細野辰興監督作品 木下ほうか主演

 

著作者人格権

バブルの責任をとっていない銀行から金を奪って映画を作っても善いのである!! 」

モノクロ・シネマスコープサイズ 上映時間39分 DV

 

製作/日本映画学校・俳優科16

 

 

日本映画学校では、教師と学生と現場の映画人とのさまざまな結びつき方による映画

づくりの方法が模索されている。そこから形破りの作品が現れてくるはずだ。

細野辰興監督による「著作者人格権」は題名からして大いに異色ある形破りの作品

であるが、そこには著作者人格権はあっても著作権は奪われている日本の監督はじめ

多くの職種の誇り高き人々の強い思いがこもっているのだ。面白い作品だ。

映画評論家 佐藤忠男

 

映画という『魔』にとりつかれた者たちの作品だ。それはそのまま細野辰興の叫びだ。

低予算。ビデオ撮り。経験の少ない俳優たち。それがどうした。オレが撮れば『映画』

なのだ、と細野監督は叫んでいる。いや、叫びきった。そしてこの作品を観たものはす

べて『映画に憑依』されてしまうのである。恐るべし。心して観ていただきたい。

映画監督 緒方明

 

ストーリー 製作日誌 上映情報 プロフィール スタッフ&キャスト

 

 

怪優・木下ほうか怪演

日本映画学校の若き俳優陣との危険なコラボレーション?! 

骨太な世界観で現代の歪みを撃ち続ける細野ワールドの新展開

 

211クランク・イン 223クランク・アップ 511完成

 

出演・木下 ほうか。澤井 隆輔(日本映画学校・俳優科)。大谷志保(日本映画学校・俳優科)。

岡村 洋一。パスタ 功次郎。高橋 明

日本映画学校・俳優科16期生

 

原案・監督細野 辰興 脚本星 貴則

 撮影金子 正人 録音/塩浜 雅之 音楽/籔中博章 

 編集/山田 佑介柳沢 和子 

 

プロデューサー山本 隆世 製作総指揮/河本瑞貴

 

 

 

TOPPAGE