第12週 『父親と母親』


▲杉野直也、荘田瑠璃子

とうとう直也に、優は夕子と直也の子だと告げた瑠璃子。

直也は土下座をして礼を言う。

「ここまで立派に育ててくれてありがとう。貴女にひれ伏してお礼が言いたいんだ」

そして、熱い眼差しで父親の名乗りを上げたいと訴えるのであった。

え〜〜プロポーズじゃないの〜〜?

優は、頼子に誘拐同然で直也のところに連れていかれるが

父親が恋しいのか、直也のところにずっといると言い出す。

覚悟を決めた瑠璃子は、優に、直也が本当の父親だと打ち明けて

優を直也に託すのだった。

「三人一緒に暮らしたい」

そう訴える優。

そして今までのこと、これからのこと、思いを巡らす二人。

そして、とうとう直也は瑠璃子に結婚を申込むのであった。

やった〜〜〜今度こそプロポーズ!!(ガッツポーズ)

「優の父として、母である貴女に申込む」という

なんだか複雑怪奇なプロポーズですけど

いろいろあったもんね‥‥(遠い目)

とにかくくっついちゃって

他の人に迷惑をこれ以上かけないで下さい(笑)

そしていよいよ最終章へ。

えっと、まだあるんですか? 波瀾(汁)

続く


今週の注目人物


▲杉野直輔(右)

直也の父。

徳光亡き今、二人の仲を割いたのは

「そういえば全部こいつ(直輔)のせいなんじゃあ?」

と気付かせられた今週(笑)

直也は女運が悪いから、と女避けSPを自分でつけたくせに

年をとり、孫が欲しくて欲しくてたまらず

SP殿岡はクビにするわ(き、気の毒!)

勝手にヨメ候補頼子を連れてくるわ

優は誘拐するわ大暴れ。

しかしなんだか憎めない。ある意味、幸せな人である。

すずめママはま子とよりを戻したがっている。


▲根岸はま子(右)

直也の母。

とにかく直也が可愛くて可愛くて仕方がない。

その徹底した贔屓ぶりは、天晴。

直輔とは離婚して、割烹すずめを営んでいる。

家族以外の客は滅多に見ることはなく大衆居酒屋っぽい作りだが

板さんもいるようで高級会員制割烹との見方も。

ハチャメチャでゴリ押しな直輔と好対照に

体外的には笑顔を絶やさず控えめにいい顔をしている。

しかし、自分に美味しいところは譲らない。

年の功、というか、ママ最強。

登場人物のうち、誰になってもいいと言われたら、

はま子、と思う

やはり直也贔屓の私であった。


▲佐久間頼子

直輔が連れてきた、直也の嫁候補。体育教師。

第三部のダーティクイーンであるが

「社長夫人になりたい」

というだけで、いまいち動機が浅く

ただの自己中空回りになってしまったのが残念である。

やはり打算では人の心は打てないのである。


写真制作裏話&反省

今回なんだか暴走してやたら写真をとってしまいました。
7月中にあと2週。こんなテンションで、できるのか自分!
‥‥頑張ります。
それにしても瑠璃子ドールもかちゅドールも体固くて‥‥(涙)
こんなとき、GIジョーが羨ましいです。

で、実は先週、葛山さんの舞台に出掛けたのですが
1/6の「葛山信吾ドール 第一弾 刑事編」が年末発売されるらしいんです!
一条さんチックなトレンチコート、サングラス、ライフル、ピストル、手錠、警察手帖‥‥
試作品が展示してありましたが、いい出来です!
買いです!これは!
クウ〜〜〜〜夢実現ですよ!!夢!!
リアルかちゅドールですヨ!!!(号泣)
一体いくらするのか、ドキドキな私でした。
そして気になる文字「第一弾」‥‥‥
第二弾、三弾もあるってことでしょうか‥‥(汁)
それはやはり、侍とか医者とか軍人とかでしょうか。
ぜひ「実業家編」も!!(直也さん風の/笑)

‥‥ていうか直也さんの職業って実業家でいいの?

それとも「おぼッちゃま」?(ゴロ〜〜ン


おまけ画像。あしたのジョー2パート3、ごろまき権藤

実はガシャポンも好きなんです‥‥(ポ)
このあしたのジョー2パート3は全体的に造形と彩色が甘く出来がよくないのが残念。
パート1はスッゴクいい出来でマンモス西なんて伝説のうどん隠れ食いの再現なんですが
なんとジョーに殴られて鼻からうどんを出している換えヘッドつき!
その勢いはどこへいってしまったのか‥‥(溜息)
ですが、権藤。欲しいじゃないですか。

「権藤、こ〜〜〜い!!」

念じてガシャポン。一発で引き当てました。
運命?(何の)
今は自宅のトイレに(オイ)
ゴルゴ13と次元大介と並べて飾ってあります。
スーツの似合うダンディなトリオです(?)

マニアな話ですみません。

NEXT