Shall We ダンス ?

ブラックプール(イギリス)

 イギリスの西部中央、有名な都市で言えばリバプールに近いブラックプールは、知る人ぞ知るソシアル・ダンスのメッカ。毎年5月末にウィンターガーデンズ(写真右)のエンプレス・ボールルームで開かれるダンス・フェスティバルには、選りすぐりのカップルが参加して、街全体がダンス・シティと化す。映画「Shall We ダンス ?」は、この大会に出場した舞(草刈民代)が、アクシデントで失意のうちに帰国し、駅前にあるダンス教室の先生になるところから始まる。
 舞が失格する冒頭のダンス大会シーンは、この街のシンボル、ブラックプール・タワー(写真下)にあるタワー・ボールルームで撮影された。

行き方 ロンドンに「東京駅」のような「ロンドン駅」というのはなく、地方へ向かう列車の始発駅は行き先によって違っている。マンチェスターやリバプール方面は、ロンドンの「ユーストン駅」から出発する。
 イギリスの切符は往復の割引率が高い。ブラックプールまでの往復切符を買って、まずマンチェスターまで行く。そこで乗り換え、次の目的地はプレストン。さらに乗り換えて終点ブラックプールへ。うまく接続列車があれぱ、マンチェスターからブラックプールまで乗り換えなしで行ける。ロンドンからブラックプールへの所要時間は約4時間。
 プラックプールには北駅と南駅があるが、どちらに着いても、タワーを目指して歩けばよい。
 マンチェスターからロンドンへ帰る最終列車は夜8時で、これに乗ろうとする日帰りの客が5時頃になると引きあげるため、ブラックプールの街は急に潮が引いたように人がいなくなる。
 


ワールド

 映画の終盤。杉山(役所広司)が、やっと現われるダンス大会の会場シーンは、大阪・梅田のダンスホール「ワールド」で撮影された。しかし、「ワールド」は2001年3月をもって閉鎖となり、現在はその敷地も駐車場に変わってしまった。写真は当時のダンス・フロア

トップページへ

       掲示板へ