礼拝演義 聖徒の交わり
メシアを迎える詩篇

【詩篇47】
 盆踊りによるメシアを迎える詩篇です。「しゃんしゃん」という手拍子にのって、賑々しくメシアを会衆の内に迎えましょう。メシア王はヤハウェの名と共に門をくぐり、お宮までの道筋を練り歩きます。高らかな誉め歌と角笛の合図と共にお宮に着いたメシア王を迎える会衆はふたたび、ヤハウェとメシアとの間に取り交わされた祝福の契約を目の当たりにし、大祭司メシアと共同の礼拝をおこなう本来の人の姿に立ち返っていきます。かつて神の箱を迎えたダビデ王は、うれしさのあまり裸踊りをしたといわれます。礼拝堂で盆踊りくらい何ともないでしょう。




          voice Download(1,250kB)
          Score by Acrobat(18kB)





  戻る
   Back



 次へ 
 Next