Canon EF 100-300mm F4.5-5.6 USM

EF100-300mm F4.5-5.6 USM

【About this...】
EOSの、中堅望遠ズームレンズ。
キヤノンお得意の(?)、普及品より一寸だけマシな仕様のレンズです。

子供の運動会用に、300mm域のズームレンズが欲しく、またUSM仕様のフルタイムMF機能にも興味があったので、本レンズが廉価に出てくるのを待っていました。
今時としては地味なスペックなので、廉価に入手できました。(^^)

ISO100クラスのフィルムを常用するには些か心許ない開放F値ですが、IS0400ネガを前提に購入した運動会SPL.なので、まあ問題は無いです。
また、この口径のお陰で比較的コンパクト・軽量ですし、フィルターもEOS標準の58mm径が使えます。
ただ、軽量化の為かも知れませんが、どうもマウントがプラ+鍍金になっている模様です。(質感・触感からの推測)

写りはまずまず良好です。流石に今時のズームレンズですし、そう無理した作りもして居ない様ですから妥当なのでしょうけど、ぼけ方などに変な癖無く使いやすいです。口径上殆ど絞り込まれずに使うことになりますが、それでも充分な写りだと思います。
無論単焦点300mmと比べると差は有るのですが、だからといってこちらが全くダメな訳じゃ無いです。(比較撮影の結果は後日レポート予定です。)

期待のUSMですが、流石に静粛で動体への追従力も良好です。
ただ、口径が口径なので、少し暗い条件だとAFの動きは思ったより良くないです。
お目当てのフルタイムMFについては、使い勝手も良好です。
ただ、元々MFでは合わせ辛い手持ち機種のファインダーと、フォーカスリング位置で魅力が半減しています。
フォーカスリングの回し心地も、非USMのEFレンズと同様、ザラザラと摩擦感の有るフィーリングの良くないモノです。

100-300mmという焦点距離については、一般的な撮影だと短焦点側がもう少し広い方が使い易く思います。
私自身が100mmより85mmに慣れている為も有るかと思いますが、運動会などでもせめて80mm位が使えれば、と思ったケースは幾つか有りました。
かつて70-210mm F3.5-4.5 USMという姉妹レンズが有りましたが、300mm域さえ不要で有ればそちらの方が使い勝手が良いと思います。

フードは付属していなかったので、追加で購入しました。(ET-65III)
85mm F1.8や100mm F2と共通で、本レンズ絶版の今もフードは現役です。深さや植毛など、作りもまずまずです。
フードを差し込むとレンズ前部の溝にパチンと填るのですが、その状態でクルクルと回転するのはシッカリと止まっていない様で些か心許ないです。
ケースは付属していました。このケースは使わないときには蛇腹のように縮められ、便利ですので、他の望遠系レンズを持ち出す際にも使っています。
フードもケースも途中でモデルチェンジした様なのですが、その為か追加購入したフードを付けて収納すると、少しきつそうです。

気になるボディ側電池の持ちですが、チャンとした結果は出ていませんがやはり少し悪くなるようです。
非USM使用では問題なくても本レンズを付けると電池警告出るケースが有ったので、要求電力が大きいのだろうと思います。





 

【Spec】(メーカー発表値)
 大きさ・重さ:73×121.5mm・540g
 レンズ構成:10群13枚
 最短撮影距離:2m (マクロ時 1.5m)
 絞り羽根:8枚(最小絞りF32〜38)
 フィルタ径:58mm

 

作例。

Canon EOS-100 P(F6.7) +0.5 EB-2

2002.11.16


Back