SMC Pentax-M 50mm F1.4

M50mmF14【About this...】
Mシリーズの代表的標準レンズ。
光学系自体は、Kシリーズのと同じ(SMC-Takumarから同じ)という事なのですが、Mシリーズボディに合わせて、鏡筒を一回り小さく作り直して有ります。
(Takumarの頃のサイズに戻った、とも言えますが...)

SMC-Takumarの50mmF1.4も使用していたのですが、「中身が同じ」筈なのに、比べるとMの方が発色・コントラストが良くなっている様に思います。
経年変化も勿論有ると思いますが、硝材・コーティング材や加工精度の改良、鏡筒(特にマウント部)の相違による内面反射の差、等が有るのかも知れません。

描写としては、逆光に強く、細かな線まで解像し、コントラストも優れたレンズだと思います。
ただ、解像度優先なのか、中途半端な絞り・背景との距離で、汚い2線ボケを出してくれますので、使う際にはその辺りに注意が必要です。

この後、Aシリーズ化される際に、50mmF1.4は新設計となり、以後現行のFAレンズまで光学系が同じですが、こちらはコントラストが穏やかで、ボケも良くなっている様に思います。

このM50mmF1.4レンズは、一時期35-105mmF3.5ズーム一本で撮影していた私を、再び単焦点に戻させてくれた逸品です。
(余談ですが、今手許に有るのは、つい最近入手した2本目です。)
やはり描写や明るさは格段の差が有りますし、撮影する際に軽量コンパクトなのはフットワークにも影響して来ます。(Mシリーズボディなので、尚更なのでしょうが。)
私の場合、前記ズームを使っていても、結局使う焦点域は35/50/105(or80)辺りだけで、撮影中にグルグルとズームリング回すことも余り無かったのですが。

で、撮影持ち歩きのデフォルトは、結局35mm(or28mm)・50mm・85mm(or105mm)の軽量レンズセットに落ち着いて居ます。

 

【Spec】(メーカー発表値)
 大きさ・重さ:63×37mm・238g
 レンズ構成:6群7枚
 最短撮影距離:0.45m
 絞り羽根:8枚(最小絞りF22)
 フィルタ径:49mm

 

作例

Pentax ME F4・Auto KR

1999.10.02


Back