徒然草むしり(2004年10月)。

徒然草むしり。

毎日更新されると思ったら大間違い。
本当のことが書いてあると思ったらもっと間違い。

since from Jul.16,2002.
get to:       りびけんの国!   ウクレレ天国!   でたぜん!   BBS   納戸   西川  

こんなもんで(10月7日)。

とりあえずexciteにブログを作ってみました。
使い方とかよう判らじ。


閉鎖だ閉鎖っ(10月5日)。

YAHOO!にサービス移行するってんで黙って手続きしてやりゃあ、maxが2,000字じゃあ俺の日記は入らないんですよ(勝手にそんなこと決めてんじゃねえよ>>YAHOO!)。

どこかに場所を捜してブログでも始めますんで、しばしお待ちを。よろしくお願いします。


2004年10月4日(月曜日、びょういん)。


ミルカツ弁当。 朝9時起床。また『24』観ちゃったもんで、眠いス。

朝、オリジン弁当の「ミルカツ弁当」。ちょっとだけお仕事。


今日の録音企画:

遅々として進まぬオリジナルCDは措いといて、生徒さんに配る用のプライベート録音を考えていたりなんかして。そうさのう、教材にしている譜面をいくつか録音しようってな感じ。
  • Crazy G、
  • カイマナヒラ、
  • 涙そうそう、
  • GODZILLA、
  • Over the Rainbow、
  • Smoke on the Water、
  • Pua Lililehua、
  • 島唄、
  • 鬼太郎、
  • Over the Rainbow、
  • 亜麻色の髪の乙女、
  • What's a Wonderful World、
  • Five Foot Two, Eyes of Blue、
ってな感じ(順不同)で、あとはライブ録音(コーヒー・ルンバとか)とか唄モノとかをいくつか足して、と。CDを発行するのがこうまで気楽になろうとはなあ。

これ、私的利用でOKなのかなあ。OKなんだと思うんだけどなあ。


今日の病院:

本人よりも周辺がどきどきしていた化学治療なのだが、心配したほどのこともなく順調。

午前中は弟が病室に詰めていたのだが、掃除のおばさんに「ウクレレの人の弟さんですか」って言われたのだそうです。おばさん、ときどき扉の前で立ち止まって僕のウクレレを聴いているのだそうで、母の病室の前だけ妙にきれい。


昼、近所のサントクで買ってきた炊き込み握りのセット。マツタケの切り身が乗っていたので、母に1枚お裾分け。あとお昼寝を少々、ウクレレを弾くこと3時間ほど。

今日のお買い物:

夕食のあと、新宿のさくらや経由で帰宅。
東中野ライフで、今日は牡蠣のクリームソース仕立てって感じで材料を揃える。
お向かいの古本屋さんの「百円コーナー」でビデオが投げ売りされていたもので、3点ほど購入。
『ラストサマー』
雨後の筍の如く湧いてでた『スクリーム』みたいな映画のなかでは、まあまあ。
格別に面白いというわけではないのだけれども『パフィー』のサラ・ミシェル・ゲラーも出てるし。
『極道戦国志 不動』
監督が三池崇史で主演が竹内力(と谷原章介)で、人がドカドカ死ぬ映画。
『メジャーリーグ2』
「1」は好きですよ(チャリ君のリリーフシーンはいつ観ても泣ける)。「3」は無かったことにしても、「2」はそれなりに面白い。
これで300円。

今日のイチャモン:

その古本屋さんの書棚にあった金子光晴のエッセイ集も買いたかったのだが、たいした厚みもない文庫なのに500円もするので断念(びんぼう)。定価も800円くらいするのでしょうがないのだが、どこでそんなにお高くなっているのかがまったく判らないのでした。『落下傘』とか好きなんだけどな。
唇でふれる唇ほどやわらかなものはない
素敵でしょ?

ちなみに、俺が詩集できちんと読んだことがあるのは金子光晴と田村隆一と谷川俊太郎くらいか。共通点? けっこうエロい。でも読んでるといろいろ総動員せにゃならんのが疲れるので、ずいぶんながいこと読んでない。


詩つながりで、歌詞。

たとえば『Close to You』(カーペンターズのほう)なんかはとってもよくできていると思うのだけれども、ビートルズとか『ボヘミアン・ラプソディ』なんかはなに言ってるのかまったく判らん。たぶん「韻の踏みすぎ」なんじゃないかと思うのだけれども、そういうのが高級っていう時代があったのかなあ。

さいきんの日本の歌謡曲もそうだ。こっちは別に韻を踏んでいるわけでもなくて、「あとうた」だとこういう悲惨なことになっちゃうのかなあ、なんてときどき思うの。

好きなのは、

上野発の夜行列車降りたときから、青森駅は雪のなか
とかね。東京から冬場に傷心のまま東北本線に乗って、青森もやはり冬でしたってなことが23字で表現されていて素晴らしい。
ジンギスカンの霊廟なるものが発見されたのだそうな。源義経同一人物説(高木彬光が証明していたような記憶がある)の証拠でも出てこねえかなあ。楽しみなことです。
義経つながりで、先日どっかで(たしかライブドアの話だったような)「ほうがんびいき」って発音してみたら、「ちかごろは“はんがんびいき”って言うんだよ」って言われた(そんなにマジな言い方でもないが)。そんなもん、九郎判官は「くろうほうがん」に決まっておろうもん。
ライブドアつながりで、やっぱり楽天よりはライブドアだよなあ。というより、ナベツネライクな覇権主義に異を唱えるのならばライブドアを応援するよりないではないか。

そのライブドアの社長がベスト・ジーニストってのは、いいギャグだと思う。この余裕だよ。


夜、予定通り牡蠣スープ。摂取時に塩追加ってのが間抜けだがだいたい成功。

明日は、
昼間は病院。なんでかウクレレだけがどんどん上達していく(することねぇんだもん)。
そうだなあ、Ebmの『'Round about Midnight』の譜面をマジでテンション入れて書いてみて、ウクレレ用に転調してみるって感じか。レンジで考えるのならばGm、開放弦を活かすならAmってところかな。
余裕があったらあと『Misty』もやりたい。こっちはin Fだな。

18時からセンセーのダボーで、
生徒48号さん3回目は、なんか『いっぽんばし にほんばし』のイントロを入れ忘れていたのをちょっと演って、あとはなりゆき。
生徒52号さん1回目は、まあ白紙だな。自宅のウクレレをご持参なさると仰っていたのだが、なにが出てくるのかお楽しみ、と。


2004年10月05日 01時05分38秒


2004年10月3日(日曜日、おそうじ)。


ボブ・グリーン『アメリカン・タイム』読了。
『りびテツ』と『りびけんU.S.A.』の増刷、各5枚。

あとマジお掃除。
新パソコンでテレビを観られるように配線をやりなおしてみたら、単機能テレビが映らなくなってしまいましたとさ(笑)。アンテナの分配器とケーブルを1本買ってこないと。

ついでにビデオ『私が耳になる』(聴障の両親を持つ娘さんの、阪神大震災のときの話)を観る。ほんとは聴覚障害があると避難できない、弁当が貰えない、水が入手できない、トイレの場所が判らない、いろいろあって死んじゃうとか艱難辛苦は数多いものと思うのだが、人情ドラマなのでそんなこともなく。いやまあいいんですけど(作劇としてはいいんですけど、ですよ)。


東中野ライフでお買い物。
  • 牡蠣(加熱用、今期初)、
  • パセリ、
  • モロヘイヤ、
  • ベビーコーン、
  • 牛乳、
  • 無化調コンソメ、
  • もずく、
  • はんぺん、
  • クッキングペーパー。

晩、牡蠣のミルクスープ。
  1. 鍋のミルクにコンソメと塩と胡椒と牡蠣を放り込む。
  2. 煮立ったら灰汁を取って、ベビーコーンを放り込む。
  3. 落ち着いたところでパセリとモロヘイヤのザクを放り込む。
  4. 失敗していないことを祈りつつ味をみる。
  5. 小麦粉を塩と生卵で溶いて、小分けにして放り込む。
  6. 小麦粉成分が固まったらできあがり。
今日はぐうぜんうまくいったな。あと、「イワシ缶にウコン」とか「カシューナッツ」とか「くきわかめ」とか。

明日は、
病院。化学治療2回目の初日。

2004年10月04日 03時36分19秒


2004年10月2日(土曜日、でらしね)。


けっきょく『24』観ちゃったよ。眠い。

朝、てきとうに起床。カシューナッツと松の実とコーヒー。あとお仕事。


夕刻から晩御飯のお買い物に出て、東中野のライフの前で「ここから大江戸線に乗ると病院がすぐだなあ」なんて思って、古本屋さんでブルーバックスなど買ってから病院へ。

病室でお茶など飲んで、母の入浴の留守番などして、パシフィックリーグのプレーオフを眺めてから東中野へ戻ってお買い物。

  • 安売り(4割引)の冷凍麺(讃岐うどん、カレーうどん、ラーメン)、
  • 安売り(10個で99円)の玉子が売り切れていたので、6つで197円の玉子、
  • 鱈の切り身とキノコと春菊と豆腐とシラタキ、
  • カシューナッツ。
はい、晩飯は鱈ちり。

今日のイチャモン:

思い出したときにシャブ中の発作のように書いておくと、なんで消費税って累進課税にできないのでしょう。現状でとくにマズいことも思いつかないもので、どなたか反論していただけまいか。
そこここで「赤い羽根共同募金」を見かける。尼さんが募金を呼びかけているのだが、カソリックならシスターだけど、プロテスタントではなんてお呼びすればよかったのか思い出せない。お尋ねすればいいのだろうけれども聞けば聞いたでなんぼか寄付するのが人の道なのだろうし、でも赤い羽根なんか付けたくないし。もちろん「寄付したら羽根をつけるのが義務」であることを虞れているのでした。
そういえば政治家の寄付行為は禁止されていた筈だよな、なんて毎年この季節になると思う。
でもテレビに出てくる政治家がみんな赤い羽根を付けているような気もする。

調べてみたら、「寄付先の事務所が自分の選挙区内にあったら違反」らしくて、ということは比例区選出の議員は赤い羽根共同募金に寄付してはいけない、のではないかな。誰かみつけたら告発してみようと思う。


例の「子猫埋葬事件」について、
  • これだけ堂々と違法行為をカムアウトしておるのに、いっこうに司直の手が僕に及ばない。日本の治安はどうなっているのだ(嘘)。
  • 会う人ごとに「てなわけで、死体を埋めてさ。わざわざ桜の木の下に」っていうギャグがなかなか通じていないように思う。現状で笑ったのは元締ひとり。
  • その埋葬なのだが、たぶん50センチくらいは掘ったように思うのだが、あれくらいの深さで良かったのかしらん。いちおう油紙だのなんだので包んでおいたのでそんなに問題(獣禽による掘り起こしとか、腐敗臭とか)もなかろうとは思うのだけれども、自信がない。いいのかそんなことで(よくない)。
このあたりは区の管轄なのだろうと思うのだけれども、中野区のサイトはリンク切れでしてな、ふんまにも。
なんかの映画を観ていて「organism(オーガニズム)」の日本語訳って「有機体」でいいのかなと思ってネットを漁ってみて。あの、エロ系のみなさん、すごく邪魔なんですけど。みんな「オーガニズム」と「オーガズム」を混同してるんだもんなあ。

まあ、「ジェネリック(汎用品)」と「ジェネティック(遺伝子操作系)」をこないだまで間違えていた俺が言うことでもないのだけれども。マジで「ジェネリック医薬品」を「危ないものを売ってるなあ」なんて思っていました(恥)。


今日の鱈ちり:

鱈はアメリカ産のぶつ切りで、塩して置いといてからラップしてレンジで2分。
あとは鍋にダシをとって茹でて灰汁を掬ったのだが、やっぱりダシなんかとらないほうがいいのかなあ。

豆腐とシラタキとヤマブシタケとマイタケなど放り込んで、茹だったところで汁ごと酢醤油でいただく。まあそこそこ。


明日は、
おかたづけ。

2004年10月02日 23時29分45秒


2004年10月1日(金曜日、左手に告げる勿れ)。


昨晩は夜道を歩いていて、近所で子猫(ちょっと顔見知りだったりする)の轢殺体を発見しちゃったんだな。
道の真ん中に血の海、少し離れたところに子猫の死骸。そんなにひどい状態ではありませんでしたが、とりあえず間違いなく死んでる。

ほっといてももちろん構わないのだが、いちおう自宅から古新聞をとってきて遺骸をくるんで、油紙で表装して、さて翌朝の「燃えるゴミ」に出したもんかなあと思って知り合いの女の子に電話してみました。

埋めれば?
墓標。 正論である(違法だが)。大家さんのスコップを勝手に借りて、午前1時から近所で(わざわざ桜の木の下に)穴を掘っている不審なサングラスの男。俺だ。線香代わりにタバコを1本立てて拝んで、火が消えるまで眺める。

翌日のお昼に様子を見にいってみたら、なんとタバコの灰が吹き飛ぶこともなく屹立しておりましたな。ちょっとびっくり。


朝、コーヒーとカシューナッツ、豆乳とヨーグルトとヤクルトと牛乳。

なにかが偏っている。あとやっとお洗濯。


というわけで昼、病院の売店で「健康を考える人の弁当」。あ、昨日と同じだ。

今日のお仕事:お問い合わせ

はるばる北海道から、テープ起こしの納期と料金についてお問い合わせ。
××社の方のご推薦では,りびさんのお仕事が非常に正確で速かったと伺っております。
こう言われちゃったら請けないとねえ。納期のほうはそんなには動かないのだが、料金のほうはこれこれならこうこうでけっこう安くあがりますぜ旦那旦那、みたいなお返事をしておく。せっかくなので、できればちょっと実力を見せておきたいところではあるなあ。

金儲けしようよ>>俺(憫笑)。
というか、俺がとっても腕のいいPCオペレータであることを誰も知らない。アピールしてないから無理もないのだが。


今日の動線:

野暮用の山。
  1. 家から東中野まで出て、総武線で中野へ。野暮用。
  2. 中野から総武線で代々木へ。野暮用。
  3. 代々木から大江戸線の都庁前経由で若松河田へ。病院(まあ野暮用のたぐいだな)。
  4. 病院から曙橋まで歩いて、都営新宿線で新宿三丁目へ。野暮用。
  5. 三丁目から徒歩で三越経由、Franc francを左折して小田急線を越えて代々木へ。センセ。
我ながらよくできてるんじゃないかな。
病院でお弁当を使って、4時間くらいもいたかな。今日は廊下に「素敵なハンドルのついた点滴スタンド」を発見したので、ハンドルだけかっぱぎってきて交換しようかと思ったのだが果たせず。はい、見舞いのなかに犯罪者がいまーす。

週刊誌など読みながらウクレレを弾いていてだな。母になにか尋ねられてウクレレを止めたら、看護婦さんが「あら、CDかと思っていたら弾いてたんですね」って。また褒められました。というか、ふつう見舞いに来て病室でウクレレ弾いている奴ぁおらんというだけの話なんですけどね。


今日のセンセー!:20時半から生徒50号さん2回目。

とりあえずお渡ししておいたバンプの単音とコード(in C)がどうなったかなあと思ったのだけれども、そんなにはどうもなっていなかったなあ。

それ以前に、チューニングからけっこう問題が山積していることが判ってですね。次回あたり、科学の力を借りてのチューニングをご紹介することにしてみました。


バンプの単音は、なんか左手指の入り方がヘンなんだよなあ。生徒20号さんにも似たような齟齬がみられたのだが、解決できていないあたりはセンセがヘタクソ。運指はきっちりやって、あとは音がちゃんと出るようになってくればそのうち楽に弾けるようになるとも思うのだけれど。

コードストロークはアップダウンの3連を演ってみたのだけれども、どうしてもタタンタタンになっちゃうんだよなあ(演りたいのはタンタタンタ)。

  • 「フサエフサエフサエフサエ」の「フサ」がダウンで「エ」がアップ、とか、
  • 要するに「音頭」です、とか、
  • ダウンを思いっきり振り抜いてみましょう、とか、
とりあえずいろいろやってみました。

ついでに左手の油抜きということで、『花』のコード譜(in C)をお渡ししておく。


コードネームにあるメジャーとかマイナーとかについて、
音が高いとか低いとかいうことなんですか?
という質問が出たもので、「そういうことではありません」と断言しておいて『昭和枯れすすき』と『サザエさん』をそれぞれメジャーとマイナーで歌ってみせて、と。

詳しくは説明しませんでした。演奏するよりさきに知識だけあってもマジしょうがないし、どっちかというとウクレレはクラスターで考えたほうが面白そうな気もしているし(クラスターを学んだことがあるわけではない。勘です)。Dmが8550なんていうのは典型的でしょう、たぶん。そういう場合に「3度がどーした」なんてのは細かいことです。


子猫の死体以外のさいきんみたもの:

  • 東中野ギンザ通りを闊歩する500gくらいありそうなガマガエル、
  • 家の前にいた番いのスイッチョ、
  • 秋茜、
  • これも番いで飛んでいたアゲハチョウ、
すっかり秋ですね。

今日は大江戸線で帰宅して、煮物とか豆とか。

え? 『24』のセカンド・シーズンが今日から? まいったな、ファースト・シーズンを深夜放送で全部観ちゃったもんであの頃かなり寝不足だったんだよね、俺。でもあのオチで次回って‥‥。うーむ。


明日は、
お仕事。

2004年10月02日 00時51分53秒




2004年9月。

「でたぜん」のトラフィック。
ここのトラフィック。

2004年10月01日 ひまな午後。

get to:       りびけんの国!   ウクレレ天国!   でたぜん!   BBS   納戸   西川