徒然草むしり(2004年9月)。

徒然草むしり。

毎日更新されると思ったら大間違い。
本当のことが書いてあると思ったらもっと間違い。

since from Jul.16,2002.
get to:       りびけんの国!   ウクレレ天国!   でたぜん!   BBS   納戸   西川  

2004年9月30日(木曜日、あーもうほんとに洗濯したい)。


朝、適当に起床。コーヒーとバナナチップ。

今日が化学療法でいちばん心配な4日目だもので、病院に行ってのんびりする。心配したほどのこともなし。
昼、女子医大の売店で買った「健康を考える人のお弁当」ってやつ。黒米とサバと、オカヒジキとかコンニャクとかの煮物とか、たしか身体には良さそうな。それなりに美味しかったし、だいたい満足。

あと、どなたかからの見舞いの品のお茶とかヨーグルトとかアイスとか喰いまくって、合間に屋上まで上がってタバコなど喫って、と。何しに来たんだ俺。

ふと気づくと、移動用の点滴スタンドにハンドルが付いていない。たしょう不便なのはまだいいとして、転びでもしたら危ねえじゃねえか。廊下をちょいと覗いてみたらハンドル付きのスタンドが2、3本ほど置いてあったもので、運動不足の母を誘ってみる。

盗みに行きましょう。
とんでもない親子もあったものです。

ところで私は何を点滴されているの? はいはい。ふつうの補液で電解質とブドウ糖だから、おおむね「ポカリスエットを注射してる」と思ってください。


暇だし、母は寝たり起きたり眠ったりだし。しょうがないので置きウクレレでソロなど弾いて、と。
  • 涙そうそう(in F)、
  • Pua Lililehua(in F)、
  • 島唄(in F、今日の「永」は「8550」という大発見あり)、
  • Over the Rainbow(in C)、
  • 亜麻色の髪の乙女(in F)、
  • What's a Wonderful World(in F)、
  • Crazy G(in G)、
  • 日曜日からの使者(in F)、
  • Five Foot Two, Eyes of Blue(in F)、
  • 星に願いを(in C)、
  • カイマナヒラ(in C)、
  • オリジナルのヘンなブルース(in F)、
といった感じで楽しく午後を潰す。しかしまあ、見事にキーが偏ってますな。

看護婦さんが点滴の調整にいらしたものでウクレレをやめたら、「弾いていてください」との由。「うちにも玩具のウクレレがあるんですけど、難しそうですよね」ってんで「ギネスブックに載ってる、世界一簡単な楽器なんですよ」って教えてあげました。

そのウクレレはどちらの?
これはダンジョーさん(ご近所)のタンギで、比較的音がくぐもっているものだから病院に置いてあるのだが。
知り合いに借りてるやつなんですけどね、
なんて言いながらなにやら適当に弾いていたら、
借りてるっていうレベルじゃないじゃないですか。
ってさ(わぁい、褒められた)。母が自慢気に「ウクレレの先生をしているんですのよ」なんて言うものだから(それは自慢するところではないぞ)、
タダモノではないとは思っていましたが。
え?
今日のセンセー!:教えたわけじゃないのだけれど。

そういえば、やはり看護士さんなのかなあ、ウクレレを習いたいと仰っているスタッフのお姉さんがいらして。
母経由で、
左利き用のウクレレってあるんでしょうか。
なんでも、一緒に習いたいというお友だちがいらして(2人も増えちゃうの?)、そのかたがレフティちゅうかサウスポーなのだそうです(「レフティ」だと「左翼」にもなるし、「サウスポー」だと野球用語だし、「left-handed」だと日本語というか外来語にもならないし、でも「左利き」って上の行で使っちゃったし、どう書きゃええねん)

それでサウスポーでも、たとえばギターだと甲斐よしひろならチューニングはそのままだし、スズキイチロウさんなら弦を張り替えていたりするわけだし。ウクレレの場合でも事情は同じだよなあ。それで張り替える場合にはちょいと溝をいじらなきゃならないし、どちらかというと「そのままで左右逆に構える」ほうが、

  • 楽器屋さんで試奏がしやすい、
  • 宴会で人のウクレレが弾きやすい、
  • センセが面白がる、
などの理由で好ましいのかなあ。

帰宅して、試しに自分に左手ストロークで弾かせてみました。おお、面白いように弾けない(笑)。
それで、センセ18か月の経験をもとに自分の弱点をいちいち自分に指摘してあげたら、これがものすごく上達すること(笑)。いやあ、面白いなあ。

病院に電話して、「左利きでもふつうのウクレレで大丈夫ですよ」とお伝えしておく。俺に教えられるくらいなんだから、善人揃いの生徒さんたちならまず大丈夫でしょう。


今日の光ファイバー:

父と交替で(どっかで葬式だったらしくて、けっきょく俺は16時まで病室でウクレレ弾いていたわけね)病院を出て、野暮用で中野に出るのにわざわざ東西線の早稲田まで歩いてみました。
天気もいいし、歩き日和ですね。夏目坂にさしかかったあたりで例の光ファイバー会社からリコンファームの電話が入って、細かいところをちょいと打ち合わせなどして、と。

せっかくお散歩してたのに(ぼそ)。 あと穴八幡にちょっと寄って、近所の本屋さんで立ち読みなどして、なんか学生気分。


明日は、
昼間は中野で野暮用のあと、また病院かな。
20時半からセンセーは生徒50号さん2回目で、まずはチューニングと、とりあえず宿題の『カイマナヒラ』で手首の油抜き。

そういえば昨晩に酔っぱらった勢いで「生徒会同報メール」をメーリングリスト化しておいたのだが、なんせ酔っぱらっていたものだから動作に自信がない。生徒さんには「メール着いてますか?」って必ずうかがうこと。


2004年09月30日 22時56分42秒


2004年9月29日(水曜日、あーお洗濯したい)。


てきとうに起床。朝、やっとこさサンマを喰い尽くす。

小雨のしょぼ降るなか、ロックンローラーは傘ささないものでキャップで誤魔化して実家へ。
入院中の母の支払い物件をいくつかまとめて、現金を預かって、小雨が大雨になってきたもので節を曲げて傘を借りて、銀行に向かう。


帰りがけ、傘をささずによく湿って歩いている小学生くらいの女の子を発見、傘を進呈する。俺けっきょくずぶ濡れ。女の子たしょう怯える。
どちらにお返しすればいいでしょうか。
「あげる」っつってんのに。じゃあ割烹料亭錦山か土筆堂書店に、ということでお茶を濁す。
帰宅して、よーく湿気ったままお仕事。風邪ひくぞ(夕刻になって寒気がしてきたもので、Hawaiian Dreamでタイレノール(米国版)をもらいました)。

今日のお勉強:

例の「音楽検定」ってのの4級問題がネットにあるのを発見、ちょっと覗いてみる。え? ジャズのサンプルがビッグバンド? 判ってねえなあ、たぶん受験しても無駄。
『富嶽36景』(こう書くとバカみたいだ(笑))って「ふがく」だったよなあ。いや、さいきん誰かが「ふごく」って言っていたような気がして自信がなくて。

そういえばCXのアナウンサーが「断食」を「だんしょく」って読んだという話が先日あったのだが、やはりCXで「団塊の世代」を「だんこんのせだい」と読んだ女性アナウンサーがいるらしい。ヤな世代だなあ。


a-nationのときに会場まで続く長い長い行列を眺めながら「屠られる羊の群のようだ」と言ったお姉さんがいて、俺が「誰もヒトコトも喋らないんだよ」って返したら、ごく一部にだけウケました。えーと、コリントでパウロで、なんだっけ。よく忘れた。

そのごく一部であった元締の事務所に『左手に告げるなかれ』という小説が置いてあって、どうせなら「勿れ」と書いて欲しいような話は措いといて、「ヨシュア伝だっけ?」って言ってみた(「ヨシュア記」ですな、間違えました)のだが、ちょっと調べたらマタイ伝でした。もうなにひとつまともに覚えていないことがよく判る。


原子番号113ってのが見つかったんだって? 先日エンジニアの周ちゃんが「プロント」をプロトンって言い間違えていたのだが、これの伏線だったんだな(シンクロニシティってやつ)。
ブッシュ文鎮。 ブッシュのお膝元で反旗を翻した「クロフォード・アイコノクラスト」っていうミニコミ誌のニュースがあって、ヒマこいてサイトを見にいったら。

おや、盛大にケリー支持をぶち上げているくせに、やっぱり「ブッシュ文鎮」は販売しているのでした。偉い。

ブロンズ製、税込5,000円。ひとつ買っとくか。


夕刻、センセ前にサッポロ一番塩ラーメンに、冷凍挽肉とかモヤシとか冷凍ホウレンソウとか放り込んで。

今日のセンセー!:生徒51号さん1回目。

センセーに向けて家を出たところに俄の土砂降りで、傘はさしたとして、足元のスニーカーとジーンズの膝下がぐっしょり(よく湿る日だ)。100メートルも歩かないところで、レッドウィングとビニパンにしとくんだったなあなんて思ったことでした。

関係ないけど先日は生徒さんに譜面をお送りしたら、「Big Mahalo!」というタイトルのお礼状が届きました。あのー、英文タイトル(英文じゃないけど(笑))のメールってスパム扱いにしちゃうことが多いので、できましたらタイトルだけでも日本語でお願いできないでしょうか。すみません(中身は英語でもドイツ語でもいいですから)。

って書いてもご本人はいまハワイか。この夏にちょいとハワイに行ってきた生徒さんが7〜8人くらいいらっしゃるなあ。みんなヒマなんだなあ。


C.F. Martin S-O Ukulele さて、新生徒さんだ。

30代半ばの好男子で、surferdude.comというベタなメールドメインをお持ちのくせに波乗りはなさらない。でもハワイは好き。

ウクレレは3か月ほど前に突如としてむらむらと弾きたくなって、俺のなかでは悪評の高いマーチンS-O(メキシコのほう)を購入、しばらく我流で弾いていたのだが、なにやら壁にぶちあたったらしくてネットで調べて僕の教室へ、という次第だそうです。

楽器経験、まったく無し。弾き語りもできそうな気はするのだけれども、歌うのが照れくさいのでつい口笛になってしまうのだそうです(たいへんけっこう)。音楽のほうはとくに好きなジャンルというのはなくて、ハワイアンはそんなに演りたくもなくて、ビートルズは好き。なるほど。

肝心のマーチンは、この機種にしてはよく鳴るほうだと思うんだな。当面弾いていくには問題ないレベルだし、おいおいいろいろと弾いていただいてあと2、3本ってとこかな(笑)。今日診た感じでは、Aliiあたりのコンサートが向いているのではないかと思うのだが、そのお話はまた後日。


見学とか無しで入門しちゃった生徒さんとしては当然の疑問だと思うのだが、
センセーはどんなのを弾いてらっしゃるんですか?
問わずば教えてしんぜやしょう、ってんで。
  • GODZILLA、
  • Smoke on the Water、
  • 涙そうそう、
  • Crazy G、
  • 鬼太郎、
って感じでひととおり演ってみました。次回から来てくれなくなっちゃったらどうしましょ。
軽くチューニングの説明などした後、手持ちの譜面集のなかから「知っているもの」を抜き出してもらって、と。

それで、まず『Let It Be』(in C)のコード譜を弾いてもらったら、これくらいのものはあっという間に弾けますな。
次に『雨を見たかい?(Have You Ever Seen the Rain?)』のイントロを引っ張りだしてきて(野村證券がCMで使ってましたが、気は確かなんですかね、などと言いつつ)、F→F6(0102→0122)で左手中指第1関節を、G→Gsus4(2320→2330)で薬指第1関節をそれぞれコキコキさせる練習。うん、面白いように出来ないので楽しい(遊んでんのかいセンセ)。いや、日常生活にまったく役立たないこういう技術こそが道楽の醍醐味でしょう。はい、これ宿題。

『Let It Be』があっという間に弾けたもので、ちょっとややこしい『Yesterday』で小指も入れてみる。具体的にはBdim→E7(2121→2021)という部分があるんだな。これももうちょっと馴れればどんどん弾けそうなので、はい宿題。

ついでに『カイマナヒラ』の譜面のバンプで、アップダウンとDDUの3連ストロークを演ってみる。さすがにすぐにはできないが(一発でできたのは、五十数名もいる生徒さんのなかで18号さんだけだな)、やり方はひと通り解説しておいたのでなんとかならないかな。はい、宿題。

というわけで、基本的なコードと、3連のストロークも演った、と。じゃあちょっとイジワルな宿題もということで、ソロ版の『Over the Rainbow』もお渡しして、タブ譜の読み方もちょっと解説して、と。
あと、そのへんにペラで置いてあったビートルズ譜面を7、8枚ほどお渡しして。


今日の宿題:
  1. コキコキ(『雨を見たかい?』の第1関節)、
  2. 小指モーション(『イエスタデイ』)、
  3. 3連ストローク(バンプ)、
  4. タブ譜によるソロ(『Over the Rainbow』)、
  5. The Beatlesたくさん、
というわけでペラを十何枚ほどお渡ししたかなあ。初回としては生徒36号さん以来の記録的な分量ではあるが、なんとかなる、と思う。

ちなみに、36号さんのときには前日の酒が残っていてですね、調子に乗って宿題を出しすぎたという経緯もありました(そんなに間違ったことはしていないとも思うが)。51号さんのほうは、3か月目でこれだけ弾けりゃ進歩も速かろうという動機によります。ひさかたぶりに「ワンクール(6回)で一人前目標」ってことだな。


帰宅途上の東中野ライフで、モロヘイヤとツルムラサキと、サンマの刺身を購入。またサンマかよ(半額だったんですよぅ)。

帰宅してなんか食って、滅多矢鱈と眠いが51号さんの閻魔帳だけはつけておく。シゲトの言うところの「下座行」ってことなのかな。


明日は、
朝から病院。なんか化学療法の副作用がピークに来そうな感じだし、父はなんか横浜方面で葬式出席らしいし。

2004年09月30日 00時22分21秒


2004年9月28日(火曜日、センセ)。


朝7時、近所で「ドン」が鳴って起こされる。どうやらどこかで運動会だな。
朝、コーヒーとバナナチップ。

今日気がついた:

ビデオで『踊る大捜査線2』を眺めていて、ちょいと出ているお姉さんに見覚えがある。かなり時間を置いて気づいたのだが、バイオリンの高嶋ちさ子さんだったんだな。なにしてんの(笑)。

ついでに出ている軽部真一君は旧い知り合いだったりなんかして(親しいわけではない)。なんかの拍子に職場に電話してみたら上司のかたが応対してくださったのだが、あとから考えるとありゃ露木茂さんだったんだな。爺さん(愛宕山でアナウンサーをしていた島浦精二である)の話でもしとくんだったか。すんなって。

細かいことだが、東北人が東北弁を喋るのを『砂の器』って、ああいう使い方でいいのか?(「1」の『天国と地獄』も間違いだとは思うが)。


映画つながりで、と。

朝、東京電力の集金のおじさんがいらした(大枚むしりとられました)。
誰かに似てるなあと思ったら、マーティ・フェルドマンでした。

関係ないけど、バッキーでベースを能くするおじさんにアンソニー・クインと同じ顔、同じ体型をなさったかたがいらっしゃいます。オールドファンはバッキー水曜日へゴー!だな。


今日のイチャモン:

イチャモンというわけでもないのだが、某所字幕日記からパソコン要約筆記の話題を無断引用。
話者が伝える音声言語には言葉だけでなく抑揚や声の強弱、間なども重要な情報だ。手書きなら文字の太さ位置などさまざまな方法で補うことができる。その点パソコンは、のっぺらぼー。
手書き要約筆記とPC要約筆記を比較した話なのだが、「のっぺらぼー」ってこたぁねえだろう、要約したり略したり早めたり遅らせたり言い換えたり開いたり閉じたり改行したりしなかったりといろいろ表現方法はあるし、ちゃんとした人の表現ならPC要約筆記でもそれなりに楽しいと思うよ。

こんなもん「ウクレレよりピアノのほうが表現力がある」って言ってるようなもんで、デタラメのたぐいだな。


あ、一般に技術の向上がないについては仕切りがバカってのも書いておかんとならんのか。めんどくさいが。

今日のウクレレ:

昼の『笑っていいとも!』に牧伸二師匠が登場。タモリさんに手描きイラスト入りウクレレをプレゼントしていましたな。 MANAでした。
先日に生徒47号さんとタバコ休憩していて(いい教室ですね)、47号さんは「毎晩寝る前にゼクシィのCDを聴いている」のだそうです。えー? リクエストくれれば「寝る前用録音物件」くらいいくらでも作ったげるのに。あと「おめざ用」もできるぞ。

今日のセンセー!:ダボー。

17時からのところ、17時に稽古場に到着。
あと20メートルで教室ってところで電話が鳴ってだな、案の定僕の遅刻を心配した校長先生からでした。電話には出ずに、外からお店のガラスを叩く、と。

というわけで校長先生に、

何時に起きたの? 服ボロボロだし髪の毛セットしてないし。
とか言われましたけどね。あのー、いつも通りなんですけどー。
1. 生徒44号さん3回目。
スパム。 ハワイのお土産ということで、スパム缶を頂戴しました。みんな見倣うように(笑)。

冗談ではなく本気なのだがそのへんはさておき、今日も(44号さんのときのセンセは間際到着が何故か多い)間際到着だったもので、『ココモ』の譜面なんか書いてないし。44号さんが譜面集からBoomの『風になりたい』のコード譜を見つけてきて「弾きたい」と仰るもので、そっちの指導。うん、まだ手首が硬いのはしょうがないとして、あとBbあたりのセーハの発音がもうひとつだなあ。そのへんを熱心にやること50分。

残り10分で『Crazy G』も紹介してみました。両方とも宿題。


ここで1時間空いて、44号さんと一緒に代々木駅まで出て、俺は大戸屋に向かってメニューを眺めたのだがあんまり食欲もないし。なんだよ、ビールでも飲むか? なんていう話は措いといて。お店に戻って『いつも何度でも』のタブ譜をin Fで書いてみました。
2. 生徒34号さん15回目。
次回がまたずいぶん先になりそうなので(今回もひと月ぶりだったりする)、前回の宿題はこっちに置いといてまた宿題を出す方針で。というわけで『いつも何度でも』のソロ譜と、先日書いておいた『島唄』の弾き方をご説明する。またセンセーの演奏を録音されたんですけど、さっき書いたばっかりの譜面がそんなにすらすら弾けたら不思議なのだ(笑)。てきとうに誤魔化して弾きましたけどね(爆)。

タブ譜の読み方もだいぶこなれてきていて、次回はストロークも入れちゃえばなんとかなるかな。というわけで「ンチャキ」もちょっと。

ラスト5分で、宿題の『Over the Rainbow』を弾いていただいて、と。うん、指遣いは問題ないけど、テンポが曲調に照らしてちょっと落ち着かないというか速いのと(あくまで僕の感じで、ですけどね)、たとえば4拍子の3拍4拍目がいかにも「ちゃんちゃん」って、なんつーのかなあ、小犬がひっくりかえったような感じになるのがちょっとだけ気に入らない。運指にはマジで問題ないので、「もうちょっとしっくりじっとりべっとり演りませんか」くらいな感じでお話ししておく。

帰宅して、『いつも何度でも』のアレンジ原作(ほんとう)の生徒18号さんに譜面を無理矢理ファクスして、と。ご迷惑でなかったらよかったのだけれども、知らん。

今日も東中野ライフでお買い物。
  • 半額になっていた刺盛(中トロ、甘エビ、ホタテ、イカ)、
  • 半額になっていた牛挽肉(炒めて冷凍する心算)、
  • あと生ホワイトアスパラ、エリンギ(焼いて食べる心算)、
ってな感じ。半額商品は狙ったわけではなくて、たまたま欲しかったものが半額だっただけです。

明日は、 昼は病院とかそんなん。
20時から生徒51号さん(お稽古順なので先日の51号さんとは別人)の初回。

そのあとお仕事。血相変えて稼がねえとたいへんなことに(今日気づきました)。


2004年09月28日 23時12分19秒


2004年9月27日(月曜日、のんびり)。


朝、父からの電話で起こされる。

昨日作っておいたWordのドキュメントなのだが、タイトルだけ変えて3部作ったんだけど、途中の箇条書きのノンブルがぜんぶ「通し番号」になっていたのだな。ちぇ、「発車しまーす」って言ったらギアがバックでしたみたいなドジを踏んでしまいました。

とっとと修正して納品。
ついでに実家で朝食、ご飯と納豆とおでん。


今日の緊迫:

ご結婚おめでとうございます。


‥‥とれません。
遊びで女の子の指輪を借りて、よりにもよって左手の薬指ですよ。
油、石鹸、加熱とひと通り試してみましたが、どうしましょ。

これじゃモテねえじゃねえか。


とある女生徒さんの反応。
ご結婚おめでとうございます。
Hawaiian Dreamのミキちゃんの意見。
この際だから結婚しちゃったらどうですか。
なんだよ、指輪が先で相手が後かよ。
今日のお昼ご飯:

テレ東午後ローは『乱気流 ファイナル・ミッション』っていうのをやっていて、けっこう面白かったかなあ。でも原題の『Sonic Impact』のほうがかっこいいと思うぞ。

Ice T.つながりなんだが、IMDbで『Frankenpenis』ってのを発見。なんかちょっと観たいような観たくないような。それで、ジョン・ウェイン・ボビットの詳しい話をここに書いたものだろうか。ある意味「いい話」なのだけれども、なんせネタがチンコで阿部定だし。


今日の光速:

たまに地上電話に出てみたら(ってぉぃ)、株式会社ベルサポートというところから「光ファイバーにしませんか」っていう営業電話でですね。いまなら初期投資のほぼ全学を、キャンペーン中のNTTが半額、ベルサポート君が半額持ってくれるそうでですね。2か月間無料だって言うし、じゃあってんで申し込んでみる。

せっかくPCも新しくしたのに、0.064MbpsじゃあPentium4が泣くってもんださね。
そのうちNTTが工事の下見に来るってんで、またお部屋のお掃除などしておかねば。

ざっと計算して、速度にして100Mbps/0.064Mbps=1,562.5倍(google電卓で計算しました)ってことか。また「戻れない世界」にひとつ足を踏み入れるわけですね。


今日の恐怖:

中央線沿線のとある歯医者さんの話。

歯医者さんは、昨日は楽しくボーリングなどして遊んだのだそうです。
今日になって、どうも運動のしすぎらしくて右腕に力が入りません。
今日は、患者さんの水平埋没切開抜歯の予定がありました。
切開しましたが、力が入らずに抜歯に失敗しました。
僕が聞いた話はここまでなのだが。あとは勝手に怖がってください。

今日のセンセー:

なんか「全国音楽検定試験」というのがあるんですね。申込締切は今週の木曜日なのだが、きっと受験しないに違いない。

NIFTY時代の知り合いだと、僕がワープロ検定を持っていないというのを聞いてびっくりする人が多いのだけれども、そもそも検定とか試験とかは好かんのだな。持ってる資格というと、アマチュア無線電話級(ふるっ)と英検3級。でも日本語ワープロ男子世界一(ほんとう)。


今日も生徒さんが増えちゃって、これで52号さんということになるのか。

お会いしたことはないのだが、メールアドレスだけメモしてきたのね。そしたらドメインがsurferdude.com(サーフィン野郎ドットコム)」って、まさかハワイアンじゃ(笑)。


今日の爆発:

無断リンク。
なんでヒンデンブルグは水素なんぞ詰めていたのだ(すでにヘリウムは実用化されていた筈だ)と思っていたのだが、そうですか、アメリカが禁輸していたんですか。
そういえば「風船爆弾」も水素でしたな。材料は水素と和紙とコンニャクってのが最高だぜ。

話を敷衍すると、「日本はアメリカ本土を空爆したことがある」ということにもなるのだが(オレゴンで子どもが死んでる筈)。アメリカ人がここ読んでませんように。

さらに風呂敷を拡げると、真珠湾なんか植民地だから可愛いもんだとか、911は「初の本土攻撃ではない」という論調も成立しないわけではない(俺はさせないけど)し、イラクを攻めるんだったらキューバ危機んときにやっとけ(無茶苦茶)とか、石油が無くてもイラク行きましたかとか、共和党は軍需で儲かったんでしょうねとか、どんどん話が新橋ガード下のほうに落ちていくのでした。アメリカ人がここ読んでませんように。


周ちゃんが「『ザ・デイ・アフター』を観た」と言っていたのだけれども、かなりの確率で『デイ・アフター・トゥモロー』のことなんだろうなあ。いや、疑うわけではあるのだけれども。

僕も『28日後...』をビデオで観た筈なのだが、なにひとつ覚えていない。
そういえば『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』もビデオで観た筈なのだが、なにひとつ覚えていない。かすかに「デミ・ムーアが闘っていたような」くらいの感じ。


今日の医療:

母の、癌の化学療法始まる。

いちおう気になるもので、カルボプラチンとパクリタキセルの効果と副作用についてネットで調べてみたりなんかして(「効果」のほうはさっぱり判らんので割愛。ちなみに放射線治療は今回は無し(患部が判んないんだから当たり前か))。なんかいろいろ読む度に気分が浮いたり沈んだりするのだが、結論として「症状は人によりけり」ってことなんだろうなあ。

この患者さんの場合には、いちおう患部は全摘している「筈」でだな、でもまあリンパ節に転移していたということはある意味「どこに潜んでおるやもしれん」という理由による化学療法なわけだ(前にも書いたが、「たぶんもうゴキブリいないと思うけどバルサン」のたぐいだと判じておる)。腫瘍マーカーは上がってきていたつうても、そんなに信用できるデータでもないし、まあいいや。

病院に電話して、「とりあえず3週間我慢して、あとは“そこはなかったこと”にして、定期的に検査すれば大丈夫って話ですな」くらいに解説しておく。お医者さんの話も似たような感じだったそうな。

それで、

  • 髪の毛が抜け始めたら帽子を買いに行こう、
  • あんた(俺だ)の知識は少し古い、
などといった話をする。平和だ。

父にも電話して、報告はしておく。来月4日から出張なのだそうだが、その頃には副作用の嵐(がもしあっても)も終わっている予定。


イレッサ? だからもう肺癌じゃないんだってば(笑)。
スパムでis your mother in pain(あんたの母親、痛がってねえか?)」ってのが来やがって、「CVDL Exploit/JS.Trojan.Dropper」やら言うウィルスがくっついて来ました。タイミングがタイミングだけに、ちょっと笑えねぇ。というか、会ったら蹴っ飛ばしてやる。

今日の晩飯:

メインは「国産牛スネ肉と厚揚げと空心菜の煮物」で。
  1. スネ肉に塩胡椒して叩く叩く叩く。今日のは膜がちょっと多いかなあ、まあいいか。筋切りも少し。
  2. すね肉をグレープシード・オイルで炒めて、表面を固める。
  3. 無化調コンソメを放り込んで(←牛なんだからほんとは不要だよな)、茹でる。
  4. 火が通ったあたりで灰汁をとって、厚揚げを放り込む。
  5. しばらく放置。
  6. 刻んだ空心菜(とついでに秋ウコンの刻みと春菊とこーれーぐーす)を放り込んで、煮立ったら出来上がり。
あいかわらず安い料理で申し訳ない。

明日は、
病院には行くよね。

17時からセンセのダブルで、
生徒44号さん3回目は、『Stand By Me』は演るとして、『ココモ』も書いておきたいものだ。あと余裕があればストロークの解説もちょっと。
1時間空いて(メシでも食うかね)の生徒34号さん15回目は、『涙そうそう』あたりでリズムは診て、あと『いつも何度でも』のソロ譜を頼まれているのだけれどもまだ書けていないのだけれども。まあいいか(よくないぞ)。


2004年09月27日 23時23分26秒


2004年9月26日(日曜日、のんびり)。


てきとうに起床というかなんというか。

まあいいや。


父に頼まれた半端仕事をやっつけて、実家までとろとろと届けに行く。父とて仕事しながら毎日病院通いだものなあ、手伝えるところくらいは手伝わんと。

帰りがけの五の坂上で、通りがかりの奥さまに最寄り駅を尋ねられる。俺? 破れジーンズにサングラスだったんですけどね。最寄りというなら西武新宿線中井駅なのだが、うかがってみたら立川のほうにお帰りなのだそうで、五の坂下までご一緒して営団東西線落合駅のほうに誘導しておきました。

ついでにサンクスでビッグコミックとビール、生協で缶切りと蒲鉾など購入。


先日ふと気づいたら、家のなかに缶切りが無かったんだよね。ということは、たぶん5年間くらいにわたって缶切りを使っていなかったということなんだろうなあ。ちょっとびっくりしました。

ちなみに、中野ピーコックには缶切りが売られていないことを先日発見。いつのまにかレガシーデバイスになっていたんですね、缶切りって。


ここんとこの小ネタ:

月曜日のセンセーでは、なんでかちょっと寒気がしたもので、校長先生のお祭用の法被を借りて着込んでお稽古していたのでした。幡ヶ谷の敬睦。

俺に法被は似合うのだが、ウクレレとはあまり似合わないことを発見。


昨日は周ちゃんと代々木駅前のプロント(周ちゃんが「プロトン」って言い間違えてましたな。技術屋らしくて面白いが、酒場の名前としては特殊すぎるようにも思うのだが)に入ってテーブルに着いたら、隣のテーブルから「あれ? りび」って声がかかりました。ブルーグラスのボーカルの小山アキちゃんが座ってましたな、いやあご無沙汰。

ギターのツハラさんもいらしてだな。この人に会うのは3回目で、1回目はアフタヌーンのゲリラ、2回目は千葉のSF大会、そして代々木の飲み屋。ぜったい赤い糸かなんかでつながってるに違いない。


放送大学で観た、高橋秀俊氏による「人間の特性8か条」。
  1. きまぐれ
  2. なまけもの
  3. 不注意
  4. 根気がない
  5. 単調を嫌う
  6. のろまである
  7. 論理的思考力が弱い
  8. 何をするかわからない
俺ってなんて人間くさいのだろう。
今日のセンセー!:

生徒さんから質問メール。
今日おばあちゃんのお墓参りにいって思ったのですが、秋分、春分の時なぜお墓参りへいく習慣が日本にはあるのでしょう。何か意味はあるんですよね???
お返事する。
春分の日と秋分の日を「お彼岸」と呼んで、その前後は死 んだ人たちのタマシイがあの世から帰ってくる日だ、という考えが日本にはあ るんですね。だから「帰ってきている間にお参りを」ということでお墓参りを しますし、そして帰ってきたものをまた「あの世」に送り出すために「送り火」 とか「精霊流し」とかいう儀式があるわけです。

ちなみに三途の川(生の世界と死の世界を分かつ川)のあっち側が「彼岸(ひ がん)」で、こっちがわを「此川(しがん)」といいます。この分離帯につい ては文化圏によって「川」だったり「花畑」だったり「谷」だったりしますが、 何らかの「帯」はイスラムでもゼウス(敷衍するとキリスト)でも仏様でも設 定されているあたりが面白いかなあ、なんて。

なにしてんの俺。

午後から家に人が遊びに来てですね、「散らかってるよ」って言ってはおいたのだが、謙遜ではなくて本当に散らかっていたもので笑われました。だから俺は正直者だって言ってるのに、みんな信用してくんないんだもんなあ(無理もないが(笑))。

なんか喰わせてからお客さんをほったらかして二階で寝て、起きてみたら部屋が少し片づいていました。
誰もいない。ホスピタリティ、ズィロ。


明日は、
これといってとくになし。

2004年09月26日 23時34分28秒


2004年9月25日(土曜日、宴会)。
x

てきとうに起床というかなんというか。

まあいいや。


今日のセンセー!:生徒37号さん9回目。

開始前になんでかシゲト君が営業(なんの)に来ていて、じゃあってんで15分ほどなにか弾いていただく。先日のてっちゃんといい、いい演奏をする人がどんどんいい演奏をするようになっていくのを眺めるのは楽しい。センセ? ああ、サボってますけどまあいいでしょう。

お稽古のほうは、今日はスピッツで『ロビンソン』やらゆうのをですね(さっぱり知りませんが)。てきとうにアルペジオやオルタードを入れたりしながらですね。最後に入れた3連のストロークに極北の生徒さんが興味を示されたあたりが収穫かなあ。


終了後に、パソコンのメンテに来てくれたブルテリアの周ちゃんと飲みに行って。

明日は、
のんびり。

2004年09月26日 03時12分19秒


2004年9月24日(金曜日、なっちゃいねえなあ)。


朝9時、眠くて死にそうなのだけれども二度寝してしまうとものすごく目覚めないだろうと思って、無理起床。たまにはいいかと思ったのだが、軽い脳貧血など起こしつつですね。とりあえずコーヒー。

今日のセンセー!:その1(シングル)。

10時くらいに西武新宿線で新宿に出て、のんびりとHawaiian Dreamまで歩いて、と。
代々木駅前の「日本一うまいおにぎり」というのを2つほど買い込んで、と。ほんとはHawaiian Dreamでちょっと寝ようと思ってたんだけどな、寝そびれました。
1. 生徒50号さん1回目。
Hawaiian Dreamの近所の鍼灸師さん、なのかしら。楽器経験は皆無。なんかハワイアンがお好きで(知ぃらねっと)、ウクレレはハワイでGStringのソプラノを買ってきていて、お稽古は団体レッスンに2、3回行ったことが昔ある、といった程度。それで団体レッスンはいきなり「曲」のコード弾きであんまり面白くなかったみたいな感じかしら。

というわけでまずはチューニング。
それから『カイマナヒラ』を引っ張りだしてきて、バンプのところを題材にコードストロークの左手と右手、単音バンプの弾き方を軽くやって、タブ譜の読み方も指導して、と。

今日のところは、左手が硬くて、右手がぎこちないくらいかしら。でも発音が妙なところは自分で気づくわけだし、失礼ながらおとしの割には覚えもいいし、これからですね。


今日のお見舞い:

ここで4時間ほど空くもので、昼飯がてら病院へ。母に電話してみたら「生クリームの乗ったおいしいケーキが食べたい」って言われてもなあ、右も左も儂ゃ判らん。サトミちゃんに「高島屋でケーキを買うとしたらどこ?」って聞いてみて、「うらやましいニューヨーク」というのを教わって行ってみたら「グラマシーニューヨーク」というお店なんだな、きっと。

お店のお姉さんに、

生クリームの乗ったケーキを1つください。
って言ってみたら「だいたいぜんぶそうです」って言われました。へえ、そういうものなんだ。
入院中の母に届ける生クリームの乗ったケーキを1つください。
と言いなおしてみて、先方が「これはショートケーキだ」と言い張る、「私の考えるショートケーキかなんか」とはまったく似ていない代物を売ってもらいました。

昼、病院の売店で買ってきた「ちらし弁当」。お値段はショートケーキと同じ。おいしい。ケーキも好評でした。

しばらく無駄話などして、というか現状ではまだ検査入院なのだから容態もへったくれもないのだ。
持参した「ウクレレ教室」のフライヤーを、母がいそいそとナースセンターに持っていく。たしか脳外科だったかにHawaiian Dreamのフラダンスの生徒さんもいらしたはずなのだが、そこは措いて、と。

ほんとは病室の簡易ベッドでちょっと寝ようと思ってたんだけどな、寝そびれました。


今日のセンセー!:その2(トリプル)。

早めにHawaiian Dreamに戻って単音弾きなどしているところに、「GStringのフルオーダーに興味がある」というお客様がいらして。ご本人は腕輪だの指輪だのをじゃらじゃらなさっているもので遠慮して試奏なさらないので、僕が代わりにセミオーダー品をいろいろ弾いて、と。けっきょく「ストロークの弾き方」をご教示する破目(笑)になって、でもついでに『ウクレレサラダボウル』をきちんと1枚売りました。

それでなんか風邪っぽいのにTシャツいっちょだもので、校長先生のお祭の法被を借りて着込んで授業しているヘンなセンセ。

2. 生徒47号さん8回目。
なんか今日は感じが違うと思ったら、サングラスじゃないんですね。
凄い観察力だ(笑)。
まずは『島唄』のソロ譜で、けっこうできてきてはいるなあ。そうそう、「永」はやっぱり「8122」にしました。
それからひさしぶりにバンプで3連ストロークをやってみて、やっぱり「ダウンダウン」ができない。しょうがないから気分転換で生徒さんと表でタバコ休憩して、戻ってまたダウンダウン。はい、宿題。

そういえば、先日になんかパソコン指導をしたお礼ということで(たいしたことはしていないのだが)、CD-Rの束とクッキーを頂戴しました。ありがとうございます。ついでに「これ演っといて」ってんで譜面もいくつか。あ、そ。

3. 生徒49号さん3回目。
どなたかの結婚式で披露なさる予定の、Keali'i Reichelの『The Road That Never Ends』(だっけ?)の弾き語りの練習。いやこれ、歌めちゃくちゃ難しいぞ。それなりにこなれてきているのは大したものだとほんとうに思う(とたまに書いたところで、49号さんはここ読んでないと思うけどまあいいや)。

今日は、

  • 押弦のひっかかるところにちょいとオルタードなどを入れて、
  • 演出上の観点からルバートだのなんだのを入れて、
  • 立って歌う練習もして、
といったところ。

4. 生徒48号さん2回目。
Ukulele Salad Bowl 生徒さん入れ替わりのタイミングで、なんかの用事で王者登場! 例のラジオのCDを頂戴して、さらにせっかくなので(あるいはとうぜんのように)、生徒さんたちになんか弾いてきかせていただく。なんかまた新曲増えてるし(ラバーズコンチェルトって演ってたっけ?)、今さらながら左右のコンビネーションが凄ぇ。てっちゃん速いと思っている人が多いようにも思うが、あの譜割りでちゃんと音が出てることのほうが僕には不思議なんだな。

もちろん抜け目なく『ウクレレサラダボウル』を生徒さんに販売する私。2枚売れました(笑)。


というわけでお稽古のほうは、なにやら教育関係のほうで11月に『いっぽんばし にほんばし』という歌をステージで披露することになったのだそうで、だいたいできている演奏のブラッシュアップを依頼される。なるほどね、ステージ廻りのハッタリだったら任せておきなさい(ってそういうことか?)。

  • ストロークにンチャキを入れて、
  • メロディに合わせたコード・ポジションをところどころ入れて、
  • 2サビに松葉を入れて、
  • エンディングに妙なコードを趣味で入れて、
といった感じで。ちょいとリズムの「ハネ」が甘いのが気にならないこともないが、まだふた月あるし、問題ないでしょう。
あ。今日もし51号さんがいらしていればロイヤルストレートフラッシュだったのに(46号さんだったらストレートフラッシュ)。
ついでに「ハワイアンとハワイアンと弾き語りと弾き語りのツーペア」という考え方もあるなあ。こちらは51号さんがいらしてもツーペアのままなのだが(ハワイアンは演らない筈だし、あんまり弾き語りそうにも見えないし)。

東中野ライフで、体調いまひとつだものだからステーキ肉など買って。
帰宅して食って寝る。ついでにDVD『ゼブラーマン』など借りる。大傑作。

明日は、
朝10時から病院でムンテラ。
そのあとヒマこいてる母をどっかに美味いもんでも喰いに連れていって、
16時くらいにブルテリアの周ちゃんがHawaiian Dreamに来てくれるのをお迎えして、
17時からの生徒37号さん9回目は、またアリモノの譜面を相手に四苦八苦する予定。今回はELTか今井美樹か浜崎あゆみか。緊張するセンセー(嘘)。

そんなこととはまったく関係なく、明日も俺はlivedoorを応援する。


2004年09月25日 02時12分20秒


2004年9月23日(木曜日、ニューヨーク)。


てきとうに起床。お天気もあれだし、お洗濯って気分でもないなあ。引きこもってうじうじする。

朝、サンマとコーヒー。


昨日のセンセーの落ち穂拾い:

なにを思ったのか判らないが入門しちゃった生徒51号さん(予定地)なのだが、
家族がハワイアン好きだものですから、却ってハワイアンのアレルギーになっちゃって。
アコースティックっぽいロックとか演りたいんです。
校長先生が笑ってましたな、ストレートのストライク外角高め(私の好きなコース)。

えーと、PCにはやたらと詳しくて、英語と北京語ができて、ジャズピアノとクラシカルピアノの経験があって、波乗りやってて、そんでウクレレかい。なにか困ったら相談してみよう。

とりあえずウクレレでスケール、各種コード(メジャーとマイナーとディミニッシュとハーフディミニッシュとオーギュメントあたりか)は弾けるあたりはご説明して、ついでに『コンファメーション』あたりのコード・バッキングを弾いてみて、と。コード理論がちょいと判るとウクレレはハマるぞ(笑)、楽しみだなあ。


生徒35号さんは、ハワイのお土産なーし。いいんだけど。
生徒36号さんは、なんか買ってきてくれるそうです。よーし(「調味料」をリクエストしました)。
さらに和民の隅っこでみんながアムウェイの話などしている脇で、ひとり俯いてウクレレを弾いているヘンな奴(俺だ)。

リクエストのあった『星に願いを』のコード譜は割箸の袋の裏に書いて生徒35号さんにお渡しして、と。

あと『島唄』の2点ヘ音(「このまま永久に」の「と」、平たく1弦8フレットです)をどうしてもDmに乗せたくて、でもどうあっても7thを入れたくないから「8555」ってわけにもいかないし。「8557」も検討してみたのだけれども、けっきょく「8122」かなあ。ええ、1弦8フレットは右手人差し指が押さえています。


36号さんが「これ演りたい」ってなんか単音を弾くのを「カウント入れてからもう1回」とか言いながら聴いていたら、なんか聴き覚えがあるなあ。そのへんにいた女子とか校長先生とかにいきなり弾きながら「これってなに?」って質問してみたら、「ぱうりりれふあ」という曲らしいの。

帰宅して調べてみたら音源があったもので、とっとと譜面を作ってファクスしておきました。こういうのはすぐできるな。


今日の西川:

「西川貴教の小部屋」の復活に反応をいただいた見知らぬかたがたに、ウクレレとハモニカで録音した『Twinkle Million Rendezvous』のMP3などお送りしておく。ここまでなら個人使用の範囲内である筈だから問題あるまい。

これもピアノ共演版を作る予定ではあるのだが、俺はウクレレ版で満足しているのだけれどもなあ。


西川貴教の小部屋。
そういえばバナーの文字について、元締が「誰に書いて貰ったんだ」って言っていたけど。俺ん家ってスキャナはない(というか「取り込み系」のハードはほぼない)んだけどな。

いいかげん気づけよ>>元締。

ちなみに、バナーは元締にはものすごく不評である、らしい。知らねえよ。


昼、サンクスの激辛カレーナンとサンマ。あとコーヒー。

今日覚えた英単語:

idiot

以前に女の子(日本人である。英語を教わりに行ったのだ)と英会話などしていて、
fuckとかshitとかあんまり言わないほうがいいですよ。
ってマジ顔で(英語で)言われたなあ、気をつけましょうありがとうございます。でも俺の出会う連中なんて、そのへん多用するかたがたが大多数なのではないのか、などとも思う。いや、気をつけます。ありがとうございます。

明日は、
センセーのクワトロ。
12時から生徒50号さん1回目は白紙。

ここでなか4時間空くので、高島屋でなにか甘いもんでも買って病院へ行って、生徒さん用の譜面でも書く、と。

17時からあと3コマ、
生徒47号さん8回目は、さいきん目標を見失っているからなあ。たまにKAWAIHAEでストロークでも演りましょうか。
生徒49号さん3回目は、Keali'i Reichel『The Road That Never Ends』のメロディをちょっと採っていって、と。
生徒48号さん2回目(なかひとつき)は、前回は『Over the Rainbow』だったんだけど、少しお話でもしてから考えましょうか。


2004年09月23日 21時04分01秒


2004年9月22日(水、にゅーいん)。



午前マイナス3時起床、しょうがないのでCX『ウォーターボーイズ』など観る。ついでにビールと奈良漬だな。俺にはひとりたりとも友だちがいないもので、こういう物語はコタエるんだな、これが。いや、面白いと思うよ。そんでフジテレビのドラマ風情を眺めながら泣いている俺。バカじゃねえの。

それでBGMのセブン・アンド・ザ・ラグド・タイガーとかツイスティッド・シスターってどっから出てきたんだ(笑)、趣味良すぎ。


二度寝(というのもなんだし、どっちかというと「本寝」かしら)後、午前8時起床。とっとと顔を洗って実家に向かい、母の入院に付き合う。

父と弟(運転手)と母と俺の家族総出で、「カネいくら持ってる?」という話になって。父がウン十万円、弟が「5万円くらいなら」ってんで、長男の俺が「すみません、お財布忘れてきました」ってバカじゃねえの俺。

弟が千円貸してくれました。


入院手続は本人(母ですね)がするのは当然として、これまた当然のように「おまえ付き合ってやれ」って言われて付き添う俺。なんかアテにされているらしくていつもこういう役回りなのだが、俺が不真面目な性格であるうえに頭がヘタクソであることを判っていない人が多くて困るよなあ。

それで待合で母がトイレかなんかに行っている間に看護婦さんがアンケート用紙を持ってきて「記入してくれ」と言うもので、出鱈目を書いておいた。趣味は冒険旅行、好きな食べ物はカンボジア料理、あと平熱とお通じもいいかげんなことを書いておいたのだが、生命に差し障ることもないと思うのだけれども。

そんなことをしているうちに、父が近所でオニギリを買ってきてくれて、これが朝食。


父も弟も帰ってしまって、俺はヒマだもので病室でのんびりとする。けっきょく17時までいたかな。
ムンテラにいらした先生の話など綜合すると、
  1. 肺癌(患部)は切除した、
  2. リンパ節への転移も切除した、
  3. たぶん大丈夫なのだが、念のため抗癌剤治療もしておこう、
  4. ついては副作用が心配なので入院治療のほうがよかろう(通院でも可能である)、
という話で、要するに「もうゴキブリはいないと思うけど、念のためにバルサンは焚いておこう」っていう話なんだな。

入院荷物に紛れ込ませておいたウクレレなど弾いているところに看護婦さんがいらして、
ウクレレ演りたいんですよね。
とかカモネギなことを仰るところに母が「この子、センセーなんですよ」とか言うものだから、なんか看護婦さんがまた入門しそうな気配ではある。キャパ以上にスケジュール目一杯なのに、これ以上増えてどうする。まあしょうがないんだけど。

16時から再放送のCX『ビギナー』を観て、17時に退院(とは言わない)。


今日のセンセー!:ダブル。

曙橋まで歩いて、都営線で新宿まで出て、旧Hawaiian Dream店舗の前を通りすぎて南新宿駅あたりで「奥の湯」に寄る。ただの銭湯です。いやあ、朝はいきなり家を出てきちゃったし、なんかいちにちなんにもしないと疲れるし、ってな感じで風呂くらい入りたいやんけ。
なんか貸しタオルが無料で、ジェットバスがあって、それで20円の石鹸を買ってのんびり30分。湯上がりに牛乳を買って腰に手を当てて飲んで、あとお稽古。

教室で不調PCの様子を診ていたら、そのへんにいらした女の子(誰だか知らん)がやたらと詳しくて(僕も「ダブルスペース」とかいう言葉を10年ぶりに発音しました)、その女の子がなんでかウクレレを習いたいのだそうで。また増えちゃったよ、どうしましょう。

1. 生徒35号さん14回目。
今日のテーマは「発音をきちんとする」ことなので、曲目はなんでもいい。なに演りましょう。
というわけで『Over the Rainbow』と『涙そうそう』あたりで、
  • 4弦ともきちんとハジくこと(具体的には、1弦の音が鳴ること)、
  • 全弦をきちんと押さえること(ついでに「中指の腹が隣の弦に触れちゃう問題」も解決されていない)、
敷衍すると、
  • ちゃんと鳴らそうよ、
と言うに尽きる。あとは器用なもんなんだから、惜しい。具体的には、押弦とか運指なんかどうでもいいから「音」をもうちょっと気にして欲しいものだ。

2. 生徒36号さん10回目。
こちらはテンポというか「タイム」を大事にしていただきたいのと、やはり「音がぶつぶつ切れる」のと「押弦がてきとー」って感じかなあ。ほぼ新曲の『Over the Rainbow』と『島唄』で運指の指導などしながらダメ出しも、といった感じ。
35号さんのリクエストは『星に願いを』で、
36号さんのリクエストが『ぷありりれふあ』(え? どふぁらーらそそみどみふぁあふぁあって感じ?)、
そのうちなんとか。

終了後、なんかみんなで和民。

明日は、
お仕事(ってゆうかあ、さいきん「センセ」って商売じゃないしぃ(純粋芸術みたいになってきて面白いの))。

2004年09月23日 03時02分38秒


2004年9月21日(火曜日、笑う門には福来る)。


どうでもいいけど、『愛の断崖絶壁』って我ながら傑作だわ。

今日はなんでか午前4時半起床。爺か。なにか前向きなことをしようと思ってお風呂をつかって、生ゴミを提出して(5時なら「朝」で通るだろう)、二度寝。
午前8時起床、コーヒーとバナナチップとサンマ。

二度寝している間にまたどこやらから依頼原稿がファクスされていて、これはちょっと文章をいじっちゃったりするお仕事だもので、朝の公園をひと回り歩いてからコーヒーをもう1杯飲んでから取りかかる。お昼までに仕上げて納品して、だいたい2万円の稼ぎ。


昼、サンマとクロワッサン。

今日の野暮用:

そのへんにあったウクレレの1弦だけを持って、ケッタで外出。

まずは上高田交番まで、ずいぶん前にお巡りさんが放り込んでいってくれていた「巡回連絡カード」を届けに行く。いやまあいろいろ言われているカードだが、俺が書けることって言ったら住所と電話と緊急連絡先(実家である)と自転車の防犯登録番号だけだもんな。職業? ウクレレ教師。お巡りさんが「ほほう、音楽家ですな」って言ってたけど、まあそんなにウソでもないからいいや。

それでお巡りさんとちょいと雑談などして、このへんも最近は空き巣が多かったり、ひったくりも多くてねえなどという話を伺いつつ、ふとお巡りさんが俺の顔を見ながら、

あなたは、(ひったくりには)
まず狙われないでしょうねえ。
僕もそう思います(笑)。余計なお世話やっちゅうねん。

お巡りさんは僕の住んでいる2階建の長屋! の構造を誤解していて(住所を見ただけで「ああ、あそこか」ってあたりがプロですな)、Nさんが2階で僕が1階だと思っていたんだな。縦切りの横並びですよ、って教えてあげました。


中野図書館でちょいと調べ物など(仕事じゃありません)。
あ、その手前のリサイクル屋さんで「ゴーヤ型のマラカス」を買ったな。100円。

そのついでに、と。
昨日のお昼、中野駅前から中野ゼロにかけて、カラフルなチケットを5枚ずつくらい掲げた人たちがたくさんいらしたんだよな。詳細は判らないが、なにやら「前売券がたくさん出回っているイベント(ex. 『快盗ルビィ』)」みたいな感じだったんだけど。いや詳細は判らないのだけれども。
中野ゼロのイベントリストを見てみたら「TRAUM(講演会)」とのことだったのだけれども、なんのことやらさっぱり判らん。楽しげなこの会社でもなさそうだしなあ。

モットー・目標 やせたらクビ、飯を残したらクビ、肥える
素晴らしい。
とかげ君。 さらについでに元締宅に寄って、置きウクレレの修理。

具体的には、とかげ君の切れちゃっていた1弦を張り直す。というか、自宅に1弦がちゃんと余っているというのがなんだかなあ、俺。そういえばこないだ生徒さんがペグを壊したときにも、どこからともなくちゃんと「余りペグ」が出てきたしなあ。

それで『金田重機の歌』などに合わせて弾きながら(いきなり弾ける俺も俺だ(笑))、ペグの調整などしつつ、順子の『スパイダーマン(DVD)』など借り出しつつ、といった感じ。


どんどんついでに、中野ピーコックでお買い物。
  • 奈良漬、
  • 豚ロース、
  • 鶏腿のブツ、
  • フカヒレの煮凝り、
  • トマト、
  • ニガウリ、
  • 厚揚げ、
  • ヤクルト、
  • レンジで作るシリアルスープ(朝食用)、
  • 東京都対応ゴミ袋(30リットル)、
  • 和風オムレツの素、
  • 温泉玉子。
少し供給過剰なような気もしますが、まあいいでしょう。

ラストの温泉玉子は、生玉子だと思って買ったらウンタマでした。大失敗。
ラス前の「オムレツの素」というのは基本的に必要のないものなのだけれども、「化学調味料無添加」とあったもので試しに買ってみました。

先日も知り合いの女の子の家で酒など飲んでいて、ツマミに思いっきり味の素が入っていたらしくて頭痛と発熱を併発した俺は動けなくなって帰れなくなって。件の女の子としては「ぜったいワザとだ」と思っているような気もするのだけれども、ほんとうに動けなくなるんですよぅ。

ええ、少し休ませていただいてから始発で帰りましたけれども。
誰が信じるか、そんな話。


最近観たビデオ:

そういえば先週あたりに『28日後...』も観ているのだが、なんにも覚えていない。

そのちょっと前に『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』も観ているのだが、こっちはかけらほども覚えていない。「面白かった」という印象だけなのだが、それそれでいいことなのだと思う。


晩、
  • フカヒレの煮凝り、
  • 豚ロースのポークンビーンズ缶焼き(片面焼いた後にモロヘイヤの葉を敷いてみました)、
  • カシューナッツ、
  • もずく、
  • サンマ、
  • 赤丸うどん、
てな感じ。健康的。

明日は、
朝も早よから実家の母の再入院に付き合って、と。なんか「転移」と聞いた母(の気)が弱っているようなのだが、いまどき癌くらいしか罹る病気もねえってばさ、って楽観している長男なのだが。インフォームド・コンセントも善し悪しなんじゃねえか、なんて思わないこともない(←暴論)。

夜、19時からのセンセーはハワイ帰りの生徒35号さん14回目で、「きれいな音を出す特集」で決まり。譜面は「ありもの」でいいや、なにを使っても構わない。珍しく「ピアニシモ」でも演ってみましょうか。


2004年09月21日 18時48分57秒


2004年9月20日(月曜日、さんま)。


今日の西川とか:

『納戸』にて、

『西川貴教の小部屋』いちおう復活。

『愛の断崖絶壁』も、めでたく復活。

『DEAD』にも報告をあげて、今日はこんなもんで。


午前9時起床、朝は缶コーヒー。
とろとろとお仕事。え? 国民の祝日? 関係ありませんよ。

お洗濯もして、食器も洗って(あ、鍋磨きサボってる)、てっきり日常。


サンマ焼き中(中華鍋使用)。 今日の昼飯:

サンマを1本焼いて、元締事務所の昼飯どきを襲撃。サンマでシリアルを釣ろうという作戦である。
いやあ、凄い脂でした。家じゅう煙だらけって、次回からなんか考えないと。

というわけで昼、サンマとご飯、シジミスープにでゃーこおろし。それなりに満足。


ついでに中野ピーコックでお買い物。
  • 空心菜、
  • モロヘイヤ、
  • モヤシ、
  • オクラ、
  • ミニアスパラ、
  • カシューナッツ、
  • フカヒレの煮凝り、
  • 鶏モモ肉のブツ、
  • ハンペン、
  • 豆乳、
  • 胡椒。
冷蔵庫の厚揚げが傷んでいないといいのだが。
タイムワープして晩御飯の資料集め中に気づいたこと。
  • エンサイ(空心菜のこと)でgoogleを調べると、野菜の画像ばっかりがひっかかる。
  • 空心菜(エンサイのこと)でgoogleを調べると、料理の画像ばっかりがひっかかる。
なるほどね、製造と消費との違いだな、たぶん。

今日のパソコン:

漬物学者に頼まれたWordファイルを、いつものようにメールに添付して送ってみたらだな、これが開けないという。電話でちょっと相談してみて、埒があかないものだから漬物学者宅まで行ってみました。なんだ? なにやら「危険なファイルなので開けません」ってメーラが言っているのだが、こちとらウィルスチェックしてから送ってるんですけど。そういえば先週だったかにXPとOfficeのセキュリティがどうのというのをアップデートしたような気がするから、どうやらそのせいなのか。すげえ迷惑。

ためしにYAHOO!のアドレスから送ってみたり、以前に送ってあったファイルを開こうとしてみたりもしたのだけれども、ぜんぶスカ。あーあ。

というわけで、帰宅してから電話リモートでOutlookの設定を変更して貰って(つまり、セキュリティを外したわけです)、この問題おしまい。


今日の新PC:

とりあえず、親指シフトの211キーボードがUSBで認識されました(いつもの[Back Space]が利かない。まあおいおい)。Japanistも入れたし、まあいいか。

音響関係は、サウンドブラスターのUSBを引っこ抜くとパソコン本体から音が出ることが判明。だめじゃん。でもまあ、録音の方法と再生の方法は判った、と。
つまり、なにかが整理されていないわけですね。

あとはLAN廻りだな、とりあえず。


今日のウクレレ:

ちょっと凄いぞ。ここんとこ2週間くらいもまっつんに教わった単音弾きを練習していたら、いきなり今日からなにかをつかんだような気になりゃがった(まだまだだけどね)。

基本的には親指と人差し指の往還で、たまに中指のトリルが入るって感じかなあ。それでオータサンでも森さんでもてっちゃんでも(笑)ない、という感じ。感じばかりで申し訳ないのだがまだよく判らないのだからしょうがありません。

とりあえずもうちょっと続ける。楽しみだ。


最近観たビデオ:

1. キルビル。
けっこう熱心に何度も観ました。バカで好ましい。

2. デアデビル。
biohazard caution 話がショボくてたいへんによろしい。スーパーヒーローものなのに、闘うのが身障者とナイフ遣いと姐ちゃんとデブだもんなあ。
ちなみに主人公がぶつかった缶詰について「放射線障害をひきおこす」としてあるサイトがけっこうあるんだけど、思いっきり「Biohazard」って書いてあるしシンボルもバイオハザードマークだから、やっぱり「生物学的に危険」という話なのだと思う。

3. インデペンデンス・デイ。
話がバカでたいへんによろしい。日本人ももうちょっと「愚直に全員が信じられるもの」を持っといたほうがいいかも知らんぞ。とりあえずいざというときに強いことは判る。
あと、アメリカ人が宇宙人の家族を拉致監禁していじめていてだな、父ちゃんが「てめえら人間じゃねえ! ぜったい許せねえっ!」って怒っていた場面がカットされていたように思う。劇場公開時に観たような気がするんだけどなあ。

4. ハードロック・ハイジャック。
出てくるやつがバカばっかりでたいへんによろしい(原題『Air Heads』って、『脳味噌が空気でできてる人たち』って意味だよなあ、俺じゃん)。
エンディングテーマを演奏しているバンドの人たちが『Revis』って言うらしいのだが、それって俺か?
僕は、もうちょっと観るものを考えたほうがいいかもしれません。

今日のお仕事(2):

さてビールでも飲もうかっちゅう20時半、いきなりファクスがごりごりと入ってくる。あれ? 依頼原稿だ。とりあえず電話。
俺「なんスか、これ」
お客さん「いや、いつも通り、よろしく」
俺「いやまあその、ありがとうございます。お急ぎですか?」
お「いや、さほどには」
じゃあいいや。
お「明日の朝に校正が上がってれば、だいたいOK」
それって急ぎやんけ(笑)、まあいいや。

突貫工事後の夜、
  • カシューナッツ、
  • フカヒレの煮凝り、
  • なんとなくサラダ、
  • 鶏肉と厚揚げと野菜の煮物(厚揚げセーフ、でもワンパターン)、
  • 仕上げで赤丸うどん(まだあったのかっ!)、
ってな感じ。

そういえば昨日体重を計ってみたら60kgキープ。高校卒業以来変化なし。


明日は、
これといってとくになし。家庭内LANをなんとかするのと、あとは譜面書きだな。

2004年09月20日 22時50分54秒


2004年9月19日(日曜日、サンマ)。


近所の大先輩から電話で、「到来物のサンマが100本あるので取りにこい」との由にて、のこのこ出かける。

行ってみたらマジで100本くらいのサンマが冷えていて、とりあえず1本焼いていただいてビールなど馳走に預かって。ワタまでプリプリでほんとうにおいしい。たぶん刺身にしても大丈夫だな。

それで大先輩と大先輩の奥方と奥方のお姉さん(要するに「3人合わせて200歳」の類だ)が年齢相応にそれぞれ勝手に話すのを相手に3列並行処理でお相手する器用な私。


それでサンマを20本ほど頂戴して帰宅。

元締にお裾分けしてやろうかと思って電話してみました。

俺「到来物のサンマがあるんだけど」
元締「生きてるの?」
そんなわきゃないだろう(笑)。いちおう「死にたてです」とお伝えして、と。

明日は、
これといってとくになし。

2004年09月20日 03時54分09秒


2004年9月18日(土曜日、とろん)。


午前8時起床、燃えないゴミなど提出して、と。


今日のヒマネタ:

  • 試しにハモニカを出してきて『冬のソナタ』を吹いてみたのだが、気合い入らんとヘタだな。

  • ウクレレ生徒会同報メールをメールマガジン化しようかなと思っていろいろ調べてみたのだが、よく判らん。
    作るだけなら簡単なんだけどな。

  • 西川ファンのかたから『りびけんの国』復活願いメールが到着、ありがとうございます。いやまあそのうち。

  • 生徒さんからのメールに「お稽古のほうはそうさのう、そろそろなんかソロでも演りませんか」ってお返事してみたら、
    あのぅ偶然ですか?シャレですか?
    という予想外の反応が。ツッコミの専門家がそんなダサいボケをしますかっての。

  • そういえば別の生徒さんに聞かれたのが「先生って映画は観ますか?」って、ビデオでいいなら3,000作品くらいは観ていると思うのだが。メジャーなものに疎いだけです。

晩、モロヘイヤと鶏肉の煮物。

今日のセンセー!:教えたわけじゃないけど。

食後にお昼寝をしていたら、生徒さんからお電話。なにやらパソコンが不調でいろんな人にいろいろ聞いてみたけど判らんもんで、と。なんで俺に(笑)。とりあえず症状を聞いて、だったらあれとこれをこうして、みたいに指導してみたらまぐれあたりで治ったみたい。

こんなもんでよろしければいつでもどうぞ。


明日は、
これといってとくになし。

2004年09月19日 01時01分19秒


2004年9月17日(金曜日、センセ大丈夫ですか?)。


午前5時起床でレンジでチンするパスタなど齧って、お出かけして出先で熱心にお仕事など。
10時になってオリジンのカラアゲ弁当など食べて、あとカゴメの「野菜一日これ一本」と、オリジンで目の前にアツアツが出てきた「サンマの煮物」。だいたい満足。
12時までにテープ起こしが2時間ぶん仕上がって、まあこんなもんでしょう今日は。

今日のセンセー!:ダボー。

午後、さて生徒さんからお預かりしたMDから譜面でも作るかと思ったら、肝心のMDが行方不明。いや、ユーミンとかハワイアンとかはあるのだけれども、49号さんのKeali'i Reichelが見つからないよう、しょうがねえな俺。
しょうがないので新パソコンのほうでネットを漁って、ナローバンドで『The Road That Never Ends』のサンプルを捜して落としてきて、あーあRealPlayerまで落としてこねえとなんね。というわけで劈頭30秒のイントロ含みでサビ少々まで譜面を起こして、と。あとで謝っとかんとないなあ、さいきんこんなんばっかしだなあ。バカ。

それで生徒さんに連絡して音源など持ってきていただけるように手配して(平謝り)、と思ったら遅刻ぎりぎり5分前にMD音源発見! 慌てて5分で譜面作る! なんかアタマ悪そうだなああいかわらず。

1. 生徒49号さん2回目。
というわけでそのKeali'i Reichel『The Road That Never Ends』をin F#のところin Fに落として採譜して、イントロのリフとコードと、軽く歌メロも採っておいた、と。じゃあ軽く合わせてみましょうかってんでイントロのアルペジオをアルアイレで弾いていただいたら、生徒さんのほうが俺より圧倒的に上手いんでやんの(笑)。まあそんなこともあらあな。

コードのほうは例によって△とか6とかいろいろ書いてあるのを器用に弾いてくださるもので、やはりバラードなのだからもうちょっと愛想を入れて、くらいかな。あとはストローク大会で本日終了。

2. 生徒45号さん5回目。
当日キャンセル。なんだつまらん。

そういえば明日の生徒43号さんも前日キャンセルになっていて、なんかここんとこ人気ねえな俺。

東中野ライフでお買い物して帰宅。今日はイワシの缶詰とできあいのサラダなど。調理欲がないことが判る。
あと、古本屋さんで『名探偵ホームズ(4) 影なき怪盗』を100円くらいで購入。昭和44年9月25日初版、定価260円。35年前かあ、巻末のカタログを見ると柴田錬三郎の『三銃士』とか高木彬光の『西遊記』とかがあってけっこうびっくり。
今日のメジャーデビュー

エッチー師がネット注文してくれたCDなのだが、マナだと納品が月末なんだってさ。売れているのか作ってないのか売れないと思われたのか判らないのだけれども、とりあえずキャンセルしてHMVで注文しなおしてくれたそうです。こっちは納期3日ってのはどゆこと?

今日のイチャモン:

プロ野球の労使交渉関連でニュースを当たっているのだが、ネットでは日本経済新聞がいちばん速いな。どういうことなんだ>>専門紙の皆さん。
フジテレビのアナウンサーがバラエティで「だんしょく道場」ってのを連発するのでなにかと思ったら「断食道場」でしたな(漫才師に「男色道場ってなんだよ」って突っ込まれてましたな)。こんなのを飼っておいて「ニュースに間違いは許されない」とか言ってるテレビ局がおかしい(あ、字幕の話です)。
テレビつながりで、懸念していた『ボウリング・フォー・コロンバイン』はちゃんと放映されたようですね(観なかったけど)。学校に乗り込んで人をどかどか殺した人たちの話なんだけどな。

今日は『GODZILLA』をいちおう観たけど、どうでもいいやこんな出鱈目イグアナ映画(だってよ、主演がブースカだぜ)。


さいきん僕がどんどんサボっている「いらか会合唱団」なのだが、MLを読んでいると「喉を壊しました」とか「体調不良です」とか「腰をイワしました」とかの理由で練習脱落者続出。ジジイかっての、ご自愛ください。

そういえば、全国シルバー合唱コンクール(出演資格:メンバーが全員60歳以上)って出たりしたのかなあ。

どうでもいいけど、僕も甍演奏会の受付業務報告とかステージマネージャー業務報告とか出さなきゃなんないんだけどな。4年分くらい貯めてるなあ、いかんなあ。まあAYAのもナベタのも読んだことねえから構わねえという考え方もあるのだけれども、いや甘えはよろしくない。


夜、作曲など。

明日は、
これといってとくになし。
たぶんお掃除と、あと録音作業。

2004年09月17日 23時48分04秒


2004年9月16日(木曜日、ヒマ)。


ウクレレのセンセーネタ2題:

シンガポールに帰っちゃう生徒さんが「遊びにきてくださいね」って言っていたもので、念のために航空券代だけ調べてみました。ふむ、往復4万円くらいでなんとかなるんだな。ちょっと時期を置いてから、新作譜面をいくつか持って指導に行ってみるか。

楽しいじゃん、センセーの大冒険。


女生徒さんが靴擦れを起こしたみたいで、「センセ、バンドエイド持ってません?」と仰る。俺もさっき「ちょっと貧血気味で」と言ったばかりだし生傷も絶えないし、絆創膏くらい持っていても不思議はないのだが、生憎でしたね。

しょうがないから「献血にでも行きますか」(西新宿で献血すると絆創膏が貰えた筈だ)って言ってみたら「センセー、献血なんかして大丈夫ですか?」って言われました。どうやら「自分の血が抜かれる」という発想はないらしい。それでいいんですけど。


午前5時起床。生徒さんたちからいくつかメールが来ているけど忙しいのでシカト(ぉぃ)。

あれ? なんで忙しいんだっけ、なんてふと思って、しょうがないからお洗濯をして食器を洗って燃えないゴミをまとめて、と。なにかやるべきことを忘れているのだけれども思い出せない。

昼過ぎになって思い出したのだけれども、手遅れでした。こりゃいかん。


今日のイイワケ:

昨日は「サンクスのおにぎり(貧)」と書いたのだが、べつにサンクスがビンボなわけではなくてですね。いやその、俺ってば自炊だから。

午後から、打ち合わせと称して某お金持ちと新宿に出て、つい東京大飯店なんか入っちゃったら酒飲んじゃうに決まってんじゃん儂ら。というわけで本日終了。

明日は、
18時からセンセーのダブルで、
生徒49号さん2回目は、頼まれものの譜面を作っていくこと。それでリフとか歌唱とかやってるうちに1時間くらい経っちゃうんだろうなあ。
生徒45号さん5回目は、アリモノの譜面で手首廻しとストロークだな。

2004年09月17日 14時05分13秒


2004年9月15日(水曜日、センセとか)。


午前5時起床。朝、お散歩のついでにフレッシュネスバーガーのちまちましたハンバーガーを2つと野菜スープ。健康的。

午前中、ちまちまとしたお仕事をやっつけて、と。
あとCDタイトルプリンタを回収。USBの親指キーボード借り受け。環境は着々と整いつつある。

今日のセンセー!:14時からトリプル。

昼、サンクスのおにぎり(貧)。そしてお風呂後、代々木に向かう。
1. 生徒46号さん3回目。
今日のテーマは「音の愛想」ということで、とにかくテヌートでスラーでぺたあっとした感じの(ってどんな感じよ)演奏を心がけていただく。ネタはin Cのバンプと『Over the Rainbow』で、「左側の指残し」、「きれいな発音」、「左右のタイミングの揃え方」といった感じか。深い音でよく鳴るカマカをお持ちなので、まずはそれを活かしていく方向で、と。ちょっと全体にちまちましたお稽古で申し訳なかったのだけれども、これは早いうちにやっておかないとしょうもないし。

休憩でちょいと3連もやってみました。これは宿題ですね。

2. 生徒47号さん7回目。
先日はフラデビューを果たした生徒さんは、ハワイアンの譜面集をご持参になる。センセはいっちょも判りません(『ノホパイパイ』くらいならなんとか判るかなあ)。それで『KAWIKA』演りたい? 知らない曲だけど、まあそのうちなんとかしましょうか。それでその曲集からいくつか合わせてみて、とくにこれといった弱点も発見できず、ということはセンセは攻撃もできず、と。

そういえば36号さんに頼まれて書いた『島唄』があったなあと思って、引っ張りだしてきて合わせてみる。

3. 生徒36号さん9回目。
ラウラの演ってるなんとかいう曲が演りたいとのことでですね、えーとFからBb? そのうちなんとかしましょう。
あとは『島唄』で、譜面の完成度ももう一つなのだがひと通り弾き方を演ってみて、と。それで『Over the Rainbow』をちらっと弾いてみたら「それ弾きたい」って、あなた以前に「『虹の彼方に』? 知りません」って断言しとったやないけ(笑)。まあ文句も言わんと弾き方をひと通り指導して、次回までに復習ってきていただいて(間違いなく復習ってくる)、愛想を少し放り込んで完成だな。
終了後、36号さんが週末にキャンプに行くのにカヌーの情報が欲しいというので、なんでか紀伊国屋書店まで付き合うヒマなセンセ。それであの紀伊国屋(高島屋隣)のなかにたぶんたった2冊しかなかろう関連書籍を発見して検索能力を称揚されたのですけれども、そこ褒められても、ねえ。それで新宿南口までご一緒して、生徒さんが「ポテトチップを買いに行く」というのには付き合わないで帰宅。途中のライフで、豆とか葉っぱなど買う。

帰宅してみたら47号さんからメールが届いていて、ゼクシィのCDを買ったんだってさ。こんどオートグラフしてあげるから持ってきなさい(爆)。


そのCDの話:

なんだかんだでゼクシィのCDを持っている生徒さんが18号さん、36号さん、45号さん、47号さん、買いそうになっているのが44号さん(水際で阻止したいものだ)、ついでに悪鬼羅が買っていて、東京女子医大の看護婦さんのところになんでか3枚ほどあって、ここにサンプル版が1枚あって、あとはエッチー師がネットで注文中だがまだ届かない、と。

届かないのも無理はなくて、ネットだって最初から「在庫1枚」とかになっているところが多かったしなあ。現状ではたいがいが「取り寄せ」指定になっているから、要するにたいした枚数は刷っていないということなのだろうかなあ。47号さんはどこでお買い求めになったのだろうか、こんど聞いてみよ。


というわけで、「CDを持っていてここを読んでいるごく少数のかた向け」に解説など少々。

発端。
リクルート社発行の「ゼクシィ」という結婚情報誌っていうの? があって、そこでNatural WeddingというBGM集のCDをいくつか出しているんですね。既出では「有名どころのコンピレーション」と「企画もののピアノ曲集」というところだと思うのだけれど、今回は「ちょいと変わった楽器を使って録音してみようか」という話、なのだと思う。
話が決まったのがたぶん6月、僕が聞いたのが6月末、レコーディングが7月末で9月1日には発売というのもすごいスケジュールなのだが、アナログなレコーディング・スタジオで5曲(10tr以降)を4時間で録った儂らも凄いぞ。
ちなみに僕に話が来たのは、予算と時間の余裕がアレだったからなんじゃないかなあ。自慢じゃないけど本番には無闇矢鱈と強いし、アドリブ利くし(←そんなにいい意味では言っていません)。

『世界に一つだけの花』
ごくふつうに、ピアノにハーモニカ(CX‐12)を乗せただけです。アレンジの柴田さんというかたとは一面識もありませんが、そういうものです。
曲は、かつてたしか生徒4号さんが「知人の結婚式で演りたい」というのでいろいろしていたもので覚えていてほんとうによかった。それで事前に頂戴していたカラオケから構成譜だけ作っておいたのを録音当日に自宅に置き忘れるという大失態をやらかしましてですね(いつものことでですね)、そのへんはうまいことなんとかして、と。
演奏自体はアドリブとかあんまりカマしてもしょうがないわけだし(結婚式で目立ってどうする)なんて思って「おとなしーく、おとなしーく」と思っていたのだけれども、途中でちょいとハジけそうになって慌てて戻る自分が可愛い(3分43秒以降しばらく)。というか、「そうさ、僕らは」というキャッチだけきちんと吹ければあとはどうでもいいやと思っていたりなんかしたんですね。ふと気づくとメロディ1音目でいきなり全音間違えてますけど、まあ愛嬌のうちだな。パートを分けて録ってはいるけど、パーツはぜんぶワンテイク。たいしたもんだ。

『最初から今まで』
冬ソナ? なんですかそれは。ちょっとだけ情報収集はしてみて、「『枯葉』ですよ」なんていう話もうかがいつつNHK周辺から譜面提供などもいただきつつですね、音を聞いてみたらほんとうに『枯葉』だったのには驚いた。
プロデューサさんからは「明るく演ってください」という話があったのでとりあえずにこにこしながら吹いては見たのだが、無理だよそりゃ。けっきょく「入場じゃなくて花束贈呈にしましょう」というあたりで落ち着いて、ですね。

2分20秒あたりからのカデンツァは、いきなり頼まれてその場で吹いたにしてはいい出来なんじゃないかと自分では思っているのですが、例によって「禁断のフラッテッド・ナインス」とか使ってるなあ(まあいいや)。はい、これもワンテイク。

『プリティ・ウーマン』
XB40 最初は「ハーモニカのソロで」という話だったんですよ。どないせっちゅうの。とりあえずロイ・オービソンは判らない(名前だけ知ってるくらいの半端な教養)しヴァン・ヘイレンでいいのかという疑問もあったもので、パイナポー・ボーイズのマッチョのほうのお兄さんに問い合わせたら譜面を送ってくださいました。けっきょく音源には当たらずに、そのイチジ譜面だけで押し切りましたな、ありがとうございました。
それで僕ん家でデモを録ったときに思いつきでXB40(ホーナーの新型ハモニカ)を使ってみて、サビのCX12との併用と相成りました。たぶんXB40でのメジャー録音って世界初だと思うんだけどな。

録音直前になって「ウクレレも入れていい」という話になって、松本さんとアレンジを詰めて、まずウクレレを尺のぶんだけ録って、あとはパート毎にハーモニカを乗せていくという単純作業。平歌がXB40でサビがCX12、2サビ3サビは無視したという原作には不実の限りというアレンジになっていますが、まあ面白いからいいでしょう。

ちなみにハーモニカはフレーズ終わりに次のフレーズがカブる「入れ子」になっているもので、ライブでの再現はまず不可能ですな(XB40とCX12を僕と同じように吹いてくれる無茶なプレイヤがアイカタになってくれる場合を除くが、まずあり得ません)。

あとは、森先生がレコーディングのときにやっぱり裸足になっていたとか、僕らの次にレコーディングする予定の弦楽のお姉さんたちをスタジオで待っていたら「はい邪魔」っつうて追い返されたとか、ギャラは当日に呑んじゃったとか夜は結局バッキーの後に大島ラーメンとかいろいろありますけど、興味ありませんよね。

そういえばバッキー向かい「僕らの餌場」たる大島ラーメン、なんか不法就労関連で摘発されちゃったみたいですね。好きなラーメンだし、頑張ってください。

明日は、
これといってとくになし。明後日の生徒49号さん用の譜面を作らんとな。

2004年09月15日 21時41分08秒


2004年9月14日(火曜日、雑事)。


いろいろあって、と。朝、なんでかマクドナルドでモーニング。

今日のセンセー!:生徒34号さん15回目。

お風呂をつかって、はりきって(嘘)家をでたところでHawaiian Dreamから電話で、本日キャンセル。ぎゃふん。

夜、てきとうになにやら齧って寝る。忙しい。

明日は、
14時からセンセーのトリプルで、
生徒46号さん3回目は音色の愛想付けで、バンプと『Over the Rainbow』と『涙そうそう』あたりか。
生徒47号さん7回目は、前回でてきたハワイアンでてきとうにストロークなど演って、と。
生徒36号さん9回目は、ひと月ぶりかぁ、なにしましょ。

2004年09月15日 10時43分57秒


2004年9月12日と13日(日曜日と月曜日、オフ)。


NIFTYに置いていた「りびけんの国」のサービスが終了して、しょうがないから周辺のURLをリンクするようにしてからだな、たとえば『でたぜん』のアクセスが増えている。いいことだと思う。

以前に九州あたりから僕の話を聞きにこられた情報保障関係者のかたがおられて、「全難聴に喧嘩売っても大丈夫ですか?」という質問もあったのだが、間違えてはいけない。俺に喧嘩を売っているのが全難聴であり全要研であり、俺は喧嘩など売っていないし、そして理不尽なのもバカなのも全難聴であり全要研なのですよ。というか、ここまでバカな連中が税金使って人権蹂躙しているという状況そのものが面白いよな(笑ってるよ俺は。だって現状で聴覚障害者福祉なんて関係ないもの)。

まあ、問題提起については読むだけ読んでおいてくれたまえ>>そこのあほう。そう、今でも全要研なりの情報保障に協力している正義感の欠如した君だ。


今日のセンセー!:教えたわけじゃないんだけど。

あたし、癒されようと思ってウクレレ教室に通い始めたんですけど。
ごめんね、ここは「センセが癒されるウクレレ教室」なんです。教室を間違えましたね。
というか、君は見学してから入門したのではないか。いまさら遅い。

ヒドいウクレレ教室もあったものです。


日曜と月曜は、西のほうに山籠もりに行って解剖生理学のお勉強など。今回はリンパ系の働きと部位などを学んできました。なにしとんねん、俺。

明日は、
19時から生徒34号さん15回目で、『いつも何度でも』のソロ譜ができてないなあ(こんなんばっかりだなあ)。まあなんとかしましょ。

2004年09月14日 09時51分25秒


2004年9月11日(土曜日、3周年)。


お仕事だなんだでほどよく忙しい。いいことだと思う。

朝、ベー玉とトーストと、安売りだったボスの缶コーヒーブラック。
お風呂後のセンセーの前に、なんかコンビニの栄養ゼリー。


今日のセンセー!:15時から生徒23号さん27回目。

60歳のエネルギッシュなおじさん(失敬)で、たしか午前中から学生野球かなんかの審判をして、それから早稲田のエクステンション講座かなんかを受けてからウクレレ教室、凄ぇ。でも俺のウクレレ教室で27回目ってあなた(笑)、なに教えていいやらよう判りません。それがセンセの言うことか。

今日はそうだなあ、とうすらぼんやりと考えながらお稽古場まで行って、今日は『枯葉』のGmのコード譜を引っ張りだしてきてちょいと弾き方など演ってみて、と。こなれてきたあたりでメジャーセブンスなども入れてみて、指遣いもちょっと診て、コードのオルタードも入れてみて、ハーモニカでメロディを合わせてみて、と。うん、それなりに内容はあったように思うのだが(自画自賛)。

それで『枯葉』の進行そのまんまで『最初から今まで』(だっけ、ほら「冬のソナタ」の)を実演してみせて、「ほんとにストーリーも音楽も“ありものの切り貼り”なんだからしょうがねえな」なんていう話で意気投合する。そのあとお渡ししたVCDの話からDVDのほうに話が脱線して、レンタルに『ノートルダムの(傴僂)男』があるというお話をしたら「アンソニー・クインですか?」、「いえ、ロン・チャニィですよ」ってなところからなにがどうなったんだかアンソニー・クインの話題で盛り上がる儂ら。
生徒さんが「ジェルソミーナ」って言っていたのは後から思い出すと『道』だな。あとお好みは『ナバロンの要塞』だそうで。僕は『バラバ』『その男ゾルバ』だな。俺の嗜好のほうが個人的なほうに個人的なほうに傾いているのがよく判る。というかこれ、とうてい60歳と29歳の会話じゃねえぞ。

それで僕の好きな映画が1968年から1978年まで、正確には『俺たちに明日はない』乃至『生ける屍の夜』から始まって『スター・ウォーズ』の前までとかいうお話になって、『フレンチ・コネクション』は面白かったですねえ、ポパイは明らかに既知外ですけどね、とかフリードキン好きなんですよとか、『スティング』もよかったですねえ(このあたりで、小林信彦の言っていた「(記憶媒体の登場によって)映画史が滅茶苦茶になってしまった」という主張がよく判ってきたような)、ポール・ニューマンこないだ見たけど元気そうでしたよ、なんて言いつつところどころテーマ曲を弾いてみたりなんかして。もうなんの教室なんだかさっぱり判りませんのでした。


終了後、校長先生の娘さんの英国旅行写真集をちょいとCD-ROMに焼いたりなんかして。こういうのってひょっとして有料で請けてもいいのだろうけれども、そんなセコいことは言いません。

あと中野元締事務所でちょいとお仕事、の前にオリジン弁当の似非深川丼(失敬)。味噌出汁で「深川」を名乗っていいものかどうかについては疑問も残るが、けっこう美味かったからいいや。

ちょっとアサリが固かったかも。あれは茹ですぎると噛み切れなくなっちゃうもので「湯通し」程度にとどめておくのがコツなんだけどな、青葉は乗せたいあたりも含めて、やっぱり不精せずに自作すべきなんだろうなあ。


今日の戦争:

2001年9月11日、夜中にふと目覚めてテレビを点けたら、ちょうどWTC特攻の映像が流れていて。「あれ? この映画知らない」って思ったのを覚えている。数日後の日記から引用する。
そしてこれがまた無辜の一般市民を巻き込んだ阿呆で杜撰な大量殺戮に繋がらないことを祈る。
たしか13日くらいにアルカイダの犯行がほぼ確定したあたりで書いたんだよな。心配していたのはアメリカの動向だったのだが、こういう勘だけはよく利くんだよな、俺。

今日のユリヰカ:

知人が「曼珠沙華」を「まんじゅしゃか」と発音していたもので思いっきり「まんじゅしゃだろっ」って訂正してしまったのだが、追跡調査の結果ではサンスクリット由来ならば「まんじゅしゃか」もアリ、らしいんですね。たいへん失礼申し上げました。いかんいかん。
山口百恵? よく判りませんのですが(若いし)。

それで、この話をするときには是非「げ」は鼻濁音にしてください。よろしくお願いします>>各位。


さいきん評判のでている「ジェネリック医薬品」なのだが、俺ってばこないだまで思いっきり「ジェネティック医薬品」だと思っていてですね(genericとgeneticの違いですね)。前者ならば「汎用(できるようになった)医薬品」なのだが、後者だと「遺伝子操作によって作られた医薬品」ってことでけっこうヤバい。

ついでに、気づいたきっかけが「gTLDドメインってなんの略だったっけ」ってのを調べてみたからだというのが間抜けの自乗です。


晩飯は、深川丼がちょいと胃に凭れていたものでだな。カシューナッツと松の実と枸杞の実。いいのかそんなんで。

明日は、
どうしましょうね。

2004年09月11日 22時48分51秒


2004年9月10日(金曜日、のんびり)。


昨晩は(「は」、だ)盛大に酔っぱらっちゃって、それでも頼まれものの本とおはぎは実家に届けたんだけどな。
それで帰宅して死に寝して、どうやら午前4時くらいに起き出して閻魔帳(生徒さんの成績簿)だけはつけたらしいな。偉いんだかバカなんだかよく判らん。

そのあと少しお仕事などして、昼から昼寝。午後になってニセカマが例の『メサイア』だったかのチケットを回収しにやってきたのだが、あたしゃ爆睡してましたな。玄関先から携帯電話に何度かお電話を頂戴してやっと目覚める私。いや、ご迷惑をおかけしました。すまん。


今日の音楽:

どうやら高音域の聴き取りに難儀のあるらしき千葉県民にハモニカなど聴かせたくて(大層な動機ではない。大家の長唄の類だ)、ちょいとリクエストをとってみた。ふむ、『昴』に『酒と泪と男と女』に『襟裳岬』って、判ってんじゃねえか君は。

でもとりあえず、これもリクエストにあった『赤とんぼ』をいろんなキーで演ってみて可聴域を捜してみるって感じか。ということで改めてメロディを思い出してみると、劈頭2小節まででオクターブと4度の跳躍のある無茶な曲なのでした。へえ、知らなかった。というかデューク・エリントンより無茶なのが楽しい。サンプルとしてはいい感じだな。


なんかNIFTYに続いてゲロもサービスが変更になるらしくて。まあいいか。

夜、牛スネ肉と厚揚げの煮物。美味しい。


明日は、
センセは15時から生徒23号さん27回目で、もうネタがないぞ、どうしましょう。とりあえず似非タヒチアンのストロークがあるのと、『FFT』のイントロと『涙そうそう』って感じか。あとはアリモノの総ざらえだなあ。こんなんでいいのかなあ。

2004年09月11日 00時56分35秒


2004年9月8日と9日(水曜日と木曜日、ウェット)。


たりらんとしていたらよう判らんくなったぞ。

水曜日はてきとうに起きて、と。テキスト起こしは1万文字くらいを軽くこなして、夕刻からリコのライブで渋谷に、生徒さんとご一緒して。大ファンク大会で生徒さん置き去りというか目がテンになっているのを笑いながら眺めて、「あのかたたちはお友だちなんですか?」とおっしゃるのに「そうですよ」なんつうて。なんと思われただろうか。
個人的には、リコバンドがファンクのくせにラッパ入ってなくて、ギターと鍵盤のインタープレイがたいへん楽しくて満足しました。


今日のメジャーデビュー:

そのライブ前にハチ公交差点TSUTAYAに寄ってみたら、例のCDがぞろぞろと並んでいました。誰が買うんだろう。

生徒さんから「ふつうにレコード屋さんに並んでいました(買いませんでした)」という報告あり。
悪鬼羅もふつうに浦安のレコード屋さんでお買い上げ! なさったそうで、

このCDを聴かせたらば、誰も君のことを凶悪な奴だとは夢にも思わないだろうな。
との由。そういえばHai'ineの赤いものが俺のハモニカを聴いて「音は素直なのにね」って言っていたなあ(笑)、俺ってほんとうはいい奴なのかも知れない(ってそっちかよ)。
生徒会同報で廻した「土曜日のメサイアのチケットが4枚余っています」は、どうやらニセカマテツご家族ご一行様が行ってくれるらしい。めでたし。チケットの受け渡しってばどうしましょ。

テキスト起こしの途中に「先生の声咳に接し」という表現があって、この「声咳(せいがい、と発音していた)」というのが俺も筆者も「合ってるけど辞書に載ってねえなあ」と思っていて。調べてみたら「謦咳(けいがい)」でしたな。いやあ、知らないことばかり。




木曜日の朝は、なんでかロイヤルホストでハンバーグステーキ。なにしとんねん儂。

生徒さんからメールで、「オーストラリア在住の台湾人と晩御飯なんですが、新宿でいいお店を知りませんか?」って、なんのセンセなんだ俺。英文メニューのありそうなところで、西口の鳥元と中央口の水の賦、あとかに道楽あたりをご紹介しておきました。


今日のセンセー!:ダボー。

1. 生徒40号さん6回目。
え? シンガポールに帰っちゃうの? あと6回くらいは教えたかったなあ。
まあいいや、演奏は形にはなってきたし。今日は『大きな古時計』と『What a Wonderful World』をin Fで、コード譜を書いてメロディ譜も書いて、併せて読みながらコードソロを作っていくというちょっとややこしいことを試してみたら、40号さんできるんじゃん。これならシンガポールに帰っても独り立ちできるぞ、まずよし。

2. 生徒47号さん6回目。
先日「フラデビュー」を果たした生徒さんはですね、今日はなにしよう。なんかハワイアンの『KU'U WEHi O KE AUMOE』(タイトルを丸写し、意味など判らん)というのの譜面がでてきたもので、てきとうにバンプを入れて、スクウェアのストロークをダウンアップで入れて、といった感じで1時間。

終了後、母のリクエストがあったもんで生徒さんと紀伊国屋まで歩いて、『免疫革命』なる本を買ってみる。看護婦さんが一緒だもので心強い。本の中身については、『ナントカ革命』なんて表題の本は信用しないが、まあいいや。

母のリクエストがあったもので、「仙太郎のおはぎ」というのを買いに伊勢丹まで足をのばす。はいはい、つぶあんね。


明日は、
お仕事。

2004年09月10日 04時51分06秒


2004年9月7日(火曜日、ウェット)。


今日の禁酒:

朝3時起床でいきなりビール。飲んだ途端に頭痛。やっぱり禁酒って健康に悪くないか。

とりあえず350ccを1本でやめとく。あとお仕事。


今日の検索され:

新品の中華鍋、自作のポータブルアンプ、ってなんだそれ。
あと「フラットクリンチ+中綴じ」、「憧れのハワイ航路+コード進行」、「フライトナイト2+エンディングテーマ」、ってところ。お役に立てずに申し訳ない。

今日のプロ野球:

オリンピックって終わったんですね。
ってこないだ言ったらバカにされた俺が言うのもヘンかも知らんが。

球団サイドがよくない。実働部隊もユーザも(つまり選手も観客も)つんぼ桟敷に置き去りにして、それで誰が納得するというのか。全難聴や全要研と同じ。

デモを実行したプロ野球ファンのほうが、腑抜けた難聴者よりいくらかマシ。
人命に関わらないぶん、全難聴よりプロ野球機構のほうがいくらかマシ。


夜半、レンタルのDVDで『Kill Bill』など観る(さいきん映画館に行く気がしないんだな)。

首ちょんぱとか腕ちょんぱとか足ちょんぱとかがどかどかでてきて、たいへん好ましい。それ以前に、タランティーノってば本当に東映が好きなんだな、なんて思えてですね。到底「商業映画」とは思えない発想なのだが、そこはそれ予算があるからまあその。

リュー・チャーフィが懐かしかったかな。
クインシー・ジョーンズにはいくら払ったんだろう(あの人もスキだからロハかも)。
日本ロケのコーディネータに「ひぐちしんじ」という人がいるのだが、まさか。


今日のメジャーデビュー:

ジャケ写。 みんなどうやって聴いてるんだか判んないんだけど、いくつか感想など頂戴したけど。

アタマ痛いんでまた明日。


明日は、
母が退院。ぱちぱちぱち。

2004年09月08日 00時12分01秒


2004年9月6日(月曜日、ドライ)。


今日も酒断ち:

昨晩は零時過ぎ就寝、午前3時過ぎに起床。偶然かなあ、昨晩と併せるとやはり僕の睡眠周期は90分程度のような気がする。ヘンな夢少々(山登りしていて死にそうになる)、寝汗少々はいつものこと。体調不良はこれといって見当たらず、ちいちゃな大名行列が見えたりすることもなく、つまらん。

ついでにルートビアを飲みながら、「これのアルコール0.5%ってどんなもんかな」と思って調べてみました。

  • サモンローヤルゼリー内服液:7.85%
  • 大正胃腸薬内服液:3.5%
あれ? 計算まちがえたかなあ。
汗を拭いて、『パタリロ西遊記』の最新刊など読んで、二度寝。

しようと思ったら寝られないので、ジュディス・メリル『年間SF傑作選(3)』など読み始める。前に読んだのは中学生時分だと思うのだが、けっこう覚えてるもんだな。『木偶』(ジョン・ブラナー)がトラウマになっているのに気がついたりなんかして。


午前6時、加ト吉の冷凍讃岐うどんにカツブシ、オクラ、ウコン、冷凍ホウレンソウ、鰹粉砕粉、生卵。ついでに公園前の自販機でお茶でもと思ったら、いつの間にか僕のためにルートビアが入っていた。昨晩のがサントリーとキリンで、これはコカコーラ社製、と。味は、まあ甲乙つけがたし。

これは不眠がでているのかなあ。でも昨日もちょっとお昼寝したしなあ。あんまり気にしないことにしよう。


食後にちょっと朝寝して、あとお仕事。

昼、加ト吉の冷凍讃岐うどん(笑)にいろいろ放り込んで、と。あとコーヒーとヨーグルト。


体調はいいし、禁酒60時間を経て禁断症状も無いようなのだが、なんか微妙に脳の調子が悪いような。えーと、バイオリズムがまとめて低調というか、あぶさんが酒飲んでないとホームラン打てないのがよく判るみたいな。

今日のいろいろ:

  • 母はおかげさまにて水曜日あたりには退院の予定です。ありがとうございました。
  • 書いておくと安心して忘れるので書いておくと、悪鬼羅に1万円、熊に5千円、ニセカマに3千円借り。
  • 生徒7号さんから「このあいだの白い弦はなんですか?」っていう問い合わせがあって「フロロカーボンですよ」って答えちゃったのだけど、よく考えると「ApuliaのNYLGUT」だよな。あとで訂正しておくべし。
  • ペネロープ号。儂ゃ認めんぞ。 なんでか知らんが、google.ukから「ペネロープ号」の画像を捜してここにアクセスした人がいる。なんか遠くないか?(笑)
    そういえば悪鬼羅がなんか言っていたが、どうしたって由緒ある英国貴族はアメ車にゃ乗らんよ。しかもFFだってさ、ふん。
    他の検索されでは、「青い山脈+コード譜」、「KAWAIHAE」、「こーれーぐーす」といったあたり。お役に立てなくて申し訳ない。

今日のメジャーデビュー:

あんまりメジャーメジャーって書くのもこっぱずかしくなってきたぞ(笑)。今回だって棚ぼたというか頼まれものだし、自主的に演奏の場を作ったことはないんだな、俺は。いつもいつも「頼まれて」とか「なにかの拍子」とかだからなあ、そのうちなんとかしよ。
某生徒さんから、
高田馬場のムトーで捜したのだけれど見つかりませんでした。
ジャケ写。 とのメール。ううむ、高田馬場なら「レコードはムトー、カバンはレオマカラズヤ」という大名門ショップにも置いておられないか。探すんだったら和製の「イージーリスニング(クラシカルの隅っこ)」か「オムニバス(ポップスの隅っこ、演歌の隣)」に置いてあることが多いようですけれども。

っていうか、初版何千枚くらいなんじゃないのかなあ、こういうのは。ネット経由(そのわりにアマゾンにないんだけど)か、レコード屋さんに直接注文するのが早いと思うのですけれども。

それ以前に、聴きたいかなあ。デモ版を貸し出してあげたほうが早いかなあ。


そうかと思うと別の生徒さんから、
ゼクシィのCDはすごくいいです!
ってあんたどうやって聴いたんだ(笑)。
ほんとはいずれレコーディングの話などまとめて書きたいんだけどな。まあそのうち。

今日の消滅:

NIFTYに置いておいた拙サイト「りびけんの国」は、サービス終了に伴って8月31日にドロンしました。
移行措置とかもあったんだけど、どうせ更新もしてないし、いいやと思って放置。

今日になって、いちおう自動転送先のHTMLを書いてアップしておきました。これは生徒さんからの問い合わせにお返事したものをHTML化しただけなんだけど、まあこんなもんでいいでしょう。


晩、もやし炒めとかそんなん。あと冷凍讃岐うどん(在庫おわり(笑))。

明日は、
酒でも買ってくっか。

2004年09月06日 21時57分14秒


2004年9月5日(日曜日、ドライ)。


今日の禁酒:

夜更かししたのに早起きしちゃって、ふと気づくと腹が減っている。なるほど、ツマミを作らなかったもので夜食食べるの忘れたのね。ってダメじゃん、冷凍庫に冷凍のドリアかなんかがあった筈だ。おっと危ねぇ、冷凍庫にメロンリキュールが冷えていました(笑)。見なかったことにして、と。

というわけでめでたく24時間を経過して、譫妄も震顫も幻覚も幻聴も不眠も不安も発現していない。なんだつまらん。


いい機会だから、『今夜、すべてのバーで』とか『アル中地獄(クライシス)』とか読み返してみようかしらん。あと宮城音弥になんかなかったかなあ。

今日のメジャーデビュー:

どうでもいいんだけど、 と表記されている私は何者なのだろうかしらん。

今日の録音:

うーむ、VCDからwav.ファイルを生成する方法がよく判らん。USBデバイスは外してあるんだけど、録音ソフトがどうしても内蔵音源に行ってくれないんだよなあ。

外部からUSB経由で録音するほうはうまくいってるのだけれども。じゃあなんだ、VCDからオプティカルで音声だけMDに落として、そっからUSBデバイス経由でやはりオプティカルで録音して、ってか? たしかに音質は劣化しないが、そんなバカな。


今日の忙し:

置きウクレレ。 まずは野暮用で中野の元締事務所へ。あれとこれの書類を置いて、あれを預かって、と。


-新撰組-

それで、録画してあった『新選組!』(あれ? 新撰組じゃないのか)の先々週の回を観せてもらう。ほら、山南敬助が切腹したってんでどう料理したのかと思ったら、「山南と土方の間に反目はなく、半ば自殺のような死に方は隊のため」って、ものすごいことを考える。やられました。

元締が「先週のぶんも観ろ」って言うもので『寺田屋大騒動!』(予告編には「!」がなかったように思うのだが、確信犯か?)という回も観る。そりゃあんた、新撰組で寺田屋っつうたらあれしかないでしょう。と思っていたらただのラブコメというか、『お江戸でござる』みたいになっていて、これはこれでしてやられました。

ついでにTOKIOの皆さんの新作CDも聴く。なんだこりゃ、『涙くんさよなら』のバックにエリック宮城、松本治、佐藤達哉。『らいおんハート』がTAKE 6で、『君だけに』なんかただのTOTOだよお立ち会い。いや凄い。



-お買い物-

ジャケ写。 さて、病床の母に頼まれたCDをだな、「どうせ売られてないよ」なんて思いながら捜しに行く。だってさあ、結婚式のBGM曲集なんてたいがい欠品補充アイテムなんじゃねえの?

それで新宿東口から始まって、MyCity『HMV』、南口『タワーレコード』、高島屋『HMV』、三丁目『ディスクユニオン』、紀伊国屋前『TSUTAYA』、新宿通り『新星堂』(消滅)と来て、渋谷ハチ公交差点『TSUTAYA』でようやくミッション・コンプリート。

よく歩きはしたのだが、久し振りにレコード屋巡りというのもたまにはいいし、なにより「自作を買い集めている売れないミュージシャン」という絵柄がいいねえ(笑)。



-病院-

病室に行ってみたら、どうやら母の合唱団仲間らしい皆さんが部屋に詰まっていて、父はどこかに避難しているらしい。

それで、こんど新しく作った合唱団の練習場所の話ですこし相談に乗ったりなんかして、それから「母に聴かせる用」だった違法コピーCDが合唱団のどこかに流れたらしいのでちょいと聴き取り調査などして(あれは「ブツを買ったら破棄する用」なのだ)、あとお見舞いのヨーグルトなど齧って、帰る。



-楽器屋さん-

曙橋から新宿三丁目に出て、イシバシ楽器さんで修理のあがったTASCAMの多重録音機を受け取ってくる。動作不良の原因は不明のようで(やっぱり初期不良なのかなあ)、メーカーさんからのメッセージには「ユーザーさんのほうで様子をみてください」とありましたな。

-お買い物-

東中野ライフで、ズックリンと冷凍食と、ルートビア(笑)。

帰宅して、ルートビアなど飲みながらテレビなど。美味くねえなあ、ノンアルコールビール。

今日の『新選組!』はこれといってとくになにも起こらず。なんだこれ。
映画は、情報誌では『ボルケーノ』っていうロサンジェルスで大噴火って話の予定だったのだが、さすがにアタマ山の噴火の影響なのか、LAつながりで『L.A.コンフィデンシャル』になっていましたな。観ないけど。そういえばこれも放映予定の『ボウリング・フォー・コロンバイン』はどうなるのだろう。

晩飯、軽く。豆腐、冷凍エビチリ、冷凍ホウレンソウに冷凍ドリア。あんまりやる気なし(お、アパシーでたか?)。
まあ、量はこなしたことを以てヨシとしましょう。


明日は、
病院とかそんなん。禁酒最終日、って24時過ぎたら飲んでいいのかなあ。ほんとうに禁断症状が出ないかどうか、もうちょっと様子を見たほうがいいのかなあ。

2004年09月05日 22時55分37秒


2004年9月4日(土曜日、ドライ)。


今日から3日間の禁酒。ビールは冷蔵庫から出して、余っていた焼酎はこーれーぐーすに仕立てて、と。よし、俺包囲作戦完了。だいたいさあ、久里浜式あたりで「2点以上とると重篤問題飲酒群」っていうテストでこないだ18.7点もとっちゃったもんな(笑)、現象面ではどっちかというとかなり重症のアル中な私。

ま、明日の夜あたりに幻覚とかてんかん発作とかがでたらびっくりすることにしましょう、と。
あと、僕がウソツキなのは昔からで、ウェルニッケ・コルサコフ症候群を発症しているわけではありません。ゴマとかモロヘイヤとか大好きだし、まあ大丈夫だと思っているのですけれども。

「ぬるまったビール」とか「こーれーぐーすになりかけの古酒」とか「台所の味醂」とかを飲み始めたなら、俺も本物なんだけどな。


昼間はぐうたらとPCいじり。

今日のセンセー!:ダボー。

1. 生徒23号さん26回目。
17時からのところ、10分ほど早めに開始してのんびりと。

まずは軽く『Crazy G』と『FFT』で、曲の構成と和声などの復習。僕の作ったいーかげんなイントロも付けてみました。
それで3連(DDU)のストロークをやって、同じストロークをアップから入れるとインチキなタヒチアンができるあたりの解説をしているところに、The Pineapple Boysのマッチョじゃないほうの人がやってきたもので、お願いしてなんか演っていただく。『コハラマーチ』に『ヒロマーチ』、いろんな奏法の話などしていただいて、生徒さんはためになるし僕はラクチンだし、と(笑)。ありがとうございました。

18時10分前に23号さんが「じゃあ最後に『涙そうそう』でも」って言うもので「まだ早いのになあ」と思ったら、開始時刻からちょうど60分を数えていたらしいんだな。律儀なことです(僕は気にしていないのに)。

2. 生徒43号さん6回目。
失敗したなあ、クール最終回であるのを失念しておったわい。幸い継続してくれるようだからまだよかったようなものの、どうも迂闊でいけません。

チューニング後に、今日は「きれいな音」大会の心算でいたのね。それでいくつかお渡ししてあった譜面(『亜麻色の髪の乙女』、『勝手にシンドバッド』、『風になりたい』ってあたり)のコードワークを弾いていただいたら、けっこう練習してきたらしいな、発音もかなりよくなっているしストロークもいろいろ工夫してあってたいへんよろしい。というわけで左手の指遣いを少し診てから、単音もちょっとやっとくかってんでてきとうにin Cのバンプなど指導、人差し指残しをちょいと入れてこれは宿題。

終了後、大暴風雨のなか43号さんと禁酒の話などしながら新宿まで歩いて(「じゃあ飲みに行きますか」とか言うなぁっ)、解散。

今日の銀盤:

PastelのCDジャケット。 中野のTSUTAYAまで行って自分のCDを捜してみたのだが、無ぇだろうと思ったら案の定、無ぇ。うーむ、病床の母が「看護婦さんにあげる」っつってるんだけれども、まさか違法コピーってわけにもいかないしなあ。ルミネのHMV(だっけ)にもなかったし、明日は高島屋と新星堂って感じか。

別段印税とか入るわけでもないし、売れなくても構わないっちゃ構わないのだが(なんつーことを)。


Ukulele Flea XmasのVCDをあげた生徒さんから「再生できませーん」というお便りが届く。うむ、DVDプレイヤがなくてPCがショボいと苦しい、かもしれない。というか、僕ん家でもときどき再生がひっかかることがあってですね。まあしょうことあるまい。

こんど音だけ取り出してCDにでもしてあげましょうか。


晩飯は中野丸井上のさぼてんで「梅しそカツ定食」。

明日は、
禁酒続行(続行ったって3日間やんけ)。
中野で野暮用、レコード屋巡り後に病院。

2004年09月05日 00時19分59秒


2004年9月3日(金曜日、センセとか)。


てきとうに起きて、と。

なんでか四谷の弁護士事務所さんまで出向いて、秘密ミッション。ってゆーか、なにしてんの俺。

でもまあ、刑事訴訟法は趣味だったりするのでお話をしていて楽しいことは楽しいのだけれども(民事のほうはさっぱりで、エコノミカルなことにはものすごく疎い私は貧乏しているのでした)。


今日のセンセー!:ダボー。

1. 生徒49号さん1回目。
てっきり生徒35号さん14回目の心算で準備して行ったら、ぶっちゃけ「違うサトーさん」だったんですね。あーびっくりした。というかなんの準備もしていなかったのでちょいと焦っちゃったりなんかして。つうか大丈夫なのかこのセンセ。

さて方針の定まらないまま、初回とて「ふだん弾いているもの」を聴かせていただく。
ジュニアの『Kaanapali Sunset』のソロというのがあって、これは僕よく判んないので措いといて(ぉぃ)。
The Beatlesの『Something』のハワイアンっぽいバージョンというのが歌つきであって、こちらはけっこう達者なのだけれども、ボイシングを少し診てからストロークをちょっと入れてみて、いきなりストローク方面に走り去る私たち。

それで、もともとけっこう軽いストロークで弾ける生徒さんなのだが、ダウンミュートを入れる関係から親指アップを指導してしまう私(だって、親指アップにしかなりようがないんだもん)。生徒さんとしては「松本ノボルさんが親指アップでしたよね」との由にて、お? 素人じゃねえな(笑)、って感じか。

というわけでDDUは入れて、ンチャキとダウンミュートも入れて、「アップの4本指」も演ってみたら「そういう曲芸みたいなのはいいです」って言われたのだけれども判ってねえな(できる限りのバリエーションは仕込んでおくべきなんだ)、なんてことは言わない(演りたくないとおっしゃっていることまで教えることは、できない)。あとハイコードもちょいと演って、と。

お預かりしているMDの『The Road will be Never Ends』は、10月に予定されているどなたかの結婚式用ということで、次回までに譜面を作っておくこと>>私。

2. 生徒40号さん5回目。
なにしようかなと思っていたら、生徒さんがカリキュラムを決めてきてくれていました。らくちん。

まずは『北の国から』(だっけ?)のテーマで、持参の(出自不明の)タブ譜がどうやらLow-G用なのは委細構わずに、てきとうにボイシングなど直していって、と。やっぱりアレンジ譜には記名すべきだと思うのだけれども措いといて。それで五線も読める生徒さんなのでちょっとメロディ譜も書いて、このへん宿題だな。

それから『上を向いて歩こう』(in C)のストロークで、発音をちょっととストロークですね。

僕からの提案で、たぶんご存知であろう『What a Wonderful World』と『大きな古時計』のソロ譜は書いておくことにして、本日終了。

なんでか生徒36号さんがいらしていたもので、校長先生とかと一緒に軽くビールなど。

明日は、
中野で支払い。
あと病院。

17時からセンセのダブルで、
生徒23号さんの26回目(多すぎ!)は、どうしましょう。とりあえず「ありものの譜面」でいろいろ弾いてみていただいて、指遣いのパターンを崩す感じか。それと「ブルースの6‐7往還」があるな。
生徒43号さん6回目は、曲はなんでもいいから「丁寧な発音」をテッテ的に仕込むつもり。

それで明朝から72時間の禁酒。10,000円賭けているので(って誰が仕掛けるんだそういうの)、マジやらないとヤバいス。いまのうちに飲んでおかんと(違うってば)。


2004年09月04日 02時32分33秒


2004年9月2日(木曜日、寸借詐欺)。


今日の病院:

というか、病院にいただけだな、今日は。
  • 母は今日は「立って歩いて」いました(上の階までお散歩に行ってみた)。おかげさまにて。
  • それで「自分でできることは自分でさせる」方針の長男(俺だ)は「あんたは冷たい」とか言われているのでした。自分だって姉(僕の伯母)の看病のときには同じ方針を採っていたくせに(笑)。
  • 病院隣のサントク(スーパーマーケット)でプリンとかアイスクリームとかバナナとかお買い物しているところで、P子(園田さんではない)からメールで、病院内のレストランにいるとの由。お義母さまが今日手術なのだそうです、お大事に。
  • というわけでサントク後に松本楼に行ってみたけど、P子いなかったなあ。まあ俺も西川Tシャツ(バナナ)だったから会えなくて正解だったかも(苦笑)。
  • デイルーム(休憩所みたいなもん)のマンガはだいたい読破。『ゴルゴ13』、『がんばれ元気』、『子連れ狼』といったところ(女子医大のデイルームは趣味がいいことが判る)。こんど見川鯛山か織田正吉でも寄付しておこうかしら。

今日のセンセー!:教えたわけじゃないんだけど。

  • 生徒さんからのメールに「X'mas」とあったもので、訂正指導しておきました。
  • 生徒さんからのメールに「人間ドッグ」とあったもので、訂正指導しておきました。
  • 『Ukulele Flea Xmas』のVCD(まさぜん作)を増刷しておきました。
    中身は俺講座、綾乃ちゃん、18号さん、6号さん、まさぜんと成田山新勝寺、俺のソロといったあたり。
なんのセンセなんだ、いったい。

あとなんか食べて、と。

明日は、
15時くらいに野暮用で四谷へ。これで遅刻したら>/りび<だぞ(笑)。

18時からセンセーのダボーで、
生徒35号さん14回目は、「きれいな音を出す特集」で決まり。譜面は「ありもの」でいいや、なにを使っても構わない。
生徒40号さん5回目は(前回は熊来襲でウクレレ弾いてねえんだよな)、とりあえず知ってる曲のアンケートをとって、コードワークをいろいろとしてみたいような。お稽古の言語は英語で、と。


2004年09月02日 19時42分49秒


2004年9月1日(水曜日、センセーたるんでます)。


今日のセンセー!:生徒46号さん2回目。

センセー
また遅刻
です。

言い訳する気もしねえや(ヤケ)。

というわけで恐縮しながらですね。気を取り直してですね。ふう。まずは『カイマナヒラ』のソロで、単音の弾き方をちょいと観て、と。主として左手の「人差し指残し」ですね。というか、せっかくのカマカなのに音に愛想がないのをなんとかして、と。あとはハイコードのスライドで「親指残し」もちょっと演って、あとは『Over the Rainbow』のソロも愛想と指遣いをちょっと入れて、と。

いかんなあ。次にセンセに遅刻された生徒さんには、お詫びに特殊プレゼントを進呈します。ふんまにもぅ。


今日の病院:

センセ後に新宿三丁目まで歩いてから都電に乗って、曙橋からたらたら歩いて病院へ。いやあ、人間って回復するもんだなあと思って安心する(別に心配してないけど)。

それでまあ本人も安心したのかなあ、梨とか剥かされましたよ。この作業何年ぶりだろう、ふだんは到来物の梨とか林檎とかがあると人の家に「お持たせ」にして、先方で剥いてもらうというのを常套手段にしているわけなのだが。

そして病人を甘やかさない私は(「痛ぁい」「生きてる証拠っ!」)晩飯の手伝いでベッドのキャリーアップなどしてから帰宅するのでした。


今日のお買い物:

大江戸線の若松河田から新宿西口駅に出て、ヨドバシカメラへ。
  • エーワンの名刺用紙、
  • CD-ROMのメディアを40枚ほど、
  • USBハブ(4口)、
といった感じ。お勘定は2回に分けて、先の2つを買ったポイントも合わせて、後者で使い切る。というか、俺のヨドバシポイントカードって誰だったかにノミシロ代わりに渡されたものなので、いいかげん自分の名義にしたかったのよね。
帰りがけに、東中野ライフへ(またかよ)。
  • 缶詰の烏賊、
  • 高野豆腐、
  • ミョウガ、
  • エシャレット、
  • できあいのサラダ、
  • 小分けのヨーグルト、
といった感じ。調理意欲がまったくないのが判りますね。

今日のイチャモン:

23時からのTBSのニュースの予告で「アタマヤマが噴火しました」って言うものでものすごく期待して眺めていたのに、単に「浅間山」やんけ。騙された(私の聞き違いですね)
某さんと話していて、「今回の『サンダーバード』を「実写版」というのはおかしい」という意見を頂戴した。そりゃそうだ、オリジナルも「スーパーマリオネーションの実写」なんだからな。

どうすっかな、「人間版」というのも曲がないし、この際だから「肉版」でどないや。


その『サンダーバード』なんだが、まずペネロープ号がフォードだというのが気に入らない(だからたぶん本編も観ない)。英国貴族がアメ車に乗るかよっ! ペネロープつったらロールスロイスに決まってんだろうに。

小説のほうの『ペーパームーン』で、一山当てたアディーがタクシーの運転手に「リムジンだったら何にする?」って尋ねるシーンがあって、運転手が「アメリカ人ならキャデラックだね」って言うのだ。ジョンブル魂はどこに行ってしまったのか、イギリス人は恥じたほうがいい。


ニュースを眺めていたら、小学校では有事の際に子どもらに「助けてぇ」と叫ばせる訓練をしているのだそうな。
そういうときの基本は「火事だぁ」だと思っていたのだけれども。
カミロ・メヒアさんの話で、ひとつだけ浅薄に。

仮に戦時中に戦場で実働部隊に属しているのならば、「個人の判断」や「感情」なんてものはクソだ。


今日のメジャーデビュー:

というわけでサンプル版を頂戴してきたのだが、念のために調べてみたらゼクシィにもキングレコードにも当該版の記載なんかありゃしない。通りがかりのHMVにも無いし、ひょっとして松本さんの冗談なのかなと思っていたところが、こんなところにありましたな(トラックで言うと10〜12が僕)。

どうやらCD本体は実在するらしいけど、印税契約はないから買わなくていいですよ(なんつーことを(笑))。



明日は、
朝から病院。

2004年09月02日 00時51分02秒




2004年8月。

「でたぜん」のトラフィック。
ここのトラフィック。

2004年09月01日 ひまな午後。

get to:       りびけんの国!   ウクレレ天国!   でたぜん!   BBS   納戸   西川