★桂枝雀師匠に関することが書かれた雑誌

赤字は管理人が本またはコピーを持っていますので内容を知りたいときにはメールでお問い合わせください。
その他のものはワッハ上方演芸ライブラリー・大宅荘一文庫・国立国会図書館などでお探しください。

【雑誌】
雑誌『上方芸能』掲載記事 ●SRは何をめざしているのか 桂小米 特集・現代の小噺−SR 第11号
●話芸 手さぐりの中の確かめ−桂枝雀の考えていること− 薬丸正勝第47号
  特集・戦後上方芸能の形成と現在−その内と外はどう対応しているのか−
●西の落語評:「一人酒盛」松鶴と枝雀の違いのおもしろさ 岡田俊逸 第52号
●西の落語評:超満員の独演会でたがいに蓄積した真価発揮
  春蝶の「昭和任侠伝」と枝雀の「愛宕山」など 岡田俊逸 第57号 1978.7
●緊張の緩和とサゲの四分類 分類から再生産へ 桂枝雀 第68号 1980.11
●枝雀の極意・・・桂枝雀の位置と役割 小佐田定雄
  随想 桂枝雀の人と芸 廓正子 狛林利男 吉鹿徳之司
  特集・上方落語の二潮流−古典派と新作派− 第74号
演芸時評:三枝と枝雀の積極姿勢に拍手を 古川嘉一郎 第89号
特集・サラダ感覚時代と伝統芸能現代に生きる”商品”として 作者部屋からの創作リポート 小佐田定雄 第97号
私の撮っておき3:桂枝雀・織田正吉 昭和49年7月5日撮影 前年が枝雀襲名
  神戸のタウン誌月刊「センター」の対談で撮影したもの 第116号 1993.11.10

パートナー讃か6 桂枝雀さんのこと(夫人はかつら枝代さん) 第119号 1994.11.10
特集・国際化時代と上方芸能:パフォーマンスとして理解された「英語落語」の意義と可能性 小佐田定雄 第100号
宮崎金次郎落語写真館2:桂小米・桂米朝 1973年(昭和48年)9月20日撮影/支こつ湖にて 第128号 1998.1.10
演芸評:爆笑王枝雀は、「日本一のいたこ」だった 今村荘三
 
追悼枝雀さんをしのんで:「痛恨の思い」吉鹿徳之司「おもいでや」 小佐田定雄 「敏感な人」 森卓也 第133号 1999.8
はなしの焦点 豊田善敬・編 1桂枝雀追善落語会 2桂雀三郎・25日連続落語会
 人間国宝−芸と人(11)桂米朝 木津川計 第135号 2000.2.10
その他の雑誌 SRとSFの間 森卓也
  SF専門誌『奇想天外』 奇想天外社 1977年9月号
上方を超えた上方落語・桂枝雀の”神話”から”学説”まで
  『週刊朝日増刊』 朝日新聞社 1982.12.1
桂枝雀 対談 軽やかなヒーローたち(城山三郎)
 『週刊現代』 1983.12.3
笑いの師弟 浪花の対決 桂枝雀・かんべむさし
  『SFアドベンチャー 』 徳間書店 1984年1月号
桂枝雀の極意 おもしろ落語への道 桂枝雀・小佐田定雄
  季刊『落語』 弘文出版 1985秋第23特大号 
インタビュー 越境する笑い 枝雀落語(桂枝雀/野村雅一)
 『中央公論 』 1987.9
対談 初春! 日米ユーモア芸談 笑いに国境はなし(デーブスペクター/桂枝雀)
 『家の光』 1988.1
桂枝雀 噺家進化論 『ブルータスたちの芳醇な自叙伝 この人を見よ。』
  マガジンハウス 1988.3.22
SFハチャメチャ大放送「ドンデン、謎解き、ヘン、あわせ」桂枝雀・かんべむさし・小松左京
  『いんなぁとりっぷ』 ?年11月号
「ドグラ・マグラ」の正夢 対談:桂枝雀、松本俊夫
 中央公論 104(2) 1989年2月
上方寄席を背負う桂三枝と桂枝雀  立ち見席
 『週刊読売 』1978.12.24
新作落語・桂枝雀 森卓也
  SF専門誌『奇想天外』 奇想天外社 1979年3月号
「おもろい噺家」 No.1は桂枝雀  上方芸信 
 『週刊読売』 1979.4.15
大阪の若手落語の人気を二分する桂三枝と桂枝雀 グラビア WEEKLY NEWS FLASH
 『週刊平凡 』1979.4.19
山本益博の落語today(山本益博)
 『週刊朝日』1980.4.25
神戸大中退落語家桂枝雀(40)が公開するウルトラマジメ生活
 『週刊現代』1980.5.15
桂枝雀さん いちびり精神、ちょっと気になるいい感じの男性(由紀さおり)かまらあど
 『サンデー毎日』 1980.5.18
「今、自分の高座が見ていていちばんオモロイでんナ」巻頭グラビア 人間探検
 『週刊ポスト』 1980.6.6
桂枝雀 巻頭グラビア 顔シリーズ8
 『現代』 1980.9
落語レコード・ガイド わたしたちは志ん生が聴ける、 しかし明治の人は志ん朝を聴けなかった
  〔六〕小三治、枝雀、小朝篇 山本益博

  『ミュージック・マガジン』 1980年12月号
桂枝雀  データバンクにっぽん人
 『週刊現代』 1981.3.12
何べん生まれかわっても噺家になりたい 対談:イーデス・ハンソン/桂枝雀
  『週刊文春』 1981.4.16
私の好きな人 桂枝雀さん(山藤章二)
  『小説新潮スペシャル』 1981.夏
人生哲学受講中  カンナの会えてうれしい花いちもんめ17回(神津カンナ)
 『non-no』 1981.7.20
桂枝雀 三國一朗の人物誌(81)
 『サンデー毎日』  1981.8.2
連続ドラマ初主演も難なくこなす、今、日本一オモロイ噺家 PEOPLE NOW
 『non-no』 1982.1.5
書評「まるく、まぁ〜るく桂枝雀」サンケイ出版
 『女性自身 』 1982.3.18
「仕方なく“お化け屋敷”に住んどったんですわ」 グラビア ボクの20代“ここだけの話”
 『週刊宝石』 1982.10.2
いま、いちばんおもしろい”笑芸”萩本欽一、桂枝雀、横山やすし、そしてコントレオナルド 澤田隆治
  『宣伝会議』 1983年5月号 
花王名人大賞「ハデなことは私には似合いません」巻頭グラビア
 『現代 』1983.12.3
歌舞伎座独演会にチャレンジする:落語家にはネクラ人間が多いんですわ 石原信一
 『平凡パンチ』  1984.3.19
「狂うてこそほんまの芸人や」 あくまで職人でありたい(桂枝雀)
 『現代』 1985.3
芸能耳報 エイゴラクゴとはなんでしょう    
 『週刊文春』 1985.6.6
本邦初公開の英語落語独演会に挑戦の桂枝雀は世界へ飛躍するか!? LEAD-PANCH
 『平凡パンチ』 1985.6.17
大胆にも英語で落語を演じるインテリ桂枝雀の語学力 ZIG・ZAG
 『週刊宝石』 1985.6.28
東京かわら版資料室:桂枝雀師匠の演題リストNo.1〜No.67 資料まとめ・大渕利郎
 『東京かわら版』 昭和60年7月号 (有)東京かわら版 1985.6.28
「英、お笑いを一席」“海外進出”する桂SEA JACK師匠の実験精神(茂木和行)
 『サンデー毎日』 1985.7.14
東京かわら版資料室:桂枝雀師匠の演題リストNo.68〜No.114 資料まとめ・大渕利郎
 『東京かわら版』 昭和60年8月号 (有)東京かわら版 1985.7.28
桂枝雀の英語落語をケント・デリカット、デイブ・スペクター、ジャネット・マロニーが(笑)チェック!
 『週刊平凡 』 1985.8.2
現在進行形の桂枝雀論 広尾晃
  季刊『落語』 弘文出版 1985秋第23特大号
桂枝雀+近藤正臣 巻頭グラビア 朋友
 『潮 』 1987.2
鼎談−桂枝雀独演会を聴いて 上方落語の芸とは何か 小山観翁・石井徹也・宇賀田頼子
  『落語』 第25号 弘文出版 1987.3.1
桂枝雀 WANTED PEOPLE
 『週刊朝日』  1987.4.24
私のイングリッシュ落語を聞いとくなはれ(桂枝雀)
 『現代』 1987.5
桂枝雀 People
 『サンデー毎日 』 1987.5.3
拍手喝采!桂枝雀が“高座”輸出で経済摩擦解消に一役 ホットスクランブル
 『週刊平凡 』 1987.7.14
「英語落語」−アメリカ挑戦の旅 桂枝雀
  『別冊文藝春秋』181特別号 1987年10月
英語で私の世界、広げたい! 英語で落語をしても受けるところは同じ。人間って同じなんだなぁ(桂枝雀)
 『コスモポリタン』 1987.11
英語落語やってのけ『枝雀のアクション英語高座』なる本まで書いた DO SCHEDULE
 『週刊宝石』 1988.10.14
「英語落語」の次は「4コマ落語」を一席 私のモノトーク
 『週刊読売』 1989.1.22
日本の顔 巻頭グラビア
 『文藝春秋』 1989.3
<翻訳家>志願(室井光広)
 『新潮』 1989.8
桂枝雀 現代人物図鑑 8回 早瀬圭一
 『THE21』 1989.8
「ハゲは世界を救います」(桂枝雀/上岡龍太郎) 上岡龍太郎の「なにわ・毒舌・ふたり旅」3回
 『週刊現代』 1989.9.9
桂枝雀 邪道に転身したエース こりくつ舌禍帖 15回 上岡龍太郎
 『週刊朝日』 1989.10.27
桂枝雀さんご一家 機嫌のいい笑い声につつまれたにぎやか芸人家族
 (桂枝雀/前田一知/前田一史/前田志代子)  座談 家族の肖像

上方落語の特集記事内、枝雀師匠の紹介記事(四天王のあとは この人や、という呼び声は高い云々)
 『るるぶ THE大阪』 1990 
お笑い界をリードする浪花「スター豪邸」を直撃熱写! 桂枝雀 大阪府吹田市 グラビア
 
『アサヒ芸能』 1990.4.5
映画『少年時代』を語る 青い笑いと黒い笑い(桂枝雀/藤子不二雄A)グラビア/対談
 『潮』1990.9
枝雀落語 枝雀自身が徹底分析 浜一夫
 『演芸マガジン:芸能楽しむ会 第13号』1990年10月
スペイン語 Tea Time 芸能耳報
 『週刊文春』1990.10.18 
桂枝雀 江戸時代の趣味人の趣きある饅頭頭 後頭部にも表情を出す顔使いの名人(香原志勢) 表情の美学 男の顔
 『サンデー毎日』 1991.10.13
自分を壊していく 型破りの爆笑型からあーるがまんまの自然体(大越正輝) 表紙の人
 『AERA』1992.2.18
渡米 Tea Time 芸能耳報
 『週刊文春』 1992.2.27
笑いを講義 桂枝雀 大阪の相愛大学で非常勤講師を務める Tea Time 芸能スクラップ
 『週刊文春』 1993.2.11
お笑いとはあなどれぬ、理論派の落語家先生 桂枝雀さん 大阪市・相愛大学の非常勤講師に
 (今西憲之)グラビア HUMAN SCRAMBLE

 『週刊朝日 』1993.2.26
落語家・桂枝雀 わたしら、ただのダルマストーブや。薪入れて燃やして、それでナンボですわ・・・
 (桂枝雀/桂三枝)対談、三枝のホンマでっか 188回

 『週刊読売』 1993.3.28
桂枝雀 上方の“爆笑王”、大学で講義に続いて舞台初出演の活躍。グラビア FACE 今月の顔。
 『潮 』 1994.2
「息子とわたし 親と子の情景」98回:前田一史(枝雀の息子)桂枝雀(落語家)
 『サンデー毎日』 1996.5.5
「背に、語る。」8回:桂枝雀 久世光彦
 『エスクァイア 』1996.6
「パースン 桂枝雀さん 英語IN・HAWAII 客と同じ『息』を吸うから 通じる」
 『毎日グラフ アミューズ』1996.8.14
今号のステージ:枝雀ばなしの会 旬の枝雀落語を144席の小空間で堪能
 ぴあ関西版 第14巻第27号 通巻350号 1996.12.24
枝雀落語の座標 小佐田定雄 
  『落語』 第
34号 弘文出版 1997.6.20
桂枝雀さん 死招いた凝り性と飽き性
 『AERA』 1999.05.03
上方おさだまり通信ぼる百 北極星が消えた日
 『東京かわら版』 1999年7月号
落語は夢 追悼・桂枝雀師 小佐田定雄
 『落語』第35号
1999.11.25 弘文出版
桂枝雀師匠のこと
 桂文珍 『NHK人間講座 文珍流・落語への招待』 2000.1.1 日本放送出版
「生活笑百科」爆笑秘話 桂南光『世の中、ほんまにケッタイでんな!』 第一回
 『文芸ポスト』 Vol.7 小学館 2000.1.15
名人礼賛「二代目桂枝雀」 枝雀ファン・辰巳香代子さん
 『大阪人』第54巻・第
1/22000.2.1
「昔の笑いと今の笑い」 夢路いとし・喜味こいし、桂ざこば
 『ワッハ上方:上方演芸の保存と振興を考える情報発信誌』 創刊号SPRING2000 大阪府立上方演芸資料館 2000.3.31

看護婦仰天の「点滴事件」 桂南光『世の中、ほんまにケッタイでんな!』 第二回
 『文芸ポスト 』Vol.8 小学館 2000.4.15
・表紙イラスト・いわみせいじ、表紙のことば・(奥)
  ・くま談義「もう一年・・・・・・」 奥野勝郎 p.62〜63
  ・なにわ芸人平成入門銘々伝(11)旭堂南湖の巻 浜一夫 p.64〜65
 『上方演芸マガジン笑maga』 No.41 2000.6
談笑亭日常:渡る世間はシャレばかり 高田文夫
 『小説現代』 第38巻第13号 2000.10.1
メモリアル特集二代目桂枝雀」スビバセンネ〜
 『笑芸人』VOL.5 白夜ムックNo.103 2001.8.12

 

戻る

TOPへ