術館の場所を教えてあげました。

肝心の元加賀ホールは重鎮にも気に入っていただけたようで、5月22日の開催決定! ご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。

あと神保町で軽く打ち合わせというかビールなどして、帰宅。


明日は、
午後から代々木公園でウクレレの打ち合わせ。
19時からのセンセーは生徒23号さん17回目で、なにしましょう。
夜は、バッキーかな。
2004年04月17日 01時00分49秒


2004年4月15日(木曜日、センセーの大冒険)。

朝10時起床、きわめて快調。ここひと月くらい、朝は絶好調だと思っていても昼過ぎに電池切れたりしてたからな、ちょいとでも動けると嬉しい。

というわけでコーヒーとバナナチップ。


今日の西川:

たぁぼぉ。 T.M.RevolutionのNHKホール公演のチケットが届いたもので、無くさないうちに中野の元締宅に届けに行く。席番が「Pの2列」だったもので「後ろのほうかなあ」と思っていたら、なんのこたぁないオーケストラピットの「P」だったのね、元締の喜ぶまいことか(呵々大笑してましたな(笑))。こういうところで運を使い果たしているんだろうなあ、俺は。

昼、オリジンのホイコーロー弁当とコーヒー。あとお風呂。


今日のトラヴィス:

トラヴィスおじさん。 5月の末に、カリフォルニアのトラヴィス・ハレルソンさんが来日するもので、有志で歓迎会とワークショップを企画しているのでした。

そんなこつで、「とっつぁんの歓迎会の会場が見つからないよう」ってんで手足をばたばたさせながらグズっていたら、よくしたものであっちこっちから情報が入る(ありがとうございます)。サラリーマン文化芸術振興会のかたからご紹介いだたいた清澄の「元加賀ホール」というのがよさそうだったもので、天気もいいし下見に行ってきました。

清澄庭園。 でも約束の時刻よりかなり早めに到着しちゃったもので、せっかくだから清澄庭園を散歩してきたりなんかして(この道楽もんがぁ)。天気もいいし、深川界隈も久し振りだし、いい気分だ。清澄庭園はツツジだボタンだが花ざかりで、鯉やスッポンも健在。何年かぶりにヘビとオタマジャクシも目撃しました。
客層は平日昼間とて、お年寄りと親子連ればかり。いつものナリでうろついていた僕は、なんか人さらいみたいで浮いていましたな、まあしょうことあるまい。

清澄庭園。 ついでに東京都現代美術館の前を通りすぎて、でもオノ・ヨーコになんの思い入れもないし、30分で見て廻れるところでもないもので素通り。辰巳芸者はどこにおるのかと思って見回したが、いるわきゃありませんね。ついでに橋の上から川を眺めて、Revi on the Riv.とかくだらないことを考える。

元加賀ホールは見たところ演芸場風味の場所で、舞台と音響と照明をチェックして、広さから客数を逆算して、これならいけそうだと勝手に判断して、勝手に仮押さえしてきました。50名規模なら会費二千円くらいでなんとかなるんじゃないかなあ、酒も持ち込めるし、楽屋もあるし、アメリカ人にも受けると思ったわけね。

近所に酒安売りの「カクヤス」があるのも確認してきました。完璧だぜ、俺。


今日のお買い物:

また東中野ライフでお買い物。
  • 鶏肉コマ、
  • 厚揚げ、
  • 豆乳、
  • 芋サラダ、
とライトに。
あと近所の八百屋さんで「トマト4つもいらないなあ」って言ってみたら、2つだけ売ってくれました。

あとものすごいメールをちょっと書いて、と。

明日は、
膀胱癌のムンテラに付き合う。たいへんだ。
2004年04月16日 00時45分16秒


2004年4月14日(水曜日、センセー)。

朝、コーヒーとバナナチップ。
朝食後作業のBGVはテレビ埼玉『必殺仕事人』。老若男女がどかどか死んでいくので楽しい。

今日の洋楽:

知り合いから、Rolling Stonesの『ベスト』と『It's Only Rock'n'Roll』を借りる。至福(LPは持ってるんだけどね、再生ができないのよ)。
例の『Close to You』で、「and starlight in your eyes of blue」を「日本人なら黒い目だろ」と思って「in your eyes of black」って歌ってみたらなにか違和感があって、なるほど「true」との韻が踏めていないんだな。

とか考えていたら(ヒマなのか?)、ヒラ3の「town」と「around」も韻を踏んでいることに気づいた次第。
というか、いままで気づいていない俺が間抜けだっていう話だな、これは。


今日のセンセー!:生徒34号さん7回目。

本日更新で、2クール目の初日である。前クールはけっこうトバしたからなあ、ちょっとギアをニュートラルに入れて、今日は「1回休み」くらいのつもりでのんびりとお稽古。もちろんそんなことは生徒さんには言わない(笑)。見学さんもひとりいらしたのだけれども、なんと思われただろうか。ふだんはもうちょっとたくさん教えてるんですけどね、まあいいや。

というわけで、とりあえず今後の方針など話し合うのんびりした代々木の午後。前クールでは『カイマナヒラ』と『Crazy G』と、あと3連のストロークをちょっと演ったんだな。それでせっかくだからなにか新しいものを、ということで。そうさのう、「指の腹が隣の弦に触れる」のと、「コードの替わり際をちょいと端折る癖」があったなあ、じゃあコードワークのややこしいやつを出してみるか。

じゃあ『Over the Rainbow』のコードワークと、あとin Fの『涙そうそう』を引っ張りだしてきて、このへんがちゃんと鳴るようになればOKだよな。次回から並行してストロークも入れていって、と。よし、完璧だ(ほんとかよセンセー)。まず『涙そうそう』のタブ譜の読み方を軽く説明して、センセーはタバコ休憩へ。

このセンセーは30分目にタバコ休憩に消えます。
って言ったら、見学さんが笑ってましたな。凄い教室だ。それからタクヤさんが出演したCSの録画なども生徒さん見学さんともども眺めて、たいへんな教室だ。あとは弾き方を指導して、模範演奏を録音されて、と。

それと、松本ノボルさんがなんでか現れたもので、スラッキーと僕で合わせて軽く宴会芸など。ありがとうございました。


生徒さんからメール。そしてお返事。
>>音が綺麗にでません。悲しい。

それは「向上心がある」ということなんですよ、はい前前前前。

雑駁なセンセーで申し訳ありません。

今日のサンマ。 今日の元気:

なんかで落ち込んだ知人からビジネスライクなメールが来て、
俺なんか2003年まるまる落ち込んでたんだぜのセンセーです
って返事したらいろいろ思い出したりなんかして。
明けないスランプはありませんし、スランプ明けってけっこう強くなっていたりするものですし、のんびりとどんよりとしていてください。
って書いたのだが、「から元気も元気」という言葉もあるよなあ。とりあえず「どんより」が伝染してしまったものだからどんよりすることにして、でも前向きにサンマなど焼いてみる。大根おろしを鬼おろしですっていると「生きているなあ」という気がするのだな。

サンマ後に、じゃあ後ろ向きも演ってみようということで、ウクレレで『Left Alone』(in Dm)など弾いてみたら、それなりに弾けるのには驚いた(センセーを始めてから、あきらかに上達していることが判る)。少し泣く。

あとはニュートラルなところってことで、『Close to You』もちょっと歌ってみる。やはりものすごくよくできているなあ、バート・バカラックでてきなさい、褒めてつかわす。


明日は、
宿題をぜんぶやっつける。気分は夏休み終了前夜(いやまあ、俺は休み初日に宿題はぜんぶやっつける子どもだったけどね)。
2004年04月15日 00時55分46秒


2004年4月13日(火曜日、ダメだよこんなんじゃ俺)。

雑用に追われてなんにもできなかった日。
昨日に予定していたミッションとしては、
  • いらかのmidiがまだできてなーい(爆)。
  • 中野芸能小劇場に行ってみること(ダメモト)。
  • お天気がよかったら町内牡丹巡り(毎年の習慣)。
  • 忘れずにウルトラQを録画すること(先週は手緩い出来だったが)。
というラインナップでですね、片づいたのはいま気がついた「ウルトラQ」だけです。どないすんねん、儂。

今日の不具合(ネット):

  • YAHOO!メール(オンライン)の通数通知と到着通数が違うのはなんでなんだろう。
  • そのYAHOO!メールの自動ウィルスチェックサービスが有料なのだが、セコくないか? 業界挙げてスカイネット(←それは『ターミネーター』(笑))に対抗するべきなんじゃないのか。
  • Bravenetのカウンタがなんか壊れている。まあカウンタなんかどうでもいいんだけど。
  • はてなアンテナ「秘密の花園神社」を認識していない。迷惑な。

今日のウクレレ弾き:

とある機会に僕と某ウクレレ弾き(男子、けっこう有名)とのツーショットを撮影してくれた生徒さんがいて、先日は某ウクレレ弾きにプリントをお渡ししておいた。

俺「けっこう怖そうなツーショットだよなあ」
某「なんでですか。僕なんか太陽のような笑顔じゃありませんか」
蹴り倒してやろうかと思いました。
ぜんたいに、僕を例外として、面白いウクレレ弾きほど「顔つきが凶悪」であるような印象はあります。ほら、東大宮でしょ、足立でしょ、京王線でしょ、ニセカマテツでしょ、区職員でしょ。子どもが見たら泣きそうなのばっかり。

僕の審美眼に問題があるのでしょうか、いずれにしてもずつないことだ。


今日の録音:

生徒さん用に『Close to You』を多重録音してみて、2パート目くらいであまりのヘタさに中止決定! ちきしょうめ、そのうちなんとかしてやる(たぶん本番には間に合わない)。

今日のブロードバンド:

歩いていたら、中野の個人書店前と、ついでに東中野のパソコン屋前あたりで、YAHOO!BBの「逆乞食」にまた絡まれた。
パソコンとかお持ちですか?
っててめえ、パソコン以外になんの用があるんだよ。だいたいあれだけのデタラメやっておいて、よくまあ営業できるもんだ恥を知れ(いま営業をしている人も、申し訳ないがバカだと思う)。相手しない。
実家から電話で、「NIFTYから光ファイバのDMが来とるとよ」ってさ、あのNTTとの連携の悪さ、リテール不在の対応を忘れたとでも思っておるのか。「捨てといてください」って言って終わり。

速くしたかとはしたいとばってん(はい、64kbpsです)、


今日のジャム:

ジャム中。 夕刻から、いろいろあきらめてラバーキャットのジャムセッションへ。


    行く前に、ちょっとHawaiian Dreamに寄ってマユミちゃん用の譜面など用意して、と。
Rubber Catのジャムはあいかわらず人がそんなにはいないもので(狙い目ですぞ(笑)>>そこのあなた)、
  • ウクレレで『Straight No Chaser』、
  • ピアノで『Blue Monk』、
  • ピアノで『'Round about Midnight』(ピアノは滅茶苦茶でしたな、構わんのだが)、
  • ピアノの弾き語りで『All of Me』、
  • ハモニカで『Misty』、
  • ハモニカとウクレレで『Chicken』、
  • ハモニカとウクレレで『Watermellon Man』、
と演り倒す。今日はギターの「佐賀さん」というナイスミドルさんが滅茶苦茶よかった。あと、若いギターのかたがみえていたもので、偉そうにところどころ指導する。テナーサックスの人が「ぎやまん」(ほら、長崎の)みたいなポコペン演奏をなさるのも面白かったし、やっぱりジャムは楽しい。
店主に、「キューバン・クライシス」とかいうカクテルを薦められる。
ぜひ飲んでくださいよ。
なんですかそれは。
キューバといえば、なんですか?
ラムですか?
キューバといえば、1963年になにがありましたか?
キューバのミサイルがアメリカに向かって設置されて、ケネディがえーと。
アメリカといえばなんですか?
バーボンですかね。
キューバの裏にいたのは?
ソ連でしょう?
ソ連と言えば?
そりゃウォトカでしょう。
というわけで、ラムとウォトカとバーボンのカクテルなんです。
チェイサーのソーダと交互に飲むのだそうで、そんなもんジャムで飲めるかい(笑)。

ライフで、晩に齧るものなど買って帰宅。
生徒さんから、「イベント関連でいろいろお世話になったのでお礼を」というメールを頂戴する。
ありがたいのだけれども、ステージ廻りだったらそれは「バンド仲間」なのだから御礼とか不要、というお返事をしておく。

一緒に演ってて楽しければそれで充分、だよな>>そこのおかた。


明日は、
19時からの生徒34号さん7回目は、どうすっかな。とりあえず『カイマナヒラ』と3連ストロークと『Crazy G』はあるのだけれども、なんか新テーマを探すってことかしら。34号さん、なんか歌わねぇかなあ。
2004年04月14日 01時26分26秒


2004年4月12日(月曜日、おさんぽ)。

薬王院。 今日はあったかかったなあ。通り道で、よく咲いている山吹と気の早い牡丹を発見。

そろそろ薬王院あたりにでも行ってみようかな。あと獅子吼教会と、青柳医院のお庭。


ちょいと野暮用で実家に寄ったら、ずいぶん昔に残しておいた蔵書がまさに燃えるゴミになろうとしていたもので、とっとと回収。

牡丹(青柳医院、昨年)。 ざっと、

  1. スティーブン・キング『クージョ』
  2. トマス・ブロック『超音速漂流』
  3. フィリップ・ワイリー『闘士』
  4. アーサー・C・クラーク『銀河帝国の崩壊』
  5. 大藪春彦『謀略空路』
  6. スタニスワフ・レム『ソラリスの陽のもとに』
  7. 半村良『となりの宇宙人』
  8. アーサー・ヘイリー『大空港(下)』(笑)
  9. 見川鯛山『続・医者ともあろうものが』
  10. リチャード・マシスン『激突!』
  11. アーサー・C・クラーク『太陽からの風』
  12. ジャン・ジャック・ルソー『告白録』
  13. フレドリック・ブラウン『火星人ゴーホーム』
  14. ルー・ウォレス『ベン・ハー』
  15. アイザック・アモフ『停滞空間』
  16. ヘルマン・ヘッセ『車輪の下に』 牡丹(青柳医院、昨年)。
  17. ランドル・ギャレット『魔術師を探せ!』
  18. アート・リンクレター『ほざくなチビッ子』
  19. ジェーン・オースティン『自負と偏見(上)』(笑)
  20. 星新一『ようこそ地球さん』
  21. 佐藤さとる『小鬼がくるとき』
  22. ジュディス・メリル編『年刊SF傑作選(3)』
  23. 『グリム童話集(1)』
  24. 平井和正『メガロポリスの虎』
  25. トマス・モア『ユートピア』
  26. 竹内宏『路地裏の経済学』
  27. オドア・スタージョン『人間以上』
  28. 広瀬仁紀『土方蔵三散華』
  29. オスカー・ワイルド『サロメ・ウィンダミア卿夫人の扇』
  30. ウォルハイム&カー編『追憶売ります』
  31. 小松左京『一宇宙人のみた太平洋戦争』
どうやら中学生時分に読んだものらしいなあ、ざっと眺めただけでも海外の作者の姓名表記が古いし。捨てるような並びじゃないと思うんだけども。
犯人もあらかた忘れているようだし、これで一か月がとこは保つな。

あと、おじいちゃんの形見のカーディガンを貰う。なんと三菱レイヨン製(笑)で、笑っちゃ悪いがびっくりしました。


トラヴィスおじさん。 今日のトラヴィス:

もう書いちゃって構わないと思うんだけど、ジム・ベロフさんのDVDにも「スペシャル・ゲスト・ストラマー」として紹介されている あのトラヴィス・ハレルソンおじさんが、5月に来日なさるんだな(思いつきで招聘した人がいらっしゃるんだな、いいことだ)。

ついては23日のワークショップはだいたい決まっているとして、22日の歓迎会の会場探しを続行中。
予算はないので格安で、まあ50人規模で演奏のできるバンケットってとこかしらん。今日は、

  • 喫茶「ルノアール」の会議室で「楽器はダメです」って断られて、
  • 中野芸能小劇場は明日問い合わせを入れてみて、
  • ついでにふくちゃんにも問い合わせをしてみて、
  • いざとなったらHawaiian Dreamだぁ(笑)、
といった感じでした。

今日の中野ピーコックでお買い物:

  • 刻んだ鶏肉、
  • 厚揚げ、
  • モロヘイヤ、
  • サンデリックフーズの冷凍カレーうどん、
  • 冷凍のエビグラタン、
  • フカヒレの煮凝り、
  • キムチ(韓国産)、
  • 豆乳、
  • シシトウ。
鶏肉は煮物にして、シシトウは焼いて、仕上げでカレーうどんの予定。キムチ? SARS対策(笑)。

今日のテレビ:

テレ東午後ローは『史上最大の作戦』(1962)。テレビを点けたとたんの夜戦シーンかなんかでタイトルが判る俺が偉い。話? 軍隊が上陸するんだろ? あとなんにも覚えてません(バカ)。

テレ朝の新番組『銭形平次』はたいして期待もせずに観てみたらこれが大傑作。白鳳が演っていたころの『鬼平犯科帳』に迫るな、どうやら。

テレビ埼玉『スパイ大作戦』は、あいかわらずジングルの「トッテケトッテケトテチテター」の音がとれないのが口惜しい。どうやらディミニッシュ系のスケールらしいのだが、こんな単音がとれんでなーにがセンセーか。「俺は音楽には向いてないな」なんて思って落ち込む。


今日の晩飯:

煮凝りはふつうにステーキ風に食べたとしてですね、「シャケ缶に刻み生ウコン」という訳の判らないものを作っている最中になんでか右手傷口から大出血しました。なんだろう。

あとは「厚揚げとモロヘイヤと鶏肉の煮物」とか、そんな感じ。


明日は、
いらかのmidiがまだできてなーい(爆)。
中野芸能小劇場に行ってみること(ダメモト)。
お天気がよかったら町内牡丹巡り(毎年の習慣)。
忘れずにウルトラQを録画すること(先週は手緩い出来だったが)。
2004年04月12日 23時50分19秒


2004年4月11日(日曜日、のんびり)。

午前7時、きわめて快調に起床。ここまで調子いいのは半月ぶりだなあ(ダメじゃん)。
朝、コーヒーとバナナチップ。あとデカレンジャーと仮面ライダーがさっぱり判らん。

テレビ朝日『題名のない音楽会』で、「街で聴いた人気ピアノランキング」というのを演っていたもので、上位30位までを採録しておく。
  1. Energy Flow(坂本龍一)
  2. Let It Be
  3. ラ・カンパネラ
  4. ラプソディ・イン・ブルー
  5. 月の光(ドビュッシー)
  6. Your Song(エルトン・ジョン)
  7. 別れの曲
  8. Summer(菊次郎の夏)
  9. 乙女の祈り
  10. ジムノペティ第1番
  11. ピアノ協奏曲第2番(ラフマニノフ)
  12. セナのテーマ(キャグネット)
  13. トルコ行進曲
  14. Imagine
  15. ピアノ協奏曲「宿命」
  16. 戦場のメリークリスマス
  17. 渚のアデリーヌ
  18. クレオパトラの夢
  19. あこがれ/愛
  20. 幻想即興曲
  21. ピアノマン(BJ)
  22. 英雄ポロネーズ
  23. Without You(ニルソン)
  24. She(エルビス・コステロ)
  25. Saturday in the Park(シカゴ)
  26. Waltz for Debby
  27. Entertainer
  28. アラベスク第1番
  29. エリーゼのために
ふうん、どうでもいいけど半分くらいしか知らん(ぉぃぉぃ)うえにあんまりおもしろいものがないなあ。個人的には、たとえばドビュッシーなら『小さな羊飼い』か『ゴリウォッグのケークウォーク』あたりが好き。

漏れているところとすると、

  • チック・コリア『Children's Song』、
  • モンク全部(せめて『ダイナ』くらい入れとけや)、
  • キース・ジャレット『ケルン・コンサート(1番)』、
ってところか。あとモンティ・アレキサンダーとか。それと『ボレロ』は入ってくると思ったんだけどな。
ほんとはベルギーでトゥーツと演っていたおっさんとかミシャ・メンゲルベルク(だっけ?)とか、北欧系で好きなピアニストがいっぱいいたんだけどぜんぜん思い出せない。というかマジでここ10年ほどはモンクしか聴いてないしなあ、いかんなあ。

新宿まで出て、昼飯は奢って中村屋のカレー。うん、こんなもん喰ってる場合じゃあないんだけどなあ。ついでにイシバシ楽器で音叉を買って、「440Hzじゃやっぱりちょい低いな」なんて思いながら、まあそれしかないんだからしょうがない。

というわけで16時に渋谷へ。


今日は某ウクレレ協会の打ち合わせで、

あの

トラヴィス・ハレルソンが

来日する

のを迎撃するための企画会議である(なんで俺が参加しているのか)。任されるところはちょいと任されて、まあいろいろと。

終了後、なんでか千歳烏山(何故だ!)まで出て、東大宮の巨匠とか王者とか重鎮さんとかとウクレレなど弾きながら楽しく5時間(笑)。


明日は、
これといってとくになし。
そうそう、歌舞伎町のルノアールに電話すること。
2004年04月12日 01時38分09秒


2004年4月10日(土曜日、センセとか)。

生皮を剥ぐ。 ついつい深更に起き出して、なんかものすごくくだらない作業(まるみライクなやつ)などしてしまう私。だからさあ、どうせ活動するなら経済活動しようよ>>俺。いらかのmidiも終わってねえしよ、んとにもう。

BGVはエアチェックした『アンドロメダ…』(クライトン『アンドロメダ病原体』と言ったほうが通りがいいかしらん)で、ギルメレに漬かる終末感たっぷりの土曜日の朝。そういえば『フェイズIV』をまだ入手していないなあ。

とりあえず燃えないゴミは提出して、お洗濯もして、と。


クヤシいので(なにが)、ペンシルベニアのデイブさんに『涙そうそう』の録音などお送りしておく。あとで『亜麻色の髪の乙女』あたりも送っちゃおうかしら。
ついでに『豪華客船ゴライアス号の奇跡』も観たのだが、あそうか「ゴリアテ」か。気づくの遅すぎ俺。

今日の某生徒さんからのメール:

ストロークはなん連がきれいでしょうか?
面白い。
『Close to You』を(僕は男の子だから)「That is why all the boys in town follow you all around」って歌った話を生徒さんにしてみたら、
私もFollow ME all aroundで歌ったらおもしろかったですね、
って、蹴っ飛ばすぞ(笑)。

センセー近影。 今日のセンセー!:ダブル。

珍しく定刻ぎりぎりにHawaiian Dream到着。それでもサトミちゃんに「カサブタの剥がれた傷」を自慢して、「すっごく抉れてて痛そう」って喜んでもらいました。なにしとんねん。

1. 生徒23号さん16回目。
なんか神宮で大学野球を観戦なさってきたのだそうで。
早稲田はまたホームランで点取って投手が捩じ伏せて勝ったんだってさ、ほんとに昔からパターンが変わらねえなあ(最高学府のくせに)。23号さんは少年野球の審判もしていた筈だから、ほんとはディープに野球話などすると面白いんだろうけどな、教室の則からは外れるな。『巨人の星』か『侍ジャイアンツ』のテーマくらい仕込んでおこうかしらん。
まずは『Believe』という曲の譜面を出してこられて、なんかNHKの生き物地球紀行というののテーマらしいんだけど、センセはさっぱり知らん(帰宅後に調べてみたら、けっこう広く歌われているんですね)。

物件はピアノ伴奏付きの2声くらいの譜面で、

このG on Cっていうのはなんなんですか?
って、なるほどね、いい疑問です。ちょうどピアノ譜がついているものだから好都合で、
  • ベース音の指定であること、
  • ウクレレの場合にはたとえばふつうに0102のFを弾いても「F on C」になっちゃうこと、
  • この場合は「ペダルポイント」と言ってベース音が固定されていること、
  • 同進行でベースノートが移行すると感じが変わること、
などをご説明する。あとは細かいsus4とかメジャーセブンスのご説明もして、と。

おや、C7sus4とFsus4が両方とも1100だ(笑)。ウクレレっておもしろいな。


続いて『Over the Rainbow』で、指遣いをちょっと診るくらいで、あとはセンセの気分でどんどん進行が変わっていく(迷惑な(笑))。
あと奥さまがちかぢかお誕生日なのだそうで、ずいぶん以前に書いておいた『Happy Birthday』のタブ譜もお渡ししておきました。こんなのは30秒で弾けるな、23号さんなら。

あとは次回までに希望曲をメールしていただくことにして。
いや、『TSUNAMI』というリクエストはあったのだけれども、どうやら曲の完成度が高すぎてセンセーにはいじりようがないんですよ、申し訳ない。


2. 生徒31号さん5回目。
『イパネマの娘』『Crazy G』をちょいと弾いてもらって、動きがぎこちないのは宅練でなんとかなるとしても、ストロークがちまちましているのがセンセーは気に入らない。というわけで急遽ストローク大会決定。

というわけで「ハネるダウンアップ」と「3連のダウンダウンアップ」ばっかりやること30分。物件は『お座敷小唄』をご存知ないそうなので(まあ若い娘さんだからなあ)、『上を向いて歩こう』とか『バンプ』とかだな。どうにもサムアップの勢いがないのだが、このへんは宿題。

終了後、31号さんと新宿駅まで歩く。なんか俺ってば以前にCDをお預かりしているらしいのだが、行方不明だなあ。
来週ちょっとDJを演るので、要るんですよ。
へえ。とにかく探しておかなきゃなあ。
次回のリクエストはストーンズに決定。
ストーンズは4回行きましたから。
ふふん、センセーは1990年に5回行っとる(笑)。
選曲のほうは、センセーは偏ってるからなあ、
  • Start Me Up、
  • If You Really Want to be My Friend、
  • She's so Cold、
  • As Tears Go By、
ってとこか(ほんとに偏ってる)。ベスト? 『It's Only Rock'n'Roll』に決まってるじゃあありませんか。あとしょぼく『Satisfaction』とか演ってみるかなあ。ああ、楽しい。

今日のニュース:

  • シュワルツェネッガー知事、マウイ島で人命救助。
  • 渡辺謙、『バットマン』第5作に出演決定。やめときゃいいのに。
  • 人質問題でアメリカが支援表明。エンテベ(アメリカじゃないけど)かランボーしか思いつかんが、大丈夫なのか。
  • ユニバーサルスタジオ、映画『キングコング』のプロモーションでNTTドコモ代々木ビルのてっぺんにキングコングの等身大人形を設置決定。
  • マルセイユ沖でサンテグジュペリの墜落機発見。
  • ダイドードリンコ、深海3,000メートルにタイタニックを観にいくツアー懸賞実施(応募してみました)。

生徒さんからメールで、西川口のスーパーライブ(てっちゃんとか重人とか)を観にいったのだそうな。
素直に嬉しい。どんどん聴いてくれ。

夜中のフジテレビで森山直太朗が『桜』というのを歌っていたのだが、昨年3月末にNHKホールで聴いたときにはぜんぜんダメだったのが、ものすごく良くなっていた。

当時の僕のコメントを再録しておく(↓)。

次に出てきたお兄さんがピアノ1発をバックに歌うのはいいのだけれども、妙にファルセットが多いし、そのファルセットをラクして出しているものだから、子音は立たないし母音は美しくないし音程もよろしくない。つまりやり方を知らないかヘタか手を抜いているかのいずれか。
今日聴いたところでは、ファルセットと実音の使い分けができるようになっていて、発音も良くなっていて、音程も気合いが入っていた(正確であることは、この場合には重要ではない)。僣越で申し訳ないのだが、これなら聴ける。コブシとか半端な沖縄も含めて、将来楽しみだなあ。

明日は、
16時から、トラヴィスの打ち合わせで渋谷。トラヴィスっちゅうと『Taxi Driver』しか思いつかない因果な儂。
2004年04月11日 00時11分30秒


2004年4月9日(金曜日、カサブタトレタ)。

手を洗うとひりひり。 朝起きて、お洗濯などして、食器をちょっと洗って、と。
お風呂から上がったところで右手の瘡蓋がぺろりんと半分ほど剥げたものだから、思い切って「えいやっ!」と引っぱがす。ちょっと痛かった。
ちょいと出先作業などして疲れ切ってから、Hawaiian Dreamへ。

早めに着く心算で西新宿を歩いていたら、なんでか20メートルおきくらいで、ガイジンに3回ほど道を尋ねられる。なんでやねん。
ヨドバシカメラと小田原急行はすぐ判るんだけど、「メトロポリタン・タワー」ってなんだろう。まあいいや、都庁でも教えとけ。ち、時間喰っちまったぜ。

Direction is this, down the step and turn left, then walk 5 minutes underground geradeaus.
あ、通じた(笑)。

今日のセンセー!:生徒18号さん16回目。

今日を含めてあと3回で3クール終了、とうぶんお休みとの由。まあ演奏は堂に入ってきたし、センセもそろそろ教えるネタが減ってきているし、ちょうどいい加減だとは思うのだけれども。

ベテラン生徒さんだけあって、カリキュラムも勝手に決めてくれるのでセンセーらくちん(笑)。

今日は前半は『涙そうそう』と『FFT』で、後半は『Close to You』にしましょう。
はいはい。センセー、今日は電池切れかけてますけど。
レッスンが終わるまでは動いていてください。
はいはい。今日はキルト教室もあるので、バックヤードでタバコ型強化剤(って、『8マン』はご存知ないだろうなあ)を服用しながらの授業となる。

さきに『Close to You』の歌詞カード(コードネーム付き)をメールでお送りしておいたのだが、

あのコードネームはどうやって付けてるんですか?
(Word文書の)上付き(-9とかですな)ってどうやるんですか?
なんの教室なんでしょう。
コードネームはテキストボックスをレイヤーしてあって、上付きは「書体」タブから選んでいきます。
バックヤードのPCを使って説明するセンセー。なんだかなあ。
『涙そうそう』(in Fのソロ譜)はリズムがよう判らんかったとのことで、ちょいとずつ実演しながら演っていく。あとは単音のところでもなるべくコードフォームを押さえておくように指導して、けっこう形になってきたと思う。
『FFT』は概ね弾けていて、「でも上手に弾けないんですよねぇ」との由にて。
たぶん丁寧に弾きすぎなんですよ、少しセンセーを見倣って勢いつけてですね。
とは指導しておいたのだが、そういうものかなあ。まあいいや。妙なオルタードがいろいろ入っているなあと思ったら、どうやら僕が教えたもののようです。あらまあ。
ウクレレ端午の節句。
端午の節句向けの『Close to You』の弾き語りは「音がとれませーん」とのことで、ちょっと聴いてみたらなんのこたぁない、キーが合わないんだな。in Cでお渡ししていたものをとっととin G(原調)に書き換えて、と。

歌詞に「That is why all the girls in town follow you all around」という部分があるのだけれども、ちょっと歌ってみせた僕は無意識のうちにきっちり「all the boys in town」って歌っていましたな。俺ってちょっと偉いかもしれない、とふと思いました。


なんで電池切れてるんですか?
出先作業がありましてね。だからメガネも素通しだし。
あ、何かが違うなあ、とは思っていました。
こんな感じ。 すごい観察力だ(笑)。あと傷がすごく痛そうなのだそうですが、もうどうってことありません。
終了後、18号さんが「ここに行きたいんですけど」って地図を出してきて、見てみたらなんのこたぁない、目をつむっても行ける西新宿『マルセリーノ』のお向かいでした。というわけで新宿西口までお送りしつつ、『Close to You』の構成など相談しつつ、と。

今日の東中野ライフでお買い物:

  • 蛍光灯にくっつける豆電球2つ、
  • 豆乳、
  • 冷凍エビチリソース、
  • イタリアンサラダ、
  • パプリカ、
  • 明太子ポテトサラダ、
  • カルピスキッズ(4本組)。
調理意欲のないことがよく判りますな。あとメイラクの大豆飲料をなぜ置かないのだ>>ライフ。

今日の西川:

7月4日のT.M.Revolution西川貴教市川公演のチッキをとってあったのだが、なんでか東北ウクレレサミットとバッティングしてしまったもんだから、ローソン店長に廻してあげることにしました。
まさか・・・リビさんって神ですか? (。・x・)ゝ
そうですよ(罰当たり(笑))。

帰宅して、CX『浅見光彦シリーズ』の舞台が沖縄なので観てみたら三線出ずっぱりで楽しい。犯人? 知らないよ。
あとなんか齧って寝る。

あ、最後のカサブタが取れた。


明日は、
18時からセンセーのダブルで、
生徒23号さん16回目は、『Over the Rainbow』と『FFT』は診るとして、あと『TSUNAMI』の準備をしておかんとなあ。
生徒31号さん5回目は、『イパネマの娘』と『Crazy G』かな。前者で「ンチャキ」は演るとして、後者は指の入射角の調整。あとなにか適当なもので3連のストロークも演って、と。
2004年04月10日 00時30分57秒


2004年4月8日(木曜日、やっぱちょっと痛い(甘えんな))。

なんだろう、歩いていてですね、近所の下水溝からも妙正寺川からも、自慢じゃないけど家の風呂場の下水溝からも(重石をしておかないと鼠が入り込むようなところなんだな)、塩素臭が強い。なにか作戦でも実行されたのだろうか。
ものすごく穿って考えるならば、しばらくは湧き水や上水道水の飲用も控えたほうがいいのだろうか。

考えすぎだってば。


ますます快復基調。 今日のセンセー!:お昼からダブル。

Hawaiian Dreamに到着するなりスタッフのサトミちゃんに傷を自慢したら「見せて見せて。うわ、痛そー」つうて喜んでくれました。なんだそりゃ。

それで事務所にいらしたお客さんが「YAHOO!のメールにログインできない」というもので、ちょっと様子を診てみる(なに屋さんなんだ私は)。僕は入れるのだけれども、あそこのPCってちょっとCaps LockとかNum Lockの具合が特殊だからなあ、そのせいなのかなあ。けっきょく原因不明。


1. 生徒35号さん4回目。
まずは念のためということで、『世界に一つだけの花』(in C)のストローク。とくに悩みもないのだけれども、たまにローコードのFやAmで中指の腹が3弦に触れちゃうのが気になるなあ。まあ本人もけっこう気づいているからそのうちなんとか。コードの変わり目で音が切れちゃうのは指摘して、運指はできているのだからこれもそのうちなんとか。あとはストロークが小さくて弦4本をぜんぶ弾いてくれないんだよなあ、これはあとでストロークをやることにして、と。

続いて『花』(in F)は、Bb(1123)のセーハがうまくいかなくてですね、ちょっと診る。これもストロークが小さいのは措いといて(「4本弾いてください」、というのはくどく言いましたけどね)、Bb以外は問題はなさそうなので、in Cでもちょっと弾いていただいて、曲になっていることと、とくに問題のないことも確認して、と。

あとは『Crazy G』をちょっと。今日はコバ譜で4段目までを軽く。

というわけで、さて今日の眼目のストロークだ。とりあえずフォアダウンのサムアップで「ハネ」を演ってみて、音はちゃんと出ているのだから有望なのだけれども、「ハネ」が「スクエア」になりがちだなあ。というわけでなんでか『お座敷小唄』を引っ張りだしてきて、と。これをスクエアで弾けたらそれはそれで却ってたいしたもんだ。

終わり際に登場した生徒14号さんに『Crazy G』の模範演奏をお願いして、天気のいい屋外でタバコ休憩を決め込む先生なのでした。いい教室だ。

というわけで、宿題は「中指の腹」と「Bb」と「ストローク」、ついでに『Crazy G』といったところか。


2. 生徒14号さん14回目。
いい感じで袋小路に入り込んでいるみたいで、まずは悩み相談室から。
ずうっと弾いていると、曲が「こういうふうに演ってくれ」っていうのが聴こえるんですよね。
いいことじゃありませんか。
その通りに弾けないんですよね。
そういうときには、「弾かずに、まずイメージを作る」という手もありますよ。
弾かないとヘタになるんですよ。
いいじゃないですか、1日分ヘタになったものは、1日で取り返せますから(と、自分では信じていないことを平気で口にするセンセ)。とは言うものの、どうしたものかなあ。

とりあえず、前回持参のCDから拾っておいた『Bye Bye Blackbird』(リンゴ・スター版、だっけ)のイントロを単音で演ってもらって、もろ「ピアノ弾き」(いちいち1本指で押弦するわけよ)になっていたのをちょいと治して、ついでなのでハイポジションでの弾き方を指導して、と。

ついでに、生徒さん持参の市販譜のコード進行がどうにも気に入らないものだから、てきとうにいじっておく。いじるったって、大スタンダードなんだけどな、まあ適当に。それでディミニッシュとかオーギュメントとかハーフディミニッシュとかを盛大に入れちゃったものだから、そのへんもてきとうにご説明して、と。これは馴れてもらってから弾き語りを指導ということ、かなあ。

あとは『涙そうそう』をちょっとだけ診て、本日終了。

生徒14号さんはこれから修行の旅に出るそうなので、しばらくお休みだそうです。ときどき「独り立ちしよう」という生徒さんがいらっしゃるのは、嬉しい(正直なところ「りびけんがセンセーではダメだ」ということであってもぜんぜん構わない。知らない同士が出会えばそういうこともあるだろうし、狭い業界でもあることとて、またお会いすることもあるだろうというのが楽しみでもあるし)。
今日の健康:

先日の献血の検査結果が届きました。

赤点は、

  • GOT(肝臓廻り、低いほうがいい)が84IU/L(前回60)、
  • γ-GTP(肝臓廻り、低いほうがいい)が153IU/L(前回116)、
で、GPTとコレステロール値もけっこう上昇しているということは、なんだよアル中街道まっしぐらかよ。知らん。別に俺なんかどうなったっていいし。
今日は中野郵便局に寄ったついでに無料血圧測定をしてみたら(優れたマーケティングだとは思う)、
  • 最高血圧 140mmHg、
  • 最低血圧 87mmHg、
  • 脈拍数 97bpm、
でした。血圧はふつうだとして、なんで不在配達物件を受け取るのに脈拍を上げているのだ俺は。

今日の無駄話:

朝日新聞のネットニュースを眺めていたら、
実際に販売するかどうかは未定という。
という文章に出くわした。ここんとこ「実際に販売するかは未定という」といった表現がずうっと目障りだったもので、ちょっと嬉しい(簡単だな、俺)。いや、マジで「するかどうか」っていう「Y/N」をかなりきちんと表現した言葉って、死語になりかかっているような気がするの。
なにかの資料を読んでいたら、能く知るおでん研究家(元・大道芸研究家)がいつの間にかハンバーガー研究家になっていて、ハンバーガーについてコメントしていた。大したもんだ。
ちなみに、佐世保の呑み助さんたちは飲み屋帰りに佐世保バーガーを食べて仕上げるのだそうな。俺としては信じがたい話で、屋台の醤油ラーメンか、せめて「えぞ菊」の味噌バタコーンに胡麻たっぷりあたりが定番なのではないか。大島ラーメンでもいいけどさ。
知り合いつながりで、週刊文春(発売中)に「ピンク映画の人気復活」みたいな記事が掲載されていて、映画館「シネロマン池袋」の支配人の小林十君がコメントを寄せていた。彼の日記はときどき読んでいるのだけれども、なかなかにハードで打ちのめされる。俺なんかぜんぜん甘いよ、階段でコケたぐらいがなんだ。
マインズタワー(南新宿にある偉そうなビル)の回転ドアが「停止」されていました。時期的な理由も判るが、もともと風が吹くとえらい勢いで廻っていたような気もするのだけれども。いや、あのへんのビル風って半端ないし。
お散歩していて「キリスト集会所」という建物を見かけました。誰が集まるんだろう(答:キリストさんなんでしょうな)なんていうくだらないことは措いといて、定期的に「パン裂き」というイベントがあるらしいんですな。「ワイン(赤ですね)は出るのかな」なんて考えながら通りすぎる罰当たりな私。
コバちゃんの「楽書帳」(BBSである)にアメリカから書き込みがあって、なんか「西海岸ウクレレフェスティバル」みたいなものが開催されるらしい。ブライアン・トレンティーノとかジム・ベロフさんとかが出演するらしいのだが、開催日程くらい書いとけやアメリカ人(4月の22日から25日だそうです)。
ちなみに「子どものためのウクレレ」というプログラムがあるもので、そのへんには注目する私。
同コバ掲示板に『高松東宝さよならイベント〜おとなの東宝チャンピオンまつりin高松東宝』の告知もあって(もう終わってますけど)、ラインナップがですな、『キングコング対ゴジラ(短縮版)』、『ハワイの若大将』、『殺人狂時代』、『ルパン三世念力珍作戦』、『椿三十郎』ときて、だいたい納得するけど、あれ? ドラえもんがいない(笑)。

あと『キングコング対ゴジラ』が『チャンピオンまつり』なのだから短縮版であるのは判るのだが、短縮版公開当時にはたしか朝日新聞論説委員だったかすらが「キングコングとゴジラのどちらが勝ったのか判らない」と書いていたような記憶のあるものすごい短縮だったとは思うのだが(朝日新聞は後に『ロッキー』評を書いて「引き分けか、あるいはアポロの辛勝」っつってたからな。芸能部はジャーメイン・ジャクソンのビデオを褒めていたり、『オルカ』を「想像上の動物」と書いたりもしていたからどうしようもなくあてにならないんだが)、ここは全長版をどこかから探してくるわけにはいかなかったのか、ともふと思う。まあ終わっちゃったからいいや。


昨晩の放課後に飲みにいった生徒さんは「蜂蜜博士」であることが判明。校長先生と話が合っていました(おいてけぼりの僕)。
テキスト入力のお仕事を仕上げてメール納品するにあたって、「これこれの留意点がありました」みたいなコメントを付けて、「今後ともよろしくお願いします」みたいなことも書いて、と。

1分後にまた発送したメール。

SUB:添付を忘れました。
あいかわらずです(苦笑)。
┌─┐
│り│
└─┘
しょうむない、それでもプロか。

夜、またビデオで映画など観て泣く。

社会参加していない立場ってのはラクだよな(俺のことね)。それでも生命維持のために喰って寝る。


明日は、
19時から生徒18号さん16回目。こちらは『端午の節句』の打ち合わせで、あと『涙そうそう』のソロを軽く。
2004年04月08日 22時42分05秒


2004年4月7日(水曜日、リハビリ中)。

ますます快復基調。 食事中のかた、ごめんなさい。

どうにも瘡蓋が剥がれるなあと思ったら、Gパンのポッケに手を突っ込むたびに(これは日常生活動作でしょう)なんか剥がれているらしいんだなあ。それで剥がれたところから妙な汁が出てきました。まあいいか。

薬指あたりの浅手は、そろそろ痒くなってきました。いいことだ。


午後から(なんでさいきんこの日記に食事の記述がなかったり時系列が飛んだりしているのかというと、たいがいいちにちじゅうリハビリで寝ていて飯も喰ってないからなのだな。今日も午前中は寝ていました)、某所事務所まで行って出先作業。わりと手早く終了、そこそこうまくいったかな。

ついでなので、某所事務所で某生徒さんリクエストの『Close to You』の譜面も書いて、と。


coconut ukulele 今日のセンセー!:生徒30号さん11回目。

端午の節句には旅行中で、出演できないそうです。なんだつまらん。あと、傷自慢など。

家の近所(正確に言うと、偶然だが僕の家の近所)をお散歩中に、道ぺたの「ご自由にお持ちください」コーナーにココナッツウクレレがあったもので頂戴したのだそうです。バインディングもあったというから、たぶんこんな感じ(→)なんじゃないかしらん。ナットも使えるしチューニングもできるしフレットもちゃんとしてるみたい、と30号さんが言うのだからちゃんとした品なのでしょう、おめでとうございました。

今日はまず予定の行動として、チューニングで「ピッチパイプでどこかの弦だけ合わせて、あとは耳で合わせる」というのをちょっと演ってみてですね。うーん、数セントの高低は判別できるいい耳なのだが、3度も離れると怪しいぞ(笑)、ということが判明。まあ弾いてりゃ「ヘンだな」と思うはずだから、それはそれでいいや。

続いては懸案の『FFT』で、部品はまあまあ揃っているのに繋がらないもので、親指の位置(僕はだいたいナットの裏で固定)、細かい指遣いなどいじっていく。第一関節がよう曲がらんのはいいとして(いいとして、だ)、だからこそセーハが大事なんだろうなあ、という話なんだろうなあ。あとオルタードはあんまり多用すると甘えちゃうから注意するように(と、生徒さんが読んでいるのを知っているのでわざとらしく書く私)。

『Crazy G』をちょっと演ったのだけれども、よく考えると次回でクール終了でそのあと(いろいろあって半年ほど)お休みだもので、宿題用にたまたま持ってた『Lovely Hula Hands』の譜面などお渡しして、コードの押さえ方などを軽く指導。
曲? 俺よく判゛んね。生徒さんが知ってるんだから大丈夫でしょう。あ、歌詞みつけておかねば。


終了後、校長先生が某生徒さんを飲みに誘ってですね、某生徒さんが「じゃあ1時間だけ」と言うものだから、しょうがないから俺も付き合う。

なあにが1時間かあっ、3時間半付き合って、帰宅して仕事している午前1時の私。まあいろいろあらぁな。


明日は、
14時からセンセーのダブルで、どのみち「端午の節句」のお話はするとして、
生徒35号さん4回目は、
『世界に一つだけの花』でストロークを演ってみて、あとは前回忘れていた『Crazy G』ってところか。曲のリクエストはとるべし。
生徒14号さん14回目は、
リンゴ・スターの『Bye Bye Blackbird』と『イパネマの娘』(速い)が宿題、
『FFT』と『涙そうそう』がどうなっているのかは診る、といったところか。

2004年04月08日 01時20分37秒


2004年4月6日(火曜日、リハビリテーション)。

リハビリ中。
テキスト入力のお仕事は、信頼できる知人に発注してしまいました。

夕刻から、ランタンのジャムにちょっと顔を出す。今日はハーモニカだけで、ちょいとスタンダードを演って、あとはのんびりと。ピアノもちょっとだけ。


今日の警察沙汰:

帰りがけのハチ公前交差点で、たくさん歩いているチンピラさんたちのなかからひとり選ばれて、お巡りさん3人に職務質問を受けて、所持品検査もされる。まあご時世だから、協力するわな。

内ポケットから、クロマチック・ハーモニカが出てきました。よく見ると機関銃のマガジン(弾倉)に似ていないこともありません。
お腰につけた円筒形の携帯用灰皿もチェックされました。よく見ると薬莢に見えないこともありません。
お財布も点検してもらいました。キャッシュカードの名義が「りび」になっていました。定期券の名義は「りび けん」でした。どこの国の名前なのでしょうか。

職業はなんですか?
ウクレレの教師です。
嘘くさいですね(笑)。

明日は、
19時から生徒30号さん11回目で、
先ずは「ピッチパイプの使い方」(30号さんなら音感はいいのだから、4弦なりを合わせればあとは弦の関係性を調整していくほうがいい)と、あと3連のストロークと『FFT』と『Crazy G』、あとは「端午の節句」の打ち合わせ、と。
2004年04月07日 02時01分09秒


2004年4月5日(月曜日、センセーとか)。

昨晩深更、そういえばここんところくに炭水化物を摂っていないことに気づいてサンクスへ。きっと白血球が脳に廻っているのに違いない。それでドライカレーとかに生卵を添えて。

いや、食欲もないんですよ、きっと弱っているのに違いない。
諸君、俺を倒すなら今だぞ。


快復基調。 あっちこっちからお見舞いのメールを頂戴しましてですね、ありがとうございます。
なに、骨はヤッちゃってないから、動かそうと思えば動くんですよ、ちょっと痛いぐらいのことでADLに問題はないんですよ(そうなのか?)。

あーもう、やりたいことがいろいろあるのに何ひとつ追いつきゃしない。


今日の「ウクレレ端午の節句」:

ウクレレ端午の節句。

子ども課題曲アンケートの回答がぼちぼち届き始めていて、なかに『世界に一つだけの花』が混じっていたので、「これかな」なんて思っているのでした。なんでも小学校1年生の教室の壁に歌詞が貼ってあるのだそうです。

せっかく講習会をやるんだったら、どうせなら一生いつでも弾ける曲がいいのだろうし、言っちゃなんだが『ドラえもん』や『ディズニー』じゃあそうはいかないのではないか、という気もするの(ディズニーのクォリティは認めるが、思想性を僕はあまり好かない)。

『世界に一つだけの花』だったら、今後けっこう長いこと人の記憶に残っていそうな曲ではあるし、リフは弾ける人に弾いてもらうとして、ストロークも4つからテンテケまで入れられるし、「そうさ僕らは」でリズムの決めも判りやすいし、in Cならなんとか、なるかなあ。いや、子どもをバカにしちゃいかん。でもまあリサーチは続けるわけだが。

あとあれだな、講座の劈頭でどなたかに「模範演奏」というか、「面白いことができる楽器ですよ」ってのは演ってもらったほうがいいなあ。さいわい『鉄腕アトム』とか持ち歌にしている人がいるのだが、さいきんのお子さんはご存知なのだろうかしらん。

そう考えてくると、「子ども絡みの曲」というよりは、「今どきの子どもが喜んでくれそうな演奏」のほうをディープに考えた選曲のほうがいいのかなあ。


某生徒さんからは「『Close to You』(レゲエじゃないほう)を演りたい」というリクエストが入りましてですな。観察日記から言うとたぶんin Cで行けると思うんだけど、いちおう原曲を当たるとすると‥‥ネットでMP3というのも業腹だから、レンタルCDでも借りてみっか(それはそれでダメじゃん)。
Close to youは確かに節句とはなんら関係のない歌ですけど、、、小さい子供達にもきっと好きな人はいるだろうし、思われる人に育ってね、という気持ちをこめて歌いたいと思います。
はい、満点。これもこれでいい選曲のような気がしてきました(センセー魂も込みで)。

今日のセンセー!:ダブル。

1. 生徒19号さん5回目。
お仕事の会議だそうで、中止。頑張って日本経済を支えてください。

2. 生徒33号さん10回目。
センセーがなんにも言わないうちから『カイマナヒラ』のコードストロークで弾き語りを始められましてですね、こっちはいい感じなんだけどなあ。単音含みのソロになるととたんにリズムが崩れちゃうのは、やっぱり「ウクレレに対して構えている」ということなのかなあ。

とりあえず「タップを入れて4拍子を維持する」ようにして、ややこいところの指遣いはちょっと診て、といった感じかしら。そんなことであっという間に1時間。

リクエストは、『島人の宝』(僕は本州人なので「ぬ」とかあんまり書きたくないのですよ)、『鈴懸の径』、といったところ。まいったな。


終了後、ふくちゃんとタクヤさんと、和民でディープに「端午の節句」の打ち合わせなど。

明日は、
ランタンのジャムセッションに行ったり行かなかったり。
25時から東京12チャンネルで『ウルトラQ』の再放送が始まるので、エアチェックを忘れないこと。ざっと見回して、脚本に上原正三(原案に金城哲夫(!))、小中千昭、高橋洋、監督に実相寺昭雄、金子修介、黒沢清といった感じ。観ないと怒られる(俺に)。
2004年04月06日 02時01分20秒


2004年4月4日(日曜日、オハナ見)。

痛いんだってば。 とりあえず「おそらく俺は俺の頭部を守ったのだろう」という結論が出たことを以て、今回の不幸な事故については俺は俺を不問に付してやることにしました。 なんせうっかりすると死んでいたんだからなあ、ほんとにもう。
まあ「死んでいたかもしれない」ということなら、
  • 子どもの頃に「崖登り」をしていて、いつの間にか「地上50メートル」まで登っちゃって降りられなくなった、
  • 百人町のおでんの屋台で呑んでたらヤー公にボコられた、
  • 北軽井沢を自転車で走っていてバスにはねられて崖下に転落した、
  • 凍結したいろは坂を自転車で下っていて滑落して、自転車だけが崖下に落ちていった(僕はガードレールにひっかかった)、
  • 糸魚川あたりの海沿いを歩いていて、バイクに煽られて日本海に落ちた、
  • フランクフルト中央駅で拳銃強盗に襲われた、
  • 花見の帰りに自転車で転んで顔面を打ったら、前歯が唇を突き抜けて、ついでにデコの頭蓋骨が見えた、
とかまあいろいろあるわいな。
いぐっちゃん。 昨日ばったり出会ったいぐっちゃんにも「その手、どうしたの?」って言われて説明していたらツレに「バカじゃねえの」って言われましたが、だからバカなんだってば。

等身大で生きていく私。


今日の練習:

ちょっと早起きしたもので、池袋までホイホイ・オハナの練習会を覗きに行く。今日の練習曲は知らないハワイアン(というか、たいがい判らない)が3曲ほどで、譜面がきちんとしているからなんとか付いていける感じかしらん。見ると部屋の隅にグランドピアノがあるもので、今日はお邪魔にならない程度にベースとコードを刻んでいく。

どうでもいいけど、「先生」って呼ぶのやめてほしいんですけど(笑)。あたしゃウクレレはところどころ判りますけど、ハワイアンはさっぱりなんですってば(威張るな>>俺)。

練習後に1時間ほどの「一芸披露大会」があって、僕の演し物は『涙そうそう』(in Fのインスト)でした。


帰宅してみたら、手が腫れてました。阿呆かい(笑)。

久し振りに『でたぜん』の掲示板に書き込みがありましたな。ふむ。


今日の無断リンク:

なんじゃあこりゃあ!

今日の国際交流:

ウクレレのトラヴィス・ハレルソンとっつぁんが5月に来日なさるとのことで、招聘元からなにごとか頼まれる。え? 俺、なにすんだろう。

明日は、
センセーで、
生徒19号さん5回目は、左手の角度が大問題なんだよな。どうすっかな、とりあえずコードストロークからやり直してみっか。
生徒33号さん10回目は、明日は昭和歌謡で遊んで、と。ヘタにストロークなんか入れないほうがいいと思うもので、そのへんの人体実験(すごい教室だなあ)。
2004年04月05日 00時09分56秒


2004年4月3日(土曜日、芝居見物)。

痛いってば。 怪我がどうしたっ、言い訳してんじゃねえよ俺!

ってなわけで右手が腫れてきたのは無視することにしてですね。気合いを入れれば動かないわけでもないんだし、俺はほんとうに「イイワケ」を好かないわけなのだからそれで構わん。ほとんどスポ根。それでいい。


というわけでmidi入力。いたーい。
ついでにテキスト入力。いたーい。
晩御飯で中華鍋を持つ。いたーい。

もうどうでもいいや、なんとかなるものです。


今日の「ウクレレ端午の節句」:

ウクレレ端午の節句。

ウクレレ生徒会(+α)にメールを出してみました(告知URLは準備中です)。

おはようございます、昨晩はなんでか石段のてっぺんからいちばんしたまで転
げ落ちて満身創痍のセンセーです(意外とたいしたことはありませんでしたが)。
今日はウクレレ生徒会&てきとうに同報しております。

                       -----------------------
                        ◇ウクレレ端午の節句◇
                        5月5日(祝)13時-17時
                       -----------------------

前半を子どもさん親子さんを中心とした「はじめてのウクレレ講習会」で、講
師はなぜか僕(子どもが泣きゃせんか(笑))。後半は一芸発表「フリーステー
ジ」を行います。会場はHawaiian Dream、会費は一律500円(僕も取られます)。
ご都合のつくかたは僕までお返事くださいませ。

今回のお報せ内容としては、
■前半の「ウクレレ講習会」のアシスタントをお願いしたいと思います。なに、
  いくつかの簡単なコードを教えてストロークするくらいのことなので、難し
  く考える必要はないでしょう。平たく言うと「試験監督」みたいなもんだと
  思ってください。
  お子さん(お孫さん)のいらっしゃるかたはもちろん同伴出勤ですね、よろ
  しくお願いします。
■講座の課題曲を検討したいので、最近のお子さんが「弾き語りたい」と思い
  そうな曲をご存知のかたはお報せください。このままだと『サザエさん』に
  なってしまいますので、お願いたすけて。
■後半のフリーステージですが、たまの機会ですのでぜひご出演を。曲のリク
  エストをいただければ例によって譜面作成から伴奏までお手伝いできますの
  で、ご遠慮なくどうぞ(いちおう「子ども関連の曲」というシバリはあるん
  ですけど、僕はあんまり気にしていなかったりして)。
  なに、ステージに上がっちゃえばなんとかなるもんですよ。

尚、終了後に代々木駅前「和民」でウチアゲがあります(会費三千円)。ここ
まで含めて必修ですので、よろしくお願いします。

参考URL:http://6006.teacup.com/ukehina/bbs

┌─┐
│り│
└─┘

よろしく。
今日のお芝居:

誘ってくれるかたがあって、下北沢は本多劇場へ池田成志の芝居を見に行く。

いやあ、面白かった。東北の寒村にあるリンゴ農園の話なのだが、だんだんスプラッタ&サイコホラーになって、しまいにゃサイバーパンクでしたな。乱闘あり、カーアクションあり、悪魔の毒毒モンスターあり、意外な真犯人あり、死傷者多数。

劇場の近所の花屋さんで「ヒラヤマユキノシタ」という鉢植えが売られていたのだが、なにかおかしいと思う。


今日のばったり:

  1. 新宿駅のホームで絃楽器のイグチのいぐっちゃんとばったり。今日はギターを背負って、「100年前のマンドリン」をお持ちでしたな。

  2. 東中野駅を降りたところで、合唱の潤哉さんとばったり。
東中野ライフで、レジのお姉さんの名札の名字がどうしても読めなかったので、教えてもらいました。ぱっと見はナンパみたいなんだけど、そういう意図はありません。どっちかというと職業柄ですな。
今日の頭脳労働:

金星の英語名が思い出せなくて、でもクヤシイから辞書なんか引かずにずうっと考えていた(かれこれ一か月間くらい)のだが、やっと「あ、アフロディテか」と思って辞書にあたってみました。

なんでさあ、イシュタールとかアスタロトまで思い出すくせにヴィーナスが出てこないかなあ、俺。偏っとる。まあまんざら間違いというわけでもなかろうが。


昨晩のMXTVで映画『ビヨンド・サイレンス』(1996、ドイツ)を放映していたもので、「ビデオ屋さんで見かけたことないなあ」と思ってエアチェックしてみました。いい映画だと思うの。

話は、聾の両親を持つ娘さんがクラリネット奏者として成長していくというもので。娘が小学校を休んで両親の手話通訳に行ったりするわけで、つまり通訳者の手配が進んでいないってことなんだろうなあ。ドイツも大したことねえのかなあ。現地をうろうろしてみた範囲ではそんなこともなさそうだったのだが。

娘さんの国語の成績が良くなかったり、生まれたばかりの妹に聴覚があるのを娘さんが喜んでみたり、眺めていてイタい部分もちょいとあるが。どなたか「使用済みVHSテープ」が欲しい人、います?


転落事故の経緯を真剣に考えてみる:

林芙美子記念館前の石段(通称「四の坂」)の上から下まで落っこちたわけなのだが、まず途中の2か所の踊り場をどう通過したのかが判らない。転落の規模(50段くらいあんねよ)のわりには傷が少ないのもよく判らない。まあ、運がよかったということなのだろうなあ。
なにしろ落っこちたときは必死だったからなあ。

傷は、

  1. 右手の甲に派手な擦過傷、右手親指に打撲(傷の具合からすると「潰れた」感じ)、
  2. 左の二の腕と肘に派手な打撲、左手甲に小さな擦過傷、
  3. 左膝に打撲と擦過傷、
  4. 右尻に打撲、
といった感じ。

ということは、順番としては「3→1と2と4」ってことかな。階段で蹴躓いて左膝から落ちた俺は、咄嗟に反転しつつ右手で後頭部を庇いつつ、左腕で受け身を取りつつ、ついでに右の尻から落ちたってわけだ。

よし、よくやったぞ、俺。


夜、テレ朝『タクシードライバーの推理日誌』を眺める。オープニングの主人公紹介のコメディリリーフで毎回出てくるレギュラーのヘンな夫婦が、どうやら今回に限って出演していないような気がして気に入らない。

荻野目慶子はどんどん怖くなっていていいなあ。菅野美穂ともども(というと双方に怒られそうだが)活躍してほしい。


明日は、
とーにかくmidiを終わらせること。他のことはしない。
2004年04月03日 22時57分43秒


2004年4月2日(金曜日、痛いってば)。

痛いってば。 まいったな。

はっきり言って、右手は潰れてますよ。どうすんのよ俺。


明日は、
どうしましょう。
2004年04月02日 02時33分04秒


2004年4月1日(木曜日、生傷)。

痛い痛い。 今日のナマキズ:

昨晩はちょいとお買い物にでたついでにすっ転んでしまってですね、右手大破(親指を潰しかけました)。左手と左肘もちょっとイッちゃった。左膝に擦過傷。右のお尻に打撲。Gパン血まみれ。どんな転び方をしたのかというとですね、石段の上のほうからですね。

ああ、顔面が無事でよかった(女優だから)。
どうせ階段落ちするんだったら撮影して貰うんだったなあ。

そんでmidiどうすんだよ。
かててくわえて、テキスト入力のオファーを頂戴してしまって、請けちゃったんだけどどうしましょう。


痛い痛い。 朝、電力会社の集金のおじさんがきて、住宅事情の話など少しする。おじさんは区営住宅なんだけど、今年から息子さんが就職なさって「扶養家族」じゃなくなっちゃったもので家賃が上がっちゃってたいへんなのだそうです。まあ僕ん家の家賃はちょっとびっくりするくらい安いからなあ、3LDKなのに。

痛い痛い。 今日の無駄話:

先日はちょいと新宿のヨドバシカメラに寄って、腕時計売場など当てもなく眺める。
今でも機械式腕時計を作り続けているオリエント時計は、クォーツのブランドも増えてきたみたいでなにより。いや、男の子は「機械式」ってものが好きなもんさ。1980年代末にはちょっと一緒に仕事もしたしな、懐かしいなあ、日野工場。わざわざ実践女子大の前を通って工場に向かう大人3人。機械式時計は、当時は「電池のない中国や中東」相手の重要輸出アイテムだったのだが、今やその中国で作ってるもんなあ。時代も変わった。
痛い痛い。 ヨドバシカメラでも総額表示が導入されていたのだが、22,050円の商品がずらりと並んでいるなかに、一つだけ220,500円の品を発見。

いろいろたいへんなんだろうなあと思いながら売り子の女の子に教えてあげたら、

きゃあ、なにこれ。
って言って驚いてましたな(笑)。丁寧にお礼を言われました。
ついでにメガネ売場も眺めてみました。さいきんってテンプルがβチタンだったり、フロントがαチタン(前者がけっこう柔らかくて、後者はけっこう硬い)だったりするんですね。なんでも見ておくものです。

痛い痛い。 今日のナマキズ(2):

  • 爪がえらいことになっている右手親指の角度を工夫すれば、PCのキーボード(はい、親指シフトなんですよ)は叩けるみたいだな。あんまり痛むようならローマ字にしちゃえば楽かな。
  • ウクレレはサムアップが痛いもんで、今日はサムダウンのフォアアップだな。
  • ピアノは、まあ弾けないことはないみたいだけれども。なんとかせにゃ。

痛い痛い。 今日のmidi:

  • 怪我しちゃったもんで右手が使えない(左手でなんとか)、
  • 妙てけれんなエクスプルーシブが送出されるもので(なにしろDX-100って20年前、midi規格発祥の頃のシンセだもんなあ、しょうがないか)入力が演りづらいったらありゃしない、
  • あいかわらずPCはハングしまくり、
  • ミニキーボードだものでオクターブがたまに外れる(フルキーだったら間違える筈もないのだが)、
  • といった感じでものすごく苦吟。
ああ、後頭部の内部(野獣に追われたときに刺激をうける間脳か視床下部だと思う)がひりひりする。
今日のナマキズ(3):

痛い痛い。 夜半、晩飯を作ろうと思ったら握力が出ないもんで調理ができない(ターナーと中華鍋くらい持てないとしょうがないでしょう)ことに気づいて、サンクスでお買い物。
  • おいなりさん、
  • レンジ向け餃子、
  • レンジ向けエビグラタン、
といったところ。とりあえず喰っておかんとなあ。

寝る。

明日は、
湯治にでも行ってくっかなあ。
2004年04月01日 20時58分50秒




2004年3月。

「でたぜん」のトラフィック。
ここのトラフィック。

2004年04月01日 ひまな午後。

get to:       りびけんの国!   ウクレレ天国!   でたぜん!   BBS   納戸   西川