7/15放送を見逃したあなたへ

あかり(山辺有紀)が満枝(木の実ナナ)の置き手紙を見つけて慌てて和夫(倉田てつを)を呼ぶ。あかりはとても心配するが和夫はほっておけばいいと言う。和夫は梨の仕事で忙しい時にそんな事をするなんてと言う。今まで満枝の言う事をすべて逆らわずにやってきたが、今回はやりたい事をやると言う和夫にあかりは自分が余計な事をしてしまったのではないかと心配する。

幸楽では野々下の娘の加津(宇野なおみ)を預かっていた。しかし、朝起きると姿が見えない。五月(泉ピン子)は心配するがキミ(赤木春恵)は反対だったので出ていってくれて良かったと言う。幸楽で働くみんなも行くところのない加津がどこへ行ってしまったのかと不思議に思っていた。そんな時、野々下(大和田貘)がやって来る。学校の事を心配したのでやって来たらしいが五月に居ないことを聞いて、また前に住んでいた家に行ってしまったのかと話していた。

そこへ加津がやってきた。荷物を持って店に入ってきた。預けていた荷物を取りに行ってきたらしい。なんでも1人でやるように母親に育てられたという。荷物が少なくてびっくりする。野々下が離婚する時に家も貯金も全部渡してきたが男に騙されて東南アジアの方へ逃げてしまったらしいと五月に告げる。そこへキミがいいかげんにしなさいと部屋に入ってくる。朝の仕込みの忙しい時間に五月がいないと幸楽が困るからだ。でも、五月は邦子(東てる美)が一緒に加津と住めばいい話でそれをしないから自分が面倒をみていると言う。加津に何も遠慮しなくていいから私に甘えなさいと五月は言う。邦子と別れて加津と暮らしたらどうかと野々下に言う。キミは五月のその態度に腹をたてていた。

おかくらへあかりから電話があった。満枝が来ていないかを聞いてきたようだ。タキ(野村昭子)はもしかして満枝にお金の出所がわかってしまったのではにかと心配した。そこへボストンに行っていた長子(藤田朋子)と日向子(日野美紀)が葉子(野村真美)と一緒に帰ってきた。電話があって成田に迎えに行った葉子だった。何も連絡をしなかった長子に大吉(藤岡琢也)は心配していた事を告げる。そして明るく元気な2人は白いご飯が食べたいと言う。葉子にも勧めるが空港で食べたからいらないが、ハイヤーを頼んだと思ってお小遣いを少し貰えたらと大吉に言う。新人賞をもらったら仕事がいっぱいくると独立したものの今はそんな時代じゃなかったようだ。長子は幸せで良かったと言う。英作(植草克秀)は日向が一緒にいたのでとても喜んでいたらしい。英作は日本に戻ってきたらまたおかくらで暮らすと言っていたらしい。大吉のお陰だと長子は感謝する。大吉は葉子の様子を心配していた。1人暮らしで堪えているようだったのでいつでもおいでと言うが葉子は相変わらず意地を張っていた。

葉子が帰ろうとした時、弥生(長山藍子)がやって来た。

良(前田吟)の母ハナ(杉山とく子)が武志の子供の良武の顔を見にくるらしい。佐枝もそろそろ静岡へ帰るのだが、今までとは違い子離れできた弥生は訪問看護の方をやるためにまた動きだすらしい。

野田の家に良に連れられてハナがやって来た。武志(岩渕健)もハナが来る事を佐枝から電話で知らされてやって来ていた。ハナは喜んだ。武志は車で来たので佐枝を連れて帰ると言う。弥生はハナも来てくれたのでそんなに急がなくてもという。ハナは何よりも弥生が武志の嫁の佐枝や孫の面倒をみてくれたのがうれしいようだ。佐枝はずっと居たいが武志が1人になってしまうのも困るしと言うが弥生はいつでも会えると言う。

慌ただしく帰った武志達だったが弥生が良武にといろいろなものを買っていたものなどがたくさんあり、ハナと一緒に弥生は荷造りをしていた。ハナは武志の孫のものを一緒に弥生と荷造りできるなんて幸せだと喜ぶ。良も幸せそうで安心して大阪に帰る事ができると言うが弥生はまだハナに居て欲しかった。ハナに言うがハナはやはり大阪に帰ると言う。

幸楽では加津の学校の話しをしていた。野々下は邦子と一緒に加津も暮らせたらいいと考えているようでもう少し学校の事は待ってほしいらしい。そこへ真(えなりかずき)の小学校の時の担任の先生が加津を連れてやって来る。加津が学校の廊下で教室の中を見ていたらしいので注意に来たのだ。加津は学校に行きたいと五月に抱きついて泣く。そこへ邦子がやってきた。野々下が加津と一緒に暮らしていけないなら邦子達がマンションから出ていって欲しいと言ったらしくキミに泣きついてきた。キミは野々下の事は最初から反対だったと悪口を言う。加津はそれを聞いていて悪口を言うな、自分の親をとったのは邦子の方だと言い出す。邦子は五月が入れ知恵をしているのだろうと怒る。加津に向かって野々下と2人で暮らせばいい母親に捨てられたんだからと言うと加津はまた邦子の腕に噛みつこうとした。

勇(角野卓造)は邦子を責めた。キミは野々下と別れればいいと言うが一生別れないと言う。2階には加津がいた。真が学校から帰宅して加津に元気をだせと言うと加津はあんな女から父さんを取り返すと怒鳴る。

おかくらでは葉子がやってきた。ご飯を食べさせてほしいと来た。今日も仕事がなかったようでかなり辛そうだ。大吉はここに帰ってくればいいと言うが英作達もいるし..と言う。1日誰とも話さなかった葉子は家族っていいねと大吉に言う。

そして、葉子はマンションに帰宅すると政子(草笛光子)が居た。美智(一路真輝)の両親と同居する事になったらしくて自分の居場所がないと言ってなんでもするから葉子のところに置いてほしいと言う。電話番や経理ならできると言うが現状を何も言えない葉子だった。1人ぼっち同士で暮らすのも悪くないと思っていた。

おかくらでは葉子も帰ってくると思っていてうれしい大吉だった。

先週の放送分(7/8)のUpが遅くなってすいませんでした.....