礼拝演義 神の言葉
信頼の詩篇

【詩篇126】
 琉球の島歌をまねた巡礼と信頼の詩篇です。沖に出で行く人を見守りながら、アドナイしゃまが再び島へ、多くの恵みとともに引き戻してくださることを願って唄います。詩篇の世界は農耕を営んでいた人々だったので、種まきにまつわるささやかな願いが込められていますが、蓄えを犠牲にして将来の収穫にかける願いは農業に関わらず、あらゆる産物に共通の悩みであります。この願いを詩篇は身近な食物のことになぞらえながら、本当に必要な希望と勇気の源がアドナイにあることを認め、礼拝に赴く意義を質しています。それは離ればなれになった家族の行く末を案ずる島の人々に、時間と距離を超えた聖霊の絆が立ち現れる瞬間でもあります。




          Voice Download(1,816kB)
          Score by Acrobat(20kB)





  戻る
   Back



 次へ 
 Next