(1/25)を見逃したあなたへ

文子(中田喜子)がハワイから帰宅。望(冨田真之介)が翌日に帰宅する予定が帰ってきていた。仲間が肺炎かもしれないと病院へ入院してしまったので早く帰宅した望。望に勉強しろと言う文子、望は早く仕事をして欲しいと文子へ言う。

おかくらへは由紀の夫伸彦(葛山信吾)が来ていた。英作は嫌がる常子(京唄子)と長子(藤田朋子)を一緒に連れて伸彦のいる部屋へ行った。長子は常子が言っていた不満を伸彦へ言った。伸彦はそれには理由がある事だと言った。伸彦と由紀(小林綾子)はそんなに自分達のやり方がいやなら出ていくしかないと言う。夢やわがままを聞いてくれた常子に感謝しているからこそがんばっていると言う伸彦。英作は伸彦の話を聞き、常子が不憫でならなかった。だが、それが常子のわがままだとわかったと言う。産婆の時代は終わったんだと英作は常子に言う。好きにすればいいがおかくらからはでていってほしいと言う英作。長子に助けを求めるがいつでも遊びにきて下さいと言う長子。常子は伸彦と一緒に帰る事になる。大吉(藤岡琢也)はお弁当を用意し列車の中ででも召し上がって欲しいと言った。常子は涙して喜び帰って行った。長子は気の毒だと言った。

タキ(野村昭子)は常子がいなくなって店に活気がなくなったみたいだと言って大吉、勉(山田雅人)と笑った。そこへ葉子(野村真美)1人でやって来た。政子(草笛光子)が出ていってしまったので1人でいる葉子。タキの息子の久光(榎木孝明)の様子を聞く葉子。しかし、タキの所へは連絡もないようだった。葉子は帰宅後電話をする。アトリエを使っていて何か不都合はないですか?と電話した。夕飯の約束をして喜ぶ葉子。

良(前田吟)とハナ(杉山とく子)は弥生(長山藍子)が帰ってこないで朝を迎えていた。良は夫婦と仕事をどっちをとるかと言ったら仕事だと言う。ハナも困った様子。

弥生はあかり(山辺有紀)の所へ行った。満枝(木の実ナナ)が家にいた。温泉で1泊をしたと言う弥生。2ヶ月の赤ん坊ゆうきを連れて夕方まで仕事であかり達は帰ってこないと聞いてびっくりする弥生。和夫(倉田てつを)と2人で水耕栽培の仕事をしているが満枝は手助けはしないという。孫の世話をしている暇はないと言う満枝は編み物を人に頼まれしている。畑の仕事だけではやっていけないと言う。弥生はあかり達の様子を見に行く。弥生はいわきの海を見ていた。そしてあかりの所へ。驚くあかりと和夫。何があったのかと驚くあかり。あかりの様子を見てもうすっかり農家のお嫁さんだと言った。夫婦で子供と一緒に働けて最高だと言うあかり。自分は良がサラリーマンで仕事人間だったので母子家庭のようだったが自分はそうしたくないと思っていたからうれしいと言う。夫婦で同じ仕事をしていて幸せだというあかり。弥生はここへ来て良かった、何かがふっきれたと言う。これからどう生きたらいいのか決めたと言う弥生。

そして野田の家に戻る弥生。弥生はあかり達のようないい夫婦になりたい、良のご飯やを手伝うと言う。

幸楽では眞(えなりかずき)が友達を連れてきた。桐野サチ(神津千恵)さんだと紹介する。五月が(泉ピン子)初めて待ち合わせた喫茶店にいた人だと気が付くサチ。慌てる五月。