オレンジ星 (699 バイト)ふぁいるその31600こちら情報部の巻オレンジ星 (699 バイト)

HOME懐エピQ&A恐怖編アイドル闘魂こども教育リンク集掲示板60〜80年代↓next↑back

司会の「帯 淳子」さん… 番組のキャラ、猫の「ロクジロー」…


『600こちら情報部』の序章〜出演者…

600こちら情報部…と言う、こども情報バラエティ番組は、その前番組であった『NHKこどもニュース』のお堅い部分を排除し、1978(昭和53)年4月3日〜1984(昭和59)年3月16日までの期間の毎週月曜〜金曜日・PM6時〜PM6時25分に、NHK総合テレビで、生放送にて人気放送されておりました…。司会は、男性なのにおかっぱっぽいヘア〜で…ある意味?子供心に少し気持ち悪かったんですけれども?…そのヘア〜スタイルがミョ〜にツボで?…ブラウン管から優しさがにじみ出ている感じが、たいへん好感心地もよかった〜鹿野浩四郎お兄さん下記、「鹿野浩四郎」さんのご親戚の方からのお手紙を参照帯 淳子お姉さん「おびじゅんこ」〜本名「帯刀(おびなた)淳子」…昭和30年1月6日東京生まれ、昭和50年に玉川大学文学部芸術学科を中退し、ヤマナカプロモーションに所属…。大学在学中から青森放送のラジオ番組『ビバ・サタディナイト』のDJを担当し、一躍!東北地方のアイドルとなる…。テレビ番組には、昭和51年にTBS系のワイドショー『奥様8時半です』の「ザ・スクープ」のコーナーのレポーターで、テレビ初出演!…。以後、NHKの『日曜家族スタジオ』や『こども面白館』などに主演後、『600こちら情報部』のアシスタントに大抜擢されたのでありました!(『600こちら情報部』出演決定当時の「帯」さんのコメント〜キャスターの鹿野浩四郎さんの邪魔にならないよう、明るくやりたいと思います…楽しい番組が出来る様、全力投球したいですね…)…。後、『なるほど・ザ・ワールド』の初期レポーターを勤めていられた事でも有名で?…「帯」さんはその当時、たいへんレポ〜タ〜業に命を掛けられており?…現地の人が「帯」さんにおもてなしを?…と、出してくれた、ハエがビッシリ〜たかっている食べ物を、残しては現地の人に失礼だ?…と、この世の物とは思えない異様な食べ物を美味しそうに食べた〜などと言うプロ根性?の持ち主でもあります…。その他にも『もしもあの時』、『新・自由学校』、『いちばん星』、etc…などの女優としてのドラマへのご出演もあり…。余談ですが、少林寺拳法の免許も持っておられるとの事…。未確認情報ですが?現在も細々とタレント活動をしてられる?…との事なのであります…の名コンビ!(鹿野さん!帯さん!もし偶然にも当サイトをご覧になられていられるようでしたら?…是非!お元気なご近況などをこっそりと当サイトまでお教えくださいませぇ〜?…と、密かに?お待ち申し上げております!…笑顔)…。…それから、名前は、ちょっと忘れましたが、「〜ざえもん」?(皆様からの情報提供により田畑彦右衛門さん…と言うお名前だと言うことが後日、判明致しました…)とか言う名前の「鈴木・気配りのすすめ・健司」さんの弟分の様な番組御意見番で笑顔の「うんちく爺さん」の存在?…。後、『600こちら情報部』のマスコットキャラクタ〜でもありました赤い海賊衣装の猫のロクジローなどが毎回〜毎夕に、人気登場しておりましたですよネ…。

「鹿野浩四郎」さんのご親戚の方からお手紙を戴きました…

はじめまして。私は『600こちら情報部』のメインキャスターだった「鹿野浩四郎」の甥のものです…。叔父にも、教えてあげたいと思います…。いまから20年前位の番組の事で、こんなに私もハッピイになれた事と、叔父の偉大さに(笑)改めて良かったと思っています…。『600こちら情報部』と叔父の事を話ますと?…叔父は小さい頃から子役として東映の映画や『少年探偵団』などのテレビ番組に出演していたと聞いた事があります(私の父に叔父のその当時の写真を見せてもらった事があります)…。そして『600こちら情報部』のメインキャスターには、確か2千人の中から選ばれたと、自慢されたことがありました…。『600こちら情報部』が放映されていた時は、私は小学生だったのもあり、友達のなかでも『600こちら情報部』の話がでるほど、人気番組だったので当時はサインをもらってきてくれ…と、よく友達等にせがまれ優越感にひたった事を思いだします(笑)…。叔父はもともと「俳優座」の出身なのでちょこちょことドラマ等にでた事もありますが、ある番組で「古谷一行」さん(友達みたい)と共演したところ、番組放映中に古谷さんから電話があり、〜おまえの演技はくさい〜と、笑いながら連絡があったことがあると、言っていました…。そしていまは、絵をかいて仕事にしています。今度展覧会がありましたらぜひ、TAKA様に連絡させていただきます…。情報提供「masaki shikano」さん・02年4月13日追記

豪華なゲストの直筆「タイトルパネル」プレゼントの真実?…

『600こちら情報部』のゲスト出演者と言うのも…今思い振り返ってみますと、たいへんモノ凄いメンバ〜なのでありまして?…ちょっと憶えているだけでも?…「YMO」、「サザンオールスターズ」、「ピンクレディー」、チカの「プラスチックス」(当時、「テクノ歌謡」路線に少々凝っていたので憶えている?…)…などが何故か?豪華にゲスト出演しておりました…。そんなある時、あるビッグゲストのご出演時?…『600こちら情報部』と言うゲストの直筆タイトルと自分達のサインを書き込んだゲスト写真入りのタイトルパネルボードを何名様かにプレゼント!…などと言う〜!NHKさんの大盤振る舞いのような?(その当時は、本当にそう思ってました?…)視聴者プレゼントとして、あったのですが?…応募当選して、実際に送られて来たのは…そのゲスト直筆サイン付きの「タイトルボード」では無く、その「タイトルボード」を撮影した写真が送られて来ていた?…と言う裏話は、たいへん有名な事実であり…「緑一色さん」からの貴重な提供情報にもあります様に、ゲストの直筆!生「タイトルボード」の視聴者プレゼントと言うのは、実際には、無かった様なのでもあります?…。

「西田 敏行」さんがゲスト出演時の「パネル写真」…『600こちら情報部』の「パネル写真」の発掘公開?…

ねこみみぱらだいすの「幼猫耳☆風」さんより、以前当掲示板上で、お知らせしてもくださいました〜西田敏行さんがゲスト出演時の『600こちら情報部』の定番でもありました!お宝パネル写真の現物が?…何と今回、たいへん保存状態もよく〜、綺麗な形で、発見発掘された!…と言う本当にめでたいご報告とたいへん貴重な「パネル写真」の画像を…今回、当HPの為に…と、ご提供をして頂きましたので、さっそく興奮アップさせていただきます〜!…。「幼猫耳☆風」さん、本当に貴重なお宝画像をありがとうございました…。情報提供「幼猫耳☆風」さん99年12月9日追記

採用されると貰えた〜「ロクジローバッジ」や「600情報部員バッチ」…

毎日毎回…番組の終わり時間頃に、はがきイラスト紹介コーナー毎週金曜日は、「なんでも相談」の後に「今週のイラスト大賞」…でこの1週間内に紹介した「はがきイラストコーナー」から大賞を決めており、視聴者の応募はがきが番組内で、採用されるとロクジローバッジ600情報部員バッチなどが貰えてもおりましたですネ…)が、本番組のお決まりの人気コ〜ナ〜なのでもありました…。

『600こちら情報部』最後に…

私達は、『600こちら情報部』と言うこども情報番組を通して…衝撃的な「ジョン・レノンの訃報ニュース」、感動的な「キャンディーズの解散前夜レポート」(ちょうど『600…』のスタート第1回目放送日が、キャンデーズ解散コンサートの前夜でした…)パソコンと言う言葉が無かった時代の「全取材!78年マイコンゲームの話題」、その当時、敵なし!のボクシング「完了!KO戦略、具志堅!」…など、いろんなジャンルの情報やニュースなどをこの番組の放送により得る事ができ、自分が何でも知っている「ものしり博士」になった様な気分で、翌日の友達とのいろんな話題等の語らいを十分に楽しめる事が出来た?…と言う、こども版の「11PM」だった?…とも思っております…。余談ですが、私自身、『600こちら情報部』の放送当時には、既にちょっとおませで生意気な「チェリーボーイ」だったので?…深夜の日テレ『11PM』の方からいろんな情報を得て、喜んでおりましたですけどネ?(笑)…。

皆様からの『600こちら情報部』関連の貴重な情報の追記…

その他にも?…ビッグ情報スターインタビューびっくり博物館こども海外特派員冬休み全国小学生クイズ大会こどもなんでも相談1日挑戦…などの色んなジャンルの人気コーナーなどが盛りだくさん!…。リポーター陣には、「福村 恵」、「高田文夫」、「星野みどり」、「小林かおり」、「中田ひろみ」、「戸田恵子」、「麻里もも子」、「黒部幸英」、「紺谷昌代」…となっていますが、「クロベエ」こと「黒部幸英」しか覚えがありません?…「ピンクレディー」などゲストスターが書く「タイトルボード」が大きく映るのも印象に残っていますが、プレゼント対象にはなっていなかったようです…この番組をみてから人形劇(PM6時25分〜6時40分)の紅孔雀(「600こちら情報部」と同じ年月日に番組がスタート!…)やプリンプリン物語を見るのが毎日の日課でした…。情報提供「緑一色」さん、「ナンジャーマン」さん99年11月23日追記

お尋ねの「〜ざえもん」は、「田畑彦衛門」(「たばたひこざえもん」)さんと言う名前です…この方、たしか番組では気象予報を担当してたように記憶しているのですが?…何年か前に「600こちら情報部の3人の司会者の今を追う!」みたいな番組が放送されて、その時、「田畑」さんは現在、どこかの博物館の館長さんをしていると言ってたような気がします…。情報提供「T.Yoshiki」さん・99年11月25日追記

「たばたひこざえもん」さんのこと…でも、たしか…「田端彦左右衛門」だったと思います…そう、「左右」の文字が入っていたと…不確な記憶ですが…。情報提供「山口ゆうこ」さん・99年11月26日追記

「600こちら情報部」、第一回目の放送(昭和53年4月3日)メニューは、「キャンディーズ解散前夜!」と「阪神の掛布雅之選手のインタビュー」でした!…。情報提供「内山」さん・99年11月26日追記

当時のNHK総合PM6時台の1週間メニューは、月曜日〜金曜日が「600こちら情報部」の生放送で、土曜日が大草原の小さな家(PM6時〜6時45分)、日曜日にレッツゴーヤング(PM6時〜6時40分)が人気放映されておりました…。情報提供「クイズ面白ゼミナール」さん・99年11月27日追記

11月25日の情報追記で、「田端」さんのお名前を間違えてしまいました…正しくは「右」の字が入り、田畑彦右衛門さんとおっしゃいます…。それから、「田畑」さんが「所長」をなさっているのは「三重県総合文化センター」である事も判明致しました…。情報提供「T.Yoshiki」さん・99年11月28日追記

「田畑彦右衛門」さんについて?…「600こちら情報部」ではニュース解説者的な役割を果たしていたと思います。その頃から局内での肩書きは「解説委員」だったのかもしれません。またNHK在籍末期は、クイズ百点満点のクイズの解説役として、司会の「大塚範一」アナ(当時)とコンビを組んでいました。偶然にもご両人とも番組終了(1994年3月)を機に退局が明らかになり、お互い驚いてらしたそうです…。情報提供「こしけん」さん・00年4月28日追記

『600こちら情報部』について…私も毎週とまではいきませんが、たまに見ていました。それから、司会の鹿野浩四郎さんですが、一番有名なところでは、映画の栗原小巻・加藤剛主演の「忍ぶ川」に栗原小巻さんの弟さん役で出演していたのを覚えています。さて、特に人気があったのは、毎週金曜日のなんでも相談というのが、面白かったです。答える先生は、歴史学者の樋口清之先生。放送作家の塚田茂さん。(フジテレビの番組に多くかかわっていましたね。今風で言うと、秋元康さんと思って下さい)それから、今では考えられない、ミュンヘンオリンピックの男子バレーボールの監督松平康隆氏。今も雑誌のが存在する。サイエンス編集長餌取章男さん。医学からは、隔週で、田村英子さんと山口規容子さんの講師の方々です。難問珍問に答えて四苦八苦していたシーンも覚えています。それから、講師の方々を紹介するのに、鹿野さんが工夫した紹介は大変だったようです…。私がこの番組で、特に印象に残っているシーンは、二つありまして、一つは、番組がはじまったときに、プロ野球の試合をリポートした。中田ひろみさんが今年のセリーグ優勝はどのチームですかと答えたら、ヤクルトではと答えて、まさに本当になったときは、今でもビックリしています…。もう一つは、夏のリポートで戦中の学童疎開の体験を私の故郷近くの寺でやったのですが、その時の食べ物がほとんど、当時のものに再現できなかった。というのが、印象に残ります。ほとんど品種改良された結果のようです。そんな感じで、途中からは、見なくなってしまったのですが、最初頃の思い出を書いてみました。因みにレポーターの中で、戸田恵子さんは、シュムニや、声優で活躍していますね。黒部幸英さんは、その当時から人気があり、小林かおりさんは、水戸黄門で、阿里姫の役で、レキュラーとして出演されていましたね。非常に印象に残っています。また、高田文夫さんはこの番組がきっかけで、有名になったと思います。最後に話題になっている田畑彦右衛門さんについて、彼は、途中から参加したと思います。鉄道マニアの方という事が印象に残ります。それから、よく、大相撲の時間になりますと、時間が食い込みになり、その時のアナウサーが時間ですが、お子さんたちもう少し待って下さい。というのを覚えています。また、その時のグラフNHKが出てきまして、見てみたら、西田敏行のパネルも紹介されていまして、改めてビックリしています…。情報提供「鴨志田智啓」さん・02年4月15日追記

制作著作NHK

当ホームページで使用している画像や個人情報データなどの著作権は、すべて、それぞれの原著作権者に帰属し、無断で、商用や営利目的などでの二次利用や転用使用する事は厳禁されています!…。


HOME懐エピQ&A恐怖編アイドル闘魂こども教育リンク集掲示板60〜80年代↓next↑back

copyright(C)1998 禁断のハイブリッドマニアック
Takashi Hada all rights reserved.