旅から旅のネットサーフィンに、さぁ、行ってらっしゃいませ。
一応分類してますけど、順不同です。

うちはリンクフリーどす。

Junjun's
[JIDAIGEKI or SO]
このちゃんの年齢は、二世代上と言われるjunjunさま。
にも関わらず、素浪人シリーズもしっかり調べ上げてらっしゃって、はじめて、おじゃましたときには、「わーこんなに素浪人のことが書いてある〜!」と感激しました。
それから、よ〜居座ったなぁ。すっかりご無沙汰しちまってます。
うちのサイトは、junjunさまの「近衛十四郎の掲示板作ったら?」の一言からはじまりました。
このバナーも御鈴広輝様が作って下さいました。ありがとうございました。 女将まる子さまの峰蘭太郎さまサイト。峰さまへのあふれる愛にはいつも共感を覚えます。
峰さまの舞台レポートでは、まる子さまのお気持ちが手に取るように理解できて、「うん、うん」と頷きながら読ませていただきました。
うちもそのうち、こんなに楽しく盛りだくさんになると言いなぁとうらやんでましたが、たくさんのこのちゃんファンに来ていただき、ありがとうございます!>皆さま
いろいろな時代劇小説や映画について、楽しくて詳しいコメントがあります。お〜と思う本が出てきたりもして。
ふみさとさまもチャンバラがお好きなんですよねー。このちゃん映画では「十七人の忍者」や「赤い影法師」「柳生武芸帳」の感想があります。
ふみさとさまの書庫には時代劇小説やビデオがい〜っぱい!ブログがにぎやか!です。
智蔵の隠れ部屋 ブログに引き続き、待ちに待った智蔵おっかさんさまのホームページが再開〜!
愛車の自転車で、精力的に出かけられる智蔵おっかさんのエネルギーには、いつも元気をいただいてます。日常のぶらりから泊まりがけまで、大小様々な旅行記が楽しいです。写真もきれいなんです〜。「時代劇目次」はいつ再開になるのかなー?
日のあたらない邦画劇場 邦画のあらすじや感想がいっぱい。
もちろんこのちゃん出演映画もあります。
見逃さないよう、フィルモグラフィー持っていきましょう。
素浪人ファンにとっては「風まかせ 月影蘭」でお馴染みのアニメ監督・大地丙太郎監督のサイト。監督の、このちゃんへ寄せられる思いは、恋人以上!それに、年季も入っていらっしゃるので、監督の頭の中にはきっと、このちゃん秘話がたくさん埋まってる。覗いてみた〜い!
BBSやブログのあちこちに、このちゃんへの思いがあふれています。お見逃しなく!
つるの川 
(現在休止中 お早い再開を!))
「つるさん」こと、川鶴晃裕さんのお人柄に惚れ込んだ、みさりんさまのサイト。
牛若丸さまも、応援!
実際に川鶴さんに会われて、写真はあるは、インタビューはあるは、はては、BBSにご本人まで現れるはで、実に、実にうらやまし〜いぞ。これからどんどん、会見記事が増えそうですねぇ!
うちの絵ネタ掲示板にも絵を寄贈してくださる太っ腹(←たとえです、たとえ)・かめおさまの運営される本家、分家、別館と、懐かしいものが盛りだくさんのサイト。
本家の時代劇の小部屋には、いろいろな時代劇の登場人物に混じって、かめおさまが生まれて初めてご覧になった時代劇「素浪人シリーズ」の半次や旦那の絵もある!ちゃ〜んと鞘が長くって、あごを引いて笑ってる旦那がいいなぁ!
La Nuit Africaineー僕が日々観てきた映画に・・・ 素浪人仲間では、三四郎さまとの美しき友情で知られるやまぐぅさまが管理人です。
最近は、アフリカに行かれ、そのお話や、帰国後の活動、についてのお話が中心で、やまぐぅさまのお人柄があふれる楽しい、情報いっぱいのサイト。
日記のページには、ご覧になってこられた映画評論も書かれてます。「祇園の暗殺者」もあるし、他のこのちゃん映画のご感想もお待ちしておりますよ〜ん!
現在はご休憩中?
ロイさまのお手製フィギュアのサイト。アニメ、時代劇、はたまたベッカムフィギュアまで、どれも、とってもよく似てる!どんな風に作られるのかも紹介されてます。なつかしい大吉と半次兄さんは、「素浪人写真館」に健在です。また、リクエストにも気軽に応じてくださるロイさま、「リクエスト編2」では、このちゃん十兵衛が戦っています!魅せるぞ逆手切り!
「月影兵庫」放送を機に、ついに、「素浪人写真館」には兵庫も登場!クルミをもち、剣を構える兵庫、もちろん、あのネコを怖がる姿だって見られます。
昭和映像音楽博物館 ザ☆カインズ公式サイト。素浪人世代には嬉しい、懐かしのTV主題歌などをライブ演奏される貴日さまのバンド、ザ☆カインズ、もちろん、演奏される曲には、貴日さまごひいきの「素浪人シリーズ」の曲も入ってます!一度は聴きたいライヴ!
只今、貴日さまプロデュースの「素浪人 月影兵庫 オリジナルサウンドトラック」発売中!詳細はこちらへ。
K.Sの落書き帳 絵ネタ掲示板で、異色のこのちゃんで画で仲間入りをしてくださったK.Sさまのブログ。
イラスト、バイク、映画と、多彩なご趣味のなかには、ちゃあんと、柳生十兵衛シリーズや素浪人シリーズのお話もあります。現在はご休憩中?
筆無精のホームページ お湯、音楽、CM,テレビ番組、と懐かしいものや写真が、きちんと整理されて紹介されています。ここは、筆無精さまの思い出と記憶(←うらやまし〜!)の宝ばこ。「この番組は・・」と流れる当時の放送のままの月影兵庫を聴けば、子どもの頃に戻ったような錯覚を覚えます(「なつかしい番組」からお入り下さいませ)。でっかい自然のページもあります。
★昭和語録ブログ@おpapi★ おpapiさまの、昭和時代の記憶の記録をつづるブログ。
昭和を感じさせる建物、風景、場所など、なつかしいものがみつかります。
「語録さくいん」から飛ぶと、ただちに「月影兵庫」へも!
円尾敏郎 覚え書き 「品川隆二と近衛十四郎 近衛十四郎と品川隆二」を出版された円尾敏郎さまのブログ。
毎日毎日、日本映画の普及のために頑張っているお姿を拝読出来ます。
頻繁に開かれる上映会の情報も、見逃せませぬ!
F.P.M.M.
つーちゃん・はーちゃん旅を行く
絵ネタ掲示板では、このちゃんや品川さん、脇役さんを自由自在に操られ、素浪人仲間を喜ばせてくださっている、トプ・ガバチョさまの、数あるサイト,ブログのうちの1つです。
映画・TV関連のカテゴリーには、素浪人シリーズや懐かしのTVたちが盛りだくさん!
「つーちゃん・はーちゃん旅を行く」掲示板では、乗りに乗ってらっしゃるトプさまの、ユーモアあふれる4コマ漫画がご覧になれます。(パスワードはtsukikage)
「時代劇の風景」 た〜〜〜っくさんの時代劇(TV、映画)のロケ地が居ながらにして見学できます。
もちろん、全話紹介の「素浪人天下太平」を始め、このちゃん関係も充実!
一度に見るのは大変なので、お時間のある時、ちょこちょこお邪魔して楽しまれるのがいいかも。
このちゃん映画のタイトルで探す場合は、「時代劇拝見日記」か「項目一覧」から行かれると便利そうです。
衛星劇場 松竹系・新東宝系のこのちゃん映画が月一くらいで放送されてます。
若いこのちゃんの容姿、殺陣が魅力。
ビデオ未発売のも気前よく放送してくれるし、リクエストにもよく耳を傾けてくださる、とても視聴者本意。もっともっと、眠っているこのちゃん映画を放送して欲しい!月1800円。
時代劇専門チャンネル 「あの○○が!」とか「お待ちかね○○が!」と、新番組の紹介がある度に、「今度こそ素浪人シリーズだっ!」と、喜んでは落胆して幾歳月(もないか)。「天下太平」やってくださった心意気を信じてますよ〜!検索があるので便利。なぜかフルネームでなく「近衛」で検索したほうがよい。
そして、いよいよ、ファンの願いが通じて、’09年に引き続き、’10年1月〜再開!大吉が!
ファミリー劇場 過去、「柳生シリーズ」や松方さんの「花山大吉」が放送された。。
昔の時代劇もあるので、もしかして、「素浪人シリーズ」も放送してくださるかも!大いに期待!
チャンネルNECO 石原裕次郎さん主演「城取り」やってくださってありがとー!
美空ひばりさんの映画なんかにも、出てたりしますから、これからもどうぞよろしくご考慮を。
東映チャンネル なんと言っても「素浪人花山大吉」と「月影兵庫」の再放送が大きな快挙!。
しかし、まだまだ期待するところは大きい。「月影兵庫」の欠番、TV版「柳生武芸帳」、眠っている映画まで、言い出したらきりがない程のリクエストがある。全部放送してくれるまでは、わあわあ言うぞ〜!
キッズステーションどっとこむ キッズとて、侮れない。過去、素浪人シリーズ由来の、大地丙太郎監督の「風まかせ月影蘭」があってました。赤鞘の蘭ちゃんかっこいい!
チャンバリストクラブ(現在みつからず) 近衛十四郎研究第一任者の永田哲朗さんの主催されるクラブ。
永田さんが書かれたこのちゃん評ほど詳しく、的を得た評をほかに知らない。
(あ、これは、会報の中のこと。サイトにはありません。残念!)
放送ライブラリー 横浜にあります。
いまだ再放送がない、「素浪人 月影兵庫」第9話「月は見ていた」が見られます。
玉川良一さんのナレーションです。お近くの方は是非どうぞ!
AU ネットによる映画配信局。
このちゃん関係では、「十七人の忍者」「勢揃い東海道」が見られます。
(thanks相談屋さま)
Show Time 同じくネットの映画配信局。
上と同じ映画が見られます。
(thanks相談屋さま)
マツダ映画社 無声映画の上映や映画関連の商品の販売をされています。
このちゃんの大都時代の映画、「忍術千一夜」と「柘榴一角」が入手できていたのですが、現在は販売されていないようです。
各地で行われれる無声映画上映会の情報もあります。
PLANET WORLD 「忍術千一夜」の完全版を購入できます(8000円也)。
「ビデオリリース」のページに、解説が載ってるのでそれだけでものぞく価値あり。
古い映画の上映もあってるようなので、要チェック。
松竹ホームビデオ 松竹映画のビデオチェックのために。
「銀幕パック」と銘打って3本8400円で売ってるヤツがあります。
東映ビデオホームページ 東映映画のビデオチェックのために
ワイズ出版 時代劇のスチール本、俳優本、台本など、おもしろい本がいっぱい。
ビデオを見る前に「十七人の忍者」の台本をよんで、勝手に場面を想像するのも、一興。
’07年「品川隆二と近衛十四郎 近衛十四郎と品川隆二」が出版されました。このちゃん本も、出ますよねっ!
たのむ!作ってくれ!(たのみこむ)  
A DVD 
B サントラ
C ソノシート
D 
TV版「柳生武芸帳」
タンバリンマン師匠のこのちゃん関係「たのみこむ」がたくさんあります。
是非賛同票を!(メンバー登録が必要です)
A 「素浪人シリーズ」DVD・ビデオ化をたのみこむ、
B 同シリーズサントラをたのみこむ、
C 「月影兵庫」のソノシート(放送ではなかった珍しいお話)のたのみこむ
D このちゃん十兵衛のなかでもまぼろしの最高傑作、TV版「柳生武芸帳」のたのみこむ
MOVIE WALKER (前キネマ旬報全映画作品データベース) スタッフ、キャスト、解説、ストーリーが分かる!検索に使うだけでなく読んで面白い!う〜、見たい映画がまた増える〜!ただ、大都映画はやはり古すぎてか、ない。このちゃんのはここ
日本映画データベース タイトル、監督、俳優で、邦画を検索できます。1本1本の映画に、制作者や配役名が載ってます。
こんな膨大なデータ、無料で見せていただいていいんですか?と言いたくなる。
このちゃんのは、ここ
テレビドラマデータベース 全文検索してみてください。
このちゃん出演番組は「素浪人シリーズ」の他に10本もあります。
解説も付いていて見ていて楽しい。
内容を思い出されたら、教えてください!
みずりんさまが運営される、名画座サイト。
名画座についての予備知識や、国内外の名画座の紹介、東京の名画座の上映スケジュールの紹介があり、このちゃん映画のチェックにも必見のサイト!
(なのに、管理人は、つい最近まで存じ上げなかったというおそまつ!)
日本映画情報システム(文化庁) 1896年〜劇場公開予定の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索できます。このちゃんのはここ

「フィルムセンターの所有の有無」を時々チェックしてますが、微量ながらもフィルム増えてたり、いつの間にやらフィルムセンターに「有」になってたりするんですよ!
(傳ジャラス大河内さま)
玩具映画プロジェクト(大阪藝術大学) 玩具映画の復元・調査・研究プロジェクト。チャンバラ映画はここに。ここの最下段より、所蔵映画フィルムのリストをダウンロードできます。

リスト中に「不明」となってるものでもいつか解明され「幻の作品大発見」となるかもしれない・・・・この中に、近衛さんのもの無声映画が無いかの〜〜なんぞといつも眺めてます。(傳ジャラス大河内さま)

時代劇関係ではないけれど

つも温かく見守ってくださってる、KAYさまの2カ国語サイト。日記には、KAYさまのお読みになった本の感想や日々思ってらっしゃる事が書かれてあって、「KAYさまどうしてらっしゃるかなあ」と思っては、覗きに行かせていただいてます。ご覧になった映画や劇、テレビ番組のご感想を書かれたブログもあります。。
LBBuster  MICKさまのブログ。
ご商売の内容についてはもちろん、ご自分のこと、ご趣味のことなど、”とりとめなく(←MICKさま弁です、あしからず)”書かれてますので、興味津々!
ROLEX・PREMIUM・NAME 「閉鎖しました」とご連絡頂きましたが、一応、このままで。
きっとまた再開される事を願って!
ROLLEXTRAさま談「ロレックスのダブルネーム全般に拡大させましたので、情報量は増えたと思います。万一、ちょっとでも関心がありましたら、お立ち寄りください。」ご興味のある方は是非!
ブログもあります。
”時代屋”という音楽ユニットをくまれている、時代屋だんぞうさまの音楽と旅のサイト。
だんぞうさまの、優しくてなんとなく懐かしい歌や、落ち着いた雰囲気の日記、ひと味違った旅の記録、気づくと、だんぞうワールドに浸っておられるはず!
みわりんさまの、映画「ヒナゴン」応援サイト。
みわりんさまの地元・広島で作られた映画で、製作中からずっとご協力されています。これぞグラスルーツ!映画にご興味をもたれた方は、是非、応援を!現在ご休憩中。
日々平安・徒然日記 絵ネタBBSでは、いつも旦那や半次にいさんの絵やコメントをくださってる、三太夫さまのブログ。
愛車の自転車に乗って見つけられた、なんだか懐かしい東京の風景たち、三太夫さまは絵もお上手だけど、写真も素敵です!フィギュアもねっ!
富山市大山地区 以前「十手空手の収集」のサイトを運営されていたWMさまが、それに代えてオープンされたサイト。
郷土、大山町の歴史や名所・旧跡紹介、書籍紹介などをなさってます。
WMさま、郷土を愛してらっしゃるんですね。
http://plaza27.mbn.or.jp/~elc/aoi2/bnraoi2.gif フィルモグラフィーやリンクの旅の壁紙をいただきました。


ホームへ