徒然草むしり(2004年6月)。

徒然草むしり。

毎日更新されると思ったら大間違い。
本当のことが書いてあると思ったらもっと間違い。

since from Jul.16,2002.
get to:       りびけんの国!   ウクレレ天国!   でたぜん!   BBS   納戸   西川  

2004年6月30日(水曜日、もう月末かよ!)。

はやすぎる。

もっと人生を楽しんで生きたいと思う私(じゅうぶん楽しいんだけどさ)。


今日のセンセー!:購入決定!

いろいろ悩んでいた生徒さんからメールで、23万円のGStringカスタムお買い上げ! 一生もんです、ジャキジャキ弾いてやってください。

センセーつながりで、荒井由実『卒業写真』のソロ譜を軽く書いてみました。in Fで、ファソーのソがハンマリング・オン。


午前9時くらいに、重低音のものすごいカミナリ様に起こされる。コーヒーとパインチップ。

テレ朝『子連れ狼』の再放送を今日も観る。凄いよ、人は斬られると痛いんだよ、ジタバタするんですよ、血も出るんですよ。こういうものをどしどし放映しておけば子どもの刃傷沙汰もなかろうものを(短絡)。

そういえば今晩は日テレで『丹下左膳』があるなあ。隻眼隻腕の思いっきり身体障害者(ex. 座頭市、唖侍、森の石松、鬼警部アイアンサイド、弁護士水島ナントカ)の主演ドラマってさいきんあんまり観ていなかったような。いちおうチェックしておきましょうかしらん。


今日の『The Core』:

1週間レンタルだもので、最終日でした。5回くらい観た私(バカ)。

そうさのう、ネットをまわっていると「なんで地中が透明やねん」とかいうツッコミも多かったのだけれども、じゃあ真っ暗なほうが良かったんですか? 映画だよこれは。そこはツッコむところではないような気がします。
ダメな奴をずうっと観察しているうちに、だんだん愛着が湧いてきたような気もする私。

というわけで、ラット最高!


昨日は中央線に乗り込んだら、あとから米屋さんが乗り込んでこられましたな。気づいたけどご挨拶はしなかった。もう関係ないし興味ないし。

とまれお元気そうでなにより。


今日の留守電:

そういえばこないだ、いろんなものを拾って代々木交番に届けたりしたのだった。
あの。りびさんですよね。あの。先日、学生証と定期券とあとバスカードとかいろいろ、あの。落としまくっちゃって、あの。
りびさんが拾って警察に届けてくれたん、
です。
ですんだ、
ですけど、

あの。警察行って定期券とカードをもらいました。
あの。拾ってくれて、どうもありがとうございます。
あの。何度も電話したんですけど通じない、ので、留守録に入れておきます。あの。ほんとは口で直接言いたいんですけど、すみません。あの。助かりました。失礼します。

可愛いじゃねえか高校生(笑)。やはり日本の若い人は、よく言われるほどちゃんとしていなくはないと僕は思う。

ごめんね、お兄さんはいろいろ忙しいのと借金取りが怖いので(ウソ)、滅多に電話には出ないのだよ。わざわざのご連絡ありがとうございました。やっぱり人生いろいろ楽しい。


テレ東午後ローは『ブリット』だったのでなんとなく眺める。オープニング・シークエンスが凄いなと思って調べてみたら、パブロ・フェロでした。ほら、リメイク版『サイコ』のオープニングでフェニックス空撮からお宿のベッドの上までワンカットで撮ったおかた。あと『博士の異常な愛情』で『時計じかけのオレンジ』で『真夜中のカーボーイ』というヒネた人。

というわけで忙しいのだが、60分目あたりからのカーチェイスはやっぱり観なきゃしょうがないでしょう。やっぱりカーチェイスは一人称とローアングルだよな、なんて納得する私。だいたい中学生が撮っているとしか思えないクルマ同士の殴り合いが素晴らしい(あの距離でショットガンを撃てば間違いなくマックイーンは死んでますが)。


昼、カトキチの冷凍讃岐うどんにオクラ、ホウレンソウ、とろろ昆布、カツブシ、こーれーぐーす。あ、タマゴがない!

今日のセンセー!:ダブル。

お店が引越中で店内ががらんとしているところに留守番まで頼まれちゃって、でもコンクリート打ちっぱなしの店内にキルトがないとほんとうに響きがいい。楽しいので1時間ほど歌いつつウクレレ弾いていました。ときどき店の外に(入ってくりゃいいのに)10人くらいの人だかりができていたことでしたよ(笑)。
1. 生徒27号さん10回目。
堂々の30分遅刻、そのぶんセンセの自己満足演奏が30分延長(笑)。いやまあ、今日は音響がいいからどうでもいいや。結局35号さんも20分くらい遅刻なさったもので、だいたいそんなにクヤしくはないのではないか(「時間を切り売りしている」というセンセー的な発想に基づくわけですが)。

「ぜんぜん上達していないんですぅ」ってのが口癖だったりする生徒さんなのだが、そんなこともなかった記憶もあるけどなあ。まあなか4か月だもんなあ、とりあえず白紙で臨むってことだよなあ。

というわけで、好きに演っていただいた劈頭が『カイマナヒラ』で、これはすごく良かった。なに、たまに音がショボいとかそういうことはぜんぜん構わない、テンポが一定していてノリのいいまま通しで演奏できることこそが大事。よくできました。

続いての『涙そうそう』のコードストロークも、これは僕が合わせて歌うわけなのだが、これも上出来だと思うなあ。

それで今日の本題(それくらいの予測がつくからセンセーやってんのよ俺)の『Crazy G』は、でもまあいい感じなんじゃないかなあ。コバ譜の「0202→5202」でどうしても4弦左手指が3弦に触れちゃうあたりをいじること30分(35号さんが遅刻していてくれて好都合)、指の角度、手首の角度、親指の位置などいろいろいじってみて、今日は目途が立ったかくらいのところかなあ。

とりあえず、自分で考えているよりは上達していますよ。

2. 生徒35号さん12回目。
先ずは前回の『カントリーロード』と、今日の新作の『卒業写真』をまた録音されるセンセー。いやあ、弾けてねえこと夥しいのだが、まあいいや。いずれ『卒業写真』はプロトタイプ(←今日のお昼にビール飲みながら15分で書いた、というほどの意味)だもので、もうちょっと響きとか指遣いとか作り込んでおきますのでお待ちを。メロディくらい弾いておいてくださいな。

『涙そうそう』のin Fのソロは、部品はだいたい揃ってきてはいる。でもテンポがいまひとつだもので「よっつを大事にしてください」というのはお願いしておいた。あと、指がまだ指板から離れがちだもので、「響きを残すこと」と「アルアイレ」は指導して、今日はそんなところかしらん。

あと軽く『Kona Skies』のストロークを演ったのだが、あいかわらずリズムがスクウェアだなあ。ハネのリズムをどう仕込むかというのはセンセの指導方法としても課題ではあるらん。

それで生徒27号さんは、来月のラバーキャットに来てくれそうな感じなのでした。

今日の課外授業:

可愛い女生徒27号さんを「ビールでも」ってお誘いして、そういえば男子生徒だけを疎外するのもなあなんて思ってついでに35号さんもお誘いして(←あらゆる意味でウソですよ、ウソ)、三越裏あたりに飲みに行く。けっこう楽しい。

ちょいと見本で(偉そうに>>自分)ウクレレを弾いていたらお店の人がきて、「もっと弾いてください」って言われたのには驚いた。いい店じゃねえか>>水の賦。

それで、

  • 指遣い、
  • 練習の頻度、
  • ストローク、
  • 楽器の選び方、
  • 人生相談、
  • 今後の教室の在り方、
ってな感じで楽しく3時間。というか、合目的的に教室やってんのも楽しいけど、てきとーに集まってウクレレ(と周辺)談義やってんのも面白いよなあ。

東中野ライフでイカとか買って帰って、ワタは酒蒸しにして、ミはふつうに焼いて生姜と塩でいただく。美味しい。幸せ。

明日は、
マルコメ。

2004年07月01日 01時20分47秒


2004年6月29日(火曜日、書くほどのこともない大活躍)。



    前回までのアラスジ:
    昨晩のりびさんは珍しく朝方までお仕事などしていて、納品を済ませてふと気がつくと午前6時。これは寝ちゃうのもなんですし、だからっつって起きてるのも眠いしなあ、どうしましょう。

さて、朝7時から寝ちゃってもねえ。

というわけで生ゴミを提出してから、お洗濯しながらお風呂を使って、8時半には中野区役所で住民票と印鑑証明を貰っていました。某大手企業(偉そう(失敬))の取引口座を開設するのにそういう書類が必要なんだな。めんどくさいからほっといたんだけどいずれやんないとなんないわけだし、まあこういう「動くだけ」の仕事はこういううすらぼんやりした脳味噌でこなすのが好ましい。

区役所の記載カウンタでテキトーに書類を作成して(空いてたし構うまい)、印鑑ついて投函して、と。

口座ができたからって仕事くれるというものでもないのだが、いちおう見込まれてはいるらしいし、ナシだけは通しておこうという企画だな。なんか手伝えることがあったら言ってくださいね>>年間売上1,000億円の大企業さん。


さてと。ついでなので、引越作業中のHawaiian Dreamをちょいとヒヤカシに行ってみる。あーあ、だぁれもなんにも知らないうちに引越が始まってるよ。

というわけでスタッフ陣が滂沱の汗を流しつつ荷造りだの荷運びだのしている脇で、ウクレレ弾きながらタバコ喫いながら労働歌などサービスの心算で歌ってる人非人。いや、こういうときに僕が手伝うと却って混乱しますから。僕も4年に1回くらいずつお引越はしていますが、最初の引越のときから今に至るまで開けていない段ボールがあるようなロクデナシですから。捨てろよその箱>>俺。


帰宅して(エアコンがつけっぱだったよ、なにしてんだよ俺)、某合唱団の名簿のコピーを70部ほどやっつけてこれも投函。なんかさいきん仕事モードだなあ、俺。いかんなあ。
郵便局に寄りついでに、今日も東中野ライフでお買い物。

ナマのホワイトアスパラがあったもので、珍しいので買ってみました。缶詰はともかく、日本ではナマが売られているのを見たことがなくてですね。以前に西ドイツかどっかでソテーを食べてみたのが美味しかったのは覚えていたもので。しかし調理法は判らんのでした。

あとは寄せ豆腐、ミョウガ、高野豆腐(またかよ)、ミニアスパラ、暑かったものでビール2本。


暑い:

南新宿界隈を歩いていて思ったのだが。

俺がTシャツいっちょでだーらだら汗を流しながら歩いているのに、なんで背広ネクタイで涼しげな顔をして歩いているサラリーマン風のひとがいっぱいいらっしゃるのでしょうか。なにか秘訣があるのか、単にあの人たちが鈍感なのか俺が敏感すぎるのか(失敬)、あるいは冷えたところから冷えたところへの短距離移動ででもあるのだろうか。

実際のところは、学生時代の真夏に金精峠を自転車で越えていてだな、どうやら俺ってば汗腺が壊れちゃったらしいのだけれども。興味のある人は、こんど僕に酢でも飲ませてみれば一発で汗まみれだぜ(笑)。

とは言うものの、やっぱり背広ネクタイってモンスーン気候には向いていないとは思うのだけれども。


昨日のセンセーの落ち穂拾い:

終業後に生徒さんたちと新宿駅南口まで歩く。
18「GStringって、ウクレレとしての立場はどんなものなんですか?」
セ「そうですねえ(間)。カマカとマーチンをキャデラックとロールスロイスとすると、GStringがフェラーリ」
18「よく判りません」
セ「えーと、仲代達也と岩下志麻に対する役所広司
18「先のほうの2人がよく判りません」
セ「じゃあねえ、藤岡琢也と泉ピン子に対するえなりかずき
35「なんか違うんじゃありませんか?」
えーと。「とんがった新鋭」ということが言いたかったんだけどな、うまくいかんものです。
そうさのう、ウィントン・マルサリスとかミシェル・カミロとかに対するゴンサロ・ルバルカバ。いや違う。
「高島屋と三越に対する伊勢丹」
もう誰にも理解してもらえなかったような気がします。

一昨日のワークショップの落ち穂拾い:

  • 『Summer Again』のストローク指導で、たしか平歌(まあぜんぶヒラウタみたいなものなのだが)の後半パートは裏打ちになった筈だよなあと思ってバンスに質問してみたら、そこのやり方も教えてくれました(所謂「ジャワイアン」というやつ)。
    マチネでは指導していなかったみたいだから、質問して正解だったかもしれない。
  • ご一緒した生徒さんが『Kona Skies』のソロワークを弾いているのをジンボさんが覗き込んで「あ、弾けてる人がいる」って言ってました。プリングオフまで弾いているのを見て「俺でも弾けないのに」って感心しておられましたが、まさか生徒36号さんがウクレレ始めてふた月そこそこだとは思うまい、けけけ。
  • 終了後のカニカピラ(まあ、宴会だと思ってください)ではまたバンスを囲んで指導大会が始まって、バンスがなにか演るたんびにこっちを見て「カンタンソウネ」みたいなことを言う。うーん、俺ってぜんぶ親指アップなんですけど、まあいいや。
  • そんなわけなので、ワークショップもしまいのほうでは「教わった指遣いとぜんぜん違うこと」をこっそり演っていた私。いやなに、出している音は同じなのだから構うまい。
  • パスタさんが受講にいらしていたのだが、俺がカネ払って教わっているというのをどうしても信じてくれませんでした。困ったものです。

    松本さんのほうはよく判っていて、「ギャグが寒くないとダメだっていうのは判ったでしょ?」って言ってました。まあ、そういうことかなあ。


  • 最後のジャムセッションでは、松本さんからいきなりソロの指示がすっ飛んできたのにはちょっとだけ驚いた、かも。まあ、でっかい音のストロークでてきとうなことを弾き倒しておきましたとさ。
    全員廻しということで生徒さんにもソロが振られたのだが、パスしていましたな。ウソでもいいから(だいたいセンセーからしてウソです)、笑顔振りまいて踊りながら弾くくらいすりゃいいのに(笑)。
  • アンケート用紙があったもので書いていて、職業欄に「無職」って書いたら生徒さんに笑われちゃったよ。間違ったことは書いていないのだが。

今日のPC不調:

あいかわらずRboardの調子が悪いというか、英字シフトを認識してくれないものでいちいちFEPを切っているという体たらくだったりなんかして。

Nキーの暴走については今日も2時間ほどもいろいろして、「ネットスケープを削除」してから「再起動の際にいったんキーボードのソケットを抜いて刺す」というローテクな方法でなんとかなりそうな気がしてはきているものの、確信はない。おまじないみたいなものですね。

どうでもいいけど、そろそろまた買い換えろってことなんだろうなあ。予算はありませんけどいつものことです、そのうち考えよっと。
というより、10年5台(メイン3台、サブ2台、勘定が合わないがあと1台)でなんとか仕事している俺が偉い。


偉い、かなあ。

明日は、
18時からセンセーのダブルで、
生徒27号さん10回目は、
堂々の「中3か月」の登板です。えーと、なんだっけ。『涙そうそう』がin Cとin Fであって、『Over the Rainbow』のコード譜があって、あとは『鬼太郎』と『カイマナヒラ』と『Crazy G』あたりが忘れ去られている感じか。まあ様子をみてゆるゆると。

生徒35号さん12回目は、
おっといけねえ、『卒業写真』を書いておかなければ。
あとは『Kona Skies』でスクウェアのストロークを診て、『涙そうそう』ソロは部品は揃っているのでこっちもテンポを診て、と。
昼間はヒマができたら引越の手伝いだな。

2004年06月29日 23時20分07秒


2004年6月28日(月曜日、センセー後に夜なべ)。

昨晩は午前2時就寝だというのに、午前4時起床。なんのこっちゃ。このままでは身体が死んでしまうので、そのへんにあったものを齧って腹を作って、ついでにお風呂に入ってみてから二度寝。ふう。

というわけで平和裡に午前8時起床、これくらいなら勘弁してやる。

朝、コーヒーとバナナチップ。
昼、サンクスのそうめん(出来合い)に冷蔵庫の茗荷など放り込んで。


今日のセンセー:生徒さんの大冒険
午後から銀行だなんだと歩いているところに、生徒さんからお電話など。そろそろFamous卒業というかGstringあたりの購入を考えている生徒さんにT's Guitar製品もお薦めしておいたのだが、
いまお茶の水にいるのですが、「おちゃのみず楽器」ってどこですか?
よしよし。お茶の水駅から駿大方面におりていって、三省堂さんの斜向かいですよ。T's製品は、入って右の奥のショーケースのなかです。じっくり見てきてくださいね。
4時間ほどすっ飛ばしてのセンセー中にこの生徒さんがHawaiian Dreamさんにやってきて、こんどはGstringのカスタムを1時間ほど弾き倒していきました。どうやらGstringはあったかい感じ、T'sさんは鋭い感じで、僕がT'sが好きなのはよく判る、のだそうです。

だけどなあ、値段もなあ、などといろいろ悩んでいるらしいのを端から眺めているのも楽しい。というか、楽器選びって基本的に楽しいものですよね、どんどん悩んでいただきたい。

けっきょくどうするのかなあ、楽しみだなあ。


今日のセンセー:ダブル。

結局のところお仕事も片づかず、予定していたお役所行きなども吹っ飛ばしたままHawaiian Dreamへ。うーむ、珍しく忙しいもので時間配分がヘタクソだなあ。しょうがないなあ。
生徒35号さん11回目:

あれ? バンスのワークショップに行かれたのは35号さんではないそうな。あれ? どなたと間違えたんだろう。というかここんとこバカすぎるぞ、俺。

気を取り直して、と。


まずは『涙そうそう』のin Fのソロで、
  • テンポがもう一つ入っていないというか、苦手なところにくるとモタる。
  • 左手指のフレット間の位置がかなり大まか(笑)なもので、ときどき発音があまり美しくない。
といったあたりが問題かなあ。まあ指遣い自体はかなりこなれてきているし、指の腹が隣の弦に当たっちゃうこともなくなったし、かなり進歩はしているわけで心配もしていないのだけれど。

というわけで僕がコードストロークを弾いて追いかけて引っ張って、というのを3回りほど演ってみました。これは宿題、ということだなあ。


続いて『Crazy G』で、やはり発音がたまに美しくないのと、左右のタイミングがうまくないので発音しない(左手移動よりストロークのほうが微妙に早い)のとが気にならないことはないが、テンポも入っているし、あとは上達するだけだな。これは早々に切り上げて、と。
それから『キッスは目にして』というか『情熱の花』というか『エリーゼのために』というか、のin Fのコード譜で、てっぺんの「ちゃら、だかだかだんだんだん」までクロマチックと空ピックできちんと表現してだな。ついでにどうせFmとCとAbとEbとくらいしか出てこないのだから、だいたいぜんぶ3フレットセーハのハイコードで対応してみることにしました。うん、偶然だがいい教材なんじゃないかな。

生徒さんはハイコードを入れてくるのが宿題。
僕は半端なところまでしか譜面を書いていないので、続きも書いてくるのが宿題。


生徒39号さん6回目:

あっはっは、バンスのワークショップに行っていたのは39号さんのほうでした。しょうがねえなセンセ(念のために書いておくが、生徒さんはマチネで僕はソワレだったから、現場でお会いしているわけではない)。

というわけで昨日のバンスの復習ということで、バンスK作の『Summer Again』譜から、

  • コードの押さえ方、
  • リフのタイミングと弾き方、
  • 裏打ち(ジャワイアン系)のやり方、
  • ミュートのつけ方、
といったあたりを演ってみる。

そうだなあ、とりあえず単音弾きの音色があまり美しくないなあ。左手指の押さえ方にも右手親指の弾き方にも問題がありそうで、楽器自体はいいものなのでもったいない(Gstringのコンサートである)。僕が弾けばふつうにいい楽器なので、そのへんに重点をおいて1時間。ちょっとクドかったかしらん、でもまあ今のうちにやっておかないとしょうがないことだし、仕方あるまい。


どーせ似合わねえよ。 終了後に、Gstringを見にきた生徒さんと「ウクレレの買い方」の話などしばらくする。
「ウクレレは数が増える」というのがよく判りました。
でしょう? 長いことFamousで通してきたのも、こういう展開になるのならば却ってよかったのかもしれないな、なんてふと思ったことでした。

それから生徒さんたちに「やっぱりセンセーには背広は似合わない」などと言いたい放題いわれながら新宿駅の南口までご一緒して、今日はおしまい。


今日のお仕事:

帰宅してトマト缶のパスタ、ゴーヤのサラダなど食べて、さすがに電池切れだものですこし居眠りしてから、午前1時くらいから本格的にテープ起こしを始めて、午前5時までに2時間分ほどを仕上げて納品完了。ふう。稼ぎとしてはそこそこかなあ、これを3回くらい繰り返せばハワイにだって行けるぜ。

終了後に日清どん兵衛のキツネウドンなどいただく。
というわけでいま午前6時なんですけど、寝たものかな、どうしたものかなあ。

2004年06月29日 06時39分24秒


2004年6月27日(日曜日、ウクレレを学びに)。


よろしくおねがいします。

おはようございます。

昨晩は鶏肉と厚揚げの煮物にシジミとホウレンソウも加えて味噌仕立てにしてみました。無茶なものでもけっこう喰える。

午前4時起床、なんでか2時間しか寝てないぞ。

いーかげんになんか食べて、お風呂に入って、あとお仕事。

午前10時、電池が切れて倒れる。

昼起床、オリジン『茄子の味噌炒め弁当』(やたら油っこい)と烏龍茶、あとお仕事。

午後3時、ゼンマイが切れて倒れる。


今日のウクレレ:今日はバンスのWorkshop、と。

17時くらいに生徒さんと渋谷タワーレコード前で待ち合わせて、そのへんでお茶などしながら打ち合わせ(主として僕の譜面の間違いとかそんなん)などしてから、定刻の18時くらいにトイズへ。
着くなりオモタニさんに僕の正体がバレていて、と。ベランダで松本ノボルさんがタバコ喫ってたりするのにご挨拶して、隣にいたバンスに「久し振り」って挨拶されて、「生徒さんがアガっている(何故だ(笑))からよろしく」みたいにご挨拶して、といった感じで講習開始。

細かい内容は眠いので省くが、たぶん20名くらいの生徒さんたちの身の丈にあった講座だったのではないか。それで90分後には全員で『Summer Again』の演奏が通ったし、ストローク以外にも単音ソロや細かいフェイクの指導もあって「演りたい人は弾いてね」って感じだったし、バンスはときどき立ち上がって「みんな弾けてるかな?」って感じでチェックもしていたし、いい雰囲気でした。というわけで20時くらいに講座終了。


と思ったらそのままなんでか宴会に突入して、カバハ(半KAWAIHAE+1/3イメハ)の演奏とか、ちょっとしたworkshopの続きとか、ビールとか、バンスは爪の手入れにこんなものを使っているとか、いろいろあって23時過ぎにだいたい終了。あー面白かった。

東中野ライフの前を通りかかった時点でちょうど24時くらいで、今日はお買い物はパスして速攻帰宅、とっとと寝る。

明日は、
朝から銀行、そのあと区役所、それからお仕事、そのあと引越、それからセンセー、やたらと忙しい。珍しいことです。
18時からセンセーのダブルで、
生徒35号さん11回目は、
まずは今日の「バンス講習会」の復習をして、『キッスは目にして』と『Pipelie』は演るとして、あと『Crazy G』(左手中指の第一関節が折れたい)と『涙そうそう』のテンポ維持を僕が追っかける、と。あとはお渡ししてある譜面からちょいと。
生徒39号さん6回目は、
35号さんは参加しているのに、しかもKAWAIHAEファンなのに今日の講習会に参加していなかった39号さんには昨日の自慢話を(35号さんといっしょに)して、それでKAWAIHAE特集だな。けけけ。


2004年06月28日 00時49分23秒


2004年6月25日と26日(金曜日と土曜日、こまかくこまかく)。

金曜日は午前5時起床、とっととお仕事など。

今日の近況報告:
かかってこい。
ウクレレのセンセーをしています。

授業風景です。

こんなんで習いにくる生徒さんがいらっしゃるから不思議ですね。
和気藹々(わきあいあい)とした穏やかな雰囲気を大切にしています。
今日の病人:

知人(浪速のおばはん(微妙にパワード))から電話で、こっちも癌かよ! 
なんか血液検査で「癌であることは判った」のだが部位が特定できない、ついては来週あたりにPET検査をするのだが、「PET検査ってなに?」。医者に聞け医者に。
りびけん「ポジトロン断層撮影法ちゅうてな、身体を輪切りにして」
おばはん「輪切り!?」
あんたをブツにしてどーする(笑)。いや、CTみたいなもんですから。どうでもいいけど、腫瘍マーカーの種類くらい聞いとけってば。
なに、みんな長生きしてるんだから癌くらいしか罹る病気がないんですよ、心配ない心配ない。
パワードって書いてから気づいたのだが、教材にしている『カイマナヒラ・パワード』のネーミングが『なにわのかあちゃんパワード』に識域下の影響を受けていたんだな。

今日の東北ウクレレサミット

サイトのスケジュールを拝見したところが、僕だけ曲目を提出していないんですね。いかんいかん、ウソでもいいから出しておきましょう(ぉぃこら)。
1. Smoke on the Water
2. 家とカサ
3. GODZILLA
4. 涙そうそう
5. コーヒー・ルンバ
en. 上を向いて歩こう(blues ver.)
アンコールが欲しいとかいうわけじゃなくて、「5」までで10分で収まるんだな。『上を向いて歩こう』は予備で、時間があれば演るくらいのことです。完ソロの弾き語りならこのあたりが妥当かなあ、くらいの心算。

「1」と「3」は純然たる「ネタ」ですが、教室では「1」を「ルートの理解の教材」、「3」を「左手薬指第1関節の訓練」で使っていたりするのでした。でも生徒さんはそんなことは知らない。


昨日のウクレレ:

「昨日の日記のLow-Gの話は独立ページにしてくんないのか」という電子書簡をいただきましてですね。
  • ローコードだけの分析をしてもあまり意味がない、ような気がする。
  • ペダルポイントの分析をしなければあまり意味が以下略。
  • 俺は「弦は4本ぜんぶ弾きたい主義者」なのだが、選択的に撥弦する場合にはあまり意味が以下略。
  • 家に1本だけあるLow-Gはスチール弦なので弾いていると指が痛い。
といった理由で「時間がかかりそうだ」という旨はお返事しておく。
というかこういう理由で空中分解しているネタは多いんだけどね。まあそのうち。いずれ。おそらく。

今日のヒマつぶし:

午前9時、仕事逃避でふと気づくと「暗い部屋でひとりウクレレで『涙そうそう』を弾きながら『ザ・コア』の感想文をネット検索している私」がいる。我がことながらちょっと退(ひ)く。

ちょいと廻ってみたところが、やっぱりこのバカ映画を称揚しているかたは(promotion以外には)おらず、しかし世の元科学少年(ex. 俺)が喜んであっちこっち突っ込んでいるのが楽しいといえば楽しい(というわけでラット最高!)。

そうだな、

誰も突っ込んでいないのは(基本的すぎて突っ込む気がしなかったのは)、
  • コアとの摩擦はどうなってる、
  • そんなんで止まるほどpacemakerってボロいのか、
  • 実機はなんであんなにデコボコしているのか、
僕も気づいていて突っ込まなかった阿呆らしいネタでは、
  • 結局そのあとサンフランシスコはどうなったの、
  • 核爆弾ぶっけてもコアは再起動などしない、
  • なんでダイヤモンド(固体)がマグマのなかを流れてるの?(キンバーライトでも3,000度もありゃ液状でしょう。いっそ鉛筆でも持って行っておけばダイヤが採れたかも)、
僕が見過ごしていたネタとしては(特にクヤシくはない)、
  • 実機の組立工事で溶接作業してる!
  • なんで艇内が横移動なんだよ!
  • 動力がないのに超音波出せるの?
  • 原爆の脇に核物質を置いたって威力が増すわけねえだろ!(核物質が吹っ飛ぶだけ)。
といったあたり。個人的にはあと「動力を落としたのになんで最後のユニットが分離できたの」ってのはありますが、既にどこかで誰かに突っ込まれていることでありましょう。
あとあれだな、地下パートのリアリティについてさすがに忸怩たるものがあったとみえて地上パートの色調が落とされています(ときどきほとんどモノクロ)が、これは突っ込まれていないなあ。編集さん頑張ったのに(笑)。
そして大概のかたが「前半30分くらいは面白い」って書いているのがあわれを誘いますな(笑)。

あと、海中に出た時点で地底艇は間違いなく割れますが、もうそんなことどうでもいいくらいに楽しい映画なんだな、これ。割引レンタル190円/週のモトは充分にとれましたことを以て満足しています。


夕方になってから思いついちゃったんだけどさあ、製作者としては「地核(core)が止まっちゃったら困るでしょ?」という企画が通っちゃったのだから、そうしたらもう何がなんでも、無理矢理でも、多少の科学考証を吹っ飛ばしてでも、地球を救う方向に行かなきゃしょうがないじゃんの。

Just Do It! そういう意味では「よくやった」とも言える映画でした。地球は救って、役者は殺してもよかったんだけどそうすると映画にならないし、今回は大目にみてやる。次回気をつけるように。


ところで、「バージル」って「ベルギリウス(神曲地獄篇の案内人)」なの? 台詞が聞き取れないもんでよく判らないのでした(サンダーバードのバージル(ジェットモグラ)だと思っていました)。しょうもない。
あと、「バージル」は「フレッシュ・ゴードン」の宇宙船に似ていると思う。もっとしょうむない。

今日の飯ネタ:

ここんとこずうっとおんなじものばっかり食べているので日記にも書いていなかったわけで。しょうむない。
  • 微妙に高価な醤油を仕入れてきたら、いちいち冷蔵庫に入れなきゃならないもので面倒くさい。
  • ハンペンというのは、白身魚にするとどれくらいの分量なのだろうか。紀文の内容量表示が「1枚」(ふざけんな)だものでよく判らないのだが、ふうわりしていればいるほど損したような気分になる。
  • 新型ガステーブルのグリルは、やはり「乾物(食パン、ハンペン、ししとう)焼き専用」として焼き魚を内規で禁止しました。
  • 秋うこんは、なんとかして料理に使えないものかなあ。現状で「寄せ豆腐に乗せる」、「サバの水煮缶詰豪華皿乗せに混ぜる」くらいしか思いつかない。惜しい。
  • 鍋底の煤はほぼ駆逐しました。よしよし。
今夜はたぶん「ゴーヤのサラダ」と「鶏肉と厚揚げの煮物」なんだが、いちいち書かないと思います。昨晩は主として「サラダ」と「高野豆腐」でした。いちいち書く気もしませんでした。

今日のバッキー:

夕刻から松本ノボルさんが「打ち合わせを」とのことにて、森拓治先生もいらしているというのでいそいそと渋谷バッキーへ。

行ってみたら森先生が曲のアレンジを作ってなさる最中で、あの譜面がなんでこうなるのかなあ、と思うくらいにどんどこ変わっていく。僕の受け持ちについては譜面を貰って、「まあそのうちなんとか」みたいなことでお茶を濁してですね。なに、pre-productionが来るまでは特に準備することもないのだ。

あとはチュウさんとかベテランコンビさんとかフラの奥さまがたとかがいらして、いろいろと楽しく4時間ほど。そのあと先生3人組(センセー含む)で大島中華蕎麦で生ビールなど飲んで、ほぼ終電で帰宅して死に寝。これぞ王道。



土曜日は、早起きしてからにお風呂を使って、録音物のテキスト化のお仕事など。

昼、中野丸井上のサボテンでヒレカツ定食でお腹いっぱい。あとちょっとだけお昼寝。


今日のセンセー!:19時からダブル。

1. 生徒23号さん24回目。
企画:
「聞いて合わせる」のを目標に『Kona Skies』と『Summer Again』を1回ずつ、それから『Kona Skies』の単音をちょっと診て、あと『涙そうそう』のソロを軽く仕上げる方向に向かう。
『All of Me』と『12番街のラグ』と『ラストダンスは私と』もお渡ししてあるのだが、どうなったかなあ。
あと「ハワイでのウクレレの買い方」のテキストをお渡ししておくこと。
まずは『ハワイでのウクレレの買い方』はお渡しして、と。来月だったかな、ハワイ行きは。いいなー。
あと、例によってハワイアンのtapeが出てきて、「これはどうやって弾いているのでしょうか」とのご質問。それで聴いてみてみたら、ウクレレ弾きさんが2人いて、かたっぽがストローク、もうひとりがトレモロ・ソロを弾いていたのでした。なるほどね、タイミングが揃いすぎているもので「ひとり」に聴こえたのだろうなあ。

生徒さんは「こんなに速いトレモロはできない」とか仰るのだが、できないつーたら一生できないでしょうに。速い目のダウン4拍子ができれば(できるよ、誰でも)、そこにupを入れればすぐできる(と思う)ことはお伝えしておく。


今日もKAWAIHAEに合わせてのストローク大会で、『Just To Be With You』と『Summer Again』で左手はハイコードを入れて、あとは「聴きながら合わせて弾く」というのを今日も熱心に。どうにも譜面ヅラとズレていってしまうのは、やっぱり「耳が開いていない」のだと思うのだよなあ。このシリーズはそろそろ終わりにするけれども、宅練のほうは続けて行っていただきたいものです。

あとはやはりKAWAIHAEの演奏になるPolice『Message in a Bottle』でレゲエのパターンもちょっとだけ。


2. 生徒29号さん4回目。
企画:
マンドリン教室から流れて(笑)こられた29号さんはいろいろあって半年ぶりなのだが、お元気でしたでしょうか。半年前に教えていたDUDUDUの3連ストロークは廃止されました(つまんないから)。譜面もいろいろ増えていますので、そのへんを誂えながら方針を決定したいと思っております。
「いろいろあってぜんぜん弾いてないんですよぅ」などと言いながら‥‥ほんとに弾いてないな(笑)。というわけでボロクソのところから始まって、5分もすると勘を取り戻されたようで、10分目くらいには校長先生が「あれ? 4回目ですよね?」って感心していました。ほんとに張り合いのないことです。

とりあえずvampでDDUの3連ストロークをやってみて‥‥すぐできた。つまらん。
あとはリクエストをとってみて、『亜麻色の髪の乙女』(in Cのコード譜)を演ってみてですね。なるほど、左手は苦手もあるみたいだなあ、よし弱点発見、一点突破の集中砲火だ! 遊んでんのかセンセー(はい、その通り)。

というわけでストロークはてきとうなものを入れつつ、指遣いなど演っていって。たまに3弦をチョーキングしてしまう癖があるのと親指の位置に納得がいかないというのはあるけど、すぐ治るでしょう、こんなものは。それからせっかくなので「指遣いが固定されない」ように、同じコードでも局面によって押さえ方を使い分けていく。

続いて『世界にひとつだけの花』(in Gのコード譜)でも同じ作業をやって、それから『涙そうそう』(in Cのコード譜)をお渡しして、これは軽く弾き方を演ってからあと宿題です。

大江戸線で帰るという29号さんと代々木駅までご一緒して、僕は総武線で帰宅。

東中野ライフでまたかよ! お買い物などして、帰宅早々シジミの砂抜きなど仕掛ける。

明日のバンスK先生Workshopに向けて、アルバム『KAWAIHAE 2』から『Summer Again』などちょっと熱心に聴いてみて、ポイントなど押さえて、と。晩御飯は赤カブ、鶏と厚揚げの煮物、寄せ豆腐、ゴーヤのサラダといったところ。


CXで映画『トゥームレイダー』を放映していたのだが、たしか劇場で観た記憶があるにもかかわらず内容をなんにも覚えていないのには驚いた。たぶん俺のせいではなくて、『チャーリーズ・エンジェル(フルスロットルも)』とか『ブレイド2』とか、そういう映画は多い。ケナすわけではなくて、その場その場で消費されてしまう映画というのもあっていいとは思うわけであって。

明日は、
トイズさんでバンスKのWorkshop。昼間はお仕事だな、どうやら。

2004年06月26日 23時13分03秒


2004年6月24日(木曜日、うすぼんやり)。

まだPC不調。日記書く気がしねえよ。

午前7時起床、健康。

漬物学者宅に野暮用で寄って、預けておいたPCを回収して、お持たせで佐藤錦を頂戴する。2パックも食い切れないものだから半分を大家さんにお届けしてごきげんうかがい。平和だ。


今日のウクレレ:Low-Gの話。

ネット某所に「Low-Gに向く曲ってどんなんでしょう」という書き込みがあって、ちょっと考えてみました。
つまり4弦G音のチューニングがオクターブ低いわけで、ということは音域が広がるわけですね。ノーマル・チューニングならば最低音がCであるところが、4度下のGまで下がる。

たかが4度と侮ることなかれ、なんたってノーマル・チューニングでもCからAまでの13度くらいしかない楽器が16度の幅を持つのだ。平たく3割増というのは大きいと思う。


さて、ノーマル・チューニングのウクレレの最大の特徴は、「音域が狭い」ということだと思う。音域が狭いことが幸いして、和音楽器としては例外的に「ベース音が意識されない」というのはあると思うんですね。

以下はローポジション(開放弦をなるべく使う、という方針のことです)を基準として、たとえば、

  • Cではベース音がC(OK)、
  • Fでもベース音がC、
  • Gではベース音がD、
って、ベース音にルート(基音)が来ることがとっても珍しかったりするわけで。

Low-Gでスチール弦のウクレレレ君(右、一昨年衝動買い物件)。 ところがLow-Gチューニングにすることで音域が拡がり、ベース音がルートにないことが気になってしまう、というのが僕がLow-Gを弾かない主たる理由なのでした。たまに「音域を拡げたいならばギターを弾けばいいじゃん」なんてことも言ったりしますが、それはそれで暴論なんですが。

でもさあ、いちおう気になっちゃったりするもので、ソロを作っていくときなんかはいちおう気を遣ってもいるんですよ、僕(生徒さんは『涙そうそう』のin F譜のサビあたりを眺めてみてくださいな。C→Amのあたりで強調音程がルートにくるように細かくいじってます)。


もとより論点は最低音だけではないのですが、いちおうノーマル・チューニングとLow-Gの場合で、ローコードのベース音がどこに来るのかを書き出してみました。

コードネーム C C# D D# E F F# G G# A A# B
ノーマルの最低音 C C# D D# E C C# D D# C# D D#
Low-Gの最低音 G G# A A# E A A# G C A A# B

本当はマイナーとディミニッシュについても調べてみるべきなのでしょうが(Cmの最低音はEbです)、まあそこまでやらんでもよかとでしょう。ついでにLow-GのG#は頑張れば(4弦1フレットを使えれば)ルートが来るのですが、僕のボキャブラリーにないので省きました(ぉぃ)。

青く塗ってみたところが「ルートが最低音にきている箇所」で、

ノーマル・チューニングの場合は、
C、C#、D、D#、Eの5つ、
Low-Gの場合は、
E、G、A、A#、Bの5つ、
ということですね。つまり、このあたりをキーとして弾けば「ルートが感じられる蓋然性は高い」ということは言えます。
あとはキーから4度、5度と飛んだときの構成音を調べてみれば「向いたキー」についての結論も出てくるのでしょうが、それをやったとしてそれは「ローコード多用の場合」にしか使えないことに気がついたもので、今日はこのへんで。

昨日の映画:

米国制作になる『ザ・コア』というのを借りてきたのだが(ビデオRが半額デーだったのさ)、ウクレレの映画ではありませんでした。
いやはやしかし、
  1. ハトに視力はないのか(やたらとビルにぶつかっておった)、
  2. なんで大気圏突入中のシャトル内の体感が「5G」もあんのよ(なんで市街地に降りるかなきさん)、
  3. 地磁気がぶっ壊れてクルマが運転できないのなら、NASAあたりはもっと壊れてるんじゃないのか、
  4. コア(ウクレレの材料ではない)だけ止まるってどういうことよ、
  5. 核使えばなんでもできるのか米国人!
  6. サイロから放たれた地底艇は自由落下で海面に激突! アタマ使えよ米国人。
  7. ゴールデンゲートよりも自家用車のほうが耐熱性があるってどういうこと。
  8. けっこう潜っているのにGが変わっていない(対数目盛りで減っていくと思うのだが)。
  9. Whales(字幕は「クジラ」)って言ってたけど、見るからにオルカっつうかシャチでした(これは、まあいいか)。
科学的なデマの話はもういいや(まだはんぶんくらいですけど)、マニアには突っ込みところが多すぎるというだけの話だし(だから「スーパーキャビテーションくらい観せて欲しかった」とか言わないように>>俺)。

それにしてもくだらなかった。だいたい地底の話なのに「生き残った恐竜」が出てこないなんて非常識だ。


今日の内輪ネタ:

東京女子医大で8時間かけて手術して待合の僕に21曲ぶんの譜面を書かせてくれた叔母は、おかげさまにて予後良好にて今月末には退院できそうな勢いです。見舞いに行った母が「恢復とともにワガママになる」とコボしておりましたが、ハタから聞いてるとそんなもん「ただの姉妹喧嘩」なんだよな、子どもかあんたらは(笑)。
その叔母は退院後に「狛江の自宅に帰る」と言っているらしいのだが、姉妹サイド(うじゃこといる)としては「誰かの家でしばらく療養を」という意向でもあるらしい。そりゃまあそうだろうとも思うが、とっとと帰宅したいという叔母の気持ちも判らんでもない。

というわけで、クレバーだと思われているらしい甥っ子としては「みんなで温泉にでも行けば?」って言ってみたらなんか採用されそうな気配で、内湯露天風呂のある(まだ傷が派手だからね、女性としては気を遣うんでしょう)温泉療養地を探してくるようにというミッションがくだりました。え? 俺が見つけんの?


その叔母に、「FM世田谷が受信できるようだったら(トラヴィス特番を)録画しておいてください」っていきなり頼んでいる私なのでした。まあヘタに病人扱いするよりはいいでしょ。

今日のイチャモン:指の話。

ジェイク島袋がネットでバカやってくれるムービーを観ていたら、「1st finger」って言いながら立てて見せるのがやっぱり人差し指なんだよなあ。そりゃまあ親指はfingerではないのだから当然なのだが、日本語で「第1指」って言ったらやっぱり親指なのだろうし。

というわけで、英語で授業をするときにはやはりフォアとかインデックスとか言わないといけないんだろうなあ(理由:センセが混乱するから)。面倒くさいことだ。


今日のお仕事:

昼間は野暮用をやっつけて、午後から中野の元締事務所にて音声のテキスト起こし。うん、丁寧な語り口の話者だし音質も悪くないし、内容も判るところだ(ピアジェの発達心理学って、最後に読んだのはいつだっただろうか。たしかエリクソンも読んだことがある筈なのだがさっぱり覚えていないのだが、そんなこんなで用語だけは判る)。

小遣い稼ぎとしては丁度いいあたりかなあ。
事務所が禁煙なので健康にもいい。


行きがけの東中野サミットで「秋ウコン」を購入、帰宅途中の東中野ライフでシリアルなど購入。
晩御飯は中野駅前で元締とお蕎麦など。
  • T.M.Revolution西川貴教が『スパイダーマン2』のWorld Premiorで着ていたのは「羽織袴」ではなく「着流し」だ、
  • ところでサム・ライミってどんな人?
  • 元締の新型ケータイ自慢とGPS批判、
  • 佐藤錦の価格設定、
  • 清酒「嫁いびり」の話、
といった「誰がついてくるんだこの話題」といったところで微妙に盛り上がる。

夜半に脳を労りながらまた『ザ・コア』など眺める。なるほど、てっぺんの30分くらいを作ってpre-saleをかけて、そっからあとはどーでもいいと思ってるんだろうな、こいつらは。

『ドーン・オブ・ザ・デッド』といいこいつといい、予告編だけ観てりゃ幸せだったのにってハリウッド産が多すぎるように思う。


明日は、
あれとこれとそれ。時間がとれたら叔母の見舞い。
あと音声のテキスト起こしの続き。

2004年06月25日 01時50分32秒


2004年6月23日(水曜日、うすら眠い)。

今日のPC不調:

またキーボード不調だよ、まいったな。「め」と「ぬ」と「ぷ」と「N」が打てません(これはソフトウェアキーボードから無理出ししました)。でもときどき「め」が暴走するということは、やっぱりソフトウェアのほうの問題なんだろうなあ。ドライバでも入れ替えてみようかしらん。

ということはそのへんを使わないで書いていけばいいんだな(そういう問題かよ、っていうか『残像に口紅を』ごっこですね)。


おや? さりげにカウンタ復活。

今日も東中野ライフ:

あまりの暑さに泣きながら、新宿界隈で野暮用など片づける。

近所だったものでHawaiian Dreamで少し身体を冷やして、生徒さん購入予定のGStringについて校長先生と値下げ交渉などちょっとしてみて(マージンありません。T'sのオーダーとの対比の話など少しする)、帰り道は「またライフかよ」などと思いながらですね、

  • バター(塩まみれ)、
  • 紀文の豆乳、
  • ホウレンソウ、
  • 生揚げ、
  • ポークンビーンズ缶、
  • 鶏のコマギレ、
  • カリフラワー(半額)、
ってことで、夜はサラダと鶏の煮物ってことか。
帰りがけの道すがら、カナヘビ(トカゲですね)を嬉しそうに捕まえているネコを目撃。カナヘビを押さえたところで猫さんが俺に気づいて、悪戯を見つかった子どもみたいな顔をしていました。それでカナヘビくわえてどっかに走って行ったな。

それは君の本業だろう? 称賛こそすれ文句つけたりなんかするものか。
帰宅して、カナヘビさんの魂やすらかならんことを祈る。


今日のセンセー!:GString買うの?

先の話の続きで、ふだんはFamousを弾いている古参生徒さんが、「GStringを買おうかと思っています」って仰っているのだな。

僕はFamousを所持してはいないが、嫌ってもいない。楽器としてまともだし、品質とすれば世界に誇れるものとも思うし、価格から考えればリーズナブルでもあるらん。

Famousを所持していない理由としては、まず第一に「みんなが持ってるものを持っていてもしょうがない」という心の狭さがあるんだろうなあ。アンチ巨人だし、自民党に投票したことないし、『ハリー・ポッター』とか『指輪物語』とか観てないし、そういった性癖はある。
でもさあ、やっぱりFamousって「どこまで行ってもFamousの音」というのもあってさ。クサすわけではなくて、安定しているが故に面白みがないというか、GStringでもMANAでもKoAlohaでもT'sでも(はい、僕の話にKAMAKAとマーチンは出てこないのでした)、弾き込んでいくうちにどんどん鳴りが面白くなっていくのだけれども、そういう感じだけはFamous(の民生品(って「民生」かよ>>じぶん))にはない、ような気がするの。

その生徒さんはけっこう弾けるようになってきている人で、さいきんはテンションノートなんかも自分で入れてきてくれるようになっていて、「この人は婆さんになっても弾いていてくれるのだろうなあ」なんて思って喜んでいるわけで。そうであるならば、やはりいつまでもFamousというのはちょっとだけ残念なようにも思っていただけに、嬉しい。

というわけで23万円(!)のGStringセミカスタム(通称「目玉くん」)を推奨しておいたのだが、ちょっと高かったかなあ。
GStringのスタンダードあたりの予算帯(8万円くらいから)であれば、いっそT'sのオーダーという手もあるのだが(校長先生、わりぃ)、話をどう持っていったものかしらん。弾き方(僕の生徒さんですから)からするとマーチンか占部もという気もするし、見つかればモーリスあたりも向いているとは思うのだが(カマカとKoAlohaとセニーザはねえだろうとも思う)。

そのうち「おちゃのみず楽器」遠足でもする、というのが早いのかもしらんが。


今日のセンセー!(2):ヒマネタ。

7月21日(水)のMedipacks+Hai'ine遠足は、現状で生徒1名さん+見学1名さん(なんだそりゃ(笑))が参加予定。ふむ。
関係ないけど、生徒さんからお便りがあってですね、
不思議な方だと思う・・・・・。
見かけによらず社会派だし、見かけによらずちゃんとご飯作るし
俺の話なんだけどさあ、見かけ通りだとどうなるのでしょうか、ちょっと聞いてみたいような聞かないほうがいいような(笑)。
何で生計立ててるのか良く分からないし・・・
生計はそんなに立ってはいないのでした(威張るところですね)。
mailつながりで(だから「mail」ってカタカナで打てねえんだなこれが)、と。

某親睦団体の話を知人とやっぱり電子書簡でしていて、

あそこって、「りびけんが入会したら退会する」という会員がうじゃうじゃいるらしいぜ(笑)、
って書いてみたところのお返事が下記。
いいじゃん、かすんでいる男より存在感あるほうが。
芸能人なんか分かりやすいけど、気にもとめられないよりは「げええっ嫌い 気持ち悪い」って言わせるモノを持ってるほうがええじゃろ。
あんまりフォローになっていないような気がするのですが、気のせいなのでしょうか。

今日の東北ウクレレサミット(Jul.4):

無断リンクしちゃいました。 主催者からのご連絡によると、当日のステージは僕がトリみたいですね。よし、ブチコワシにしてやる(嘘ですよウソ)。

まあ、時間調整も兼ねてフレキシブルに曲目を用意しておく、ということなのだろうなあ。持ち時間が15分みたいなんだけど、5分〜60分(乗っ取ってどーする(笑))くらいまで用意しておく、と。


とりあえず、ソロとってくれる人がいるかどうか、という話もあるが。
昨年はなに演ったっけか。『All of Me』は覚えているのだが、もう1曲が思い出せない。たぶん順当に『ラストダンスは私と』あたりだと思うのだが。
    昨年。
  • 君にあえてよかった(Blues Ver.)、
  • 涙そうそう(歌入り4分バージョン or インスト100秒バージョン)、
  • 雨をみたかい?(これ演っていいのかなあ)、
  • 家とカサ(フルサイズで40秒(笑))、
  • コーヒー・ルンバ、
  • My Peggy Sue、
  • 花、
  • 気分をかえて、
  • アジアの純真、
ってなあたりをとっかえひっかえで組み合わせて時間を作るってあたりで、どんなものでしょうかしら。
持ち物は、
  • 2泊分の着替え、
  • 歯ブラシセット、
  • 洗顔セット(剃刀と石鹸ってことか。あとワックスとヘアブラシ)、
  • 征露丸とウコン、
  • タバコ3日分(カートンってか?)、

  • パスポート(というか身分証。行きがけに大宮警察署で昨年末の忘れ物を受け取るのだ)、
  • お宿の連絡先、
  • 名刺(←「な」+「しさつ」で出してたりして)、
  • USBストレージ(ネットカフェでの電子書簡チェック用)、
といったあたりかね。
おお、楽器を忘れた。ハモニカフォルダにクロマチックっての、久し振りに演ってみようかなあ。

というわけでお仕事が終わらないのでした。ねむひ。

明日は、
これといってとくになし。

2004年06月23日 21時55分59秒


2004年6月22日(火曜日、うすら眠い)。

朝5時起床。って家庭内時差ぼけだよな、こんなもん。

生ゴミを提出しに行って、近所の奥さんとお天気のお話などして、帰りがけに昨日のガマガエルさんとばったり。ご挨拶しておいたのだが、きょうはごきげんがよさそうだったのがなにより。

さて、なぜ私は毎日お洗濯などしているのだろうかしらん。


今日の東北ウクレレサミット(Jul.4):

7月3日に大宮警察署で「例の忘れ物」を回収して、そんで入仙して宴会やって、4日が本番で5日は仙台観光して帰る、みたいな感じで。

しかしバカなことばっかりやってるような気がするなあ、俺。

経験則からすると「いろんな人が演る」ので生徒さんまわりにも観ていただきたいのだけれども、渋谷区の代々木教室の生徒さんがわざわざ仙台までくるかしらん(来てくれたら嬉しい、僕のステージもあるし)。

今日はネットでお宿を探してみました。なるべく安くて駅近でできれば門限がなくて、あとは泊まれりゃなんでもいいやって感じなんだが、めっけた。創業明治元年、和室で大浴場は24時間入浴可で門限なし、なんでか館主がフラメンコギターってわけ判りません。というわけで相崎旅館さんを4,515円/泊で2連泊の予約。

ついでに独自ドメインサイト内のリンク不調をいくつか発見したもので、教えてあげました。なにしてんの俺。サイトからはおまけでこんなページもリンクされていました。いらねってば(笑)。

さらにまったく関係なく、右上のバナーはembedタグにテーブル付きで埋め込まれているのを、リンク先はなんとかして「TARGET="_blank"」にしたかったのだが、果たせず(まあそりゃそうなんだけどさ)。なんかクヤしいなあ。


今日のイチャモン:

イチャモンというかジェネレーション・ランドスライドの話なのだが。

Hawaiian Dreamのスタッフが揃ってヒマしていてだな(いつものことだ)、

1. 公明党のCMの多羅尾伴内。
ミキちゃんは片岡千恵蔵を知らない。
校長先生「あるときは‥‥なんだっけ」
俺「片目の運転手、ですよ」
ミキちゃん「?」
俺「コスプレする私立探偵なんですよ」
ミ「へ?」
とりあえず公明党のターゲットが「年寄り」であることは判った。
2. アブラハムの子。
俺「イーブラハームにーわー、しーちにんのこ」
校「なにそれ」
生徒さん「有名な歌ですよ」
ミ「みーぎてっ、ってゆうとこだけ知ってる」
俺「それそれ」
有名な歌だと思うのだが。
3. 銭形平次。
俺「しまった、銭形平次の録画予約すんの忘れた」
ミ「観てるんですか?」
俺「(無視して)タクヤさんの平次って誰?」
校「大川橋蔵」
俺「おーとーこだったぁらぁ(橋幸夫)」
ミキちゃん置き去り。俺だったらアラカンか長谷川一夫なんだけどね、そこまで遡ってもしょうもないし。
そんなこともあるさ。

今日の西川:

元締の日記から無断引用;
よくわからないけれど、招待されたって。「スパイダーマン2」のワールド・プレミア。それって何(^_^;)?
赤絨毯をハリウッド・スターがタキシードで踏んづけてワールド・プレミアやるようなとこだよ。俺には一生涯縁はあるまいとマイケル・ムーアは思っていたことだろう。日本で言うなら、SP張り番中の帝国ホテルに入ったら中が映画館だった、みたいな感じか。西川としては、ところどころ間違ったタキシード着用希望(どこか破れているくらいでちょうどいいと思う)。

いくらなんでも「ワールド・プレミア」の意味は判ってると思うのだけれども、念のために書いておくと「世界的なお披露目」ですね。蛇足でした。

R君が言うには、サム・ライミさんと西川くんはきっと気が合うだろうって。
俺はそんなことは言っていない。ふたりとも下積み時代からくーだらないことをやり続けてきていて、たとえばサム・ライミは自主映画(アイディア一発の低予算ホラー)から始まって今やユニバーサルの役員だったりする。西川も似たようなもんだろ?(どこの世界に「正面から突風」をわざわざやるボーカリストがいるのさ)。
気が合う合わないは別として、「よく似てるね」って言ったんだよ。敷衍すると気も合いそうな気もするが。

今日のお買い物:

とことことまた東中野ライフへ。たまには新井薬師の丸正くらい行けばいいのにさ。
  • アサリ、
  • 刺身コンニャク、
  • ハンペン、
  • ホウレンソウ、
  • 高野豆腐、
  • 赤カブ、
  • イタリアンサラダ(できあい)、
といった並びを見ると、晩飯になにを作っていいのか判っていないことが判る。
いやその、鶏のコマギレが品切れだった時点で今日の予定が瓦解しましてですね。さてどうしましょう。

今日の晩御飯:

あいかわらずキーボード不調。imeフル活用にて文字出していたりなんかして(なんとかせんとなあ)。

アサリは酒蒸しにしてみました。中華鍋に昆布を敷いて、塩抜きしたアサリに赤ワインと塩を振って、と。あとは蒸すだけ。けっこう美味しい。


あとできあいの高野豆腐、ハンペンに赤カブ(塩)って感じで。まあいいか。 みみみみみみみみみ

明日は、
19時から生徒35号さん11回目で、とりあえずBbが押さえられたいなあ(日本語がヘンだなあ)。
あとは『Crazy G』と『涙そうそう』と『Yesterday』のテンポを入れて(センセが追っかける)、『パイプライン』はもうちょっと書いておきたいものだと思うのでした。
と思ったらご都合で中止。

ということはヒマだな、あれとこれやっとこ。


2004年06月22日 22時50分15秒


2004年6月21日(月曜日、マユミちゃん初見学1周年ぱちぱちぱち

午前8時起床、うすらねむい。

野暮用で代々木まで出て、あっちの銀行とかこっちの信用金庫とかそっちの判子屋さんとかを廻って悪巧みなどする。けっこう疲れること3時間、帰宅してぐったり。

ついでに仕入れてきたバンスのワークショップ情報などを生徒さんにお送りする。


今日のお仕事:

某合唱団の名簿作成で、パワーポイントにエクセルをリンク貼り付けしてみたら先方になんでかパワポがない。なんのこっちゃ(笑)。
しょうがないのでワードに貼り付け直してお送りして、こんどはリンク先のファイルを同梱するのを忘れました。なにしてんの俺(笑)。

今日の貞子:

代々木ついでにちょいとHawaiian Dreamに寄ったら、ミキちゃんが録ってきたなんかサーヒン(波乗り)のビデオが、お店のデッキでうまく再生できない。画像音声ともにノイズがあるのはトラッキングの問題だとしても、ときどき早送りみたいになっているのが納得いかない(RCタイムコードをスキップできるなんて話、聞いたことなかとよ。どなたか詳しいかた、ご教示いただければ幸甚なのですが)。

ミキちゃん「なんでしょうね、これ」
「祟りだよ」
トサカさん「呪いですね」
ミ「まあ、どうしましょう」
「そのうち貞子とか出てくるぜ、ここから」
お店のデッキを疑ってみたのだが、ほかのビデオはきちんと再生できる。テープを僕の家に持ち帰って再生してみたら、こっちでは単にトラッキングがヘンなだけだったのだけれども。なんかよう判らん。

今日の台風一過:

帰り際の自宅玄関先でなんかぷにゅっとしたものを蹴っ飛ばしました。みたらガマガエルさんでした。熱心に謝ったのだが仏頂面のままだよ、心の狭いやつだ。
夕刻になって妙に体調がよくないなあと思ったら、飯を喰い忘れていました。なにしてんの俺。やはりモンスーン気候には弱い、ということなのだろうか。
行きがけの東中野駅のゴミ箱に、壊れたらしい傘が山のように刺さっていました。
通りがかりに、倒れている植木鉢を山ほどみました。助け起こしてもまた倒れるだけだから放置。
マインズタワーの脇のいろんな看板がどっさり倒れていました。助け起こしてもまた倒れるだけだし却って危ないから放置。
それでマインズタワー周辺のビル風がいつにも増してものすごいので、それはそれで楽しむ。

今日のセンセー!:生徒41号さん2回目。

ふつうに弾けているキャンプ指導員の生徒さんが、「基本を教わりたい」って仰って2回目。なんか来る教室を間違えているような気がしないこともないのだが、まあいいか。

とりあえず今日の課題としては、

  • 2指・3指‥‥えーい、フォアとミドルの腹が隣の弦に触っちゃう、
  • テンポが一定しない、
  • コードの変わり目の音がショボくなりがち、
といったところ、かな。あとはストロークをちょっと入れたい。
独学で弾いていたという譜面を3冊ほどお持ちいただいたので、ちょっと見てみる。ふむ、「3時間で弾けるウクレレ」みたいな本がある。
弾けましたか?
弾けません。
そいつぁ残念(笑)。
弾けてたら習いには来ません。
ちげぇねえ。
その教本のなかから、よく弾いているらしい『またあえる日まで』(ゆず、だそうです。キャンプでよく歌うのだそうです)というのをちょっと弾いてみて貰って、とりあえず固まっていそうな「癖」をいくつか指摘しておく。
  • D7(3222)からG7(2120)に行くときのD7セーハが人差し指になっていたので、中指にしてみました。この場合はこっちのほうがいいと思う。
  • G(2320)→G7(2120)が「全とっかえ」になっていたので、中指を軸に「ぐるりん」と廻すやり方を指導(手首の入り方には関係ないんだな、これが)。
  • 手首が基本的に「ネック側」から一辺倒だもので、逆側もあることはお伝えしておく。
それで指の腹問題はいつの間にか解決されていたみたいだし、テンポも馴れた曲ならちゃんと入っているように思える。なるほど。じゃあテンポについては「多少のことは看過してでもキープする」方針で、ってそれでヘタになっちゃうケースもあるのだろうけど、しばらくその方針で行くことにして。
次いで『漕げよマイケル』が出てきて、 これ、面白くなりませんか? じゃあってんで、Cばっかりが続いているところにmaj7だの6だののテンションを加えていって、ストロークもダウンアップでちょいとややこしいものを入れていく。おや? シャッフルのリズムができてなくてスクウェアばっかりだぞ。

それで『アブラハムの子』も書いてみて、これはシャッフル以外で弾けたらそれはそれで大したものだと思う。基本的なところは弾けているので、このへんも宿題だな。

    それにしても、タクヤさんもミキちゃんも「イーブラハームにーはー、7人の子ぉ」ってこの歌を知らないというのはどういうことなのだ。

あとは『Crazy G』をお渡しして、20分くらいでざっと弾き方を解説して、と。これもあとは馴れるだけだな。

終了後、新宿駅南口までのんびり生徒さんと同道して、と。


通りがかりの革細工屋さんにて。 今日のイチャモン:

ボダフォンに配信される朝日新聞ニュースというのが毎時間くるのだが、21時の配信分に、
◇仮装投票で東急エージェンシーの票数突出 東商議員選挙
というのがあって。東商ってばどんなかっこしてなにやってんだろうと思うとちょっと楽しい。
先日はHawaiian Dreamで美人フラダンス先生とお話ししていたらだな、それを眺めていた生徒さんから、
センセーは美人と見るとよそよそしい。
という意見があってだな。「そんなことないと思うけどなあ」と思いつつタクヤさんにそんな話をしてみたら、
ということは、ふだん仲よくやっている女生徒さんたちは。
ってなにを言い出すんですか校長先生! だいたい俺ってば「女を見る目はない」というのは定評のあるところで以下略。
George Herman Ruthというのがベーブ・ルースというかバンビーノのことなんですが、Ruthって「ルース」でいいのかなあ。どっちかというと「ラス」あたりなんじゃないかと思うのですけれども。
ちかぢかあるらしい参議院議員選挙の公式掲示板が街角に生え始めているのだが、俺は投票には行かないけどね。ハタチからこないだうちまでは必ず投票所には行っていたのだが、俺と民意の間の乖離にびっくりし続けた結果としてここ数回は参加していない。観察しているだけ。

さて、その掲示板のナンバーがこないだうちまでランダムに打たれていたと思うのだが、たぶん今回から「右上から左下までオーダー」で並んでいる。たぶん(こればっかり)、掲示位置をランダムにするために「ばかでかい掲示板の数字をランダムに配置する」よりは「掲示板を特定して掲示位置のほうをランダムに指定する」ほうが手間がかからないということに誰かがやっと気づいたんだろうな。褒めるところではあるのだが、間抜けな話だとも同時に思う。

これも数年前の一時期にエコロジーが流行りだった折りには、ポスターの貼付をステープラーや画鋲ではなく「糊」でやっていた政党があったのだが、ここんとこまたステープラー(しかも打刻タイプのゴツいやつ)が主流になってきているような気もする。
今回また「糊」で統一している政党があるならば、その愚直さに免じてそこに投票してやってもいいのだが、まずないだろうなあ。

俺は紅茶のティーバッグのホッチキをいちいち外して分別しているんだよ(ふつうにみんなやってるよね?)。でも産廃として廃棄される選挙掲示板でそんな作業が行われているとは思われないわけで(調べてないから間違っていたらごめん)、じゃあ立候補者としては「糊付け」するのが当然だと思うわけだ。

あ、そうか。画鋲使ってる連中ばっかりだったら、俺は投票に行かないでいいんだ。当選該当者いないから。


この日記をどっかのブログに移そうかと思っているのだが、どうしたもんかなあ(主として移転先選定の問題ですね)。
  • HTMLが自由に使えて、
  • ケータイから読めて、
  • 無料で(8月のNIFTY俺サイト消滅と同時に僕は無料環境に移行するわけだ)、
  • 容量は現状ではそんなにいらないけど写真くらいは載せたい、
というふうに考えていくと、いいとこが無いんですよねえ(そんなに無理は言ってない筈なんですけどねえ)。
もうちょっと探してみます。
昨日のシゲトライブでは、某お姉さんのアイカタさんにですな、
りびさんってかっこいいですね、芸能人みたいな感じで。
って言われたんだけどさ。俺が言ったんじゃないんだよ、いきなり言われたんですよ。僕はびっくりしてたんですけどね。

誰っぽかったんでしょうね。どうせデガワフカワ(ごめん>>デガワフカワ))だとは思うのだが、せめて『シャイニング』のジャック・ニコルソンあたりにしていただけると嬉しいなあ。『タクシー・ドライバー』のトラヴィスでもいい。


今日の東北ウクレレサミット

プログラムはこんな感じで、俺がトリじゃん(笑)。演し物はまだなんにも考えていないのだが、ちょうどいいから「僕で時間調整できますよ」というのは主催者側にお伝えしておきました。なに、「2曲で5分」から「インチキ講座含めて60分」あたりまで(延長します?(笑))、どうにでもなる。

明日は、
これちゅうてとくになし。

2004年06月22日 00時55分30秒


2004年6月20日(日曜日、のんびり)。

午前5時起床、午前6時半就寝。

朝早くから作ったベー玉をですね、さあ食べようと思ったところがお皿がテーブルからまっさかさまに右足の上に落ちました。それでふて寝したわけ。

PC不調で、また「N」キーが「反応しない&暴走する」んだな。いま月曜の朝なのだが、ひとばん電源を抜いて置いておいたらなんとなく直ってはいるのだが。

夕刻から、高橋重人くん+成田山新勝寺のライブ見物でキュアエムへ。久々に落ち着いたライブで面白うございました。


明日は、
いろいろ。

2004年06月21日 09時09分46秒


2004年6月19日(土曜日、センセーとか)。

午前8時起床、うすら眠いがまあいいや(ここんとこずうっとですな)。

ライフのイタリアン・サラダ(できあいのパック)など、石垣島の塩でいただく。欧米人は元気を出したいときには野菜を食べると聞いたのだが(アジア人は肉を食べる)、ほんとうなのだろうか。


今日の石鹸:

なんか「殺菌成分」が効いたみたいで、ぜんぜん汗くさくない私。いや、寝汗はどうせかいてるんですけどね、醗酵が止まったということなんだろうなあ、へえ。

ついでなんだけど、無香料という純石鹸ばっかり使っていたもので、「石鹸の香料はどうやら石鹸くさいだけ」というのに気づいた私。


今日の仙台

ちょっとお宿を当たってみて、安ければ安いほどいいと思いつつ3,700円/泊まで行きました。もうちょっと探してみる強欲な私。

今日の音楽:

トヨタ自動車のテレビ宣伝でちょっといい男声の『Smile』が歌われているなあと思ったら、クレジットがロッド・スチュワートでした。新録なのかなあ、あとで調べてみようと思うの。

昨日のセンセー:

そういえば生徒40号さんはマレーシアの人なので、ちょっとひねってカンボジア(というかアンコール・ワット)のTシャツを着ていったのだが、つっこんで貰えませんでした(カンボジアとは喧嘩してないと思うんだけど。日本が占領していたことはあるけど、俺ってばそのへん関係ないし)。

まあいいんだけど。


今日のセンセー!:ダブル。

余裕こいて散髪などしてから、Hawaiian Dreamへ。今日の床屋さんはなんかヒネったにしてくれたなあ。

1. 生徒23号さん23回目(笑)。
ネタないぞお、とかいいながらなんとか毎週やりくりしているというのが正直なところ。いいのかこんなことでとも思うが、なんとかなっているからまあいいや(いいのかそんなことで)。

今日はKAWAIHAE特集でですね。コードはそんなに難しくはない(ということはテンションを入れていくと際限がないわけなのだが)のだけれども、ときどき発作的に(失敬(笑))サビが来るときにそこに対応できるようにするのが目的です。つまり「聴いて合わせる」のが今日の課題。

というわけで、『Kona Skies』と『Summer Again』をCDに合わせて弾いていただいて、うーむ、サビに入れない以前に、4小節の勘定ができていないなあ。
音楽というのは共演者との関係もあるけど、聴衆(ちなみに、いちばんの聴衆は自分だ)との関係もあるので、どんなフォーマットであってでも耳は全開にしておく必要があることはお話ししておく。

というわけで、『Just to be With You』と『Falling in Love』もお渡しして、いっそアルペジオでも構わないから「聴きながら弾ける」ようにしておいていただくのが宿題。これ、けっこう楽しいと思うのだけれども。

2. 生徒38号さん2回目。
もっと上手になってからいろいろと。

いつなんだよ、その「上手」ってのはよ(笑)。無視して話を進める酷薄なセンセ。今日はまず『カイマナヒラ』をちょっと触って、ストロークと単音を演って。あとは『涙そうそう』と『Crazy G』を宿題で出して、僕は『南国の夜』と『エーデルワイス』を書いておくのが宿題、と。

以前のトンチキ教室(どうやらカルチャー系)でなにやら劣等感を植え付けられてしまっているらしいのがどうにも腹立たしい、ちゃんと弾ける生徒さんなのに。


帰宅しててきとうにメシ。あと女の子にいろいろメールとかするのだが、どうせ生徒さん廻りとかウクレレ廻りなので潤いのないこと夥しい。それも人生か。

明日は、
お仕事。

2004年06月20日 04時11分04秒


パソコンメコ壊れため。
2004年06月20日 00時56分18秒


2004年6月18日(金曜日、これはセンセーなのだろうか)。

目覚めれば爽やかな午後の陽射し。

ちょいと生協でお買い物などする。

朝食はお茶とペヤング、「のむ大豆」に青汁とコーヒーなど。


今日の石鹸:

生協の「薬用せっけん(殺菌剤入り)」というのを買ってみました。なんかここんとこ夕刻になると妙に汗くさいんだな、自分が。それでまあちょっと実験的に殺菌でもしてみましょうか、という企画である。

まあこの齢になってからに、ちょっとくらい殺菌したからって免疫力が落ちることもあるまいし。「香料入り」というのが気にならないこともないが、まあいいや。


今日のセンセー!:ダブル半。

ほんとは床屋さんにも行きたかったんだけどな。
1. 生徒6号さんちょっと様子見。
というのを予定していたのだが、なんだかんだで見送り。
そういえば見学さんがみえるというお話もあったのだが、なんだかんだで見送りになったらしい。

2. 生徒40号さん2回目と生徒36号さん5回目。
まあ「コンビ」みたいなことで19時から2人体制の予約があったのだけれども、センセがめんどくさいものだから「早めに来てね」って言っておいたら40号さんが18時前にいらっしゃいました。よしよし。

というわけで40号さんは、とりあえずチューニングがけっこう下がっていたもので、豆知識で「電話の利用(呼び出し音がだいたいG)」あたりは教えて、と。弦間の関係性は正しいのだからチューニングそのものはできているのだと思う。

それで「なにしましょうかね」っつーて、『カイマナヒラ』のまずはソロ弾きの単音バンプから。ちょっと演ってみていただいてから、

  • 人差し指は残す、
  • というか、同コードのうちに残せる指はぜんぶ残す、
  • 指板の長さはせいぜい20センチ弱なんだから広くない、
  • リズムは実は3連、
といったあたりのお話はしておく。このへん宿題ね。

40号さんが『Let It Be』のコード譜を演りたいというのを押しとどめてですね、ついでに『カイマナヒラ』でコードストロークもちょっと演る。とりあえずフォアダウン+サムアップの中抜き3連を演ってみて、バリエーションで「ンチャキ」や「抜かない3連」も含めてだいたいできることを説明して、といった感じか。

あと『Let It Be』のコードワークで、こっちも妙なストロークを入れてみたりなんかして。

for Ivy;
Your tune had got low so I teached you how to get 'G' note by handy phone. Intervals of notation between strings was collect, so you need only key note such like G.
Then I watched your vamp, and tell you how to play single notes. What I told is just it, make your strings sound.
For your stroke, it's just FORE DOWN and THUMB UP. When you learn this, then you can do everything, trust me(うそくさいけどさ).

そのうちに36号さんもやってきて、勝手に『北の国から』とか『Yesterday』とかの譜面を出してきて「センセ弾いてみて」って、なんとなく弾いちゃったんだけどな。そんな感じで生徒さんたちが好き勝手にウクレレを弾きながらの会話を聞きながらぼおっとすること30分。これでカネ取っていいのかなんて思わないこともないのだが、まあいいや。たまに「そこの弾き方はこのほうが」くらいに口を出す。

ちょっと「コンビでカイマナヒラを演ってみるのをセンセーが追い立てる」というのを演ってみて、そんで36号さんが「ジェイクのストリーミングが面白いんですよ」って言うもので、ジェイクのサイトをお店のPCで開いてみて、ストリーミングの「ブルーズ講座」を3人して眺めてですね。

あんまり教えた気がしない。


今日の課外活動:

水道橋『アンバランス』のライブがコニシキとアラニさんだっていう話が出て、いずれ満席だろうが「外から指をくわえて見てる」のは可能だろうという話になって、36号さんとちょいと行ってみる。ハタから見るとただのデートだが、教育活動の一環なので誤解なきよう。

行ってみたらなんとなくステージのあんまり見えない席に座れて、でも36号さんはいろいろ写真とか撮ってたみたいだしサイン会にも参加したみたいだし、音は問題なく聴こえていた(から僕にはなにを演っていたのかは判る)し、まあよかったんじゃないかなあ。
欲を言えば、コニシキのウクレレは「上手い」ってわけじゃないんだけど音の説得力がものすごい(「質」として、アグネスさんに近いものを感じるんですよ)もので、そこだけ観たかったような気もするが。

終了後に長尾先生とアラニさんにはご挨拶しておきました。
飲んでいた「窪地」では隣の席にコニシキと武蔵丸がいて、なんとなく重かったことでした。
Hai'ineの白いほうにはお世話になりました、ありがとうございました。

それで生徒さんと割り勘で都合1万円だったんだけど、帰宅してからレシートを見たら俺のビールだけで5,000円だよ、圧勝。埋め合わせ? しない。


帰りがけの東中野ライフが23:50セーフで(24時閉店です)、お買い物など。

晩飯は高野豆腐と干しカレイの焼き、あと饂飩とかてきとうに。
ちょっと酔っぱらっていたもので、葉っぱを買うのを忘れました。まあいいや。


明日は、
19時からセンセー2連発で、

生徒23号さん23回目(!)は、ネタがねえぞ(笑)。
とりあえず『Kona Skies』と『Summer Again』をCDと1回ずつ合わせてみて、「聴きながら弾く」ようになれるといいなあ。それと『All of Me』もちょっと演って、『Country Road』の進行をちょっと教えて貰ったりしようかしらん。

生徒38号さん2回目は、『エーデルワイス』の譜面を書いて、トンチキだったような気がひしひしとする前スクールの悪影響を抜いていって、ということかな。あとは『カイマナヒラ』でストロークと単音。ひょっとして『涙そうそう』とか売れないかなあ、ちょっと聞いてみましょう。


2004年06月19日 02時13分22秒


2004年6月17日(木曜日、のんびり)。

午前8時起床。なんでか歯が浮いているのは、罰が当たったんだな(笑)。

あれ? なんでかカウンター消滅、まあいいや。


今日のメジャーデビュー:

『冬のソナタ』はやっぱり「通し」で聴かないといかんのだろうなあ。レンタルにあるのかしら。
『世界に一つだけの花』はまあいいことにして、と。どうにでもなるし。
それでプロデューサから連絡があったのだけれども、「『プリティ・ウーマン』はハモニカ1本で演ってくれ」って、請けちゃったんだけどさ。
  1. 多重録音には向いていない楽器なので(アンサンブルだと、そうとう音域をとらないと難しいと思う(ウクレレの逆))、つまり「まるソロ」ということだな。
  2. ということは、例のイントロから入るとショボいから、俺が考えていいのだったら「サビ入り」だな。
  3. でもバラッドにしちゃうとまた違うような気もするし。

    そうさのう、ミディアムテンポで、「ハモニカのボビー・マクファーリン」みたいにしてみましょうかしらん。
どうしたもんかなあ、って悩んでいる訳ではなくて楽しんでいるのだけれども。

今日の大成功!:

昼飯に、シリアルに合わせて汁物をなにかと思って冷蔵庫を覗いたら、
冷凍の鶏肉
以上終わり。葉っぱも豆腐もなんもなーし。
というわけで、

  1. 塩胡椒しただし汁で鶏肉を茹でて灰汁をとる。
  2. 茹だったところで、日の経った油揚を刻んで放り込む。
  3. しょうがないから大冒険で「おぼろ昆布」を放り込む。
これが美味しかったんですよ。作りながら「これは失敗するんだろうなあ」と思っていただけに、嬉しい。というか、個人レシピのトップのほうにランクインしましたね、なんでもやってみるものです。

昨日のプレゼン:

誰? たいがい「出たとこ勝負」だったのですが、劈頭のご挨拶で、
本日はこのような機会を与えていただき、ありがとうございました。
ってのだけは口が裂けても言うまいと決めていました。あれだけ心のこもらない台詞もないもんねえ、ふつうにお辞儀して「よろしくお願いします」でおしまい。

昨日のセンセー!:ダブル。

さて、センセがちょいと背広など着ているだけで人物特定ができなくなることが判明した生徒さん2名である。面白いなあ、こんどどんなコスプレでおちょくりましょうか(なに言うとんねんセンセ)。
1. 生徒34号さん11回目。
Ukulele Salad Bowl ほんとは基本としてリズムを入れたいんだけどな、生徒さんが『卒業写真』を演りたいというのであれば、それはそれでまあいいや。さいわいにして譜面があったものだから、in Fでコードの『卒業写真』も演ってみる。

ほんとは次回までに『卒業写真』のソロ譜も作るってことなんだろうな。
有名なのはUSBのキッドさんなんだろうけどな、あの人はきっと譜面なんか作っていないに違いないし(笑)、まあいいや。


『涙そうそう』のin Fのソロは、「ぜんぜん弾けてないんです」と言いながら、聴いてみたら部品は揃っている。言い方をかえると、部品が揃っているだけで、それが順番に並んでいるだけだな。というわけで今日はテンポを入れていく。

新ネタの『Country Road』(in F)のコード譜もお渡しして、これは「曲をよく知っている」そうなので、これも軽く。

あとは『Kona Skies』で、リズムがどうしてもスクウェアなのをなんとかシャッフルに持っていく。これも宿題だなあ。


2. 生徒35号さん10回目。
なんかお客さんとタクヤさんと生徒さんがバックヤードの無駄話で盛り上がっていたもので、定刻なのだが「まあいいや」と思ってタバコなど喫ってサボっていたら怒られちゃった(笑)。「言ってくださいよ」って、まあいいじゃん(いいかげんなものだ)。

まず『Crazy G』はテンポと発音を分けて、先にテンポから。けっこうつっかえがちなところを、センセーがコードストロークで追い立てていくという凶悪な仕様で、これを2、3回ほど。

それから今度はセンセは静かにして、発音を診ていく。いきなり5小節目の「ソミソミ」が聴こえないなあ、左手はちゃんとしているのになあ、と思って観察してみたら、2弦を離すタイミングが微妙にストロークより早いんですね。いろいろあるもんです。


流行りの(笑)『涙そうそう』のin Fのソロは、やっぱりテンポを入れたいものでセンセが合わせて弾いてみて、これも2、3回。

ついでにin Cのコード譜も演ってみているところに校長先生が「これ観ようよ」ってジェームズ・ヒルのビデオを持ち出してきたもので学級崩壊、本日終了。いいのかそんなことでとも思うが、うっかり俺の授業なんか受けているよりジェームズ・ヒルを観たほうが勉強になるさ。

というわけで、ジェームズを眺めながら「最近の迷彩服」の話題など。

り「さいきん米軍の迷彩服の新型が出ましたよね」
35「そうそう」
誰がついてくるんだこの話題。

なんか通りがかりに寄ってみた風情の「ハワイ好き」というお姉さんがいきなりお店に馴染んでいて(そういう店だよな、あそこは(笑))、ジェイムズのビデオなど見ながらウクレレの解説などを35号さんと少々仕込んでみる。そんで「なんでもできますから」ってんで『GODZILLA』演って『Smoke on the Water』演って、ジェームズのストロークのパクりなど演ってみせて。なにしてんねやろ、儂。

今日のセンセー!:遠足のお報せ。

生徒さんと関係者廻りにメールなどしてみる。 といった感じで。仙台とかどなたかいらっしゃるでしょうかしらん(笑)、ほんとに「遠足」だし。

今日のジャム:

夕刻から駒込(なんでそんなとこで)のスタジオで、太鼓とピアノとベースの人となんとなくジャムセッションなど。なんとなく流れで集まっちゃって、「自分がなんでそこにいるのか判らない」人ばかりなのが楽しい。僕は電化ウクレレ(ワウ付き)とハモニカでてきとうに、と。

終了後、そのへんの庄屋でビール飲み倒して、てきとうに帰宅。
そういえば庄屋では「1968年-1978年アメリカ映画」の話題で盛り上がりました。楽しい。


明日は、
17時過ぎくらいからセンセー2連発半で、

生徒36号さん5回目は、例の件があるから『Summer Again』は構成を真面目にやるとして(なんて言いぐさだ俺)、あとはストロークをきっちり入れる、と。飽きたら『涙そうそう』とか『カイマナヒラ』とかもあるなあ。とりあえず譜面はたぁくさん渡してあるので、ネタはいっくらでもある。
生徒40号2回目は、『More than Words』で左手とストロークかなあ。とりあえず様子見ということだな。
あとキルトに来ている生徒6号さん4か月ぶりはお稽古というわけではなくて、ついでなので最近の様子をちょっと診てみてダメ出しなどしてみる心算。ついでだし。


2004年06月18日 04時58分26秒


2004年6月16日(水曜日、背広姿)。

午前5時起床ってちょっと早くねえか。うすら眠いが今やらねえとな。

7時までに、今日の「ホームページ作成」のコンペ用の見積書を作成する。60ページにcgiとかjavaとかがあってこんなもんならまあ安いんじゃあないかな。あと名簿のページが枚数単位、月の管理費がこれくらいってなことで。価格面ではちょっと勝ちに行っているかもしれない。

あとの計画としては、

  • 名刺は刷った、
  • 名刺入れがないのでダイソーで買う、
  • プレゼン用のファイルを作る、
  • プレゼン用の資料を作る、
  • プレゼン用のシナリオを書く、
  • まるちゃんに例のidとpasswordを送っておく、
  • 余裕があればアンケート用のメールフォームも作っておく、
  • 風呂必須、背広必須。
こんなところか。久し振りなので勘が戻らない。

今日の朝飯:

漬物学者夫人に頼まれていたプリンタ修繕があがったってヨドバシカメラから電話。あれ? 請け出しに行くのに伝票がねえやってんで、漬物学者宅まで受け取りに行く。行ったついでにご飯と味噌汁と佃煮とおひたしで朝食をご馳走になって、と。

というわけで、プレゼン後にヨドバシカメラでプリンタを請け出してから、Hawaiian Dreamでセンセーを予定。なに屋さんなんだ私は。とっとと戻ってお仕事。


ここんとこの落ち穂拾い:

昨日の朝飯はバナナチップとコーヒー、
お昼なし、
夕刻に宮崎県で冷や汁、
晩は豆腐とか鶏の煮物とかを作りました。
昨日のセンセー:

生徒さんの『いとしのエリー』(関口版)を聴いて、「僕の進行と、またちょっと違いますね」みたいな話もして。あっちがオリジナルだっちゅうの(笑)。

それにしても、左手指の第1関節がよく曲がる生徒さんではあった。人差し指まで曲がるもんなあ、あれを利用してなにか面白いことができないだろうか。


こないだの西川(12日):

しまった! お茶の空きビンを座席の下に放置してきてしまった、ごめんなさい。
今日のCD:

Hawaiian Dreamで見かけたハーブ・オータJr.の新作CDなのだが、国内版はCCCDなのね。お客さんが「海外版とどっちがいいでしょうね」って言うものだから、「ぜったい海外版のほうがいいですよ」って言っておいた。
ウクレレの音がしょぼかったら、ほかになんの取り柄があるというのか。

今日の昼飯:

サンクスの「ぶっかけきしめん」に、生卵の黄身だけを落とす。あと烏龍茶。

タマゴを割りながら「なにか違和感があるなあ」と思ったら、両手を使って割るのが久し振りなんだな。なるほど。食事中も食後もお仕事。


今日のプレゼン:

ちなみに、本日ご挨拶をさせていただいたクライアントさんたちもここを読んでおられる可能性はあります。
とりあえず正直なところは書いていますし、特定団体乃至個人を特定する記述もありませんし、問題ないものと考えているのですが、コンペ云々とすると不利かなあ(じゃあ書かなきゃいいのに)。
あれ? ホッチキスがないぞ。というわけでサンクスに行ったら、棚にもない。お店のお姉さんに聞いてみました。
り「ホッチキス、ありませんか」
姉「あれ?(倉庫を見にいってくれて)すみません、品切れです。歯はあるんですけど」
り「つまり、ムシは手で折れ、と」
無駄にウケてしまった。商店街で顔見知りのもう文房具屋を畳んじゃったおばちゃんに頼み込んで、クリップを売ってもらう。まあクリップのほうがエコロジカルである(と言い張ることができる)し、構わんでしょう。
真面目そうな鞄を掘り出して雑巾で拭いて、ノートPCと資料を放り込んで、名刺も刷って、と。
お風呂に入って、髪の毛は七三にしたかったのだがやり方が判らなかったのでふつうに立てて、半年ぶりにネクタイを締めたらなんか前後の長さがおかしくて、それで銀縁眼鏡。鏡を覗いて「誰だこいつ」などと自分でも思う。

それなりの靴が見当たらなかったもので、たしか大学のころに買った茶色の革靴を採用。けっこうボロいが、まあいいでしょう。そういえばスーツもずいぶん以前に会社勤めをしているころに買ったものだなあ。ワイシャツは形状記憶なのだが、それなりに襟元の形が気に入っているやつだからOK。

家を出て、5分も歩いたところで「あ、電源アダプタ忘れた」ってのに気づいてですね(笑)。大丈夫かよ。


赤坂見附上空、よく見ると人が3人ほどとりついています。 赤坂見附までは、大江戸線中井駅から中野坂上で丸ノ内線に乗り換えて、まあ30分もかからん。便利になったもんだ。

コンペの現場には10分前くらいに到着して、フロアの所在を確認してからビルの前でちょいと一服。ふと上を見たら、近所の工事現場のうえの、地上70メートルくらいかなあ、クレーン2本が絡まっていました。人が3人くらいで一所懸命ほどいていました。

実はこれってけっこう大事故なんだけどな(たぶんワイヤーが絡まったんだと思うのだが、そんなもん1基に負荷が集中したら倒れるに決まってる)、こっちに倒れてきてから考えることにしましょう。


受付嬢にご挨拶して、先方の社長さんがわざわざ待合室までご挨拶にみえて「すみません、10分ほど押しておりまして」との由。そんなもん受付嬢経由で構わないわけだし、しかもこちとら背広の皮をかぶったパンクスだもので内心はちょっと恐縮するが、それを態度に出すわけにもいかないしなあ。業界を見渡すと「面白い人」が多いことも知っているのだが、なにしろ初対面。社長さん7人と対峙する俺ひとり。海千山千の「プロ」を想定して応対させていただきました。まあ仕事はちゃんとできるんだからいいんだけどさ、初対面時の応対についてだけはもうちょっとクダケた業界のほうがやっぱりいいなあ。

プレゼンそのものは、持参した資料(紙媒体です)をもとにですね、

  • サイトのリニューアルに関する真の目的の提案、
  • デザインの優位性(操作性と軽さ、バリアフリー性)、
  • 先方の要望に対する逐一の対応、
といったあたりで持ち時間30分のうち10分ほど。本当はここまでで20分というか「名刺交換で10分くらい使うのではないか」と考えていたのだがその名刺交換がなくて、あと20分か。時間が足りないのは構わないが、余っちゃうとマズいわけで。

じゃあってんで要求仕様についてのこちらからの質問事項をいくつか並べてから、業界内の類似ウェブサイトについていくつか蘊蓄を垂れて、あとは質疑応答で30分間にまとめました。


プレゼンテーションとしてはそれなりにうまく行ったんじゃないかなあ、コンペで勝てる勝てないは別として、商品というか成果物として自信のあるものを提示することはできたのだから、僕としてはそれでいい。

詳細情報が書けないもので判りづらいかも知れないのだが、こういうコンペであるならば「いいかげんなことを言って勝ち取る」よりは、「こういうほうがいいんじゃないですか?」ってな感じでお客さんのニーズを掘り起こして提案させていただくほうがよっぽど楽しい(そういう余分なことをするからけっこう負けるんだけどさ)。


今回は、インターネット関連の運用について「そういうのもありですね」と言ってくださった社長さんがおられたことを以て、俺としてはヨシとしているのでした。ものすごく工夫してくれたご近所さんにはとりあえず「無洗米5kg」で、もしコンペ通ってたらなるべく搾取して、と。

ご近所さんは「女工哀史が好き」なのだそうです。なるほどよくわかりました。


今日のセンセー!:ダブル。

おなかすいた。脳はカロリーを使うというのは本当なんだ。

赤坂見附から新宿へ向かうのだから、丸ノ内線の四谷で国電に乗り換えりゃよかったのだが、まあいいや。
ヨドバシカメラで修繕プリンタを回収して、あまりにもお腹が空いたもので『ポットポット』でビーフカレーを注文して、ざっくり飲む。時間なかったさけな、しょうことなか。


今日のファインディング・センセー:

くだらないのでまとめて書いておく。単に「セビロを着ている俺には誰も気づかない」という話だ。
  • 家を出た時点でだな、近所のの奥さんに「こんにちは」って言ってみたら「間に合ってます」ってあんたなあ。

  • カレー屋さんを出て急いで歩いていたら、マインズタワーの角を曲がる生徒34号さんを発見。「やあっ!」って手を振ってみたらシカトされました。

  • Hawaiian Dreamに到着したらなんでか生徒35号さんがもういたのだけれども、こっちがニコヤカなのに「誰この人」みたいな感じで冷淡でした。

  • 東中野ライフのレジは顔見知りのお姉さんだったのですが、ものすごく事務的でした。

  • 僕の家に続く路地に、僕の直前に「お隣のお嬢さん」が入っていって、直後に僕が路地に入っていったらものすごくヒかれました(笑)。慌ててご挨拶しましたけどね、「なんで背広なんか着てるんですか」とも言われました。
意外とだな、世間の人って騙しやすいのかも知れない。
今日のセンセー!:

あとで。

今日の無駄ネタ:

『負け犬女の壁』という番組の番宣音楽がストーンズ『Brown Sugar』でした。びっくりしました。
民主党は参院選に蓮舫を立てるらしい。もう終わりだな。
ハッチポッチステーションの『カーマはカメレオン』のハモニカがシンセだったもので腹を立てた。



晩はてきとうに喰って。

明日は、
19時くらいからなんかジャム。

2004年06月17日 01時06分58秒


2004年6月15日(火曜日、ビジネス)。

午前5時起床ってちょっと早くねえか。うすら眠いが頑張る。

なんかDIONのメールアドレスが停止中だよ、俺は一昨日に料金支払ってるっちゅうねん。ことと次第によっては許さんぞ。なんか半年くらい前にもこんなことがあったような気がするのだが、誰のせいだったかな(俺かな)、忘れちゃった。

直近の仕事先と、昨日メールした生徒さんたちにはYAHOO!メールのアドレスをご連絡しておきました。あとは、まあいいか(ぉぃ)。

12時間後の記述:
おカネ払っていませんでしたぁ、ごめんなさい。


昨日の続きの暇つぶし:

設問は無一文のときに質問される"You have no money, don't you?"にどう答えるかというものだったのだが、

"You have no money, do you?"

だったら悩まないんだな。いい暇つぶしだと思う。


午後に代々木に出て、不動産屋さんといろいろ商談などする。なにやさんなんだ私は。

そのあと吉祥寺に出て、不動産屋さんといろいろ商談などする。

商談が終わったら、代々木に戻ってセンセーなどする。


今日のセンセー!:生徒41号さん1回目。

早めにいらしたもので、店の外で僕はタバコ休憩などしながらお話をうかがってみる。
  • 子どもの野外活動の指導がお仕事なのだそうな。
  • そういうところにギターを持ってくる人は多いのだが、ウクレレはいないのだそうだ。
  • ギターと違ってウクレレだと「弾いて」とかそんなに言われないそうだ。
なるほど。でもギターを弾ける人はたいがいウクレレもなんとか弾けちゃうわけだし、ということは、
  • ウクレレらしいストローク(これはギター弾きには、いきなりだとまずできない)、
  • ウクレレらしいボイシング(同上)、
をとりあえず作っておくということかな。
ハワイアンはお好きですか?
興味ないこともないです。
なくて構いませんから。
いきなりですね、センセ(笑)。それで、あんまり野外活動(「キャンプ」とかだろうと勝手に推測しているのだが)も関係なくて、自由に弾きたい生徒さんらしい。
なにか弾いてみてくださいって言ってみたら『いとしのエリー』(関口版)のコードストロークはけっこう軽くて、左手も流暢でいい感じだし、じゃあそっち方面から仕込むということか。

試しにセンセー版(劈頭4小節のルートが動かないほう)も演ってみて、と。


というわけで、
  • 『涙そうそう』(in Fのソロ)、
  • 『いとしのエリー』(in Cのコードワーク)、
はお渡しして、Bbが弱点らしいものでついでに『Country Road』(in F)もいきなり書いてお渡しして、今日はフォアダウン+サムアップのストロークができるところまでを課題にしてみました。

詳しく書いておくと、

  • 隣の弦に触ってしまう2指3指が懸案事項、
  • これは珍しいのだが、曲がりすぎる2指3指の第1関節が懸案事項、
  • テンポが一定にならないのが懸案事項、
  • ダウンアップで弾いていて、コードの変わり目の直前の裏拍のアップの左手指の移動が早すぎるのが懸案事項、
というくらいのことで、このへんが解決すればもう教えることは無いのだ。とりあえず左手指の爪は切っていただきました。

あとのリクエストは『島人ぬ宝』(ビギン)で、たしか誰かにも頼まれていたのだな。そのうち書こう。


今日のイチャモン:

パロマガス給湯システムの宣伝でお爺ちゃんが風呂場でだな、
ずいずいずっころばし、ごまみそ‥‥
声が途切れたことにフェイルセーフシステムのインターフォンで気づいた竹下景子が「茶壺におわれて」でしょ? って言うのだが、「ずい」だろうに。

明日は、
朝いちばんで例の見積書をクライアントに送って、と。

昼間は熱心にお仕事、というかお仕事の準備をして、17時半から赤坂で社長さん8人相手にコンペのプレゼン。何年ぶりかなあ、経営コンサルタントやってたころ以来だなあ。背広かあ、早めにいって喫茶店かなんかで身体を冷やしておかねば(僕はモンスーン気候に向いていない)。

19時からはセンセーのダブルで、

生徒34号さん11回目は、
『Kona Skies』でストロークの「ハネ」というかリズムのシャッフルをまず仕込む予定。
あとは『涙そうそう』のソロで、飽きたら先日お渡ししたビートルズ特集。

生徒35号さん10回目は、
『Crazy G』と『涙そうそう』(in F)でテンポを僕が追いかけてみて、飽きたら先日お渡しした大量の譜面をちょいと診て、と。
ここんとこ俺としては「脳を使いすぎ」だもので、少し休めるように。いたわらないとさ、弱いんだから。

2004年06月16日 06時00分09秒


2004年6月14日(月曜日、お仕事)。

午前7時半起床、コーヒーとバナナチップ。

手帳の今日のところの左下隅に「松」って小さく書いてあるのだが、なんだったっけか。


今日の西川:

元締とショータのために手配してやった7月4日のT.M.Revolution市川市文化会館公演の入場券が届く。指定席で、1階2列21番と22番。まあいい席なんじゃないかな。

元締なんか21列より前をとったことがないんだから、やっぱり日ごろの行いがモノを言うのでしょうかしらん。こういうところで運を使い果たしているという話もあるのだが、今回は人さまに功徳を施しているわけなのだから、なんかいいこともあるんでしょう、僕にもそのうち。裏山から金が出るとか、油田を掘り当てるとか、そんな些細なことでかまいません。


今日の区民:

店舗物件の賃貸契約があるもので、住民票と印鑑証明をとりに区役所へ。いい天気だ。

印鑑登録のカードを失くしていたものでまず廃止届を書いたのだが、調べてもらったら「登録がない」という。あ、そうか、以前に登録したのは新宿区であった。マヌケだ。

  • 区役所の職員さんに「お客さま」と呼ばれてびっくりした。
  • あいかわらず身分証がパスポートなんだよな。写真入り住基カードくらい作っておこうかしらん。
  • 棚に陳列してある印鑑登録証の見本に「PAID」という穿孔が打ってあったのだが、「VOID」の間違いであるらん。支払ってどうするんだ。

今日の子蛙:
子蛙(がま蛙)遊んでます。足元注意。
今日になって、「子蛙」の正体を特定する看板を発見。

というか、ひょっとしてここ読んでたりすんの?


今日のお買い物:

昼すぎに東中野経由で帰宅。
ライフで、
  • 鶏肉、
  • モロヘイヤ、
  • 厚揚げ、
  • アカディ(カルシウム増量)、
あと薬局で箱ティッシュ(特売)。

ホワイトソース 青原寺駐在所下の自然食品屋さんで、スカイ・フードの無添加ホワイトソースを発見、購入。ホワイトソースなんか作んねえけどな、単なるブイヨンとして使う心算である。

レジのお姉さんと「この手のものの使い道」なんか話し込んでいるサングラスのダフ屋風味なんだが、ちょっと蘊蓄を並べてみたら、同社の中華ダシの試供品もくれました。こういうところで話し込むと、なんだか知らんがお茶とか試供品とかよく貰うんだよな。なんだろうか。

帰宅して、サンドイッチなど軽く作って食べて、あとはお仕事で水曜日のコンペティションの準備など。競合3社なのだが、どうなるかなあ。久し振りにネクタイ仕事だなあ。楽しみだなあ(ネクタイは締めたくないけど)。


今日のセンセー!:生徒39号さん5回目。

お風呂のあと、水曜日はコンペ帰りのセンセーになるもので、店の置きウクレレにということでドミノさんを持って家を出る。暑いけど湿気がないからまだマシですな。
東中野ギンザの加賀美で「塩マヨネーズラーメン」など。やたら塩辛かったけど、面白い味でした。 39号さんは10分遅刻で、なんか謝っておられたけど謝られてもねえ。
まずはチューニングで、ざらっと弾いていただいたら、弦と弦との関係は正しいのだが全体に1音低かった。まあここんとこ雨続きだったしなあ、電話とか時報とかの利用法をお話ししておく。そういえばこないだ調子笛を発掘したから、こんど進呈してもいいか。

書いておいたKAWAIHAE『Just To Be With You』と『Falling in Love』の譜面はお渡しして、まだお稽古に出てきていないコードについては低いほうで数字タブを書きながら「Cmajといってもいろいろですけどね」なんていう話から、こないだ書いた「コードポジションもいろいろ、押さえ方とコードネームは関係ない」といった話も少々しておく。「12フレットまででドミソのプレーンなCが192個」とか、そんな話。


今日はまず『Kona Skies』のコードワークで、左手はやっぱりD7(3222)のセーハがうまく入らない。じゃあってんで0202も試してみたら、こんどは4弦を押さえた指(2指も3指も)の腹が3弦に触れちゃうんだな。まあおいおいなんとかしましょう。でもこの曲だったら3222だよな、0202だとなんか演歌みたいだ(|G|D7|C|D7|)。

そのへんは宿題にしておいて、ちょっとストロークを弾いてもらったら、こっちは懸案のシャッフル(中抜き3連)のリズムができていたのでセンセー嬉しい。聞いてみたら、ご自宅ではあんまり音が出せないもので、ミュートしてリズムばっかりやっていたのだそうです。ふむ。
じゃあってんでCDに合わせて弾いてみて貰って、どうもサビに入るタイミングがよく判っていないというか、「自分の弾いているコードとCDの演奏が合っているのかどうかが判らない」みたいで、そのへんも馴れだよな。このへんでセンセはタバコ休憩ということにして、しばらく弾いていていただく。

それでついでにリフの単音もやっておこうかってんで、突貫でタブ譜を書いて、と。ここが肝になる「レラソドラソ」という2拍6連があって、このラがプリングオフでソが4弦開放なんだな(1弦-5フレット、1-0po、4-0、1-3、1-0po、4-0)。ウクレレ始めて1か月かそこらでそんなもん教えるのかという声もあろうが、そんなもん教えちゃう教室なんだからしょうがありません。はい、これも宿題(笑)。

ついでなので、ストロークは同じだがリズムはスクウェアになっている『Summer Again』も宿題にしておきました。どうなるのかなあ、楽しみだなあ。


このあたりで定刻にはなったのだが、遅刻分が勿体ないし、まだ19時だし。というわけで、『Just To Be With You』と『Falling in Love』をまたCDに合わせて(どっちかというと俺よりはKAWAIHAEが先生なわけだ、今日は)弾いてみせて、「だいたいこんな感じのストローク」というのは演ってみました。
というわけで宿題は、
  • D7のセーハ、
  • 『Kona Skies』の単音ソロのフォロー(プリングオフ含み)、
  • 『Summer Again』の、とりあえず左手(まだできてないんだそうです)、
  • そんでKAWAIHAEセットについてはCDに合わせて弾いておくこと、
  • それに馴れたら「聴いて合わせる」ようにしておくこと(それでまたひとつ完成する)、
といった感じかしらん。次回は2週間後です、楽しみだなあ(宿題出したほうは気楽なもんだ(極悪非道かもしれない(笑)))。
あと、バンスKに僕がウクレレを教えた自慢話とかしてからに。
それでさすがにKAWAIHAEファンだけあって、いろいろ情報をいただきました、ありがとうございます。

いろんな生徒さんがいて、けっこう楽しい。


新宿駅南口から東中野駅経由で帰宅。今日は晩御飯のお買い物は済んでいるので、ひさしぶりにギンザ通りではなくて山手通り経由で帰宅、工事の具合などチェックしてみたりなんかして。

今日の月曜ミステリー劇場(TBS、21時から):

財務捜査官の話だったのだが。
21:45の記述。
脱税容疑で二重帳簿を探して家宅捜索中の警察官が「亡妻の車椅子」をチェックしようとしたら、社長がでてきて「触るな!」というもので、警察官は車椅子をチェックしない。
ふと『悪魔のようなあいつ』のことを思い出しました。その車椅子のなかに現金が詰まってるに決まってるじゃんか、気づけ! 警察官。

22:45き記述。
車椅子は関係ありませんでした(がっかり)。
ドラマ自体はいい出来だったと思います(俺が言うのも僣越なのだが)。ギバちゃんがいい感じなのだが、なんでダークスーツに白靴下だったんだろうか。謎だ。

今日の暇つぶし:

仮にいま僕は一文なしだとする(あくまでも「仮に」、だよ。俺は裕福ではないが貧乏ではあるのだが、もちろん悪鬼羅に借りてる1万円は未だに返していない。返済できるアテもない。CDくらい送ってごまかしておこうとおもう今日子の頃)。
You don't have money.
これに対する答えは、「Yes」だよね。

You have money, don't you?
これに対する答えは、「No」だと思う。

You don't have money, do you?
これも「No」だな、たぶん。
自信がないということは、判ってねえんだよそのへんのロジックが俺にはよ。
で、さて、ちょいと敷衍して。

You have no money, don't you?

答えがYesなのかNoなのか判んないんだな。

面白いので少し悩んでみることにしてみました。ロジカルに行けばすぐに答えの判る話ではあろうが、こういうところを右脳で導き出すのが面白いんだよね(正解は教えてくれないでください、よろしく)。


今日の『朝日ジャーナル』を辞めるまでは好きだったんだけどなあ:

筑紫哲也が、テレビの「多事争論」で「アメリカに行くと、白人以外は空港での検査がキツい」ってブーたれてました。

あたりまえじゃん、筑紫バカなんじゃねえの?


さらに筑紫がそこから敷衍して、
捕虜虐待にまで思いを致してしまいます(引用註:こんな感じ)、
とかあって人種差別の話にまで行っちゃうのだけれども、筑紫バカなんじゃねえの?

有色人種のテロを憂慮するならば、有色人種を選別して調べるしかねえじゃんの、そんなもん。

「調査項目」と「差別」をいっしょにしてない? アメリカが「白人の国」だからこその人種闘争だろうによ、そういう認識が(「かつては筑紫にあった」ことは知っているが)欠落していることこそが問題なのではないかと思ったことでした。とくに言い立てないけど。


あとまたなんか喰って、寝る。

明日は、
昼から不動産の契約、 そのあと不動産のプレゼン打ち合わせ、 それからセンセ(新人さんは41号さんである。増えすぎ)。

2004年06月15日 00時23分49秒


2004年6月13日(日曜日、お仕事)。

午前7時起床。昨晩の残りの鶏スープなどいただく。

今日のサイト更新(珍しいことだ):

寝惚けマナコで、ウクレレ天国Uke ParadiseLet's think together about "C6"をアップ。各地に「こんな英語でどうかしらん」って自信なさげに問い合わせておいたのだが、ニセカマテツが「そんなもんでしょ」って言ってたからまあいいや。

あと西川のNHKホール廻りと国際フォーラムの記事を書いたのだが、NIFTYにアップしてもどうせ2か月で消滅しちゃうしなあ、今後どうしましょう。


今日のイチャモン:

某所ボーカルスクールに通っているかたが言っていたのだが、巻き舌の練習で「アップルパイ」って毎日10回ずつ発音しているのだそうな。
気持ちは判らないでもないが、ほんとに歌詞のなかに「apple pie」が出てきたら困りゃせんか?
子蛙散歩中に付足下注意
←これはつまり、オタマジャクシがうろうろしているということなのか?

あ゛。カエルのタマゴがお散歩しているところを想像してしまった。
関係ないけど「蛙の子は蛙」ってのはウソですよね。


イチャモンではないのだが、知人から問い合わせ。
BBSってなんの略?
なんで俺に聞くかなあ(笑)。それで俺ってばなんとなくBullettin' Boardだと思っていたのだけれども、あれ? tは重なっていなかったような気もするぞ。というわけで辞書ひいてみたらBulletin Board System (Service) でしたな、意外なところでものをしらない(bullettingってなんだよ>>俺)。
元締に頼まれたくっだらねー番組の録画をしているものだから、『冬のソナタ』の主題歌がチェックできないじゃあありませんか。まあいいんだけど、しばらく眺めているとシナプスがぷちぷち切れてくるような気がする。しょうがないから「なんでも鑑定団」に逃げる私。
元締つながりで、というか元締からメールで、
なぜ携帯女を殴らなかったか。
というのは昨日の「コンサート中にケータイでムービーを撮っていた阿呆」のことなのだが、2階13列31番席に位置していた阿呆は横縞虎目のタンクトップを着て阿呆面さげた兄ちゃんなんだな。

俺が殴っておいてもよかったのだが、ケータイを取り上げて割っておいたほうがよかったかしらん。


その『冬のソナタ』というのを聴いてみたら‥‥え? こんだけ? これどう演ると『枯葉』に聴こえないのだろうかしらん、ちょっと悩む。

『プリティ・ウーマン』のほうは、狛江の巨匠がわざわざ譜面を送ってくださいました。原調はAかあ、どうすっかな。でもサビ前がCになるのは好都合かもしれないしな、明日また考えよ。とまれありがとうございました。

っていうか、ちょっとくらいはハモニカ吹いてから考えようよ>>俺。


今日の大食:

半島関係の知り合いからのお誘いで、夕刻から南新宿はサザンタワー4階のジンロガーデンでお食事というかお仕事の打ち合わせ。それで前菜にサラダにナムルにサムゲタンに生春巻にチヂミに焼肉にチャプチェに餃子に石焼ビビンパにユッケジャンにちょっと待てぃ! お腹いっぱいで死にそうになりながらも、そこは俺なりに根性も見せて生ビール1杯とマッコリを2甕(笑)。このマッコリ(韓国のドブロクでしょうか)がけっこう美味しかったなあ。

お仕事のほうは、韓国語から和訳されたホームページを英訳してほしいって、なんで俺に頼むの。ハングルはカケラも判りませんし、観たことのある朝鮮語圏映画は『大怪獣プルガサリ』だけですよ(拉致られた韓国人の監督さんが北で撮ったものと記憶する)。在日の知り合いは何人かいたが、ここんとこ連絡も間遠だし。
それがさあ、ここんとこの日記の英語話を読んでいてだな、俺くらいのが判りやすくて丁度いいんだってさ(あ、そう)。
二千くらいの語彙でなんとかしてくれそうだから、文法は先方でみてくれるんだってさ(あ、そう)。
ぜんぜん褒められてる気がしない(褒められてはいないのだが)。

将来的には、独立日本語版のウェブサイトとその英訳もお願いしたいので、日本語がきちんとできてHTMLの書ける人間が欲しかったんだってさ。とってつけたような気もしないでもないが、まあいいや(HTMLもいいかげんなもんなんだけど、まあいいや)。


おいしい玉蜀黍茶(ほうじ茶でした)をいただいて、なんでかお持たせがありました。
  • なんでかボルドーのシャトー・プリンス・ノワール、
  • なんでか菊水の原酒(ふなぐち)、
  • なんだか判らない「79」という手書きのラベルの貼られた無愛想な5合瓶、
  • フランスパンとブルーチーズ。
なに考えてるのだか、あいかわらずさっぱり判らんおっちゃんである。お仕事のほうは競合もあるらしくて、まあ先の話ってことなんだろうなあ。
帰宅してワインと日本酒を冷蔵庫に放り込んで、と。

あと今日の無駄話:

まあ全部無駄話みたいなもんなんだが、こんな日記。
テレビ朝日のジャッキー・チェン『アクシデンタル・スパイ』を眺めていたらビビアン・スーが出てきて、パクに名前を尋ねられてシャレで「愛新覚羅」って答えていたのだが。そんな名前を(中国市場もあろうに)出しちゃって構わないのだろうか、少しだけ気になる。
ついでに最新の細菌兵器の名前を「アンスラックス2」って言ってたのだが、やっぱり「炭疽菌2」だとマズいのだろうか。あんまり気にならないけど。
香港警察の綴りは『Polis』ってことなのかなあ、目視はしたけれども「フィクションです」というイクスキューズなのかもしれないし、よう判らん(「特別機動捜査隊」とか「広域特別捜査隊」とか「日本防衛軍」とかあるし)。
風呂で頭を洗っていて、僕の場合は普通サイズ(ポンプじゃないほう)のシャンプーが1年は保つことに気がついた。いちおう2度洗いとかしてるんですけどねぇ、ここしばらくずいぶん短くしているしねえ。
だったら、思いっきり高いシャンプーとか買っちゃってもいいのかなあ、なんてふと思いました。高いっつっても2,000円くらいのことなのだが、1日で均せば6円くらいの話だし、同じような考え方で醤油と酢もけっこう高いものを使っているわけだし。
とか書いてるうちにワインがいい具合に冷えたもので、ちょっとチーズを齧りながら。
ちっ、酒抜いてたのになここんとこ。

明日は、
早いうちに区役所に行って野暮用をやっつけて、と。

18時からのセンセーは生徒39号さん5回目で、とりあえず『Kona Skies』でシャッフルのリズムと左手のセーハを演って、あとは新譜の『Falling in Love』と『Just to be with You』を軽く、と。飽きたら『TSUNAMI』もあるなあ。


2004年06月13日 23時35分27秒


2004年6月12日(土曜日、また西川)。

てきとうに起床して、シュガートーストとコーヒーという俺としては珍しい組み合わせで。あとサンクスのおいなりさんって、「わけのわからない旅館の朝食」みたいな。まあいいでしょう。

あとお仕事(があるだけシアワセ)、そしてお風呂と昼飯。


今日の西川:

今日も東京国際フォーラムで、16時開場の17時開演。16時半に到着して、なんでか不在の元締のぶんのチケットを見知らぬお姉さんに売り渡す。売り渡すといっても、西川ファンのシキタリに則って定価での取引なんだな。アリーナ最前ブロックだろうがなんだろうが、とにかくファン同士なら定価。やってることはよく言ってもバカまるだしなのだが、こういうところはあいつらほんとうに偉いと思う。と褒めた途端にだな、という話はあとで。

初対面のお姉さんには「黒ずくめの短髪サングラスでダフ屋風味がモギリ前にいます」とお伝えしておいたら、すぐに見つけていただけました。喜んでいいんだかなんだかよう判らんが、こういうときは結果オーライであらんと判断するポジティブな私。


それでそのお姉さんと並んで座ったのが、今日は2階15列63番と64番(昨日は1階24列3番4番、平たく言うと1階中程下手側)。とうぜんお姉さんが内寄りの63番なのだが、まあどのみち中央といえば中央なんだろうな。ステージは左右気にすることなく一望できるし、上下の視野角は30度くらいでけっこう急なのだが、そんなには気にならない。

アイカタのお姉さんが「あたしけっこう暴れます」というもので、まあT.M.Revolutionのライブで両隣のひとに
殴られたり 踏まれたり 蹴られたり 挟まれたり 体当たりされたり するのにはとっても馴れているわけだし、曲目によっての「避け方」にも精通してしまっている哀しい私なのだが、念のためレッドウィングのワークブーツを履いていきました。

結論としては、元締とぱっつんこの間に位置していたときよりはよっぽど平和でしたな。というか、あいつらが危険過ぎるというだけの話なのだと思う。

そういえば開演前にぱっつんことお友だちが俺の席の左脇の通路を通りすぎていったものでちょっと呼んでみたのだが、シカトされてしまいましたとさ。相変わらず不人情なことだ。


あとは主として昨日との比較&観察結果報告ということで。
  1. 音響は、今日のほうがすごく良かったと思う。音の粒も立っていたし、ボーカルもはっきり聴こえていたように思うんだな。これが「1階と2階との違い」なのか、「昨日と今日との違い」なのかが判らないんだな。
    どなたか、「昨日は2階で今日は1階だったかた」、乃至は次善として「昨日も今日も1階(2階)だったかた」の感想がうかがいたいところではあります。

  2. 昨日書いた「モニタがヘンだったのではないか」疑惑については、かなりの確信が持てました。今日は、昨日のてっぺん3曲あたりに感じられた演奏の(リズムの、ですな)不安定さが感じられなかったという理由によります。

  3. ヒマネタなのだけど、さすがにこれだけステージと距離があると視覚と聴覚とにタイムラグがあるなあ。仮に50メートルとすると0.14秒くらい? うっかりすると16分音符くらいはズレちゃうのだけれども、僕に限っては「オーケストラでの演奏経験」があるのでそんなには気にならないんだな(「指揮者との距離が100メートル」というケースもあるしさ、「アウフタクトを頭としてとる」訓練もできているわけなんだな)。

  4. >>元締。
    腕輪はしていたようです。

  5. 山田さんのベースは、やはりワイヤードだったようです。たぶん例の滅茶高価な細いやつだな、僕が買おうと思って諦めたやつ。網がタイトだから細いシールドというのがあって、だから見えなかったのかなあ。「ワイヤレスだからよく動けるのだろう」とも思っていたのだけれど、「丈夫だから気にせず動いていた」というほうが正解のようです。

  6. 2階から見下ろしていると、照明や舞台効果がとても美しい。これは得点かな。

  7. 開始前に「あ、飲料水を買っとくのを忘れた」なんて思ったのだが、ロビー売店ではいちばん小さいエビアンが300円だよふざけんな。と思ったら2階の自販機のお茶ボトルはふつうに120円でした、あぶないあぶない。

  8. そういえば「スナオさんのソロがぜんぶペンタトニック」という話題もあったのだけれども、聴いてみたらそんなことはぜんぜんないぞ。いいかげんなことを言う奴がやはりいるものだなあ。
昨日も「終演がえらく早く感じたな」とは思ったのですが、今日の2時間半はもっと早かったなあ。楽しかった証拠ではあると思う。
それでさて、最終曲で「ケータイでビデオを撮ってた阿呆」がいたんだよ(2列向こうなので画面まで丸見え)。あらゆる意味で間違ってるぞ、それは。

2階13列31番席のおまえだよ、

この阿呆めが。

さっき褒めて損した。


明日は、
お仕事。
  • 例のコンペのプレゼン資料を作ること(PC持ち込みでも構わんのでしょうが)。
  • ワイシャツを探しておくこと(最後にネクタイ締めたのは昨年11月のことだ)。
  • 真面目そうに見える名刺と鞄も用意しておくこと。
  • テープ起こしもあるのよねー。
あと、元締に頼まれたビデオ録画予約があるなあ。日テレで午前10:55から2時間35分間って、なんの番組なんだこれ。
あ、ティッシュ買わなきゃ。

2004年06月12日 23時52分55秒


2004年6月11日(金曜日、西川)。

さいきん、「書かないほうがいいこと」を「書かない」ようになってきちゃったなあ。いかんよ、イルミナティとかフリーメーソンとかを堂々相手にしてこその男の子ではないか。

関係ないけど、誰が読んでるんだここと思っていたらシューサンとか生徒さんとか西川周りとかが読んでるんですって(笑)。やはり迂闊なことはたくさん書いておかないと。


午前5時起床。よく考えると今夜も忙しいので、生ゴミなど提出してから『死霊のはらわたII』を眺めながらちょっとビール飲んで二度寝する人間のクズ。

ついでに『死霊のはらわたII』のストップモーション・アニメを作った奴の経歴を調べて、こいつが『オクトマン』とか『フレッシュ・ゴードン』あたりも手がけていることを発見してニタリとする私(ジム・ダンフォースではない。いや、ちゃんと『帝国の逆襲』とか『ダークマン』とかもやってるんですけど、そういうのは無視するね)。

午前7時、元気に起床。例のコンペのお仕事とかしたりなんかしたり、あっちこっちにメールしたり。

午前10時、電池切れでまた昼寝する人間のクズ。

昼起床(なにやってんだ俺)、またお仕事。偉いんだか偉くないんだか単に身体が弱っているんだか、さっぱり判らん。たぶん偉くはないが。


今日の訃報:

レイ・チャールズ師匠、死去。俺にとってのベストアクトは『ブルース・ブラザーズ』での『Shake Your Tailfeather』なのだが、あのピアノをだいたいあの音符通りに弾いてもあのノリが出ない、というのがピアノを諦めた理由のひとつではあった(はい、諦めながら弾いてます)。中野サンプラザでのライブにたまたま行けたのもラッキーだったなあ。なんでかピアノがRD-500だったんだな、なんでやろ。

それで俺ってばたまたま昨日、珍しいことに『Georgia on my Mind』をウクレレで歌っているんだよな。虫の報せか?


今日の西川:

夕刻に東京国際フォーラムの地下の喫茶店で、元締だのぱっつんこだのその西川仲間だのと待ち合わせて、僕は「ハンバーグ+オムライス」とかいう濃いものを注文して腹ごしらえ。大して美味しいというわけでもないが、お手軽に作っている割には珍しく薄味で食べやすかった。ふと気づくと、いつの間にか僕もT.M.Revolution印のツアーTシャツを着せられていました。いつの間に(笑)。
  • 西川仲間のどなたかが、僕の日記も読んでいるのだそうです。ふむ。
  • ぱつんぱつんはたるんたるんになっていました(殴られるぞ俺そのうち)。
  • そのぱっつんこが明日の「BS朝日」を録画してくれるそうです、ありがとうございます。
そういえば「『スパイダーマン2』の衣裳」の話がでていたのだが、やっぱり「赤い井出らっきょ」なんじゃないかと思うのだけれども。
今日のお席は1Fの24列3番、平たく言うと1階中程下手側ってことだな。ほぼ同じ列のセンターにミキサー宅があって、開演前に見てみたらだいたい前回のNHKホールのときと同じ仕様。でも2台あったような記憶のあるPower Mac G5が1台だけになっていたように思う。それだけ信頼性が上がったということなのか、バックアップ用の1台を机の下に置いたとかそういうことなのだろうか。

あとは、たまさか下手に陣取ったもので、上手袖にいるマニピュレーター(シーケンス担当)のお兄さんがときどき見える。あんまりお仕事をしている様子でもなかったのだけれども、たぶん今日の役目は「見張り」なんだろうなあ。


今日は定刻に1ベルが鳴って、18:35には開演したんじゃないかなあ。

あとはランダムで、

  • 3曲目くらいまで、モニタの調子が良くなかったんじゃないかなあ、という気がひしひしとする。特にベースの山田さんのところはどうだったのかなあ、けっこうシーケンスとボロズレしているところがあったような気がするのだが(気のせいかもしれない)。『Out of Orbit』のときにローディがモニタをチェックしていたようにも思うのだけれども。

  • 山田さんのベースがワイヤレスになっていたような気がするのだが、ちょっと遠かったので未確認。

  • ドラムスのお兄さんは、前回よりもさらに「好き勝手なフィル度」が昂進していたように思う。個人的には好みではある。

  • 西川はあいかわらず「PAスピーカの真ん前で歌ってハウらせる」というのをやっていました。個人的には別に構わないと思うのだが、ミキサの人たちはたまんねえだろうなあ、知らんが。

  • 俺にしては珍しく、暇つぶしでアンケートを書いてみました。

      よく読む雑誌:
      『壮快』、『エキスパート・ナース』、『CQハムラジオ』
      よく観るテレビ番組:
      テレビ埼玉『宇宙エース』、TVK『ヒッチコック劇場』、テレ東『午後のロードショー』
      好きなアーティスト:
      俺、セロニアス・モンク、アリス・クーパー
      最近観たライブ:
      KAWAIHAE、Hai'ine、メディパックス

    意味なかったな。

  • チョッパーとかライトハンドとかツインリードとかの美味しい演し物がたくさんあるのに、どうやらそのへんを観ているのは会場内で俺ひとりだな(笑)、まあしょうもあるまい。
    西川が上手花道に行っちゃった際に、ベースの山田さんとギターの柴崎さんが「談笑しながら」演奏しているのを目撃しました。貶すわけではなくてですね、いいんじゃないの、こなれてきていて。
繰り返すが僕は下手の端っこの席にいて、すぐそこまで花道が来ている。その花道の端っこ、つまり僕の目の前まで西川が来たときにですね、とうぜんお姐ちゃんたちは席から飛び出して通路から西川方面に向かって殺到するわけですよ。僕はお姐ちゃんたちを通してあげようと思ってついと通路に出たところが、甘かった(気づけよ俺)。俺の後方からもお姐ちゃんたちが大挙殺到してきていて、あっという間に巻き込まれる俺。そのまま通路を前のほうまで運ばれる俺。そのままお姉ちゃんたちに挟まれて圧死するかと思いましたが、それはそれでいい死に方なのかもしれない。
通路際のフェンスは係の人たちが人力で押さえているわけなのだが、あの人たちが頑張ってくれていなかったら明らかに人雪崩で死人がでていたよな。スリル満点。
壊れた元締と、有楽町ガード下『いいかげん屋五三郎』でちょっとだけビールなど飲む。お店のウリが「佐渡料理」だもので、「昨年のウクレレコンテストのチャンプが佐渡の人なんですよ」って教えてあげました。

今日のメジャーデビュー:

懸案の『最初から今まで』だっけ? ちぇるさんから「ただの『枯葉』ですよ」という情報があったのだが、そんでいいの? だったら楽勝なんだけどな。『冬のソナタ』は明日夜23:10からNHK総合で放映されるようなので、とっとと受信料を支払って止まっているNHKの電波を開通させて、と。

その件で問い合わせてみた某さんが女子高校生に聞いてみてくれたそうなのだが、

高校生は『枯葉』を知らない! したがって『枯葉』と似ている、同じかしら、などと言われることは大変心外な事のようで、「韓国の作曲家のオリジナルである」と強調していました。
との由。なんか番組には韓国の作曲家のクレジットが出ているそうなのだが、そんなもん信用できるもんか。明日聴いてみるまでなんにも判らんということだなあ。
ロイ・オービソンの『プリティ・ウーマン』については、狛江の専門家にお問い合わせをさせていただきました。基本的には「原調と構成」ということですね。すんません、よろしくお願いします。
どうでもいいけど、今に至るまで1音たりともハモニカ吹いてないなあ、俺。ふつう練習とかしねえか?

今日の不審者:

東中野ライフで豆腐とかサバ(半額)とか買い込んで帰宅。

帰宅途上の青原寺駐在所の先あたりで妙齢のお嬢さんを追い越して、いつもの路地をつい通り越してしまって5メートル戻って路地に入ろうとしたら、さきのお嬢さんがその路地に入っていくところでした。路地ったって幅1メートルで街灯もない「通路」みたいなもんだし、俺の恰好はダフ屋だしサングラスだし、いま路地に入ったらまるで追っかけてるみたいではないか。

まさかにお嬢さんを怯えさせても申し訳ないので、路地の入口でタバコを一服して3分ほど潰してから落合公園方面に向かう。それで200メートルも歩いたところで角を曲がったら、そのお嬢さんに追いついてしまった。もっと速く歩け! ってそれはそれで理不尽だなあ。


夜、タモリ倶楽部の流れでテレビを眺めていたら加藤登紀子さんが『花』を歌っていた。

先日どっかの掲示板に書いたのが、

そういえばsusとかaugとか妙なストロークとかどっぷり入れてる教室って聞きませんね(僕んとこが特殊なのでしょうかしら)。
って奴なんですけどね。加藤さんのほうはなんのヒネリもないギター自演だったのですが、それはそれできもちいいかな、とも思ったことでした。
けっきょく俺は「音符ごとにコードネームを付けちゃう」ほうだとは思うのだけれども。

明日も、
西川で、なんでか知らないお姉ちゃんと待ち合わせして観に行くんだな。
NHK『冬のソナタ』は念のため録画予約しておくこと。

2004年06月12日 01時48分41秒


2004年6月10日(木曜日、メジャーデビュー)。

午前7時半起床。

所用で家を出たのだが、100メートルも歩いたところで「可愛すぎるポロシャツにサングラスが似合わない」ような気がしてきて、帰宅してメガネをとっかえる。気弱になったものだ、いかんいかん。男の子が外見なんぞ気にしちゃ終わりだよ。

朝、ベロンチョでサンドイッチとコーヒーと週刊アスキー。


だいたいこんな感じだと思う。 今日の荷役:

打ち合わせ後、中野の元締のところに集金に行って、銀行のついでに元締が東急地下「しのとめ」で「物干し」を買い込んだもので、事務所まで運んであげました。なにしてるんだろう、俺。
洗濯物。 ちなみに家のはこんな感じ(←)。
そろそろ物干し竿も買わないとなあ。

しのとめは(「いちまいる新聞」で聞いてはいたのだが、なんかモダンな感じになっていて「妙な物件」が並んでいてけっこう楽しい。DIY系が減っちゃっていたのは残念なのだが、年がら年じゅう東急ハンズの前を通りかかるようになってしまったので問題なし。


今日のバンスネタ:

6月27日のバンスKのワークショップに申し込みを済ませているのだな、僕は。
  • もし、滅多矢鱈と難しいことを教えてくれるのならば、それはそれでよし。
  • もし、わりと初心者向けの内容だったとしても、それはそれで「教える」ほうの勉強にはなるらん。
どっちに転んでも損はない、筈だった。
今日ちょっとイメハのまっつんに会ってそんなことを言ってみたら、
勉強になると思うよ、アシスタントが俺だもん。
って、それは単に「バンスが遊びにきたバッキー」ではないか。受講料損したかも(笑)。

クヤしかったもので(嘘)、またまっつんにストロークとかいろいろ教えていただきました。センセのウクレレネタの大半はまっつん経由だからなぁ(センセを始めてから泥縄でいろいろ教わっていたりなんかして)、生徒諸兄姉もジイサン師匠として尊敬しておくように。


今日のメジャーデビュー:

某氏のプロデュースになる某社の企画物CDで3曲ほどハーモニカを吹くことになりました。

僕の受け持ちぶんは3曲で、

  1. プリティウーマン(ロイ・オービソン)、
  2. 世界に一つだけの花(SMAP)、
  3. 最初から今まで(なんか『冬のソナタ』ってのの主題歌かなんからしい)、
なのだそうです。1曲目はヴァン・ヘイレンが入っちゃってるけど、問題ないでしょう。2曲目はどうにでもなるとして、3曲目はぜんぜん知らんがなんとかしましょう。それでコンピレーションだものだから、僕のトラックのクレジットは僕になるのだそうで。それでリリースがメジャーだよ、それってデビューじゃん(笑)。
今日聞いた話で、
  1. 2、3日中にキーは決めてほしい(僕としては、「ヤなキー」を出すくらいなんだろうな)、
  2. プリプロ(Pre Production、仮カラオケみたいなもの)が今月末、
  3. 録音が7月末で、
  4. リリースが9月! って忙しいな(笑)。
とりあえず『最初から今まで』というのの音源をどっかで探して聴いてみて(プリプロから録音までの期間があるから、たぶん1回くらい聴いておけば充分でしょう)、いちおう「ハーモニカらしいキー」は探してみて、といったことかな、取り敢えずは。

今日のお買い物:

とりあえず定期券を更新(また1か月)。


東中野界隈で、
  • ゴーヤ、
  • トウモロコシ、
  • 高野豆腐(出来合い)、
  • 薄揚げ(2枚)、
  • 冷凍うどんを2つほど。
といったところ。あ、ゴーヤ・チャンプルー作ろうと思っていたのに豆腐買うの忘れた。

今日の西川:

強圧的に送信されてくる元締無理矢理情報によると、『スパイダーマン2』の(日本語吹替版の)のエンディングテーマをT.M.Revolutionが歌うのだそうな。なんかサム・ライミの指名によるらしくて、なんとなく嬉しい。
そうだなあ、旧い知り合いのジョージ成田山と、それよりは新しい知り合いの高橋シゲトが共演するのはちょっと観てみたい、といった感じだろうか(俺がいなければ成立しなかった企画だ、とも無理矢理に言えば言える。いなくてもやがて成立していたのだろうな、と考えるほうが楽しいのだが)。

サム・ライミも以前はものごっつ低予算のホラーを作っていて、それが大ヒットしたものだから調子こいて今はユニバーサルの役員なんだったっけ。このサム・ライミが極めつけのマンガオタクで、たしか世界でも有数の「コミックブック・コレクター」だったと思うんだよな。だから西川貴教の起用も、どうやら「オタコン」つながりなのであろうとは類推できるのだが、それはそれでいいことだろう(サム・ライミってば、オタコン行ってたりなんかして。蓋然性は高い)。

願わくは『ビッグ・ウェンズデー』のときのような大惨事にはならないで欲しいものだが、いまどきそんな心配ないよな。
それで「西川ファンによる日本語吹替版鑑賞会」に呼ばれてもいるようなのだが(BS朝日の録画とかも関係者に頼んじゃったし、どうせ観るし)、ということはけっきょく日本語と英語との両方で観ることになるのか俺。

というわけで夜、『死霊のはらわたII』のビデオなんか観たりして(あと『XYZマーダーズ』もストックにあるぞ)。


今日の晩飯:

テレ朝『新・科捜研の女』を眺めていたら(刑法と法医学は大好きなんですよ俺)、田中健の演ずる上司が、
「白黒はっきりつけるのが科学だろう」
って言ってましたな。そんなもん、いまどき「ここまでは判ったような気がするんですけどぉ」っていう「認識の方法論」を語るのが科学だろうに、いつの話をしているのだいったいぜんたい。

不可知論者になってから、人生はラクになったんだけどなあ、俺は。


というわけで、科学的に考えて「炒めた豆腐は油揚で代替できる筈だ」というわけで、ゴーヤとツナ缶と豚肉とカツブシと醤油と塩とマヨネーズと胡椒で「ゴーヤ・チャンプルー」など作ってみる。結果的に「油揚1枚では豚肉(ライフの少量パック)に対抗できない」ことが判りましたが、まあそこそこ。そのうち島豆腐で作ってみたいものだ。

あと高野豆腐とかパプリカとか。


明日は、
お仕事(某所プレゼン資料なのだが、「プレゼンして仕事をゲットしたいのが俺」なんだな)と、西川。

2004年06月10日 20時58分25秒


2004年6月9日(水曜日、センセとか)。

てきとうに起床、というか出入りの本屋の集金さんに起こされる。

朝、トウモロコシを焼いて塩を振って、あとコーヒー。


昨日のジャム:

  1. zoom acousticで電化したMANAさんで、『All of Me』の弾き語り。
  2. ハーモニカで『Fly Me to the Moon』
  3. ハーモニカで、なんかモダンっぽいワルツ。訳も判らずテーマを吹いて、調子ぶっこいてソロも1コーラス、初見でさ。
  4. なんでか見物にきていたウクレレ生徒さんの『Crazy G』に合わせてアップライト・ベース。
  5. ウクレレとハーモニカで『Confirmation』に乱入。
  6. ピアノで『C Jam Blues』
  7. ハーモニカで『Straight No Chaser』
Club Rubber Cat あとはドラムスを演ると全階級制覇という大騒ぎで、あいかわらず好き勝手演っててすみません。リズムが豪華でシアワセ(^_^)。
いかにもなサラリーマン風のお兄さんが事務鞄を抱えたままステージに上がってバップを弾きまくるのが最っ高にクールだぜ。あとハゲたピアニストが滅茶苦茶演っててこっちもかっこいいぞ(俺もピアノは無茶苦茶なんだけどね(笑))。

次回、覚えていたら『You don't know What Love is』の譜面を持参すること。


今日の西川: テクニカルな質問など。

音楽つながりで、元締から質問メールが届く。
ペンタトニックってなに?
どうやらT.M.Revolutionの左側でギターを弾いてるスナオさんのソロ・フレーズがペンタトニックばっかりだ、という投稿がネットにあったらしい。しかも揶揄するような調子だったようなのだが、ロックギターのソロの基本がペンタトニックになるのは当たり前のことだと思うし、そうじゃないギタリストのほうが珍しいと思うんだけどなあ。
あるいは僕が古いのかもしれないのだが、年がら年中ディミニッシュ分解したりアッパートライアドを分析したり(でもそうしたらやっぱりトライアドになる筈だからペンタトニックになりそうな気もする)している人がいるのであれば教えてほしいんだな。

というわけで説明のほうに移ると、ペンタトニックというのは5音音階のことです。
いろいろありますが、ロックの場合には「ドレミソラ」(in Cの場合)を基本として経過音を足していくというのが一般的なのではないかしら。ちなみにアラビックペンタトニックだと「ドレミbファ#ソ」(C-D-Eb-F#-G)、沖縄ペンタトニックだと「ドミファソシ」になります。


今日のセンセー!:生徒35号さん9回目。

そういえば一昨日で定期券が切れてるんだけど、来週の月曜日まであんまり国電には乗りそうもないので、今日は更新はしないでSuicaにチャージだけして、と。堅実なセンセー。

それで新宿南口を出たところでいきなり雨だよ、珍しいことをしたからかなあ。


早い目に35号さんが到着したもので、キーの相談などしながら『パイプライン』(in Dm、レーファーソーファソラソファソーラーソ)と『キッスは目にして』(in Fm)のコード譜など書いてみて、と。これはコピーしてお渡ししておく。

今日は見学のお姉さんも思いっきり道に迷いながらいらしていて、「なにかリクエストは?」って聞いてみて、35号さんに初見の『Every Breath You Take』(in C、例の「病院譜」ですね)のコードを弾いてもらって、僕がメロディをとってみる。うん、スリーコードはすぐ弾けて、サビのAbとかBbあたりになるといきなりつっかえて、やはりセーハに弱点があることが判るなあ。

あとはやはり病院譜から選んでもらって、『Let It Be』、『Yesterday』、『Hey Jude』といったあたりもお渡ししておく。ほほぅ、やっぱりビートルズって人気あるんだなあ(センセはストーンズのほうが専門なんですが)。それで譜面の読み方を軽くやって、センセはタバコ休憩、35号さんには見学さんにスリーコードなど仕込んでおいていただく。凄い教室だ(笑)。

見学さんに聞いてみたら鍵盤経験はあって、自宅にウクレレはあるのだが弾き方がさっぱり判らんもので、ネットで調べて見物にいらした、ということのようで。とりあえずチューニングのやり方を書いた紙と基礎コード表をお渡ししておきました。
あと、「俺ってばけっこういろんなジャンル演ってきてるんだけど、ハワイアンだけ見事にすっぽり抜けてるんだよねえ」みたいな話もしてみる。なんせ「ベッツィ&クリス」までもハワイアンだと思っていたくらいだ(嘘)、しょうもあるまい。


お稽古中。 休憩後は『Crazy G』で、どうにもテンポが入っていないものだから、指遣いを少し診たあとで「センセのリズムストロークに追いかけられながら弾いてみる」というのを演ってみました。これはまあ宿題だな、自宅にPCはあるそうなので、フリーのメトロノーム・ソフトでも紹介しておこうかしらん。

それから『涙そうそう』のin Fのソロで、これもテンポが入ってないなあ。指遣いを診てから、センセに合わせて弾いてみるというのを演ってですね。こっちもハイポジションがちょっと問題なのと、「懸案の小指」問題というのもあって。まあこれも宿題かなあ。


あと5分くらいのところで、『Yesterday』などちょっと演ってみる。これはひっかかるのは「Bdim(2121)→E7(2021)」くらいのことで、「2121→3232」で『火曜サスペンス』が演奏できるあたりも含めて解説して、けっこうウケる(はい、僕のお稽古は基本的にウケ狙いです)。こういうののストロークの工夫もゆくゆくは演りたいものだなあ。

あと『パイプライン』も演ってみて、オカズ(レーレファーラソファ、と、ソーソシbーレドシb)がワンポジションでできそうな可能性を発見して、35号さんと一緒になって喜んでいるセンセ。このへんは次回までになにか作っておきたいものだ。


というわけで次回は、
  • 1123のBbあたりがきれいに鳴りたい、
  • 『Crazy G』の「薬指第1関節」が折れたい、
  • たしょう音がショボくても構わないからテンポは入れたい、
  • 面白いから(笑)、また「初見物件」も演ってみよう、
といったところでしょうね。
School of Rock まったく関係ないのだけれども、センセーも苦節いちねんにしてついにベンチャーズまで来たかと思うと感慨深いものはある。

あとは好みとしては、ドアーズとかジャニスとかストーンズとかRCとかツェッペリンとかクイーンとか、新しいところならシンディ・ローパーとかキング・クリムゾン(エイドリアン・ブリュー入り)とかロバート・パーマーとかデュラン・デュランとかアリス・クーパーとか、リクエスト来ねえかなあ。俺は待ってるぜ(と言っているわりに、リクエストのあった『Wave』と『Misty』はまだなんだな)。


これ(『Let's think together about C6.』)、少し書き足してみました。

今日のイタリア:

知人が出るんだか出ないんだかで懸案になっていたBS朝日の録画をぱっつんこに頼んでみたら、快諾のお返事を頂戴したものでお礼状を出してみました。
Subject: グラッチェ
Object: サルーチ、アプレスト。

┌─┐
│り│
└─┘
感謝はしているのだけれども、いい加減なものだ。

お便りいただいたみなさん、ありがとうございました


夜、一昨日が賞味期限でいい調子に酸化して茶色くなったステーキ肉(やっぱり牛はちょいと腐りかけたくらいが美味しいと思う)を焼いて、付け合わせは焼きトマト。あとパプリカのサラダを添えて、シリアルはトースト。けっこう楽しい。

予定していたゴーヤはちょいと置きすぎたみたいで冷蔵庫内で腐ってました。いかんいかん。


明日は、
お仕事。

2004年06月10日 00時02分34秒


2004年6月8日(火曜日、ジャム)。

午前5時起床、ヤクルトなど。

朝っぱらから笑った記事→こっち。


昨日のセンセー:

英文を書いたのはいいけど、和訳を載せるのを忘れていました。
はいよ。
Cコードというのは、概ね「ドミソ」の音でできています。3000の音は(1弦から)ドミドソ。7000を弾くとミミドソがなりますから、これも立派なCです。
ドミソの音を探すことで、いろんなCが見つかるよ。7000も10-0-0-0もCだし、3345とか7879とか10-8-7-9とか3005とか、いっぱいあります。

Fがファラドでできているのはご存知ですよね。8555はファラファドですから、これもFです。ローポジションだと0102あたりでしょうか、これもラファドラでF。ほかに3102、3555、8-8-9-10なんていうのもFだったりします。

G6は、「Gから6番目の音をGコードに足せ」という指定です。6番目というと、えーと、ソラシドレミ(「ソ」が1番目であることに注意)だから、ミですね。8888の音はミシソレですから、これがG6。ほかに2020とか2344とかありますけど、そのへんてきとうに。

音楽を言葉で説明するのは難しいんですけど(しかも英語だよ(笑))、こんなもんで。
また質問などございましたらいつでもどうぞ。

そのうち「C6と0000について真面目に考える」ような論文も書いたほうがいいのだろうなあ。
あと『雨をみたかい(Have You Ever Seen The Rain?)』の話で(誤解している人が複数いるのを発見したので書いておくと)、降ってくるのは「2平方キロメートルに亙って降り注ぐ摂氏800度の油の雨」です。
ナパーム弾は東京大空襲時に「日本の木造家屋を焼く」ために開発されたもので、CCRの歌に出てくるのはベトナム戦争ですな。みんながよく観ているのは『地獄の黙示録』でのジャングル爆破シーンでしょうか。さいきんは中東でアメリカが使ったみたいです。火炎兵器だから「雨の日」には降ってこないっていう話なんですよ。

ちなみに、いまは椰子油は使われていない筈なのでハワイアンっぽさも無くなってしまいましたとさ。


生徒さんからの返信で、

I have one request. Can we play some more plucking songs on our next lesson.

えーと、「元気なやつを一発」ってこと? どうすっかな、ロケンロールのパターンでも演っておきましょうか(ふつうに曲をやるより応用が効く、という理由)。

I think it's better for you to have some patterns of 'plucking songs', some like Rock'n'Roll and Blues, it needs adding 6th and 7th notes on basic chords. It means GGAGBbGAG on C, it could be fun and only 12 patterns are the all.

こんな感じでいかがでしょうかしらん。
ついでにこんなものを書いてみたのだが。

昨日の巣鴨:

とげぬき地蔵さんの前で、ケーブルテレビが街頭インタビューをしているのをなんとなく眺める。
窪塚洋介さんの事件についてどう思われますか?
ってお婆ちゃんたちに聞いてもなあ。「え? 誰それ」みたいな感じが多かったような。

というわけでラバーキャットのジャムで、今日はピアノとハモニカとウクレレとアップライトベースって、何者だきさん(笑)。

あとてきとうに沈没。


明日は、
生徒35号さん9回目で、リクエストは『パイプライン』と『キッスは目にして』だな。後者はなんだっけ、『情熱の花』というか『エリーゼのために』だな。『パイプライン』は、どれだっけ、まあなんとかしよう(教室で)。あとは『Crazy G』と『涙そうそう』。

それとBSアサヒの件でぱっつんこにメールすること。
昼間は例の企画書を作っちゃうこと。


2004年06月09日 03時17分40秒


2004年6月7日(月曜日、のんびり)。

お昼くらいに起床、水など。

今日のセンセー!:質問メールくる。

生徒さんからメールで、

I am practicing "Kaimana Hila Powered". At almost the end of the song, there is C, G6. On the score, the words on the first lines look like "7, 0, 0, 0" but i think it's not "7". Also, i do not know how to play G6. And, I do not understand F chord on the third line "8, 5, 5, 5" Can you please explain that. Thank you.

カイマナヒラを練習しています。曲の終わりにCとG6がでてきますが、Cはほんとうに「7000」ですか? それとG6の弾き方が判りません。Fの「8555」もよく判りませんが、説明していただますか?
なるほどね。うーん、文章で(しかも英語で)説明せにゃならんのか。できるかなあ。

Roger.
Generally, chord change 'C' means the chord is constructed by notes C, E and G. So when you play 'C' chord in position of 3-0-0-0、it sounds C-E-C-G. When you use 7-0-0-0, it sounds E-E-C-G, it's also an excellent 'C'.
Yes, you can find many 'C' positions on your finger board finding the notes C, E and G. For exsample, 7-0-0-0 and 10-0-0-0 are also 'C', check it out. And also I use positions for 'C' such like 3-3-4-5, 7-8-7-9, 10-8-7-9, 3-0-0-5 and many more.

You know the Chord 'F' is constructed by notes F, A, and C. The position 8-5-5-5 sounds F-A-F-C, it's also 'F'. Basic position for 'F' is sometimes 0-1-0-2, it sounds A-F-C-A, so it's also 'F'. You can find another 'F' such like 3-1-0-2, 3-5-5-5, 8-8-9-10 and more.

'G6' means 'add 6th note from G on the 'G' chord'. Can I explain? This time, 6th note is...G, A, B, C, D, E...it's note E (mark that G is the 1st). Position 8-8-8-8 sounds E-B-G-D, it's 'G6'. Another 'G6' on your fingerboard are, for example, 2-0-2-0 and 2-3-4-4.

It's little bit hard to explain music by words (moreover it's English!), is it OK?
Please feel free to ask me anything, TKS.

こんなもんで‥‥いかがでしょうかしら(“constructed by”って...まあいいや)。
そうさのう、「3000」以外にも'C'がある、という話なのだと思うのだが。そのうち「Let's get Think about C 6th together」といったあたりで講座でも演ってみるか。

今日の宴会(またかよ):

午後から打ち合わせで巣鴨へ。それで落ち合った社長がだな、「じゃあ鰻でも」っつうんで鰻屋さんへ。

あんたさあ、そんな午後3時から鰻屋なんかに入った日にゃ、うまきと鯉こくと白焼きと肝焼きでビール行っちゃうに決まってんじゃねえか。その通りになりました、忙しいんだけどなあ、俺。まあウェブサイト作成受注決定みたいだからいいんだけど、夕刻から使い物にならない私なのでした。


明日は、
ラバーキャットのジャム。

2004年06月07日 21時23分10秒


2004年6月6日(日曜日、雨ざーざー降ってきて)。

なにか写ってる、ような気がする。 午前9時起床、コーヒー。

あとネタ帳をひっくり返してですね、ヒマなんだな。
けっきょく、『涙そうそう』と『雨をみたかい』を足して5分くらいなので、制限時間7分だから欲張れば『亜麻色の髪の乙女』もできるぞ。演んのか俺。

生徒40号さんからメール。英語でした。てきとうにお返事しておきました。

今日のお天気はどうかな、なんて思ってついネットで天気予報を見そうになりました。窓開けろ>>俺。そんなんじゃいかんぞ、人間まず五感だ。小さくまとまんなよ。


撮りなおしてみました。なにか写ってる、ような気もする。 今日の『Have You Ever Seen the Rain』:

ウクレレ宴会で演るような曲なのだろうか、とも昨日は書いたのだが。

でも、ナパーム(napalm)という語自体からして「ナフサ+パームツリー」なんだから、ハワイアンっぽくなくもないな、という判断でですね(←既に間違っている)、まあいいや。

そも、ウクレレくらい反戦的な楽器もなかろうってもんだし。


と思ったらついウイスキー飲んで寝込んでしまって、出番に起こされて半分寝たまま『上を向いて歩こう』かなんか演ってお茶を濁したのでした。

帰りがけに焼肉屋さんでレバ刺しなど食べて、と。


明日は、
これといってとくになし。

2004年06月07日 12時18分18秒


2004年6月5日(土曜日、お腹イタイ)。

朝9時、俄の腹痛でトイレにこもってですね。どうやらガスレンジを新調したもので調子ぶっこいて食べすぎたんだな。子どもか。塩水でミネラルと水分を補給して、征露丸を服用してちょっと横になる。珍しいことだ。
昼、レトルトの白粥にトッピングは大葉、ウコン、ブロッコリーのかいわれ、賞味期限が1999年でちょっとすごいことになっている梅干し2つ、生卵。

明日の宴会:

イタチオフの演し物なのだが、どうしようかな。とりあえずHai'ine(いないけど)にぶっつけて『涙そうそう』でも演って、最近のお気に入りは『雨をみたかい』なのだが、楽しかるべき宴会でベトナム戦争のナパーム弾の歌なんか歌っちゃって構わないものかなあ。構わないか(笑)。

ちょいと訳して見ました。オリジンの歌詞はネットで捜してね。

あの雨をみたか?
Have You Ever Seen The Rain? (J.Fogerty).
ずいぶん前に誰かが言ってた、
嵐の前の静けさのことを。
知ってるよ、ときどきそんなこともあるのは。

こうも言ってた、
そのあと、晴れてるってのに雨が降る。
水みたいに光りながら降ってくるんだよ。

※あんたら、そんな雨を見たことがあるか?
見たことがあるかって聞いてんだよ。
晴れた日に降ってくるやつのことだ。

ここんとこずうっとだよ、
お天道さまは冷たくて、雨はどかどか降ってくる。
俺がいたあいだじゅうそうだった。

ずうっとこうなんだよ、
なにをやっても堂々巡り。
判ってるんだけどよ、
なんでこんなもん止められないんだ。

こんな感じかな。アメリカでは堂々の放送禁止歌だったりなんかするわけで。

今日のセンセー!:ダブル。

どうでもいいけどさあ、校長先生が出かけていてお店のスタッフは俺ひとり(って俺もそんな役目を果たす義理はないのだが)っちゅうのに、やたらと威勢のいい校長先生の知り合いがやってきてうるせえのなんの。いや文句を言うところではないのだが。「たまのこと」にしておいていただきたいものだ。

生徒さんとしてはご迷惑ではなかったかと思って、いちおう書いておく。

1. 生徒23号さん21回目。
21回目ということは、21時間は教えているということなんだよな。そんなにネタのあるセンセだとも思えないのだが、来てくださっているということは何かが面白いんだろうな。惰性で通ってくれるような生徒さんでもないわけだし(お稽古中に、僕はよく「顔が険しいんですけど」って指摘するんだな)。

とりあえず「なに演りましょうか」って言ってみて、じゃあin Fの『涙そうそう』のソロで「晴れわたる日も」あたりの6/4の譜割りが判らんのだそうなので解説する。というか、歌を知っていれば悩むところではないわけで、歌詞カードも違法コピーしてお渡ししてということなんだな。歌えないものがインストでできる訳もないし(ふつうはまず「鼻唄がいちばん上手」なものでしょう)、そのへんの確認が最初だったかなあ。

あとちょっと脱線して、ハワイアンの話とか(7月に本島に行くのだそうです)、西海岸寄りのフォークの話とかして、だな。話題がジョン・デンバーとキャロル・キングとオリビア・ニュートン・ジョンってんだからマニアックなものだ。僕がレイナード・スキナード(航空機事故つながり)の話を出してみたら、ご存知ありませんでした(あたりまえか)。


それからKAWAIHAEのCDを引っ張りだしてきて、『Kona Skies』『Summer Again』はストローク大会。
こっちはストロークはできているのだけれども、たまにサビに入るときにコードが入らないというか、「コード進行が変わったことに気づかない」のだろうなあ。

演ってることは「音楽」なのだから、合わせている音楽(この場合はKAWAIHAEのCDのトラック)に合わせられなければ、それはそれで「音楽ではない」ことになっちゃうのだよな。今日のところは「耳は全開放にするようにしてください」とお伝えしておきました。

あとちょっと『All of Me』など演って、と。


明日はタイガースの応援でだな、ベイスターズを貶しに行くのだそうです。イタチオフは不参加かあ、残念だなあ。

ちなみにイタチオフのほうは、生徒さんが

  • 風邪ひいたり、
  • 肋骨を折ったり、
  • 仕事だったり、
  • キワヤ発表会だったり、
  • KAWAIHAEだったり、
  • インラインスケートだったり、
で、僕廻りの出席はないのでした。まあしょうがないか。

2. 生徒37号さん3回目。
先ずは、先週コード譜を起こした、でも僕はとっくに覚えていない『とっておきの朝を』という曲で、たとえばE→F#あたりのポジションをいろいろして、ついでにハイコードも入れてみる。というか、ハイポジションで演ったほうが演りやすいでしょう、こんなものは。それでコードのポジションについていろいろしているうちに30分くらい経っちゃってセンセがタバコ休憩という凄い教室。

休憩中に先日の「病院譜面」を見ていただいて、『Just the Way You Are』とか『More than Words』あたりも演ってみて、またハイポジションの話なんかもして、と。このへん宿題、ってことかな。

21時終了なのだが校長先生が帰ってこないものだから近所のコンビニで缶チューハイなど買ってきてエクステンションして、帰って来た校長先生の奢りで和民なんかみんなで行って、みたいな。

帰宅してまたなんか焼いて、と。新しいツールがあるのは嬉しい。

明日は、
イタチオフ

2004年06月06日 01時38分36秒


2004年6月4日(金曜日、うすら眠ぅ)。

今日の特殊ミッション:

今日の切り傷(2か所)。 午前11時に飛び起きて、って睡眠4時間だよ参ったね。とっとと顔を洗って、いい子ふうのお洋服を着て、昼過ぎからの経営会議で新宿のデニーズへ行く前に、東中野ギンザの「加賀美」でマヨネーズラーメン。妙なもんを注文してしまったのだが、けっこう楽しい。新製品で「塩マヨネーズラーメン」と「味噌マヨネーズラーメン」というのが出るそうなので、ということはこれは「醤油マヨネーズラーメン」ってわけか。ふうん。

なんでデニーズってか? テーブルは広いし、ホットコーヒーならお代わり無料だし、話を聞かれて困るような客層はまずおらんし(たまに俺みたいなのがいるけどな)、いくらでも居座るというわけなんだな。というわけでおっちゃん達に混ざって知ったふうな口をきくこと90分、けっこう疲れた。


今日のお見舞い:

鮎。 新宿三丁目から地下鉄で曙橋まで出て、東京女子医大に向かう。旧フジテレビ通りからあんなにでっかく目標が見えるのに、なんか商店街の様子も変わっていて道に迷っちゃったりなんかして、マヌケでした。

途中の東京韓国学校から出てきた小学生らしきお子さんが持っていたのは、やはりウクレレのケースなのではなかろうか、それもものすごくオールドくさい。なんかものすごく気になるのだけれども。

叔母は今日は「痛い痛い」と言っていて、ということは生きているということなのだな。以前に住んでいたところのお向かいの家に赤ちゃんが生まれたことがあって、道でお母さんに会うと「すみませんね、うるさくて」ってよく謝られたのだが、そんなもん静かだったら却って不気味なのだ。それと同じ。それで今日のお土産は『週刊アスキー』でした。

また院内の松本楼に行ってみて、今日は山かけ蕎麦など。病院だからなのかなあ、なんかやたらと薄味だったような気がする。だったらダシ増やせよなんて思いながら、まあ喰えないこともないか。麺がまともだっただけに残念ではある。

叔母の清拭の間に病棟の棚をなんとなく眺めていたら、「ショードック」という消毒用のウェットティッシュみたいなもんが置いてあった。最初に見たときには笑ったもんだが、懐かしいなあ(錆び取り剤で「ガンコサビトレールってのもあったなあ。楽しいなあ)。

17時くらいに洗濯物など回収してお暇する。


昨日のセンセの落ち穂拾い:

  • BS-ASAHIを視聴できるひとを探すこと!(忘れてた)。

  • 生徒40号さんはてっきりマレーシア出身だと思っていて、出動準備時にネタでTシャツを捜したらマレーシア関連がない。しょうがないから「隣でいいや」ってんで「シンガポール」って書いてあるTシャツを着ていったわけね(こういうくだらないネタをよく仕込んでいる(こないだは石垣島帰りの36号さんのお稽古に「東大東島Tシャツ」を着ていった)のだが、突っ込んでくれる生徒さんが少ないのは寂しい)。そしたら40号さんはシンガポールの人だったのでした。結果オーライのうえに突っ込んでいただきました(しかし、どこで間違えたんだろうか僕は)。

  • Hai'ineの白いものがだな、僕が生徒さんに「センセー」って呼ばれたとたんに「うぷぷ」って笑ってました。きさん今度「センセー」って呼んじゃうからな。覚えてろ。

  • その白いものに実演していただいた『Wai Hui O Ke Ani Ani』(だっけ)は、途中で「速かった」ちゅうて仕切り直しが入ったのだが、俺が「走っていた」のかもしれない。まあそんなこともあるさ、悪ぃ。
    演奏自体は、いきなり合わせたにしては面白かったと思うのだけれども。少なくとも生徒さんたちにはウケたのだから、それこそが正義なのだと思う(「正義」かよ>>俺)。
  • これは書いたもんかどうか少しだけ考え込んだのだが、書いちゃえ。
    40号さんにウクレレの「構え方」を指導しながら、
    女の子の場合にはおっぱいが邪魔らしいんですけど、そこは僕は判んないもんで。
    って言ってみたら、36号さんがいきなり、
    「いまセンセーがセクハラを」
    って言い出したもので倒れる私。
いろいろあって楽しいというかなんというか。
録画しておいた『脱出』はようよう見終える(ブルーグラスのシーケンスを延々と繰り返して観ていたもので時間がかかったわけです)、面白うございました。
ケイジャン(じゃないんらしいんだけど)つながりで『ブラボー小隊 恐怖の脱出』も観たいなと思っていたら、調べてみたらDVDが出てるんじゃんの。なんか時代が俺のほうに傾きつつあるような気のせいもする昨今なのでした。

今日のお買い物:

新品。 新宿西口のヨドバシカメラにひょいと寄って用紙など仕入れて、見たらポイントが5千円ぶんくらい貯まってるぞ。こないだ調べてみたら、たしかガスレンジが6,800円だったよなあ。家電売場に行ってみて、「え? ガステーブルって言うの?」なんて思いながら、どうせ火が点きゃなんでも同じなんだからいちばん安いやつを購入決定! えっちらおっちら抱えて帰る。

ほんとはグリルは要らないんだけどなあ(ぜんぶ中華鍋で賄っているのだ)、グリル無しの製品のほうが微妙に高価だし、まああればあったでトーストくらいは焼くかもしれないし、まあいいか。

以前にも書いたかと思うのだけれども、東京ガス製品を気張って買って15年、三食自炊で使い倒したガステーブルはいいかげん寿命で不完全燃焼して、鍋底が煤で真っ黒なのね。そろそろなんとかせねばと思いつつ半年くらいほっといたんだけど、そろそろいいでしょう。

東京ガス製のガステーブル。 一般家庭での寿命が10年くらいとも言うわけだし、よく働いてくれました。ありがとね>>東京ガスくん。

というわけで設置して、そのへんの鍋底をぜんぶ磨いてクリーンにして、さて飯でも作るかと思ったらもう零時だよ、参ったね。


今日のお買い物(2):

その設置の前に東中野ライフまでお買い物に行ってくる。
  • 鮎(半額)、
  • ハンペン、
  • シイタケ、
  • トマト、
って焼くものばっかりやんけ(笑)、単純な奴。

レジがたまたま先日の「釣り銭事件」のときのお姉ちゃんで、

ポイントカードは‥‥ありませんね。
って笑顔で言われちゃいました。ロケンローラが地域社会にとけ込んでいていいのだろうかとも思うが、まあいいや。今後ともよしなに。

今日の晩飯:
  • 中華鍋+焼き網で鮎を焼く(大根おろしとレモン汁付き)、
  • 中華鍋+焼き網でハンペンを焼く、
  • 中華鍋+焼き網でシイタケを焼く、
のはいいとして、調子こいてクロックムッシュとか似合わないものを作ってしまいました。鍋底が煤まみれにならないのは嬉しい。

明日は、
19時からセンセーのダブルで、
生徒23号さん21回目は、
『Kona Skies』の単音とストローク(木曜日に準備はしたぞ)、
『Summer Again』でストローク、
『All of Me』はオルタネートがどう入っているのか楽しみにして、
『涙そうそう』はin Fのソロをふつうに診る、と。
あと、こないだ大量に書いた譜面も見ていただくと、拾えるところがあるんじゃないかな。

生徒37号さんの3回目は、知らない曲ばっかりをリクエストされて「譜面を書いてお渡ししてそれっきり」だもんだから、まあ「左手が入っていればストロークを演る」、「左手が入っていなければそこの指導」といった感じか(入っていると思うのだけれども)。その場で真剣勝負って感じで、それはそれで楽しみなことよ。


2004年06月05日 00時34分42秒


2004年6月3日(木曜日、センセ)。

朝起きたら、お昼前でした。いかんいかん。コーヒー飲みながら急ぎのお仕事など。
あとバナナチップ。

Word2000で、箇条書きのノンブルが振り直せないという緊急事態発生。しょうがないから「手で番号を振ってインデントを打ち直す」というダサい仕様で対策を講じたのだが、見た目がオッケーだからまあいいや(いーかげんなものだ)。
ふと見ると、「企業の父さん・廃業は技術力と新製品が」とかいう誤変換があった(俺としては珍しいことだ)。こういうので笑うことは滅多にないのだが、今回は我ながら面白い。


昼飯はまたうどんにしようと思って、近所の豆腐屋さんまで油揚1枚を買いにいく。わりとクリスピーな仕上がりで好きなんだよな(なんでみんな「ふっくら」が好きなんだろう、といつも思う)。60円。

ついでに郵便局まで足をのばして、バンスKのワークショップ代金5,000円也を振り込んでくる。某さんによると「あんたが行くようなレベルではないよ」とのことだが、そのレベルというのは高いのだろうか低いのだろうか(高校生時代に合唱コンクールに出場して、講評に「とても高校生とは思えない」って書いてあって「俺たちって中学生レベルなのか」なんて悩んだことがあったなあ)。
そんなもん、自身がものすごくいーかげんなワークショップをやっていたりするのだから文句をつけるところではないし、「誰かが教えているところ」を見学させていただく機会もそうはないのであんまり気にしないでにこにこしながら行くね。

帰りがけに中井TSUTAYAで中古販売のビデオ『サマーソルジャー』(1972、勅使河原宏)を315円でゲット。音楽が武満徹だというだけの理由なのだが、そのうち観てみようと思う。
こういう機会に入手しておかないと観られなくなるビデオって多いからね。『タイタニック』が100本入れば、旧いもんが100本廃棄されちゃうというのは以て銘じるべき。


昼飯はカトキチの冷凍讃岐うどん。
  • トッピングは、
  • 油揚(刻み)、
  • パセリ、
  • ホウレンソウ、
  • おぼろ昆布、
  • 生卵、
  • カツブシ、
  • こーれーぐーす、
って感じでわりと美味しい。あとコーヒーとお風呂。

今日の耄碌というか嚥下障害:

午後3時、お仕事しながらコーヒーを飲んでいて、また吹いた。一昨日も午後に咳き込んでコーヒーを吹いて、Gパン洗ったんだよなあ。また同じことをしてしまいました。またGパン洗いだよ、たまんねえなあ。

なんなのだ。


元締に貸し出してあるMANAをアイランダーと取っ替えようと思って、ちょいと中野へ。新品の冷蔵庫を見学させていただいて、コーヒーをご馳走になって(俺が勝手に淹れたのだが)、元締の仕事のスカをひとつ指摘して、と。

新宿の中央口に出て、メガネスーパーでサングラスのフレームをちょっと調整していただいて、のんびりとHawaiian Dreamへ。


今日のセンセー!:生徒36号さん4回目(生徒40号さん誕生)。

36号さんのお友だちがまた見学にいらっしゃるのは判っていたのだが、まさか今日入門なさるとは思っていなかったもので。やるこたぁ一緒なんだから今日も見学でいいじゃん、とも思うのだが細かいことだどっちでもいいや。

とりあえず、誰もいない教室で『Message in a Bottle』(KAWAIHAE版)の譜面など書く。どうでもいいけど、このタイトルから夢野久作『瓶詰の地獄』しか思い出せない自分が因果というかなんというか。


またしてもHai'ineの白いものが、今日は頼んでおいたCDと頼んでおいた「リボン・トランスデューサ」を持ってきてくれる。あのー、さいきんいちばん頻繁に会っている婦女子って白いものなんですけどぉ、そんなんでいいんでしょうかお互いの青春は(待てよ、「お互い」とは限らないわけだな。いいのか俺の青春はそんなんで)。

頼んでおいたCDは36号さんのリクエストにあった「Ehukaiの'Molokai Slide'」とやらで、センセはハワイアンはさっぱりなので白いものに聞いてみたら「持ってる」とのことでですね。聴いてみたらだいたいスリーコードの繰り返しで、でもいちおう最後まで聴いてみようと思って聴いていたらいきなりサビが来ましたね。それで1回だけ聴いてコード譜をちゃっちゃと書いてコピーして、と。


そんなことをしているうちに36号さんと40号さんがいらして、早く帰りたそうな白いものにお願いして、ちょいと演奏などしていただく。『Wai Hui O Ke Ani Ani』、で合ってますか? コード譜をちゃきっと書いてもらって、なんとなく合わせるセンセ。ウケる生徒さんたち。
あとで譜面を見たら、ほとんど『ノホパイパイ』なんじゃないのかと思いました。
けっきょく白いものには(義理もないのに)、
  • なんでかわざわざ足を運んで、
  • リボン・トランスデューサを貸し出して、
  • CDも貸し出して、
  • ロハで演奏までさせられて、
といった仕儀で申し訳ない、ありがとうございました。そのうち埋め合わせを、たぶんしないと思う(そういう人であらんことも先方は判っているものと思う)。
さて、模範演奏の次はお稽古だ。

どうすっかな、2人体制だとは思っていなかったもので、36号さんを仕込みながら40号さんの相手をちょっとするくらいの心算だったんだよな。意外とフレキシビリティないな、俺。

とりあえず40号さんのリクエストにあった『More than Words』の譜面を2人にお渡しして、40号さんには指遣いの指導、そんなもんとっくに弾ける36号さんにはストロークの指導、と。40号さんに基本的なところを入れてから、36号さんと店の外に出て(ということは僕はタバコ喫ってるわけだが)ストロークの指導といった感じでちょっと忙しい。

それで40号さんにはフォアダウン→サムアップのストロークをちょっと教えて、36号さんには細かい「喰い」などを指導して、といった感じか。なんか忙しくてメモがとれなかったもので、あんまり詳しいことが書けない。


まあいいや、次回の指導はセパレートになっている筈だから、てきとうに様子を見て、と(いいのかそんなことで>>センセー)。

あとてきとうに。

明日は、
お昼から秘密ミッション。
そのあと曙町に廻って夕刻まで秘密ミッション。
新宿解散後、行方不明。

深夜のTV映画で『スーパーフライ』がかかるので、録画すること。テレビ埼玉の時代劇はどうしよっかな。


2004年06月04日 02時27分12秒


2004年6月2日(水曜日、センセ)。

てきとうに起床、コーラなど。

昨晩は3時間睡眠が祟って帰るなりぱったり倒れてしまった。子どもか。
偉いのは、ものすごく眠いのにも関わらず「ウコンを剥いて齧った」形跡があるんだな(覚えてない)。マナイタの黄色が落ちゃしねえ(笑)、まあしょうがないか。


昨日の落ち穂拾い:

今日になって昨日の21曲の動作チェックをちゃっちゃと演ってみて、『Mrs. Robinson』と『Crazy Little Thing Called Love』になにやら間違いがあるらしきことを発見、いちおうペンディングにしておく。なんだろう、能力不足はあるとして、睡眠3時間というのも関係あったんだろうなあ。こんどきちんと聴き直して書き直すこと。

ランタンでもリコに「りびけん、今日はおとなしいね」って言われてました(じっさい、演奏はしていない)。睡眠3時間だから、まあしょうもあるまい。


センセーのジャズ事始め:

陰々滅々たる映画『脱出』なのだが、劈頭で主人公組のギタリストが土着民のバンジョーと合わせるブルーグラスが、ふと思い出すとこれって「俺が生まれて初めて観たジャムセッション」なんだな。『Dueling Banjo』だか『霧山崩壊』かなんかだったと思うのだけれども(すまん、ブルーグラスの素養はない。誰かご存知でしたら教えてちょうよ)。

1973年あたりの映画だから、小学生時分にテレビの再放映かなんかで観て、「なんでこの初対面の人たちは口もきかずにいきなり楽器だけで共演できるのだろう」と思った記憶は、やはりある。所謂ところの「映画のウソ」ではないことも直感していたものと思う。

その後、長じて所謂「反応し合う」音楽を演奏するまでには『Doxy Music』を待たねばならなかった。メンバーに熊がいた。いいのかこんな人生で俺。

たぶんその後にジャズを知って、「いちばんジャムしやすいジャンル」ということでサムデイあたりのジャムセッションに行き始めて、「反応し合うことの面白さ」を知ったのではなかったか。ディテールはもう忘れたが。


昨日の「センセー教わる」:

バッキーでお会いした中山さん(大先輩である)はクロマチック進行の話など教えてくれながら、
ふだんだったら若い人にこんなこと言わないんだけどね、あーたは音楽が判ってる人だから。
って気を遣ってくださいました。いやあ、そんなところを気にする若いもんはバッキーには来ません、たぶん。
なぜ昨日の病院で用事も都合もない4階なんかにいたのかというと、1階からエレベータに乗ったら先客のおじいさん(見るからに病人である)が「何階ですか?」って聞いてくれたもので「6階、お願いします」って言ったらなんでか4階のボタンが押されたんだな。素直におりなきゃしょうもあるまい。

それでふと見たら「←屋上」っていう貼り紙を発見したというわけ。


貝印は愛用しているのだが。

昼、日清の冷凍カレーうどんにトッピングが、
  • 油揚、
  • 菠薐草、
  • 納豆、
  • こーれーぐーす、
  • 天カス、
  • 松の実、
  • クコの実、
  • 生卵。
あいかわらず作るもんがデタラメである。
半端仕事をやっつけてから、センセの前に女子医大まで叔母の様子を見に行く。今日は早稲田から歩いてみました。昨日歩いた曙橋がものすごく発展というかバブリーになっていたのに比べて、夏目坂界隈はぜんぜん変わってなくていいなあ。
今日の「センセー教わる」(2):

とか考えながら歩いるところにトイズ・オフィスの面谷さんから電話で「6月27日のヴァンスK(KAWAIHAE)のワークショップのソワレを用意したが、申し込むか?」との問い合わせ。もちろん行くことにして、でも珍しく筆記用具を持っていなかったもので郵便振替の送り先がメモできない。しょうがないから後刻メールででもご連絡をということにしておいたのだが、よく考えりゃ「松本ノボルさんに聞いてください」って言っとけば済んだ話なんだな。間抜けでした。
というわけで、ヴァンスに教わりに行くこと決定。
今日のお見舞い:

叔母の入院している階まで行って看護婦さんに声をかけたら、看護婦さんがなんかヒいている。あ、そうか、また黒づくめに悪者サングラスで謎の黒いケース(ウクレレだけど)を持っているのだった。受付で気づいてよかったのだが、叔母の病室まで行ってみたら「お茶のお弟子さん」が数名ほどお見舞いに来てくれていたのでした。「先生の甥御さんってヤクザなのよ」みたいな話になるところではあった(笑)。

叔母は昨日の今日だというのに意外と元気で、「痛い」とか言ってるけど痛くなかったらヘンなわけだし、よく喋るし安心しました。手土産のドライシャンプーをお渡しして、従姉妹の結婚式の写真(僕はトラヴィスのワークショップがあったもので参列できず)を貰って、PCの話などして、と(ハイテク叔母さんなんですよ、この昭和一桁)、と。

弟子筋には「ウクレレの先生をしておりまして」って紹介されて、弟子筋のみなさんの間には「ああ、芸事の好きな一族なんだろうなあ」くらいに思われているのだろうか。


今日の余計なこと:

回診のお医者さんがいらしてだな、誰かが「(体液回収用の袋に流れ込んでいる)この赤いのはなんですか?」って質問していた。
お医者さん「リンパ液とかですね」
俺「ふうん、郭清してもリンパ液って出るんだ(ボソ)」(嫌な親族である)
医「あと、手術のときの洗浄液とか、いろいろありますから」
余分なことを言ってしまった(反省)。お医者さんが「なんだこいつ」みたいな顔をしていたのは面白かったのだが(慌てて書いておくが、貶してはいません)そういう場面でもないわけだし、誰にもウケないし(俺以外の、ということですね)。

    郭清については、「リンパ液を媒介として癌が転移するので、患部の近所のリンパ節(管)を除去しておく」ことだと考えているのだが、合ってるかなあ。

今日のセンセー!:生徒34号さん10回目。

21曲の新作を出してきて、「欲しいものはありますか?」って聞いてみる。
  • Yesterday
  • Let It Be
  • Christmas Eve
  • Every Breath You Make
  • Autumn Leaves
  • Hotel California
ふむ、極めて判りやすい選択だなあ(褒めてます)。それで譜面の読み方などひと通りお復習いして、これは宅練ということで。
さて、生徒さんは『涙そうそう』を演りたそうだったのだけれども、本校のカリキュラムでは本日はストロークの日なのであった。というわけでKAWAIHAE『Kona Skies』のCDを引っ張りだしてきて、と。左手は入っているので、今日は右手の特訓というか、ダウンアップのパターンがちょっと混乱しているのは宅練として、だな。

やっぱりリズムがスクウェアなんだよな(ハネてないの)。というわけで今日はそればっかり。
いちばんウケた説明は、

裏拍は「“どどんがどん”の“が”」。
いいのかなあ。ついでにフォアダウン-サムダウン-サムアップの3連も入れてみて、と。これができてハネができなかったら不思議なのだ(ちょっとハードルが高いかも知れないなとも思ったが、センセーは生徒さんを侮ってはならないのだ)。

東中野ライフで菠薐草、豆腐、キムチといったあたりを買って帰宅。あとは趣味の作業をいろいろ。楽しい。

明日は、
仕事はあれとこれとそれとどれ(ほんとに「え?」って感じなのが混じってる)があって、あと余裕があったら叔母の見舞いにも行って、と。


20時から生徒36号さん4回目は、見学さんもいてだな。授業は英語でやったもんだろうか。
前回お稽古のサマリー(しみつファイル)から引用しておくと、
  • 『涙そうそう』は、テンポを入れること、残響が重要なこと、あとアルアイレ。
  • 『Kona Skies』でストロークを入れること。
  • 『Summer Again』と『Pearly Shells』のバンプが宿題で、やはりストロークも入れたい。
といったあたりのお復習いだな。あと『GODZILLA』演りたい。

おや? Crazy Gって演ってないのかしら。


2004年06月03日 00時38分35秒


2004年6月1日(火曜日、病院で譜面)。

朝も早よから病院に行くもので、6:30に目ざましをかけて寝ていました。朝方、なんか蒲団をはいじゃっている自分に気づいて、「寒いな」と思いながら蒲団をかけなおして、さて温かく眠ろうと思って時計を見たら6:28でした。頑張って2分間だけ眠って、起床。コーヒーとバナナチップ後に病院へ。

7:30くらいに叔母の病室に着いて、30分ほど病院ギャグなど飛ばして、と。8:00から手術で、5時間ほどかかるとの由。おや? 俺の読みでは7時間くらいはかかる予定なんだけどな、まあいいや。あとはとにかくすることもないのだが、「緊急に備えて親族はそのへんにいること」との指示もあり、しょうがないから待合でうすらぼんやりとする。お、書架に「おたんこナース」が置いてある。面白いな。


今日のセンセー!:譜面書き。

「おたんこナース」が5冊ほどもあったのだが、再読でもあり1時間ほどで読了。ヒマなので、売店でオニギリとお茶とレポート用紙と鉛筆を買ってきて、オニギリを齧りながらコード譜など書くことにする。
  1. Yesterday (Beatles)
  2. Let It Be (Beatles)
  3. Hard Day's Night (Beatles)
  4. Ob-la-di, Ob-la-da (Beatles)
  5. Michelle (Beatles)
  6. Message in a Bottle (Police)
  7. Hey Jude (Beatles)
  8. I've Just Seen A Face (Beatles)
  9. El Condor Pasa
  10. Christmas Eve (山下)
  11. Crazy Little Thing Called Love (Queen)
  12. Hotel California (Eagles)
  13. Mrs. Robinson (Simon and Garfunkel)
  14. New York State of Mind (BJ)
  15. Just The Way You Are (BJ)
  16. Have You Ever Seen The Rain? (J.Forgerty)
  17. Isn't She Lovely? (Stevei Wonder)
  18. Every Breath You Take (Police)
  19. Misty
  20. It's Only A Paper Moon
  21. Autumn Leaves
待合の隅っこで書けるようなものをなんで書いているのかというと、センセで使う心算なんだな(それっぽいラインナップでしょう?)。というわけで、ぜんぶin Cかin Amなのでした。あとで動作確認してみることとしよう。
ときどき6階から1階まで降りて外に出てタバコ休憩などして、と。あとは病院内も少し探検してみる。

BSTという表札のかかった部屋があって、「解放厳禁」という注意書きが貼ってありました。あとで聞いたら「お医者さんの控室」とのことで、つまりそれは「お医者さんが監禁されている部屋」だということなんだな。

お昼ご飯は、空中通路を通って行くあっちの棟に日比谷公園の松本楼が入っているもので、Aランチなどいただく。1,300円もした。ふつうに「賄いのおばちゃんのいる食堂」かなんかでよかったんだけどな、まあ美味かったからいいか。

図書室のようなものがあってPCが置いてあったもので、ネットで今日の手術の概要などを少し調べてみました。いろいろヒマだもんなあ、少し詳しくなって、また控室に戻る。

4階あたりに「屋上」らしきものがあるのを発見して、ちょっと忍び込んでタバコなど喫ってみました。あそこって入っても構わない場所だったのかな、まあいいや。


手術は8時間ほどで終了、お疲れさまでした。それで執刀医さんの説明を聞かされて、手術が成功したのはよかったのだけれども、「切除した内臓」はやっぱり見せてくれたのでした。なんのサービスなんだろうか。

というわけで病院は解散。
Hawaiian Dreamに寄って、生徒さんのリクエストにあった『More than Words』(in F)の譜面を回収する。これもin Cに書き直す心算。あと、お店のPCを借りてメールチェックなどする。スパムだらけ(笑)。

バッキーに寄って、これも生徒さんのリクエストにあった『赤いレイ』の譜面を中山さんに書いていただく。うわお、56小節もあるぞ。あと、ジャズっ気の半音進行の話などもして、実り多し。

20時くらいからランタンのジャムセッションに。あと沈没。


明日は、
19時から生徒34号さん10回目。今日はストローク大会で、『Kona Skies』あたりを弾きまくってって感じか。
あとは『Crazy G』と『涙そうそう』(in F)はちょっと診る、と。課題はストロークと「左手中指の腹」問題。

2004年06月02日 12時09分46秒




2004年5月。

「でたぜん」のトラフィック。
ここのトラフィック。

2004年06月01日 ひまな午後。

get to:       りびけんの国!   ウクレレ天国!   でたぜん!   BBS   納戸   西川