日本映画界の映像の魔術師

大林宣彦監督はCMの世界で活躍していましたが
昭和52年HOUSE ハウスで映画監督デビュー。
その斬新な映像が新鮮でした。
冒険的な映像が多い人です。

故郷・尾道に対する愛着が強く
尾道を舞台にした映画が何本も撮られています。
「尾道三部作」と「新尾道三部作」があります。

忘れていたものを思い出すような
優しさに包まれたノスタルジィのある映画を撮る監督です。


目次   

大林宣彦映画年表
 
●作品紹介

●姉妹HP
 映画界の風雲児・角川映画
 日本映画の世界

このHPは「懐かしの昭和の思い出」の番外編です。

懐かしの昭和の思い出」制作委員会
       NAT-SHOW Project