7/29放送を見逃したあなたへ

おかくらでは文子(中田喜子)が誕生祝いをおかくらでするのを中止した事で長子(藤田朋子)が大吉(藤岡琢也)も気になっているようだから電話でもしてみようかと興味深そうに聞くが大吉は仕事もしないでいると暇でそんな事を考えるのかと長子の相手をしない。

その頃、文子の長男・望(冨田真之介)が無断外泊した事で文子は心配で仕方がなかった。理由も言わずに学校に向かった望は、帰宅するなりまた出かけるという。もちろん塾にではない。亨(三田村邦彦)も居たのでちょうど良いときちんと話しをしたいと言う文子。塾は休めばいいと言う文子に友人たちと一緒にギターの練習をするためだと本当のことを告げる望。塾はとっくに辞めてしまったらしい。とことん勉強をさせて望を一流大学に入れることしか考えていない文子にとって、それは絶対許せない反逆行為だった。それに反して夫の亨は、望の考えに大きな理解を示した。続けさせるわけにはいかないと言う文子とそれに反発する望だった。望は出ていった。そして亨は文子に反発しているだけだと言う。ギターで良かったと思っている亨に対して文子は望の高校受験を控えているので裏切り行為だと感じ理解に苦しんでいた。

文子は望のことを大吉に相談をしようとおかくらに向かった。大吉も結局吉亨と同じ意見で、文子は益々機嫌を損ねていく。そんなところヘ、福島に嫁いでいるあかり(山辺有紀)がやって来た。夫の和夫(倉田てつを)が水耕栽培を始めると宣言したことで一家がぎくしゃくし始め、とうとう離婚覚悟で嫁ぎ先を出てきたのだという。和夫に多額の融資をしたタキ(野村昭子)にもその金はそっくり返すとうなだれるあかりに、大吉とタキは不安を募らせていく。おかくらに挨拶をしたら野田の家に帰ると言うが、大吉はそれで帰ったら弥生(長山藍子)が許さないだろうから秋葉の家に帰れないだろうと言うがあかりは出ていく。

あかりが野田の家に帰ると良(前田吟)の母ハナ(杉山とく子)が居た。お客さんなんだから座っていればと言うハナにもうお客さんじゃない野田の家に帰ってきたのだとあかりは言う。

その頃秋葉の家では和夫(倉田てつを)の姉の時枝が来ていた。和夫の母の満枝(木の実ナナ)が居候しているらしい。迷惑だと言う時枝にあかりもいないし、水耕栽培も諦めたのだからすぐ帰ってもらうと時枝は言った。家も梨園も何もいらないから満枝の面倒を見て欲しいと  は言った。

水耕栽培の事をきちんと話したあかり。弥生も良もタキがそんなにお金があるなんてびっくりしていた。弥生はタキがそのお金を用意したからあかりが秋葉の家を出ることになってしまったのかと言うがあかりはそんな事はないと言う。和夫のマザコンぶりと満枝が和夫の夢を壊した事が許せないと言うあかりに弥生は冗談じゃないと言う。好きで結婚して、物を育てる事をしたいと言って結婚したはずだと言う。お義母さんに反対されたって喧嘩するくらいの根性がなくてどうすると言う弥生。今逃げたら一生後悔する事になると言う。ハナも同じ意見だった。良は帰ってくればいいと言うがあかりもいい嫁じゃなく、悪い嫁でもいいと吹っ切れたようだ。もう1度がんばると言って元気を取り戻した。

おかくらに良と弥生が来た。タキに挨拶をしに来た。もう1度あかり達が水耕栽培をする決意をしたので資金の方をお願いしたいと言う。弥生の思いを聞いて大吉はそんな事を言うようになったのかと喜んでいた。

英作の母の常子(京唄子)が神林(愛川欽也)と一緒にやって来た。酔っている常子はおかくらの店の中で大騒ぎ。タキは長子に会わない方が良いと言うが長子は別に会えない事はないと常子のところへ行く。すると怒っている常子が、ボストンで英作に長子と別れるつもりはないと言われたと怒っている。本間の嫁でおかくらに居るのなら絶対別れさせると怒る。良とあかりは2人のやり取りを見ていて舅との付き合いは大変だ、長子はよく闘っていると感心していた。

幸楽では、真(えなりかずき)が夏休みでも幸楽の仕事を手伝わないならば愛が(吉村涼)自分が手伝おうかと言う。野々下の娘の加津(宇野なおみ)も手伝うと言う。そこへミカ(子此木麻里)がやって来た。ミカがハワイに夏休みに行くとうれしそうに言っていて加津は私はハワイには行かないけど毎日野々下(大和田貘)は会いに来てくれるし、アイスもいっぱい冷蔵庫に入っているとミカに言った。びっくりするミカだった。キミ(赤木春恵)は店へ連れてその場を去った。愛に冷蔵庫はないのにどうしてウソをついたのかと聞くとウソをつくとそれがホントの事のように思えてがんばれると言う。ず〜っとそうして育ってきたらしい。なんともやるせない気持ちになる愛と真だった。

真のクラスメートの母親が店に乗り込んできた。真がクラスの女の子にストーカーまがいのことをしているのだという。血相を変えた勇(角野卓造)がよくよく聞いてみると、真とその女の子は電子メール友達で、それを母親に見られて誤解されたのが原因だった。しかしそんなことより、そのガールフレンドの影響で、真はラーメン屋を継ぐのをやめて、エリートサラリーマンになると言い出したのだ。

その女の子は店をやる子には興味がないとメールで書かれたらしい。キミは2度とラーメン屋を継ぐなんて言わないで欲しいねと真は言われる。

望はしばらく帰らないでギターの練習をすると言う。文子は大吉に子供の育て方を間違えてしまったのだろうかと言って落ち込んでいた。。。