7/8放送を見逃したあなたへ

野々下(大和田貘)の娘加津(宇野なおみ)が幸楽にやってきた邦子(東てる美)は知らないと認めない。野々下を頼りにやってきた加津は泣き出す。勇(角野卓造)は加津をなんとかするべきだと言うが邦子は子供のいない野々下と結婚したのだから知らないと言う。勇は野々下に連絡した方が良いと言うがキミ(赤木春恵)は反対した。邦子が嫌がっているのだからと言うのだが見かねた五月(泉ピン子)が連絡をとる。邦子やキミに怒られるのを覚悟だった。野々下が幸楽へやって来た。キミは野々下に嫌みを言う。加津の待つ2階へ行くとそこには愛(吉村涼)真(えなりかずき)しかいなかった。2人は知らないと言い野々下は慌てる。五月も心配でいられない。キミは五月のとった行動を責めるが、勇は当たり前の事をしただけだと言う。

おかくらでは和夫(倉田てつを)がやって来た。水耕栽培の打ち合わせで東京に出てきたらしい。タキ(野村昭子)に報告をしに来たのだ。満枝(木の実ナナ)はまだ水耕栽培の事を知らないらしい。

その頃満枝とあかり(山辺有紀)が和夫の話しをしていた。満枝はどうして和夫が東京に行ったのかあかりに知っているのかと聞くがわからないと答える。満枝は水耕栽培の事で東京に行っているのではないかと気にしていた。満枝は何かあってもあかりに味方になって欲しいと言った。

おかくらでは2人の事を心配していた。和夫とあかりの事はなんとかなったが満枝が水耕栽培の事を反対しているだけに大吉(藤岡琢也)はとても心配だった。

幸楽では加津の世話をするのに反対するキミだったが愛は邦子の子供であって、キミの孫になるじゃないかと言う。野々下と加津がやって来た。今まで住んでいた所の鍵を持っていたのでそこに入って寝ていたらしい。野々下が行きそうなところを探して見つけたのだった。一緒に帰って加津も同じマンションで暮らすつもりだと言う。邦子には説得するつもりらしい。キミは反対して怒りを野々下にぶつける。真は「また邦子おばさんが帰ってくるとお母さんが苦労する」と言いキミは嫌な顔をした。

野々下が邦子の待つマンションへ帰宅するとキミから連絡があった邦子は待っていた。邦子は加津とは一緒に暮らせないと言う。どうしても野々下が暮らしたいと思うならマンションから出て行けと言う。加津は誰が買ったのだと聞くと野々下はお父さんだと言い加津は怒った。邦子達が出て行けと言って怒った邦子は加津の頬をたたき、加津も邦子に頬をうちかえした。そして邦子はさらに怒り加津は邦子の腕に噛みついたりでおお騒動になる。

次の日邦子が幸楽で泣いていた。キミは戻ってくればいいというが、邦子は野々下に一生面倒をみてもらうと言っている。その野々下は大騒動の後、加津と出ていったらしい。邦子は幸楽へ何か言ってきても聞かないでほしいと告げる。

和夫が帰宅した。満枝は何をしていたのかと聞いた。3000万円をかりた事も留守中銀行から電話があり知った満枝はどうゆうお金なのかと言う。お金は借金じゃなくて投資だと説明する和夫に満枝は畑や家があるからじゃないかと怒る。あかりは2人の言い争いに困ってしまい事情を説明する。おかくらで働くタキからの資金としった満枝は恥ずかしい、自分の立場もないし、和夫は一生あかりに頭があがらないだろうと言い、あかりにも味方だと信じていたのにと言う。

幸楽では弁当の仕事が順調だった。邦子から野々下を知らないかという電話があった。その後、野々下と加津がやって来た。居場所がない加津に邦子が使っていた部屋をしばらくの間貸して欲しいと言う野々下にキミは大反対だったが五月がOKをだす。加津もほっとして泣き出した。

秋葉の家ではあかりが2人の間に挟まれて辛い立場になっていた。