家 族 紹 介

家族写真

 1月13日、息子カズの通うO保育所で、(私が密かに楽しみにしていた)祖父母参観「餅つき会〜ミズキ団子づくり」が行われました。

 「餅つき会」は、小正月の行事として毎年行っているものですが、なぜ私が楽しみにしているかというと、お餅は私の大好物なのです。
 (今回は、上さんを家に置き、年次休暇を取得し、わざわざ参加したというわけであります。・・・余談ですが、盛岡市の実家では、今でも毎年臼(うす)と杵(きね)でペッタンペッタン餅つきをし、親戚に配っております。)

餅つきまえの「お歌」の披露  エプロンと“ほっかむり”(と言うの?)をして、全員ホールに集合!

 お餅をつく前に「お歌」(イカ・イカ・イルカなど)の披露です。

 (小中学校の冬休み中、また、風邪がはやっていることなどもあって、いつもの3分の1くらいの人数なそうです。)

餅つき開始!  おじいちゃん、おばあちゃんがお餅をつき始めました。

 さすがに、年季が入って上手です。

だんだんお餅になってきました。  だんだん、お米からお餅になってきました。

真剣にミズキの芽をつむ兄カズ  お餅がつき上がるまでの間、子ども達は、ミズキの芽をつむ作業です。

 なお、ミズキとは、「枝が一カ所から放射状に出る木(輪生と言います。)で、濃い赤紫色の冬芽がつき、木に色とりどりの団子を刺して小正月の時の飾りに利用します。ミズキの木はこけしの材料として良く利用される木でもある」そうです。

いよいよ、ミズキ団子を作ります。  子供達の作業に平行して、おばあちゃん、お母さん達は、つき上がったお餅を伸ばして角切りにし、ミズキに付ける団子を作る作業を行います。

兄カズも取り付け作業中  でき上がった団子を、いよいよミズキにくっつけます。

真剣な表情の兄カズ  真剣な表情!の兄カズ

ミズキ団子の完成!  飾り付けも済み、完成したミズキ団子です。

 (壁への取り付けが少々大変でした。)

兄カズ「まっすぐ杵(きね)を振り下ろした(成功)の図」  次はいよいよ“食べるお餅”を作ります。

 つき上がってきたら、子供達が交代で一人5回つきました。(ペッタンペッタン)

兄カズ「ちょっと失敗の図」  「力を入れないと、うまくつけないよ!」

きな粉餅の完成!  できあがった「きな粉餅」です。(とても美味しかった!)

 (・・・お父さん(私)は、お代わりをし、約10切れ食べたことは内緒にしておいてください・・・。)

「けんちん汁」を食べる兄カズ  兄カズいわく「仕事をした後は、お餅&けんちん汁がうまい!!」
 (・・・と言ったかどうか。)

  E-mail : hosogoe@mail.goo.ne.jp
 次(私の楽器(チューバ))へ

 ホームページへ戻る