8/5放送を見逃したあなたへ

望(冨田真之介)が家を出たまま何日も帰って来ない。文子(中田喜子)は担任の先生に思い切って聞きに行くとそんな大事な事を知らないのは親の責任だと言い返されたらしい。亨(三田村邦彦)はそんなに成績の事ばっかり言っていたら望だって息苦しくなるだろうと言う。ギターを熱心にしているだけで別に悪い事をしていないと言う亨に対し、文子は小学校もせっかく付属の学校に入れて心配のない将来だったのに亨と離婚した時にいろいろあって...と言う。亨は望を信じてやればいいと言う。

文子はおかくらに来ていた。愚痴をこぼしていると大吉は(藤岡琢也)いい加減にしなさいと言う。ボランティアなんて偉いじゃないですかと勉(山田雅人)も言うが、みんな無責任だと文子が言うと大吉はそんな事言うならおかくらで愚痴をこぼすなと怒る。

そこへ長子(藤田朋子)がやって来る。日向子(日野美紀)が早く大きくなって欲しいと言う長子に対して文子はママ、ママって言ってくれるうちが良いと言っている。大吉も文子に余計な事を言うなというような態度を長子にする。

長子は新しい出版社の仕事をしていて忙しいようだった。そして、あかり(山辺有紀)から電話があった。水耕栽培の方の工事が始まったらしい。あかりと和夫はビールで乾杯していた。そこへ姉の時枝(石野真子)がやって来た。1度戻った母親・満枝(木の実ナナ)は水耕栽培の工事が始まると知ってまた時枝のところに戻ってしまったらしい。時枝は和夫とあかリ夫婦に、一刻も早く仲直りして満枝を引き取って欲しいと詰め寄った。しかし、すでに工事が始まり、もう後には引けない和夫としては満枝の言う通りにはならないと反論し、時枝は怒って東京に戻ってしまう。あかりは満枝が帰ってこないかもしれないと和夫(倉田てつを)に告げるが、あかりが自分の夢を一緒に叶えさせようとしているのだから自分もすべて吹っ切れたと言う。しかし、満枝は行き先も告げず時枝の家から姿を消した。あかりは動揺していた。満枝の行き先がわからずにどうしたらよいかわからなくなっていた。和夫は心配するなと言うが心配であった。

 一方では、太郎(船越英一郎)の嫁との不仲が原因で家出した政子(草笛光子)と葉子(野村真美)の奇妙な同居生活が始まっていた。食事の世話から葉子の仕事のアシスタントまで嬉々としてこなす政子に、葉子はただ呆然としているだけだった。落ち込んでいる葉子に元気に励ます政子だった。そこへ電話がかかってくる。政子の知り合いからのようだったが葉子に設計を頼みたいとの電話だった。

望が帰宅した。平然としている望に文子は必死に止めようとする。行き先を教えて欲しいと望に言うが邪魔はされたくないと言って文子が引き止める手を振りほどき出ていってしまう。亨はハワイに行っていておかくらに相談に来た文子だったが大吉は呆れていた。

そこへ、葉子と政子がやって来た。大きな仕事が入ったのでその報告にやって来た。葉子が忙しくなっても自分が世話をすると張り切っている政子だった。そしてお祝いをすると出ていった。

葉子達がマンションに戻ると太郎が待っていた。2時間も待っていたらしい。嫁の美智(一路真輝)が自分の親のことばかりに手をやき寝る時間もなかったと言ってやってきた。葉子もにぎやかになって喜んでいた。

幸楽では加津(宇野なおみ)と愛(吉村涼)が手伝いをしていた。加津は店の客にとても人気があった。そこへ野々下(大和田貘)がやって来た。店で働かせられている姿を見て野々下は驚いた。夏休みなのに店で働かせられているのが不憫に感じたようだった。ハワイに邦子(東てる美)達が行っているが野々下は加津が行かないのに自分だけが行けないと言っている。幸楽に泊まろうとしたが加津は自分のところに帰ればいいと言う。しかし、野々下は一緒に2人で暮らしたいと言い出す。加津は幸楽に居たいと言うがそれはできないと反対する野々下だった。愛も真(えなりかずき)も加津が居たいならいればいいと言うが五月(泉ピン子)は一番加津を思っているのは野々下なのだからそれもいいだろうと言う。

葉子のところでは太郎がやって来て楽しく過ごしている葉子だったが大吉は政子と暮らす事が不安でいられなかった。

次週は英作も久しぶりに登場!