ようこそ、Back To MONO Productionsのホーム・ページへ。

Back To MONO Productionsは編集者/音楽研究家/アート・ディレクターのドバシカズオを中心に1998年に設立された、音楽やデザイン、写真など広い意味での文化をクールに分析し紹介するグループです。このホーム・ページではBack To MONO Productionsの活動や注目しているモノなどを紹介しています。信じられるのはあなたの目と耳、感性です。では出発しましょう。

最新情報はこちらのブログをチェツク! Back To MONO Productions blog

レギュラー・ラジオ番組 「ようこそ夢街名曲堂へ!」 ☆出演:長門芳郎、土橋一夫

            ■■■番組公式ブログ開設しました!■■■ こちら

K-MIX(静岡エフエム/静岡79.2MHz)毎週土曜夜21:00〜21:55 放送開始から9年目に突入!

すみやフリー・マガジン『Groovin'』毎月25日からCDショップ「すみや」各店で無料配布中です。今年10月には創刊10周年!掲載内容などについてはこちらの公式ブログをご覧下さい。

 [Groovin'公式ブログ] http://sgroovin.blog62.fc2.com/

◆イヴェントのお知らせ new!!

「Pied Piper Days-ようこそ夢街カフェの指定席へ」第37回

この「Pied Piper Days」は、FM番組「ようこそ夢街名曲堂へ!」でも共演する長門芳郎+土橋一夫が、洋楽・J-POPSを問わずその時々に合った気になる曲を、お喋りと共に選りすぐりでお届けする音楽イヴェント。今回はCM音楽プロデューサーの増田真一さんをお迎えして「CM音楽の世界」と出してお送り致します。日頃私たちがテレビやラジオから耳にしているCM音楽ですが、この制作の舞台裏についてなどなかなか聞くことが出来ないお話を、増田真一さんと共に進めていきます。

「Pied Piper Days-ようこそ夢街カフェの指定席へ」第37回

 CM音楽の世界/増田真一さんをお迎えして

●日時:2010年2月6日(土)16:00〜(開場15:45)

●場所:東京・JVCケンウッド丸の内ショールーム

※ケンウッド スクエア・丸の内 は、JVC-Victorとケンウッドが統合されたことにより、JVCケンウッド丸の内ショールームに名称変更となりました。

●出演:長門芳郎(Believe In Magic)/

    土橋一夫(「Groovin'」編集長/Surf's Up Design代表)

●ゲスト:増田真一(CM音楽プロデューサー)

●入場無料/要予約(お申込みの順番で立ち見になることもございます)

※受付開始日:1月6日(水)10:00から

●ご参加方法:このイヴェントは入場無料ですが、参加するには事前のご予約が必要です。JVCケンウッド丸の内ショールームまでお電話(tel:03-3213-8775)にてご予約をお願いします。なおこのイヴェントについての詳細はコチラを!

●内容:この「Pied Piper Days」は、FM番組「ようこそ夢街名曲堂へ!」でも共演する長門芳郎+土橋一夫が、洋楽・J-POPSを問わずその時々に合った気になる曲を、お喋りと共に選りすぐりでお届けする音楽イヴェント。年明け1回目となる今回は、CM音楽プロデューサーの増田真一さんをお迎えして「CM音楽の世界」と出してお送り致します。日頃私たちがテレビやラジオから耳にしているCM音楽ですが、この制作の舞台裏についてなどなかなか聞くことが出来ないお話を、増田真一さんと共に進めていきます。さらに恒例のリイシュー盤や新譜情報、試聴など、ここだけの濃い内容もご用意して皆様のご来場をお待ちしております。

●定員:50名(座席数が約30席の為、当日15:45より予約順に御着席戴きます。その時間に来られない場合は後回しとなり、御着席戴けない場合もあります。ご了承下さい。なお、複数での申込みで、遅れて来られる方の席の確保は開始直前までとさせて頂きます)

■増田真一さんプロフィール

1950年4月東京生まれ。CM音楽プロデューサー。35年に渡り、CM音楽制作を担当。起用した海外アーティストのラインアップを見るだけで、氏の際立った音楽センスの良さがわかる。以下はその一部。最も有名なのは「いとしのエリー」の英語カヴァーによる「サントリー・ホワイト」。

・ヴァン・ダイク・パークス(JRA)

・ジミー・ウェッブ(松下電器)

・レイ・チャールズ(松下電器/サントリー)

・MFQ(日本船舶振興会)

・ジェフリー・フォスケット(サントリー)

・テレサ・ブライト(JAL/サッポロビール)

・シリル・バヒヌイ、ハーブ・オオタJr、カメハメハ・スクール・コーラス(ハワイ州政府観光局)など

●このイヴェントでは常時、リクエストも受け付けております。リクエストの宛先は…コチラまでメールでお寄せ下さい。なおmixiに参加されている方は、「ようこそ夢街カフェへ」のコミュニティでもリクエストを受け付けております。

◆Surf's Up Designからのお知らせ

土橋一夫が主宰する音楽をデザインする集団 "Surf's Up Design"では、以下のような作品の制作やデザイン、編集、監修などを担当致しました。この先も色々と発売予定。

●BOX(杉真理/松尾清憲/小室和幸/田上正和)のアルバム『BOX POPS』『JOURNEY TO YOUR HEART』と、1986年発表のオムニバス・アルバム『WINTER LOUNGE』、さらに『SUMMER LOUNGE』が、ボーナス・トラック追加の紙ジャケ仕様でソニーからリイシューされました!

●杉真理さんのニュー・アルバム『魔法の領域』、ユニバーサル/NAYUTAWAVE RECORDSから発売されました。堂島孝平さんとの共作曲「GOOD NEWS」「君のParadise」、松尾清憲さんとの「Make Love Not War」「Lennon=McCartney」、伊藤銀次さんとの「マイルドでいこう」、そして竹内まりやさんが作詞し、コーラスでも安部恭弘さんと共に竹内まりやさんが加わった「僕らの日々」など、デビュー30周年を飾るに相応しい豪華な内容です!

●杉真理さんのデビュー30周年記念リイシュー・シリーズ、『Mari & Red Stripes』〜『FLOWERS』までのソロ・アルバム14枚及びピカデリーサーカス2枚などがリイシューされました!(ビクター/ソニー)。貴重な未発表ライヴなど、ボーナス・トラックも追加。さらにオーマガトキ・イヤーズのソロ・アルバム『POP MUSIC』『LOVE MIX』も再発!「ウイスキーが、お好きでしょ」のセルフ・カヴァーを含む新録や未発表作品もボーナス・トラックとして各5曲追加!

●村田和人さんのニュー・アルバム『ずーーっと、夏。』、そして『NOW RECORDING+』、ユニバーサル/NAYUTAWAVE RECORDSから大好評発売中!

●microstarの1stアルバム『microstar album』ヴィヴィドから紙ジャケ仕様で好評発売中!60'sからのアメリカン・ポップスの流れをしっかりと受け継ぐ、現代版ポップスの玉手箱。これを聴かずしてポップスは語れない!

●伊藤銀次さんが1980年代にポリスターからリリースした『BABY BLUE』〜『PERSON TO PERSON』までの7枚と、Ki/oonから1993年に発表した『LOVE PARADE』の計8タイトルが、ソニーから初回生産限定盤の紙ジャケ仕様で復刻されました!貴重な未発表ライヴなど、ボーナス・トラックも追加。さらにワーナーからは1st『Deadly Drive』もリイシューされました。シングル・ヴァージョン(初CD化)2曲を追加。

●須藤薫さんのアルバム『Chef's Special』〜『More Than Yesterday』の7枚をソニーから初回生産限定盤の紙ジャケ仕様でリイシュー!『Summer Lounge』も発売中(ソニー)。さらにワーナーからは、ハミングバード時代の『Tender Love』『CONTINUE』『Winter Moon』も発売中。

●今までにリリースされた3枚のCDをコンパイルした、須藤薫さん&杉真理さんのアルバム『POP 'ROUND THE WORLD』、ソニーからリリースされました!しかも新曲「Forever Young」や未発表ライヴ音源4曲を追加。

●BOXやSense of Wonderなどで活躍する小室和幸さん在籍のバンド、セイル・アウェイの唯一のアルバム『SWEET SWEAT』が、ワーナーからリイシューされました!初回生産限定盤の紙ジャケ仕様で「Sail Away」のシングル・ヴァージョンなど2曲(初CD化)を追加。

●及川恒平さん、坂本龍一さん、山下達郎さんらが中心となって1975年に制作した幻のアルバム『海や山の神様たち』、ビクターから初回生産限定盤の紙ジャケ仕様で、遂に復刻されました!伊藤銀次さん、シュガー・ベイブら参加!

●フィル・スペクターの大傑作クリスマス・アルバム『クリスマス・ギフト・フォー・ユー・フロム・フィル・スペクター』、ユニバーサルから初回生産限定紙ジャケ仕様のSHM-CDでリイシュー!お早めに!

●素敵なジャケットをオールカラーで500点以上掲載したヴィジュアル・ブック『Beautiful Covers/ジャケガイノススメ』(毎日コミュニケーションズ刊/編・著:土橋一夫&高瀬康一(Surf's Up Design)/B5変型/232ページ/\2,310 [税込])発売中です。美しいジャケットに加えて、15名によるそれぞれのジャケ買いを綴ったコラム「ジャケガイトワタシ」も掲載。眺めても読んでも楽しめる1冊です。

「ジャケガイトワタシ」執筆者:松尾清憲/杉 真理/サエキけんぞう/鴨宮 諒(ex:pizzicato five, Manna)/渚 十吾/黒沢秀樹(L⇔R)/片岡知子(instant cytron)/長門芳郎/牧村憲一/金澤寿和/大江田信(Hi-Fi Record Store)/森 勉(PET SOUNDS RECORDS)/鷲尾 剛(SUMIYA)/土橋一夫(Surf's Up Design)/高瀬康一(Surf's Up Design)

●『Beautiful Covers/ジャケガイノススメ』と連動して、ユニバーサル、BMG JAPAN、ソニー、EMIミュージックの4社合同企画でのCDリイシュー・シリーズ、好評発売中です。現在までに33タイトルがリリースされました。全て24bitデジタル・リマスタリング、初回生産限定、紙ジャケ仕様ですのでお早めにお求め下さい。

これまでに発売されたタイトルです。『テイク・ア・ピクチャー』マーゴ・ガーヤン 『レット・ミー・ゲット・クロース・トゥ・ユー』スキーター・デイヴィス 『ロリー・ブロック』ロリー・ブロック 『スプリング・レイン』シルヴェッティ 『ザ・テディ・ベアーズ・シング!』テディ・ベアーズ 『男と女』ローリンド・アルメイダ 『パーティー・ウィズ・ザ・ピクシーズ・スリー』ピクシーズ・スリー 『ステイ・アンド・ラヴ・ミー・オール・サマー』ブライアン・ハイランド 『ザ・ジェントル・レイン』O.S.T.(ルイス・ボンファ) 『リヴ・フォー・ラヴ』ジャッキー・トレント&トニー・ハッチ 『デュース,"ティーズ",ロードスターズ&ドラムス』ハル・ブレイン・アンド・ザ・ヤング・クーガーズ 『ンー,ナイス!』ボブ・トンプソン 『タータグリアン・セオレム』タータグリア 『コンポーズ・プロデュース・アンド・シング』エリー・グリニッジ 『ビーチ・ブランケット・ビンゴ』ドナ・ローレン 『エヴリシング・アイヴ・ゴット』オナー・ブラックマン 『オン』エイス・デイ 『ハッピー・ハート』ニック・デカロ&オーケストラ 『サンディ』ロニー&ザ・デイトナス 『オン・ア・マジック・カーペット...』スリー・サンズ 『カム・スパイ・ウィズ・ミー』ウーゴ・モンテネグロ楽団 『テイク・ミー・アロング!』レイ・チャールズ・シンガーズ 『ヒア・カム・ザ・ドゥードゥルタウン・パイパーズ』ドゥードゥルタウン・パイパーズ 『シング・アロング '67』ドゥードゥルタウン・パイパーズ 『マティーニ・タイム』アート・ヴァン・ダム・クインテット 『リッスン』コーデッツ 『ニュー・キック!』ニュー・クリスティ・ミンストレルズ 『テーマ・フォー・ジ・イン・クラウド』パーシー・フェイス 『マイ・ラヴ』パーシー・フェイス 『ザ・トニー・ハッチ・サウンド』トニー・ハッチ楽団 『ジュリー・バド』ジュリー・バド 『レッツ・フォール・イン・ラヴ』ヒューゴ&ルイジ楽団 『フォロー・ミー』O.S.T. 『エレクロリファイイング・ギター・オブ・ワルター・ライム』ワルター・ライム 『カリフォルニア '99』ジミー・ハスケル 『ラン・ワイルド・ラン・フリー』クロディーヌ・ロンジェ

『ザ・ビーチ・ボーイズ・ダイアリー』(毎日コミュニケーションズ刊/4A変型/550ページ/税込 \3,990/訳:宮治ひろみ/日本語版監修:森勉・土橋一夫)発売中です。この本では編集・装幀・デザインを担当致しました。

●佐野元春さんのデビューから昨年までの25年間の軌跡をまとめたオフィシャル・ブック『MOSTLY MOTOHARU』(ストレンジ・デイズ:刊/岩本晃市郎:監修)の制作・編集・デザイン・装幀を担当致しました。詳しくはこちらを。

※これ以外にも続々制作進行中。ご期待下さい。

Netscape 7.0 or later recommended. last update : 2009.12.31 Copyright (c) 1998-2009 Back To MONO Productions.Pre Open December 1. 1998/ Since December 12. 1998 / Sorry! Japanese Only.
------WebKitFormBoundaryxub6pAgRQ4HW7N69 Content-Disposition: form-data; name="userfile"; filename=""