光の帝国、特設ページ。
光の帝国  1954年
 
あ、マグリットが、光の帝国と一緒に写ってる。
マグリットのコメント。
”I have reproduced different concepts in The Empire og Lights, namely a nocturnal landscape leads us to think of night, the sky of day. In my opnion, this simultaneity of day and night has the power to surprise and charm. This power I call poetry.”
 

参考までの日本語(誤?)訳
 

「・・夜の風景は、私たちにこの絵を夜だと思わせ、空は昼間だと思わせる。この昼と夜の同居は、人を驚かせ、魅了する力を持っている。この力が、私が詩的と呼ぶものなのである。」

光の帝国は、一枚だけではない。
小さいものは、クリックすると大きい絵が見られます。
1948年
1953年
1967年
マグリットの遺作。
未完のままである・・

光の帝国、逆バージョン
神の客間
 
うわ、なんか小さくて見えない・・という人は、クリックすると大きい絵がみられます。
 
 
マグリットは、夜の空の下の昼の風景を描こうとしました。よく考えるととっても恐ろしい風景ですね。想像してみてください。明るい昼の町なのに、上を見上げると真っ暗な空が・・・。ああ恐い・・
 
 

戻る 
ホーム>>マグリットトップ傑作と空>光の帝国特設ページ