大聖堂巡礼


以前にグレゴリオ聖歌を歌っていたころがあり、大聖堂に響く歌声が忘れられません。
それで、リンク集を作りました。
背景が青色のところは世界遺産、またはその一部です。
また、フランスのソレーム修道院はグレゴリオ聖歌保存活動の中心です。


イタリア



ローマ サンピエトロ大聖堂

さすがに世界のキリスト教の中心だけある。壮大な建物で内部も豪華。地下に初代教皇聖ペトロ以来の教皇の墓所がある。ただし半ズボン、女性の肩だし(ヘソだしはもちろん)は入堂禁止なのでご注意を。(99/8)
フィレンツェ
花のサンタマリア大聖堂


白、緑、赤の大理石を使用した美しい大聖堂。この前の広場は旅行者と行商人(中国系、アフリカ系)の大たまり場。大聖堂の前の洗礼堂も世界で一番大きいのでは、と思われる建物。扉の彫刻がすごい芸術品らしい。(99/8)
ヴェローナ 大聖堂

建物はあまり印象に残っていないが、いろんな遺跡の上に建っているようだ。この町も路地のような道ばかりで、ワゴン車に毛の生えたぐらいの大きさのバスが走っている。(99/8)
ヴェネツィア
サン・マルコ大聖堂


ヴェネツイアの中心。東方からの宝物も多いがそのたびに拝観料をとられる。ヴァチカン同様、入堂に際しての服装の注意書きがあるがチェックはそれほどきびしくない。
アルバ 聖ロレンツオ大聖堂 アルバノ・ラツィアーレ
聖パンクラツィオ大聖堂
アナーニ 聖マリア大聖堂
アスコーリ・ピチェーノ
聖エミディオ大聖堂
アシジ
聖フランシスコ聖堂
アシジ
聖ルフィーノ大聖堂
アシジ
聖キアラ聖堂
バリ 聖ニコラ聖堂 ベルガモ 大聖堂
ボローニャ 聖ペトロニオ聖堂 ブレシア 新大聖堂 ブリンディシ 大聖堂
カリアリ 大聖堂 カタニア 大聖堂 コセンツァ 大聖堂
フェルモ 大聖堂 フェラーラ大聖堂 ゼノヴァ 聖ロレンツォ大聖堂
イグレシアス 大聖堂 レッチェ 大聖堂 ルッカ 聖マルチノ大聖堂
マテラ 大聖堂 マントヴァ 大聖堂 メッシナ 大聖堂
ミラノ 大聖堂 モデナ 大聖堂 モンレアーレ 大聖堂
オルヴィエト 大聖堂 オトラント 大聖堂 パドゥア 大聖堂
パレルモ 大聖堂 パルマ 大聖堂 パヴィア 大聖堂
ペルージャ
聖ロレンツォ大聖堂
ピアセンツァ 大聖堂 ピサ 大聖堂
ピストイア 大聖堂 プラート 聖ステファノ大聖堂 ラヴェンナ 大聖堂
シエナ 大聖堂 スポレト 大聖堂 タラント 聖カタルド大聖堂
トレンチノ 大聖堂 トリエステ 聖ジウスト大聖堂 トリノ 大聖堂

ドイツ



マインツ 大聖堂

ローマ帝国の時代、聖ボニファキウスがゲルマン人のキリスト教化をめざして建設した拠点。それ以来、ドイツにおけるキリスト教の中心であり、赤い砂岩の大聖堂。中世では、マインツ大司教は神聖ローマ帝国の皇帝を選ぶ七人の選挙侯の筆頭であり、ドイツ中の富が集まり「黄金のマインツ」と呼ばれた。大聖堂の前にグーテンベルグ博物館があるが、彼がこの地で聖書の印刷のため印刷機を発明した、というのもうなづける。二度、訪問。
ケルン 大聖堂

訪問したのは、ケルン大聖堂建立開始750年記念の当日。ケルン駅の目の前だが、大雑踏。大聖堂の塔はさすがに登れなかった。(98/8)
ローテンブルグ 聖ヤコブ教会

ここにもティルマン・リーメンシュナイダー作の祭壇あり。また、街角は東山魁夷の絵の題材にもなっている。(98/8)
ヴユルツブルグ 大聖堂

第二次大戦で徹底破壊され復旧した教会。となりのノイ・ミュンスターは被害をうけておらずこちらも訪問の価値あり。(98/8)
フランクフルト 大聖堂

歴代神聖ローマ帝国皇帝の戴冠式の行われた教会。そのわりには規模が小さい。(95/10)
アーヘン 大聖堂 バンベルグ 大聖堂 エムデン 大聖堂
エルフルト 大聖堂 エッセン 大聖堂 フォルクハイム 聖マルチン教会
フライブルグ 大聖堂 フルダ 大聖堂 ゲッピンゲン
ファウルンダウ修道院教会
ゲルンハウゼン マリーエン教会 グライフスヴァルト 聖ニコライ大聖堂 ハンブルグ 聖ミヒャエル教会
ヒルデスハイム
聖ミヒャエル教会
インゴルシュタット 聖母大聖堂 カッセル 聖マルチン教会
ライプツィッヒ トーマス教会 リンブルグ 大聖堂 リュベック 大聖堂
マグデブルグ 大聖堂 ミュンヘン 聖母教会 ミュンスター 大聖堂
ナウムブルグ 大聖堂 ニュールンベルグ
聖ローレンツ大聖堂
パーデルボルン 大聖堂
パッサウ 聖シュテファン大聖堂 クヴェドリンブルグ
聖セルヴァティウス大聖堂
レーゲンスブルグ
聖ペーテル大聖堂
シュヴェービッヒェ グミュント
聖ヨハネ教会
シュパイエル 大聖堂 シュトゥトガルト
シュティフト教会
トリエル 聖ペーテル大聖堂 ワイマール
聖ペテロ聖パウロ教会
ウルム 大聖堂
ヴォルムス 聖ペーテル大聖堂 ツヴィッカウ
聖マリーエン大聖堂

フランス



リヨン サン・ジャン大聖堂

もともとのリヨンは中州の町だが大聖堂は中州から川を西に渡ったところの丘のふもとにある。四角い対の鐘楼とバラ窓を持つ典型的なフランス・ゴシック様式である。(99/11)
リヨン フールヴィエールの聖母バジリカ

サン・ジャン大聖堂から丘の上を見ると見事な教会を望める。この教会へ登るケーブルカーがあるが、私がいったときは運転休止。致し方なくもうひとつの路線のケーブルカーに乗る。途中駅「ローマ劇場」で下車。ローマ時代の劇場の遺跡。リヨンも古い町なのだ。ここから坂を登っていく。冷たい風が強くなり寒い。手を出していられない。教会に到着。白い大理石の外観も美しいが、内部もすてき。ただ若干装飾過剰の感も。壁面にはモザイクがあり、また緑色の大理石を使っている。床のラビリンスも真新しい。1870年に建てられたとか。帰りは歩いてサン・ジャン大聖堂まで丘を下る。途中何人か老夫婦に出会う。私のように途中からでなく下から登るのは容易ではない。でもそれが信仰というものか。(99/11)
パリ ノートルダム大聖堂 エクス・アン・プロヴァンス
聖サヴォール大聖堂
アルビ 大聖堂
アミアン 大聖堂 アングレーム 大聖堂 アラス 大聖堂
アヴィニョン 教皇庁 オータン 聖ラザール大聖堂 バイユー 聖母大聖堂
バイヨンヌ 聖母大聖堂 バザ 聖ジャン大聖堂 ボーヴェー 大聖堂
ベジエール 聖ナゼール大聖堂 ボルドー 聖アンドレ大聖堂 ブールジュ 大聖堂
カーン 聖エティエンヌ教会 カルカッソンヌ
聖ナザール大聖堂
シャロン
聖エティエンヌ大聖堂
シャルトル 大聖堂 クタンス 聖母大聖堂 ダックス 大聖堂
ラヴァール 聖母教会 ル・マン 聖ジュリアン大聖堂 リモージュ 大聖堂
ラーン 聖母大聖堂 マルセイユ
ヌーヴェル・マジョール大聖堂
メッス 聖エティエンヌ大聖堂
モン・サン・ミシェル修道院 ミュールーズ
聖エティエンヌ教会
ナルボンヌ サン・ジェスト大聖堂
ナント 大聖堂 ポワチエ 聖母大聖堂 ランス 大聖堂
ルーアン 大聖堂 サン・ルイ 大聖堂 サントメール 聖母大聖堂
サンリス 聖母大聖堂 ストラスブール 大聖堂 ソレーム修道院
トゥルネー 聖母大聖堂 トゥルーズ 聖エチエンヌ大聖堂 トロワ 大聖堂
ヴェズレー 聖マドレーヌ教会

イギリス



ロンドン
ウエストミンスター大聖堂


ここに葬られるのがイギリス人の理想とか。国家行事には常に使用。すばらしい彫刻を施した柩のやたらに多い教会である。(96/8)
ケンブリッジ
キングスカレッジ・チャペル


イギリスのゴシック式教会建築の特徴は窓の大きいこと。どうしてあのような形式が可能なのか。(98/9)
カンタベリー大聖堂 バース 大聖堂 ブリストル 大聖堂
チェスター 大聖堂 ダービー 大聖堂 ダーラム 大聖堂
エリー 大聖堂 エクゼター 大聖堂 グロスター 大聖堂
ライセスター 大聖堂 リッチフィールド 大聖堂 リンカーン 大聖堂
リヴァプール 大聖堂 マンチェスター 大聖堂 ニューカッスル
聖ニコラス大聖堂
オックスフォード 大聖堂 ピーターボロ 大聖堂 ポーツマス 大聖堂
ロチェスター 大聖堂 ソールスベリー 大聖堂 サウスワーク 大聖堂
サウスウエル 大聖堂 セント・オーバンス 大聖堂 ウインチェスター 大聖堂
ウエルズ 大聖堂 ヨーク 大聖堂
エジンバラ 聖ジャイルズ大聖堂 グラスゴー 大聖堂

アイルランド



ダブリン 聖パトリック大聖堂 ダブリン
クライスト・チャーチ大聖堂
コーブ 聖コルマン大聖堂
コーク 聖フィン・ベア大聖堂 ゴールウエイ 大聖堂 キルモア 大聖堂
ウォーターフォード
クライスト・チャーチ大聖堂

ベルギー



アントワープ 大聖堂 ブリュッセル 聖ミシェル大聖堂 ブルッヘ 救世主大聖堂
ヘント 聖ニコラス教会 トゥルネー 聖母大聖堂

オランダ



ブレダ 大聖堂 デルフト
聖バーソロミュー教会

スイス



ジュネーブ
サン・ピエール大聖堂


言わずと知れた宗教改革の大立者、カルヴィンの本拠地。内部の装飾は簡素。
ベルン 大聖堂

ベルンは川の屈曲点の断崖の上に建つ小さな町。ここの大聖堂もこじんまりとした建物。
フリブール 大聖堂

川の屈曲点に建つのはベルンと一緒。坂の街だ。ここからカトリック圏になるのか、内部装飾もベルンと比べて多い。また、この大聖堂の近くに聖像のみを集めた博物館がある。
バーゼル ミュンスター

オーストリア



ウイーン 聖シュテファン大聖堂

ウイーンのシンボル。町のど真ん中に位置する。観光用の馬車の溜まり場でもあるのであたりには馬糞がたくさん。(97/9)
グラーツ 大聖堂 インスブルック 聖ヤコブ大聖堂 リンツ 新大聖堂
ザルツブルグ 大聖堂

チェコ



ブルノ 聖ペテロ聖パウロ大聖堂 プラハ 聖ヴィト大聖堂 オロモウツ
聖ヴァーツラフ大聖堂
プルゼニ
聖バーソロミュー大聖堂

スロヴァキア



ブラスチラヴァ
聖マルチン大聖堂
コシチェ 聖アリザベタ大聖堂 ニトラ ピアリスト教会

ハンガリー



ブダペスト 聖マチャーシュ教会

ブダの丘の上に建つ。規模はそれほど大きくない。このあたり一帯、ブダペスト観光のハイライト。(97/9)
ドブレツェン 聖アン大聖堂 ケチケメート 大聖堂 ペーチ 大聖堂
セゲド 大聖堂 ショプロン 聖ミカエル教会

ルーマニア



クルージュ・ナポカ 大聖堂
(カトリック)
クルージュ・ナポカ 大聖堂
(ルーマニア正教)
ティミショアラ 大聖堂
(カトリック)
ティミショアラ 大聖堂
(ルーマニア正教)

ポーランド



クラカウ 聖母大聖堂 カトヴィッツェ 大聖堂 チェンストホーヴァ 大聖堂
トゥルン 聖ヨハネ大聖堂 ウロクラウ
聖マリア・マグダレーナ大聖堂

クロアチア



ザグレブ 大聖堂

スロヴェニア



リュブリヤナ 聖ニコラス大聖堂

スペイン



トレド 大聖堂

トレドはスペインの古都。ローマ時代からの町のようだが、ゲルマン民族の侵入で西ゴート族がここを首都にしたようだ。それをキリスト教化してここに布教の拠点を置いたものと思われる。
以降、スペイン・カトリックの総本山の大司教座のある大聖堂として今日まで続いている。
川の横の断崖の上の町で坂がやたらと多く、駅から橋を渡り坂を登っていく。大聖堂はこの丘のてっぺんにある。こような町は要害の地としてヨーロッパには多いようで、スイスのベルンなんかもそうだった。
大聖堂は壮大なものだが、特に印象深かったのは聖歌隊座席。大聖堂の中心に壁をめぐらし、前方、祭壇の方向のみがオープンになっている。会衆はこの壁の向こうから聞こえる歌声に耳を澄ませたのか。また、この聖具室にはエル・グレコ、ヴェラスケス、ルーベンスなどの名画が多数所蔵されていて、ヴァチカン美術館とまではいかないが有数の美術館並みである。
トレドはいろんな伝統工芸もあるようだが、妻は陶板の番地表示を購入。エクステリアに使うとのこと。(2000/7)
バルセロナ 大聖堂

 バルセロナ大聖堂は下町ゴシック地区の真中にある。スペイン・ゴシック形式の典型的な建築。ここの大聖堂の聖歌隊席も中心に壁をめぐらせたものであるが、上記のトレド大聖堂のそれとくらべると印象は薄い。(2000/7)
バルセロナ
サクラダ・ファミリア教会


1882年に建築が始まり、120年近く経過したがまだ正面と後正面が完成したのみ。あと200年ぐらいはかかる予定とのようである。ケルンの大聖堂が600年かかったのと比べるとまだ短いが、どちらにしても想像を絶する長さだ。(2000/7)。
これ以外に、グエル邸、カサ・バトリヨ、カサ・ミラなどのガウディ建築をみたが、その独創性に感服するばかりである。
モンセラート修道院

ここはサンチャゴ・デ・コンポステーラとならぶスペインの二大巡礼の地とか。ただ、前者と比べるとだいぶ規模は小さいのでは、と想像される。
またここはオペラに関係する者にとっては二つの意味で意味あるな地。一つはワグナー「パルジファル」の舞台の地だし、もう一つは、ここの地名を名に持つ、名ソプラノ、モンセラート・カバリェの存在である。
修道院はロープウエイで昇る岩山の中腹にある。行って分かったことだが2000/6の始めに大風水害があったとのことで、修道院から山の頂上に上るケーブルカーは運休中だった。ここまでの電車の車窓からたくさん木が倒れている光景を目撃したがこの風水害のためだったか、と納得。
修道院の聖堂の中に「黒い聖母」の像がある。この膝元にある丸い石にふれるのがご利益があるようだ。<br> モンセラートはその荘厳なミサと少年合唱隊で有名なようであるが、後者は7月は休みとのことで、心残りだったがどちらも見ないで引き上げた。
アルバセーテ 大聖堂 ブルゴス 大聖堂 コルドバ 大聖堂
レオン 大聖堂 マドリード
聖イシドロ大聖堂
オヴィエド 大聖堂
サラマンカ 大聖堂 サン・ロレンツオ・デ・
エル・エスコリアル 修道院
サンチャゴ・デ・
コンポステーラ 大聖堂
セゴヴィア 大聖堂 セヴィリア 大聖堂 サラゴサ 聖母教会

ポルトガル



コインブラ 聖十字架教会 リスボン ヒエロニモ修道院

デンマーク



アールス 聖クレメント大聖堂 ロスキルデ 大聖堂

フィンランド



ヘルシンキ 大聖堂


トップに戻る
E−MAIL





Geocities Japan