基礎編〜RPN・NRPN


RPNとは「レジスタード・パラメータ・ナンバー」の略で、MIDI規格1.0において定義されているものです。だから、原則的には全てのGM対応音源に共通して使用することが出来ます。(RPNに対応していないMIDI音源も中にはありますが)それに対してNRPN「ノン・レジスタード・パラメータ・ナンバー」の略で、MIDI規格では特に定義されていない(ノン・レジスタード)パラメータです。これはそれぞれの機種固有の拡張機能を使用する設定なので、同じ設定でも各機種(各社)によってその内容が変わってくることがあるので注意が必要です。

RPNパラメータ
Pitch Bend Sensitivity
Master Coarse Tuning
Master Fine Tuning
RPN NULL

NRPNパラメータ
Vibrate Rate
TVF&TVA Env. Release Time
Vibrate Depth
Dr.Inst. Pitch Coarse
Vibrate Delay
Dr.Inst. TVA Level
TVF Cutoff Frequency
Dr.Inst. Panpot
TVF Resonance
Dr.Inst. Reverb Send Level
TVF&TVA Env. Attack Time
Dr.Inst Chorus Send Level
TVF&TVA Env. Decay Time
Dr.Inst Delay Send Level


<表の見方>

RPN/NRPN No.
Data Entry
パラメータ名
MSB
LSB
MSB
LSB

ここに解説を書いています。
なお、MSBとLSBに対応するCC#はそれぞれ以下の通りです。

RPN MSB CC#101 NRPN MSB CC#99 Data Entry MSB CC#6
RPN LSB CC#100 NRPN LSB CC#98 Data Entry LSB CC#38

 

[ RPN ]

Return
MSB
LSB
MSB
LSB
ピッチベンド・センシティビティ
0
0
mm
---

いわゆるベンドレンジです。ピッチベンドで変化する音程の幅を設定します。半音単位で設定しますので、例えばベンドレンジを1オクターブに設定する場合は、"mm"の値を12にすればいいわけです。最大2オクターブ(24)まで設定できます。
なお、初期設定は2(1音)に設定されています。
mm = 0-24


MSB
LSB
MSB
LSB
マスターファインチューニング
0
1
mm
ll

音程を1/100単位で調整します。ドラムパートでも調整することが出来ます。
mm = 0-127 , ll = 0-127

Return
MSB
LSB
MSB
LSB
マスターコースチューニング
0
2
mm
---

音程を半音単位で変化させます。シンセの「トランスポーズ」機能と同等のものと考えていいでしょう。上下2オクターブまで設定できます。
mm = 40-64-88


MSB
LSB
MSB
LSB
RPN ヌル
127
127
---
---

これを受信すると、その後新たにRPNやNRPNを設定しない限りData Entry(CC#6)を変化させても音源はそれを受信しなくなります。既に設定済みのRPN/NRPNには影響ないので、RPNやNRPNを設定し終わったらRPN NULLを入れておくと安全です。
RPN NULLはData Entry(CC#6)を設定する必要がありません。

Return

[ NRPN ]

MSB
LSB
MSB
LSB
ビブラート・レイト
1
8
mm
---

ビブラートの速さを設定します。この値を大きくすると速いビブラートになります。
mm = 0-64-127 , 初期値 : 64


MSB
LSB
MSB
LSB
ビブラート・デプス
1
9
mm
---

ビブラートの深さを設定します。この値を大きくするとビブラートの揺れが大きくなります。
mm = 0-64-127 , 初期値 : 64

Return
MSB
LSB
MSB
LSB
ビブラート・ディレイ
1
10
mm
---

ビブラートがかかり始めるまでの時間を設定します。この値を大きくすると、ビブラートがかかり始めるまでの時間が長くなります。
mm = 0-64-127 , 初期値 : 64


MSB
LSB
MSB
LSB
カットオフ・フリケンシー
1
32
mm
---

フィルターです。設定した値(周波数)より高い周波数帯の音をカットします。この値を大きくすれば硬く明るい音になります。
mm = 0-64-127 , 初期値 : 64

Return
MSB
LSB
MSB
LSB
レゾナンス
1
33
mm
---

Cutoffで設定した値(周波数帯)付近の倍音を増幅します。この値を大きくするとクセの強い音になります。
mm = 0-64-127 , 初期値 : 64


MSB
LSB
MSB
LSB
アタックタイム
1
99
mm
---

音が立ちあがってからピークになるまでの時間を設定します。この値を大きくすると、音の立ちあがりが緩やかに、小さくすると鋭くなります。
mm = 0-64-127 , 初期値 : 64

Return
MSB
LSB
MSB
LSB
ディケイタイム
1
100
mm
---

音が立ちあがってからサスティンレベルになるまでの時間を設定します。この値を大きくするとサスティンレベルになるまでの時間が長くなります。
mm = 0-64-127 , 初期値 : 64


MSB
LSB
MSB
LSB
リリースタイム
1
102
mm
---

ノートオフしてから音が消えるまでの時間を設定します。この値を大きくすると音がなかなか消えなくなります。
mm = 0-64-127 , 初期値 : 64

Return
MSB
LSB
MSB
LSB
ドラム:ピッチ
24
rr
mm
---

ドラム音色のピッチを設定します。
mm = 0-127 , rr はドラムのインストゥルメントナンバーです。


MSB
LSB
MSB
LSB
ドラム:レベル
26
rr
mm
---

ドラム音色の音量を設定します。
mm = 0-127 , rr はドラムのインストゥルメントナンバーです。

Return
MSB
LSB
MSB
LSB
ドラム:パンポット
28
rr
mm
---

ドラム音色の定位を設定します。
mm = 0-127 , rr はドラムのインストゥルメントナンバーです。


MSB
LSB
MSB
LSB
ドラム:リバーブセンドレベル
29
rr
mm
---

ドラム音色のリバーブ量を設定します。
mm = 0-127 , rr はドラムのインストゥルメントナンバーです。

Return

MSB
LSB
MSB
LSB
ドラム:コーラスセンドレベル
30
rr
mm
---

ドラム音色のコーラス量を設定します。
mm = 0-127 , rr はドラムのインストゥルメントナンバーです。


MSB
LSB
MSB
LSB
ドラム:ディレイセンドレベル
31
rr
mm
---

ドラム音色のディレイを設定します。
mm = 0-127 , rr はドラムのインストゥルメントナンバーです。

Return

戻る
次へ