M:i-2

 M:i-2(ミッション・インポシブル2)のロケはアメリカ・ユタ州のモアブから始まり、大部分をストーリーが展開するオーストラリアで撮影。オーストラリアの奥地、ブロークン・ヒルの雄大な風景も生かされている。

トム・クルーズが降り立ったビル

 イーサン・ハント(トム・クルーズ)が、ヘリからロープで屋上へ降り立った製薬会社のビルは、港に近いAMPビル(写真の左、高いビル)。写真はシドニーで一番高いAMPタワーの展望台から北に向かって撮ったもの。屋上の構造が、普通のビルとは違っていることから選ばれたらしい。
 AMPタワーには、1時間で360°回転する展望レストランがある。食事はビュッフェ形式で、並んだ肉の中にはカンガルー、ワニ、ラクダもある。夜景とワニ料理が目的で1階違いの別のレストランへ行くオプショナル・ツアーもあるというが、変わった肉を食べる経験をしてみたいと言う人には、ビュッフェのほうがおすすめ。口に合わなければやめればいいし、気に入ったら食べ放題。


ロイヤル・ボタニカル・ガーデン

 ラスト・シーン。平穏な公園を市民が行き交い、トム・クルーズがナイア・ホール(サンディ・ニュートン)とすれ違う場面。右の写真でわずかに屋根が見えるオペラ・ハウスの手前、ビルとビルの間からのぞいている緑地がそこで、普段は公園内立入禁止。残念ながらAMPタワーからは公園の全景を望むことが出来ない。


M:i-2の家

 トム・クルーズの敵役、アンブローズ(ダグレイ・スコット)の家は、シドニー港に面した場所に建てられた映画のためのセットだった。際立って個性的、美しい家だったので、シドニー観光クルーズのメニューに「M:i-2の家」というのが追加され、観光船が近くを通るため撮影がしばしば中断したというエピソードもある。

タイトル一覧ヘ戻る

掲示板へ