サイレントブラス買いました!


取扱説明書表紙  待ちに待ったチューバ用サイレントブラスシステムがついに発売されました。

 発売は半年前(99年2月)なので、店頭などで実際に見たり、試奏してみた方もいらっしゃるのではないかと思います。

 発売当初、限定○○セットなどという噂(?)を聞き、私も即購入すべきか大いに迷いましたが、決して安い買い物ではないので、様子を見て(評判を聞いて)から購入を検討することにしました。(お金の工面も出来なかったので・・・。)

 発売後しばらくして、関東のアマチュアオケに所属している大学時代の同期のチューバ吹きから、「サイレントブラス買ったぞ!」と連絡がありました。
 彼の話では『サイレントブラスは、“指をさらう”のには良い(便利だ)が、音づくりは不可(出来ない)。』とのこと。

 トロンボーン用のサイレントブラスを買った知り合いの方からは全く同じ感想を、また、トランペット用のサイレントブラスを買った大学の後輩からは『セット(準備)するのが面倒臭い。』という感想を聞いていたので、いよいよ購入について迷いましたが、6月13日()の久慈(くじ)ウィンドアンサンブル定期演奏会で演奏予定のアンサンブル曲の指をほとんどさらっていなかったことから、6月の第1週に東京に出張に行った際、山野楽器銀座本店に寄り、(上さんに内緒で貯めていた軍資金で)サイレントブラスシステム『SB1』(チューバ用)をついに買ってしまいました。


 購入後、使ってみたのは2回だけで、そのうちの1回は、このページ用の写真を撮るためです。

 大金をはたいて購入したサイレントブラスなので、これからどんどん「有効活用」したい思いますが、購入前に製品に抱いていたイメージと、実物とでは、かなり違うところがあります。

 私のように田舎に住んでいると、メーカー(ヤマハ)の情報以外、チューバ用サイレントブラスの情報はほとんど手に入りません。

 製品を購入した1ユーザーとして、このページで、出来るだけ客観的に(私なりに)チューバ用サイレントブラスを紹介してみたいと思います。
 これから、チューバ用サイレントブラスの購入を検討しようという方や、メカに興味のある方(?)の参考になればと思います。

'99.8.17 

【サイレントブラスシステム購入データ】
● 購入日         99年6月
● 購入楽器店      山野楽器銀座本店
● 購入価格(税抜き)  5万○○○○円(レシート紛失のため端数不明)
● 購入後の運搬方法  ビニルひもと包装紙で包装してもらい、自分で運搬
  (結構でかく、人目を引きました。・・・出張道具もあり、重くて帰りは非常に疲れました。・・・運搬用キャスターがあれば楽かも)

【サイレントブラスシステム『SB1』(チューバ用)の紹介】
● 写真その1
● 写真その2
● 写真その3
● 取扱説明書(抄)
● 感想

【ヤマハサイレントブラスシステム『SB1』(チューバ用)公式ホームページ】
 → 製品の概要や仕様なども併せてご覧ください。

  E-mail : hosogoe@mail.goo.ne.jp
 ホームページへ戻る