12/10放送を見逃したあなたへ

幸楽ではクレーン車の免許を取るため邦子(東ちずる)は1週間外泊をする。そんな母を見て隆(田中恭平)は自分が塾もやめて手に職をつけると言い出す。五月(泉ピン子)は邦子が帰ってから考えようと説得するが塾も休んでしまう隆。仕方なく勇(角野卓造)が店での手伝いを許す。

それは隆にとってはきつい手伝いだった。そんな状態が五月の息子である真(えなりかずき)はおもしろくない。「おかくら」へ行き弟子にして欲しいと頼んだりする。しかし、望が日曜日でも「おかくら」の人にあまり相手にしてもらえない状況を知って自分はまだ幸せ者だと感じて帰宅。キミ(赤木春恵)は隆が幸楽を継いでくれる決意をうれしく思っていた。真はそれもおもしろくなかったが姉の愛(吉村涼)が「他にもいろいろな人生がある、ありがたいと思えばいい。良かったじゃない。」と真に言う。そんな時、邦子が1週間経ち帰宅する日、隆は高熱を出し倒れる。慣れない手伝いをして倒れてしまったのだ。

邦子は帰宅。キミから事情を聞き邦子は隆がそこまで考えていたのかとうれしく思う。キミもまた後を継いでくれたらず〜っといっしょに暮らせると2人は寝ている隆の横で喜び合う。 

が、隆は「塾に行く!こんな大変な仕事は出来ない。サラリーマンがいい。」とあっさりと後継者になる事を諦める。がっかりする2人。

勇はこうなる事をわかっていた。甘やかされて育った隆には無理だとわかっていたのだった。この先、後継者問題等がでてくるなら今のうちにわかってもらった方が良かったと五月と寝室で会話をする。

健治(岸田智史)が知り合いからお弁当を約100個作ってもらえないかと頼まれるが幸楽ではできないと感じていたので諦めていた。そんな時、真や五月に勧められて勇も承諾。健治はお弁当を作る事になる。(これは上記のゴタゴタの中であった出来事です)

「おかくら」では文子(中田喜子)の息子、望(冨田真之介)が夜遅くになっても帰宅しない。文子や大吉(藤岡琢也)、タキ(野村昭子)は慌てていた。

次週へ。