教育フェア 2002


先日、渋谷のNHK放送センターでの「MTKライブステージ」を見に、行って参りました!
以下、かなり主観たっぷりのレポではございますが、楽しんでいただけると幸いでございます。
ネタバレありますので、嫌な方は11月11日以降にご覧になる事をお勧め致します♪


平成14年11月3日 日曜日

やってきましたNHK!なんだか、テントに屋台?みたいなのが出てて、プチお祭り状態。
味噌汁一杯50円にかなりひかれつつも並びました。10時に着き、待つ事1時間…。見る見るうちに伸びる行列。「ここから後の方は1回目はご覧になれない可能性が…」え〜っ!?このまま14時半まで並んどけってこと?

11時45分くらいに急遽作られた整理券を配布。「12時15分にここに戻って来て下さい」って…(笑)。
12時半にやっとこさ会場に案内され、床に座る。これはお尻痛くなること確実。大人げもなく、1番前の列をゲット。「ごめんね、ごめんね」と心で謝りつつも、「この前のスピーカーが邪魔だよ!」と文句タラタラ(笑)。すみません。
 BSハイビジョンの説明を超大音量で聞かされ、耳がおかしくなる事2回。全く同じメンバーに同じ事2回も説明しても・・・。お姉さんがちょっと痛々しかったのです。CGキャラがしゃべってることにちゃんとリアクションするお姉さんに拍手。お姉さんの登場の音楽がかかるたびに心臓がドキっとしてしまう事にビックリ。こんなに期待してたのね。


そして!いよいよスタート!
いつものあのオープニング曲が流れ始めます。ここで聴くと何だか感無量。大型画面で見る映像も素晴らしい。幸生のバナナを食べる姿すらも可愛らしい(笑)。

「いえ〜い!」と右ソデからメンバー登場。近い!近すぎる!頑張って手伸ばせば届くよ!すっご〜い…。
七世・ゆっこ・小百合・ローちゃん・山ちゃん・恵里佳さんの順で左から並びます。
目の前にローちゃんが!うっわ・・・ちっか〜い。うつむきローブリィさん。下を良く見るのでドキドキします(笑)。

「皆さんど〜もぉ〜。天才てれびくんワイド、MTKミニライブなんですけれどもぉ〜…」といつもの恵里佳口調でちょっと紹介があり、早速七世の「ステディボーイズ」。
 ダンスは夏舞台の時とちょっと変わりました?一緒?よく覚えてませんが、豪華になったような。(注:管理人勘違いしてました。夏舞台で歌ったのは「恋人は宇宙人」(笑)。ツッコミありがとうございました!!) 七世がかなり歌上手くなってました。安定してます。歌いながら客席に微笑みかける余裕っぷり。さすがです。一瞬こっちを見てくれたような気がしてしまうファン心(笑)。
 サビで手を振るかどうか迷った挙げ句、ちょっと恥ずかしくて断念。ごめんね。子供たちが振ってるのを見て、嬉しそうな七世。綺麗です。それにしてもこの綺麗所3人が並ぶと圧倒されます。美しい〜!キラッキラです。いつもの衣装も、テレビで見るよりキラキラ度がすごくて、色も明るかったです。まぶしい!


 次は誰が歌う〜?という恵里佳さんの声に、逃げる人約1名。ローブリィその人也(笑)。
スゴスゴ逃げるところを捕まえられるローちゃん。段取り通りだとしてもやっぱり面白い。ローちゃん良いです!ホントに好きだなぁ〜。「歌は苦手で〜…」と言いつつも次はクエスチョンに決定。恥ずかしがりやの彼も、皆がバックで踊るということであっさり承諾(笑)。そんなんでいいの?
 で、夏舞台に見た光景が蘇ります。豪華なバックダンサーを従えてローブリィのショータイム!
あ〜、あ〜・・。聴いてるこっちが力が入っちゃいます。頑張れローちゃん!(こんなこと言われたくないんだろうけど) サビがちょっとズレたけど、大好きな「下見て歩いてないですか〜?」辺りは完璧!ローちゃんに見とれすぎて、一人手拍子のタイミングを間違える事数回。誰も叩いてない時にパチンとやってました。

 っとここで思いもよらないハプニングが!!!!!!
なんとローブリィさん、階段を降りて来ちゃいました!階段といってもたった3段程ですが、やっぱり降りてこられるとビックリします!「え?え?」とパニくってる間に、次々と握手をしながら近づいてくるロー氏。うわ!こっち来るよ〜!どうしよう!?どうするべき!?あわわ!あわわわ!!!!
 そしておずおずと…手、出しちゃいました〜ぁ!そして握手〜〜〜!!!!!!
手をタッチする感じなのかと思ったら意外にもちゃんと握手してくれました!ビックリ!恥ずかしくて顔見れませんでした。なんて乙女な私(笑)。こんなトキメキ胸キュンな出来事は久々かも…(笑)。なんてむなしい毎日なんでしょう。ロー氏の手は想像通りというか、意外というか、すごく冷たかったです。ひんやり。そして小さい!少しは緊張してたのでしょうか。私は緊張すると全身の血の気が引いて冷たくなります(笑)。

 もう、この後は、誰が何を言おうと私の目は90%ロー氏に釘づけなのでありました。(10%は舞台に居ない時もあったので。)


 多分ちょっとトークがあって、いよいよ今日の大目玉、ボスの登場。熱い男山元竜一登場です。
何を歌うか話題でしたが、大方の予想通り5年目にしてやっとのソロ!おめでと〜〜う!11月11日からの本放送で流れるそうです。「ここに来た人だけ聞けちゃってお徳よ〜。」みたいなオバさん口調の恵里佳さんが可愛かったっす。

 私は1回目は見られなかったのですが、どうやら1回目はすごかったらしいですね。山ちゃんファンさんが。2回目はほどほどって感じでしょうか。沢山の「山ちゃん」コールに便乗して、私も!と思いましたがやっぱり出来ない小心者。時には吹っ切れる事も大事なんですけどねぇ。小さい人間です。

 「ルーキー!」という曲紹介。何か聞いた事のあるタイトル。山ちゃんでルーキーってのがちょっと面白い。
いきなり「ウォーウォーウォー♪」とかなり高い声!苦しいか!?と思いきや歌えております。さっすが。上手いなぁ〜。音程に合わせて動く右手を見て昔の華原智美を思い出しました。
 しっかし、この曲このメロディーにこの歌詞。絶対どこかで聴いたことあるぞ〜。明るいリズムなのにちょっぴり切なげな歌詞が良い感じでございます。こんなこと思われてたら嬉しくない女性なんて地球上にいないでしょう。う〜ん、どこで聴いたんだろ。メロディー、ちょっとリズムが取りにくそうな曲なのにサラッと歌えてます。そういや山ちゃんが歌う曲ってちょっと難しそうなのが多かった気が。(HONEY〜、Twillight)緊張してるようにも見えず、生き生き歌ってらっしゃいます。ベテランだな〜。「笑っていよう♪」で、両手の人指し指で頬を触るポーズ(HONEYでもやってました「笑っていて〜♪」で)が可愛らしい。関係ないですが、私の幼少の頃の写真はすべてあのポーズで写真撮ってます。ピースができなかったんですねぇ。小さい頃。


山ちゃんのソロが終わり、恵里佳さんのみ登場。「次はMTKの中の名曲を!」という山ちゃんのフリで始まった「クレマチス」。この曲大好きです。一緒に口ずさんじゃいました。小さい声で。ゾンビな衣装の恵里佳さんが歌うクレマチス。途中からもちろん俵姉妹も登場し、しっとりと歌に聴き入りました。ゆっくりと前を指差しながら手を伸ばすポーズの小百合さんが大好きで、そのポーズの度に見入ってました。「パパパパパ〜」なコーラスの時の小百合の手の動き方が好き。ゆっこは一生懸命踊ってる感じで可愛いけど、小百合はサラッとやってのけてる感じでカッコ良し。
なんだかね〜。分かってたことだけど。も〜うっ!綺麗だわよっ!あんたたちっ!キー!(おすぎな感じで(笑)。)


クレマチス後、ちょっと公式HPの紹介。なんで?という疑問はよそに、紹介は進み、プロフィールページへ。「誰が見たいですか〜?」という恵里佳さんの声に、戸惑いつつも「卓也〜…。」と言ってみる。が、周りの声にかきけされ、ちょっとくじけそうになる(笑)。負けるな私!(おおげさ)で、なんだか雰囲気的に舞台にいるメンバーのを見る感じになってきたので頑張って「ローちゃん!」と叫んでみる。しかし負けました〜。皆さん…強かったですよ(ニヤリ)。山ちゃんと熊ちゃんコールが多くて、人気を実感。結局見たのは熊ちゃんでした。


ホームページ閲覧後、重大発表が!
天てれのCDが年2回発売になった事はネットをお使いの皆さんはご存知のことでしょう。その発表の次に小百合が言いました!「去年までのMTKの映像がビデオとDVDになって発売されま〜す!!」
 おお〜っ!すげー!ファンの皆さんが(私も含め)待ち望んでいたDVD化!やってくれますスタッフさん。
どうやら3枚に分けて発売されるようで。タイトルは「MTKザ・ビデオ!」みたいな感じでした。(DVDの場合はどうなんでしょ?)帰り道にお友達と相談した結果、98・99が一枚目で00が2枚目、01年が3枚目になると見た!(笑)どうですかねぇ〜。


 そして俵姉妹の「BYE BYE DAYS」。ショートバージョンでした。なんで短かったのかな〜。あの歌、サビよりサビ前の方が好きなのに〜。(「時々〜ぼくたちは〜」な辺り。)さすが姉妹。歌声が似てます。ちょい鼻声かかった声がホントに歌にあってて可愛らしい。この歌を作ったadvantage Lucyのボーカル、アイコちゃんもちょっと鼻声っぽい声だから、すごく雰囲気出てます。未だにどっちが上でどっちが下がわかりませ〜ん。聴くたびに迷います。ゆっこがちょっと緊張してるのかな〜と思いました。ゆっこが緊張するとこっちも力が入ります。「頑張れ!」と心の中で念じてしまいます。やっぱりこの姉妹はすごいですね。バランスが取れてる。お互い似ているところと違う個性がバランスいいです。


メンバーで天てれの思い出話を少し。七世はやっぱり「天てれハウス」が楽しかったようで。確かにあの時の七世は楽しそうでした。嫌がりながらも小百合の草履を作ってあげていた七世を尊敬します。
 後は好きなMTKの話をしてた気がします。(ここらへん記憶があいまいでどこで話したか分かりません。)ゆっこが東奈のソロが良かったと言ってました。ローちゃんが八木志穂だったかな。3回目も見たので、微妙に違う回答をしてた戦士がいて、ごちゃごちゃになってます。2回目と3回目じゃ、ローちゃんと山ちゃんが逆の事を言ってたらしいです。


最後は「LOVE IS POP」。あの方ド派手に登場(笑)。もちろんあのT‐ASADA先生です。激しいダンスを披露しまして、一瞬ご自分のジャケットを踏まれていたような気がしたのですが気のせいですね(笑)。近くで見るとかなり背が高いです。
 もちろん先生のお役目はこの曲の振り付け。ここでASADA先生のミスが。ピースした手を右手だけ下げる、というのを教えていらっしゃいませんでした。もちろん踊れる私達以外のお子様達はどうだったんでしょうか。夏舞台のを覚えている子だったら大丈夫でしょうけど。

  曲スタート。5人だと歌うとこ多くて大変そう。七世嬢がやってくれました。でも「えへへっ!」と笑われちゃったらこっちも「へへへ…」と微笑むしかありません。(もうメロメロ(笑)。)途中の曲が一瞬止まるところの山ローコンビが面白い。2回目の時は確かお互いを指さしていて、3回目ではお互いツッコミの手で叩いてた気がします。1番最後の「あ〜いしてる〜よ♪」が山ちゃんだったのはプレゼントかしら♪と思っちゃいました。