懸田貴嗣 Takashi KAKETA HomePage since 1999.4.19
[last update
2012.8.22]

お知らせ
ブックマーク、リンクしていただいている方、
ページのURL
http://www.geocities.jp/kaketa/
へ修正お願いします。

CONTENTS

古楽参考文献 古楽に関する参考資料

古楽亭日乗 コンサートのお知らせなどはこちら。

  資料集 修士論文(2005)の抜粋。 

17-18th Century works for violoncello 

Ricreation d'Arcadia
ブログ(日本語) 

Ricreation d'Arcadia BLOG(English)

リンク・LINK


Biography プロフィール :

懸田 貴嗣 Takashi KAKETA

福島県生まれ。上智大学文学部ドイツ文学科卒業。
東京芸術大学音楽学部別科チェロ専攻修了後、東京芸術大学院音楽研究科修士課程古楽専攻修了。 
文化庁在外派遣研修員としてミラノ国際アカデミー(旧ミラノ市立音楽院)古楽科で学ぶ。
修士論文テーマは「C.P.E.バッハのチェロ協奏曲」(指導教官:久保田慶一教授)。

チェ ロを鈴木秀美、藤森亮一、北本秀樹、ガエタノ・ナジッロの各氏に師事。2004年イタリア・ボンポルティ国際古楽コンクール(審査委員長:グスタフ・レオ ンハルト)で、4人のトリオ・ソナタ・グループ「リクレアツィオン・ダルカディア」のメンバーとして、第1位と聴衆賞、及びORF(オーストリア国営放 送)録音賞を受賞。本選の模様はイタリアとORFラジオで放送された。

日本では、バッハ・コレギウム・ジャパン(鈴木雅明指揮)、オーケ ストラ・リベラ・クラシカ(鈴木秀美指揮)、レ・ボレアード(寺神戸亮指揮)、東京バッハ・モーツァルト・オーケストラ(有田正広指揮)、ヘンデル・フェ スティバル・ジャパン、札幌古楽の夏音楽祭、福岡古楽祭など国内の主要な古楽オーケストラ、音楽祭のコンサート、レコーディングに参加。
2005
年以降ヨーロッパでも活動を始め、イタリア、イギリス、ドイツ、フランス、スペイン、オーストリア、ポルトガル、ポーランド、スロヴェニア、トルコなど数 多くの音楽祭に招かれているほか、ラ・ヴェネシアーナ(クラウディオ・カヴィーナ指揮)、イル・コンプレッソ・バロッコ(アラン・カーティス指揮)のメン バーとして、ヨーロッパ各地で演奏活動を行っている。2008ORFラジオ生放送に出演。
これまで通奏低音奏者として、モーツァルト「コシ・ ファン・トゥッテ」(ルイゾッティ指揮、サントリーホール・オペラ)、ハイドン「騎士オルランド」(寺神戸亮指揮、北とぴあ音楽祭)、ラモー「プラ テー」、バッハによる「マタイ受難曲」、「ヨハネ受難曲」、「ミサ曲ロ短調」、「クリスマス・オラトリオ」など数多くの作品に関わった。モンテヴェルディ 作品で世界的に評価の高いイタリアのグループ「ラ・ヴェネシアーナ」とのモンテヴェルディ「オルフェオ」、「ポッペアの戴冠」、「ウリッセの帰還」、「聖 母マリアの夕べの祈り」、A.スカルラッティによる数々のオラトリオ、カンタータのヨーロッパ各地の上演では高い評価を得ている。
これまで関わったCD録音はEMI/VirginORFGlossaBISTDK CORE(Creative Core)DENON、コジマ録音など多くのレーベルに渡る。

エンリコ・オノフリ、エンリコ・ガッティ、グナール・レツボール、ガエタノ・ナジッロ、アレッサンドロ・パルメリ、バーバラ・ヘンドリクス、ロベルタ・マメリなど海外の著名な演奏家との共演も数多い。

2011
年に行われたエンリコ・オノフリ with チパンゴ・コンソート(室内楽&オーケストラ)の2公演では大反響を呼び、CDジャーナル、モーストリー・クラシック、音楽の友、などの音楽関係各誌上に おいて年間ベスト10やベスト5のコンサートとして選出されるなどした。

ラ・ヴェネシアーナ(イタリア)、オーケストラ・リベラ・クラシカ、リクレアツィオン・ダルカディア、チパンゴ・コンソート、テアトゥルム・アフェクトゥム(ドイツ)、アンサンブル・ジェネシスのメンバー。イタリア・ミラノと東京を拠点に活動している。


Takashi Kaketa - Biographie

(English)
With a B.A. degree from Sophia University Faculty of Letters, Takashi Kaketa completed the Tokyo National University of Fine Arts and Music Faculty of Music Non-Degree Performance Course for Cello, and also the same school’s Graduate School of Music, Music Research Masters Degree Early Music Course. He studied cello under Ryoichi Fujimori and Hideki Kitamoto, and baroque cello under Hidemi Suzuki, Gaetano Nasillo, Emmanuel Balssa, Roel Dieltiens. As a member of the ensemble Ricreation d'Arcadia, he was awarded the 1
st place prize, the audience prize, and the ORF (Österreichischer Rundfunk) recording prize at Italy’s Premio Bonporti 9th International Chamber Music Competition on Period Instruments, with Gustav Leonhardt as the president of the jury. While still a student he commenced both domestic and overseas performance activities, including playing with Bach Collegium Japan(Masaaki Suzuki), La Venexiana(Claudio Cavina), Il complesso Barocco(Alan Curtis), Orchestra Libera Classica(Hidemi Suzuki), Les Boreades(Ryo Terakado), Tokyo Bach Mozart Orchestra(Masahiro Arita), Handel Festival Japan, Sapporo Early Music Festival, Fukuoka Early Music Festival and other main early music orchestras and festivals in Japan, and also (by invitation) many music festivals in Italy, Austria, Germany, Poland and Slovenia.
He is a member of Orchestra Libera Classica, Ricreation d'Arcadia, and Theatrum Affectuum, Ensemble Vin Santo.

(italiano)
Dopo essersi laureato presso la Facoltà di Materie Umanistiche dell'Università di Sophia, Takashi Kaketa completa i suoi studi di violoncello presso l'Universita Nazionale di Arte e Musica di Tokyo; attualmente sta studiando per il master nel corso di Musica Antica nella Scuola di Musica per diplomati. Ha studiato violoncello con Ryoichi Fujimori e Hideki Kitamoto, violoncello barocco con Hidemi Suzuki, Gaetano Nasillo, Emmanuel Balssa, Roel Diletiens. Con l’ensemble Ricreation d’Arcadia, nel 2004 ha vinto il primo premio ed il premio dei pubblici, il premio della registrazione di ORF (Österreichischer Rundfunk) al concorso internazionale di Premio Bonporti, con Gustav Leonhardt come il presidente della giuria. Takashi Kaketa lavora attualmente con strumenti barocchi, collaborando con Bach Collegium Japan(Masaaki Suzuki), La Venexiana(Claudio Cavina), Il complesso Barocco(Alan Curtis), Orchestra Libera Classica(Hidemi Suzuki), Les Boreades(Ryo Terakado), Tokyo Mozart Bach Orchestra(Masahro Arita), Handel Festival Japan, Sapporo Festival di musica antica , Fukuoka Festival di musica antica e altre principale orchestre di musica antica e festival in Giappone, anche festival di musica in Italia, Austria, Germania, Polonia, e Slovenia.
E' membro dell' Orchestra Libera Classica, Ricreation d'Arcadia, Theatrum Affetuum, e Ensemble Vin Santo.

(
français)
Un degré de B.A. de la faculté d'université de Sophia des lettres, M. Kaketa a accompli l'universite nationale de Tokyo des arts et de la faculte fins de musique du cours d'exécution de Non-Degré de musique pour le violoncelle, et également de la même l'école graduée école de la musique, cours tôt de musique de maîtrise de recherches de musique. Il a étudié le violoncelle sous Ryoichi Fujimori et Hideki Kitamoto, et le violoncelle baroque sous Hidemi Suzuki, Gaetano Nasillo, Emmanuel Balssa, Roel Dieltiens. En tant que membre du d'Arcadia de Ricreation d'ensemble, il a été attribué le 1er prix d'endroit, le prix d'assistances, et le prix d'enregistrement d'ORF (Österreichischer Rundfunk) concour internationale de musique de chambre de Premio Bonporti de l'Italie à la 9ème sur des instruments de période, avec Gustav Leonhardt en tant que président du jury.
Tandis qu'un étudiant il débutait toujours des activités domestiques et d'outre-mer d'exécution, y compris le jeu avec Bach Collegium Japan(Masaaki Suzuki), La Venexiana(Claudio Cavina), Il complesso Barocco(Alan Curtis), orchestre Libera Classica, Les Boreades, festival Japon de Handel, festival de musique de Sapporo, festival de musique de Fukuoka et d'autres orchestres de musique de force et festivals au Japon, et également (par l'invitation) festivals de musique en l'Italie,
Il est un membre de Ricreation d'Arcadia, orchestre Libera Classica, Theatrum Affectuum et ensemble Vin Santo.

(Deutch)
Mit einem B.A. Grad von der Sophia Universitätsfähigkeit, führte Herr Kaketa die Tokyo nationale Universitat der feinen kunste und der Musik-Fahigkeit des Musik Nicht-Grad Leistung Kurses für Cello und auch graduierte Schule der gleichen Schule von Musik, Musik-Forschung Hauptgrad-früher Musik-Kurs durch. Er studierte Cello unter Ryoichi Fujimori und Hideki Kitamoto und barocken Cello unter Hidemi Suzuki und Gaetano Nasillo, Emmanuel Balssa, Roel Dieltiens. Als Mitglied des Ensemble Ricreation d'Arcadia, wurde ihm den 1. Platzpreis, den Publikum Preis und der ORF (Österreichischer Rundfunk) Aufnahmepreis Premio Bonporti Italiens an der 9. internationalen Raum-Musik-Konkurrenz auf Periode Instrumenten, mit Gustav Leonhardt als der Präsident der Jury zugesprochen.
Während noch ein Kursteilnehmer er die inländischen und überseeleistung Tätigkeiten, einschließlich das Spielen mit Bach Collegium Japan(Masaaki Suzuki), La Venexiana(Claudio Cavina), Il complesso Barocco(Alan Curtis), Orchester Libera Classica, Les Boreades, Handel Festival Japan, Sapporo Barock Musik-Festival, Fukuoka Barock Musik-Festival und andere Hauptleitung Barock Musikorchester und Festivals in Japan und auch (durch Einladung) Musikfestivals in Italien, in Österreich, in Deutchland und in Slowenien begann.
Er ist ein Mitglied der Orchester Libera Classica, Ricreation d'Arcadia und Theatrum Affectuum(Andreas Boelen), Ensemble Vin Santo.


ディスコグラフィー Discography
  G.F.Handel: Trio Sonate, Sonate per violino e basso, suite per clavicembalo
 リクレアツィオン・ダルカディア (松永綾子、山口幸恵、懸田貴嗣、渡邊孝

  F.A.Bonporti: Trio Sonate, serenata, motetto, concerto per violino
   ボンポルティ:トリオ・ソナタ、セレナータ、モテット、コンチェルト ORF  発売準備中
   リクレアツィオン・ダルカディア+ミッテルエウロパ・オーケストラのメンバー
  
  オーストリア・メルク古楽祭ライブ Internationale Barocktage Stift Melk 2005~2007 ORF EDITION Alte Musik
   Musica Antiqua Köln / L'orfeo Barockorchester / La Venexiana / Café Zimmermann / King's Singers / Ricreation D'Arcadia

  ・Thetrum Affectuum "Meraviglia Parlante"  Morox music, Amsterdam (634479766077)
  テアトゥルム・アフェクトゥム(アンドレアス・ベーレン・松永綾子・懸田貴嗣・渡邊孝)

  ・ボッ ケリーニ:弦楽五重奏曲集 Creative Core アルテデラルコ TDK-AD017 オープン価格 レコード芸術特薦
    ルイージ・ボッケリーニ(1743-1805) :・弦楽五重奏曲イ長調 G.316  ・弦楽五重奏曲ハ短調 G.314  ・弦楽五重奏曲ト短調 G.318
                          ・小弦楽五重奏曲変ホ長調 G.304
    若松夏美(Vn) 高田あずみ(Vn) 森田芳子(Va) 鈴木秀美(Vc)  懸田貴嗣(Vc)

  モーツァルト  フルートと管弦楽のための作品全集 (2枚組)  DENON COGQ21 
      フルート協奏曲 第2番 ニ長調 K.314/285d
      フルートとハープのための協奏曲 ハ長調 K.299/297
      フルート協奏曲 1 ト長調 K.313/285
      フルートと管弦楽のためのアンダンテ ハ長調 K.315/285e
      フルートと管弦楽のためのロンド協奏曲 ニ長調 K.373

      有田 正広 (フラウト・トラヴェルソ)  長澤 真澄(ハープ)
      東京バッハ・モーツァルト・オーケストラ  寺神戸 (リーダー)

  ・三宮正満&アンサンブル・ヴィ ンサント  Alquimista Record ALQ013
     パッヘルベル『カノン とジーグ』・マルチェッロ:『ヴェニスの愛』・ゼレンカ:『ヒポコンドリア』
     ヘンデル:『忠実な羊飼い』・バッハ:『アリア』

  ・J.S.バッハ:管弦楽組曲(全4曲) バッハ・コレギウム・ジャパン 鈴木雅明(指揮) BIS BISSA1431

  ・オーケストラ・リベラ・クラシカ Creative Core  アルテデラルコ  沢山発売してます。

  ・モーツァルト オペラ 《イドメネオ》 KV366 (3 枚組) <ライブ録音> 指揮:寺神戸 亮 コ ジマ録音 ALCD-1074.75.76

©TAKASHI KAKETA 2012