★桂枝雀師匠に関することが書かれた本

赤字は管理人が本またはコピーを持っていますので内容を知りたいときにはメールでお問い合わせください。
その他のものはワッハ上方演芸ライブラリー・大宅荘一文庫・国立国会図書館などでお探しください。

【本】
〔エッセイ・コラム・評論〕 桂枝雀
  『てなもんや交遊録』 香川登志緒著 有文社 1974.9.28
「鷺とり」桂枝雀
  『古典落語10上方ばなし』上方落語協会編 角川文庫 1975.1.10
桂枝雀
  『上方タレント101人』 新野新著 有文社 1975.9.10
桂枝雀
  『続上方タレント101人』 新野新著 有文社 1978.6.10
【桂枝雀プロフィール】
 『現代上方演芸人名鑑』 相羽秋夫著 少年社 1980.8.10
俄じゃ俄じゃ かんべむさし
 『かんちがい閉口坊』 かんべむさし著 文春文庫 1986.10.10
ふたりの枝雀
  『名人芸「現在」を生きる』 山本益博著 レオ企画 1980.12.20
桂枝雀がケンカしかかった時の話〔53年10月〕
  枝雀の顔に「狂気」がギラッとよぎった〔55年4月〕
  盛んなのは”枝雀”だけ、なのである〔56年1月〕

  『ぼくが書いてきたタレント全部〔上〕』 新野新著青心社 1981.4.10
見廻して顧みもして枝雀
  『現代上方落語人録』 相羽秋夫著 弘文出版 1981.10.10
桂枝雀
  『三國一朗の人物誌』 三國一朗著 毎日新聞社 1982.3.30
桂枝雀 一張羅のズボン
  『上方落語かたいれ事典』 相羽秋夫著 弘文出版 1982.10.15
「枝雀が通る」
 『ユーモアエッセイ:四角い飛行船』 織田正吉著 創元社 1982.10.20
「米朝と枝雀−正統と異端」 「枝雀人気の秘密」
  『上方の笑い』 木津川計著 講談社現代新書 1984.01.20
桂枝雀さん「まあるくまあるく」の裏の努力と怨念
  『花王名人劇場笑算われにあり』 澤田隆治著 徳間書店 1984.9.30
枝雀ユモレスク
  『新現代落語人録』 相羽秋夫著 弘文出版 1985.1.15
安定化の中で凝固する関西芸人
  『相対幻論』 吉本隆明・栗本慎一郎共著 角川文庫 1985.6.10
あんまりおかしくて書けない サービス精神・・・・・・笑いの出発
  『ギャグ&(また)ギャグ』 石上三登志+今村昭共著 講談社 1985.7.20
桂枝雀
  『新上方タレント101人』 新野新著 たる出版 1985.8.20
噺家の言葉(桂べかこ・吉朝・雀松) 祝御結婚(桂雀松) 吉朝時空噺(桂吉朝)
 『むさし日曜笑図鑑』 かんべむさし著 新潮文庫 1985.10.25
桂枝雀
 『わたしの青春ノート』 NHK学校教育部番組制作班編 教育史料出版会 1986.2.15
舞台がクルリと廻ったら
  『【私説】おおさか芸能史』 香川登枝緒著 大阪書籍 1986.2.20
やがては枝雀と仁鶴の時代がやってくる
  『六代目松鶴極めつけおもしろ人生』 笑福亭松鶴著 神戸新聞出版センター 1986.4.10
俺がこう言うから、お前はこう言え=前田達(桂枝雀)・前田武司(マジカルたけし)の場合=
 『少年の日を越えて 漫才教室の卒業生たち』古川嘉一郎著 大阪書籍 1986.9.20
「俄じゃ俄じゃ」かんべむさし
 『かんちがい閉口坊』かんべむさし著 文春文庫 1986.10.10
上方の落語家たち「桂枝雀」若手弟子・スタッフに送られて高座へ向かう写真 「宿替え」の高座写真
 『落語文化史』 朝日新聞社編 1986.12.10
泣かせる男 桂枝雀
  『香川登志緒の笑人閑話』 香川登志緒著 1987.2.10 青心社
怒る師匠、声涙の兄弟子 かくて22歳で独演会実現 桂雀々
 『続キダタローのズバリ内証ばなし』 キダタロー著 成瀬國晴絵 ナンバー出版 1987.4.10
「光彩放つ枝雀落語」「枝雀・朝丸・べかこ」
  『大阪落語ウォッチング』 保志学著 羊書房・発行/素人社・発売 1987.4.15
現代の名人誕生!? 
  『あんときゃ笑った』 高田文夫著 太田出版 1987.7.31
英語感覚で、ボクらは軽くなった マイフレンド トクサンが登場する桂枝雀のイングリッシュ落語は、ほんまエキサイトです
 『鳩よ』  1987.8
枝雀師匠の“鶴のみ”/雀々の結婚式/・至福の美味/男の料理/ししょう、こんにちわ/十六年前の自画像
 『BEKAKO−CLUB』 桂べかこ著 コア企画出版  1987.10.25

桂枝雀 毎日きげんよう暮らしています
  『新野新の味ばなし あの人・この人』 新野新著 ?ナンバー出版 1987.12.10
演技を軌道修正−桂枝雀 (1980.9.30)
  『相羽秋夫の演芸おち簿ひろい』 相羽秋夫著 素人社 1987.12.25
いいお客に育てられ(桂米朝インタビュー 「ますます難しゅうなってきた」)
 『紫煙曼陀羅 ちょっといっぷく』 日本テレビ編 1987.12.29
・第五章 笑いの科学  桂枝雀師匠の笑いの理論
 
・第六章 落語・SRそのおかしさの素
 『笑いの科学 眠れぬ夜、眠らないための本』木下栄蔵著 徳間書店 1988.6.30
桂枝雀
  『上方大入袋 名人の心と芸』 井澤壽治著 東方出版? 1988.8.20
15落語 
  『有名人 おさわがせメディア表現論』 中上健次・高平哲郎・野田秀樹  竹書房 1988.10.5
桂枝雀 野球の最中けいこ一席
  『小南陵のおもしろ芸人列伝』 旭堂小南陵著  素人社 1989.2.20
爆笑!枝雀たっぷり 第29回 昭和55年4月20日放送
 まってました!志ん朝VS枝雀 第59回 昭和55年11月16日放送
 爆笑!円蔵・枝雀二人会 第172回 昭和58年1月16日放送
 第三回あなたが選ぶ花王名人大賞 第183回 昭和58年4月3日放送
 第三回あなたが選ぶ花王名人大賞 おめでとう笑いがいっぱい 第184回 昭和58年4月10日放送
 桂枝雀 笑人間 澤田隆治文、高橋春男 絵

 『笑人間 花王名人劇場10年記念』 上巻 澤田隆治編著 角川書店 1989.8.30 
「枝雀の芸−新作の方法」「枝雀の会と紀の川寄席」「枝雀独演会『茶漬えんま』と
  『米揚げ笊』」「桂枝雀独演会−『地獄八景亡者の戯れ』」「桂枝雀一門会−『かぜ
  うどん』」「枝雀独演会二夜」「枝雀独演会演目」「枝雀と『地獄八景亡者の戯れ』」
  「枝雀」の性格−三要素

  『落語ジャーナリズム』 恩田雅和著 有馬書店 
1990.4.16
「その8総まとめ的共同声明」
 『笑い宇宙の旅芸人』下巻 かんべむさし著 徳間文庫 1990.8.15
枝雀が泣いた!枝雀の朝まで落語
  『ここだけの話』 新野新著 青心社 
1992.7.29
「桂枝雀のオチの分類法」
 『落語入門』 相羽秋夫 1994.5.15
・昭和54年7月3日『宿替え』:東の扇橋・西の枝雀(虎ノ門ニッショーホール)
  ・昭和54年11月29日『代書屋』:にっかん飛切落語会(霞ヶ関イイノホール)
  ・昭和53年11月2日『口入屋』:東の扇橋・西の枝雀(虎ノ門ニッショーホール)
  ・昭和55年12月26日『米揚げ笊』:桂枝雀独演会(上野鈴本演芸場)
  ・昭和55年12月26日『親子酒』:桂枝雀独演会(上野鈴本演芸場)
  ・昭和55年7月16日『蛇含草』1:にっかん飛切落語会(霞ヶ関イイノホール)
  ・昭和55年7月16日『蛇含草』2:にっかん飛切落語会(霞ヶ関イイノホール)
  ・昭和59年3月28日『風うどん』:桂枝雀歌舞伎座独演会(東銀座歌舞伎座)
  ・昭和63年4月15日『宿替え』:東宝名人会(日比谷芸術座)
  ・平成6年1月18日『貧乏神』1:鎌倉名人会(大船鎌倉芸術館小ホール)
  ・平成6年1月18日『貧乏神』2:鎌倉名人会(大船鎌倉芸術館小ホール)
  ・平成6年1月18日『皿屋敷』1:鎌倉名人会(大船鎌倉芸術館小ホール)
  ・平成6年1月18日『皿屋敷』2:鎌倉名人会(大船鎌倉芸術館小ホール)

 『はなし家写真館:名手10傑・聴かせる視点』 横井洋司:写真、京須偕充:文 青蛙房 1995.3.10
・「“西の枝雀・東の円楽”『アホと物知り』対比の妙」
  ・「桂枝雀:奔放、異端の芸 英語で語るセンスはさすが」

 『上方・笑いのシンフォニー:識者・市民1,100人の意見と意識を中心に』
  明治生命保険相互会社:創業114年感謝“関西を考える”会 1995.6
(新人たち)というあたりで,小米さんに「天神山」の稽古をつけたころの様子が・・・。
 『あんけら荘夜話』桂文枝 青蛙房 1996.6
桂枝雀(平成7年2月記)
  『まるごとなにわの芸人はん』 新野新著 リバティ書房 1996
平成上方噺家達の横顔かけ足 米朝山脈
  『当世落語家事情』 笑福亭松枝著 弘文出版 1997.2.10
浪花の爆笑王:桂枝雀(プロフィール)
 『もうひとつの上方芸能−吉本以外のタレント名鑑付』 大阪ゲラゲラ学会編 たちばな出版 1997.4.30
・理論派の爆笑王:小佐田定雄
  ・高座写真:『口入屋』(膳棚をかたげているシーン)『寝床』(“わたしはもう、寝ますわァ〜い!とキレるシーン)

 
・これが十八番:茶漬えんま
 『落語への招待:勢揃い江戸上方の若手と名人』(別冊太陽:日本のこころ99) 平凡社 1997.10.27
「落語入門」
 『お先にどうぞ』 三林京子著 いるむ株式会社 1998.6.15
桂枝雀
  『売れた理由!関西芸能人のサクセスストーリー』 吉田清著 青心社 
1998.9.7
代書屋(一)ここはどこ?私はだれ?日本橋3丁目
  代書屋(二)自作自演ネタに使って笑いとる
  代書屋(三)丁稚のころ遊んだ場所を噺の中に

  『なにわ難波のかやくめし 上方芸能の宝庫【日本橋三丁目】ものがたり』
  成瀬國晴著東方出版 
1998.10.5
「女相撲」「枝雀の『変身』」
  『花へんろ風信帖』 早坂暁著 新潮社 1998.10.15
第六章 上方落語の復興とラジオの復権 「緊張と緩和」枝雀の小米時代
  『上方放送お笑い史』 読売新聞大阪本社文化部 
1999.1.12
第七章 坐っていられない人びと 枝雀さんの早足
  『損得感情』 村松友視著  青春出版社 1999.6.5
桂枝雀君を悼む
 
『真面目ちゃうちゃう可朝の話』 月亭可朝著 鹿砦社 1999.8.10
・序 関西芸能五十年史 桂米朝
  
・楽屋で聞いた上方落語/林家染丸 笑福亭松鶴 桂米朝・春團治・文枝
  
・客に押されて亡者が悲鳴/米朝怪談話
 
 ・寝台車で楽屋入り/米朝十八番 桂枝雀 五輪真弓 木津川計
  
・落語界初のカーテンコール/桂枝雀・べかこ イーデス・ハンソン 小林吉彦
  
・近日来演の地獄寄席/中川清子 桂べかこ・勢朝 浅利慶太 越路吹雪
  
・“てっちりで初顔合わせ/内藤・越路夫妻 米朝夫妻 岩谷時子 美空ひばり
  
・一世一代のふぐ料理/内藤・越路夫妻 米朝夫妻 吾妻ひな子
  
・C調ではないB調デス!/朝比奈隆 森正 外山雄三 桂米朝 野口幸助
  
・東西花の八十歳/広沢瓢衛門 田谷力三 永六輔 桂米朝
  
・台湾にまつわる奇縁2/程一彦 米朝夫妻 菅沼潤 難波利三 成瀬國晴 浜村淳
  
・面白くてタメにならない/小沢昭一 桂米朝 吉村雄輝 ピーター 永六輔 小松左京
  
・海軍・お化け・湯治/吉村雄輝 井上八千代 楳茂都陸平 山村若 桂米朝 山内明
  
・感動巨編 日ソ合作映画/上岡龍太郎 桂枝雀 野坂昭如
  
・祝儀ドロと痴漢/桂小米朝・歌之助・団朝 小佐田定雄 阿部智恵 織田節子
 
 ・一酔千日 三年酒/桂米團治・米朝 高田好胤 石毛直道 福原三月
  
・幻の名画発見/忠臣蔵 曾根崎心中 ドグラ・マグラ ポリエステル 氷雪の門
 『舞台めぐり逢い サンケイホールとともに45年』 吉鹿徳之司著 大阪新聞社
1998.11.16
●『桂枝雀師の笑い理論の笑学的検討』レジメ 東畠敏明
1999.10.10
すごかった枝雀さん
 『桂あやめの艶姿ナニワ娘』 桂あやめ著 2000.1.11 東方出版

一流の演者と一流の観客
 『言葉の嵐』 春風亭小朝著 筑摩書房 2000.2.10

第一講 それではみなさん、試験をいたします。/第二講 どうです、笑いの奥はずいぶん深いでしょう。
 『新落語的学問のすすめ』 桂文珍著 潮出版 2000.3.5
桂米朝一門 (落語家の系譜〜一門の系譜)
 『落語入門百科』 相羽秋夫著 弘文出版
2000.2.29
●『上岡龍太郎 引退 嫌われ者の美学』 弟子吉次郎著 青春出版社 2000.3.20
●「百年目−没後百年、生誕百年」 立川談四楼
 『百年目:ミレニアム記念特別文庫』 新潮文庫編集部編 新潮文庫 2000.10.1
八、西条凡児とその話芸 第五章 関係者が語る、西条凡児とその話芸
 『凡児無法録 こんな話がおまんねや』 戸田学著 たる出版 2001.03.30

第一幕 桂枝雀ー完璧求めた「誇張の落語」
 『惜別お笑い人』 相羽秋夫著 東方出版 2001.04.10
第二章 上方落語・桂枝雀
 『映画そして落語』 森卓也著 ワイズ出版 2001.7.10
〔インタビュー〕 笑てられるのが一番です 桂枝雀夫人・前田志代子さん
  『芸人女房伝』 島崎恭子著 集英社文庫 1988.5.25
芸の伝承 末路哀れは覚悟の前 桂米朝と桂枝雀
  『師弟物語』(現代教養文庫)佐高信著 社会思想社 1994.1.30
〔対談〕 今生一代では、とても時間が足りまへん 桂枝雀・新野新
  『笑ほど素敵な商売はない』 新野新著 神戸新聞出版センター 1983.3.1
●対談:螺旋と放物線の芸 桂枝雀・上岡龍太郎
 『上方笑芸の世界』白水社1984年
クヨクヨせんと毎日楽しく笑って過ごす方法 桂枝雀・城山三郎
  『軽やかなヒーローたち 城山三郎対談集』 城山三郎著 講談社 1984.5.21
舞台に上れば爆笑・落語家 桂枝雀 
  そこそこのええあんばいで心楽しくしんどしましょ 桂枝雀・名取弘文

  『名取弘文対話編 おもしろ学校Qチャンネル』 名取弘文編 有斐閣 1987.3.25
可能性を秘めた芸−”落語” 桂枝雀・桂福団治
  『上方落語はどこへゆく』 桂福団治著 海風社 1989.2.18
”みなさん、おともだちになりましょう” 桂枝雀・佐々木愛
  『佐々木愛 幕あい対談』 佐々木愛著 いかだ社 1992.2.1
● 『赤塚不二夫対談集:これでいいのだ』 赤塚不二夫・松本人志 メディアファクトリー 
2000.1.14
〔作中人物〕 ●『泡噺・とことん笑都』 かんべむさし著 岩波書店 1998.6.5
「天神山縁糸苧環(てんじんやまえにしのおだまき)”立ち切れ”の主題によるパラフレーズ」
  (桂米朝・桂枝雀師弟がモデルではないかと思われる小説)

  『高砂幻戯』 小松左京著 ハルキ文庫 1999.10.18
〔主演ドラマ原作本〕 ●『大浪花諸人往来 耳なし源蔵召捕記事』 有明夏夫著 角川文庫 1980.6.10
●『狸はどこへ行った 大浪花諸人往来第2集』 有明夏夫著 角川文庫 
1981.9.20
●『不知火の化粧回し なにわの源蔵事件帳』 有明夏夫著 講談社文庫 
1988.3.15
●『京街道を行く なにわの源蔵事件帳』 有明夏夫著 講談社文庫 
1988
●『蔵屋敷の謎 なにわの源蔵事件帳』 有明夏夫著 講談社文庫 
1988
●『脱獄囚を追え なにわの源蔵事件帳』 有明夏夫著 講談社文庫 
1988
●『汚名をそそげ なにわの源蔵召捕記事』 有明夏夫著 光文社カッパノベルズ 
1985
[出演ラジオ本] ●『ふぃーりんぐバチョン』 ラジオ大阪制作部編 六月社 1972.1
『ふるさとあちこち耳散歩』 中田昌秀著 湯川書房 1982.12.15
●『続ふるさとあちこち耳散歩』 中田昌秀著 湯川書房 1983
[TVドラマ・シナリオ] ●「風ものがたり」 村松友視、作『村松友視のサミング・アップ』 発売:文園社 発行:ナイスディ・ブックス 1990.12.25
[出演番組検索資料] ●『放送演芸史』 井上宏編 世界思想社 1985.4.20
[冊子] ●「オンワード落語百選」(ラジオ大阪の番組。演じられた落語を台本に起こして聴取者にプレゼントしてました。
 ・#6  小米「蛇含草」
1972.10.8放送
 ・#11 小米「時うどん」1972.11.19
 ・#17 小米「住吉駕籠」1973.1.7 
 ・#29 小米「宿替え」1973.4.1
 ・#33 小米「つぼ算」1973.5.6
 ・#38 小米「天神山」1973.7.22
 ・#43 枝雀「寝床」1973.9.2
 ・#47 枝雀「池田の猪買い」1973.12.23
 ・#53 枝雀「矢橋舟」1973.10.7
 ・#55 枝雀「日和ちがい」1974.1.20
 ・#61 枝雀「風邪うどん」1974.3.10
 ・#65 枝雀「犬の目」1974.4.14
 ・#68 枝雀「鴻池の犬」1974.5.5・
 ・#74 枝雀「口入屋」1974.6.23
 ・#
2-3 枝雀「天神山」1975.1.19
 ・#2-13 枝雀「瘤弁慶」1975.3.23
 ・#2-14 枝雀「権兵衛狸」1975.4.6
 
・#2-25 枝雀「ちしゃ医者」 1975.6.28
桂小米「もうかりまっか」(速記)
 上方落語協会編「上方落語おもろい集」新風出版社 1970

 

戻る

TOPへ