■メモ

12/29
去年、今年は、自分を含め、近親な方々全員、天中殺だか大殺界だかに入ってんじゃねーかってくらいに、いろいろいろいろでした、年賀状を書けてるのが奇跡に近い。
つーことは、来年はラッシュがくるのか? などという縁起の悪い話は、鬼すら笑えないのでやめとこう。
こうぞう30、そういう年になったってことです、運も実力のうち(不明)。

恒例の『今年(上映されたのではなく、オレが)観た映画BEST5』(まだ2年目)の発表をしたいと思います、今年は審査が難航したようですね、なんこうさん、なんこうさんと言えば、神戸の湊川神社は、楠木正成公をまつっており、楠公(なんこう)さんと呼ばれ親しまれているようです、楠木正成は南北朝時代の英雄で、この人がいたから、足利尊氏は、最終的に勝利し、240年も続いた室町幕府を開いたにもかかわらず、ちょっぴり影が薄いです。
足利尊氏に負けはしましたが、賢い人だったみたいです、卓抜した戦略家で、忍者の前身にあたるような者たちを駆使し、情報戦に長けていたとか。
悪党という言葉がありますが、これは当時生まれたもので、その代表格が、この楠木正成です、いわば、不良の始祖です(ちょっと違います)。
悪党と呼ばれる人が、天皇サイドで戦ったことがドラマチックなんですね、時代を変える人は、いつの時代もたいてい不良です、んで、時代が変わる前、もしくは、変わった途端に殺されちゃうのがセオリー、歴史の腹黒い部分です。
というわけで、来年もよろしく、ってバカ。

いやあ、ほんとにね、どれにしょうかな、映画。
『ボウリング・フォー・コロンバイン』
『ロード・オブ・ザ・リング〜2つの塔〜』
この2本は確定、もうこれは絶対、な2本。
他は、、、佳作はけっこうあったんですけどね、『リトルダンサー』、『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』、『プレッジ』、『チェンジングレーン』、『8Mile』、『CHICAGO』、、まだまだあったような。
邦画だと、『突入せよ!〜あさま山荘事件〜』もよかった。
ということで、、だいたい、こんな感じ。

なんか、しまらないですが、来年もよろしくです。



12/23
ソニーが作った新しいロボ、『キュリオ』。
走れる、ジャンプする、が売りってことで、動画見たんですが、走るはまだしも、これ、ジャンプと言えるのか?
と、簡単に否定しちゃだめだめ。
ジャンプはすげえと思うんです、2足歩行で、走る、跳ぶ、時のバランス制御システムってすごい、もちろん、オレは素人なんで、詳しいことはわからないでゲスが、2本足で歩いてる!って喜んでた時から比べると、おそろしいほどの進歩であることは、素人でもわかる。

ロケット打ち上げだとか、ロボット開発、いいなあ。
国レベルでは迷走してても、企業レベルでは、目的意識を持って走ってる、国土が狭く、食料自給率が低く、有効な資源を持たない国が、どうやって世界に貢献するか、生き残るか、やっぱり技術。
ケンカも弱いし、体力もない、センスもない、そんなら生真面目さ、バランス感覚で勝負、武器がわずかでも、勝負は捨てない。
技術立国、かっこいいじゃないか。
バブルで驕り、はじけて苛み、道を見失って、ヘタりこんで、泣き言言って、どんなにダラしなくしていても、日本人の根っこにある生真面目さは消えないんだなあ、素敵。

世界がおそれた日本の武器が、生真面目さだったことは、歴史が証明してる。
維新後、どこよりも遅れた国が、たった50年で、どこよりも進んだ国になったこと、それを抑えこむ為に、当時、全てを持っていたはずの欧米列強はどれほどの力を使ったか、日本中を荒れ地にしても、まだ不安で、法律、教育、あの手この手で作り変えようとしたが、洗脳で、生真面目さを抜くことは出来なかった、戦後の経済成長がそれを証明している。
変わらないように見えても、時は流れてる。
いつまでもスネてるやつは、どんどん置いていかれる、隣にいるやつは、もう一歩を踏み出している。



12/21
はじまったと思ったら、もう月末。
生きてはいます。

続いてたなあ、もうすっかりネタが腐っちゃってるけど、いちおう。
(つづき)
でね、ばかばかしいな、と思ったわけです。
誰からも良くは思われない上に、本人は相変わらずなわけで、そんじゃあ、素でいかせてもらおう、と。
もう、セッキョは無しで、オレがムカついた時だけ、ムカつくんだよ、と言おうと決心したんです、そう決めた途端、さっそくやらかしてくれたんです、自分よか年下の子に、偉そうに命令してたんです、しかも、間違えた命令を。
だから、『おいこら、おうちゃくすんなよ、てめーでやれ』と、ソフトめに言いました、素といっても、本気で言うと、ビビっちゃう子なので、ソフトに。
ほんとは、ごちんとやりたかったんだけど、それも無く。

『すいません、すいません』ってはじまったけど、無視してたら、仕事が終わったあと、逃げるように帰っていきました。
んで、次の日、辞めてました(笑)
なんだそりゃ、と。
キレましたね、オレが真剣に怒って、気が済むまで殴ったんならともかく、抑えに抑えて、ソフトに言っただけなのに逃げてるってとこがムカつくんです、不完全燃焼。
あと、逃げたらカタがつくと思っていやがるところ。
ソッコー電話ですよ、何度かかけたんだけど、取りゃしない、しょうがないから、留守電にすごくソフトな声で、『もしもし、連絡だけください、大丈夫?』とか入れてね、かかってきたら、『とりあえず会って話そうよ』って言って呼び出して、出てきたらボコボコにしてあげよう、と思ってたら、それにも返事なし。

そうかそうか、と。
完全におケツをまくっちゃったのね、本当のオレを召還したいのねってことで、しょうがないから、バイト先の住所録調べて、家庭訪問してあげました。
たいそう驚かれていたようで、まさか、家にまで来るとは思っていなかった、と、顔が言ってました。 思った通りの顔。
『家まで来るとは思ってなかったんでしょ? 逃げ切ったと思ってたんだよね? 君ね、世の中をずいぶんナメてるようだけど、このくらいのことする人はゴロゴロいるんだよ、もっともっと恐い人もたくさんいるの、恐い人は、お金をちょうだいみたいなことも言うんだよ、気をつけなきゃね』と、マザーズタッチで、優しく顔とか、お腹とかをなでてあげました、スッキリ。



12/6
なんか続いてましたね、そういえば。
もーね、忙しいったらないの、目を回しているの、許容が小さいの、まだ歯医者も行ってないの、月曜日には行くから、ごめんってば。

ちょこちょこ動いてるので、ちょこちょこっとした面白いもんを見つけたりはします、例えばコレ
kuraya taxiというページにあります、毛筆の練習ができちゃうページです、意外とハマります。
ソフトを持ってなくても遊べるので手軽、キャプチャして年賀状にいかが?

こんな感じ。
 

(12/2のつづき)
オレはこういうタイプに、甘くも厳しくもないつもりだけど、世間ってのは激甘ですね、彼のヤル気は、それら(12/2参照)の行動から観て、明らかに場しのぎのウソなのに、『とりあえず、ルールは守ってるから』という理由でお咎めなし。
同様に、同僚のことを覚えようとしない失礼も、仕事を覚えようとしない失礼も、『見た目一生懸命だから』で、お咎めなし。
彼が何かをトチって、オレが怒ると、『すみません!すみません!』って、必ず、すみませんを2回言うのね(もちろん、しゃきーんと変身して)、これって、絶対すみませんって思ってない、てか、何故怒られてるか理解もしてない、する気がない、と、オレは思うんだけど、みんなはそれで納得。
ということで、オレは厳しい人になってしまう。

それならまだしも、『あのね、すみません!すみません!はいいから、次に間違えないように、しっかりオレの話を聞いて理解して』って言うと、猿の反省ポーズなみに、どよーんと萎れるんです、心の自問が聞こえそうなくらい。
その心の自問を、比較的良い意味で推測すると、『オレってなんでダメなんだろう、オレってダメダメ、でも、がんばれオレ、オレオレ』で、結局、人の話はちっとも聞いてないんですね。
でも傍目から見ると、すごく反省してる人と、それなのにまだ怒ってる人の図になって、まるでいじめてるみたいに見える。
こういうやつが、いちばん世の中ナメてるのに、わかんねえなあ、わかんねえかなあ?
(またつづく、、かも)



12/2
しーわーすー。

歯医者に通ってるんです。
先週中に、行かなきゃいけなかったのに、サボってしまいました、まだ4回目だというのに。 明日は行くつもりです、ごめんねデンティスト。

通ってる歯医者さんが、小太りで、ちょっと舌足らずな話し方で、なにげにこぶ平に似てるんです、なんか、うっかりはちべえとも通じるもんがある、子供の時に、『ボン、あきまへん、靴下がちんかたんでんがな』とか、『ボン、ガムはキャラメルとちゃいます、飲んだらあきまへん』とか言われてそう。
恐いよう。

ルックスって大事ですね、『見た目で判断するなんて!』なんてことを、よく言うけど、見た目から得られる情報って、とても多い。
バイトに、すごく痩せてて、ぴちぴちで寸足らずの黒のジーンズはいてる子が入ったんです、『もしかして、音楽やってる?』って、試しに聞いてみたら、『はい』ですって、大ウケ、分かりやすすぎる。
感覚が、新聞記者のベレー帽なみですよ。

んで、その子が、もうとにかくナヨナヨしていて、猫背で、つねに怯えた目をしてるんです、いらいら。
けど、挨拶はすごくって、彼がバイト初日の日(おかしいぞ)、『今日からバイトすることになりました! ○○です!! よろしくお願いします!!!』って、勢いありまくり。
けど、挨拶しなきゃってことに一生懸命なもんだから、相手をきちんと認識できてなくて、オレは、休憩室で談話中に背後から1回、職場と休憩室の間の廊下ですれ違いざま1回、トイレで用を足している時に背後から1回、職場で1回。
同じ挨拶を4回聞かされました、ちなみに3回目は、噛んでました。

『オールタイム全力投球』って彫り物してんじゃねーの?ってくらいのノリなんだけど、見られてない時(正確に言うと、見られている自覚のない時)は、眉毛の形が違うんです、わかりやすくだらんと下りてる、口は半開き。
んで、真横まで行って、『見てるよ』ってアピールをこちらがすると変身、しゃきーん!って音が聞こえそうなほど。
面白いから、何度かやりました、『見てるよ』のアピール。

いかん、時間がない。
次につづく、、、、かも。