「舞台基礎編」
4)吊物の仕組みと作業
大道具の転換をスムースに行うためにはいろいろ方法がありますが、その一つとして「張物」や「美術幕」などをバトンに吊り込み転換をスムースにする方法があります。
張物吊り込みを説明いたします。
1)張物を美術バトンにワイヤーで吊り込みます。(この方法は次に説明いたします)
2)張物の荷重を計算し綱元のウエートを調整します。荷重とウエートの重さが均等になるようバランスをとります。この作業は重要です。バランスがとれていないと、上げ下ろし作業も難しくなりますし、落下事故につながります。
ウエートは劇場によって一枚の重さが違います。劇場の担当者に確認して作業しましょう。
ウエートの積み降ろしは充分な注意が必要です。ウエートストッパーなど確認作業を忘れずに。
3)作業のさい、必ずロープ・ストッパーを確認して下さい。忘れがちです。
4)美術バトンに限らず、照明その他のバトンの上げ下ろしの際、必ず舞台上に確認者を置き、安全を確認して上下して下さい。大きな声を出す事も忘れずに。

舞台基礎編INDEXへ