直線上に配置

(1)ケータイの歴史


(1)   携帯電話加入者数の推移

 

 

















  上の図はNTTDoCoMo の携帯電話の加入者数のグラフなのだが、これを見てもらうと分かるように、年々すさまじい勢いで加入者を増やしている。データとして少し古いものだが、現在では3600万台(NTTDoCoMoの携帯電話)を越えている。まさに「一人に一台」の時代が到来しようとしている。

  また、別の資料によれば2000年末現在の携帯電話(PHS含む)の加入台数は6400万台であり、うち「iモード」などのインターネットに接続出来る端末は、その4割にあたる2千6百万台と言われている。携帯電話の加入者数は8千万台位から急速な伸びがなくなると予想されているが、携帯電話会社各社が投入を始めている「次世代携帯電話」によって、加入者はまだまだ現状の伸びを維持するだろうと予測されている。

(2)         携帯電話、進化の歴史 〜自動車電話からFOMAまで〜

  普段何気なく使っている「ケータイ」。しかし、こんなに便利な物が「何気なく」使えるようになるまでに、我々の知らないところで様々な人々がこの事業に関わり、努力をしてきたからこそ、今の「ケータイ」があると言っても過言ではない。そこで、ここでは「ケータイ」の現在に至るまでを、通信業界全体をみながら、調べていきたい。

@「電話の歴史」

  携帯電話について見ていく為には、まず電話、固定電話の歴史を見ていかなければならないだろう。

  1877年、グラハム・ベルによって発明された電話は、発祥国のアメリカだけならず、欧州、そして日本をはじめとする世界各国に次々と導入されることになる。当然の事ながら、初めから国の隅々にまで回線を引くことは、膨大な時間と予算が必要になってくるわけで、そうした理由から各国とも国を挙げた一大プロジェクトとして、回線を全国に張り巡らせる事となる。日本の場合は現在のNTTの前身「電電公社」がこの事業を推進していった。国家事業とはいえ、全ての家庭に電話が普及するには電話の発明から実に100年あまりの歳月を要した。

 このようにして、全国に電話が普及していったわけであるが、徐々に国家独占事業の弊害が出てきた。例えば通話料金。技術の進歩で安く通信ができるようになっても、なかなか料金の値下げが行われなかった。なぜならそこには「競争」という概念がなかったからだ。同様に利用者に対するサービスの向上も遅れがちになる。そこで「通信に競争原理を取り入れ市場活性化とサービスの向上を図る」という政策の導入が各国で始まった。これが俗に言う「通信の自由化」である。

A「通信自由化」

 日本では1985年、電気通信事業法やNTT会社法の施行、省令改正によって「通信自由化」が行われた。これを受けて、民間企業が各種通信事業に名乗りを挙げるとともに、NTTが発足。この時から通信に競争原理が取り入れられた。また、固定電話などの規制緩和も行われた。

 新規事業者(NCC:ニュー・コモン・キャリア)の参入で長い間変わらなかった、通信費が値下げを始める。例えば東京〜大阪間の長距離電話の料金。電電公社時代3分400円もしていたものが、NCCの参入で今や3分80円以下の水準まで下がった。また利用者の使い方に応じた料金メニューが開発され、もっと安く通話が出来るようになったのである。これはNCCの存在なくしてはできなかった事である。このようにして、NCCは各通信分野でNTTに競争を挑み、料金値下げや利用者に対するサービス向上をもたらすこととなった。

B「移動体通信の自由化」

 さて、ここで話をケータイにもどそう。NCC登場で市場は活性化していったものの、無線通信の分野はまだまだ遅れ気味であった。国民の財産である周波数資源を使うため、厳しい規制が設けられていたからだ。現在、何気なく使っている家庭のコードレス電話でさえ、免許が必要で事業者から借りて使うしかなかった(レンタル制)。当時の料金に換算すれば20数万円もかかったそうだ。そんなものが普及するはずがない。

 固定電話のコードレス電話でさえこんなに高い料金なのだから、当時の携帯電話はもっと高かったのは言うまでもない。


1979年12月   自動車電話 東京地区アナログ大都市方式サービス開始


 上の写真は1979年、電電公社がサービスを始めた自動車電話である。今の携帯電話のルーツである。当時はもちろん今のように通信インフラが整っていたわけではなかった。右の写真をみて分かるように当時は、自動車電話を使うには無線局の認可が必要だったのだ。自動車電話は電話と言うより、無線としての意味合いが強かったようだ。1979年のこのサービスの開始からしばらくは、無線通信分野も電電公社が独占する。

1987年3月   日本高速通信を中心に日本移動通信(IDO)設立。

19876   DDIを中心に関西セルラー電話(KCT)設立。
(以後、91年までに首都圏・中部圏を除く地域で順次セルラー系会社設立)

 さて1987年になり無線通信の世界にも変革が訪れる。1985年の通信自由化に伴いNCCが800MHz携帯電話(第一世代携帯電話)産業に参入してきたのだ。この時点では会社の設立で、本格的なサービスの開始は約2年後からとなるのだが、とにかく無線通信の世界も競争の原理が取り入れられる事になったのである。また電波法や事業法の改正により、上で述べたコードレス電話の規制が緩和された(コードレス電話の自由化)。このことにより利用者がお店でコードレス電話を買うことが出来るようになり、各家庭に爆発的に普及する事となった。

 とはいえ、サービスの始まったばかりの携帯電話はまだまだ高いものだった。参考までに1987年NTTの携帯電話の利用料金を記しておくと、加入時料金298,300円、補償金200,000円、月額使用料23,000円〜と庶民には到底手に出せるものではなかった。

TZ-802B(松下/NEC製)

            87年4月発売

            重さ           900g

            連続通話時間   60分

            待ち受け時間   6時間

1991年2月   郵政省、デジタル自動車・携帯電話システム導入を発表。

19914   NTT、超小型携帯電話「ムーバ」投入。

 1991年になり携帯電話は一つの転換期を迎える。デジタル式800MHz携帯電話(第二世代携帯電話)へのシステム導入の発表があったのだ。それまで音声のみを扱っていた携帯電話であったが、アナログ方式からデジタル方式に移り変わる事で、音声以外のデータを扱う事が可能になるのである。もちろんこの年に全ての携帯電話がデジタル式に移り変わった訳でなく、この年を境に段々と変わっていくのだが。ちなみに下の写真の「ムーバ」はデジタル式ではなくまだアナログ式の携帯電話である。持ち運ぶ事を重視した携帯電話は年を経るにつれ、どんどんと小型化していく。






1993年3月  NTT移動通信網(株)、東京23区で800メガヘルツ帯のデジタルサービス開始。

1994年4月  アナログ方式レンタル専用ムーバ販売終了。

1995年7月  関東、北海道でPHSサービス開始。

             (同年10月に全国サービス開始)


 携帯電話が第二世代に移行するのに平行して、コードレス電話を外でも使えるというコンセプトのもと1995年PHSサービスが始まる。「安い携帯」としてのPHSは中高生など若い世代にも普及が始まる。

パルディオ102H (PHS) 

                   重さ180g

                   他スペック不明





 この後のケータイの爆発的な普及は言うまでもない。第二世代に移行した携帯電話はより小型化を重ね、持っている事を忘れてしまうような小型、薄型の携帯電話も登場した。この移動体通信業界という、有望市場を巡って、事業者間の激しい競争が起こり、料金値下げはもとより、データ通信など新たなサービス開発合戦が繰り広げられている。

P208HYPER  (松下製)

        9911月発売
     重さ          57g
連続通話時間  125分
待ち受け時間   350時間

                  

                

C「データ通信」

 かつて「ベル友」という言葉が一世を風靡したことがあった。もはや説明は不用だとは思うが、ポケベルを使って数字暗号を送り、知り合いと連絡を取る。そんなやりとりが行われていた時代があった。やがてポケベルは文字を表示出来るようになり、その後PHS、そして携帯電話のメールサービスへと進化していった。ポケベル→PHS→携帯電話。このように乗り換えていった人は我々の世代では多いと思う。この進化の仕方は世界に例はないらしい。日本のデータ通信の普及の仕方は独特のようだ。こうしてしっかりとトレーニングを積んだケータイユーザー達は19992月に登場したNTTDoCoMoのインターネットサービス「iモード」を一気に呑み込んでしまった。「iモード」の普及はインターネットにつきまとっていたオタクやネクラといったイメージを払拭し、歩いていても、食べていても、授業中でも、いつでもどこでものフリーアクセスを可能にしてくれた。これら一連の動きが現在のモバイルインターネットと言う動きにつながっている。

D「ケータイの大型化」

1999年の「iモード」の開始以来、携帯電話の形に変化が起きた。まずは下の写真を見てもらいたい。


P501iHYPER P502iHYPER P503iHYPER P503isHYPER
松下通信工業製 松下通信工業製 松下通信工業製 松下通信工業製
99年5月発売 00年2月発売 01年1月発売 01年5月発売
89g 69g 74g 98g



 上の写真は「iモード」対応機種の一部である。比較をするために、製造メーカーが違ってしまうと比較ができないと考えたので、今回は松下通信工業製のケータイを例に近年のケータイのトレンドを分析する。

 この写真を見てまず気付く事、それは液晶画面の大きさである。本体の半分以上はあろうかという大きな液晶画面。最近のケータイは画面に様々な物を表示できる。メールなどの文字だけでなく、イラスト、写真、動画までもが表示出来るものも出てきた。より多くの情報を表示するためにはこのような大きな画面が必要になってきたということだ。しかし、それによって犠牲になることがある。それはケータイ本体のコンパクトさ。上に参考までに各機種の重さを載せてみた。「P501」から「P502」は例外的に技術の進化もあってか、重さが軽くなっているが、その後からは新機種が登場するにつれ重さは重くなっていっている。特に「P503」から「P503iS」への進化は見ての通りである。「ストレート型」から「折り畳み型」へと変化している。

 最近のケータイの形のトレンドとして挙げられるのがこの「折り畳み型」。実は松下通信工業製のケータイは今まで頑なに「ストレート型」を守ってきた。松下と言えば「ストレート」と言った印象があった。しかしここに来て「折り畳み型」に転向してしまったのだ。理由は簡単である。ケータイはなるべくコンパクトなものがいい、だけど液晶は大きいほうがいい。その結果、「折り畳み型」のケータイが増えているのだ。事実、NTTDoCoMoが出した最新の携帯電話ラインナップ「503iS」シリーズは5機種中5機種とも「折り畳み型」である。このように少し前までは、いかに小さくするかを競っていたケータイ業界であったが、最近ではそう言った傾向も見られなくなり、時代はより大きく、より見やすい画面を持ったケータイへと移りつつある。


E「そして次世代へ」

 1993年から始まった第二世代携帯電話。現在のケータイは上記の通りいろいろな事ができるようになってきてはいるのだが、その限界が見えてきた。現在の第二世代機は、各国で使用されている方式がバラバラなので、海外へ持ち出しても使えない、あるいは一部の国でしか使えないという不便さや、データ通信速度が遅いなどの問題を抱えている。そこでITU(国際電気通信連合)では、方式を統一して世界のどこでも使え、かつ高速データ通信を可能にする第3世代システムIMT-2000(注1)という国際標準規格を決めた。IMT-2000という規格はいくつかあるのだが、米国やKDDIなどの支持するCDMA2000(2)と、EUなどが支持するW-CDMA(注3)の2つが有力となっている。IMT-2000は移動体通信でありながらも、固定系のISDNを超える64384kbpsというデータ伝送が可能だ。この数値を見てピンと来ない人も多いだろうが、ケータイでこの通信速度は尋常ではない。現在でも使っている人が多いであろう、各家庭のダイアルアップ回線。この通信速度が最大でも56 kbps程度なのだから、この通信速度のすばらしさが分かっていただけるだろうか。日本では2002年中のサービス開始を目指し、実証実験を行っている。その一番分かりやすい例がNTTDoCoMoの「FOMA」だろうか。

 FOMA」(Freedom Of Mobile multimedia Access)。NTTDoCoMoの第三世代携帯電話の名称である。今、通信のトレンドは「いつでも・どこでも・どんな時でも」情報を取り出せる「ユビキタス化」に向かっている。現在、南関東地区、名古屋地区、京阪神地区のみのサービス展開であるが、「FOMA」によって可能となるケータイの使い方はまさに昔誰もが思い描いた未来の電話である。今まで通りのメールはもちろん静止画、動画の転送、音楽サービス、動画閲覧サービス、そしてテレビ電話。なんてすばらしい世の中になったのだろう、と感心してしまう。しかし、問題がないわけではない。「FOMA」が採用している「W-CDMA」方式は今までの第二世代の設備が使えないため、一からインフラを整備しなければならない。今、現在「FOMA」はつながれば、とてもクリアな音声で会話ができるらしいが、サービスエリア内でもしばしば圏外になるそうだ。これではまだ「ユビキタス」とはいえない。とはいえ、後数ヶ月、数年待てばまた状況は変わるだろう。第三世代携帯電話、これからの発展が楽しみである。



FOMA P2101V (松下製)
01年10月発売
重さ 150g
連続通話時間 100分(音声通話時)
待ち受け時間 55時間



(注1)IMT-2000

携帯電話の方式で、最初に携帯電話に使用されたアナログ方式(第一世代)、現在一般に利用されているデジタル方式(第二世代)に続く三代目の携帯電話サービス(第三世代)の方式として、国際電気通信連合(ITU)で20005月に標準化された。2GHz2000MHz)の周波数帯を使い、2000年頃の商用化を目指し、2Mbp2000Kbps)程度までの速度という3つの意味から「2000」の文字が付加された。固定電話並みの高音質の音声通話や高速移動時144kbps、歩行時384kbps、静止時2Mbpsの高速なデータ通信を実現する。

(注2CDMA2000

ITU(国際電気通信連合)が標準化したIMT-2000の方式のひとつで、KDDIや北米が採用を決めている。QUALCOMM社などを中心とする通信事業者の国際的な業界団体CDGが開発し、動画・音声によるリアルタイムの通信やより高速なデータ通信が可能となる。現在のcdmaOne規格の上位規格(拡張版)にあたるため、無線設備・運用ノウハウを流用できるというメリットがある。

(注3W-CDMA

ITU(国際電気通信連合)が標準化したIMT-2000の方式のひとつで、NTTドコモやEricsson社などが開発し、日欧方式として提案された。動画・音声によるリアルタイムの高速なデータ通信が可能となる。NTTDoCoMoの第三世代携帯電話「FOMA」はこの方式を採用している。

3)これからの携帯電話

  前項では携帯電話のおおまかな進化の歴史を見てきた。ここでは実際の携帯電話会社各社に目を向けて、これから次世代に向けてどういった戦略で売っていくのか、また世間では次世代携帯電話はどのように認知されているのか見ていきたい。

 

@「新聞記事から次世代を見る」

 2002年2月2日の朝日新聞の朝刊にこんな記事が載っていた。



































 上の記事はケータイ業界第一位のドコモと、第二位のKDDIの次世代ケータイについての見解である。この記事を読むと、各社の考え方がよく分かる。まずドコモ。記事にも書いてある通り、「新技術より便利な使い方を提供したい」とある。これはどういう意味だろう。新技術というのはドコモの次世代ケータイFOMA」の事だろうか。「FOMA」は予想よりも加入者が伸び悩んでいる。現在3千万人以上もいる、現行「iモード」ユーザーも放っておくわけにはいかない。現行「iモード」サービスの充実も図っていくべきだろう。とりあえず「FOMA」が普及するまでの、ドコモの戦略が気になるところだ。記事の最後に「技術の価値を決めるのは専門家ではなく、利用者だ。50%以上のドコモのシェアがその結果を示している」とある。さすが業界一位と言いたいところだが、過信は禁物である。

 次々と新しいサービスを投入しドコモを追いかけるKDDI。キャッチコピーは「オモシロイほうの次世代」。「ムービーケータイ」「GPSケータイ」など、新しい物好きの若い世代がすぐに飛びつきそうなラインナップだ。また、記憶に残りやすいおもしろいCMも印象的だ。「CDMA2000」方式を次世代に採用するKDDIは、現行のインフラがそのまま次世代ケータイに使える面でドコモより有利である。基本的な技術の面では現時点でドコモより優れているKDDI。今後、どうやってシェアを拡大していくかが見物である。













↑NTTDoCoMo
の雑誌広告。

FOMA」での動画配信サービス「i-Motion(アイ−モーション)の広告だ。

キャッチコピーは「未来へつぎつぎ動いている。」宇多田ヒカルを「FOMA」のイメージキャラクターに起用し認知度UPを図る。ドコモとしては、なるべく早い段階で「FOMA」を普及させていきたいところだろう




KDDIの雑誌広告。

上のi-Motion」と同じく、KDDIの動画配信サービス「ezmovie」の広告。

キャッチコピーは「60ch以上の動画がありながら、人は電話するヒマがあるのか。」

イメージキャラクターはもうおなじみの浅野忠信である。

CMはKDDIのほうがおもしろいと感じるのは私だけだろうか。KDDIはCMをうまく使い、加入者を伸ばしている印象がある。











A「雑誌から次世代を見る」

 次は雑誌において次世代ケータイ、または2002年発売のケータイがどのように評価されているかを見ていきたい。「日経トレンディ」20022月号に特集記事があったのでそれを参考にしたいと思う。記事は2002年の春から夏にかけての携帯電話会社の動向について、予想を交えて書いてある。各社ごとの簡単な記事があったので、それを見ながらコメントしていきたい。


やはりどの雑誌を読んでもFOMA」は「待ち」の声が高い。専門家は春が「FOMA」の一つの転換期ではないかと予想している。45月に三菱電機やシャープが新機種を投入すると予想されていおり、それにあわせサービスエリアも全国主要都市に広げる予定だそうだ。左記事の「PDC」とは現行機種の事。第二世代の新機種ラインナップ「504i」と「211i」シリーズで現行iモードの強化が図られる模様。一部端末には今、はやりのカメラ内蔵の噂がある。しかし、今現在の「iモードメール」では画像をメールで送るシステムが確立されていない。もしかすると「iモードメール」の大幅なシステム改正が行われるかもしれない。



 KDDIは4月1日から「cdma2000 1x」で144Kbpsの高速サービスを開始する。しかしすべての端末で高速ezウェブが楽しめるようになるわけではない。高速ezウェブは動画、GPS対応の「5000シリーズ」だけで、GPS対応の「3000シリーズ」メール、ウェブのみの「1000シリーズ」は高速化されない。動画はいらないというのなら、現行機種を選択肢とし、動画に興味があるのであれば4月まで「待ち」というのが専門家の見方である。



 「写メール」のヒットにより業界第二位のKDDIを逆転する勢いのj-フォン。いわゆる次世代ケータイであるW-CDMA方式のサービス開始はメドはたっていないようだ。「ボーダーフォン傘下の新体制に変わり全く先が見えない状態」(j-フォン関係者)と言った声が聞かれる。しかし、現行の方式で利用可能な新サービスがいろいろと投入される。「動く写メール」など、若い世代を中心にヒットしそうな気配だ。




 第三世代携帯電話に参入しないツーカーだが、現行サービスでおもしろいサービスを始める。「ツーカーメッセンジャー」というサービスだ。パソコンのMSNメッセンジャーやICQの携帯電話版と言えば分かりやすいだろうか。ケータイの待ち受け画面にあらかじめ作ったグループの仲間の状況が表示される。「移動中」「仕事中、でもヒマ」と言ったお互いの状況がわかるので、それを見て暇そうな人にメールやチャットを行う事ができる。iモードやj-スカイなど、非対応の端末ともチャットができることがウリだ。しかし、相手の状況が画面に表示されるのはツーカーの端末だけ。このサービスで他キャリアからのユーザー獲得をしていく考えだそうだ。

 

このように各社の戦略を見てきたが、おもしろい事にどの会社も独自の路線を歩み出しているという感じがする。一昔前、ケータイを選ぶ時、どの会社もサービスは似たり寄ったりで最終的に端末の見た目などで、ケータイを選んでいたような感じであったが、これからは変わってくるかもしれない。各社とも自社の得意分野を延ばし、ユーザーの獲得に向かっているように見える。2002年は次世代ケータイをはじめ、ケータイ業界は大きく様変わりするかもしれない。



目次へ
次ページへ
前ページへ





直線上に配置